軽ーくはおれて、長ーく活躍! コスパよし! 「バリュー」な 羽織りアイテム

FLAG SHOP Magazine

季節をつなぐ軽アウターとしても、本格コートの下にも着られて3シーズン重宝する薄手のはおりもの。着心地のよさにもこだわった、厳選3枚をピックアップ。

 

ふんわり軽くて暖かい。抜け感フェミニンなスタイルに

C.T.plage(シーティープラージュ)/ラクーンコート/¥30,000+税

C.T.plage(シーティープラージュ)/ラクーンコート/¥30,000+税

カーディガン感覚ではおれるガウン風コート。二重になった立体的な襟のデザイン&体温を逃がしにくいラクーン素材で、軽くても防寒性は上々。ふんわり毛羽立つ風合いは、肌ざわりが心地よく、見た目にも優しくフェミニンなイメージを楽しめる。

 

大人のきれいめスタイルに似合う、機能派ボアアウター

GYMPHLEX(ジムフレックス)/ボアノーカラーカーディガン/¥18,800+税

GYMPHLEX(ジムフレックス)/ボアノーカラーカーディガン/¥18,800+税

スポーツウエアブランドであるジムフレックス定番のボアアウター。ほどよいボリュームシルエットと上品なノーカラーが大人好みの一着は、機能性に優れたボアの表地に、裏地には高密度ナイロンタフタを使っているため、風を通しにくく保温性も抜群。

 

カットソーカーディガンで、柔らかな着心地を楽しんで

https://flagshop.jp/eclat/shop/g/g359106/

Le pivot(ル・ピボット)/リップルロングショールカーディガン/¥21,000+税

表面が波のうねりのように見えるリップル編みで、見た目はニット風ながら、実は着心地のよいカットソー素材。ほどよい厚みでアウターとカーディガン両方の使い方ができる。ゆったりした身幅からのコクーンシルエットは、さっとはおるだけで女性らしい。

関連記事
  • ハイテク再ブームをけん引。ごついのに女子っぽい、まさにスニ女のための3足!目を引くカラーリングのスニーカーは、大人っぽいモノトーンコーデのハズし役にしてこなれる♡ 靴¥17000/NIKE カスタマーサービス ワンピース¥39000・スカート¥37000/ボウルズ(HYKE) ニット¥5900/RANDA ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥48000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ バッグ¥43000/アー・ペー・セー カスタマーサービス レギンス¥2200/Tabio(タビオ)1 「エア マックス 95」の新作。女の子らしいカラーとボリュームフォルムのギャップがカジュアル派にはたまらない♡ ¥12000/NIKE カスタマーサービス 2 足袋のようなルックスが特徴の「アクア リフト」。ポップなカラーリングだけど、横顔のソールがシンプルだから合わせやすい。 ¥12000/NIKE カスタマーサービス 3 「リアクト エレメント 55」は近未来的なデザインで人気のモデル。淡いピンクなら可愛げも。 ¥13000/NIKE カスタマーサービス 定番モデルもデザインや色がアップデート。友達に差をつけちゃおう♡1 ハイカット&直線的なソールが特徴の「SK8-HI PLATFORM 2.0」。スウェード素材で上品見えするのもうれしい。 ¥8500/VANS JAPAN 2 「オールド スクール プラットフォーム」は定番&大人気モデルに厚底のソールを組み合わせたもの。ニュアンスのあるアイボリーが気分。 ¥8000/VANS JAPAN 3 「CLASSIC SLIP-ON STACKED」は定番のチェッカーフラッグ柄にちりばめられたロゴがキュート。部分ガムソールでしゃれ見え。 ¥8000/VANS JAPANモデル/江野沢愛美 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/高野麻子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/YC&AC
  • 「鮨割烹」発祥の博多には、鮨+αで一品ものも楽しめるお店がたくさん。「寿司 味処 河童」では、九州産にこだわった鮨や焼き穴子などの定番料理から、魚介グラタンなどの創作料理も楽しめます。寿司 味処 河童おきまりは質・量ともに満足。つまんで飲んで酒場使いも《推薦人》 渡辺康啓さん(料理家)「河童にぎり」¥3,500。カツオ、マグロのトロ、エンガワ、フグ、佐賀牛の炙りに名物の広島菜巻きと盛りだくさん「ランチがとてもリーズナブル。夜は鮨を締めに、一品料理も充実」と、渡辺さんが推す地元の人気店。価格はリーズナブルながら、鮮度と状態にこだわった魚は、九州産が中心。つまみも焼き穴子などの鮨屋の定番から、魚介グラタンなどの創作料理まで。博多鮨の底力を実感できる良心の店だ。穴子の素焼き¥880。のりで巻いていただく。日本酒3種飲みくらべ¥1,000寿司屋のグラタン¥880。大海老、牡蠣、帆立などがたっぷり【Information】 福岡県福岡市中央区平尾2の17の20 グランド平尾1F ☎092・531・0228 11:30~14:00LO、17:00~22:30LO ㊡水曜、第3火曜 昼のみ禁煙 おきまり 中にぎり(8貫)¥880、特上にぎり(9貫)¥2,000>>美味しい「鮨」の記事一覧はこちら撮影/神林 環 合田昌弘 取材・原文/北村美香 佐々木ケイ 本誌編集部 ※エクラ2020年2月号掲載
  • 今月の1曲 『願い』sumika作詞/片岡健太 作曲/黒田隼之介sumikaは2013年に結成された、男性4人組バンド。sumikaと同時にsumika[camp session]というアコースティックバンド形態のバンドとしても活動中。『願い』は2019年12月リリースの4thシングル。  ども。今回取り上げるのはsumikaさん。『おっさんずラブ-in the sky-』の主題歌を歌っている男性バンドですが強烈ですね! めっちゃいい。ヒット曲の定番、片思いを描いているのですが定番であるからこそ難しいジャンルです。しかし、めっちゃいいんです! 「突然降ってきた雪を誰に伝えよう」これなー。雪とか満月とかって誰かに伝えたい、共有したい。できれば大切な人と。それを「私は一人だけだよ」と一途な思いを吐露するも「答え聞くまでもなかったようで 目線の行き先が諭すよ」ああ。他の人を見てるんですねえ。つらい。しかも「諭す」という言葉選びがなおつらい。「お前の恋心はあきらめなきゃいけないんだぞ!」と「諭す」わけです。救いがないね。他にも歌の中でメッタメタに傷つくんですよ、この主人公。冬の寒さとダブルパンチ! でも最後に"「さようなら」 春の中で"と前に進もうとするんです。まじで幸せになってほしい! と、感情移入半端ない歌詞です!  ● ひゃだいん 音楽クリエーター。京都大学卒業後、本格的な作家活動を開始。様々な楽曲提供を行いタレントとしても活動。雨のパレード『BORDERLESS』発売中 スピードスターレコーズ 新体制となって初となるアルバムは、邦楽、洋楽の垣根を越えるような、まさに"ボーダレス"な1枚。2019年夏にヒットした『SummerTime Magic』も収録。 サイダーガール『SODA POP FANCLUB 3』発売中 ユニバーサルJ 2014年に結成した、メディアでの顔出しを一切しない3人組バンド。バンド名のとおり、爽快感のある、キラキラしたポップなサウンドが満載。間違いなく元気になる! 選曲・原文/ヒャダイン web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 1/18(土)〜1/24(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!1月18日(土)週末モーニングは散歩がてらスニーカーで。花柄マキシ丈で女っぷりを ★コーデの詳細はこちら >1月12日(日)久しぶりのカラオケへ。得意のビブラートとベリー色で女っぷりよく ★コーデの詳細はこちら >1月13日(月)年賀状くじ当選で郵便局へ。可愛く揺れるスカートでウキウキ気分を ★コーデの詳細はこちら >1月14日(火)年賀状くじ当選で郵便局へ。可愛く揺れるスカートでウキウキ気分を ★コーデの詳細はこちら >1月15日(水)開運日には銀行口座を開設!ニットワンピにきちんと感のあるコートで ★コーデの詳細はこちら >1月16日(木)華やかなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて ★コーデの詳細はこちら >1月17日(金)早起きをした日は朝外食でパワーチャージ。ロングカーデを着流して ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 今春一番の流行色の淡いグリーン。程よいリブだから、ナチュラルに女っぽくなれる。インですっきりしたコーデに。 ニット¥1490/GU春っぽ配色もピスタチオグリーン投入で今年顔 タイトスカートにインして、軽いアウターをはおるのがグッドバランス。淡いブルーのGジャンと合わせれば、爽やかな春の配色に。定番のGジャンコーデも、グリーンを投入するだけで大人っぽく今年顔にアプデできちゃうよ♡ ジャケット(一部店舗のみ販売)¥2990・スカート(1月下旬発売)¥1990/GU濃ワンピのインに仕込んでニュアンスを出す ワンピとレイヤードすれば首元にニュアンスを出せるだけじゃなく、あったかさも♡ ネイビー×白の大人っぽい花柄ワンピは1枚でもキマるけど、首元にグリーンを差し込めば明るく印象づく。秋冬トレンドの白のショートブーツを合わせて、寒い日も大活躍。 ワンピース¥2990・靴(参考商品)¥2990/GUやんちゃなパンツと合わせたテイストMIX ニット以外をモノトーンでまとめた、ちょい辛・女っぽコーデも新鮮。リブニットは、インしてすっきりと着れば脚長効果も♡ ウエスト部分の生地が重なった、ベルトつきのアシンメトリーなパンツがワンツーコーデに動きを出してくれる。 パンツ¥1990・イヤリング(参考商品)¥590・靴(参考商品・一部店舗のみで販売)¥2990/GUモデル/鈴木ゆうか 撮影/浜村菜月(LOVABLE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/立石和代 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • みんな大好きな白スニーカー、実は重くなりがちな冬の着こなしでこそ効力を発揮するんです。きちんと感のある「ベーシックスニーカー」はきれいめカジュアルスタイルの良きパートナーに。トレンドのニットレギンスにハイカットを合わせるひとテクにも注目。 【パンツ派はこう履く!】 旬度高めのニットレギンスは、白のハイカットでなじませて 着こなし幅を広げてくれるニットレギンス。ハイカットで足首をつないで、きちんと感と抜け感を手に入れて。スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ニット¥46000/セオリー ジレ¥76000/ebure レギンス¥18000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ネックレス¥13000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アントン ヒュニス) バッグ¥117000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) CONVERSE《コンバース》 不動の人気を誇る、白のオールスター。特に足首をカバーしてくれるハイカットは、この季節に欠かせない存在。¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【スカート派はこう履く!】 表情豊かなマキシ丈スカートは、ピンクをきかせた一足で軽やかに コットンのマキシスカートにスニーカーを合わせたきれいめカジュアルの王道スタイルも、スタンスミスのオーセンティックな存在感で大人っぽく着地。今年らしい落ち着いたトーンのボルドースカートからのぞく少量のベビーピンクが、可愛げを上乗せしてくれる。スニーカー¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) コート¥19900/プラステ スカート¥33000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) バッグ¥6000/エスケーパーズ(オープン エディションズ) adidas《アディダス》 スタンスミスの新色はなんともキュートなベビーピンク。重くなりがちな冬の装いに彩りを添える名脇役。¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森ユキオ〈ROI〉 スタイリスト/徳原文子 モデル/ヨンア 取材・原文/磯部安伽 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • アグ®︎が、限定版CA805スニーカーを毎月発売する「12×12」コレクションを2020年1月よりスタート。CA805は、日本でも人気のアグ®︎の定番スニーカー。このコレクションでは、毎月違うテーマのステートメントスニーカーを、世界中の主要ショップと提携して数量限定で発売する。現在発売中の1月限定版CA805 × 2020 Sneakerは、日本のアトモスと提携して展開。アグ®︎銀座店、アグ®︎公式サイトおよびアトモス各店(一部店舗除く)とオンラインショップにて購入可能だ。 CA805 x 2020 Sneaker(Vaporous Gray)¥20,000/UGG®︎/ Deckers Japanコレクションの皮切りとなったこのCA805 × 2020 Sneakerは、2020年の干支である子にちなみ、ねずみがモチーフ。大胆なファー使いや、チーズをテーマにしたレースキーパーなど、遊び心あふれるデザインとなっている。2月にはバレンタインデーをテーマにしたCA805 × Valentine Sneakerが登場。ロサンゼルスのストリートアートに敬意を表し、スプレーペイントのインクが垂れているようなハートがポイントに。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色展開となる。 CA805 x Valentine Sneaker(Black、Red)各¥18,000 ※2月7日(金)発売予定/UGG®︎/ Deckers Japanさらに3月には、アグ®︎ブランドの故郷カリフォルニア州を象徴するヨセミテ(アメリカ国立公園)にインスパイアされたCA805 × Cedar Sneakerが発売。アグ®︎の高機能ステートメントスニーカーに、大自然を感じさせるディテールを加えた特別なデザインだ。残りの9スタイルも毎月中旬に発売されるので、ぜひあなたのお気に入りを手に入れて。 CA805 x Cedar Sneaker(Natural、White)各¥18,000 ※3月13日(金)発売予定/UGG®︎/ Deckers JapanUGG®︎/ Deckers Japanhttp://www.ugg.com/jp/0120-710-844 text:Fuyuko Tsuji ⇩「アグ®︎」の「12 × 12」コレクションのラインナップをチェック!
  • まだまだ厳しい寒さの続く今の時季、おしゃれな人が着ているのは、あえての白! ロンドンやミラノ、パリで開催された2020-21年秋冬メンズ・ファッションウィークやベルリン・ファッションウィーク、2020年春夏パリ・オートクチュール・コレクションのオフランウェイでスナップした、ホワイトを主役にした着こなしをチェックして。ハンサムなオールホワイトのジャケットスタイルPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesワイドなショルダーラインのジャケットにタートルネックニット&パンツを合わせ、オールホワイトルックをつくったスタイリストのペルニーレ。抜群にハンサムなパンツスタイルは、カジュアルなシーンにも、フォーマルな場にもさらりとなじみそう。ホワイトパールのイヤービジューや、サングラスのトップに入ったラインなど、アクセサリーにも白が効いている。洗練されたムードで着るジャンプスーツPhoto by Edward Berthelot/Getty Images インフルエンサーのキャロリンは、ディオールのホワイトジャンプスーツをチョイス。「作業着」風になりがちなジャンプスーツも、濁りのないホワイトカラーを選ぶことで洗練された印象に。同ブランドのミニバッグと合わせてドレッシーに取り入れた。足もとは黒いパンプスでエレガントに。オールホワイトに緑を効かせてPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesカーリーなヘアスタイルがキュートな女性。白いジャケット&パンツのセットアップに、グリーンのブルゾンを羽織った。ジャケットのインやバッグ、スニーカーも白で統一して、クリーンな気分をいっそう盛り上げて。ブルゾンの緑と、スニーカーのトゥに入ったラインの色をリンクさせているところにも注目を!白が基調のグラデーションでパンツスタイルを優しげにPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesスタイリストのベアトリスは、アクネ ストゥディオズのコートを主役に、全身をホワイト〜グレージュのグラデーションでまとめて。優しい色使いで、パンツ&レースアップブーツのマニッシュなムードを和らげた。ジャケットのインに着たヘルシーなカットソーに、パールネックレスがエレガントなムードを添えて。切り替えがポップな印象を呼び込むコートPhoto by Christian Vierig/Getty Images白いコートのボタンをすべて留めて、ドレスのように着たインフルエンサーのアレクサンドラ。ブーツも白で揃えて、統一感を演出した。コートは袖と前身頃の一部が鮮やかな柄のテキスタイルに切り替えられており、これ1着で主役級の存在感が。クリーンなオールホワイトルックに、ポップな印象が加わった。白いシャツ&パンツに、赤いコートを羽織ってPhoto by Christian Vierig/Getty Images スタイリストのヴェロニカは、オールホワイトスタイルの上から赤いコートを羽織って。シャツとパンツだけでなく、シャツのインに着たクルーネックトップスも白を選び、クリーンなムードを強調。ベルトとシューズはブラックレザーをチョイスして、マニッシュに引き締めて。サンドベージュのパフィコートでスポーティにPhoto by Jeremy Moeller/Getty Images インフルエンサーのステファニーは白いトップス&パンツにジル サンダーのパフィコートをオン。コートのサンドベージュカラーと、インに着たニットやバッグのイエローが、スタイリングに優しい雰囲気をプラス。コートのふわりと広がるシルエットが、スポーティな着こなしをモードな表情に変えている。ハードなレザーコートをホワイトルックで和らげてPhoto by Edward Berthelot/Getty Imagesモデルでインフルエンサーのカンデラ。白トップス&スカートのスタイリングに、黒いコートと赤ブーツをプラス。ハトメのあしらわれたブーツやブラックレザーコートのハードな雰囲気を、トップスのソフトな素材感が和らげていて、フェミニンなムードも。バッグのサイドのレインボーカラーをアクセントにした。
関連キーワード

RECOMMEND