納得買いのコスパアイテム見つけた!

HAPPY PLUS VOICE

U¥9900も!3wayやシーズンレスが選ぶ決め手

納得買いのコスパアイテム
見つけた!

納得買いのコスパアイテム
見つけた!

洒落感はもちろん着回し力や使い勝手のよさで、気づくと手が伸びる逸品を厳選!大人が納得できる”お値段以上”のアイテムだけを揃えました。

TAION タイオン
HOOD COAT SET

納得買いのコスパアイテム見つけた!
納得買いのコスパアイテム見つけた!

フード付きのブルゾンパーカに取り外しできるインナーダウンがついたアウターは、それぞれ単体使いができて着回せるうえ、春先から真冬までロングシーズン活躍してコスパ最高! きれいめにもフィットするクリーンな表情のブルゾンパーカには軽くてハリのある素材が使われ、サラッと着てサマになる立体的なシルエットが魅力です。裾のドローストリングで丸みのある女性らしいシルエットにアレンジできるのも優秀。

N.O.R.C ノーク
MA-1オーバーサイズブルゾン

納得買いのコスパアイテム見つけた!

袖のユーティリティポケットや裏地のエマージェンシーカラー、リバーシブルファスナーなど本格的なミリタリーテイストを再現しつつ、体を包み込むような立体感で今どきの着こなしが叶うMA-1。注目は、頼もしい機能性の高さ。高性能ポリエステルによる抜群の保湿・保温効果や静電気防止、さらに雨の日もOKな撥水加工と、気のきいた機能が満載です。ユニセックス対応のサイズ3は、パートナーとのシェアにも最適!

Traditional Weatherwear トラディショナル ウェザーウェア
CLEAR UMBRELLA BAMBOO

納得買いのコスパアイテム見つけた!

2020年7月号に掲載後あっという間に完売したアンブレラがついに再登場。爽やかなブルーのビニール素材にクラシカルなバンブーハンドルが大人らしいリッチ感を添え、印象的な佇まいに。直径約94cmと大きめだから、男性へのギフトとしてもおすすめ。

NIKE ナイキ
NIKE Burrow

納得買いのコスパアイテム見つけた!
納得買いのコスパアイテム見つけた!

サッと気軽に履けるスリッパタイプのシューズが、ちょっとそこまでのワンマイルやキャンプシーンなどで重宝。ふかふかで気持ちいいソフトなミッドソールにグリップ性に優れたアウトソールを組み合わせ、弾むような快適な履き心地が続きます。フリースのように起毛した裏地が、暖かさもしっかりキープ。

UNITED ARROWS green label relaxing
ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング
〈L.L.Bean(エルエルビーン)〉別注グローサリー トートバッグ

納得買いのコスパアイテム見つけた!
納得買いのコスパアイテム見つけた!

L.L.Beanで人気のグローサリー トートをより普段使いしやすいサイズ感とショルダーストラップ付きで別注したバッグ。耐久性の強いキャンバス地とたっぷりとられたマチで荷物がたくさん入り、仕事やショッピング、子どもとのお出かけ、トレーニングなど、あらゆる用途にフル活用できます。ロゴ刺しゅうまでワントーンで揃えられたモダンさにも視線集中。カラーは淡いトーンの服とも相性のよいモカ、ハンサムなオリーブなど。縦32×横50×マチ17cm

