【2019年夏】ワンピースにプラス1アイテムで夏のオシャレを楽しみませんか?

FLAG SHOP Magazine

2019年の夏は、ワンピースが豊富に揃うチャンス!
一枚はもちろん、レギンスやパンツとのレイヤードスタイルを楽しんだり、バッグやアクセサリーなどの夏小物をプラスししたりと楽しみ方は様々♪
普段は着ないきれい色も、夏なら挑戦できてしまったりもしますよね。

今日は、そんな夏に向けて「ワンピース」とワンピースコーデを楽しむための「プラス1アイテム」をご紹介していきます!!

 

 \華やかさとスタイルUPが叶う上品ワンピース/

N. Natural Beauty Basic*/コットンローンハイウエストシャーリングワンピース/¥9,500+税

N. Natural Beauty Basic*/コットンローンハイウエストシャーリングワンピース/¥9,500+税

ハイウエスト切り替えでスタイルUPを狙えるマキシワンピース。
さっぱりしたコットンローン生地は、盛夏まで着れる軽い風合いです。
ギャザーが入ったV開きと、程よく肩をおおった袖丈で上半身をすっきり見せてくれます!
広がりすぎないマキシシルエットが、大人っぽい印象に♪

 

↓プラス1アイテムしたいのはこちら↓

N. Natural Beauty Basic*/バックルベルトサンダル/¥8,800+税

N. Natural Beauty Basic*/バックルベルトサンダル/¥8,800+税

甲のバックルベルトが上品なアクセントになるぺたんこサンダル。
安定感のあるフラットソールで歩きやすく、履き心地も抜群!
トレンドのスネーク柄をはじめ、飽きがこない大人らしいデザインなので、コーディネートを選ばず着用いただけます!

 

 

 \美シルエットのきれい色ワンピース/

NATURAL BEAUTY BASIC/ティアードマキシワンピース/¥8,200+税

NATURAL BEAUTY BASIC/ティアードマキシワンピース/¥8,200+税

裾部分をギャザーたっぷりのティアードデザインで仕上げた、ロマンティックなマキシ丈ワンピース。体のラインを拾わないすとんとしたシルエットで、夏のリラックススタイルにもぴったり!
綿のような柔らかなタッチと程よい張りが特徴のポリエステル素材は、シワになりづらいうえ、ご自宅で手洗い可能なのも嬉しいポイント♪

 

↓プラス1アイテムしたいのはこちら↓

NATURAL BEAUTY BASIC/ペーパービッグボーダートート/¥6,400+税

NATURAL BEAUTY BASIC/ペーパービッグボーダートート/¥6,400+税

夏らしい涼しげな印象のトートバック。
ペーパー素材をボーダー状に編み上げたバッグは、たっぷりと荷物が入る大きめサイズ。
この夏レジャーやリゾートなどのお出かけにも活躍すること間違いなし!

 

 

\トレンドのレイヤードスタイルが楽しめるリネン調ワンピース/

FREE’S MART/麻調Vカラーガウンワンピース/¥6,900+税

FREE’S MART/麻調Vカラーガウンワンピース/¥6,900+税

ナチュラル、リラクシーがキーワードの今年の夏は、リネン調の素材がよく似合います。
ふわっと広がるAラインシルエットは風を感じやすく、ワンピースとして着用した際も着心地◎
ボタンを外せば軽い羽織として、トレンドのレイヤードスタイルを楽しんで、と何通りにも着られるので、コーディネートの幅が広がります。

 

↓プラス1アイテムしたいのはこちら↓

FREE’S MART/セミフレアリブパンツ/¥5,900+税

FREE’S MART/セミフレアリブパンツ/¥5,900+税

今年らしい着こなしがすぐに叶うカットソーリブパンツ。
膝の少し上でシェイプさせたフレアシルエットで、脚長を狙えるリラックスした穿き心地です。
普段のスタイルを無理に変えず、パンツをこちらに替えるだけでぐっと今っぽく仕上がります。

 

その他、ワンピースやプラス1したい夏小物などFLAG SHOPには多数揃っています!
是非チェックしてみて下さいね♪

関連記事
  • 秋のブームを語るのに欠かせないブラウン。夏は合わせる色や素材、形で軽さを出し、秋はレイヤードやこっくり配色で季節感を全面に!きゃしゃに見える肩の落ちたグレージュカーキでショート丈。形が女の子らしい。 パーカ¥5990/アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ白コーデにはおったら衿抜きして軽やかに着こなして 爽やかな白&肩出しが軽量感を叶える。 Tシャツ¥2700/ヘインズブランズ ジャパン スカート(一部店舗のみ販売)¥3990/UNIQLO(INES DE LA FRESSANGE) イヤリング¥1500/お世話や(Osewaya) バッグ¥6900/ACCOMMODEルミネエスト新宿店 フェミニンなスカートを辛口仕上げにアレンジ! 鮮やかなピンクをカジュアル&落ち着いた印象にアレンジ。 ニット¥3900/SPIRALGIRL スカート¥9500/ヒロタ(31 Sons de mode) イヤリング¥8000/アビステ バッグ¥8800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店 靴¥15000/サン・トロペ(ヴィーセヴン・トゥエルヴ・サーティ) 少年風にまとめたらバッグと小物でレディに味つけ これにスニーカーを合わせるとカジュアル度が高すぎちゃうから、レディなヒールを合わせるのが◎ 。チェーンバッグでより女らしさを香らせて。 シャツ¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 パンツ¥11000/SNIDEL イヤリング¥8500/アビステ バッグ¥13500・靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) コレもおすすめ!1裾を絞って調節を。 パーカ¥15000/SNIDEL 2コンパクトだからフェミニン派にも取り入れやすい。 パーカ¥18000/ヒロタ(31 Sons de mode)モデル/新木優子 撮影/田形千紘(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 今すぐ着られる!「プリーツスカート」を使ったリアル初秋コーデ特集すっかり定番アイテムの仲間入りした「プリーツスカート」。 今季はさらにロング丈へアップデートするのがおすすめです。 ブラウンのプリーツスカートは揺れ感があって秋コーデの着映え力とおしゃれ度をアップさせるのに一役買っています。ベージュからブラウンのワントーンでまとめたコーデは、テイストが違う素材を合わせて奥行きを出すのがポイントです。 ランダムにプリーツが入ったサテン生地のスカートは、穿くだけで表情豊かな着こなしに仕上がるのが嬉しいところ。 コットン素材のカジュアルなロゴTシャツを合わせてもきれいめにまとまります。足元は季節感を出してレオパード柄のバレエシューズを。フラットシューズを履くときはボトムの丈感との関係が重要。 スカートの場合はミモレ~ロング丈が合わせやすいと思います。 このブラウンのスカート丈は足首が見えてふくらはぎの太い部分が隠れるのでバランス良くキマリます。T-shirt Americana × aquagirl skirt UNIQLO shoes GU bag VASIC 続いてのコーデ。 Tシャツ+プリーツスカートの王道のコンビもシルエットのバランスを変えて。 ルーズなレイヤードにベルトマークという今っぽい着こなしに落とし込めば、とっても新鮮です。オーバーサイズのTシャツにマキシ丈のプリーツスカートを合わせたトレンドスタイル。 ゆる×ずるコーデにベルトをONしてメリハリをつけて、重心が下がらないように足元はフェミニンなヒールパンプスを。 レオパード柄のミニバッグをアクセントにしました。T-shirt apart by lowrys skirt SUGAR BISKET shoes pellico bag titivate そして、こちらはモノトーンをベースにした大人カジュアルコーデ。優しい雰囲気のあるホワイトのプリーツスカートは春夏アイテムのように思われるかもしれませんが、素材的に重くなりがちな秋冬コーデに軽さと華やかさを添えてくれるので、実はこれから使えるアイテムなんです。 スカートは最近ユニクロで購入。 真っ白ではなくオフホワイト寄りの温かみのあるトレンドのエクリュカラーなので、冬のニットと合わせても相性抜群! 数年前に同じくユニクロで購入した、真っ白に近いプリーツスカートも持っていますが、今年は丈感も長めになり、プリーツもしっかり入るようになったので、スタメン交代。 このちょっとしたアップデートが旬の着こなしに見えるポイントかなと思います。とはいえ、ホワイトの分量が多すぎると夏っぽく見えかねないので足元はブラックでサンドイッチ。 プリーツスカート×スニーカーは簡単にきれいめカジュアルが作れるので、よくする組み合わせです。 コンバースのハイカットはナチュラルを長年愛用していてかなり活躍。クールに履けるブラックも追加して大正解でした。ショートブーツ感覚で履けて、冬場はタイツでも違和感なく合わせられます。 スカート丈とのバランスは、プリーツスカートとスニーカーの間に肌が少し見えるぐらいがベスト。 そういえば、ミモレ丈のスカートのときはトップスをインしてウエスト位置を高めに見せていましたが、ロング丈になるとトップスはアウトでも問題なさそうです。 この辺の微妙なバランスは、全身鏡の前でインしたりアウトしたりと見比べながら調整しています♪T-shirt B.C. STOCK skirt UNIQLO shoes CONVERSE bag Chloeスカートの詳細はこちら↓▶プリーツロングスカート(丈標準80~84cm)オフホワイト Sサイズ着用 普段XSサイズの私は今回、Sサイズを選びました。 ウエストに余裕ありですが、秋冬は防寒用インナーを仕込むのでちょうど良くなりそうです^^美女組No.161 愛のブログ
  • 「母親がとてもおしゃれな人で、幼いときから名品といわれるものに触れて育った」という、スタイリストの青木貴子さん。彼女が今回選んだ名品は、どれも潔いまでにシンプル。シンプルでつくりの美しい名品を選んで、ずっと愛するのが青木さん流なんです。青木貴子さん 雑誌、広告を中心に活躍するほか、ジュエリーブランド「allantokyo」をはじめ、雑貨や洋服のプロデュースも手がける。インスタグラムで紹介する料理レシピも人気。1.セリーヌの“ホワイトシャツ” フィット感のあるシルエットのメンズシャツは、ユニセックスなデザインなので、女性が着るとほどよい抜け感が出る。小さめのストレートカラーや、左すそに刺繡されたセリーヌの「C」モチーフもさりげないポイントになって。素材は軽量で着心地がよく、毎日の着用にも耐えられる強さのあるコットン100%。シャツのデザインに定評のあるクリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマンの美意識が堪能できる一着。 シャツ¥66,000・デニム¥105,000・バッグ¥510,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)2.ハリー・ウィンストンの“トラフィック・リング” ハリー・ウィンストンの創業の地、ニューヨーク。マンハッタンのストリートを上空から見下ろしたときの、縦横に走る車の流れやライトの動きを直線状に並んだダイヤモンドで表現。バゲットダイヤモンドが5個、ラウンドダイヤモンドは35個の贅沢な輝きが手もとをシャープに彩る。ほどよいボリューム感があり、ドレスアップにもふだん着にも合うデザイン。 リング(プラチナ×ダイヤ)¥1,690,000/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン) ワンピース¥210,000/三喜商事(アニオナ)3.ボッテガ・ヴェネタの“ワークブーツ” 昨年、新クリエイティブ・ディレクターにダニエル・リーが就任し、よりモードになったと評判の秋冬の新作から。メンズコレクションでも登場した、バイカースタイルとパンクスタイルの両方からインスパイアされたサイドゴアブーツ。シューズ部分のボリュームとすっきりとした筒部分が好バランス。厚底のラバーソールは2層構造になっていて、見た目よりも軽く履きやすいのも高ポイント。 ブーツ¥112,000・コート¥263,000・バッグ¥900,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)他の画像を見る撮影/生田昌士(hannah) ヘア/TAKU(CUTTERS) メイク/COCO(関川事務所) スタイリスト/青木貴子 (WHITEBOX) モデル/冨永 愛 取材・文/新田幸子
  • スタイリスト・村山佳世子さんが、アラフィー世代を素敵に見せる秋のアイテムを使って、コーディネートをご提案。裾のアシンメトリーなデザインがとびきり女らしさを演出するワンピースは、タートルニットとショートブーツで、あえてかっこよく着こなして!女らしいワンピースこそかっこよく着こなしたい「サテン素材の光沢感とアシンメトリーすその揺れ感で、とびきり女らしい雰囲気を演出するワンピース。こんな一枚こそかっこよく着たい! タートルニットとショートブーツでクール&モードな味つけを」。 イヤリング¥60,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ベルト¥22,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥72,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ペリーコ)ワンピース¥120,000/ブラミンクニット¥95,000/ブラミンク>>村山流秋の最旬スタイル 一覧はこちら撮影/長山一樹(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/浜島直子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ10月号掲載
  • ジャケット¥14000/Carhartt WIP Store Tokyo ノースリーブ¥5800(レイ ビームス)・バッグ¥16000(ヘイミセスローズ)/ビームス ウィメン 原宿 スカート¥4500/ニコロン 渋谷109 靴¥38000/MIDWEST(ファビオ ルスコーニ)秋のはおりにぴったりのシャツジャケット。さらっとしたツイル素材だから肌感を生かしたミニスカコーデにも合わせやすい。ブラウン濃淡でコーディネートすれば、気分は一気に秋へ! 着心地は涼しいのに季節を先取りできちゃう♡ 足元はブーツが好バランス。モデル/渡邉理佐 撮影/田中雅也(TRON) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ブラウンコーデ記事一覧はコチラ
  • バッグブランド【ア ヴァケーション(A VACATION)】をご存知ですか? ジャケットブランド【カバナ(Cabana)】ディレクターを兼任し、セレクトショップ【ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)】の元アクセサリーバイヤーである吹上 肖さんが立ち上げたバッグブランドです。2018年秋冬にスタートした新興ブランドであるにもかかわらず、スタイリストやエディターなど多くのファッションプロがひとめ惚れし、もはやBAILA(バイラ)ファッションページのスタイリングに欠かせない存在のバッグとなっています。 家業がバッグメーカーだったこともあり、子どものころからバッグとその素材や製作プロセスに触れながら育った吹上さんが、自身のバッグブランドを創るのはきわめて自然なこと。「ファッションの一部として、自在に洋服のスタイリングに合わせられるバッグコレクションをつくりたい!」という吹上さんの熱意は見事【ア ヴァケーション(A VACATION)】というバッグブランドに昇華。女性にとって使い勝手のよい機能性やサイズ感、こだわったディテール、さらにさりげない個性までアピールできるおしゃれなバッグブランドとして人気を集めています。 今回は、2020年春夏展示会でひと足お先にお披露目された【ア ヴァケーション(A BACATION)】2020年春夏新作バッグをご紹介。   【ア ヴァケーション(A VACATION)】2020春夏新作バッグ11選 「これは売れそう!」と思わず声が出てしまった(笑)、エスニック柄キャンバスバッグのインナーにクリアなPVCバッグを重ねた大容量トートバッグ。それぞれ別々にも使えます。ロープベルトも絶妙なアクセント。バッグ(手前・小)¥49000・バッグ(奥・大)¥66000/ともにアマン(ア ヴァケーション) PVCバッグ×キャンバストートバッグには、もっとシンプルな柄や、無地のタイプも。バッグ(手前・小)各¥49000・バッグ(奥・大)¥66000/すべてアマン(ア ヴァケーション) 新型のフラップつきワンハンドルバッグ。アイコニックなキャンバス地には、写真のペイズリー柄のほか、無地のタイプも。マチがしっかりあるので、小さいサイズでもモノがたっぷり入れられます。バッグ(奥・大)¥72000・バッグ(手前・小)¥53000/ともにアマン(ア ヴァケーション) 新型&人気モデルのバッグ3種類が勢ぞろい! アイボリー×ブラックのツートーンカラーが最高にシックです。(左から)バッグ(左)¥72000・バッグ(奥・大)¥66000・バッグ(手前・小)¥53000/ともにアマン(ア ヴァケーション) トート型⇔巾着型に形を変えられる2WAY仕様と、それをかなえるやわらかなレザーの質感が魅力の「MARINE」シリーズにネオンカラーが登場! バッグ(手前・小)各¥43000・バッグ(奥・大)¥55000/すべてアマン(ア ヴァケーション) コロンとしたシェイプが大人可愛く、ここ数年ですっかり働く30代女子の定番ワードローブに仲間入りしたバケツ型バッグ。きれい色のレザーで編み立て、かごバッグのように仕上げたボディ&ストラップで涼しげなムードに。バッグ各¥49000/アマン(ア ヴァケーション) 一枚レザーに切り込みを入れたちょっぴり個性的なたたずまいの新作バッグ「FRUITS」も登場! 中にモノを入れると、フィッシュネットバッグのようにびょ~んと伸びて、豊かな表情が楽しめます。バッグ各¥39000/アマン(ア ヴァケーション) 「FRUITS」の中にモノを入れると、重みでこのように↑個性的なたたずまいに! ストラップの肩に当たる部分に編み込み&フリンジがあしらわれているのにもご注目! バッグ¥39000/アマン(ア ヴァケーション) 表情豊かなインテリアファブリックを表地に使用し、デビューからわずか1年でもはやすっかり人気が定着したビッグサイズのトートバッグ「TANK」。シンプルなブラウンでもこの通り、ニュアンスたっぷりなムード。バッグ¥59000/アマン(ア ヴァケーション) 2019秋冬の新型として登場した「FAN」。マチがなくフラットなので、トートバッグとしてはもちろん、ふたつに折りたたんでクラッチバッグのようにしても持てる2WAYユースが可能です。バッグ各¥44000~/アマン(ア ヴァケーション) パッチワーク状にレザーを縫い合わせ、パスケースやカードケースとして使えるスリット状にした「BEE」も登場。交通系ICカードや社員証などが入れられ、首からペンダントのように提げたり、手持ちのバッグストラップにつけてもOKです。パスケース各¥29000/アマン(ア ヴァケーション) いかがでしたか?【ア ヴァケーション(A VACATION)】のバッグのアイコニックなエスニックプリントの生地とPVC素材のコンビネーションや、ドクターズバッグのようなクラシカルで端正なムードを漂わせる新型モデルなど、注目の新作が続々登場! 取り扱い先の人気セレクトショップ各店頭に並ぶのは2020年新春からの予定ですが、もれなく店頭を華やかに賑わせてくれそうです! 現在発売中の2019年秋冬新作バッグとともに、ぜひ予習しておいてくださいね。 【ア ヴァケーション(A VACATION)】公式ウェブサイトはこちら 取材・文/沖島麻美 ※本記事内でご紹介した商品は、2020年1月以降【ア ヴァケーション(A VACATION)】取り扱い各店舗にて発売予定のもので、価格は予定価格です。お買い物計画の参考としてご覧ください。
  • やはりZARAにあった。レザーパンツじゃないけど、まさにレザーなパンツ。ZARAで見つけたレザー風レギンス♡ 実は、今秋、ぴったりと身体に寄り添うデザインのレザーパンツが欲しい!と狙っていました。ほんとにぴったりデザイン。 着丈の長いトップスに合わせたり、レギンス替わりに着ると大人仕様に。 ボリュームのあるニットと合わせても、きっと合う合う!有り難いことに、歩いているうちにずり落ちて気になる、なんてことないくらいハイウエスト。そして、お値段3990円なり。 "レザー風"で充分! 我が家のレザーソファと同じに見える。(笑) しっかりとした生地なので、身体のラインも出にくいかと。裾の部分には、チャックが付いています。 画像はないですが、ウエストは、サイドにチャック開閉となっております。今、こうして記事を作成中も、改めてZARAの商品を眺めていると、欲しいものが次々と… まだ初秋なのに、危険ですね。美女組No.66risaのブログ
  • ひと目見た瞬間、袖を通した瞬間にぐっと高揚感を与えてくれるコートが確かにある。そんな"一生をともにしたくなる"珠玉のアイテムを、目の肥えたファッションのプロたちが全力でリコメンド。世に無数にある中から選び抜かれた、8つのカテゴリーの大賞は果たしてどんな一着なのか……? 2019年のコートの祭典が、ここに開幕! ダブルフェイス大賞コート¥399,000・中に着たシャツ¥179,000・重ねたトップス¥122,000・パンツ¥147,000・靴¥169,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) THE ROWのミディアムシルエットコート ウエスト部分にダーツを施し、より体にフィットするラインを実現。ヴァージンウールとカシミヤの上質な混合素材は、驚くほど柔らかな肌ざわり。襟元にボリュームのあるインナーを差し込めば、無駄な装飾を極限まで取り払ったノーカラーコートの美しさが最大限に発揮される。取りはずしできる共布のベルトでウエストの調節も可能。 "最高の日常着"を提案してくれるTHE ROWの服は、普段から愛用しています。とりわけこのコートは、一見なんてことないようにも見える、ミニマルを極めたデザインがすごい! ほどよいボリューム感も絶妙です。写真のような透け感のある素材と合わせて、包まれるように羽織りたいですね。(佐藤里沙さん/スタイリスト) シルエットが抜群にきれいで、思わず視線を奪われます。そぎ落とされたデザインながら、展示会でもひときわ目立っていました。たとえ中に着るのがジャンプスーツやサロペットなどのカジュアルなウェアでも、これを合わせた途端マチュアにまとまる、まさに大人のためのアイテムです!(鈴木美智恵さん/スタイリスト) ウィンターチェック大賞ショートコート¥530,000・中に着たプルオーバー¥158,000・帽子¥138,000/イザ(ニナ リッチ) NINA RICCIのショートコート メンズブランド「ボッター」を手がけるデザイナーデュオが率いる新生ニナ リッチ。グラデーションのチェックで仕立てられたショートコートからは男性的なムードすら漂う。一方、ショルダーにあしらわれたボディを覆う共布のスカーフがエレガントさをプラス。絶妙なバランスでモダンな一着へと昇華した。 今シーズンから新しいクリエイティブディレクターが就任し、もともとあったフェミニンな雰囲気は残しつつも、モダンに再構築されたところに惹かれます。このコートもベーシックなチェック柄を少し現代的に表現。スタイリングの主役になる、ボリュームのあるシルエットもすごく好みです。(金子夏子さん/スタイリスト) モードとストリートが融合している空気感が魅力的で、今の私の気分に合っています。このコートだけでも絵になるため、余計なことはせず、ブラックデニムにスニーカーで、シンプルにコートを引き立たせたいです。とにかくこれからのニナ リッチが、気になって仕方がありません!(丸山佑香さん/スタイリスト) 小顔に見える大賞コート¥395,000・バッグ「ラゾ ミニ」¥223,000/ロエベ ジャパンカスタマーサービス(ロエベ) カーペット"QUADRIC"¥358,000/リーン・ロゼ東京(ligne roset)LOEWEのダブルブレストコート シルバーのボタンにはキラキラと輝くストーンをあしらって。バックスタイルはダーツによって、ウエストからヘムラインへと美しいフレアを描く。シックな中に、ひねりのある技をちりばめた。 ランダムな金銀のボタンや誇張されたショールカラーにジョナサン・アンダーソンらしい遊び心が。ただのクラシックなコートで終わらずツイストがきいています。大きな襟は顔を小さく腕を細く、深く開いたVネックはデコルテをきれいに見せてくれる効果がありますよ。(編集N) スマートムートン大賞コート¥790,000・シャツ¥92,000・カーディガン(仕様変更あり、色味ブラック)¥225,000・スカート¥240,000・ベルト¥160,000・イヤリング¥62,000・ブーツ¥265,000(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ディスプレイテーブル¥39,900/DEMODE MIXCELINEのシャーリングコート 70年代後半のブルジョア・パリジェンヌをキーワードとして掲げる今季。シャーリングの多用とスリーブの二重構造で、ラグジュアリーなオーバーサイズを完成させた。たとえTシャツ一枚でも十分なほど、暖かさも格別。 コートを選ぶ上では、素材はもちろんのことシルエットも重要だと思っています。その点こちらは、ムートンにつきものの、まるで太っているようなシルエットにはならず、むしろスマートに見えるところが見事! 難しいものが多いこのタイプのコートの中で、さらっと着られる珍しい一着です。(飯島朋子さん/スタイリスト) 全人類に似合う大賞コート¥355,000・デニム(参考色)¥74,000・靴¥77,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) BALENCIAGAのインコグニートコート パリジャンの匿名性(=インコグニート)を象徴化した、顔を隠せる高い襟がアイコニック。体を覆うコクーンフォルムや、ボリュームのあるスリーブ、膝下丈のレングスなど緻密な計算によって生み出されたシルエットは、不思議と年齢や体形を問わず万人をモードな佇まいへと導く。 素材はオーソドックスですが、極端に大きな襟やボリュームのあるシルエットがほかとはひと味違う! デニムやオープントゥのサンダル、サングラスを合わせるのも肩の力が抜けていて好きです。クラシックばやりですが、直球ではなく、少しはずしたところを攻めたい今の気分にしっくりきます。(栗山愛以さん /ライター) 展示会で編集部全員がこのコートを試着。身長は150㎝から170㎝まで、体形もバラバラ。それなのに、誰が着てもシルエットが美しく、"似合う~!"という歓声がそこかしこに。こんなにも人を選ばずみんなが着こなせるコートに出合ったのは初めて。あまりの素晴らしさに興奮が冷めません。(編集K) クラシカルケープ大賞ケープコート¥344,000・ブラウス¥122,000・スカート¥128,000・キャップ(参考商品)・ソックス¥14,000・靴¥99,000(参考価格)/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス) MARC JACOBSのウールコート 美しいAラインを描くクラシックなケープコート。シルエットにボリュームを持たせツイストを加えた。ファブリック工場のアーカイブを研究した上で採用した上質なウール生地からはクチュールのメンタリティがにじむ。 今季はエフォートレスなオーバーサイズに惹かれ、このコートをチョイスしました。由緒正しいトラッドなアイテムでありながら、サイズ感で王道をはずしてくるところがさすが! そのひと筋縄でいかないところにグッときました。ワイドパンツと合わせて、マニッシュに着たいです。(小倉倫乃さん /エディター) コレクションで見た際、パターンがとてもきれいで感動しました! そのままでも存在感のあるケープコートに、Pコートのディテールでオーセンティックなムードを足しているのも絶妙。普遍的な美しさとマーク ジェイコブスらしいビッグシルエットの遊び心を同時に味わえるのがうれしいですね。(編集I) テクノロジーテーラリング大賞コート¥1060,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) BOTTEGA VENETAのレザーコート しなやかなラムレザーをレーザーカットし熱圧着することで、キルティングの表情を再現。チェーンとトライアングルによるクロージャーはシルバーとゴールドのコンビネーションで、全体にコンテンポラリーな印象を加える。中にはダウンのように羽毛が入っており、防寒面も優れているのがうれしい。 ストイックになりすぎるレザーコートは、今まで敬遠していました。でもこちらは、シャープさはありながらもハードに傾かないシルエットが素敵。ランウェイルックのように、コンバットブーツやスニーカーなどを合わせ、抜け感のあるスタイリングを楽しみたいです。(影山蓉子さん/スタイリスト) 自信をくれる大賞コート¥500,000・トップス¥60,000(参考価格)・パンツ¥120,000・カマーベルト¥45,000・ストッキング¥28,000・パンプス¥110,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)SAINT LAURENTのヘリンボーンコート フィッティングに100時間を費やし、コレクションでファーストルックを飾ったキーアイテム。イメージは、ムッシュのミューズ、ベティ・カトルーだ。力強さを象徴するパワーショルダーと流れるようなシルエットに、男性性と女性性が共存する。 ムッシュの創ったサンローランというブランドの世界観を壊すことなく、現代のサンローランの気高さ、気品、そして今を強く生きる女性像が表現されていると感じました。ジェンダーレスとあえて声高に叫ばなくとも、女性に堂々と胸を張って歩く力を与えてくれるような一着だと思います。(飯田珠緒さん/スタイリスト) >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「ザ・ベスト・コート・アワード」photography: Keita Goto 〈W〉 styling: Mayu Yauchi hair: HORI 〈bNm〉 make-up: NOBUKO MAEKAWA 〈Perle〉artwork: Shutaro Yaguchi model: Anna T text: Mai Ueno logo design: Yusuke Kaneko 〈DAMKY signs〉
関連キーワード

RECOMMEND