\大好評につき第2弾開催!/アウター限定MAX5,000円オフクーポンキャンペーン!12/10(金)9:59まで

HAPPY PLUS VOICE


冷え込む日が続き、朝や夜はダウンやコートが欠かせなくなりました。冬のお出かけ時のコーデ選びには、お気に入りのアウターを持っていると気分が上がりますよね!
HAPPY PLUS STOREでは対象アウターのお買い物でご利用できる「2,000円」「5,000円」オフクーポンをプレゼント!

アウター限定MAX5,000円オフクーポンキャンペーンは12/10(金)9:59まで
今すぐ着たいアウターをお得にお買い物できるチャンスです!

最大5,000円オフクーポンキャンペーンイメージ



\5,000円オフ対象/ソフトな肌触りと上品なデザインに注目のノーカラーコート!

Chaos (カオス)
/ アールスーペリアノーカラーコート/
¥74,800

Chaos (カオス)
/ アールスーペリアノーカラーコート/
¥74,800ベージュ
ベージュ
Chaos (カオス)
/ アールスーペリアノーカラーコート/
¥74,800 モデル着用画像ブラック
ブラック

\5,000円オフ対象/まるで2着買ったようなお得感に浸れる、コスパ最強な3WAYジャケット!!

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/GTX セロウマグネ トリクライメイトジャケット/¥66,000

THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)/GTX セロウマグネ トリクライメイトジャケット/¥66,000 ブラック
ブラック

MADISON BLUE、 THE SHINZONE、TATRAS、CAPE HEIGHTSほか、人気アイテム多数!

5,000円オフクーポンは税込55,000円以上の対象商品のお買い物でご利用いただけます!



\2,000円オフ対象/日本の寝具ブランドNANGAとの高機能コラボダウン!

suadeo (スアデオ)/ 【NANGA】コラボ オーロラダウンジャケット/¥47,300

suadeo (スアデオ)/ 【NANGA】コラボ オーロラダウンジャケット/¥47,300
ブラック  コヨーテ
ブラック・コヨーテ
suadeo (スアデオ)/ 【NANGA】コラボ オーロラダウンジャケット/¥47,300
コヨーテモデル着用画像
コヨーテ

\2,000円オフ対象/旬な着こなしが叶う、上質な圧縮フラノを使用したシンプルなコート

SACRA (サクラ)/ フランネルコート/HIGH COUNT FLANNEL/¥46,200

SACRA (サクラ)/ フランネルコート/HIGH COUNT FLANNEL/¥46,200 MOCHA
MOCHA
SACRA (サクラ)/ フランネルコート/HIGH COUNT FLANNEL/¥46,200 GRAY
GRAY

M7days、12closet、 THE NORTH FACE 、Traditional Weatherwearほか、人気アイテム多数!

2,000円オフクーポンは税込25,300円以上の対象商品のお買い物でご利用いただけます!

クーポンキャンペーンは12/10(金)9:59まで!
ぜひ、お見逃しなく!

ブランドPR太鼓判!「長く愛せるダウンコート」

ブランドPR太鼓判!「長く愛せるダウンコート」イメージ画像

軽くて暖かい人気ダウンコートの中から、高品質でデザインも素晴らしい“大人の女性が長く使える”アイテムだけをピックアップしました。さらに、各ブランドのプレスが商品の「イチ押しポイント」を解説。コーディネート見本もあるので、あなたの欲しい一着が必ず見つかるはず。どれも人気商品なので、お買い上げはお早めに!
詳しくはこちら!

【MAX85%OFF】PRE SALEスタート!

【MAX85%OFF】PRE SALEスタート!
冬のプレセール開催中!

お得な冬のプレセールスタート!
12closet、M7days、RED CARD、NOLLEY’S他、人気ブランドの商品が一部プライスダウン!
冬本番に向けて買い足したいアイテムやシーズンレスアイテムなど、”使えるアイテム”をぜひお得にお買い物してくださいね!
詳しくはこちら!




The post \大好評につき第2弾開催!/アウター限定MAX5,000円オフクーポンキャンペーン!12/10(金)9:59まで first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連記事
  • 暖かくて抜け感を演出でき、今っぽい! と冬のトレンドに躍り出たニットパンツ。とはいえ体型カバーはできるのか、部屋着に見えないかなど大人には気になるモヤモヤも。そんな悩みは、ステディブランドが提案する一本が解決してくれる。 【目次】 ①L'Appartement[アパルトモン] ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス] ③AURALEE[オーラリー] ④SLOANE[スローン] ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット] ⑥INSCRIRE[アンスクリア] ①L'Appartement[アパルトモン]フェミニン派もはきやすいニットパンツなら 柔らかで暖かみのあるカシミヤを使いながらも軽やかな印象のニットパンツは、腰まわりの肉感を拾わずすそにかけてほっそり見せてくれるタック入りテーパード型。ツヤのある柔らかなベージュなら上品さが漂う。 パンツ¥41,800・ニット¥39,600(ともにアパルトモン)・靴¥86,900(ジャンヴィト ロッシ)/以上アパルトモン 青山店 コート¥154,000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥158,400/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) グローブ¥16,500/ebureGINZA SIX店(カリデイ) バッグ¥35,200/ウィム ガゼット 青山店(マルコマージ) ソックス¥1,540/タビオ ②MUSE de Deuxieme Classe [ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス]引き締め力抜群の名品!美脚力を備えた一本 春夏はコットン素材で人気を博した名品パンツがウールブレンド素材で登場。ストレッチ糸をミックスさせ、しっかりとしたリブ編みで仕立て美脚力をアップ。すそにかけてフレアになっているので、パンプスはもちろんスニーカーでも脚長感を キープ。 パンツ¥42,900/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) ニット¥33,000 /スローン シャツ¥48,400 /エスケーパーズオンライン(ブーリエンヌ) ジャケット¥49,500/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ネックレス¥25,300 /ショールーム セッション(マリハ) ★バッグ¥64,900/エクラプレミアム通販(徳原文子×Elleme) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)こちらのバッグはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ③AURALEE[オーラリー]最高級の上質カシミヤ素材で、立ち姿も美しく 希少性の高いベビーカシミヤを使用したニットパンツは、うっすらと感じる光沢と落ち感が美しいストレートシルエット。ウエストがドローコードになっているので、ほどよいラフさも演出してくれる。 パンツ¥69,300・ニット¥62,700/オーラリー ポンチョ¥61,600/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥48,400/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥59,400/エストネーション(ブレンタ) ④SLOANE[スローン]大人気ブランドからスウェットパンツ型が登場 膝やヒップが出にくいよう目の詰んだ編み地で、しっかりとした形に仕上げたスウェットパンツ型。太もも部分の大きなポケットが腰張り体型をカムフラージュ。カシミヤ混ウールで大人の上質さも。 ★パンツ¥33,000/エクラプレミアム通販(戸野塚かおる×SLOANE)  コート¥38,940/アンクレイヴ ニット¥46,200/エイトン青山(エイトン) メガネ¥33,000/アヤメ ストール¥24,000/ノーク(ノーク バイ ザライン) バッグ¥158,400 /ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥34,100 /エクラプレミアム通販(徳原文子×D.A.T.E)こちらのパンツはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら> ⑤Whim Gazette[ウィム ガゼット]冬コーデに映える大人のきれい色ニットパンツが得意 ウィム ガゼットのオリジナルブランド「ゲミニー 」のジョガーニットパンツは、しっかりとしたミラノリブの編み地と明るいレモンイエローがほかにない存在感を発揮。マンネリ化しがちなダークカラーが多い冬に使いやすいきれい色が重宝。ほかにグリーンやライトグレーもラインナップ。 パンツ¥24,200/ウィム ガゼット 青山店(ゲミニー) コート¥286,000/オーラリー ニット¥34,100/スローン バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥33,000/エクラプレミアム通販(コルソローマ ノーヴェ) ⑥INSCRIRE[アンスクリア]ほっこりしないほんのりエッジーなさじかげんが絶妙 極上の保温力をもつベビーカシミヤを使用したパンツは、ヒップ、足首まわりに抜け感が出るかなり太めのワイドシルエットで、下半身のラインをほとんど拾わない大人にうれしい一本。サイドに深いスリットを施したざっくりとしたシャツワンピースの下に重ねると、冬のレイヤードスタイルがぐっと新鮮に更新されること間違いなし。 パンツ¥53,900・ニット¥42,900/アマン(アンスクリア) ワンピース¥37,400/カオス丸の内(カオス) バッグ¥58,300/プレインピープル青山(ドラゴン) 靴¥56,100/ウィム ガゼット 青山店(ネブローニ)    ▲ページトップに戻る>>「パンツ」に関する記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • プレス&ライターのお仕事黒をアイテム別にリサーチ。お仕事シーンに…といえば黒パンツ。きちんと見えるのに動きやすく、さらに気持ちまでアガるコーディネートを5人のおしゃれプロから学んで。 Mila Owen プレス 川村らいむさん 「細身パンツでもセンタースリットのおかげで、足さばきよく動けます」組み合わせやすい黒パンツはワイドよりもきれいめな細身のものをチョイス。袖&襟コンブラウスの甘さをオフィス向けにほどよく調節してくれる。グリーンのバッグで遊び心を取り入れて。 Pants / Mila Owen Tops / Mila Owen Shoes / Mila Owen Bag / Mila Owen Earring / Mila Owen Deuxième Classe プレス 刈部麻理奈さん 「3つの黒アイテムは異なる素材を選んで、コーデに奥行きを出しています」カジュアルで動きやすいレギパンは、ニットとの間に白シャツを挟むだけで洗練されて見える。アームウォーマーとサイドゴアブーツがベーシックカラーのコーデを今年気分に高めてくれる。 Pants / Deuxième Classe Coat / Deuxième Classe Knit / Deuxième Classe Shirts / Deuxième Classe Shoes / Tony Bianco Bag / NEOUS Arm Warmer / Deuxième Classe ライター 石黒千晶さん 「リモート→取材の日でも、きちんと見えつつ楽できちゃいます」フレアパンツを大人っぽくはくなら黒のコーデュロイがおすすめ。小さいさんは印象が重くならないよう、明るい色のカットソーを首もとに重ねて、視線を上げるテクを使うといいバランスに。Pants / MATURED Coat / ATON Tops / ADAM ET ROPÉ Knit / AURALEE Shoes / no brand Bag / Saint Laurent ライター 榎本洋子さん 「黒でつくったIラインがすっきりスタイルよく見せてくれます」柄とグリーンのさし色でリズムをつけて、リモートも楽しい自分ウケコーデに。短いジャケット感覚のコートがこの冬の気分。コートとニットを脱げば、きちんとした場面も対応できる装いに。Pants / YLÈVE Coat / ZARA Knit / Shinzone Tops / CLANE Shoes / ZARA Bag / Acne Studios Earring / IRIS 47 73 Showroom PR 河野なみこさん 「細身のパンツ×ロングブーツが久しぶりで新鮮な気持ちに」」細身のパンツをロングブーツにインするスタイルが復活。お仕事中もアガる最高の組み合わせ。スリットの入った長めのニットと合わせることで体型をカバーしつつ、動きやすさも確保。 Pants / Chaos Knit / Chaos Coat / Chaos Shoes / PELLICO×Chaos Bag / FRANCOIS RENIER Pierce / MARIHA 撮影/イマキイレカオリ ※BAILA2022年2月号掲載
  • アウターが主役の冬コーデ。カジュアル派もきれいめ派も、相棒にしたい最旬コート&アウターを2022冬のトレンドからピックアップ。アラフォーの強い味方、さっと羽織るだけでこなれて見えるコート&アウターをお届けします!【目次】   ①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」 ②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター ③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター ④40代がトライしやすい「くすみパステル系アウター」 ⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」 ⑥“レトロでかっこいい”を叶えるなら「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」 ⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈」①トレンド感を添えてくれる「ガウンコート」アラフォースタイルにきちんとスタイルにひとさじのトレンド感を添えるなら「ガウンコート」。流れるようなショールカラーが、知的な女性らしさを後押し。顔まわりが華やかに見える効果も。Brand: Des Pres さりげなくはおるだけでエレガントに着映え 襟もとからすそにかけてのゆったりとしたドレープが、動くたびにニュアンスを生み出す。こっくりとしたキャメル色と洗練された艶がフェミニンでリッチな印象コート¥92,400/デ・プレ ブラウス¥17,600/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥44,000/プルミエ アロンディスモン ピアス¥134,200/マリハ バッグ¥66,000/アマン(ザネラート) パンプス¥80,300/ロンハーマン(フランチェスコ ルッソ)Brand: Estnation デニムなどのカジュアルなスタイリングにも合う、ワイドなショールカラー。深めのサイドスリットで、いっそうアクティブな印象に。 コート¥79,200/エストネーションBrand: Stumbly ショールカラーが細めになると、ぐっとハンサムな雰囲気に。ベルトでウエストを絞って、たっぷりブラウジングする着こなしもおすすめ。 コート¥64,900/スタンブリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand:M7days 870gと超軽量でノーストレス!ふわふわの肌ざわりも魅力 とにかく軽く、ガウンのように気軽にはおれるデザインが大人気。袖と身頃にゆとりがあるので重ね着もしやすい。流れるようなショールカラーが縦長シルエットを強調し、ボリューム感があってもすっきり見えるから安心。ロングガウンコート¥27,500/M7days[Marisol限定]商品コード:391377 色:ブラック、ベージュ サイズ:F REMI RELIEF 別注BIGスウェットプルオーバー(商品コード:380402)¥16,280(カオス)・デニムパンツ(商品コード:386564)¥27,500(ジェーン スミス)・ネックレス(短)Carlo Necklace 50 CM (商品コード:385519)¥28,600・(長)Eliza Necklace(商品コード:369778)¥26,400(ともにマリア ブラック)・バッグ(商品コード:386848)¥26,400(シータパランティカ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol着るだけでドラマティック!ニュアンスカラーのワントーンに 「バサッとラフにはおるだけでサマになるのが、ダブルフェイスのロングコートの最大の長所です。シンプルニット×レザーパンツの今年らしいワンツーコーデに合わせて、ニュアンスたっぷりのワントーンスタイルを楽しみます。とびきり上質なウールを使用しており、とにかく軽い。ほんのりした艶感も大人にはうれしいポイントです」 【Marisol別注】 磯部安伽さん×ebure コート ¥132,000 靴(商品コード:354433)¥39,600/SHOPMariso(l ファビオ ルスコーニ) ニット¥39,600・パンツ¥107,800/エブールギンザシックス(ebure) その他/本人私物【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE スタイリング協力/高橋美帆 取材・文/磯部安伽②今年は豊作!大人かわいい「ボア」アウター肩が凝るような重たいコートや堅苦しい素材感は苦手! そんな働くアラフォーにおすすめの旬のアウターは暖かくて、大人の可愛さも演出できるボア素材のもの。引き続き人気のボア素材は、ふわふわとした唯一無二の可愛さ。カラバリもいちだんと豊富に!Brand:Heliopole たっぷりとした分量感はスタイルの主役にぴったり コートの魅力を最大限に引き出すために、インはワントーンでシンプルなスタイリングでまとめるのが正解。 コート¥36,300/エリオポール代官山(エリオポール) ニット¥34,100/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥36,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(ロエフ) ピアス¥35,200/マリハ イヤカフ¥93,500/プライマル スニーカー¥6,380/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)Brand:House of Lotus 正統派のノーカラーコートのたたずまいはキープしつつ、清潔感のあるボアが更新感をプラス。ポケットのパイピングがアクセントに。 コート¥74,800/ハウス オブ ロータス 青山店Brand:Sakura 上品なグレーと、少しラフな仕上げのボア素材の組み合わせが絶妙。サイドに長めのスリットが入っているから足さばきもいい。 コート¥59,400/インターリブ(サクラ)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: THIRD MAGAZINEオーセンティックなピーコートもボアになるだけで可愛げがアップ。着た時の軽さも魅力。 コート¥110,000/サードマガジンBrand: muller of yoshiokubo 袖がファスナー使いで自由に取りはずせて、ベストにもなる斬新デザイン。カジュアルにもきれいめにも合うので便利! コート¥86,900/ミュラー オブ ヨシオクボBrand: AURALEE 生成りのような色合いと丈感に惹かれる。形自体は飽きのこないベーシックなので思いきって着てみたい。 ブルゾン¥110,000/オーラリー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子今年らしさ満点のボアコートは黒パイピングでハンサムに テディベアみたいにモコモコで抱きしめたくなるアイボリーの可愛いボアコート。40代ならスウィートに着こなすよりは、あえて黒のトリミングでシャープな印象を与えて、大人っぽくモードな雰囲気で着こなすのが今の気分。着膨れしてみえないようにインは細めのデニムですっきりとさせて。デニム(商品コード:384131)¥31,900(マディソンブルー)・コート(商品コード:386569)¥72,600(ジェーン スミス)・Tシャツ(商品コード:386555)¥15,400(ジェーン スミス)・パールネックレス(商品コード:336375)¥25,300(カドー)・ゴールドプレートネックレス(商品コード:369778)¥26,400(マリア ブラック)・バッグ(商品コード:386637)¥121,000(ザンケッティ)・ブーツ(商品コード:386232)¥48,400(フラッタード)/SHOP Marisol撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります③らくちんでおしゃれな「キルティング」アウター軽くて、暖かくて、お手入れ簡単なキルティング素材のアウター。ワンマイルウェアとしても重宝する、今の気分がつまった代表選手。Brand:SLOANEサークルステッチが大人スタイルにマッチ 薄くて軽い中綿入りで、スマートに防寒とおしゃれを両立。 コート¥93,500/スローン ニット¥42,900・スカート¥53,900/エイトン青山(エイトン) スカーフ¥31,900/イレーヴ イヤカフ¥17,600/UTS PR(ルフェール) ボールチェーンネックレス¥22,000・ネックレス¥42,900/マリハ バッグ¥151,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥35,200/エリオポール代官山(コルソローマ,9)Brand:Shinzone トレンドカラーのセージグリーン。ベロアのパイピングが全体の印象を引き締め、カジュアルすぎない仕上がりに。 コート¥51,700/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:AURALEE for Ron Herman キルティングでも、格子状ではなく縦ステッチになるとぐっと大人っぽくきれい見え。 コート¥92,400/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) Brand:THIRD MAGAZINE ベルトつきのチェスターデザインで縦ステッチ、素材にほんのり光沢感もあるから、布帛コートの気分で着こなしたい。コート¥74,800/サードマガジン Brand:23区 コンパクトなノーカラージャケットタイプなら、ワイドパンツやロングスカートなどの旬ボトムスをバランスよく着こなすことが可能。すそのドロストでフォルムをアレンジできる。 アウター¥25,960/23区Brand:MADISONBLUE キルティング素材にアレンジしたCPOジャケット。たっぷりとしたビッグサイズが、大人の可愛らしさを引き出す。 ジャケット¥117,700/マディソンブルー【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂④40代がトライしやすい「くすみパステル系コート」2022の冬こそ、コートできれい色に挑戦!アラフォーも無理なく着こなせるスモーキーなカラーパレットからチョイスしてみて。■モスグリーンBrand: Hykeきれい色初心者におすすめのモスグリーン カーキグリーンの延長線上でスタイリングできる色だから、こんなカジュアルデザインなら手持ちのワードローブと無理なくなじむはず。ライトグレーのスカートをきかせ色にして。コート¥79,200/ボウルズ(ハイク) ニット¥31,900・スカート¥42,900/エイトン青山(エイトン) ピアス¥22,000/UTS PR(ルフェール) バッグ¥36,300/アルファ PR(アエタ) シューズ¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)■スモーキーブルーBrand: United Arrows きれいめスタイルにマッチする、スモーキーブルー。共布のストールつきでアレンジが楽しめる。 コート¥143,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)■ローズピンク Brand: N.O.R.C by the line 冬の装いの中で、ドラマティックな華やかさを約束してくれるローズピンク。撥水機能つきの素材という、うれしい実用性も。コート¥32,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ■ブリックオレンジ Brand: Muller of yoshiokubo 動きのある長い毛足が今年らしい、ブリックオレンジのコート。大きめの襟や太めの袖など、さりげないディテールが個性をプラス。コート¥84,700/ミュラー オブ ヨシオクボ ■アッシュグリーン Brand: Uncrave グレーにもブラウンにも合う上品なアッシュグリーン。気軽に着られるショート丈、かつくすみトーンのきれい色だから今すぐトライできそう! コート¥33,550/アンクレイヴ ■アイスブルー Brand: PLST 薄く軽やかなアイスブルーのロングコートは、着流し感覚でさっとはおってさっそうと着こなしたい。しっとりとした光沢感があり、驚くほど高見え! コート¥21,000/プラステ 【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂⑤MA-1が代表格!女っぽさを盛って着こなす「ミリタリー系アウター」<定番的な存在であるミリタリー系の服も、今季は進化したデザインがかなり出ています。海軍風のジャケットがツイード素材だったり、MA-1がサテン地だったり、カーゴパンツがレザーだったり。レトロシックでときめく要素が加わり、更新するなら今季と太鼓判を押したくなるほど(笑)。コーディネートでは男っぽさを引き算する作業を。レーススカートやバレエシューズなど、甘さ、女っぽさと対峙させるほどに、魅力が引き立ちます>(スタイリスト・徳原文子さん)■ジャケット(カオス) ポインテッドトゥパンプスやニットワンピなど、合わせをフェミニンに。 ジャケット¥52,800/カオス丸の内(カオス)ワンピース¥59,400/サザビーリーグ(デミリー)ストール¥34,100/ロンハーマン(モンキジ)バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)バッグ¥139,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,100/フラッパーズ(ネブローニ) ■ジャケット(レリタージュ マルティニーク) もはや定番なMA-1もサテン地ならちょっとクールな印象に。 サテンMA-1ジャケット(共布ベルトつき)¥75,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク)■コート(マッキントッシュ) ピーコートもオーバーサイズのゆるシルエットでアップデート! ピーコート¥134,200/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子 色あせたセピア写真のような、くすみ配色 メンズユーズド風のあせた色合いが特徴のMA-1ジャケットが主役。いつものMixコーデを軸にしつつ、色のトーンをまとめることで、ヴィンテージムードを増した装いに。 「普遍的な魅力をもつアイテムの代名詞、MA-1ジャケットが今シーズンはトレンドとして復活。大人が選ぶならこんなオーバーサイズ&ブラウンのような、ひとくせデザインがおすすめです。手持ちの同系色のきれいめ服となじませながら、配色でレトロに甘辛コーデを更新させてみて」。<徳原文子さん>ジャケット¥75,900/アマン(アンスクリア) ニット¥27,500/イレーヴ スカート¥68,200(カオス)・バッグ¥143,000(ザンケッティ)/カオス丸の内 ターバン¥9,350/メゾンドリリス 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 辛口指数の高いカーキのMA‒1をフェミニン服のパートナーに カーキのMA- 1 は、ミリタリー色が強いのでドット柄など甘アイテムと好相性。コンバットブーツで旬味も加速。 ブルゾン¥48,400/ウィム ガゼット青山店(コル ピエロ) ニット(10月発売)¥15,400/オンワード樫山(ジョゼフ ストゥディオ) スカート¥68,200/サードマガジン バッグ¥86,900/サードカルチャー(ミチノ・パリ) キャップ¥3,740/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ピアス¥35,200/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 靴¥82,500/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン)無骨なメンズっぽさがレースのエレガントさを引き立てる メンズテイスト満載なツウ好みの本格派MA- 1 には、レースのスカートなどあえて女らしさ全開のアイテムを合わせてバランスをとるのがポイント。グレーベースのくすみ配色ならシックで大人っぽく、トーンをそろえることでコーデ全体のまとまり感もさらにアップ。 ブルゾン¥63,800/グッドスタンディング(リノ) Tシャツ¥12,100・スカート¥121,000/エブールギンザシックス(ebure) バッグ¥90,200/サードカルチャー(ミチノ・パリ) ネックレス¥13,500/アビステ 靴¥38,500/ドゥロワー 六本木店(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/ヨンア 取材・文/塚田有紀子 撮影協力/THE UPPER バックグラウンズファクトリーBrand:The Shinzone 本格的な仕様でありながら、リブのグレーやジップのオレンジなどのアレンジディテールが光る。ジャケット¥63,800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)Brand:Inscrire モダンなチョコレートブラウンは、ふだんフェミニン派の人におすすめ。ジャケット¥75,900/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(アンスクリア)Brand:near.nippon シンプルなブルゾン感覚で着られるブラック。後ろ下がりのすそが可愛いポイント。ジャケット¥61,600/プルミエ アロンディスモン(ニアーニッポン)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物)へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂Brand: JANE SMITH 「トレンドのMA-1もシャカッとした生地とライトベージュが新鮮。温かみのある色みも合わせやすい」 ブルゾン¥61,600/UTS PR(ジェーン スミス)【Marisol 11月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子⑥“レトロでかっこいい”を叶える「スポーティー系アウター」・「トラッド系アウター」40歳の女性が、かっこよく、そしてちょっぴりモードにレトロというキーワードを着こなしに取り入れるなら「平常心で軽やかに楽しむ、ネオスポーティ」。もしくは「大胆に遊び心をこめた、きかせるトラッド」がおすすめ。”大人が着るからおしゃれに見える”レトロなムードをまとった、旬のアイテムをアウターでも!■ダウンジレ (ドゥロワー) "ゲレンデカジュアル"なスタイリング。いつものダウンジレを、スキー場に映えそうなピンクに。この高揚感を街で楽しむのが粋。 ジレ¥179,300・ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) サロペット¥38,500/ショールーム セッション(サージ)バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ)パンプス¥52,800/アマン(ペリーコ)ネックレス¥14,850/ザ ストア バイ シー 代官山店(ローラ ロンバルディ)【Marisol 10月号2021年載掲】撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/徳原文子メンズの古着のようなブルゾンを、女らしく ノスタルジックなスポーティブルゾンに、タイトスカートやレザークラッチなど正反対の属性をもつフェミニンな服を合わせて。キレのある女っぷりを表現。 「ピンヒールでさっそうと歩いていく、ポジティブでかっこいい姿をイメージして着こなしてもらいたいです。遊び心をもち続ける大人の女性って魅力的に見えますよね。タートルをインすることでレトロ感を増して」。 ブルゾン¥85,800/イザベル マラン(イザベル マラン エトワール) カットソー¥28,600/エイトン青山(エイトン) スカート¥27,500/カオス丸の内(カオス) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) ピアス¥31,900/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 【Marisol10月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 ■コート(アパルトモン) おじっぽいブリティッシュなど、女っぽさから一番遠いテイストであるトラッド。古着のようなこなれ感が魅力ですが、野暮ったく見せない心配りが必要です。トラッドの"くせ"は、正統派に着ようとするのではなく、アクセントに変えてしまうと◎。 コート\107,800/アパルトモン 青山店(アパルトモン)■スタジアムジャケット(マディソンブルー) 今シーズンのトラッド服は、「遊び心増し増し」で選ぶ一方で、カジュアルにではなくきれいに着る。このメリハリが、レトロだけどスタイリッシュな大人のしゃれ感を成立させます。 スタジアムジャケット¥238,700/マディソンブルー⑦2022冬の大本命!「きれいめミドル丈アウター」コーデの鮮度を上げてくれる一枚が欲しい!というアラフォーは、今季の大本命、きれいめミドル丈をチェックして!腰より少し長めの丈感が主流に。きちんと感とリラクシーなムードが共存しているから、着回し力も抜群。(上段右から)しっかり目が詰まった、ハリのあるメルトン素材がオーセンティックな魅力を放つ。 コート¥96,800/オーラリー  フードとジャケットが合体したようなハイブリッドデザイン。薄く軽やかで休日カジュアルにもぴったり。 コート¥69,300/ロンハーマン    (下段右から)シックなブラックと、脱ぎ着した時にちらっと見え隠れするべージュカラーとの配色がなんとも贅沢。コート¥108,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)  今年はベルトでウエストマークするタイプも豊作。きちんと感が簡単に手に入り、バランスよく着こなせる。コート¥77,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)  しなやかな素材感のテーラードタイプは引き続き人気。長めのミドル丈がニュアンスを生み、女らしさを添えてくれる。コート¥86,900/インターリブ(サクラ)Middle Coat/ミドル丈コート ヒップが隠れるくらいの長めミドル丈が今季の注目。カジュアルにはおれる気軽さが魅力。シンプルで軽やか、今の気分にマッチする新定番 どんなシーンにもマッチして気負わずに着られるから、毎日使いにぴったり。コート¥129,800・パールネックレス¥85,800・ゴールドネックレス(短)¥49,500/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ニット¥26,400/プルミエ アロンディスモン パンツ¥66,000/エストネーション ゴールドネックレス(長)¥35,640/RHC ロンハーマン(サンズ サンズ) バッグ(11月下旬発売予定)¥204,600/ロンハーマン(トッズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂着こなしが難しいと思われがちだけど、パンツにもスカートにも合う絶妙丈で安心! 着回したのはこれ! ATONの襟つきミドル丈コート冬に着映えるクリーンなホワイト 寒い季節に着るホワイト、しかもアウターで取り入れればその存在感は格別。ミドル丈なら大げさにならず、デイリー使いしやすい。コート¥75,900/エイトン青山(エイトン))Pattern 1ボクシーなミドル丈アウターとロングスカートの最新バランス かっちりとしたアウターとハリのあるスカート。"形のある"アイテムの組み合わせが、リラックスの先を行く今年らしさ。コート/上と同じ ニット¥19,800/プルミエ アロンディスモン スカート¥97,900/カオス丸の内(カオス) ピアス¥10,780/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) リング¥9,900/ビームス ハウス 丸の内(ローラ ロンバルディ) バッグ¥31,900/エストネーション(ブレンタ) ローファー¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)Pattern 2メンズライクなデザインだからパンツとの相性は間違いなし よけいな装飾を削ぎ落としたシンプルなデザインが、マニッシュな雰囲気を後押し。ゆとりのあるシルエットなので重ね着もスムーズ。 コート/上と同じ ニットベスト¥31,900/UTS PR(ジェーン スミス) シャツ¥40,700/TOMORROWLAND(ブーリエンヌ) パンツ¥31,900/ロンハーマン メガネ¥36,300/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥141,900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ローファー¥85,800/ドゥロワー 六本木店(パラブーツ フォー ドゥロワー)Pattern 3ゆるめのカジュアルを清潔感のある白で引き締めて 少し"やんちゃ"なスタイリングを大人仕様に。コート/上と同じ スウェット¥16,280(レミレリーフ×カオス)・スカート¥28, 600(カオス)/カオス丸の内 カットソー¥15,400/エイトン青山(エイトン) 帽子¥12,100/ビームス ハウス 丸の内(エーケーワン) チョーカー¥30,800/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) リング¥33,000/CHERRY BROWN バッグ¥37,400/エストネーション(ナヌーシュカ) スニーカー¥68,200/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 着回したのはこれ! LOEFFのノーカラーコート今年らしい女らしさならベルトつきを たっぷりとしたシルエットで、ガウンのようにラフにはおれる一枚。付属の共布ベルトを使ったシャープなアレンジも可能。コート¥66,000/ロエフ 六本木店(ロエフ)Pattern 1軽快なミドル丈できれい色パンツがリアルに着地 きれい色パンツにロングコートを合わせると、時としてエレガントな迫力が出すぎてしまうことも。ミドル丈の軽やかさやゆったりとしたフォルム、カジュアル感のさじかげんがちょうどよく、リアルに着こなしやすい。コート/上と同じ ニット¥12,100/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥74,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥28,600/マリハ バッグ¥93,500/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) Pattern 2ガウンのようなゆったり感がデニムカジュアルを更新 トップスアウトしたシャツの上から、オーバーシルエットのコートをオン。このゆる×ゆるの合わせが、カジュアルに今っぽいムードをプラス。シンプルなデニムスタイルこそ、ボリュームバランスで鮮度高く着こなして。コート/上と同じ シャツ¥68,200/モールド(チノ) デニム¥38,500/インターリブ(アラタ) ピアス¥42,900/マリハ サングラス¥49,500/グローブスペックス エージェント(アーレム) バッグ¥49,500/アルファ PR(アエタ) ブーツ¥30,800/アルアバイルPattern 3ウエストマークで魅せるキレのいい着こなし ワンピーススタイルもコートの丈感が変わるだけで、一気に最旬ムードに。腰の高い位置でベルトを締めればスタイルアップも狙える。コート/上と同じ ワンピース¥31,900/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ハット¥24,200/UTS PR(マサカズ フルサワ) ピアス¥20,900/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥74,800/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ザンケッティ) ブーツ¥61,600/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/三瓶康友(人物) 魚地武大(TENT/物) へア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリスト/池田メグミ モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂▼あわせて読みたい
  • ニット¥9900/eimy istoire ルミネエスト新宿店 パンツ¥12100/リー・ジャパン(Lee) ジャケット¥11000/アダストリア(ローリーズファーム) イヤリング¥1870/お世話や(OSEWAYA) ネックレス¥22000/フォーティーン ショールーム(ウノシエル) バッグ¥7900/CHARLES & KEITH JAPAN 靴¥7150/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)もこもこのボアジャケット、キレイ色ニット、美脚デニム。女の子を可愛く見せてくれるアイテムが集結。可愛さとカジュアルさの絶妙なバランスはメンズからも好印象。足元がスニーカーだから、チェーンバッグで大人っぽさをほんのり。モデル/紺野彩夏 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 上品なボウタイブラウスをデニムでカジュアルダウン【大学生の毎日コーデ】 ゆるニット×コンパクトなミニスカのバランスが最高♡【大学生の毎日コーデ】 旬のビッグカラーニットにタートルをイン、首元で味変!【大学生の毎日コーデ】
  • アーティスティックディレクター、クリストフ・ルメール氏率いるパリのデザインチームが生み出す「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」。待望の春夏新作コレクションが1月28日に発売決定。新しいシーズンのワクワク感がたっぷり詰まった、軽やかカラーが揃っています! 軽快に奏でる春のリズム“The Rhythm of Spring”を表現 2022年春夏コレクションは、軽快に奏でる春のリズム“The Rhythm of Spring”を表現。無駄のないピュアなシルエット、羽織るだけでスタイルが決まる考え抜かれたデザイン。新たに届いたエッセンシャルアイテムの数々は、私たちの毎日に身軽さや自由さ、心地よさをもたらしてくれるアイテムばかり。ウィメンズで注目したいのは、春らしいレイヤードスタイルや大ぶりのバッグなどアクティブな着こなし。シルエットの美しいジャケットは、カジュアルにもクリーンにも活躍間違いなし。シンプルなデザインのTシャツやワンピースには、なめらかな肌触りのAIRismコットンやジャージー素材を採用。シルエットの美しさと着心地の良さを両立しています。コレクションを彩るのはあたたかみのあるニュートラルカラー、オリーブ、夕暮れの空から着想を得たサンドベージュ、そして春らしい軽やかなライトパープル♡ 大人の洗練スタイルにふさわしいアイテムが今回もたっぷりラインナップ。 レインコートとして使えるブロックテック機能付きコート。シンプルで着こなしやすい。フーデットコート ¥12900 旬なバランスが叶う、ゆったりとしたシルエット。コットン100%の肌触りの良さも魅力。オーバーサイズシャツ(5分袖)¥2990 テーパードシルエットなのですっきり。ウエストゴムでゆったりラクにはける。イージージーンズ ¥3990 「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2022春夏最新コレクションは1月28日発売 発売日:2022年1月28日(金)より発売予定             ※一部商品は先行発売中。  販売店舗:フルラインナップは、233店舗とユニクロオンラインストアにて販売予定                ※一部商品を国内全店舗で展開します。  商品ラインナップ:ウィメンズ 30アイテム、メンズ 23アイテム、          グッズ2アイテム、キッズ 9アイテム  【フォトギャラリー】「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」2022春夏最新コレクション ここでご紹介した以外にもニット、ワンピース、スカート、小物などアイテムはたっぷり。人気のカラーやサイズは発売直後に売り切れることも多いので早めにチェックが正解です!  Uniqlo U スペシャルサイト
  • パリもミラノも、マダムたちは“自分らしさ”を一番に、トレンドも軽やかに楽しんでいる様子。フラット靴で街を元気にかっ歩するおしゃれマダムのスタイルには、まねしたい発見がいっぱい!  【目次】 ①お手本にしたい!こなれスタイル ②明るくきれいな色みが主役 ③個性が光るアウター ④バッグは斜めがけ ⑤足もとはボリューム感 ①お手本にしたい!こなれスタイル冬のこなれスタイルのお手本は、やっぱりパリ&ミラノの2都市!アニック(インテリアデザイナー・パリ)襟に切り返しがある、スッキリとしたラインのボルドーカラーのコートは、長年大切に着ているというオールド セリーヌ。新作バッグ“ディオール ボビー”を斜めがけにして、さらに長めにラフにかけたマフラーで、今年風のエレガントな着こなしに。イエローのベルボトムパンツを合わせた個性のあるカラーミックスコーデは、足もとのスニーカーとリンクさせ、全体にまとまりを出して。アンナ(イベントオーガナイザー・パリ)斜めがけにしたジャックムスのミニハンドバッグがかわいいアクセント。ボリュームのあるトレンチは、ストックホルムのトーテム。ハイウエストでベルトを絞った、メリハリのあるシルエットがエレガント。インナーには、白のタートルにライトブルーのアクネ ストゥディオズのスウェットで、シンプルになりすぎないスタイリングに。ロングブーツは、ブルガリア発のブランド、バイファーのもの。ソフィ(ジュエリーデザイナー・ミラノ)ベーシックな着こなしのシックなアクセントにもなるロングジレを、ジャケット感覚で着るマダム。ニットのフーディもボリュームが出すぎないフォルムで、サイドラインパンツから縦につながるIラインが強調され、スタイルアップ効果もかなえてくれる。使い込んで深い味わいのあるサンローランのニキ チェーンバッグとゴールデングースのスニーカー。大人の女性らしいぬくもりと抜け感が素敵。ナタリア(コスメブランドオーナー・ミラノ)ベーシックなアイテムこそ高級感のある素材やシルエットがカギに。バーバリーのチェスターコートをさらりと肩かけしたり、カシミヤのタートルニットを無造作にウエストインしたり、センスフルなスタイリングが印象的。セレブにもファンが多いアクアズーラの上品なマウンテンブーツとモードなパンツを同系色にすれば、脚が長くすっきりきれいに見える効果が。斜めがけしたバッグはロエベ。 ②明るくきれいな色みが主役ニュアンスカラーからビビッドカラーまで、思い思いに、明るい色使いを身につけているマダムたちが増えている。ムリエル(女優・パリ)ボトムはワークパンツやサロモンのスニーカーでボリュームを出してマスキュランに。ブルーで合わせたジャケットや斜めがけにしたバッグ、マフラーもぐるぐる巻きにして、トップスはコンパクトに。絶妙なバランスが、ゆるさのあるスタイリッシュさを感じさせて。マルティーヌ(主婦・パリ)上質な毛皮に定評のあるスプラングフレールのベージュコートをメインに、インナーも白やベージュで統一。モスグリーンのマフラーが顔まわりにほどよい明るさを、細身のライトデニムでボトムにも軽快さをプラス。ベルトやブーツに引き締めカラーを取り入れて。オレリア(インテリアデザイナー・パリ)オフホワイト×ベージュのワントーンスタイリング。ウエストをマークしたフリースジャケットに、マフラーをシンプルに巻いて上半身をコンパクトに。さらに細身のデニムですっきりと。ビルケンシュトックで“見せる靴下使い”はまねしたいポイント。マリネッラ(主婦・ミラノ)プラダのスキニーデニムにVネックトップスを合わせたワンカラーコーデ。発色の美しいエルメスのチェック柄大判ストールは、コートがわりにラフにはおるだけでおしゃれ度がアップ。デコルテにはビーズアクセサリー使いで、大人の遊び心をプラスして。ブーツもエルメス。アレッシア(PR・ミラノ)ボリュームたっぷりに広がるデニムスカートには、ペルーの女性たちの手仕事の技でつくられたという、鮮やかなブルーのアルパカ製アウターを。一方顔まわりはタイトに巻いたエルメスのスカーフ、カシミヤのニット帽、トムフォードのサングラスで小さくまとめてメリハリを。ジョルジャ(フォトグラファー・ミラノ)気持ちが上向きになるハッピーカラーのコート。いつものトップスとデニムに合わせるだけで一気に華やいだ印象に。存在感がきわだつ赤を、ディオールのサドルバッグの陽気なラスタカラーで拾ってコートとリンクさせるテクもまねしたい。ニューバランスのスニーカーで軽快に。 ③個性が光るアウタートレンドのスポーティ、こなれデザインのチェック、端正なコートなど、アウターも自分らしいセレクトを楽しんでいる!スポーティキアラ(テクノロジー関係・ミラノ)バブアーのロング丈ワックスドコート。すそから少しだけ見えるチープマンデーのデニムとサンローランのウエスタンブーツで、タイトフィットかつ直線的なシルエットに。ジルサンダーのホワイトカラーのバッグが、ミニマルスタイルに拍車をかけて。サングラスはセリーヌ。パトリツィア(デザイナースカウトマン・ミラノ)サカイのボンバージャケットを大人の貫禄で楽しむマダム。フーディで軽やかにアップデートしつつ、白のワイドパンツでリラクシーに着こなして。ステラマッカートニーforアディダスのスニーカーとジャックデュランのメガネで、ややくせをつけて、今どきのバランスに。クレリア(エリアマネージャー・ミラノ)長め丈のナイキのMA-1タイプを軸に、インの上下を淡いローズピンクで品よくまとめながら、白いTシャツのチラ見せレイヤードでスタイリングに抜け感を。ムードの異なるアイテム同士を気負わずにマッチングすることで意外性の高い着映えに。斜めがけバッグはディオール。クリスティーナ(PR・パリ)エールフランスでも着用されているネイビーのブルゾンは、ジャストサイズをセレクト。ジルサンダーのシンプルなパンツやジップアップのブーツを合わせて、きれいめスポーティにアレンジ。アクセントカラーには、白とイエローをチョイス。ミニバッグはデンマークのエコー。チェック柄アンヌ=マリー(建築家・パリ)マージュのベージュのチェックジャケット、切りっぱなしのホワイトデニム、アディダスのスタンスミス、と定番のアイテムを使ったスタイリング。何げなく巻いたマフラー、アメリカ発イレステーバのサングラスなど、上質な小物使いで洗練された着こなしにグレードアップ。アナ(バイオテック関係・ミラノ)サカイらしいひねりを加えたハイブリッドなアウターに、ミラノで人気のロエベの太めロールアップデニムで高センスを感じさせる着こなし。「エコ、サステイナブルに積極的なブランドの商品を買って応援しています」と、we-ar4のスウェットとショルダーバッグをチョイス。きれいめクリスティーヌ(料理コンサルタント・パリ)ウエストをマークし、襟を立てたコートは、’70年代のセリーヌ。コペンハーゲンで見つけたお気に入りの一着だそう。手袋やバッグ、サングラスは、エルメスのヴィンテージでそろえ、サステイナブルなスタイリングに。グレーやネイビーの落ち着いた色使いがエレガントさを演出。 ④バッグは斜めがけブランドバッグもカジュアルバッグも、斜めがけするマダムが急増中。上質なカジュアル感を演出するのに最適なテクニック!ロベルタ(実業家・ミラノ)自分に似合うスタイルを熟知しているマダム。ブルマリンのコートにディオールのアイコニックなサドルバッグで視線を上に集める工夫を。華とツヤがある優美なパンツとコンバースのハイカットでスポーティさを加えた辛口ドレスアップ。サングラスはサンローラン。カロリーナ(主婦・ミラノ)ゆるシルエットのボトルネックニットとフェイクレザーパンツに、H&Mのダウンジレでこなれ感を。シャネルのバッグを投入すれば、日常の装いがすぐさま上質なたたずまいに。手もとには、キャロリーナ・ブッチのカラフルなビーズブレスをたっぷりと重ねて。マルタ(ビジュアルマーチャンダイザー・ミラノ)カジュアルにもきちんとにも、コーデしだいで表情を変えるJW PEIのバッグ。プラダのニットにチェック柄パンツ、ヴァレンティノのスニーカーというハンサムなルックスに、ザラのもこもこファーコートとクロコ型押しデザインのバッグでレディさをプラス。アレッシア(ファッションエディター・ミラノ)ダンガリーシャツ、マルジェラのざっくりニットの上からプロエンザスクーラーのバッグを斜めがけ。フレッシュなイエローをさし色に、メンズのチノパンでリラックスムードなのに、まわりと差がつくワンランク上のおしゃれ。トムフォードのサングラスもスパイスに。ジュリア(インテリアデザイナー・ミラノ)メゾンキツネのボーダーTと紺色ニット、ユニクロのデニムに、スポーツマックスのアニマル柄コートでパンチを効かせたスタイリング。クラシックなグッチのホースビットのバッグでさらにブラッシュアップして。冬でもヌーディな足もとで、ヘルシーな色気を。フロランス(占い師・パリ)ベージュトーンでまとめたトレンチコートスタイルに斜めがけしたのは、ライトなカーキの米軍ミリタリーバッグ。キャンバス地でマチもあり、太いストラップ使いが今どきスタイルにマッチ。パソコンなどを運ぶ仕事のときにも便利で、毎日使いしているのだそう。 ⑤足もとはボリューム感厚底フラット靴が席巻!シンプルスタイルも、足もとのボリューム感でたちまち新鮮バランス。ボリュームブーツキャロリーヌ(空港勤務・パリ)今年人気のチェルシーブーツ。コペンハーゲン発のビリビは、エッジの効いた厚いソールをアップデートした一足。オリジナルのブラウンの縁取りは、デニムとの相性もよさそう。エステル(プロデューサー・ミラノ)タータンチェックコートをゆるく着て女性らしいムードを醸し出していたマダム。ブラックデニムにJWアンダーソンのチャンキーソールのサイドゴアで足もとはマニッシュに。クレール(編集者・パリ)レザーのマウンテンブーツをふだん使いにも活用。クラシックなデザインが今また新鮮! だそう。デニムを合わせたカジュアルスタイルはもちろん、コーディネートの幅が広がる。ボリュームスニーカーリリアン(弁護士・ミラノ)セリーヌの端正なオーバーサイズコートと重めの足もとで冬のデニムルックを一新。ショートヘアに控えめなジュエリー使いで全体をシンプルにまとめたら、ディオールのスニーカーとスポーツソックスで、タフな女性のニュアンスを加えて。マーレイヌ(主婦・パリ)バレンシアガのトラックトレーナー。ホワイトにネオンカラーのオレンジがアクセントのスポーティなデザイン。5cmのソールになっているので、スタイルアップにも。アンナ(ファイナンス・ミラノ)モノトーンコーデは小物を替えるだけで気分が上がる。グッチのGG ソックスにディオールのカムフラージュ柄スニーカー。足もとからモダンでスポーティなエッセンスが香る。アニック(インテリアデザイナー・パリ)クロエの ブレーク ロウトップ スニーカー。素材をミックスした都会的なデザインと、軽量のラバーソールが人気。ビタミンカラーで冬のスタイリングを盛り上げてくれる。    ▲ページトップに戻る>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadamaa ※エクラ2022年2月号掲載
  • カジュアルなレイヤードはすっきりとした白ボトムでさわやかにアレンジ家でひとりだと会話がなくなるので自然と表情が今ひとつな状態に陥りがり。夕方から久しぶりの顔出しオンライン会議があるので、ご近所に時短ケアできるサロンができたと案内状も届いていたことだし、お昼休みに体験しに行く予定。シンプルな着心地の良いカットソーに小さめスウェットをレイヤードして、さわやかで男前なカジュアルコーデでさくっとお出かけを。  COORDINATE ITEM  ニット/ドレステリア¥17,600詳細・ご購入≫ Tシャツ/スローン¥9,680詳細・ご購入≫ パンツ/シンゾーン¥19,800詳細・ご購入≫ バッグ/マルコマージ¥16,500詳細・ご購入≫   ■CASA FLINE (カーサフライン) 関連商品一覧|SHOP Marisol ≫ニット ¥17,600(ドレステリア)・ジャケット ¥49,500(CASA FLINE )・Tシャツ¥9,680(スローン)・パンツ ¥19,800(シンゾーン)・バッグ ¥16,500(マルコマージ)/HAPPY STORE 靴/スタイリスト私物"撮影/坂田幸一 スタイリング/大平典子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「白パンツ」を使った関連記事もチェック
  • 「Uniqlo U(ユニクロユー)」 2022年春夏・おすすめ7選紹介毎シーズン大人気の「Uniqlo U(ユニクロユー)」 2022年春夏コレクションが【1月28日(金)】に販売開始。ノンノエディターが一足お先に展示会へ潜入、around20歳にぴったりなアイテムを厳選してきました! 争奪戦必至なので、欲しいものをチェックして確実にGETしちゃいましょう♡<おすすめ1>ふんわり二の腕カバー -ギャザーシャツ-左[30 NATURAL]・右[32 BEIGE]ギャザーシャツ(ノースリーブ)¥2,990 1/28販売開始 ※一部店舗商品 無地3種[08 DARK GRAY・32 BEIGE・52 GREEN] ストライプ柄1種[30 NATURAL] サイズ展開:XS~XXL華やかなフロントデザインボリュームのある袖●ポイント1:華やかなフロントデザイン 首から肩にかけて施されたギャザーが、顔周りをパッと明るく。同デザインの『ギャザーワンピース(長袖)』も要チェック。 ●ポイント2:ボリュームのある袖 「ノースリーブは二の腕が気になる」と感じる方もいるはず。こちらのシャツは、ほどよくボリュームのある袖が、気になる部分をふんわりカバーしてくれて安心!<おすすめ2>トレンドのクロップド丈 -カーディガン-左[30 NATURAL]・右[47 YELLOW]ショートカーディガン(長袖)¥3,990先行発売中 無地3種[09 BLACK・30 NATURAL・47 YELLOW] サイズ展開:XS~3XL●ポイント1:高め位置のVネックライン Vネックが高めなので、前を閉じればセーターとしても着用可能。1枚持っていると便利! ●ポイント2:今季のトレンド”クロップド丈” レイヤードにもぴったりな短め丈。リブ仕上げの裾のおかげで、ウエストが細見えするのもうれしい♡<おすすめ3>1枚でもレイヤードでも活躍 -ベスト-左から[09 BLACK]・[34 BROWN]・[40 CREAM]Vネックベスト ¥2,9901/28販売開始 ※一部店舗商品 無地3種[09 BLACK・34 BROWN・40 CREAM] サイズ展開:XS~XXL●ポイント1:程よく締まった袖口 袖口が広すぎると、1枚で着た時にインナーが見えてしまうことも。こちらは、絶妙な締り具合なので、シャツなどとのレイヤードはもちろん、1枚でさらっと着てもOK。 ●ポイント2:軽やかなコットン素材 ドライな手触りでライトに着られるのも魅力的。爽やかな着心地なので、夏ごろまで活躍すること間違いなし!<おすすめ4>着回し力抜群 -スプリングコート-左[30 NATURAL]・右[08 DARK GRAY]フーデットコート ¥12,9001/28販売開始 ※一部店舗商品 無地2種[08 DARK GRAY・30 NATURAL] サイズ展開:XS~XXL取り外し可能なフード開襟バージョンスタンドバージョン●ポイント1:着こなし自由自在なデザイン 後ろ姿が盛れるフードは取り外しが可能。衿も開け・閉じで表情が変わるので、毎日着ても同じコーデに見えない! ●ポイント2:晴雨兼用でアウトドアにも◎ ユニクロの独自開発技術「ブロックテック」機能を採用しており、雨の日や屋外シーンでも快適。洗練されたデザインはオフィスカジュアルにもマッチ。<おすすめ5>セットアップ可能 -テーラードシリーズ-[50 LIGHT GREEN] ※上下別売、セットアップ可能テーラード ジャケット セットアップ可能 ¥7,9901/28販売開始 ※一部店舗商品 無地3種[08 DARK GRAY・50 LIGHT GREEN・58 DARK GREEN] サイズ展開:XS~XXLテーラードパンツ セットアップ可能 ¥3,9901/28販売開始 ※一部店舗商品 無地3種[08 DARK GRAY・50 LIGHT GREEN・58 DARK GREEN] サイズ展開:55.58.61.64.67.70.73.76カジュアルなキャンバス素材●ポイント1:カジュアルなキャンバス素材 リネンのようなナチュラル感のある素材で、かっちりしすぎずデイリーに着こなせる。しかも、洗濯してもシワになりにくいんだとか! ●ポイント2:ディティールが凝っていて1枚でも活躍 ジャケットはシングルブレストとダブルブレストの中間、パンツはハイウエスト×センタープレスと、デザイン性が高いので単品買いや多色買いもアリ。<おすすめ6>しゃれてるのにリラクシー -スウェットパンツ-[30 NATURAL]スウェットギャザーパンツ ¥3,990先行発売中 無地3種[09 BLACK・30 NATURAL・56 OLIVE・58 DARK GREEN] サイズ展開:XS~XXL(男女兼用)●ポイント1:脱・部屋着なスタイリッシュデザイン フロントにギャザーが施されており、シルエットがとにかくきれい! ウエスト調節用の紐が内側にあるのも部屋着に見えないポイントの1つ。 ●ポイント2:ウエストゴムで楽ちん ジャージー素材×ウエストゴムでエフォートレス。おうちでも屋外でもリラックスして過ごせる逸品。<おすすめ7>美脚見え必至 -ベイカーパンツ-左から[09 BLACK]・[56 OLIVE]・[31 BEIGE]ベイカーパンツ ¥3,9901/28販売開始 ※一部店舗商品 無地3種[09 BLACK・31 BEIGE・56 OLIVE] サイズ展開:55.58.61.64.67.70.73.76ウエストアジャスター付き●ポイント1:ウエストアジャスター付き 「太ももやお尻に合わせて選ぶとウエストがブカブカ…」なんてお悩みを抱えている女性も多いのでは。アジャスター付きなら、自分らしいスタイルで着こなせる! ●ポイント2:フロントプリーツで脚長見え 縦ラインを強調でき、脚長見えが狙える! また、プリーツのおかげで、ミリタリー素材でもカジュアルになりすぎないのも推せる。大人気の「Uniqlo U(ユニクロユー)」新作をお買い逃がしなく!気になるアイテムは見つかりましたか? 今回ご紹介した以外にも、注目のアイテムがたくさんありますので、「Uniqlo U(ユニクロユー)」のサイトも併せてチェックしてくださいね!Uniqlo U(ユニクロユー)| 2022年春夏コレクション取材・文/ノンノ編集部
関連キーワード

RECOMMEND