11月の“買い足しアイテムのススメ”

FLAG SHOP Magazine

11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします!

本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・
持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ!

Demi-Luxe BEAMSのTraditional Weatherwear 別注コート インナーダウン 軽くて暖かい

Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税

シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。
アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪

Demi-Luxe BEAMSのTraditional Weatherwear 別注コート インナーダウン 軽くて暖かい
専用の収納袋付きなのも◎

 

コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・
存在感のあるバッグを1点投入!

A VACATION TANK ペイズリー柄 エディターズトートバッグ

 

A VACATION TANK ペイズリー柄 エディターズトートバッグ

A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税

コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。

 

ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・
ウールのショールやストールがおススメ

LAPUAN KANKURIT ラプアンカンクリ 大人気のポケットショール

LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税

室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!

 

タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・
ソックスを冬用に衣替え!

カプリコーンモヘアソックス あったか冬小物

CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税

イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。
水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪

私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!

 

少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。

 

 

関連記事
  • そろそろ春メイクが気になる頃ですが、みなさん春に向けて何かメイクアイテムは購入されましたか? 私は、春メイクにぴったりなパステルカラーのメイクアイテムも気になりますが、オールシーズン使える暖色系のアイパレットについつい手が伸びてしまいます。 そこで今回は、私が年明けに購入してから1月中に特に愛用したアイシャドウについてご紹介します。 ひと塗りで旬顔になれるのに、シーズン問わず1年中使えるアイシャドウなので必見です! 私が年明けに購入してからほぼ毎日愛用しているアイシャドウがこちら。 「ランコム イプノパレット 11 」というアイテムです。 2019年のBAILAベストコスメ座談会で、おさ旦那さんとナベ嬢さんが選出されていたアイシャドウです。 座談会では、"繊細マットな質感で、塗るなりしゃれるエビチリカラーをグラデに"と仰っていて、その言葉からテクスチャーも気になりましたし、エビチリカラーという独特な表現に惹かれて、ずっと気になっていたアイテムなんです! ▶︎ 「BAILAベストコスメ座談会」を詳しく見る 実際に肌にのせた時の色味はこちら。 暖色カラーで構成されたアイシャドウパレットで、オレンジやレンガ系のカラーがメインです。 今のシーズンはもちろん、色味や合わせるカラーを調整すればオールシーズン使えるところが嬉しいポイント。単色使いも可愛いですよね! 私は今季はブラウンカラーの洋服を着ることが多いので、コーディネートと合うように一番濃いオレンジ(*アイシャドウパレットの右から二番目)をメインに、目全体を囲うようにして使っています。 実際に使ってみてお気に入りのポイントが3つ。 1.とにかく発色が良くい2.二重に溜まらずにしっかりとフィットする3.単色使いもいける ランコムのイプノパレットは、昨年の7月に長時間高発色が続くようバージョンアップされたそう。 その処方のお陰か、時間が経ってもパキッとした発色が続き、二重幅にも堪らず1日中美しい目元を演出してくれます。 アイラインは引かずに、アイシャドウのカラーで目元を彩るメイクが好きなので、高発色&1日中続くのはとっても魅力的です。 「エビチリ色」と称される位、がっつりとしたカラーのアイシャドウをチョイスしましたが、ランコムのイプノパレットは全10種類あるので、ぜひ自分にぴったりのカラーを試してみてくださいね。 2020年は、1日中目元を彩る最強のアイシャドウパレットを手に入れましょう! ▶︎ instagramはコチラ
  • 上質なキャンバス地とヴォー・スウィフトの異素材を組み合わせた超軽量な「バーキン」カーゴが登場! ユニセックスで持てる新作は、取りはずし可能なカップホルダーもついた5ポケットの機能的なデザインが秀逸だ。クラフツマンシップを随所に感じる精巧なディテールは、オールレザー製の「バーキン」よりも約2倍の製作時間をかけて作られた賜物。バッグ〈H28×W35×D19〉¥2,750,000/エルメスジャポン(エルメス) リネンジャンプスーツ¥70,000/オーラリー (右)ザ・ロウを代表する「マルゴー」は、カーフレザーとキャンバス地のコンビネーションで爽やかにブラッシュアップ。バッグ〈H28×W38×D23〉¥317,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) (中)コットンキャンバスをレザーでトリミングした「アップタウン」はフロントポケットのポーチがクラッチに。バッグ〈H23×W23×D11〉¥239,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) (左)きめの細かいフレンチ・キャンバス地の「ショッピングバッグ」は、オールブラックならスタイルを選ばない。トートバッグ〈H35×W41×D14〉¥77,000/リュニフォーム トウキョウ(リュニフォーム) ブランドのアーカイブであるバンブーハンドルを採用したミニボックス型の「パドロック」。艶のあるブラックレザーで仕立てたフラップには、シャイニーゴールドトーンのクロージャーを用いエレガンスを底上げ。内側はスエードのような風合いのマイクロファイバーライニングを施し、どこか宝箱のような佇まいが可愛らしい。 バッグ〈H17×W24×D10〉¥315,000/グッチ ジャパン(グッチ) シャツ¥26,000・コート¥68,000/A.P.C. パンツ¥80,000/ブラミンク (右)アイコンバッグ「アワーグラス トップ ハンドル」が、トレンドのレオパード柄をまとって登場。バッグ〈H13×W19×D8〉¥158,000/バレンシアガ クライアントサービス(バレンシアガ) (中)モダンに進化するアメリカの老舗マーク クロス。ギンガムチェックとオーバル形がレトロな新作は、開けると鮮やかな赤いレザーが目に飛び込んでくる。バッグ〈H15×W22×D9.5〉¥338,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) (左)アーティスティックなマーブル刺しゅうの装飾がユニークな長方体のバニティバッグ。蓋の内側にはミラーが備わっている。バッグ〈H15×W12×D12〉¥310,000/三喜商事(オスカー デ ラ レンタ) >>パステルカラーバッグとデコラティブバッグ
  • (右上)構築的なフォルムに対して、ハンドペイントによる中央のラインが目を引く「アタッシェバッグ」に、ヘルシーなイエローカラーが仲間入り。バッグ〈H16×W20×D10〉¥215,000/マルニ 表参道(マルニ) (右下)蓋つきのバケットバッグはライラック色がセンシュアル。ライニングは濃いパープルという対比が心憎い。バッグ〈H17×W16×D16〉¥83,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) (左)パステルピンクを男性が持つ。そんな選択肢があってもいい。レザーの編み込みに、クラフツマンシップを感じて。バッグ〈H21×W17×D17〉¥205,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) プレスプリングコレクションで新登場の「BV ツイスト」は、ポエティックなブルーと、個性的なデザインでジェンダーの垣根を楽々と越える。ノット部分を手首にかけて、三角形の袋をクラッチ持ちすれば、底部にある開口部がスムースな位置にくるという仕掛けに脱帽。バッグ〈H48×W40×D16〉¥236,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) シャツ¥42,000・パンツ¥32,000/オーラリー ソックス/スタイリスト私物 トーマス・バーバリーのモノグラムをポイントに、細かなスタッズと大粒のクリスタルで装飾を施した「ローラ」。柔らかくなめしたラムレザーのソフトなシルエットに、光沢あるチェーンストラップを取り入れた逸品は、持つ人を既存の“らしさ”から解放し、男女を問わず、そのパンキッシュな内面をスタイリングに投影する。バッグ〈H13×W23×D6〉¥270,000(予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー) シャツ¥42,000・パンツ¥38,000/オーラリー (奥右)60年代のレトロなムードをフォルムに託した「ボーヴィヴィエ」。クリスタルのバックルが華やか。バッグ〈H15×W18.5×D5.5〉¥280,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) (奥左)アイコニックなガンチーニパターンをベースにオリエンタルな刺しゅうを施した「ボクシィズ」。工芸品のような美しさだ。バッグ〈H20×W22×D10〉¥270,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ) (手前)ラインストーンをちりばめたメッシュ風のバッグは、ハンドルのリングを操作して半球形シルエットにトランスフォームできるユニークな仕組み。バッグ〈H16×W23×D2〉¥97,000/アレキサンダー ワン >>鈴木仁とシェアバッグ 特集TOPへ
  • 【Rule】「ちょっぴり白」で軽さ出し着やせ 小面積で取り入れるだけでも、着こなしを途端に軽やかに見せてくれる白。服や小物、いろんなアイテムでトライして。 《ポイント白》 漂白されたような真っ白な小物を合わせてコーディネートに抜け感をプラス! どんな着こなしにも合う、これもポイント白のいいところ 想像以上にテイストや色を選ばず、着こなしにフィットしてくれる白の小物たち。一点取り入れるだけで、軽さ出しも洒落感もばっちり。新鮮な見た目で冬のマンネリにも効果的。ニット¥18000/ストラ パンツ¥33000/ブライト ライト(ライト) イヤリング¥31419/アビステ バッグ¥40000/エポイ本店(エポイ) 靴/スタイリスト私物 サドルのような左右非対称なフォルムがキャッチー。バッグ¥33000/T&L(トフ アンド ロードストーン) 足首側の履き口は伸縮性があり、履き心地も抜群。靴¥32000/ベイジュ(ピッピシック) ミニマムなデザインがモダンな印象をつくる。ベルト¥21000/ebure 部分的に取り入れられた黒のチェーンが端正な見た目のなかに遊び心を見せる。バッグ¥86000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • この冬は暖冬と耳にしますが、年々寒さに弱くなっているbuyer P子です。。あと数ヶ月我慢すれば春がくるのに何だか防寒アイテムばかり気になる! 今日は私のWISH LISTに入っているアイテムをおススメいたします。 暖かくて軽い、悪天候でも頼れるTHE NORTH FACEのブーツ THE NORTH FACE/WヌプシブーティウールVショート/¥13,000+税 ・暖かくて軽い、悪天候でも頼れるブーツ ・撥水加工を施した圧縮ウールを使用し、軽量で高い保温力を誇るサーモライト®エコメイドインサレーションを封入。 ・履き口が絞れる仕様も、隙間風を通しにくくうれしい。 一度履くと手放せない!真冬の味方アイテム「まるでこたつソックス」 靴下サプリ/まるでこたつソックス レディース/¥1,800+税 ・累計12000本以上を売り上げている大ヒットソックス!・足首のツボである三陰交を温熱刺激し、つま先から冷えを撃退。・年齢問わず、冬のギフトにも喜ばれること間違いなしです。 BRADELIS Meのヒップアップ設計の80デニールタイツ BRADELIS Me/ヒップアップミータイツ(80デニール)/¥1,800⇒¥1,090+税(40%OFF) ・丸みのあるきれいなヒップラインをつくるヒップUP設計の日本製タイツです。・光電子繊維をつま先、足裏に使用。自分の体温を利用して遠赤外線をふく射し、暖かさを保ちます。・足首からふくらはぎを段階的に引き締め、足のラインをスッキリ見せます。 シルク素材で安心の着心地 。伸び伸びで着心地抜群、la sakuraの冷え対策 la sakura/【la sakura(ラ サクラ)】シルク腹巻/¥2,400+税 ・リブ素材は伸びが良く、体型に合わせて程よくフィット。・脇接ぎのないシームレス仕様で快適な着心地です。両端に細いゴムを入れています。・シルク97%と高混率で敏感肌の方でも安心。伸縮性を考えて最低限のナイロン・ポリウレタンを使い、フィット感のある仕上がりになっています。 まだまだ冷えこみそうなこの季節。FLAG SHOPで是非チェックしてみてください~
  • GU 2020 Spring & Summer Collection "オシャレ"と"使える"を叶えるGU 今回も魅力的なアイテムが勢ぞろい! カラーコーデが楽しめそうな発色の綺麗なものや、 セットアップやジャケットなどお仕事コーデでも活躍してくれそうなものも。 ▶︎まず出迎えてくれたカラフルな春コーデ 入口からもうすでにわくわくする可愛さ… 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 30代でも着やすそうな淡いカラーやくすみカラーが豊富。 このイエローのスウェット。 厚みもあって裏起毛が温かそうだし気持ちいい◎ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 アウターなしで1枚で着て出かける時期が今から楽しみになるー! ミントのジャケットも可愛かった! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 春らしい色合いのワントーンコーデが迎えてくれました♡ ▶︎Sprig Collection 春の立ち上がりのコレクション。 まだ羽織りもちらほら。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 明るいカラーとライトな素材でスタイリングするのがトレンドだそう。 この軽やかで艶やかなスカートがタイプ! 色違いも可愛い♡ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 今年もトレンドな"ピスタチオカラー"はスタイリングのメインにくるアイテムで大胆に取り入れると、 今年っぽいスタイルになるそう! 合わせるものによって華やかな席や普段使いも出来そうなレースのワンピースや 小物も豊富で可愛い♡ 春のコーデにはホワイトの靴やバッグが相性良さそう。 春のアウター羽織ってみました! まずこちらのマネキンが着ていたマウンテンパーカ。 厚すぎず軽くて春先の羽織にはちょうど良さそう! ちょうどスカートと相性の良さそうだったブルー系の色をチョイス。 マネキンはインして着ていましたが、 出して着てみるとお尻も隠れるくらいの長めな丈感。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ¥3,990+税 春のアウター羽織ってみました!② 次はこちらのトレンチコート。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 てろんとした素材でゆったり着れます。 長めの丈なのでロングスカートをはいていてもちょうどよさそう! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ¥4,990+税 トレンチがこのお値段で手に入るなんて、さすがGU! ベージュは持っているので普段なかなか選ばないカラートレンチを買うのもいいな♡ ▶︎Summer Collection 夏はワンピースを様々なスタイリングで楽しむ!がテーマ。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 シャツワンピースは羽織りとしても、 Tシャツワンピースはボトムスと合わせて、など。 バリエーション豊富なスタイリングを。 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 かぎ編みアイテムを取り入れての西海岸の明るくカジュアルなスタイルを楽しむのもいいですね♡ この赤いスカート、¥1,990+税とびっくりなお値段。 本当に可愛くておすすめ! 夏は透け感のあるシアー素材を インナーはプラフィールやキャミソールを使い、地肌が少しだけ透けるようなライトな素材を取り入れるのもトレンドだそう! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ゆるっとしたパンツと相性が良さそうなシャツ。 ラフなスタイルでもこのシアー感が女性らしさをプラスしてくれそう! ¥1,990+税 アクセサリーもGUのもの。 とても可愛かった! 夏はゴールドが映えそうですね♡ ▶︎次回は大人ラインやメンズも 長くなってしまうので第一弾はここまで! 次回はセットアップやオールインワン、 仕事にも着ていけそうな大人ライン。 コラボアイテムも豊富だったメンズラインも紹介させていただきます! また更新します♡ Instagram
  • A.P.C.が「インタラクション」の一環として、カーハート WIPとコラボレートしたカプセルコレクションを、両ブランドのストアとオンラインショップにて発売中だ。「インタラクション」コレクションは、A.P.C.の友人たちがコレクションを独自の観点から解釈し、対話を通して制作していく限定コレクションとなっている。 カーハート WIPとのコラボレーションはこれで5回目。今回はカーハート WIPのアイコニックなアイテムに焦点を当て、それらをA.P.C.が再解釈した。カーハート WIPを象徴する「C」のロゴを、A.P.C.のロゴに組み込むなど、それぞれのアイデンティティを感じられるコレクションとなっている。  (左より)CASQUETTE CARHARTT ¥15,000、TOTE CARHARTT(H30.5×W37×D8cm)¥13,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス例えば、頑丈なキャンバス生地素材を使用したクラシカルなMichigan Chore Coat(ミシガン チョアコート)は、軽めのキャンバス生地になって登場。また、Tシャツやスウェットシャツ、パーカはカーキグリーン、ブルー、グレーなどのカラーパレットで、ユニセックス仕様で展開する。定番のカーハート WIPビーニー帽は、カシミヤを混紡したアイテムに生まれ変わり、こちらも今の季節のマストアイテムとなりそう。 (左より)ROBE AURELIA ¥35,000、HOODIE STASH F ¥26,000/アー・ペー・セー カスタマーサービスほかにウエストバック、トートバッグ、バックパッグ、ウォレット、キャップなどの各アイテムには共通のロゴがあしらわれており、このコレクションならではの特別なラインナップに。さらに2パターンのブレスレットオプション(ブラックまたはカーキ)が選べる腕時計も見逃せない。キャンペーンビジュアルはフォトグラファーのMatteo Montanari(マッテオ・モンタナーリ)が手がけ、A.P.C.とカーハート WIPのスタッフがモデルを務めたという。両ブランドの魅力がたっぷり詰まったコレクションは要チェック! マッテオ・モンタナーリによるキャンペーンビジュアルアー・ペー・セー カスタマーサービスhttp://WWW.APCJP.COM 0120-500-990 カーハート WIP ストア トーキョー03-3402-9810text: Fuyuko Tsuji ⇩「A.P.C.×カーハート WIP」のカプセルコレクションのラインナップをチェック!
  • 昔からフープピアスに目がない。多分2000年代初めのジェニファー・ロペスに影響されたのだろう。スタッズピアスでも、ドロップピアスでもなく、フープピアスが好きなのだ。 しかし、定番だからこそ、合わせ方に差が出るのが難点だ。ともすれば、80年代を引きずっている時代錯誤なスタイリングになりかねない。大胆で、グラマラスで、それでいて洗練されたフープピアスはないものか。 そんなことを考えながらネットサーフィンしていたら、ついに見つけた。ピアジェの “ポセション” だ。“ポセション” といえば、ピアジェを代表するアイコンジュエリー。リングの外周がクルクルと回る、あのシリーズだ。 通常のフープピアスと異なり、球体のモチーフ部分を横から差し込むため、安定感が高いほか、360度どこから見ても美しく見えるのも魅力。しかも外周にわずかにひねりが加えられており、キャッチの反対側は耳の後ろに来る。このツイストがかなりいい仕事をしていて、シンプルなデザインをぐっとプレイフルに見せてくれる。 イヤリング〈PG、ダイヤモンド〉¥396,000ピアジェ コンタクトセンターhttps://www.piaget.jp/0120-73-1874 art work: Tomohiro Muramatsu〈Sekikawa Office〉 text:Shunsuke Okabe
関連キーワード

RECOMMEND