The post 納得買いのコスパアイテム見つけた! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連記事
  • 人気スタイリスト3人の『ユニクロ』コーデ対決シンプルで無敵の着回し力を誇る『ユニクロ』の5大アイテムを、テイストの異なるスタイリスト3人が自由にスタイリング。定番の服こそ、合わせ方次第で印象をガラッと変えて楽しめる! 今っぽいムードづくりが上手なプロの着こなしテクを学んで。私たちが参戦!合わせやすいベーシックな色使いを基調に、旬なディテールで華やかさを加えた可愛げあるトラッドな着こなしが得意絶妙に女らしさの薫るシンプルかつ上品なスタイリングに定評あり。ベーシックなアイテムを鮮度高く見せるテクは必見旬アイテムを上手にMIXさせた、チアフルでほんのり個性を感じさせる、こなれたカジュアルスタイルが本誌でも人気!シンプルで着こなし自在なクルーネックT一枚ではもちろん、ニットやカーデのインナーとしても活躍。ゆるめのサイズ感が狙い目。クルーネックT(長袖)リラックス感あるドロップショルダーのオーバーシルエット。Tシャツ(メンズ)¥1990/ユニクロ(ユニクロ ユー)>>アイテムの詳細はこちら【大人トラッド】ワントーンの着こなしでトラッドに旬感をプラス基本的にはベーシックカラーをメイン使いするのが定番。そこに、トラッドながらもシルエットや素材が今っぽくブラッシュアップされたデザインを選んでスタイリングしています。さらに、もともと少し甘いテイストが好きなのでクールなアイテムにはほんのり可愛げを忍ばせてバランス調整するのもポイント。Tシャツ(メンズ)¥1990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ベスト¥18150・靴¥24200/Life's 代官山店(TODAYFUL) スカート¥30800/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) バッグ¥29700/ヴァジックジャパン(VASIC) 帽子¥33000(4月中旬発売)/UTS PR(マサカズ フルサワ)大人トラッド担当 大平's SENSE「トラッド感の高まるニットベストを重ね、ベージュのワントーンで可愛らしく仕上げました。全体がぼんやりしないよう、ブラウンのハットや黒のカジュアルなブーツを添えて甘さを引き算しています」【こなれカジュアル】クロップト丈カーデとの長短バランスで鮮度をUP辛さのあるカジュアルな着こなしには、色使いや形など、どこかに女らしさを残します。逆にアイテム自体にフェミニンさのあるものは、攻めた色使いで遊んだりほかのアイテムでラフにくずしたりレイヤードしてみたり。“○○すぎない”バランスを大事にしてるんです。Tシャツ(メンズ)¥1990/ユニクロ(ユニクロ ユー) カーディガン¥8690/ココ ディール パンツ¥13500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥69300/パラブーツ青山店(パラブーツ) バッグ¥11900/チャールズ&キース マフラー¥38500/スロー ネックレス¥17600/ショールーム 233(カロリーナ・デ・バロス)こなれカジュアル担当 高野's SENSE「メンズサイズのロンTで丈が長めなので、あえてそれを生かし、ウエストはゆるっとアウトしリラクシーなムードに。春のトレンドでもあるクロップト丈カーディガンを合わせて旬なバランスに調整」【きれいめフェミニン】テイストが異なるレースで意外性のある着こなしにシンプルで上質感漂う着こなしを大切にしていますが、きれいにまとめすぎると面白みがなくなるのでどこかハズしてみたりトレンドのアイテムを取り入れて旬なムードを高めるなど工夫。レースや透け、つやなど、素材で女らしさを出すのも手。最近はピアスにネックレス、リングとアクセをフル使いするのも気分です。Tシャツ(メンズ)¥1990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ブルゾン¥30800/ルーニィ(ルーニィ) スカート¥22000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) 靴¥6380/コンバース(コンバース) バッグ¥24200/オルサ(オルセット) サングラス¥53900/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥57200・リング¥26400/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バングル¥2640/サンポークリエイト(アネモネ)きれいめフェミニン担当 松村's SENSE「ロンTにゆるさがありカジュアル感が強いので、瞬時に女らしさの高まる上品なレーススカートを投入。ボトムで十分甘さが加わるので、アウターや小物はスポーティにして大人の遊びある着こなしに」 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ >>関連記事:【パーソナルカラー&骨格診断】あなたはどのタイプ? 今すぐチェック!>>関連記事:イエベさん注目! 骨格タイプ別・ベストコーデ教えます撮影/森脇裕介(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/川添カユミ(ilumini.) モデル/岸本セシル スタイリスト/大平典子 松村純子 高野麻子 取材・原文/道端舞子 構成・企画/渡辺真衣(MORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 暖かくて抜け感を演出でき、今っぽい! と冬のトレンドに躍り出たニットパンツ。とはいえ体型カバーはできるのか、部屋着に見えないかなど大人には気になるモヤモヤも。そんな悩みは、ステディブランドが提案する一本が解決してくれる。 【目次】 ①L'Appartement[アパルトモン] ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス] ③AURALEE[オーラリー] ④SLOANE[スローン] ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット] ⑥INSCRIRE[アンスクリア] ①L'Appartement[アパルトモン]フェミニン派もはきやすいニットパンツなら 柔らかで暖かみのあるカシミヤを使いながらも軽やかな印象のニットパンツは、腰まわりの肉感を拾わずすそにかけてほっそり見せてくれるタック入りテーパード型。ツヤのある柔らかなベージュなら上品さが漂う。 パンツ¥41,800・ニット¥39,600(ともにアパルトモン)・靴¥86,900(ジャンヴィト ロッシ)/以上アパルトモン 青山店 コート¥154,000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥158,400/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) グローブ¥16,500/ebureGINZA SIX店(カリデイ) バッグ¥35,200/ウィム ガゼット 青山店(マルコマージ) ソックス¥1,540/タビオ ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス]引き締め力抜群の名品!美脚力を備えた一本 春夏はコットン素材で人気を博した名品パンツがウールブレンド素材で登場。ストレッチ糸をミックスさせ、しっかりとしたリブ編みで仕立て美脚力をアップ。すそにかけてフレアになっているので、パンプスはもちろんスニーカーでも脚長感を キープ。 パンツ¥42,900/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥33,000 /スローン シャツ¥48,400 /エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) ジャケット¥49,500/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ネックレス¥25,300 /ショールーム セッション(マリハ) ★バッグ¥64,900/エクラプレミアム通販(徳原文子×Elleme) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)こちらのバッグはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ③AURALEE[オーラリー]最高級の上質カシミヤ素材で、立ち姿も美しく 希少性の高いベビーカシミヤを使用したニットパンツは、うっすらと感じる光沢と落ち感が美しいストレートシルエット。ウエストがドローコードになっているので、ほどよいラフさも演出してくれる。 パンツ¥69,300・ニット¥62,700/オーラリー ポンチョ¥61,600/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥48,400/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥59,400/エストネーション(ブレンタ) ④SLOANE[スローン]大人気ブランドからスウェットパンツ型が登場 膝やヒップが出にくいよう目の詰んだ編み地で、しっかりとした形に仕上げたスウェットパンツ型。太もも部分の大きなポケットが腰張り体型をカムフラージュ。カシミヤ混ウールで大人の上質さも。 ★パンツ¥33,000/エクラプレミアム通販(戸野塚かおる×SLOANE)  コート¥38,940/アンクレイヴ ニット¥46,200/エイトン青山(エイトン) メガネ¥33,000/アヤメ ストール¥24,000/ノーク(ノーク バイ ザライン) バッグ¥158,400 /ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥34,100 /エクラプレミアム通販(徳原文子×D.A.T.E)こちらのパンツはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット]冬コーデに映える大人のきれい色ニットパンツが得意 ウィム ガゼットのオリジナルブランド「ゲミニー 」のジョガーニットパンツは、しっかりとしたミラノリブの編み地と明るいレモンイエローがほかにない存在感を発揮。マンネリ化しがちなダークカラーが多い冬に使いやすいきれい色が重宝。ほかにグリーンやライトグレーもラインナップ。 パンツ¥24,200/ウィム ガゼット 青山店(ゲミニー) コート¥286,000/オーラリー ニット¥34,100/スローン バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥33,000/エクラプレミアム通販(コルソローマ ノーヴェ) ⑥INSCRIRE[アンスクリア]ほっこりしないほんのりエッジーなさじかげんが絶妙 極上の保温力をもつベビーカシミヤを使用したパンツは、ヒップ、足首まわりに抜け感が出るかなり太めのワイドシルエットで、下半身のラインをほとんど拾わない大人にうれしい一本。サイドに深いスリットを施したざっくりとしたシャツワンピースの下に重ねると、冬のレイヤードスタイルがぐっと新鮮に更新されること間違いなし。 パンツ¥53,900・ニット¥42,900/アマン(アンスクリア) ワンピース¥37,400/カオス丸の内(カオス) バッグ¥58,300/プレインピープル青山(ドラゴン) 靴¥56,100/ウィム ガゼット 青山店(ネブローニ)    ▲ページトップに戻る>>「パンツ」に関する記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • アウターが主役の冬コーデ。カジュアル派もきれいめ派も、相棒にしたい最旬コート&アウターを2022冬のトレンドからピックアップ。アラフォーの強い味方、さっと羽織るだけでこなれて見えるコート&アウターをお届けします!【目次】   ①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」 ②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター ③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター ④40代がトライしやすい「くすみパステル系アウター」 ⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」 ⑥“レトロでかっこいい”を叶えるなら「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」 ⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈」①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」アラフォースタイルにきちんとスタイルにひとさじのトレンド感を添えるなら「ガウンコート」。流れるようなショールカラーが、知的な女性らしさを後押し。顔まわりが華やかに見える効果も。Brand: Des Pres さりげなくはおるだけでエレガントに着映え 襟もとからすそにかけてのゆったりとしたドレープが、動くたびにニュアンスを生み出す。こっくりとしたキャメル色と洗練された艶がフェミニンでリッチな印象コート¥92,400/デ・プレ ブラウス¥17,600/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥44,000/プルミエ アロンディスモン ピアス¥134,200/マリハ バッグ¥66,000/アマン(ザネラート) パンプス¥80,300/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)Brand: Estnation デニムなどのカジュアルなスタイリングにも合う、ワイドなショールカラー。深めのサイドスリットで、いっそうアクティブな印象に。 コート¥79,200/エストネーションBrand: Stumbly ショールカラーが細めになると、ぐっとハンサムな雰囲気に。ベルトでウエストを絞って、たっぷりブラウジングする着こなしもおすすめ。 コート¥64,900/スタンブリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand:M7days 870gと超軽量でノーストレス!ふわふわの肌ざわりも魅力 とにかく軽く、ガウンのように気軽にはおれるデザインが大人気。袖と身頃にゆとりがあるので重ね着もしやすい。流れるようなショールカラーが縦長シルエットを強調し、ボリューム感があってもすっきり見えるから安心。ロングガウンコート¥27,500/M7days[Marisol限定]商品コード:391377 色:ブラック、ベージュ サイズ:F REMI RELIEF 別注BIGスウェットプルオーバー(商品コード:380402)¥16,280(カオス)・デニムパンツ(商品コード:386564)¥27,500(ジェーン スミス)・ネックレス(短)Carlo Necklace 50 CM (商品コード:385519)¥28,600・(長)Eliza Necklace(商品コード:369778)¥26,400(ともにマリア ブラック)・バッグ(商品コード:386848)¥26,400(シータパランティカ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol着るだけでドラマティック!ニュアンスカラーのワントーンに 「バサッとラフにはおるだけでサマになるのが、ダブルフェイスのロングコートの最大の長所です。シンプルニット×レザーパンツの今年らしいワンツーコーデに合わせて、ニュアンスたっぷりのワントーンスタイルを楽しみます。とびきり上質なウールを使用しており、とにかく軽い。ほんのりした艶感も大人にはうれしいポイントです」 【Marisol別注】 磯部安伽さん×ebure コート ¥132,000 靴(商品コード:354433)¥39,600/SHOPMariso(l ファビオ ルスコーニ) ニット¥39,600・パンツ¥107,800/エブールギンザシックス(ebure) その他/本人私物【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリング協力/高橋美帆 取材・文/磯部安伽②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター肩が凝るような重たいコートや堅苦しい素材感は苦手! そんな働くアラフォーにおすすめの旬のアウターは暖かくて、大人の可愛さも演出できるボア素材のもの。引き続き人気のボア素材は、ふわふわとした唯一無二の可愛さ。カラバリもいちだんと豊富に!Brand:Heliopole たっぷりとした分量感はスタイルの主役にぴったり コートの魅力を最大限に引き出すために、インはワントーンでシンプルなスタイリングでまとめるのが正解。 コート¥36,300/エリオポール代官山(エリオポール) ニット¥34,100/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥36,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(ロエフ) ピアス¥35,200/マリハ イヤカフ¥93,500/プライマル スニーカー¥6,380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)Brand:House of Lotus 正統派のノーカラーコートのたたずまいはキープしつつ、清潔感のあるボアが更新感をプラス。ポケットのパイピングがアクセントに。 コート¥74,800/ハウス オブ ロータス 青山店Brand:Sakura 上品なグレーと、少しラフな仕上げのボア素材の組み合わせが絶妙。サイドに長めのスリットが入っているから足さばきもいい。 コート¥59,400/インターリブ(サクラ)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: THIRD MAGAZINEオーセンティックなピーコートもボアになるだけで可愛げがアップ。着た時の軽さも魅力。 コート¥110,000/サードマガジンBrand: muller of yoshiokubo 袖がファスナー使いで自由に取りはずせて、ベストにもなる斬新デザイン。カジュアルにもきれいめにも合うので便利! コート¥86,900/ミュラー オブ ヨシオクボBrand: AURALEE 生成りのような色合いと丈感に惹かれる。形自体は飽きのこないベーシックなので思いきって着てみたい。 ブルゾン¥110,000/オーラリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子今年らしさ満点のボアコートは黒パイピングでハンサムに テディベアみたいにモコモコで抱きしめたくなるアイボリーの可愛いボアコート。40代ならスウィートに着こなすよりは、あえて黒のトリミングでシャープな印象を与えて、大人っぽくモードな雰囲気で着こなすのが今の気分。着膨れしてみえないようにインは細めのデニムですっきりとさせて。デニム(商品コード:384131)¥31,900(マディソンブルー)・コート(商品コード:386569)¥72,600(ジェーン スミス)・Tシャツ(商品コード:386555)¥15,400(ジェーン スミス)・パールネックレス(商品コード:336375)¥25,300(カドー)・ゴールドプレートネックレス(商品コード:369778)¥26,400(マリア ブラック)・バッグ(商品コード:386637)¥121,000(ザンケッティ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター軽くて、暖かくて、お手入れ簡単なキルティング素材のアウター。ワンマイルウェアとしても重宝する、今の気分がつまった代表選手。Brand:SLOANEサークルステッチが大人スタイルにマッチ 薄くて軽い中綿入りで、スマートに防寒とおしゃれを両立。 コート¥93,500/スローン ニット¥42,900・スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン) スカーフ¥31,900/イレーヴ イヤカフ¥17,600/UTS PR(ルフェール) ボールチェーンネックレス¥22,000・ネックレス¥42,900/マリハ バッグ¥151,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥35,200/エリオポール代官山(コルソローマ,9)Brand:Shinzone トレンドカラーのセージグリーン。ベロアのパイピングが全体の印象を引き締め、カジュアルすぎない仕上がりに。 コート¥51,700/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:AURALEE for Ron Herman キルティングでも、格子状ではなく縦ステッチになるとぐっと大人っぽくきれい見え。 コート¥92,400/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) Brand:THIRD MAGAZINE ベルトつきのチェスターデザインで縦ステッチ、素材にほんのり光沢感もあるから、布帛コートの気分で着こなしたい。コート¥74,800/サードマガジン Brand:23区 コンパクトなノーカラージャケットタイプなら、ワイドパンツやロングスカートなどの旬ボトムスをバランスよく着こなすことが可能。すそのドロストでフォルムをアレンジできる。 アウター¥25,960/23区Brand:MADISONBLUE キルティング素材にアレンジしたCPOジャケット。たっぷりとしたビッグサイズが、大人の可愛らしさを引き出す。 ジャケット¥117,700/マディソンブルー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂④40代がトライしやすい「くすみパステル系コート」2022の冬こそ、コートできれい色に挑戦!アラフォーも無理なく着こなせるスモーキーなカラーパレットからチョイスしてみて。■モスグリーンBrand: Hykeきれい色初心者におすすめのモスグリーン カーキグリーンの延長線上でスタイリングできる色だから、こんなカジュアルデザインなら手持ちのワードローブと無理なくなじむはず。ライトグレーのスカートをきかせ色にして。コート¥79,200/ボウルズ(ハイク) ニット¥31,900・スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥22,000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ) シューズ¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)■スモーキーブルーBrand: United Arrows きれいめスタイルにマッチする、スモーキーブルー。共布のストールつきでアレンジが楽しめる。 コート¥143,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)■ローズピンク Brand: N.O.R.C by the line 冬の装いの中で、ドラマティックな華やかさを約束してくれるローズピンク。撥水機能つきの素材という、うれしい実用性も。コート¥32,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ■ブリックオレンジ Brand: Muller of yoshiokubo 動きのある長い毛足が今年らしい、ブリックオレンジのコート。大きめの襟や太めの袖など、さりげないディテールが個性をプラス。コート¥84,700/ミュラー オブ ヨシオクボ ■アッシュグリーン Brand: Uncrave グレーにもブラウンにも合う上品なアッシュグリーン。気軽に着られるショート丈、かつくすみトーンのきれい色だから今すぐトライできそう! コート¥33,550/アンクレイヴ ■アイスブルー Brand: PLST 薄く軽やかなアイスブルーのロングコートは、着流し感覚でさっとはおってさっそうと着こなしたい。しっとりとした光沢感があり、驚くほど高見え! コート¥21,000/プラステ 【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」<定番的な存在であるミリタリー系の服も、今季は進化したデザインがかなり出ています。海軍風のジャケットがツイード素材だったり、MA-1がサテン地だったり、カーゴパンツがレザーだったり。レトロシックでときめく要素が加わり、更新するなら今季と太鼓判を押したくなるほど(笑)。コーディネートでは男っぽさを引き算する作業を。レーススカートやバレエシューズなど、甘さ、女っぽさと対峙させるほどに、魅力が引き立ちます>(スタイリスト・徳原文子さん)■ジャケット(カオス) ポインテッドトゥパンプスやニットワンピなど、合わせをフェミニンに。 ジャケット¥52,800/カオス丸の内(カオス)ワンピース¥59,400/サザビーリーグ(デミリー)ストール¥34,100/ロンハーマン(モンキジ)バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)バッグ¥139,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,100/フラッパーズ(ネブローニ) ■ジャケット(レリタージュ マルティニーク) もはや定番なMA-1もサテン地ならちょっとクールな印象に。 サテンMA-1ジャケット(共布ベルトつき)¥75,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク)■コート(マッキントッシュ) ピーコートもオーバーサイズのゆるシルエットでアップデート! ピーコート¥134,200/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子 色あせたセピア写真のような、くすみ配色 メンズユーズド風のあせた色合いが特徴のMA-1ジャケットが主役。いつものMixコーデを軸にしつつ、色のトーンをまとめることで、ヴィンテージムードを増した装いに。 「普遍的な魅力をもつアイテムの代名詞、MA-1ジャケットが今シーズンはトレンドとして復活。大人が選ぶならこんなオーバーサイズ&ブラウンのような、ひとくせデザインがおすすめです。手持ちの同系色のきれいめ服となじませながら、配色でレトロに甘辛コーデを更新させてみて」。<徳原文子さん>ジャケット¥75,900/アマン(アンスクリア) ニット¥27,500/イレーヴ スカート¥68,200(カオス)・バッグ¥143,000(ザンケッティ)/カオス丸の内 ターバン¥9,350/メゾンドリリス 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 辛口指数の高いカーキのMA‒1をフェミニン服のパートナーに カーキのMA- 1 は、ミリタリー色が強いのでドット柄など甘アイテムと好相性。コンバットブーツで旬味も加速。 ブルゾン¥48,400/ウィム ガゼット青山店(コル ピエロ) ニット(10月発売)¥15,400/オンワード樫山(ジョゼフ ストゥディオ) スカート¥68,200/サードマガジン バッグ¥86,900/サードカルチャー(ミチノ・パリ) キャップ¥3,740/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥82,500/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)無骨なメンズっぽさがレースのエレガントさを引き立てる メンズテイスト満載なツウ好みの本格派MA- 1 には、レースのスカートなどあえて女らしさ全開のアイテムを合わせてバランスをとるのがポイント。グレーベースのくすみ配色ならシックで大人っぽく、トーンをそろえることでコーデ全体のまとまり感もさらにアップ。 ブルゾン¥63,800/グッドスタンディング(リノ) Tシャツ¥12,100・スカート¥121,000/エブールギンザシックス(ebure) バッグ¥90,200/サードカルチャー(ミチノ・パリ) ネックレス¥13,500/アビステ 靴¥38,500/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/THE UPPER バックグラウンズファクトリーBrand:The Shinzone 本格的な仕様でありながら、リブのグレーやジップのオレンジなどのアレンジディテールが光る。ジャケット¥63,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:Inscrire モダンなチョコレートブラウンは、ふだんフェミニン派の人におすすめ。ジャケット¥75,900/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アンスクリア)Brand:near.nippon シンプルなブルゾン感覚で着られるブラック。後ろ下がりのすそが可愛いポイント。ジャケット¥61,600/プルミエ アロンディスモン(ニアーニッポン)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: JANE SMITH 「トレンドのMA-1もシャカッとした生地とライトベージュが新鮮。温かみのある色みも合わせやすい」 ブルゾン¥61,600/UTS PR(ジェーン スミス)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子⑥“レトロでかっこいい”を叶える「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」40歳の女性が、かっこよく、そしてちょっぴりモードにレトロというキーワードを着こなしに取り入れるなら「平常心で軽やかに楽しむ、ネオスポーティ」。もしくは「大胆に遊び心をこめた、きかせるトラッド」がおすすめ。”大人が着るからおしゃれに見える”レトロなムードをまとった、旬のアイテムをアウターでも!■ダウンジレ (ドゥロワー) "ゲレンデカジュアル"なスタイリング。いつものダウンジレを、スキー場に映えそうなピンクに。この高揚感を街で楽しむのが粋。 ジレ¥179,300・ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) サロペット¥38,500/ショールーム セッション(サージ)バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ)パンプス¥52,800/アマン(ペリーコ)ネックレス¥14,850/ザ ストア バイ シー 代官山店(ローラ ロンバルディ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子メンズの古着のようなブルゾンを、女らしく ノスタルジックなスポーティブルゾンに、タイトスカートやレザークラッチなど正反対の属性をもつフェミニンな服を合わせて。キレのある女っぷりを表現。 「ピンヒールでさっそうと歩いていく、ポジティブでかっこいい姿をイメージして着こなしてもらいたいです。遊び心をもち続ける大人の女性って魅力的に見えますよね。タートルをインすることでレトロ感を増して」。 ブルゾン¥85,800/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール) カットソー¥28,600/エイトン青山(エイトン) スカート¥27,500/カオス丸の内(カオス) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 ■コート(アパルトモン) おじっぽいブリティッシュなど、女っぽさから一番遠いテイストであるトラッド。古着のようなこなれ感が魅力ですが、野暮ったく見せない心配りが必要です。トラッドの"くせ"は、正統派に着ようとするのではなく、アクセントに変えてしまうと◎。 コート\107,800/アパルトモン 青山店(アパルトモン)■スタジアムジャケット(マディソンブルー) 今シーズンのトラッド服は、「遊び心増し増し」で選ぶ一方で、カジュアルにではなくきれいに着る。このメリハリが、レトロだけどスタイリッシュな大人のしゃれ感を成立させます。 スタジアムジャケット¥238,700/マディソンブルー⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈アウター」コーデの鮮度を上げてくれる一枚が欲しい!というアラフォーは、今季の大本命、きれいめミドル丈をチェックして!腰より少し長めの丈感が主流に。きちんと感とリラクシーなムードが共存しているから、着回し力も抜群。(上段右から)しっかり目が詰まった、ハリのあるメルトン素材がオーセンティックな魅力を放つ。 コート¥96,800/オーラリー  フードとジャケットが合体したようなハイブリッドデザイン。薄く軽やかで休日カジュアルにもぴったり。 コート¥69,300/ロンハーマン    (下段右から)シックなブラックと、脱ぎ着した時にちらっと見え隠れするべージュカラーとの配色がなんとも贅沢。コート¥108,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)  今年はベルトでウエストマークするタイプも豊作。きちんと感が簡単に手に入り、バランスよく着こなせる。コート¥77,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)  しなやかな素材感のテーラードタイプは引き続き人気。長めのミドル丈がニュアンスを生み、女らしさを添えてくれる。コート¥86,900/インターリブ(サクラ)Middle Coat/ミドル丈コート ヒップが隠れるくらいの長めミドル丈が今季の注目。カジュアルにはおれる気軽さが魅力。シンプルで軽やか、今の気分にマッチする新定番 どんなシーンにもマッチして気負わずに着られるから、毎日使いにぴったり。コート¥129,800・パールネックレス¥85,800・ゴールドネックレス(短)¥49,500/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ニット¥26,400/プルミエ アロンディスモン パンツ¥66,000/エストネーション ゴールドネックレス(長)¥35,640/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) バッグ(11月下旬発売予定)¥204,600/ロンハーマン(トッズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂着こなしが難しいと思われがちだけど、パンツにもスカートにも合う絶妙丈で安心! 着回したのはこれ! ATONの襟つきミドル丈コート冬に着映えるクリーンなホワイト 寒い季節に着るホワイト、しかもアウターで取り入れればその存在感は格別。ミドル丈なら大げさにならず、デイリー使いしやすい。コート¥75,900/エイトン青山(エイトン))Pattern 1ボクシーなミドル丈アウターとロングスカートの最新バランス かっちりとしたアウターとハリのあるスカート。"形のある"アイテムの組み合わせが、リラックスの先を行く今年らしさ。コート/上と同じ ニット¥19,800/プルミエ アロンディスモン スカート¥97,900/カオス丸の内(カオス) ピアス¥10,780/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) リング¥9,900/ビームス ハウス 丸の内(ローラ ロンバルディ) バッグ¥31,900/エストネーション(ブレンタ) ローファー¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)Pattern 2メンズライクなデザインだからパンツとの相性は間違いなし よけいな装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインが、マニッシュな雰囲気を後押し。ゆとりのあるシルエットなので重ね着もスムーズ。 コート/上と同じ ニットベスト¥31,900/UTS PR(ジェーン スミス) シャツ¥40,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ) パンツ¥31,900/ロンハーマン メガネ¥36,300/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥141,900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ローファー¥85,800/ドゥロワー 六本木店(パラブーツ フォー ドゥロワー)Pattern 3ゆるめのカジュアルを清潔感のある白で引き締めて 少し"やんちゃ"なスタイリングを大人仕様に。コート/上と同じ スウェット¥16,280(レミレリーフ×カオス)・スカート¥28, 600(カオス)/カオス丸の内 カットソー¥15,400/エイトン青山(エイトン) 帽子¥12,100/ビームス ハウス 丸の内(エーケーワン) チョーカー¥30,800/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) リング¥33,000/CHERRY BROWN バッグ¥37,400/エストネーション(ナヌーシュカ) スニーカー¥68,200/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 着回したのはこれ! LOEFFのノーカラーコート今年らしい女らしさならベルトつきを たっぷりとしたシルエットで、ガウンのようにラフにはおれる一枚。付属の共布ベルトを使ったシャープなアレンジも可能。コート¥66,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)Pattern 1軽快なミドル丈できれい色パンツがリアルに着地 きれい色パンツにロングコートを合わせると、時としてエレガントな迫力が出すぎてしまうことも。ミドル丈の軽やかさやゆったりとしたフォルム、カジュアル感のさじかげんがちょうどよく、リアルに着こなしやすい。コート/上と同じ ニット¥12,100/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥28,600/マリハ バッグ¥93,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) Pattern 2ガウンのようなゆったり感がデニムカジュアルを更新 トップスアウトしたシャツの上から、オーバーシルエットのコートをオン。このゆる×ゆるの合わせが、カジュアルに今っぽいムードをプラス。シンプルなデニムスタイルこそ、ボリュームバランスで鮮度高く着こなして。コート/上と同じ シャツ¥68,200/モールド(チノ) デニム¥38,500/インターリブ(アラタ) ピアス¥42,900/マリハ サングラス¥49,500/グローブスペックス エージェント(アーレム) バッグ¥49,500/アルファ PR(アエタ) ブーツ¥30,800/アルアバイルPattern 3ウエストマークで魅せるキレのいい着こなし ワンピーススタイルもコートの丈感が変わるだけで、一気に最旬ムードに。腰の高い位置でベルトを締めればスタイルアップも狙える。コート/上と同じ ワンピース¥31,900/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ハット¥24,200/UTS PR(マサカズ フルサワ) ピアス¥20,900/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥74,800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ザンケッティ) ブーツ¥61,600/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂▼あわせて読みたい
  • ハーフジップのスウェットIN&わざとかけ違えたボタンで新鮮見え♡カーディガンを使ったコーデの鮮度を上げるためには、カーデ自体のサイズ感がカギ! ベーシックな深Vネックのカーデを今季豊作のオーバーサイズに着替えてみて。ゆとりがあるぶんインナーの選択肢が増えて、重ね着パターンもおしゃれの幅もぐんと広がるから。厚みのある旬のハーフジップスウェットも難なくイン。それでもなおカーデにゆとりがあるから、わざとボタンをかけ違えてフロントにおしゃれなニュアンスをつけることも♡ こんな新鮮な着こなし方、ジャストサイズのカーデじゃできないよね。表情たっぷりの上半身に対して、ボトムはシュッとしたスティックパンツがおすすめ。さらに細身のブーツで足もとまでシャープに仕上げると全身グッドバランスに♪ カーディガン¥9990/Gap新宿フラッグス店(Gap) スウェット¥9240/RANDEBOO パンツ¥11000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥31900/MIKIRI(ディアナドット) バッグ¥9500/チャールズ&キース ピアス¥5500/レイ ビームス新宿(レイ ビームス) バングル¥2970/ゴールディ佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>お仕事コーデの参考に!「今日のコーデ」1週間分おさらい>>素敵な人はネイビーを着こなす【石上美津江のフレンチシックレッスン】>>おしゃれプロのクローゼット拝見! 便利ハンガーやエコバッグ収納で整理整頓♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/谷田政史(CaNN) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/高野麻子 取材・原文/鈴木絵美 企画/青山玲子(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 思わずはっと目が留まる印象的な“冬の白”を味方に、その日なりたい自分に。カジュアルか、きれいめかの鍵を握るのは白の割合! 白が少ないほどカジュアルで、多くするほどきれいめになる簡単な法則を教えます。 着たのはこれ!【7枚で作る、マンネリ知らずの着回し実用書】 《WHITE 10%》 カーディガンから“ちらりとのぞく白”でおしゃれな抜け感は簡単につくれるごく少量をポイント使いすると白のクリーンさとヘルシーさが印象的に際立って、決して子どもっぽくならない理想のカジュアルが簡単に。フーディをインナーにした高感度な重ね着は、首もとから見える大きめのフードがアクセント。横顔や後ろ姿までなんだかおしゃれっぽく見えるから、カーディガンとプリーツの組み合わせもまた嬉しい気持ちで着られる。カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) フーディ¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥135300/ロンハーマン(トッズ) 《WHITE 25%》 白のざっくりニットをひと巻き。気張らない日は小物感覚で楽しんでも色や素材が重ためになる季節に、白はさし色としても効果的。ニットをさらりとたすきがけにすれば、シャツワンピースもどこか“ゆるむ”感覚。さりげなく、おしゃれな大人のこなれ感をアピールできるのも素敵。シャツワンピース¥39600/プルミエ アロンディスモン 肩に巻いたニット¥33000/スローン 中のカットソー¥12100/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(キャストコロン) ピアス¥13200/グリン ジャパン(グリン) バッグ¥33000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 《WHITE 50%》 トップスの白は親しみやすいクリーンさ。コートを重ねても軽やかでいられる白のハイネックブラウスは今の気分のクリーンさがいい。ニュアンスカラーのコートやスカートも優しさを残したまま、しゃきっと見違える。スカート¥27500/インターリブ(サクラ) ブラウス¥20900/STYLEVOICE.COM(ブリゼ フォー チエコ クロダ) コート¥32000/ノーク バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス(右耳)¥38500・(左耳)¥26400/リューク 靴¥23100/グラビテート(カミナンド) タイツ/スタイリスト私物 《WHITE 90%》 上下をつないだ“ほぼ白”コーデなら背すじがすっと伸びる都会的なイメージに満を持して真冬のカンフル剤、白のアウターを投入すると、それだけですっと姿勢を正したくなる。ケープ型のコートに同色系の美シルエットのパンツを合わせたワントーンコーデで、とことんカッコいい女性を目指すのも新鮮。白の分量を増やしたら少量の黒を効かせてほどよく引き締めるのも忘れずに。タートルニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17600/アンクレイヴ コート¥165000/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥46200/ゲストリスト(ルチェンティ) 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 一年で最も極寒の1〜2月は、いかに暖かさをキープしておしゃれを楽しむかがポイントに。暖かさにも今っぽさにも効くレイヤード。手軽に印象を変えることができるので、着慣れたアイテムのときこそ重ねてリフレッシュを! 今月の主人公 佐藤晴美 趣味で始めたファッションブログが編集者の目に留まり、連載を持ったことをきっかけに、昨年一念発起してフリーのWEBライターへと転身! 何かと世知辛い世の中だし……体力のある今のうちはまだまだ頑張りたい! そんな高い志を持ち、あいた時間はフードデリバリーのスタッフとして働き“二刀流”を実践。 着回したアイテムの詳細はこちら! Day1-5はこちら Day6-10はこちら 《Day11》月イチ恒例の“サ活”でたまった疲れをリフレッシュ! ベージュニット+リブタートルニット最近は女性ファンも増えてきたけど、実は歴5年の筋金入りのサウナーの私。体も温まるし、汗をかいて頭がスッキリするから、仕事の前にサクッと行くのがおすすめだったりして。そんなサ活の日は、脱ぎ着のしやすいゆるニット+スカートがうってつけ。湯冷めして風邪をひかないように、タートル&タイツのあったか仕込みも忘れずに。タートル¥7990/プラステ ニット31900/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) スカート¥57200/ビギ デパリエ事業部(デパリエ) タイツ¥6380/ステッラ(ピエールマントゥー) 靴¥13200/ウノハ ピアス¥107800/マリハ 時計¥49500/シンゾーン ルミネ有楽町店(SEIKO Shinzone) バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY12》映画デートがドタキャン…一人飲みして帰ります(泣) ウールコート+ボアベスト久しぶりの映画デートにウキウキのグリーンで来たのに、彼からのドタキャンで断念。仕事だから仕方ないとは思いつつ、楽しみにしていただけに若干の怒りが……。ここは一杯飲んでリセットするために立ち飲み屋へ直行! ボアベストを重ねてしっかり防寒してきたおかげで、冷たい夜風がむしろ心地いいくらい。大好きなあらごし梅酒のお湯割りが体にしみる~。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ベスト¥26400/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) スウェット(ルミネ新宿店限定)¥13200/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュストーリー) スカート¥18700/ルーニィ ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) ネックレス¥19800/アガット バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY13》いち早く春物をチェックしに仕事帰りにショッピング ブルーデニム+ロングブーツ春まではきたいシンプルなブルーデニム。新しい服を買うときは手持ち服との相性もチェックしておきたいからこそ、マイ定番で行くのが大事。そして限られた時間で少しでもスムーズに試着できるように、するっと脱げて履きやすい筒太なブーツもマスト。重ねることでおしゃれに見えるし、寒さ対策にもなって一石二鳥。タートルニット¥31900/スローン  シャツ¥22000/サードマガジン デニム¥24200/エスアンドティ(バウム・ウンド・ヘルガーテン) ストール¥68200/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) リング¥23100/マリハ カチューシャ¥13200/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) バッグ¥52800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥96800/マリハ 《DAY14》ふぅ~、今日も完食で大満足!激辛ラーメンで体がポカポカ。さて、午後ももうひと頑張りしますか! ウールコート+ダウンブルゾン最高気温5℃という極寒の日は、タートル+ダウンブルゾン、ロングコートに保温パンツと最高レベルのあったかコーデで。そしてそんな日のランチは、むちゃくちゃ辛いんだけど食べるほどにやみつきになる「北極ラーメン」に限る! しまった、今日に限って白パンツ……でも洗えるから、まぁ行っちゃおう。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ダウンブルゾン¥6160/タイオン パンツ¥18700/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) 黒タートル¥7990/プラステ ブーツ¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥64900/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) リング(人さし指)¥11660・(中指)¥9790/ZUTTOHOLIC(パズコレクティブ) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン) ネックレス¥19800/アガット 「蒙古タンメン中本」目黒店辛さ0の塩タンメンから辛さ9の北極ラーメンまで、野菜たっぷりのヘルシーなタンメンは男女問わず大人気。東京都品川区上大崎2の13の45・1F ☎03(3446)1233 営業時間:10時~22時30分(テイクアウトは9時~23時) 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/水野利香 モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 撮影協力/tokyobike ※BAILA2022年2月号掲載
  • 白シャツにタートルニットをイン、新鮮レイヤードで差をつけて 黒のタートルニットとデニム、冬の定番ワンツーコーデもシャツを1枚重ねればぐっと新鮮なイメージに。シャツがメインだからクリーンな印象も簡単に。ショルダーバッグやスニーカーを合わせてアクティブな印象にまとめて。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) シャツ¥22000/サードマガジン ニット¥7990/プラステ パンツ¥24200/エスアンドティ(バウム・ウンド・ヘルガーテン) メガネ¥39600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥64900/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) ソックス¥2750/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) 靴¥13200/ウノハ 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/水野利香 取材・原文/伊藤真知 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 一年で最も極寒の1〜2月は、いかに暖かさをキープしておしゃれを楽しむかがポイントに。今月は、晴美が外回り多めのフリーライターの着回しに挑戦! 冬のマストアイテム・タートルニットはスウェットやシャツに重ねると抜群におしゃれに! 今月の主人公 佐藤晴美 趣味で始めたファッションブログが編集者の目に留まり、連載を持ったことをきっかけに、昨年一念発起してフリーのWEBライターへと転身! 何かと世知辛い世の中だし……体力のある今のうちはまだまだ頑張りたい! そんな高い志を持ち、あいた時間はフードデリバリーのスタッフとして働き“二刀流”を実践。 着回したアイテムの詳細はこちら! Day1-5はこちら 《Day6》 サボりがちだったインスタにひさびさ私服をアップ「最近のお姉ちゃんのインスタ、ハッキリ言ってつまらんわ」。ギク……確かにこの数週間、忙しくて手抜いてた。妹の鋭い指摘に猛省し、久しぶりに私服コーデのおしゃれネタで更新。ぬくもりのあるブラウントーンはカーキを混ぜて、少し辛めに着るのが今の気分。白を多めにして抜け感を出せば、厚着でもほっこりせずにいい感じ。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) シャツ¥22000/サードマガジン ニット¥31900/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥42900/エイトン青山(エイトン) ソックス¥2750/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) 靴¥13200/ウノハ メガネ¥39600/アイヴァン 東京ギャ ラリー(アイヴァン)  時計¥49500/シンゾー ン ルミネ有楽町店(SEIKO Shinzone)  バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY7》 2年ぶりに友人と再会!ささやかながら結婚祝いを話したいことが山ほどある今日は、可愛いけれどちゃんと楽ちんさも意識したロゴスウェット+グリーンのスリット入りタイトのコンビで。案の定、閉店ギリギリまで居座り、帰りは雪がパラつくほどの冷え込みよう。タートルニットやロングブーツできちんと防寒しておいてよかった~。タートル¥7990/プラステ スウェット(ルミネ新宿店限定)¥13200/アルページュストーリー プレスルーム(アルページュストーリー) スカート¥18700/ルーニィ ストール¥68200/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) リストウォーマー¥9790・ブーツ¥49500/エレメントルール カスタマーサービス(レメ/バビロン) バッグ¥57200/フルラ ジャパン(フルラ) 《DAY8》 オンラインイベントの日はきれい色+白で映りよく二足のわらじで働く30代女性代表として、今どきの働き方についてお話するオンラインイベントでは、画面越しでも映えるパープルのニットをチョイス。同じく選んだ白パンツがそもそも暖かな保温機能つきな上に、慣れないライブの緊張もあって、終わったときには汗だく。手洗いOKなのも決め手となって買った一本だったけど、こんな日は本当に助かる! タートル¥31900/スローン パンツ¥18700/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) ソックス¥4620/レイ(ラウンジレイ) ブーツ¥25850/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) カチューシャ¥13200/ザ ヘア バー トウキョウ(ジェニファーオーレット) 時計¥99000/オールージュ(ミッシェル・エルブラン) バッグ¥52800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 《DAY9》 30秒で選んだコーデがびっくりするほど高評価絶対遅刻できない日に限って、3つとも目覚ましを止めるなんて!私のバカ~!と叫びながら30秒で着替えてなんとかセーフ。黒のタートルとデニムにシャツを羽織っただけのシンプルなコーデだけど、まっ白なシャツが新鮮とか、レイヤードが可愛いとか、やたらと好評で嬉しいんですけど。考えすぎないほうがうまくいくのは、仕事もおしゃれも一緒かも。コート¥39900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) シャツ¥22000/サードマガジン タートル¥7990/プラステ デニム¥24200/エスアンドティ(バウム・ウンド・ヘルガーテン) ソックス¥2750/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) 靴¥13200/ウノハ メガネ¥39600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥64900/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 《DAY10》 ポツポツ…あやしい雲行き。本降りになる前に急ごう!デリバリーの際にはひと目で配達パートナーとわかるように、バッグと同じ水色のジャケットを羽織ってお宅へ訪問。そんなとき、DAY8と同じく“画面越しでも映える”パープル+白のコンビを中に仕込んでおけば、玄関先のモニターでも顔まわりが明るく、いい印象を与えてくれるはず! 足さばきのいいカーキのパンツも動き回る日のよき相棒。スニーカーでも脚長に見えるセンタープレス入りで言うことなし。ベスト¥26400/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) タートル¥31900/スローン パンツ¥42900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥96800/マリハ 靴¥13200/ウノハ 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/水野利香 モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 撮影協力/tokyobike ※BAILA2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND