• 糖質を控えている人が多い昨今。実は糖質コントール中でも、食事を十分楽しめる! 糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたもの。タンパク質、脂質、食物繊維はOKなので、使える食材は意外に豊富。ローカーボ(低糖質)とはいえ、味も量もボリューム感があって、彩り豊かでおいしい! そんなおしゃれメニューを料理研究家・サルボ恭子さんに習った。料理研究家・サルボ恭子さんフレンチをベースにしたセンスのいい料理で人気の料理家。近著『夜9時からの 飲める ちょいメシ』『いちばんやさしいシンプルフレンチ』も好評。eclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/城 素穂 取材・文/北村美香
  • 普段ごはんを格上げしてくれる、おもてなしの席を盛り上げてくれる、 日々の食卓でオールマイティに活躍する器を集めました。 どんな料理も受け止める懐の深さが 頼もしく、美しい、ビギナー漆器 石川漆宝堂 挽目(ひきめ)うつわ 小 根来(朱)・黒 (各)¥3200 挽目(ひきめ)うつわ 大 根来(朱)・黒 (各)¥3800 挽目(ひきめ)うつわ 特大 根来(朱)・黒 (各)¥5000 石川県・山中温泉で7
    LEE
  • 焼き野菜のマリネ/焼き野菜マリネと白身魚のカルパッチョ   「美&健康」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスのよい手作りごはんが理想。そんな時に活躍するのがストックおかずです。   夏 […]
  • ショコラ、マカロン、パート・ド・フリュイ。うれしいクリスマスギフトをいただきました。来年25周年を迎えるパーク ハイアット 東京から届いた、少し早めのクリスマスプレゼント!本に見立てたボックスには人気のスイーツがぎっしり! ショコラ、マカロン、パート・ド・フリュイ。どれも大人仕様のリッチで豊かなお味。ボックス自体は非売品ですが、それぞれの商品は購入可能。年末の贈り物やお持たせにいかがですか?(編集W)#エクラ #パークハイアット東京
  • 京都でディナー。気になっていた新星フレンチへ!久しぶりの京都。ディナーの予定が決まり、速攻で行きたいお店をリストアップ。エクラ10月号の京都特集で拝見し、以前から気になっていた烏丸御池の新星フレンチ『NAKATUKA 』さんで予約が取れたので初訪問しました!シェフは東京の『NARISAWA』やヨーロッパで修業されたシェフと聞けば期待感もアップです。ワインはプロセッコから始めてブルゴーニュ・ピノ・ノワールで最後まで。お料理はアラカルトでも可能ですが、コースの方が断然お得!6千円と8千円のコースがあります。私達は前菜3種、サラダ、魚、肉、デザート、飲み物の8千円のコースを。一皿一皿盛り付け、素材、お味ともに満足。おまけに良心的なお値段設定にシェフもサービスの方も全員とても感じがよく、居心地の良い空間。静かな場所にあるのでゆっくり食事を楽しみたい方にオススメ!またゆっくり訪れたいお店でした!
  • 12月7日より2019年度がスタートし、ますますパワーアップ中のLEE100人隊ブログ。特に注目を集めた4クリップをピックアップしてご紹介します! <おでかけ部> ■078 あゆこ*さん「『LEE創刊35周年全国ツアー』VOL.9@大阪」 あゆこ*です。 先週土曜日に姉と共に「LEE創刊35周年全国ツアー」VOL.9@大阪に参加させて頂きました。 イベントの内容はLEE100人隊No.080 みぽ
    LEE
  • 都内最大級のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO(プラストーキョー)」が、銀座一丁目「キラリトギンザ」にオープン。壁に描かれた富士山が目を引く空間や、洗練された大人にふさわしいグルメメニュー、オリジナルカクテルなどが堪能できると、早くも大人の女性たちの間で話題に。「PLUSTOKYO」は、ホテルロビーをテーマとした約300坪ものラウンジフロアと、リゾート気分が味わえる広々としたルーフトップの2フロアで構成。ジャンルを問わず幅広い音楽を毎日楽しめるクラブをはじめ、カフェバー、ギャラリーとしても過ごせるのが特徴。これまでにない音楽を軸とした新しい遊び方を提案する“オトナの社交場”を目指す。店内には、いたるところにアートなポイントが満載。エントランス横にあるギャラリーでは、最新の現代アート作品がお出迎え。奥に続くラウンジフロアの壁には、日本で数人しかいない銭湯絵師のひとり、中島盛夫氏が描いた壮大な富士山が楽しめる。ブレイクダンスをテーマに彫刻作品を手掛ける小畑多丘氏が手がけたB-BOY人形が配された全長30mのメインバーや、音楽やファッションを芸術に取り入れるアーティスト、小町渉氏によるVIPルーム「SALON」も気になるところ。DJブースを完備するルーフトップは、左右に東京タワーと東京スカイツリーが望め、夏にはBBQも満喫できる。もうひとつの魅力が、ホテルのラウンジフードを現代的に解釈したロビーフード。デイタイムにはセットブランチ1700円~が味わえ、ナイトタイムは、お酒との相性が良いディナーメニューが充実。また、食のクリエイターたちとのコラボメニューも用意。オープンニングでは、音楽好きの銀座老舗和菓子店の若旦那たちからなる「アンコマン」のセットデザートなどを提供。ドリンクには、「Mixology Spirits Bang(k)」が特別出店するほか、「PLUSTOKYO」がオススメする日本酒オンリーのスタンドバー「POPBAR」も登場する。音楽を軸にさまざまなフュージョンが楽しめる「PLUSTOKYO」から、今後も目が離せない!<DATA>PLUSTOKYO(プラストーキョー)営業時間:ランチ月~金11:00~15:00(14:00LO) 土・日・祝11:00~16:00(15:00LO) カフェバー月~金11:00~17:00(キャシュオン) ディナー17:00~24:00(23:00LO) バー&パーティ日~木17:00~27:00 金・土・祝前日17:00~29:00 キャパシティ:12F着席148席(PARTY時1000人) RF着席94席(PARTY時800人)住所:東京都中央区銀座1丁目8-19 キラリトギンザ 12F/RFアクセス:各線「銀座一丁目駅」よりすぐ※時間帯によってはお席にチャージ料がかかります※クラブ営業時は20歳未満入場禁止。入場時には、 写真付き身分証明書(免許書、パスポート、住基カード、外国人登録証)の提示が必要PLUSTOKYO03-3563-3776http://plustyo.com/text/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • 世界150カ国以上で愛されているスコッチウイスキー「シーバスリーガル」が、新グローバルキャンペーン「SUCCESS IS A BLEND -ブレンドは成功のもと-」を展開中。日本の顔として、宮藤官九郎氏が起用されたことでも話題に。1月10日(木)まで六本木のイタリアンレストランで開催中のスペシャルイベントでは、期間限定メニューやスペシャルカクテルも楽しめる。「シーバスリーガル」は、1801年にスコットランドで生まれたシーバス・ブラザーズ社のフラッグシップ・ブランド。日本では、「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」、「シーバスリーガル18年」など6アイテムを展開し、スコットランドの歴史ある蒸留所で樽熟成することによる、リッチでまろやかな味わいがの魅力。「SUCCESS IS A BLEND -ブレンドは成功のもと-」と題した今回のグローバルキャンペーンは、「シーバスリーガル」の豊かな味わいが、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの芸術的な“ブレンド”によって生み出されることから、日本の顔には、脚本家、俳優、ギタリストなどさまざまな個性を“ブレンド”し、幅広い分野で活躍している宮藤官九郎氏が選ばれた。公式サイトでは、16の質問に答えるだけで自分の個性を詰め込んだ「ブレンドストーリー画像」が完成するオンラインコンテンツも登場。公式サイト上に画像を公開し「LIKE」を多く獲得した10名には、「シーバスリーガル」の商品とポスターとなった自分の画像が贈られるキャンペーンも。また、六本木のイタリアンレストラン「Mercedes me Tokyo UPSTAIRS」では、1月10日(木)までの期間限定スペシャルイベント「CHIVAS REGAL Experience at Mercedes me Tokyo」が開催中。店内では、「シーバスリーガル12年」、「シーバスリーガル ミズナラ 12年」、「シーバスリーガル18年」のフレーバーにマッチしたフードメニューやスペシャルカクテルも堪能できる。このほか、12月11日(火)・18日(火)には、「シーバスリーガル」のブランドアンバサダー、トモス・ブルックス氏に直接説明を受けながら、自分だけのブレンデッドウイスキーを作れる特別企画「CHIVAS THE BLEND」(要予約・2500円)を実施。このチャンスを逃してしまった人も、1月10日(木)までの間、トモス・ブルック氏が不定期に来場してミニ体験会(無料)を行うので、Instagramで発信される最新情報をチェックしてみて。<DATA>CHIVAS REGAL Experience at Mercedes me Tokyo会場:Mercedes me Tokyo UPSTAIRS開催期間:2018年11月26日(月)~2019年1月10日(木)営業時間:ランチ11:00~16:00(14:30LO)ティー15:00~18:00LO ディナー18:00~23:00(22:00LO) バー11:00~24:00(23:30LO)定休日:年末年始住所:港区六本木7-3-10電話番号:03-3423-8775アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩2分CHIVAS THE BLEND開催日:2018年12月11日(火)、18日(火)開催時間:18:00~/20:00~/22:00~(入れ替え制)人数:各時間60名料金:2500円※公式サイトから要予約(先着順)シーバスリーガル/ペルノ・リカール・ジャパン株式会社03-5802-2671https://success-is-a-blend.chivas-regal.jptext/NAOMI TERAKAWA NARUMI AKIBA
  • 焼き野菜のマリネ/焼き野菜マリネのライスサラダ   「美&健康」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスのよい手作りごはんが理想では。でも、仕事などで忙しくて、毎日手作りはタイヘン・・・そんな時に活 […]
  • 「『體』という漢字、 何と読むかご存知ですか?」     「骨」+「豊」・・・? 『はも』は鱧だからちょっと違いますよね…。 女子栄養大学 栄養生理学研究室の上西一弘先生のお話は、こんなクイズから始ま […]
  • 気になっていたスイーツショップの行列に並んでみました!フランス発酵バター「エシレ」エシレ パティスリー オ ブール バターたっぷりって濃厚でこってりのイメージでしたが全然でした!!1番人気の「サブレサンド」これを食べてみたくて並びました。売り切れで2度の挑戦。伊勢丹デパ地下のファッショナブルな人間観察を楽しみながらGetしたエシレバター笑しっとりした食感のサブレにエシレバタークリームをサンドした「サブレサンド」。味はシンプルなブール、ピスタチオを練りこんだピスタージュ、そしてラムレーズンの香りが芳香なラムレザンの3種類。バターにヨーグルトを練りこんだような思ってたより甘すぎない癖になるお味。2個ともパクっとイケちゃいました!バターもヨーグルトみたい??軽い酸味とクリーミーな口当たりでとにかく香りがいいです。ベーグルにたっぷりのエシレバターをつけて幸せ朝ごはん♡
  • みんな大好き“ハッピーターン” アラフォーはハッピーターンも大人味で♡先日コンビニで見つけました。ハッピーターン “大人のラムレーズンバター風味”そりゃーお味が気になりましたので速攻お買い上げヾ(*´▽`*)ノさてさて、どんなお味かと申しますと…あとからふわーっとコクのあるバターとラムレーズンの香りが漂います。いつものハッピーターンもとっても好きだけどこちらはホントに大人味で、シャンパンやワインにも合いそう♡これからの時期、ホームパーティーなどでお出しししたら、おもしろいかも… ( *´艸`)袋をよく見ると、『期間限定』の文字が!!食べれるのは“今だけ”かもしれません。見つけたら是非ゲットしてみてくださいね♡さてさて、本気の寒さがやってきましたね。インフルエンザも流行ってきているようですね。体調に気をつけて楽しい忘年会&クリスマスを ღゝ◡╹)ノ♡みっきーでした
  • 7年目を迎えた、地元でも愛される島のリゾート。夏ではなく、冬にも旅する価値がある! *  *  *  *  *  時を経るごとに素敵になるリゾートホテルって、ありそうで、そうは多くないもの。開業から6年がたち、ますます人気の「星のや竹富島」を取材したライター、ジャーナリストたちがそろって口にした言葉が印象的でした。「オープンの時より、さらに、ずっと魅力を増していますね」。サンゴの石垣に、赤い瓦の低い屋根。それらの家々をつなぐ白い砂の道。ずっと竹富島に息づいてきた人々の暮らしをそのままに、「離島の集落に滞在する」をテーマとしてできた星のや竹富島。エクラ読者のみなさんにも、泊ったことがある方は多いかもしれません。2012年のオープン後、家々のまわりの植物はすくすくと育って生い茂り、石垣もいい感じに風合いを増して、まるで本当の集落のように、より島に根差したリゾートとなりました。そんな星のや竹富島が、この冬、提案するのは「島テロワール」。竹富島でうまれた、竹富島にしかない味わいを満喫しながら、島の食文化にも興味深く触れる。単なる「美食」とはまた違った食体験は、なんとも知的好奇心を刺激するもの。そして、島の食材たちが蓄えたパワーが身体のすみずみまで染みていくように、健やかな心地よさをも体感することができます。外のテラスで食前酒をいただく「島風(しまかじ)アペロ」から始まるディナー。冬こそが一番おいしいといわれる芋や、島では冬に旬を迎えるハーブ、野菜。そして島の特産品でもある車海老などを、全10皿。沖縄というとどうしても夏のイメージが強いけれど、冬には冬の「旅に出る理由」があるな……とうならされるコースです。 *  *  *  *  *  快適なベッドでぐっすり眠ったあと、夏よりも遅い冬の朝日に迎えられながらいただく朝食は、その澄み切った空気もごちそう。島の野菜をたっぷりといただきましょう。そのあとは、まだ人の少ない朝の時間帯に水牛車で島をめぐるもよし。スパを楽しんだり、ミンサー織りや民具づくりを習ってさらに島の文化に触れるもよし。海風も心地よい季節なので、ハンモックでうたたねしたりも……。もう最高ですね。日常の忙しさを忘れて、身も心も島時間にゆだねるなら、大人世代にとってはむしろ冬こそが、ベストシーズンかもしれません。「島テロワール」期間/2018年12月10日~2019年3月3日料金/12,000円(税・サ別)要予約。予約は星のや竹富島公式ホームページにて、夕食付の宿泊プランを選択。沖縄県八重山郡竹富町竹富☎0570・073・066(星のや総合予約)アクセス/石垣港よりフェリーで約10分。竹富港より送迎あり。料金/1室1泊51,600円から(税・サ別、食事別)※通常は2泊より「沖縄」の記事をもっと読む>>>取材・文/本誌編集部
  • 可愛いパッケージに気分が上がります。12月に入り本格的に寒くなってきましたね。温かい飲み物とチョコレートが好きなので、寒いのは苦手ですが嬉しい季節です。珍しいチョコレートを頂きました。『HOTEL Chocolat』可愛いパッケージに3種類のチョコレートが入っていました。*ラズベリースムージ*ヘーゼルナッツ*シャンパントリュフどれも好みなので食べるのが今から楽しみです。イギリスのチョコレートで日本では越谷レイクタウン店のみだそうです。ちょっとした贈り物にピッタリだと思います。
  • 焼き野菜のマリネ   「美&元気」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいって思っているはず。そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。   夏梅 […]
  • 焼き野菜のマリネ   「美&元気」をめざすOurAge読者なら、外食よりも栄養バランスを考えて作れる手作りごはんの方が体にいいって思っているはず。そんな時に活躍してくれるのがストックおかず。   夏梅 […]
  • Marisolランチ会の後は・・年に一度の美女組大集合♡久しぶりに会える嬉しさと、毎回大人数が苦手なわたしはとにかく緊張・・ブログやInstagramで繋がっているお話したい方が沢山いらっしゃったのに、なかなかお声掛けすることもできずでした。そんな緊張で過ごしたランチ会後は、久しぶりにご一緒できた美女組No.95はづきさんと二次会へ。会場のすぐお隣で偶然見つけた「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の”Sky Gallery Lounge Levita”35Fに位置している2フロア吹き抜けの素敵な場所!やっと緊張も解れて、二人でお疲れ様~♡遠くに東京タワーも見える絶景のカウンター席です。美味しいお料理をいただいてお腹いっぱいのはずが・・二人でシェアできるとおすすめされてオーダーしたスイーツ・プレート(これで2,000円!)アフタヌーンティーも大人気なのだとか。次回は夜もしくはアフタヌーンティーでゆっくり過ごすのも良さそうです。はづきさんとは撮影でお会いしてから仲良くさせていただいていて、今ではお家にお邪魔したり定期的に連絡を取り合う友人に・・全く違う業種だけれど尊敬できる部分も多く、アラフォーになってからそんな素敵な友人ができたのもMarisolのおかげです。女性は特に20~40代で環境が大きく変わったりして、なかなか新しい交流関係を築くのも難しかったりしますよね。環境は違えど好みが似ていたり、お仕事の内容問わず・・家事・育児など働くという意味ではみんな其々に頑張っている年代。良い刺激を与え合いながら前向きに小さなことでも楽しく笑い、時には支え合える存在になれればと思っています。はじめましての新しいメンバーの方達とも、ゆっくりお会いできる機会がありますように!また1年ブログや誌面での活動含めて良いご縁になれるよう頑張っていきます。
  • 今から準備して、たっぷり楽しむ! 素敵に贈る 子ども用ミニシュトーレンの作り方 ドライフルーツはりんごジュースで戻すのでお酒抜き! 雪のような、真っ白なアイシングで仕上げます。 材 料:約12㎝×13㎝の楕円形6個分 ■生地 牛乳:80ml 砂糖:20g ドライイースト:小さじ1(3g) 強力粉:200g 塩:小さじ1/2 卵黄:1個分 卵:1個 バター(食塩不使用):50g ■フィリング 好みの
    LEE
  • 鎌倉で夕飯に迷ったらここ!本格トルコ料理が堪能できます。鎌倉は20時間ぐらい閉店の店がおおく、呑んべい部としてはややさみしい街。数少ない夜遅くまでやっている店に行けば「あら、またあの人飲んでるわ」と顔見知りに会ってしまい、うわさされてしまう怖い村。そこでジモティは意外と行かない駅近が穴場なのですが、大手チェーン店がひしめき合っております。おそらく家賃が高いんだろーなーと予測できる場所で、頑張ってくれているトルコ料理屋さんがあるのでご紹介いたします。写真の撮り方がダサくてすみません。鎌倉駅前の小町通りは皆さまご存知でしょうか?そこの鳥居横右斜め上を見上げると、そのお店がございます。数年前から通ってますが、お店の名前を昨夜確認いたしました。ブログに書こうという行為は、人の頭も働かせてくれますね。インプットしました。トルコ料理「EGE」なんて読むのか戸惑いますが、イージーイーと日本語読みしておきましょう。これからは「ほれ、あそこのあの横にあるあれ、あの店ね」と最近代名詞ばかりで会話してしまう自分を卒業できます。やっと本題の料理ご紹介前置き長くてすみません。こちらのラビオリが大大大好きな私。シメのラーメンのごとく、最後にこれだけをたべに訪れます。そしてたべてる時は毎回「あ〜このアジアとヨーロッパ融合、サイコーだわ」とほろ酔いのためわけのわからないことを口走ります。なんとも言えないさっぱりしたイタリアンな味とでも言いましょうか、トルコの白ワインと一緒に一度ぜひご賞味ください。また店内はトルコファブリックやモザイクの食器などで埋め尽くされ、まるでトルコの食堂に来た気分になれます。行ったことないけど。コックさんもオーダーを取るお兄さんも皆んなトルコの方。ややトルコ語一色ですが指差してでも、美味しいものが注文できますよ。ではレポおわります。
  • ケーキやアミューズのひとつひとつ「どうやって作ったんだろう?」と思うくらい、手が込んでいて感動しました!先日、母と、ペニンシュラ東京の「ザ・ロビー」で、アフタヌーンティーを楽しみました^^母の誕生日が11月、私の誕生日が12月。なので、真ん中誕生日、というのは名目で、、、^^;本当は、私が、クリスマス特別メニューを、楽しみたかっただけ。笑でも、本当に素晴らしかったです!スノーマンや、ツリーの形をした、一口サイズのケーキや、アミューズが、所狭しと、ケーキスタンドに並べられて出てきた☆もう、ほんっっっと、細かいところまで手が込んでいて、感動!「食べちゃうの、もったいなーい!」と言いながら、美味しく頂きました。笑母は、今年で65歳!いつも、ゴルフに、旅行にと、アクティブに動き回っているので、「高齢者」という感じが、全くしませんが^^;どこへでも、出かけられるうちに、もっともっと親孝行したいな!と思った☆