【SHOP Marisol】\スタッフおすすめ/季節の変わり目に着たい!ワンピース3選

HAPPY PLUS VOICE

SHOP Marisol推薦


おすすめワンピース3選

近頃、寒暖差が大きい日が続いていますね。
今回おすすめするのは、季節の変わり目に着たい”ワンピース”。お気に入りのワンピースを着た日は気分が上がりますよね★ぜひチェックしてみてください!

No.1

長めのカフスやボリュームスリーブがクラシカルな印象を高めるロングワンピース

ETRE TOKYO (エトレ トウキョウ)
ボリュームスリーブドビーワンピース
¥27,500
  • ETRE TOKYO (エトレ トウキョウ)
  • ボリュームスリーブドビーワンピース
    ¥27,500

1枚で完結するデザイン性の高いアイテムながら、スリーブデザインをいかしたニットベストとのレイヤードなど、長いシーズン楽しめるアイテムです。

No.2

SHOP Marisolの売れ筋ワンピース

M7days (エムセブンデイズ)
ジャージーギャザーワンピース
¥20,900
  • M7days (エムセブンデイズ)
  • ジャージーギャザーワンピース
  • ¥20,900

たっぷりとしたギャザーがリラックスムードと女らしさを演出します。ストレッチ性の高いジャージー素材だから着心地が驚くほどラクチン。

No.3

ChaosのシルクロングTシャツ

Chaos (カオス)
CRシルクロングTシャツ
¥26,400
M7days (エムセブンデイズ)
涼感セミテーパードパンツ
¥16,500
  • Chaos (カオス)
  • CRシルクロングTシャツ
  • ¥26,400

光沢のあるキレイな風合いが魅力のシルクで仕上げたエレガントなTシャツ。滑らかな生地がドレープを生み、ワンカラーながらも表情のあるスタイルに。サイドに深めのスリットが入ったロング丈で、軽やかで動きのあるコーデに決まります。

 

Marisol人気特集はこちら

スタイリスト 石毛のりえさん×M7days
スペシャルコラボページ

最愛ブランドの人気アイテムページ

エディター 磯部安伽が着る、最旬&最愛グレーページ

The post 【SHOP Marisol】\スタッフおすすめ/季節の変わり目に着たい!ワンピース3選 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連記事
  • カラーストールが一枚あるとなしでは、前日とは印象がかなり変化する!残業する気はなかったのに、たまたま部下が体調不良で三人一気に休んでしまい、徹夜で一人作業をしていたら終電を逃すハプニングが。さらにタクシー呼ぶ前に、疲れ過ぎたので一瞬仮眠したつもりが朝まで机で爆睡。いまさら家に帰る時間もないので、前の日と変化をつけるために、ロッカーに置いてあった小物で変化をつけてみることに。シアーニットをTシャツにチェンジして、鮮やかなブルーのストールを巻き付ければ、スカートやコートが一緒でも印象がだいぶ変わって、テンションあがってきた。スカート¥132,000/エブールギンザシックス(ebure) コート¥121,000/イレーヴ Tシャツ¥12,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(カバナ) ストール¥59,400/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥34,100/アパルトモン 青山店(オウレンティ) 靴¥56,100/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥121,000/カオス丸の内(ザンケッティ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「レザー」を使った関連記事もチェック
  • アラフォーの目もとを老けて見せる要因を克服すれば、マイナス5歳見えは確実にかなう!メイクで自然にカバー&補強しながら、悩みに合わせたアイケアの投入がポイントに長引くマスク生活もあり、目もとのエイジングに悩むアラフォーが続出中。そこで、マリソル美容担当スタッフと人気ヘア&メイクが考察! アラフォーからの目もとをぐんぐん若返らせるケアとテクニックをご提案! ☆私が教えます!ヘア&メイクアップアーティスト AYAさんヘア&メイクアップアーティスト AYAさん老け対策:1 眉と目の距離感をキュッと締めて立体感年齢とともに間延びしてくる眉と目の関係。その解決策は大きく2つ。眉の下側に太さを足す、眉頭下へのふわっとひとはけがポイントに。 ①【眉の下側を太くする】アラフォーは眉山の下側がえぐれ状態になっている人も多々。その部分をリキッドで描き足せば目もとがキリッ。足すべきは眉山の下のえぐれ部分。眉頭から眉じりを、なだらかな平行になるようつなげる。下側を描き足したら、全体にパウダーをのせる。4本の先端は一気に太くも繊細な細いラインも自在に描ける。水・汗・皮脂に強いので、眉毛のない部分に描いて消えにくい。眉毛に優しい美容成分も。フジコ 書き足し眉ティントSV02¥1,320/かならぼ☆さらにポイント!なるべく地毛を生かしたいので、描き足す前は、スクリューブラシで、眉山付近〜眉じりの毛を下側に向かってとかしておくのがコツ。仕上げにアイブロウマスカラで、眉色を均一に整えることで、描いた眉と地眉が一体化し、まるで地眉のような自然な仕上がりに。カラーリングしたように自然で均一な眉色とふんわり質感がかなう。アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ03¥3,520/THREE②【眉頭下に自然な影で若々しい立体感を】間延び見えのもうひとつの要因はまぶたの立体感の低下。眉頭下にブロウパウダーをさっとひとはけで解決。パレットの右と左端の色をミックスし、眉頭の下側から鼻すじに向かってすっとパウダーをぼかし、さらにそこから眉の下側アウトラインに沿ってすっとぼかしていく。眉頭下のシェイドに使うのは、アイシャドウよりも眉メイクで使ったアイブロウパウダーが おすすめ。眉との一体感も◎。3色セットで、ミックスも自在。コントゥアリング パウダーアイブロウBR302¥4,950/コスメデコルテ眉山の下側にボリュームを出して、眉頭下にすっと自然な影を入れるだけで、5 年前のまぶたの立体感が蘇り、おしゃれ感や女性らしさまで上がる。【Marisol10月号2021年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物) 久々江 満(物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子
  • 今日は親友と運動も兼ねて大型アウトレットへ。歩き回る前提だから、ゆったりアイテムでほどよく女らしく味付け。着回しチェックもしたいから、ヘビロテ中のニットとスカートで出かけよう。 大人ビターなモックネックニットは、ドルマン袖と適度な透け感が決め手。変形プリーツは揺れもドラマチックでダスティピンクが旬ムードも約束してくれる。お目当てはクラシカルなツイードアイテムだけど、見つかるかなぁ。 こんな日は両手が空くショルダーがお役立ち。季節感のあるふわもこ素材やミニサイズも、大人の可愛げをアシストしてくれそう。 M7days for office 【吉村友希さんコラボ】薄手モックネックニット ¥16,500M7days ランダムプリーツスカート ¥17,600GIANNI CHIARINI 【ALIFA】(S)2WAYショルダーバッグ ¥28,600靴・ピアス・バングル/スタイリスト私物 【M7days】ブランドページはこちらから Marisol掲載品一覧はこちらから↓↓ The post \今日のコーデ/季節をまたいで長く着こなせる薄手ニットが最強!【2021/10/19】 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!▼前半はこちら!NEWS 5 進化系巾着バッグのユナイテッドアローズ別注カラー ランタンのような形の巾着バッグは写真のダークブラウンとほかにもライトピンクが"アローズ"の別注カラー。汚れや傷がつきにくい硬めのリザード型押しレザーが頼もしい。(23×14.5×14.5)¥29,700/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(トフアンドロードストーン フォーユナイテッドアローズ) NEWS 6 実は小さめサイズも支持率急増中!おしゃれが楽しくなる柄の種類も豊富 ビッグバッグのイメージが強い『ア ヴァケーション』でじわじわ人気を高めるミニサイズの"キャラメル"モデル。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます(右)レオパードミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300・(左)トライアングル柄ミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300/アマン(ア ヴァケーション) NEWS 7 アエタ新作は味わい深いレンガ色の"ブリックコレクション" デザイナーが以前訪れたバングラデシュの街並みから着想を得たというレンガ色に染まった人気デザインの数々。洗練された色みに魅了される。なかでも軽くて大容量なワンショルダーバッグが合わせやすくおすすめ。バッグ(40×29×10)¥50,600/アルファ PR(アエタ) Tシャツ¥10,780/スローン パンツ¥29,700/アマン(アンスクリア) ストール¥64,900/アイネックス(アソース メレ) ピアス¥22,000(フォークバイエヌ)・バングル¥57,750(ノースワークス)・シルバーリング¥18,700・シグネットリング¥27,500(ともにルフェール)/UTS PR NEWS 8 老舗ブランドから生まれた、モダンなピンクのクロスボディバッグ 時を超えて愛される『ロンシャン』の"ル フローネ"。ラインナップの中で特に注目したいのは、持つたびに心が躍るペールピンク。(右)コンパクトなSサイズ。(20×20× 5 )¥46,200・(左)容量も大きなLサイズ。(28×27× 4 )¥53,900/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) NEWS 9 ブランド初となるリサイクルレザーバッグ。洗練されたバイカラーも素敵 柔らかな質感とぬれているかのような艶で、コーデの鮮度を上げてくれるデザイン。さらに断裁された素材を集積してコーティングしていることで強度も高まり丈夫さもあり! 環境配慮はもちろん、それ以上の魅力あふれるアイテム。(26×20×10)¥24,000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND) NEWS 10 コラボバッグ×別注色。スペシャルなトートは、ビオトープで入手可能 『ハイク』×『チャコリ』に生成りの限定色をオーダー。バッグ(34×50×16)¥27,500/ジュンカスタマーセンター[ビオトープ](ハイク フォー ビオトープ) ボーダーカットソー¥11,880/セント ジェームス代官山店(セント ジェームス) 中に着た白カットソー¥12,100/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥31,900/ティッカ ストール¥39,600/シップス 有楽町店(アソース メレ) カチューシャ¥12,100/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥパリ) メガネ¥48,400/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥25,300/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) 靴下¥2,860/真下商事(パンセレラ) 靴¥55,000/グラストンベリーショールーム(サンダース)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!NEWS 1 大人気のバッグに華やかデザインの新作がお目見え マリソル誌面にも頻繁に登場している『J&M デヴィッドソン』を代表するフリンジバッグ。シックな秋冬ファッションにきかせたい印象的なデザインはおしゃれプロにも狙っている人が多数。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますバッグ(右)さわやかなブルー。(21×16.5×16.5)¥139,700・(左)遊び心のあるマルチカラー。(22×17×17)¥176,000・キュロット¥61,600/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブラウス¥37,400/カレンソロジー青山(シーエスジー) ピアス¥20,900・チェーンリング¥11,000・シルバーリング¥18,700/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) NEWS 2 トッズ×ロンハーマンのマイクロバッグは争奪戦必至 コロンとしたフォルムの巾着バッグはどちらもロンハーマン限定カラー。(右)ニュアンスカラーの服と合わせたい優しげなベージュ。(17.5×12×12)¥124,300・(左)目をひくレザーのカットワークも要注目。(11月下旬発売予定)(17.5×12×12)¥204,600/ロンハーマン(トッズ) NEWS 3 RHC限定カラー!実用性とトレンド感を兼ね備えたトート 軽量で丈夫な素材、さらに洗濯機洗いもできることで愛用者の多いトートの限定カラー。表は女度の高いボルドー、内側はハッピー感あふれるサーモンピンク。使うたびに気分を上げてくれる楽しいデザイン。(28×61×25)¥42,900/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) NEWS 4 マルティニークで見つけた、特別なチェーンバッグ 日本ではマルティニークのみで展開される『ステラ マッカートニー』のスモールショルダー。アイコニックなチェーンとハーフメッシュデザインでぐっとあかぬけた着こなしがかなう。(15×23×10)¥111,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ステラ マッカートニー) ▼後編もチェック!※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 「いいパンツ」は私たちアラフォーの毎日になくてはならないもの。その"魅力"と"効能"を改めて分析!Reason #4 ”着回す楽しさ”を満喫できるほかのアイテムに比べ、一本でさまざまな着こなしを楽しめるのもパンツの魅力。新しく買った一本を「どう着よう?」とじっくり考え、それがバシッと素敵に決まった時の快感! これぞおしゃれの醍醐味。白ワークパンツを着回し!For CASUALゆったりニットにチェックの大判ストールで、リラックス感のある上質カジュアルに ただのワークパンツよりきれいめで、ただの白パンツほどコンサバすぎない、いいとこどりの一本を主役に。まずはゆるっとしたイエローのニットを合わせ、リラックス感のあるカジュアルを楽しんで。アウター代わりにチェックストールをばさっとはおれば、華やかさもアップ。パンツ¥35,200(ユニオンランチ)・ニット¥45,100(デミリー)/サザビーリーグ ピアス¥61,600/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥99,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥196,900/ジミー チュウ 靴¥86,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)For FEMININEレギンス代わりに、ワンピとレイヤード。上級者風のフェミニンスタイルが完成 長めのワンピースには、レギンスよりやや太めのパンツをレイヤードするのが断然今の気分。ミルクティー色のワンピに優しくなじむ白パンツを、スリットからちらりとのぞかせて。とはいえバランスが重く見えがちな着こなしなので、足もとはヒール、頭にはハットで視線を上げる、など小物でさりげなくスタイルアップの工夫を。トーンをブラウン~ベージュでまとめて上品に。パンツ/上と同じ ワンピース¥61,600/エブールギンザシックス(ebure) 帽子¥19,800/ガリャルダガランテ 表参道店(フェンツオ ベッキー) バッグ¥121,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥94,600/アマン(ペリーコ)For CONSERVATIVEきれいな水色のコートと淡い色同士でまとめて、清潔感のあるきれいめスタイルを楽しむ 白がもつクリーンさを生かせば、きれいめスタイルも簡単に。思わず目が行く美しい水色のコートをグレーのタートルニットでつなげ、全身を上品なペールトーンで統一。アイシーな輝きを放つシルバーの小物を合わせれば、さらに華やかな印象に。パンツ自体がカジュアルなデザインなのでほどよく抜け感が出て、コンサバコーデもどこかフレッシュなムードに。パンツ/上と同じ コート¥231,000/マディソンブルー ニット¥26,400/スローン ピアス¥75,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)Reason #5 品のあるカジュアルがかなう 最近似合わなくなってきた、そんなカジュアルアイテムも、きれいめパンツに合わせれば即、こなれた印象に。上品な大人のミックスコーデを楽しんで。Tシャツにスニーカー、キャップ。昔は大好きだったカジュアルアイテムが、なんだか最近ルーズに見えてしまう……。そんな時には、きれいめなパンツを一本ワードローブに投入してみて。パンツの上品なたたずまいがカジュアルコーデに一本芯を通し、大人のこなれ感を演出してくれる。パンツ¥31,900・ジャケット¥69,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥11,000/イレーヴ カーディガン¥97,000/ピセア 帽子¥14,300/ロンハーマン ネックレス¥46,200/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥18,700/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • 「いいパンツ」は私たちアラフォーの毎日になくてはならないもの。その"魅力"と"効能"を改めて分析!Reason #1 アクティブ、かつ前向きになれる!パンツの魅力はなんと言ってもその「動きやすさ」。よしやるぞ! と思った時、パッと動けてさっと駆け出せる。その軽快さが前向きな気持ちを運んでくる!旬のシルエットや着こなし方に変化はあれど、「動きやすいパンツにジャケット」はいつだって働くアラフォーに自信をくれる鉄板コーデ! ベロアっぽい光沢ととろみのあるこんな技ありパンツなら、きちんと感をキープしながら女性らしい華やかさとほどよい抜け感もかなえてくれるはず。 パンツ¥39,600/ガリャルダガランテ 表参道店(ヘリテノノーム) ジャケット¥159,500/マディソンブルー ニット¥25,300/エブールギンザシックス(ebure) ピアス¥35,200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥148,500/八木通商(ザンケッティ) 靴¥79,200/アマン(ペリーコ) インナー/スタイリスト私物Reason #2 甘すぎない女っぽさが手に入る いつまでも女らしさはキープしたい。でもあからさまに甘いのはいや。そんな時もパンツの出番。きりっとした一本に小物や素材でさりげない色気を香らせて。 「今日は少し女らしい格好がしたい」。そんな日は、あえてパンツを軸にコーデを組み立てるとうまくいく。足をきれいに見せる細身の一本に、思わずさわりたくなるふわっとしたカシミアニット、そして美しいパンプス。あからさまな甘さはないのに、とびきり品があって女らしい。そんなアラフォーの理想の着こなしが簡単に。 パンツ¥29,700/カオス丸の内(カオス) ニット¥74,000/ピセア サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ストール¥120,000/エスケーパーズオンライン(ピセア) バッグ¥328,900/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)Reason #3 自然とスタイルがよく見える ハイウエストで腰位置を高く。ゆとりのあるシルエットで気になるおしりまわりをカバー。デザインしだいでコンプレックスをいくらでもカバーできるのもパンツの魅力!あからさまな美脚シルエットにヒール! なんて頑張らなくても、自然とアラフォーをスタイルよく見せる優秀パンツを味方にすれば、毎日のおしゃれがもっと楽しく快適に。例えばこのパンツ、一見太めだけど高めのウエスト位置や脚をまっすぐ見せるハリ素材にセンタープレス、と体をきれいに見せてくれる機能が満載。ニットにコートのシンプルスタイルも、それだけで"決まる"!  パンツ¥47,300・コート¥121,000/エブールギンザシックス(ebure) ニット¥91,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥139,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥97,900/トッズ・ジャパン(トッズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • オフィスへはかっちりトレンチコートを羽織って気持ちをしゃきっと引き締めて明日の通勤時間は、レザースカート×シアーニットにトレンチコートを羽織って一人クールに英会話の勉強予定。と言っても、Netflixで公開中のパリス・ヒルトンの料理番組をただ眺めるだけ。というのも、実はこの動画が日常生活の英会話をアップデートするのにぴったりな教材だとMarisol ONLINEの記事で読んだから。料理好きな私にとって興味がありそうなコンテンツだし、そろそろ来年あたりでも海外旅行に行きたいから、英会話に磨きをかけなくっちゃ。 ニット¥16,500/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スカート¥132,000/エブールギンザシックス(ebure) コート¥121,000/イレーヴ バッグ¥165,000/八木通商(ザンケッティ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ) ピアス¥64,900・ネックレス¥90,200/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)Whim Gazette (ウィム ガゼット)商品一覧【SHOP Marisol】▶YLEVE (イレーヴ)商品一覧【SHOP Marisol】▶ZANCHETTI (ザンケッティ)商品一覧【SHOP Marisol】▶PELLICO (ペリーコ)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「レザー」を使った関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND