mirabella STYLE BOOK|秋のワンピーススタイリング

HAPPY PLUS VOICE

mirabella バイヤーおすすめスタイリング!

ワンピースにプラスワンアイテム! 秋のワンピーススタイリング

女性らしさ引き立つティアードワンピース

MERLETTETOGA

裾に向かってフレアラインが美しいティアードワンピース。
これ1枚で女性らしさ引き立つ大人フェミニンな印象に仕上がります。
ワンピースの上からニットを重ね着することでスカート風アレンジも楽しめそう。
写真のようなサイドにダメージホールの開いたざっくりニットを重ねれば、女性らしさの中にエッジのきいたモードなスタイルに。

MERLETTE/“PARADIS” ROUNDED YOKE TIERED DRESS WITH TRIM/¥58,000+税

TOGA/Wool knit pullover side hole/¥56,000+税

美シルエットのロングニットワンピース

STUDIO NICHOLSONCECILIE BAHNSENMONTMARTRE NEWYORK

すとんと落ちるⅠラインのキレイなシルエットが女性らしさ引き立てるニットワンピース。
シルク混の滑らかな着心地も魅力。
ふんわり広がるスモック風ワンピースを合わせたワンピonワンピの甘めスタイリングも楽しめそう。

STUDIO NICHOLSON/SILK TENCEL COTTON MILANO KNIT TUBE DRESS/¥43,000+税

CECILIE BAHNSEN/METTE DRESS/¥92,000+税

MONTMARTRE NEWYORK/SENSE SCARF/¥15,000+税

レトロ感のあるアイレットレースのシャツワンピース

SEA NEW YORKTATRASOAD NEW YORK

花モチーフのアイレットレースが特徴的なシャツワンピース。
ローウエスト切り替えのストンと落ちるシルエットやスタンドカラーの襟元が甘くなりすぎず、すっきりとした印象に。
秋冬は、ショート丈ですっきりシルエットのダウンジャケットを合わせたキレイめスポーツミックススタイルもおすすめ。

SEA NEW YORK/FERN PUFF SLEEVE SHIRT DRESS/¥50,000+税

TATRAS/BREVA パッカブル (新型)/¥64,000+税

OAD NEW YORK/MINI EDIE BAG/¥40,000+税

きちんと見えてリラックス感もあるワンピース

AKIRANAKA

同系色の異素材コンビのワンピース。
身頃はスウェット素材で、きちんと感がありながらも実はとっても楽ちん。袖の透け感とボリューム感で女性らしさを演出できるのもポイント。コードベルトや袖口のシャーリング、裾スリットなど、こだわりのディテールにも注目。
モード感あふれるトレンチコートを羽織れば一気にモダンでクールな雰囲気に。

AKIRANAKA/Rebekka transparent sleeves dress/¥47,000+税

AKIRANAKA/Asymmestry lapel wool gown/¥85,000+税

小技のきいたシンプルなニットワンピース

MAISON MARGIELATOGA PULLAJ&M DAVIDSON

袖口がミトン型になったシンプルなニットワンピース。
背中にはメゾンマルジェラアイコンの4本ステッチがあしらわれています。大人カジュアルをさりげなく格上げしてくれる柔らかなカシミア混の表情もポイント。
写真のような個性派アウターとの相性も抜群。とにかく使えるワンピースです。

MAISON MARGIELA/MITTENS KNIT DRESS/¥113,000+税

TOGA PULLA/Embroidery down coat/¥89,000+税

J&M DAVIDSON/FRINGE CARNIVAL MINI/¥132,000+税

ディテールにこだわったモードなワンピース

TOGACOURREGES

ドロスト仕様の前後イレヘムが特徴的なモードなワンピース。
前後のドロストでお好みのシルエットに調整できるのもポイント。ボトムにレギンスをプラスしたレイヤースタイルもおすすめ。
ケープ風のビッグフード付きコートを羽織れば、存在感がさらにアップ。

TOGA/Pinstripe cupra dress/¥39,000+税

COURREGES/TROUSERS TIGHT/¥59,000+税

TOGA/Wool gabardine coat/¥120,000+税

TOGA/Leather box bag/¥59,000+税

mirabella STYLE BOOKでは、20秋冬の最旬スタイリングを毎週お届けしています。

関連記事
  • 体のラインを拾わずに縦にスッと落ちてすっきり。暖かさも汎用性の高さも約束する前後差デザイン! 12closet【洗える】 アンゴラ混ロングニット (各)¥9800(サイズ:38、40) ¥5880(40%OFF) ややモックネックぎみの首元や長めの袖口、サイドスリットを入れて大胆に前後差をつけた着丈と、気のきいたディテールをちりばめ、無難見えしないシンプルさを目指したニット。 パンツ¥22000/エムピーストア 二子玉川ライズS.C.店(マッキントッシュ フィロソフィー) 帽子¥8900/メゾンドリリス ピアス¥6300/シップス 有楽町店(ズー) スカーフ¥6900/ジャーナル スタンダード レリューム みなとみらい店(レレ) バッグ¥6800/セム インターナショナル(モヒ) アンゴラブレンドの糸を用いたハイゲージの生地は、インナーやコートに毛が付着しにくい、しっとり柔らかな肌触り。 ゆるさがありつつも縦が強調されるシルエットなので、スカートともバランスよく決まります。幅広い着こなしに対応するベージュとネイビーの2色展開。 横から見ると…前は太もものつけ根下あたり、後ろはお尻がしっかりと隠れる丈。サイドスリット入りなので、前だけのタックインもラクちんです アンゴラ混ロングニット 【LEE公式通販】LEEマルシェ 撮影/菊地 哲(人物) 魚地武大(TENT)(物) ヘア&メイク/TOMIE(nude. ) スタイリスト/石上美津江 モデル/小濱なつき 取材・原文/鈴木絵美
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 【ユニクロ×GU】秋に買ったアイテムを春まで活用させる術こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 今日は春のように暖かい一日でしたね! 暖かいとニットよりシャツが着たい気分。 そんなわけで、以前買った UNIQLO+J(ユニクロプラスジェイ) スーピマコットンスタンドカラーシャツ を着ました!髪型も外ハネにして軽快な雰囲気に! ちょっとウェットっぽくタイトな感じにしてみました。 ヘアアレンジが効くように、カットする時に美容師さんと相談しながら作り上げました!アウターは昨年の秋頃買ったGUのニットガウン。 淡いグレージュのような色なので、秋から春まで活躍します! 秋口に買うアウターは、【春にも対応出来るカラーや素材を選ぶ】と長く使えてオススメです! 今日は暖かかったので、日中はこのニットガウンだけで十分でした。 全身着画はこちら。白のスタンドカラーシャツに淡いグレージュの ニットガウン合わせが好き♡ パンツは黒のセンタープレスパンツを合わせて きれいめコーデにしました。サイドスリットが入っているのも こなれ感があって◎バッグはシルバースタッズ付きの キャンバスバッグ。 春が近づくとキャンバス地のバッグが持ちたくなります。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数11万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • コロナ禍の暗いムードをファッションで払拭。ヨーロッパマダムたちは、自分のみならず、目にする人をも色のパワーで元気に!ミラノマダムのおしゃれバッグコーデをスナップしました。ジュリア(マーケティング・ミラノ)ゴールデングースのアウターとザラのニットに、すっきり見えるスキニー×ロングブーツと、ミラノマダムが好むカジュアルスタイル。お母さまが愛用していたバッグに赤いエルメスのスカーフを巻いてプレイフルに。いつもの着こなしが新鮮に なり気分も上々。アレッサンドラ(コマーシャルディレクター・ミラノ)ピンクのパワーでコロナ禍の不安を吹き飛ばす。トーマス・マイヤーのコート、ニットはラフ・シモンズがデザインしていたころのカルバン・クライン。ブーツとボッテガ・ヴェネタの新作バッグもピンク。ヘルシーな甘さがあるコーデ。ジャンナ(マーケティング・ミラノ)ヴィンテージショップで購入したビビッドイエローのコートを、一枚でさらっとワンピースのように着こなす。袖をまくり、チェックの裏地を見せて。ひとつだけボタンをとめたコートは歩くたびに揺れて女性らしさを香らせる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • フェミニンで洗練されたラベンダー色は、冬のさし色としても上品かつぴったり!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます自分が見ても相手が見ても元気になれる柄スカートを履けば気合が入って仕事もどんどんこなせそう。ブラウス×スカートのマンネリおしゃれをも一気に活性化してくれるのは品のあるきれいなラベンダー色。オフィスにふさわしいきちんと感もありつつ、後ろウエストゴム仕様だから快適に過ごせるのが嬉しい。艶ボウタイブラウス¥15,000(商品コード:371431)・スカート¥17,000(商品コード:377341)/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) コート¥72,000/MOGA 靴¥20,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「柄スカート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 目を引くダッドスニーカーは、コーデの色数を抑えて、いっそ主役に。きれいめトレンチの表情も一新! ブラウス¥1800/神戸レタス スカート(2月発売予定)¥12000/Noela コート¥12000/dazzlin イヤリング¥1700/ゴールディ バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ)どこか懐かしい配色と、印象的なソールが存在感を放つ1足。すぼんだつま先がスマートな印象を後押し。 ¥9490/リーボック アディダスお客様窓口乙女心をくすぐる淡いミントカラーは、トップスに濃茶を合わせてグッドバランスにはきこなすのが正解。 ブラウス¥3900/オリーブ デ オリーブ スカート¥11000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 カチューシャ¥700/お世話や(OSEWAYA) イヤリング¥6873/アビステ バッグ¥3990/ロコンド(マンゴ)「Cloud Hi Monochrome」のアイコニックなソールは雲をイメージしたデザインで、その名のとおり軽いはき心地が特徴。 ¥17800/オン・ジャパン流行のビッグカラーや、クラシカルなプリーツスカートと合わせて、コーデに品を宿して。 ニット¥6900・コート(2月上旬発売)¥15000/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート¥4500/COTORICA. 帽子¥1990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) イヤリング¥4773/アビステ バッグ¥8500/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店存在感のあるベルトが、ベーシックなベージュの表情を更新。着脱が楽な上、足をしっかりホールドしてくれる利点も! ¥12000/カメイ・プロアクト(スペルガ)モデル/新川優愛 松川菜々花 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE・モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 少しくすんだトーンが冬のワードローブになじみやすく、大人のかわいげと幸せ見せもかなえてくれる、最強のニュアンスカラー「くすみパステル」。透明感のあるラベンダーを投入すれば、ワンランク上の洗練された雰囲気が漂います。royal Lavender甘さ控えめなラベンダーでワンランク上の洗練が漂う 上品で透明感のある美しさを演出してくれるラベンダー。シャギーニットのふわふわとした質感とリラクシーなシルエットなら、アンサンブルもコンサバ見えせず今どきな着こなしへと導いてくれる。カーディガン¥31,000・ニット¥22,000・スカート¥21,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) チェーンネックレス¥22,000(マラ ムクス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 青山店 コインネックレス¥41,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥155,000(ザンケッティ/ハウント代官山)・靴¥120,000(サルトル/ハウント代官山)/以上ゲストリスト「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪1枚でキマるものからレイヤードが楽しいタイプまで、数あるワンピの中でも争奪戦間違いなしのデザインがこちら。上品可愛いサテンキャミワンピは白シャツと合わせてラフにコーデ 控えめなツヤ感がデイリーに取り入れやすいサテンのキャミワンピ。今なら白のデニムシャツをはおって、こなれた抜け感コーデに。 ワンピース¥1990・トップス¥1490・シャツ¥2490・靴¥2990/GU カチューシャ¥500・イヤリング¥1200/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥14500/アンビリオン(ペルケ)やんちゃなデニムジャンスカラベンダーニットで甘さをミックス 軽やかな淡色デニムが好印象&春に向けて活躍間違いなし。ライラックのニットで甘さを添えたら白小物でクリーンにまとめて。 ジャンパースカート(一部店舗のみ販売)¥2490・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990・ヘアクリップ(3種類5つセット・一部店舗のみ販売)¥790・靴¥1690/GU イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バッグ¥4500/L-clothes上品さも可愛げも欲張れちゃうレトロなドット柄ワンピが春の主役! ドット柄やバンドカラーなど、旬を押さえた春の主役デザイン。ウエストには細ベルトつきで、キュッと結んで着こなせばスタイルアップもお手のもの。可愛いもモテも瞬時に叶えるワンピは絶対買い! ワンピース(一部店舗のみ販売)¥2990/GU バッグ¥2800/L-clothesモデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 紺野彩夏 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND