\お得にGET/【E by eclat】タイムセール開催中!! 10/23(水)13:59まで!

FLAG SHOP Magazine

【E by eclat】期間限定タイムセール開催中!!
10/18(金)10:00~10/23(水)13:59まで

お待たせしました!人気アイテムがお得に買えるチャンスです!
気温も下がり本格的な秋到来!気になる羽織やニットもタイムセールで賢くGETして下さい!
数に限りがありますので、お早めにチェックして下さいね♪

E by eclat/ とろみ素材トレンチコート/¥36,000→¥18,000(50%OFF)

E by eclat/ とろみ素材トレンチコート/¥36,000→¥18,000(50%OFF)
さらっと羽織る上品とろみトレンチ。
落ち感のある優しい素材感なので、ロングカーディガンのように気軽に着られるのがポイント。
気温の変化が気になるこの時期に重宝すること間違いなし!

 

E by eclat/ ざっくりニットチュニック/¥16,000→¥12,800+税(20%OFF)

E by eclat /ざっくりニットチュニック/¥16,000→¥12,800+税(20%OFF)
柔らかな着心地のカジュアルニット。
特徴的な編地変化の切替を入れることで、体型カバーを実現!
細身のパンツにもフレアスカートにも合わせられます♪

E by eclat /腰高センターシームパンツ/¥17,000→¥13,600+税(20%OFF)

E by eclat /腰高センターシームパンツ/¥17,000→¥13,600+税(20%OFF)
おなかと腰まわりはゆとりをもたせつつ、膝下はスッキリ見える絶妙なシルエット。
高めにマークしたウエストから裾まで縦ラインを強調するセンターシームで、腰高&脚長に!

E by eclat /大人のコクーンパーカ/¥18,000→ ¥16,200+税(10%OFF)

E by eclat /大人のコクーンパーカ/¥18,000→ ¥16,200+税(10%OFF)
ボンディング素材が袖と身頃のふんわり感とコクーンシルエットを演出!
程よい厚みで風を通さず暖か。タウンユースにもデイリーユースにも活躍できます!

【E by eclat】タイムセール一覧はこちらから

関連記事
  • 買うなら今!10%OFFでお得に買える無印良品週間は25日までこんにちは(^_^) ともみゆです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 先日、無印良品でとても素敵な商品を見つけたので皆さんにご紹介したいと思います。 無印良品 ヤク混ウール クルーネックセーター 3,990円(税込) 写真左から モカブラウン、ダークモカブラウン コートのインナーに着られる薄手のクルーネックセーターを探していました。 この商品は厚みはそんなにないのに、ふわっと軽く暖かです。 ヤクという動物の毛とウールの混合になっています。 素材はもちろんのこと、私が惹かれたのは色の絶妙さ! モカブラウンもダークモカブラウンも今年流行りのブラウンでなんとも言えないニュアンスカラー。 特にダークモカブラウンはヤクの原毛そのままの色を生かしているそう。 あたたかみのある素敵な色です。今はこのようにトレンチコートのインナーとして活躍してます。 ただいま無印良品週間で、10%OFFでお得に買うことができます。 ご興味のある方はぜひご覧になってみてくださいね^_^ それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました。美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • Demi-Luxe BEAMSがアウターフェア開催中!対象品がすべて10%OFFに! 定番アウターから今年らしいアイテムまで、豊富なラインナップをご用意。 今、本命の1着を見つけてください! ■こなれたスタイリングが叶うシャツ型コート Demi-Luxe BEAMS/ライトメルトン コート/¥34,000⇒¥30,600+税(10%OFF) ・ドライな質感のライトメルトンを使用したシャツ型コート ・程良くゆったりとしたサイジングで抜け感を演出 ・立体的なポケットや配色ステッチを施した共布ベルトなど、細部にこだわりが光る1枚 ・季節の変わり目に嬉しい軽い着用感が魅力 ・ウエストをベルトでマークしたメリハリのある着こなしがおすすめ ■人気モデルを今年らしいサイズにアップデート Demi-Luxe BEAMS/チェスター オーバーコート/¥45,000⇒¥40,500+税(10%OFF) ・二重織りのメルトン素材で仕立てたチェスターコート ・繊細で高品質なウール“スーパー100’S”の使用で暖かく軽やかな仕上がりに ・インナーに厚手のニットを着込めるゆったりとしたサイズ感 ・ストレッチの効いた裏地付きで快適な着心地 ・シンプルなデザインは通勤スタイルからプライベートまで幅広く活躍 ■エレガントに着こなせるショート丈ダウン Demi-Luxe BEAMS/FOXファー ショートダウン/¥42,000⇒¥37,800+税(10%OFF) ・イタリアの有名なファブリックメーカー、リモンタ社製のダウンを使用 ・光沢感のある生地は、しなやかな手触りと相まって高級感のある表情に ・ウエストラインを程良く絞った女性らしいシルエットが特徴 ・表、裏地共にストレッチ素材を使用しストレスフリーな着心地を実現 ・袖口にはリブを配し風の侵入をシャットアウト! ・ゴールドで統一された金属パーツは上品でありながら華やか ・ファーとフードは取り外し可能 ■カーディガン感覚で羽織れる軽さが魅力 Demi-Luxe BEAMS/リバー フードコート/¥59,000⇒¥53,100+税(10%OFF) ・裏地のチェック柄と大きめのフードが印象的 ・上質な“スーパー100’S”ウールを使用 ・表側は起毛感を出しソフトで柔らかな風合いに ・裏地のない軽量コートながら二重織のリバー仕立てで防寒性も兼備 ・リラックス感のあるオーバーシルエットが今年らしい1着   今期一押しのアウターをこちらにもご用意しています! 是非チェックしてみてくださいね~。
  • アラフォーらしくトレンド感を取り入れた、2019年秋冬の最旬お出かけコーディネートを、シーン別にお届けします!【目次】 ①秋冬の休日コーデ:デート編 ②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編 ③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編①秋冬の休日コーデ:パートナーとデート編■チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデパートナーと銀座で買い物デートチェックジャケット×すそ揺れスカートの華やぎを盛る。働く日の定番、硬派な印象のグレンチェックのシングルジャケット。立体プリーツのミディスカートが、さっそうと歩く姿に優しい曲線美を添えてくれる。足もとはショートブーツで今どき感を。 ジャケット¥125,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥30,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ブーツ¥143,000/ジミー チュウ バッグ¥465,000/モワナ  メゾン GINZA SIX(モワナ) ピアス¥32,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ブレスレッ¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール)▶チェックジャケットプリーツスカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデパートナーとラグジュアリーホテルでランチデートヴィンテージ調のクラシカルな柄もラペルなしジャケットでモダンな表情に。アラフォーともなるとジャケットの素材感にはこだわりを持ちたいもの。イタリア製の高級素材を使用し、ストレッチ性のあるラペルなしジャケットは、そのモダンさゆえONからOFFまで幅広く使えそうな一枚。ヴィンテージ調の柄スカートも、ほどよいハリとツヤのある美人ジャケットとなら、全体が凛とした表情に。ジャケット¥47,000/デ・プレ ニット¥29,000/ebure スカート¥21,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥヌーヴ) バッグ¥36,000/TOMORROWLAND(カルボッティ) 靴¥27,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶ジャケット×タートルネックニット×柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×ワンピースの休日コーデパートナーと映画デート チェックジャケット×きれい色ワンピの女っぷりに頼る。ダブルテーラードのクラシカルな存在感に、大人の可愛げを足してくれるのは、ワンピースの直球な女らしさ、華やかさ。いつものカーディガンに代わって、チェックのジャケットをサラリと。このハンサムMIXなバランス感が、この秋アラフォーがたどりつきたい女っぽさ。色を淡くまとめれば、さらにフェミニンが加速。ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥49,000/ebure バッグ¥175,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)▶ジャケット×ワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×パンツの休日コーデパートナーと青山界隈を散歩デート たっぷりと量感のあるガウンコートを、太めのベルトでウエストマークしてゆるっと着こなす。大人の女性ならではのリラックスムードを、しなやかかつ上質なコートで表現したい。ベースはトレンチ型でも、ドロップショルダーや太めの袖など、旬を感じさせるディテールが随所に。コート¥59,000(カオス)・ピアス¥34,800(フェイ アンドラダ)/カオス丸の内 ニット¥34,000/フラッパーズ(エンリカ) パンツ¥24,000/ロンハーマン(エブール フォーロンハーマン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) パンプス¥48,000/アマン(ペリーコ)▶コート×ニット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×タイトスカートの休日コーデパートナーとカフェ巡りデート ペールトーンの配色に素材感のミックスで奥行きも。マットなスエード調のタイトスカートに透け感のあるニットを選択。ベージュとピンクの淡い色合わせには、素材のミックスでさりげなくメリハリをつけてみるのもひとつの手。ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ) ▶ニット×チェック柄スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ボリュームブラウス×パンツの休日コーデパートナーとBARデート 主役級ブラウスをスマートに引き立てて。ボリュームブラウスを華やかに見せる名脇役として活躍。端正な黒だから、カラートップスともしっくりなじみコーデを引き締めてくれる。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥16,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥145,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥64,000(ペリーコ)・ピアス¥23,000(アンセム フォー ザ センセズ)/アマン ▶ボリュームブラウス×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ワンピース×スカーフの休日コーデパートナーと美術館デート マニッシュなオーバーコートも、タイトな黒ワンピでぐぐっと女らしく。すらりと細長いマキシ丈の黒ニットワンピースはスリット入りで、歩くたびにちらりとのぞく脚もフェミニン。インをロング&リーンにすることで、オーバーサイズのコートやブーツを合わせたコーデもマニッシュになりすぎず、どこか色っぽい雰囲気に。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥34,000/CABaN Daikanyama(CABaN) ピアス¥22,000/フレームワーク 自由が丘店(ロマニン) スカーフ¥49,000/フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バングル¥39,000/アパルトモン 神戸店(マラ カリーゾ スカリス) バッグ¥179,000/ジミー チュウ 靴¥68,000/パラブーツ青山店(パラブーツ)▶コート×ワンピース×スカーフの休日コーデ 詳細はこちら②秋冬の休日コーデ:お出かけ/きれいめ編■ワークジャケット×スカートの休日コーデ女友達とウィンドウショッピング 女心をひきつける"可愛い"ピンクをワークジャケットで中和。誰もが見た瞬間心を奪われるきれいなピンクのスカートをメンズライクなワークジャケット&黒小物と合わせ、女らしいだけじゃない、かっこよさもある女性像に導いて。カジュアルになりすぎないよう靴とバッグはきれいめなものをセレクト。大人の上品さはしっかりキープしたい。スカート¥90,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ジャケット¥8,800/フレームワーク 自由が丘店(ロスコ) ニット¥38,000/オーラリー サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥65,000/ビームス ハウス 丸の内(エーティーピーアトリエ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)▶ワークジャケット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■ジャケット×パンツの休日コーデ大学の同窓会 チェックジャケット×クロップドパンツで都会的な色気を仕込む。マスキュリンなブラウンチェックジャケットは、ハイウエストパンツのすそから華奢な足首をのぞかせ、色っぽく攻略。パールやパンプスなど、小物でギャップを仕込めば女っぷりは最高潮に。ジャケット¥42,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー  イエナ) ニット¥24,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥26,000/アマン(ベルウィッチ) パンプス¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥58,000/レリタージュ マルティニーク(エレナ ギゼリーニ) ネックレス¥27,000・イニシャルチャーム¥15,000・クリスタルチャーム¥5,000/シジェーム ギンザ(ルル フロスト▶ジャケット×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ女友達と新しくできたショッピングモールへ 二の足を踏むなら黒一択。小物使いでレディな華を。シルク混のモヘアニット×フェイクレザースカート。艶のある素材や温かみのある白を加えて、オールブラックをより表情豊かに。ニット¥34,000/スーパーエーマーケット(リアー) スカート¥18,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) スカーフ¥14,000/デ・プレ(アネ) イヤリング¥17,500・時計¥12,500/アビステ バッグ¥22,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥31,000/F.E.N. (プリティ・バレリーナ)▶モヘアニット×フェイクレザーの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×チェック柄パンツの休日コーデ女友達とオープンテラスでランチ 鎖骨見せニットでヘルシーに肌見せ。ほっこりしがちなニットとのワンツーコーデも、深Vネックで抜け感をメイクするだけでぐっとあかぬける。ハンサムなグレー×ブルーのダブルチェック柄パンツとシックなグリーンの配色で、こびない色っぽさを演出して。ハットやファーで旬も意識。パンツ¥42,000/ebure ニット¥95,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンプス¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) バッグ¥10,000/エリオポール代官山(ヘレン ムーア) 帽子¥35,000(クライド)・バングル¥16,000(フィリップ オーディベール)/プラージュ 代官山店 ▶ニット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ニット×ツイードパンツの休日コーデ女友達とファッションイベントへ ツイードとおじ靴のマニッシュスタイルにこっくりレッドで華やぎを。ブラウン感覚で使える合わせやすさを持ちながら、確実に女っぷりを底上げしてくれるこっくりレッドをシンプルなニットで投入。パールでほんのりクラシカルなムードも添えて。ニット¥73,000(ドゥロワー)・靴¥159,000(エドワード・グリーン)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥26,000/エイチ ビューティ&ユース 帽子¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥43,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ▶ニット×ツイードパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×パンツの休日コーデ女友達と器を探しに益子へ 若々しく軽快なタータンチェックのスラックスには、ノーブルな女っぷりを盛るのが今年の正解。例えば、ノーカラーアウターの気品や、タートルネックのレトロ可愛さ。リラクシーな大人の余裕を感じるスタイリングに。パンツ¥40,000/ピーティージャパン(ピーティーゼロウーノ) コート¥145,000/マディソンブルー ニット¥24,000/スローン パンプス¥27,000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥84,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) ネックレス¥15,000/カレンソロジー青山(ソコ) ▶コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデお母さんと丸の内で買い物 ベルトつきアウターでくびれをコンシャス。オールドライクな茶チェックは、ベルトつきCPOジャケットで辛口フェミニンにスタイリング。シルエットのメリハリで洗練見えがかなう。パンツ自体もなめらかなセンターシームの女前デザイン。パンツ¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ジャケット¥29,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) カットソー¥10,000(イウエン マトフ)・バッグ¥39,000(ア バケーション)/ユナイテッドアローズ 青山  ウィメンズストア シューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) ピアス¥15,000/essence of ANAY(I アデル ビジュー)▶ベルトつきCPOジャケット×チェック柄パンツの休日コーデ 詳細はこちら■フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ女友達と箱根に日帰り旅行 フードつきのワークジャケットでドットをスポーティにシフト。丈が短めで、ロングスカートとのバランスもとりやすい。上半身を黒でまとめて上品に。ジャケット¥46,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥57,000(AGMES)・バングル¥400,000(マルコムベッツ)/バーニーズ ニューヨーク バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー) ▶フードつきワークジャケット×ドット柄ロングスカートの休日コーデ 詳細はこちら③秋冬の休日コーデ:お出かけ/カジュアル編■ダウンコートニットワンピースの休日コーデ家族と温泉旅行 前立ての部分に取りはずし可能なインナーがついており、ショート丈ダウンとレイヤードしているように見える。ライトカラーならハードになりすぎず、デイリースタイルにマッチ。女性らしくダウンを着こなすことができる。コート¥198,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニットワンピース¥54,000/サザビーリーグ(デミリー) ピアス¥12,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) メガネ¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥39,000/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) シューズ¥21,000/カレンソロジー青山(カットワース)▶ダウンコートニットワンピースの休日コーデ 詳細はこちら■フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデパートナーと紅葉狩り しっかり編まれたハリ感のあるニットが美シルエットを実現。タフで肉厚なニット素材は、まるでスウェットのような質感。フードは二枚仕立てになっているのでしっかりと立ち上がり、横顔も美しく決まる。フーディ¥17,000/ミラク(ソーノ) コート¥80,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) パンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥123,000/モールド(チノ×ザンケッティ) 靴¥12,000/カレンソロジー青山(コンバース) ▶フーディスウェット×コート×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■ブルゾン×パンツの休日コーデ同僚たちとスポーツ観戦 濃色ブルゾンでスポーティに。パンツ自体がきれいめだから、カジュアルなはおりを合わせても女っぽさをキープできる。パンツ¥21,000/スタニングルアー青山店(スタニングルアー) カットソー¥6,800/スローン ブルゾン¥30,000/エストネーション(エストネーション) バッグ(梅田阪急先行発売)¥46,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥24,000/サンスペル 表参道店(ウォルシュ) ピアス¥12,700/シップス 渋谷店(オンブルクレール)▶ブルゾン×パンツの休日コーデ 詳細はこちら■コート×ニット×スカートの休日コーデパートナーとイルミネーション鑑賞 本気のダウンを街で着るなら、フェミニンアイテムとのミックスコーデが鉄則。繊細なレーススカートとダウンとの対比が、着る人の女性らしさをきわだたせる。コート(ロゴの位置、サイズ変更予定)¥112,000/F.E.N(. デュベティカ) ニット¥31,000/スローン スカート¥45,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ロイドフォード) ピアス¥29,400/プリュイトウキョウ(プリュイ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) ブーツ¥115,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶コート×ニット×スカートの休日コーデ 詳細はこちら■フーディニット×パンツの休日コーデ妹と鎌倉までドライブ 着るだけでサマになるこなれ感たっぷりのビッグシルエット。地厚なニットを使用。腰まわりがすっぽり隠れる着丈長めの一着はスマートなボトムですっきりと。 フーディ¥32,000/ショールーム セッション(アダワス) 中に着たシャツ¥19,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) バッグ¥148,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) ピアス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(シャーロット レベック) ローファー(WEB限定)¥17,800/ベイクルーズカスタマーサポート(アルテサノス/ジャーナル スタンダード)▶フーディニットパンツの休日コーデ 詳細はこちら■コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ山梨のワイナリー見学へ コーデュロイシャツでカジュアルダウン。ビッグシャツのゆるっとした雰囲気も受け止め、スッキリ見せる万能な一本。パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) トップス¥10,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) シャツ¥25,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥13,800/フラッパーズ(マルシェ) 靴¥72,000/エイチ ビューティ&ユース(クレジュリー) ピアス¥21,000/デミルクス ビームス 新宿(マリア ブラック) ▶コーデュロイシャツ×パンツの休日コーデ 詳細はこちら
  • 先日恵比寿で友人とランチをしてきました。 お店は西口から徒歩7分くらいのところにあります、CAFE GITANE NEW YORK発祥のカフェレストラン。 店内もポップでお洒落でした! メニューも豊富で、 パンケーキや、アサイボール パスタ、ハンバーガーなどなど… 私はガパオライスを頼みました 辛いもの好きなので、 チリソースをかけていただきました 美味しかったです^^ この日のコーデは 毎年お世話になってますUNIQLOのタートルネック!! 今季沢山着用しているお気に入りの ロングカーディガンを羽織って… コーデュロイのワイドパンツで 全体をブラウンで合わせてみました。 また更新します〜〜 Instagramもよかったら
  • マットリップが主役美人っぽ顔にチャレンジ♡ non-noカワイイ選抜 No.49 宇佐神星 さんカーディガン¥2769/Isn’t She? イヤリング¥15000・ネックレス¥15000/ete「深赤リップを選べば大人っぽくなれますか?」▼ ▼優しげリップで支持率UP!仕事の悩み相談も笑顔で聞いてくれそう(26歳・広告) 落ち着いた"大人の女性"感。つい甘えたくなる雰囲気!(28歳・医療系) 大人っぽくて優しそうで、今、一番彼女にしたい顔!(27歳・IT系) 支持率UPしてみて… 美人顔=濃い色リップというイメージが強かったけど、 優しげなモーヴピンクをほわっと塗るだけで大人っぽさを高められると発見。目元はアイラインしか使っていないのに、ちゃんと大きく見えるのもスゴイ! by宇佐神さん ▶「マットリップが主役美人っぽ顔 」メイクHow toはコチラ20代社会人男子にモテるのは、このメイク!【令和の彼女にしたい顔】ナチュラルなだけじゃ物足りない。可愛さはしっかり盛りつつ、モテのツボも押さえた最新&最強のメイクで支持率アップを狙っていこう♡撮影/峠雄三(モデル) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/ミク 構成・原文/浦安真利子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • のっぺり見えてバランスを取るのがむずかしいと敬遠しがちなニットセットアップを素敵にこなれさせるコーデテクをご紹介 ニットセットアップをこなれさせるテク5ポイント1:同系色のストールでニュアンス足しケープのようにゆったりとはおって縦ラインも意識 ゆるやかなクルーネックのミドルゲージニット×ゆとりのあるシルエットのパンツ。肉厚すぎないから、着やすいのが魅力。ストールはセットアップの色を拾うのが鉄則。ニット¥20,000・パンツ¥21,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) ストール¥62,000/ドレステリア 銀座店(ジョンストンズ) メガネ¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥3,000/アビステ 時計¥70,000/ボームカスタマーセンター(ボーム) バッグ¥25,000/アンティット(MARCO MASI) ポイント2:旬のパイソン柄で足もとを引き締める辛口モードな女性が選ぶアースカラーとアニマル柄 Vあきのカーディガンとロングスカートは体にほどよく沿うリブニット。ピリッときかせたパイソンと、Vあきの肌見せで、全身カーキも女らしく。カーディガン¥20,000・スカート¥26,000/デ・プレ(デ・プレ) ピアス¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥19,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥37,000/ツル バイ マリコ オイカワポイント3:ロングネックレスを加えてNOTのっぺりタンカラーのバルキーニットにモダンなセンスをひとつ カシミアブレンドのバルキーニットはフレアスリーブがつくる女らしさを楽しみたい一枚。体の線を拾わないロングタイトスカートと秋らしいムードを。胸もとのロングネックレスとともに、黒小物で引き締めているのもポイント。鮮度の高いタン×ブラックの潔い組み合わせでスタイリッシュにあかぬける。ニット¥23,000・スカート¥21,000・ネックレス¥6,000/オンワード樫山(23区) バッグ¥48,000/ノーブル コレド日本橋店(マージ シャーウッド) ポイント4:パンツタイプは腰まわりが隠れる丈をオフタートルニット×パンツ。上下のゲージを変えるのも手 パンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ ポイント5:ボディバッグのメリハリ効果を活用黒の洗練力ですっきりこなれカジュアル ニットは一枚で着られる絶妙な深さのVあき。濃色だからパンツもトライしやすく、ボディバッグの視覚効果で好バランス。ニット¥23,000・パンツ¥25,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ターバン¥7,800/エイチ ビューティ&ユース(ラ メゾン ド リリス) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥15,000/ノーブル コレド日本橋店(メゾン ボワネ) バッグ¥32,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥6,000/アンティット(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子
  • ほくろが大きくなってきたり、体にイボができたり……。アラフィー世代になるとなぜか増えるのが“できもの”。この正体は? 治療法は? 気になる疑問や悩みに、専門医がアンサー。このごろ増えたと感じる人、急増中!読者のリアルなできもの事情【鼻の横】鼻の横(メガネの鼻パッドの当たるあたり)に、イボなのか、脂肪のかたまりのできものらしきものがあります。メガネをかけたときに違和感があって、よーく見たら突起したものが、大きくなってきてメガネをかけると痛いです。目が悪いので拡大鏡を購入して首を見たら、小さなイボの集団が……! 恐ろしや老眼^_^;。(53歳・主婦) 【肘】10年くらい前に肘にこぶみたいなのがたくさんできて、切って、生検に回してもらいました。(55歳・主婦)  【首】首……昔は何もなかったのにクリームを塗るときに何か引っかかりがあり小さなイボができているのに気がつきました。色ムラがあってシミなのか消えるものなのかわかりません。(53歳・主婦)【ビキニライン】ビキニラインにあるほくろが気になります。脱毛してから出現しました。3㎜くらいで大きさは変わらないのですが、3Dシールのようにポコッとしています。(46歳・会社員)【眉】以前から眉毛の中にイボがあります。大きくなったり、小さくなったりします。イボの部分は毛が生えないため、大きくなったときは白くボコッとして、わかります。小さいときは、触っても、あるのかないのかわからないくらいです。(49歳・主婦)【足裏】足裏に違和感があり見てみたら、皮膚の中に小さな膨らみが。病院でレントゲンを撮ってもらったところ、おそらく脂肪か水かなにかがたまったものであろうとのこと。「大きくなってきたらまた来て」といわれ、様子を見ることに。数年たちますが、大きさは変わらずです。(46歳・会社員)【目の下】目の下に白い膨らみができて気になります。目のところなので眼科なのか皮膚科なのかわからない。(年齢不明・主婦) 【わき】右わきにポコッとしたできものがあるのに気がつきました。ほくろかなと思ったけれど、色は薄いし……。とりあえず放っておいています。(50歳・フリーランス)【腕】腕の真ん中あたりにこぶのようなものがあります。痛くもないのでそのままにしていますが、夏などは目立つので、バングルをしたりして隠しています。(52歳・会社員)【背中】背中にずっとできものがあり、ブラジャーをとめる場所にあるので、すごく気になっていました。病院で相談したところ、万が一悪性だといけないのでといわれ、手術をしてとりました。悪性ではなかったので、ホッとしました。(54歳・自営業)  良性のものが多いが、皮膚がんの可能性もあるので要注意お話をうかがったのは…銀座ケイスキンクリニック 慶田朋子先生銀座ケイスキンクリニック 慶田朋子先生医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。皮膚疾患から美容皮膚科まで幅広く診療。著書『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)が話題。日本医科大学武蔵小杉病院 桑原大彰先生日本医科大学武蔵小杉病院 桑原大彰先生日本医科大学形成外科講師。医学博士。形成外科専門医。フィンランドにて皮膚腫瘍や軟部腫瘍の再建を学び、帰国後現職。現在、同病院形成外科にて皮膚腫瘍外来を担当。エクラ読者にアンケート調査をしたところ、上記のように多くの人が“できもの”が気になっていることが判明。年齢を重ねるにつれ、できものができやすくなる理由とは? 「できものといっても非常に多くの種類があります。黒や茶色のもの、赤いもの、肌色のものと色もさまざまで、大きさも1〜2㎜ほどの小さなものから、20㎝ほどの大きなものまであります。また、どこからできているかもいろいろで、毛穴由来のもの、皮脂腺由来のもの、母斑(ほくろ)由来のもの、表皮由来のものなどさまざまな種類があります。加齢によって増えてくるように感じるのは、できものはゆっくりと育つものが多く、年齢を重ねると目立ってくるからです。ほくろもゆっくりと育っていくことが多いですし、脂漏性角化症という老人性イボのように紫外線の影響で発生するものも、加齢とともにしだいに濃くなり目立ってきます。こういった理由からエクラ世代になるとできものが気になりだす人が多いのです」(慶田朋子先生) とはいえ大半の人は、できものを放置している様子。これって大丈夫? 「ほとんどの場合は良性のもので簡単な治療ですむものが多いのですが、まれに皮膚がんの場合もあるので注意が必要です。また、見た目的に気になる場合も小さいうちに治療をしたほうが傷あとが小さくてすむという利点があります」(桑原大彰先生) ただし、“何科に行けばいいかよくわからない”という声も多数。 「基本的に、皮膚表面にあり、触ることができるできものは皮膚科、皮膚の下にできているものは形成外科へ行きましょう。いずれにしろ、できものの種類の診断は熟練した医師でないとむずかしいので自己判断は禁物。皮膚科や形成外科できれいに治せるものが多いので気になる場合は受診を」(慶田先生)>>できもの 記事一覧はこちら取材・原文/和田美穂 イラスト/かくたりかこ ※エクラ2019年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND