ピアスが体の一部になって25年小島慶子

FLAG SHOP Magazine

初めて耳にアクセサリーをつけたのは、確か高校生の終わりごろでした。

最初のイヤリングは、新宿のルミネあたりで買ったはず。

歳の離れた姉の真似をして大ぶりなものばかりつけていたせいか、買ってもすぐに落としてしまったり、痛くて外してしまったり。

大学生になって何個めかのイヤリングをなくしたときに、ピアスを開けることを決意しました。

そのほうが経済的だから。

 

時は90年代初頭。私よりも一足先に、高3になると友達がピアスを開け始めました。

当時はピアスなんてほとんど売っていなかったし、つけているのは留学生か帰国子女。

でもいわゆる渋カジ世代である私たちぐらいからは、徐々に広まっていきました。

渋谷のピアス屋さんや原宿の皮膚科で開けてもらって、ハワイなんかで買ってきたピアスをつけるのがバブル育ちの東京の女子高生たちのおしゃれだったんですね。

 

当然校則では禁止されているので、絆創膏で隠したり、髪の毛を絶対に上げないようにしたり、みんな工夫していました。

中には親の反対を押し切って氷と安全ピンを使って自力で開けたヤンキー顔負けの子もいたし、ファーストピアスに小さな丸いサンゴのものを選んで、先生に見咎められると「イボです」で通した強者もいました。

女子校の先生って本当に大変ですね。

 

私は痛いのが怖いので、大学生になってから原宿の皮膚科で開けてもらいました。神宮前の交差点近くのクリニックの窓からは、眼下を流れる人波が見えたっけ。大きなホッチキスみたいな機械で耳たぶを挟んで、先生にバチン!とやられた瞬間に、なんだか通過儀礼を終えたような気がしたものです。

親にもらった体を傷つけるなんて・・・と言う人がいるけれど、まさにあの瞬間私は、自らの意志で自分の体の仕様を僅かながら変えたわけで、そのことによってようやく、長らく母のコントロール下に置かれていた身体を我が物にしたのです。

その年の夏には処女でもなくなったので、金属と他者の体という異物の貫通によって、私は私のからだの主になったということもできるかもしれません。

 

めでたく耳の穴が安定してからは、嬉しくて大きなゴールドのフープピアスをしていました。

30代では赤ちゃんに引っ張られないように小ぶりのデザインのものが多くなり、40歳近くなってからまた久々に大振りのものや揺れるデザインのものをつけ始めました。

数年前からは片耳だけとか左右で違うとか、挟み込むタイプのイヤーカフも一般的になりましたね。

髪型をボブにしてからは、私も片耳だけつけることが多くなりました。

愛用の片耳ピアスやイヤーカフ。左から二番目のゴールドのが三姉妹カフ。天然石のティアドロップ型のピアスは純露と呼んでいます。そんな飴ありましたよね…

 

それにしても出かけるときにピアスをつけ忘れると、どうしてあんなに落ち着かないんでしょう。あんまり気になって、出先で買うこともあります。

無意識のようでも、アクセサリーはやっぱり自分のからだの一部なんですね。でも、帰宅するとすぐに全てのアクセサリーを外してしまいます。

そうでないとなんだか寛げなくて。

小さなピアスひとつで、オン/オフが切り替わるのです。

 

以前、衣装でつけたイヤーカフが素敵だったので私物として購入したのですが、スタイリストさんとヘアメイクさんもやはり気に入って購入したため、よく三人でお揃いになります。

同じ群れの牛のような、三姉妹のような感じで嬉しいものです。

不思議なことに、何年も一緒に仕事をしていると、服装まで似てくるんですね。

ある時は三人とも白のトップスにベージュののボトムスに同じイヤーカフをしてきて、顔を合わせた途端に笑ってしまいました。

 

こちらはブランイリスのイヤーカフ。

 

からだの表現て、その当人にも周りの人にも知らず知らずに影響を与えているもの。

別の自分になれたり誰かとシンクロしたり、人と人が交わり変わり続ける存在であることを豊かに表現するのが、装いなのかもしれないですね。

 

フープピアスは万能アイテム。迷ったらとりあえずこれをつけます。

 


 

Article By Keiko Kojima

小島慶子(タレント、エッセイスト)
仕事のある日本と、家族と暮らすオーストラリアのパースを毎月往復する出稼ぎ生活。 『るるらいらい~日豪往復出稼ぎ日記』(講談社)、『解縛(げばく)』(新潮社)、小説『わたしの神様』(幻冬舎)、小説『ホライズン』(文藝春秋)、新刊に『幸せな結婚』(新潮社)がある

 

 

 

関連記事
  • 私がピーナッツカフェ(中目黒)に惹かれる理由たまにとんでもなく感じ悪い人います… そんな人にはなりたくない… 伯です 空気を読む仕事を長くしていたので どうしても人を見るとき「感」が働きます 心を動かされる人に出会い 心を動かされる瞬間がたくさんありました 出会った人に育ててもらった 今の自分の「心」は宝物 ずっと忘れないで歳を重ねていきたいと思っています 誰もが心を奪われる瞬間ってあるはず そんな存在がいつもいてくれたら ハッピーじゃないですか? ムツゴロウ派(前の記事を見てね)のわたし 生まれた瞬間から動物に囲まれていました 犬、猫、ハムスター、にわとり、やぎ、うさぎ、インコ… 学校から帰ってすぐに友達…ではなく 動物たちと遊んでいました 学校でいやなことがあっても 動物たちに癒やしてもらっていたな さみしい学生時代…なんてとんでもない! 最高に幸せだったな~~~~~~~~~~ イントロながっ(ゴメンゆるして)スヌーピーの愛らしさったら… どんな日も 自然と笑顔にしてくれる存在かなPEANUTS Cafe / ピーナッツ カフェ | 中目黒 |画像タップしてねコースターはお持ち帰りさ~て何を買ったでしょう?ニットの下に忍ばせるTシャツ!ニットの下に長袖の白シャツを着ていましたが (あ・つ・い) Tシャツ良い!!!インするだけで女っぷりを発揮!「白Tシャツ」着回しテク4 いや~ファッションって奥深いですね… marisol 美女組 大ファンを公言しているわたくし… 記事を見るたび 「天才かよ!ほんと天才だよ!」連呼しています (独り言) もうちょっと 愛らしい独り言にしようと思います美女組No.178 伯のブログ
  • イギリス発のラグジュアリーショッピングサイトMATCHESFASHION(マッチズファッション)はウェディングやパーティシーンに向けたモダンドレスやアクセサリーなどをキュレーションする「The Wedding Selection(ウェディング・セレクション)」をローンチした。 Christopher Kane(クリストファー・ケイン)エクスクルーシブコレクションPhotographed by Trisha Ward, Styled by Will Johns ドレスやアクセサリー、小物、シューズやバッグ、ジュエリーなどウェディングやパーティでの装いを華やかに演出するアイテムが250ほど集結。 Philippa Craddock(フィリッパ クラドック)のヘッドドレス、Giles Deacon(ジャイルズ・ディーコン)のドレス Photographed by Eddie Wreyローンチを記念して、クリストファー・ケインやセシリー・バンセン、アーデム、モリー・ゴダール、パコラバンヌ、ロシャス、ジミーチュウなど有名デザイナーたちが特別に制作した、35を超える限定コレクションも登場する。 Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)のジャケット Photographed by Eddie Wrey一度限りではなくタイムレスに愛用できるアイテムが厳選されていて、ロエベやジルサンダー、ミュウミュウ、ザ・ロウに加えバットシェバ、ジャックムス、ケイトなどモードラバー注目ブランドも。シャルロット・シェネ、ロジェ・ヴィヴィエ、ソフィーブハイなどアクセサリーや小物も充実。年間を通じて常にラインナップはアップデートされるので、最新モードが楽しめる。 花嫁もゲストも使えるウェディング・セレクションは、モードラバーの強い見方になりそう! 早速チェックして誰ともかぶらない自分らしいスタイルでパーティシーンを楽しんで。 MATCHESFASHIONhttps://www.matchesfashion.com/jp/0800-919-1268(日本国内フリーダイヤル、日本語対応) 「The Wedding Selection」の詳細はこちらをチェック↓
  • 一緒に過ごす相手によって、また場所に合わせて、相応な大人であるためにマリソル世代が準備しているモノとは? さまざまな職種の女性たちの予定がある日の"バッグ&ポーチ"の中身を見せてもらいました! ※紹介するものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります 美女組No.155 ritsukoさん美女組No.155 ritsukoさん食品メーカーの宣伝担当。広告代理店などマスコミ業界との取引が多く、会食の機会もしばしばシーン:取引先主催の忘年会へ後輩たちと出席仕事モード、おしゃれモード。バッグ&ポーチはバランス感覚を大切に長い付き合いの取引先との会合の時ほど、立ち位置がむずかしい世代になりました(笑)。私がカチッとしすぎていると先方も後輩も気を遣うし、カジュアルすぎても仕事の会合としては不適切。【バッグの中身】ペリーコのファーのクラッチバッグで抜け感を出しつつ、中身は仕事モードで、バランス感を出しています。バッグの中身は仕事の話になった時にメモをするiPad(1)、スマホ(2)、名刺入れ(4)、財布(5)やキーケース(3)は小さめバッグに入るようコンパクトに。メイク直し用にブラシとリップライナーやアイブロウなどスティックタイプのコスメやグッズをケースに入れて(6)。フラミンゴのハンカチ(7)は遊び心(笑)。色合いもプラスできて、可愛くないですか!?【ポーチの中身】 コスメポーチとレスキューポーチの2個持ちにコスメポーチには、くすみをツヤっぽくしてくれる練り状コスメが中心。エトヴォスのハイライト(13)、トム フォード(10)やSUQQU(11)の口紅。リップクリームは、YSLのツヤ系(9)とセフォラで買ったマット系(12)。HACCIのハンドクリーム(8)とジョー マローンのボディクリーム(14)も。会合に必需品のレスキューポーチは、私以外が困った時にも重宝!中にはケガや靴ずれした時用の絆創膏(17)、ボタンが取れた時の裁縫道具(15)、汚れた時の服用シミ取り(18)、スマホなどのモバイルふき(16)が。【Marisol1月号2019年掲載】撮影/さとうしんすけ(物)構成・文/松井美千代
  • みんな大好きな白スニーカー、実は重くなりがちな冬の着こなしでこそ効力を発揮するんです。きちんと感のある「ベーシックスニーカー」はきれいめカジュアルスタイルの良きパートナーに。トレンドのニットレギンスにハイカットを合わせるひとテクにも注目。 【パンツ派はこう履く!】 旬度高めのニットレギンスは、白のハイカットでなじませて 着こなし幅を広げてくれるニットレギンス。ハイカットで足首をつないで、きちんと感と抜け感を手に入れて。スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ニット¥46000/セオリー ジレ¥76000/ebure レギンス¥18000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ネックレス¥13000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アントン ヒュニス) バッグ¥117000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) CONVERSE《コンバース》 不動の人気を誇る、白のオールスター。特に足首をカバーしてくれるハイカットは、この季節に欠かせない存在。¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【スカート派はこう履く!】 表情豊かなマキシ丈スカートは、ピンクをきかせた一足で軽やかに コットンのマキシスカートにスニーカーを合わせたきれいめカジュアルの王道スタイルも、スタンスミスのオーセンティックな存在感で大人っぽく着地。今年らしい落ち着いたトーンのボルドースカートからのぞく少量のベビーピンクが、可愛げを上乗せしてくれる。スニーカー¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) コート¥19900/プラステ スカート¥33000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) バッグ¥6000/エスケーパーズ(オープン エディションズ) adidas《アディダス》 スタンスミスの新色はなんともキュートなベビーピンク。重くなりがちな冬の装いに彩りを添える名脇役。¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森ユキオ〈ROI〉 スタイリスト/徳原文子 モデル/ヨンア 取材・原文/磯部安伽 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • 長くつき合っていける相手を見極めて  年間を通してパートナーシップに追い風が吹く2020年は、対人関係の幸運期と言っても過言ではありません。たとえば仕事なら、クライアントや外注先を単なる「相手会社」の扱いではなく「パートナー」として認める・認められる理想的な関係性を目指すことが可能でしょう。プライベートでは言うまでもありません。長くつき合っているカップルであれば、’20年中の結婚を踏まえてお互いのホンネを交わすようなシーンが出てきます。今は恋を探している途中という人であれば、結婚を意識するような素晴らしい出会いが期待できます。ぜひ楽しみにしていてください。ただ、先の全体運でも述べたように、出会う相手が100%いい人とは限りません。中にはそうでない人も混ざっているわけですが、自分がしっかりと大切にしたいと思う相手をひとりひとり、丁寧に選択することで、あなたに必要ない縁というものは自然に離れていきます。あなたはやさしい人ですが「ひどいことをされても、根はいい人だから」といったように、甘やかさないことも大事ですよ。本当に根がいい人というのは、あなたを大切にして、傷つけたり裏切ったりしないようできる限りの努力を惜しまない人です。あなたもちゃんと、わかっていますよね。  対人運にいい風が吹くのは2月後半から3月いっぱい。ここでの関係は実に刺激的で、お互いにあまり印象はよくないかもしれません。ただ、衝突を怖れることなくコミットすることで「戦友」のような関係にもなれるとき。恋愛では年間を通して好調ですが、モテ期といえば3月から4月頭、8月から9月上旬です。誰かから好意を寄せられることがあるかもしれません。11月下旬から12月半ばは、こちらから働きかけを行うことで運がよくなるときです。 >>2020年、“愛と情熱”の人間関係 by 真木あかり >>蟹座【6/22 — 7/22】2020年、全体運 by 真木あかり
  • 自分を見直すことになるターニングポイント  3月後半以降、対人関係において腰を据えて取り組むべき課題が持ち上がってきそうです。たとえば仕事におけるチームのマネジメント、クライアントとのやりとりといったものから、プライベートにおける恋人との関係性まで、責任と自覚を持って対峙する必要が出てくるのです。誰かから指摘や注意を受けることもありそうですが、多くの場合は「しっかりしなくちゃ」と、自分にストイックな努力を課すことになるのでしょう。これは7月頭まで続き、いったんお休みになったあと2020年末から本格的に取り組む課題であり、初夏から夏にかけて起こることは「始まりの始まり」なんですね。人によって起こることは異なりますが、仕事で部下の面倒を見ることになったり、裁量の幅が広がったりすることは多いはずです。責任は決して軽いものではないはずですが、避けて楽をしようとすれば年末以降、ガツンと逃げられない試練に見舞われるということも考えられます。逆に、しっかりと誠意を持って向き合えば、信頼を集めて「あの人はすごい人だ」「絶対ついていきたい」などと思われることもあるでしょう。カップル・夫婦間についても、甘えや依存はふたりの間に溝や歪みをつくります。ちょっぴり、気をつけていきたいところですね。  恋愛でも仕事でも盛り上がるのが1月。月末頃に出会った人とはいい関係性を築いていけるでしょう。4月から5月半ばもガツンとアツい風が吹きます。何事も積極的にコミットしてこそ得るものが大きい時期ですが、いかんせん情熱的になりすぎるきらいがあるのは少々心配。仕事ではあえて討論することが役に立つかもしれませんが、恋愛ではぶつからないように。9月、12月後半も恋は絶好調。 >>2020年、“愛と情熱”の人間関係 by 真木あかり >>獅子座【7/23 — 8/22】2020年、全体運 by 真木あかり
  • 思い込みをやめて心地よい愛を見つけていく  2020年の乙女座の人の対人運を語る上で、恋愛ははずせないテーマです。もちろん仕事その他の対人運が“スカ”というわけではなく、たとえば1月などはチームワークで力を発揮していけますし、3月中旬から4月上旬はたくさんの会話がカギとなって仕事が前に進みます。5月中旬から6月いっぱいは、クライアントや上司などとの衝突を「雨降って地固まる」結果にすることができます。こういういいこともあるのですが、やっぱり恋愛面で気になることが多い星回りです。  思えば’17年末あたりから、乙女座の人は恋愛において自分らしさを出せなかったり、素直に自分の意見を言えなかったりしていたのではないでしょうか。しんどかったでしょう、頑張ってきましたね。そうした状況は’20年12月半ばにはだんだん改善されていきますのでご安心を。向こう一年間、あなたが求めさえすれば、恋のチャンスはどんどん増やせます。ちょっと勇気が出にくいようであっても2月後半から3月いっぱい、5月半ばから6月いっぱいなら少々大胆な行動にも出られそうです。  今、パートナーとの間に解消しがたい悩みを持っている人であれば、5月半ばから9月半ばまでは現状の関係を見直す動きが出てきます。「このままどちらかが我慢を続ける」のではない未来を、模索していきたいところ。また、「いつもフラれて終わる」「大体浮気される」といった悲しいパターンを繰り返している人も、この時期がポイントに。  「つらい思いをしないと恋ではない」「頑張らないと愛されない」といった思い込みがあるのなら、「幸せになっていい」という方向に意識をシフトさせてみるとよさそうです。変な思い込みで、自分で自分に呪いをかけないようにしましょうね。 >>2020年、“愛と情熱”の人間関係 by 真木あかり >>乙女座【8/23 — 9/22】2020年、全体運 by 真木あかり
  • ぶつかることを恐れずに本気で立ち向かっていくべき  2020年の天秤座の人々にとっての対人関係のハイライトは、なんといっても6月28日から’21年1月7日までの長期にわたるホットな勢いでしょう。通常は1カ月半ほど続く運気が、’20年には半年間というイレギュラーな長さとなり、あなたの運気そのものにドラマティックな輝きをもたらしてくれるのです。仕事はもちろんのこと、恋愛におけるパートナーシップにも、両方に色濃く影響を及ぼすでしょう。  この時期は、単純に「対人関係でいいことがある」と思っていると当てがはずれるかもしれません。というのは、中庸やバランス、協調などを意識してこまやかに相手を慮る天秤座の人のコミュニケーションとは正反対の頑張りを求められるから。言いたいことは衝突を怖れずにガツンと言う、カッコ悪くてもプライドが傷ついても体当たりでぶつかっていく。そんな本気のやりとりこそが、この時期は求められていくのです。仮に「争うのは嫌だから無難にいこう」「自分さえ我慢すれば丸く収まる」的な発想だと、ただただ振り回されるだけで終わってしまうでしょう。  といっても、あなたがこういったテーマに立ち向かうのはこれが初めてではありません。おそらくは’11年から’19年にかけて、対人関係においてショッキングな体験を伴いつつ、自分の弱さやズルさとも向き合って成長してきたのではないでしょうか。今のあなたはもう、余裕で乗り越えられるはずです。誇りを忘れるな、と星は呼びかけています。怖くても大丈夫。だって’20年のあなたには、総合運のところで述べた「ホーム」があるから。たとえ悔しくて涙するような日があったとしても、帰るべき場所や人がいるのです。だから、ぶつかることを怖れずにいきましょう。 >>2020年、“愛と情熱”の人間関係 by 真木あかり >>天秤座【9/23 — 10/23】2020年、全体運 by 真木あかり
関連キーワード

RECOMMEND