【éclat premium厳選】50代の名品

HAPPY PLUS VOICE




【éclat premium厳選】50代の名品

信頼のおけるブランドから、身に着けるだけで気分を上げてくれる名品をご紹介します。








MADISONBLUE×eclat
ノーカラーVネック ワンピース
¥63,000 + 税
  • MADISONBLUE×éclat
    ノーカラーVネック ワンピース
  • ¥63,000 + 税

メンズのスーツのような張り感を持つ美しい生地で仕立てられたワンピースは、凛とした佇まいが魅力。

MADISONBLUE×eclat
ノーカラーVネック ワンピース
¥63,000 + 税 スリット

センターに入った深いスリットが女性らしく、動くたびに揺れる裾が優雅な印象を作り出します。

MADISONBLUE×eclat
ノーカラーVネック ワンピース
¥63,000 + 税 袖カフス

袖口のカフス仕様が全体のムードをぴりりと引き締めてくれます。






森慶子×blanc iris
タヒチパールネックレス
¥90,000 + 税

胸元で存在感を放つタヒチパール。深みのある色合いはデイリー使いもしやすく、Tシャツなどのカジュアルスタイルに合わせて大人の贅沢を楽しみたい。

森慶子×blanc iris
タヒチパールネックレス
¥90,000 + 税 パールアップ

タヒチパールの一番の魅力ともいえるのが、自然が作り出す神秘的な色。光の反射によっても変化し、様々な表情が映し出されます。

森慶子×blanc iris
タヒチパールネックレス
¥90,000 + 税 とめ金

ホワイトゴールドの細めのチェーンがパールと絶妙なバランス。チェーンの留め金は、T字バーを円の中央に通す仕様。






Sergio Rossi×eclat
srYURI パンプス
¥69,000 + 税

百合の花をイメージして、日本女性のために作られた美しいラインのパンプス。2/1より価格改定により定価が72,000円となるためお求めはお早めに!

Sergio Rossi×eclat
srYURI パンプス
¥69,000 + 税 俯瞰

長めのノーズのポインテッドトゥと、甲のスクエアのカットが足をきれいに見せてくれる。

Sergio Rossi×eclat
srYURI パンプス
¥69,000 + 税 ヒールアップ

ヒールの高さは4.5センチ。極上の履き心地と安定感で、美しい歩き姿を実現。






The post 【éclat premium厳選】50代の名品 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連記事
  • シンプルなのに女性らしく着られると大絶賛の「村山佳世子×SLOANE」ウールシルクカシミヤVネックニット。エクラプレミアムでおなじみの小柄バイヤーHの着回しコーデに続いて、バイヤーMが登場。着回し力抜群のニットの魅力に迫ります。 累計243枚売れ!村山さんのスタイルブックで話題になったニット、待望カラー※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます村山佳世子 × SLOANEウールシルクカシミヤVネックニット 新色 /ネイビー  【ニットコーデ1】 冬から春へのスイッチコーデ〈Winter〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈Spring〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「バストにボリュームがあるので、ゆったり着用できるサイズ4をセレクト。シンプルなデザインかつベーシックカラーなので合わせるボトムやシューズによって、冬から春へのイメチェンも可能に!また、あわせる小物によっても印象が変わるので自分なりのコーデを楽しめます。」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック  ¥31,900(税込)>>E by eclat 大人チュールスカート ¥20,900(税込)>>Anita Bilardi レザーメッシュカゴバッグ ¥31,900(税込)>> 【ニットコーデ2】シックなきれいめスタイル〈ワントーンで〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈コートを重ねて〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「ワントーンでまとめたシックなきれいめスタイル。上質なハイゲージと正統派Vネックでこなれた大人のお洒落を演出してくれます。薄手のウールシルクカシミヤ素材で暖かさはキープ&アウターを着てももたつかないので、季節の端境期に大活躍です!」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック ¥31,900(税込)>>E by eclat スリット入りニットスカート ¥18,700(税込)>>E by eclat 撥水トレンチコート ¥33,000(税込)>> 【ニットコーデ3】一枚でも、インに重ねても〈そのまま一枚で〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用〈シャツをインに〉 モデル身長:155cm、ニットはサイズ4を着用「一枚でそのまま着ても様になりますが、シャツなどの重ね着でアレンジも楽しめます。 さらに着心地の良い素材感で家でもリラックスして着られるのが嬉しいポイントです♪」(バイヤーM)村山佳世子×SLOANE 【スタイリスト村山佳世子さん別注】ウールシルクカシミヤVネック  ¥31,900(税込)>>Col Pierrot×eclat とろみスリットリブパンツ ¥39,600(税込)>>MADISONBLUE ローカラーマダムシャツ ¥53,900(税込)>>MADISONBLUE 5POCKET FLARE SK W TROPICAL ¥59,400(税込)>>   「村山佳世子×SLOANE」ウールシルクカシミヤVネックニットの着回しをもっと見る>> こちらの記事もおすすめ>>
  • 襟もとすっきりで洗練度がアップするバンドカラーシャツ。王道ホワイト、ハンサムブルー、まろやかナチュラルカラーの着こなし3スタイルは必見です。 1.どんな色のアイテムも受け止める白の包容力。シャツのこなれ感に、クリーンな魅力も加わってシャツ¥36,300/ステディ スタディ(トムウッド) ニット¥23,100/エストネーション パンツ¥62,700/リエート(ヴィンス) ピアス¥31,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥93,500/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥162,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥95,700/ドゥロワー 日本橋店(マノロ ブラニク)2.凛としたハンサムさが魅力のブルー系。白よりも少し理知的なたたずまいも魅力。シャツ¥31,900/エスケーパーズオンライン(サルヴァトーレ ピッコロ)  パンツ¥48,400/オーラリー ピアス¥78,100//ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥132,000/カオス横浜(ザンケッティ) 靴¥97,900/セルジオロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)3.ブラウス感覚で取り入れられるまろやかなあいまい色で女らしいムードにシャツ¥49,500/モールド(チノ) コート¥86,900/ザ ストア バイシー 代官山店(ヴァッシュモン) パンツ¥38,500/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) サングラス¥41,800/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥145,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥97,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)>>「シャツ」の記事一覧はこちら撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※エクラ2021年4月号掲載
  • エクラ4月号で特集の優美パンツ!私の優美パンツは、エクラでもお馴染み、華組さんにも大人気のENFOLDのパンツ。真っ白はどんな服にも合わせやすく一本あるととても便利です。エンフォルドのジョガーパンツは、タック効果で腰回りはゆったり、下に向かって細身になるスタイル綺麗め効果抜群のパンツです。今年から仕事も変わり、お客様とお会いすることが多くなったので、できるだけ清潔感と爽やかな印象を与えられるようなコーディネートを意識しています。私は寒がりなのでまだまだ朝晩冷え込む4月くらいまでは、ウール素材がかかせません。  アクセサリーもブルーとパールのピアスを合わせてみました。sweater:IENA pants:ENFOLD shoes;pipichic bag:prada bracelet:Maison Boinetインスタはこちらからです✈︎✈︎✈︎大垣佳世
  • 気になるバイラモデルズのプライベートも新しいおしゃれはやっぱり小物から。彼女たちらしいスタイルのカギになる春の小物をリストアップ。宮田聡子はクリアメガネとショートブーツで春気分を満喫。あえてゴツめの小物を合わせるのが彼女流とのこと。 宮田聡子は【淡色クリアメガネ】&【春色ショートブーツ】 「さらっとした服にゴツめの小物を合わせるのが好きで、特に足もとにボリュームを持たせることが多いんです。ショートブーツは一年中愛用! 春は明るい色が活躍しますね。さらになんだか物足りないときは仕上げにメガネを。軽やかなクリアフレームが新鮮です。」 春の軽やかなスタイルに、足もとはブーツが旬のバランス。メガネは、肌なじみのいい明るい色のクリアフレームに更新を。メガネ¥38000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴「RIBBON BOOTIE」(4.5)¥160000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) ワンピース¥49000・肩にかけたカーディガン¥29000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥240000・イヤカフ¥58000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥34000(へリュー)・リング¥66000(ソフィー ブハイ)/エスケーパーズオンライン 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/宮田聡子 構成・原文/東原妙子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位はcmです ※BAILA2021年3月号掲載 【BAILA 3月号はこちらから!】
  • ベーシックアイテムであり、この春のトレンドの目玉でもあるシャツ。マリソル精鋭スタイリストたちのお眼鏡にかなった、とっておきの一枚とは? No.01 徳原文子/FUMIKO TOKUHARA トレンドへの感度の高さと、まねしやすいコーディネートへアレンジする独自のセンスでマリソルスタイルを牽引。春はレトロな柄ものに注ドットシャツをフレンチシックに着る! 「シャツって実は、時代を映すアイテムだと思います。ブランドのアーカイブを今の気分に落とし込んだ、エキップモンのドット柄シャツはまさにそんな一枚。ハイウエストの太め白デニムと、フレンチなムードたっぷりに着たい」(徳原さん)ヴィンテージとモダンが共存する最旬モノトーンカジュアル 「ドット柄は、細かめより大きめのほうが大人っぽいバランスに」。シャツ¥46,000/サザビーリーグ(エキップモン) カーディガン¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥26,000/アングローバル(イレーヴ) ターバン¥8,900/アルアバイル ピアス¥59,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ネックレス¥25,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥108,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ) No.02 福田亜矢子/AYAKO FUKUDA トラッドを軸にした大人ベーシックなスタイリングはスタッフにもファン多し。マリソル世代が取り入れやすいきれいな配色企画も毎回反響が!ブルーシャツをメンズライクに、正統に 「ブルーシャツの、正統派なたたずまいに今また惹かれています。大ぶりのシルバーアクセサリーを首もとや腕にじゃらっときかせて。メンズライクな中に、ひとさじ女っぽさのあるバランスがいい 」(福田さん)オーバーサイズのシャツをブルーのワントーンで端正に 「ハーヴェル スタジオのシャツは、つくりのていねいさ、着た時の美しさも好み」。シャツ¥35,000/アイクエスト ショールーム(ハーヴェル スタジオ) パンツ(4月展開予定)¥12,273/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 帽子¥28,000/UTS PR(マサカズ フルサワ) チェーンネックレス¥75,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) プレートネックレス¥20,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バングル¥75,000(マリアルドマン)・バッグ¥13,000(マーケットバッグ)/ザ ストア バイ シー 代官山店 ストール¥42,000/アイネックス(アソース メレ) No.03 石毛のりえ/NORIE ISHIGE 女性らしさの中にピリッとスパイスをきかせたコーディネートを持ち味に、本誌をはじめ大人の女性誌で活躍。実用性を備えた服選びにも定評がデザインシャツを甘辛ミックスで着る! 「ふわっと広がるボリューム袖の甘さがありながら、シャツ地でしゃきっと着られる理想の一枚。欲しかった華やかさが簡単に手に入ります。細身のレザーパンツと合わせて、大人らしい甘辛バランスに着地させたい」(石毛さん)ふんわり袖×ペールブルーはアラフォーにちょうどいい甘さ  「実はここ最近、シンプルなシャツをさらっと着るスタイルだと"もたない"感じがしてしまって。YOKO CHANのシャツブラウスはそんな私の気持ちにフィット。ほどよい甘さとデザイン性で、着映え効果は絶大です」。トップス¥37,000/YOKO CHAN パンツ32,000/オットデザイン(ルーム エイト) ピアス¥34,000・リング¥42,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥155,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥18,000/デミルクス  ビームス 新宿(デミルクス ビームス) No.04 松村純子/JUNKO MATSUMURA 上品シンプルなスタイリングが得意な実力派。妥協なきセレクトと、着る人への"似合わせ力"を発揮した「おせっかいサロン」企画も大好評!フリルシャツをレイヤードで楽しむ! 「シンプルをベースにしながら、気分の上がるひとくせディテールを積極的に取り入れたい。フロントのみにフリルが施された白シャツを、ロングジレからのぞかせて。さりげなくきかせるくらいが、自分らしくて心地いいんです」(松村さん)リネン素材のジレからのぞく白フリルでおしゃれ気分を上げて 「ノーカラーのスマートさも好き」。シャツ¥47,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 共布ベルトつきジレ¥73,000/エブールギンザシックス(ebure) デニムパンツ¥25,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ(エー・ゴールド・イー) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) イヤカフ(上)¥17,000・(下)¥18,000・細リング¥27,000/マリハ(マリハ) リング¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) バングル¥27,000/アダワットトゥアレグ(アダワットトゥアレグ) 【Marisol3月号2021年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 石毛のりえ 松村純子 モデル/蛯原友里 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
  • ごほうびバッグ部門&美脚靴部門、皆と選んだ3位~1位は?のぼり坂OLのための。春の靴&バッグアワードみんなが太鼓判を押す、リアルな旬アイテムを選出! 読者・MOREインフルエンサーズ100人、スタイリスト、ファッションブランドプレス、モアスタッフに「この春欲しいもの、気になるトレンド」を一斉調査。新しい季節をぐんと楽しく、もっとおしゃれに始めるための本命アイテムがここに!オンオフ使えて、気分も上がるご褒美バッグ部門毎日使うバッグは、ご褒美感覚で買う最愛ブランドで気分を上げられるものがいい! ご褒美バッグ部門、ベスト3を発表☆3位 『FURLA』FURLA ESSENTIAL トートバッグ春らしい華やかなカラーが通勤コーデをリフレッシュ。手が届きやすい価格帯も魅力(No.16 ゆずさん)きゃしゃなハンドルが特徴的な新作の縦長トートは自立するうえA4対応。鮮やかなオレンジに視線集中!(30.5×24×10・4月展開予定)¥50000/FURLA JAPAN(FURLA)2位 『ケイト・スペード ニューヨーク』KNOTT端正なデザインなのに収納力があって機能性も抜群。きれいな発色も印象的で◎(No.5 MIYUさん)チアフルなイエローは着こなしのスパイスにしたい。軽くて傷が目立ちにくいペブルレザーを使用。ストラップつき。(20×27×10)¥48000/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク) 1位 『シーバイクロエ』CECILYA トートバッグ上品な色とキャッチーな形。大人のためのご自慢トート♡大きめのバケット型がチャーミングと大好評。かなり深さがあるから荷物が多い日にも。はりのあるレザーは使うほどに風合いがアップ!巾着仕立てになっているので中身が見えず使い勝手よし。パイナップルチャームも可愛い(編集・松本)大人が気張らずに持てる可愛げのあるデザイン。春は少し大きめの形を(副編・薬師神)明るめのキャメルはシーズンレスで使える万能なカラー。おちゃめなチャームもバッグと同素材のレザーにすることで洗練感アップ。バッグ(31×43×19)¥66000/クロエ カスタマー リレーションズ(シーバイクロエ) ワンピース¥36000/ワンダリズム(ブラームス) イヤリング¥26000/ロードス(リプサリス) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム (ア ピース オブ シック) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン)脚長効果抜群で気持ち高まる! 美脚シューズ部門脚長効果バツグンのシューズは、スタイルアップされることで気持ちもアップさせてくれる! 美脚シューズ部門ベスト3はこちら☆3位 『ダイアナ』シャーリングパンプスローヒールでも脚がほっそりと見えるデザインはさすが! 型崩れしにくいところも優秀(No.79 Maronさん)シュッとした面長なフォルムならローヒールの一足もきれい見え。はき口にゴムが入っているから足入れもぐんとスムーズ。(3)¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)2位 『チャールズ&キース』セパレートパンプス細めのヒールやカッティングなど全方位美しく見える仕掛けが。見た目よりも歩きやすいんです。(No.123 Yukariさん)サイドがあいた抜けのあるセパレートデザインや甲のすっきりと直線的なラインが足もとをスマートな表情に。スリムなヒールで横顔もパーフェクト!(8.5)¥5900/チャールズ&キース(チャールズ&キース) 1位 『ル タロン』クロスストラップパンプスヌーディカラーなら自然に縦長効果を演出してくれる。ポインテッドトウにクロスストラップをあしらった、こだわりのデザイン。肌に溶け込むピンクベージュが肌と一体化してより美脚に近づく。トレンド感がありつつもちゃんと脚をきれいに見せてくれるのがすごい(No.5 MIYUさん)クロスしたストラップが女らしいムードを高めます。ヌードカラーで大人っぽさも(編集・青山)フーディ×透けプリーツの何気ないフェミニンカジュアルをより女っぽく仕上げて。靴(4.5)¥8800/ル タロン 渋谷パルコ店(ル タロン) パーカ¥24000/ワンダリズム(ブラームス ルーツストック) カットソー¥14000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥23000/コンバース トウキョウ 代官山(コンバース トウキョウ) バッグ¥15800/ショールーム セッション(ヤーキ) ピアス¥39000/UTS PR(ル フェール) ブレスレット¥7000/フォーティーン ショールーム(イン ムード)【関連記事】この靴なら歩きやすくて旬度最高! MOREが選ぶ春の靴大賞はこれ!【関連記事】春バッグはやさしげカラーに注目! MOREが選んだ春の靴・バッグアワード【関連記事】ハイヒールパンプスを無理してはくのはもう古い。キトゥンヒールなら楽できれい ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/アキタカオリ(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/逢沢りな(モア専属) 鈴木友菜 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎久実子 構成・企画/渡部遥奈(MORE) 撮影協力/アワビーズ ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • この春きれいを更新するために、まず変えたいのは「肌」。「厚塗り感なく、シミも毛穴も瞬時に消し去るカバー力が欲しい」というお悩みに、ヘア&メイクアップアーティスト・中野明海さんがおすすめファンデーションを紹介!ナビゲーターはこのかた!中野明海さん中野明海さんヘア&メイクアップアーティスト。卓越したセンスとテクニックで著名人にも熱烈なファン多数。独自の視点から生まれたメイクのTipsには、いつも目からウロコが。 【要望】厚塗り感なく、シミも毛穴も瞬時に消し去るカバー力が欲しい【中野さんおすすめアドバイス】覆い隠さず、“光”で悩みを見えなくするものをチョイス。 色は顔よりもデコルテに合わせて!ナチュラルなカバー力と上質なツヤが同時に手に入る 「厚みが出ないのに、肌の色ムラや凹凸をなきものに」(中野さん。以下同)。内側から輝きを放つようなクオリティの高い肌へ。その秘密はメイクとスキンケアが融合し、光をあやつる独自の技術。肌をツヤと潤いで満たし、いきいきとしたくすみ知らずの肌が一日中続く。しかも、贅沢な美容液のような使用感。 (右)クレ・ド・ポー ボーテ タンフリュイドエクラ ナチュレル SPF25/PA++ 全8色 35㎖(3月21日発売)各¥14,300ほどよいツヤ。ぱっと明るくなめらかで品のいい肌に 「粉っぽさがなく、自然なカバー力がありながらも、潤った肌ならではのつややかな仕上がり」。光のベールをまとったような明るさを演出。大人気の化粧水の、カギとなるスキンケア成分を惜しみなく配合しているので、使うほどに素肌そのものにも透明感が。 (左)ランコム タン クラリフィック コンパクト SPF32/PA+++ 全5色 レフィル 各¥6,160・ケース¥1,650・スポンジ¥550「美肌フィルター級」は本当。 きちんと感のある澄み肌が続く 「手をかけずにちゃんとした肌になりたいならこれ」。とろけるような感触なのに、サラサラの軽い仕上がりが大人にも支持されている「レア」ファンデーションの春夏用。肌のノイズをさっと消して、透明感を演出。毛穴レスの清らかな肌が続いてくずれない。しかも下地もお粉も不要。 アルビオン ホワイトレア エアー SPF40/PA++++ 全4色 レフィル 各¥4,400・ケース¥1,100>>『ファンデーション」の記事一覧はこちら撮影/恩田はるみ スタイリスト/福永いずみ 取材・原文/巽 香 イラスト/南 夏希 ※エクラ2021年4月号掲載
  • おしゃれ気分を一新したくなる春は、おしゃれの土台である「ボトム」をリフレッシュさせるのがおすすめ。印象はもちろん、ワードローブが活性化され、コーディネートの鮮度も簡単に引き上げてくれる。華やぎアイテムとしてワードローブに欠かせなくなったスカートは、甘さが抑えられ、より辛口に。>>脱・マンネリ「優美なパンツ」って?パンツ派も似合う「甘くないスカート」「長らくパンツ派でしたが、髪を切って以来シンプルスカートのほうがしっくりくるように。目下タイトすぎないストレートを愛用中!」坪田あさみ(エディター&ライター)「パンツと同じように使える辛めのスカートは便利。甘くないのにちょうどよい女らしさが加わる気がして」編集U ふんわりと柔らかな白をたっぷりとレイヤードした上半身をスマートに受け止めているのは、構築的な細身のストレートシルエットのスカート。切り替えの斜めのラインやバックスリットのあしらいにひねりがあり、立ち姿も絵になる美しさ。 スカート¥33,000/ビームス ハウス 丸の内(ルーム エイト) ブラウス¥19,800/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥52,800/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥46,200/アイネックス(アソース メレ) バングル¥50,600/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥85,800/ジミー チュウ 靴¥94,600/トッズ・ジャパン(トッズ)「スカート」記事一覧はこちら>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年4月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND