\Marisol働く美女組発信②/私たちが欲しい『夏のお仕事服』は「おうちで洗える」がマストです!

FLAG SHOP Magazine

Marisolで活躍する『働く美女組』メンバーの声を商品化した、

「私たちが欲しかったお仕事服」

 

今回は第2弾のご紹介です!

 

夏のお仕事服で最も重要なのは『自宅で簡単に洗えること!』という声多数。
確かに汗をかく季節だからといって、毎日クリーニングに出す訳にはいきません。

今回は『洗える』に特化して作ったMarisolオリジナルブランド『M7days for office』のお仕事服をご紹介します!

 

 

\自宅洗い可能!シワになりにくいJK/

M7days for office/【洗える】コンパクトジャケット/¥19,000+税

暑い夏でもきちんとした会社行事や訪問先では着用マストのジャケット。
そうなると『洗える』ジャケットが重宝します。ご自宅のバスルームに吊ってシャワー洗いがおすすめ。洗ってもシワになりにくく復元性が高い素材も魅力的です。
また、脇パッドが取り外し可能なので、気になるパーツだけ清潔に保つことも可能です。

 

※黒い部分が脇パッド。ボタンで簡単に取りはずし可能です。

 

素材はリネン見えする涼しげ素材ですが、シワになりにくい素材なので、重いバッグを抱えたり、脱いで手持ちしたりしても、くしゃくしゃになったりせずきれいな状態をキープできます。
同素材のパンツとセットアップで着用も可能。

カラーは夏らしいグレーと鉄板のネイビーの2色展開。
夏用ジャケットなのでお値段も2万円以内に抑えました!

 

カジュアルにボーダーとデニムを合わせても素敵。
丈が少し短めのコンパクトデザイン&ノーカーラーなので、インナートップス、ボトム、何とでも相性抜群です!

 

 

 

\誰でも脚長になれる美シルエットパンツも洗える/

M7days for office/【洗える】セミワイドパンツ/¥15,000+税

先程のジャケットと同素材のパンツ。こちらももちろんご自宅で洗えます!

デザインは、M7daysで大人気の太すぎないセミワイドパンツ。どんな体型の方もはくだけで「脚長&腰高に見える」「脚の太さがきれいにカバーできる」と大好評です。
今回は人気の形を夏にはきたい涼しげリネン見え素材で作りました。リネンのように涼やかに見えるけれど、シワになりにくいので、長時間のデスクワークでもきれいをキープ。

 

カラーは使えるネイビーと夏らしいライトグレーの2色展開。
どちらもシンプル&ベーシックなので、どんなトップスとも相性がよく、1本あると大活躍してくれるはず。

カジュアルなトップスとも相性◎ さらりとした素材なので真夏も活躍してくれます。

 

単品ではもちろん、セットアップとしても上品かつ素敵に決まります。
暑くでもきちんとした印象で働きたい方、必見です。

 

 

 

\大人気!上品とろみワンピも洗えます/

M7days for office/Vネックとろみワンピース/¥19,000+税

大人気のとろみワンピースも洗えます。
忙しいアラフォーは、コーデ要らずのワンピースが必需品。着るだけできちんと見えするワンピースは、長時間座っていてもシワにならず、光沢感を抑えたとろみ素材で高見え間違いなし。
気になる二の腕は華奢見え効果大のキャップスリーブで。上半身はコンパクトに見せつつ、ボディはゆったりなので体型カバーもできる優秀シルエットです。

 

 

 

 

いかがでしたか??
これからどんどん暑くなっていく季節。
働くアラフォー女子は、いつだってキレイでいたいもの。
着るだけでサマになり、清潔感もキープできるお仕事服、是非チェックして下さい!

 

関連記事
  •   夏の耳元に︎ KNOWHOWのノーホールイヤリング&イヤカフ   先月grenのイヤリングをご紹介したばかりなのに、続けてまた!出逢ってしまったノーホールシリーズ。 イヤリング派にとって天国のようなアクセブランドがあるとうかがって、展示会に駆けつけた KNOWHOW(ノウハウ) 。 キラキラな空間に、若い子向けのブランドなのかなーと一瞬躊躇するも、無駄がなくスマートなデザインの数々に、長年「穴なし族」のアンテナがまたまたビビビ イヤリングもイヤカフもわずらわしいキャッチがないのでピアス見え。 少しずつ動かしてピタッと留められるタイプが多いので、耳たぶの厚さに関係なくつけられるし、痛くなりにくいんです。 自分のように短髪で、甘めのデザインに照れてしまうアラフォーにありがたい、シルバーとゴールドのシャープなデザイン。 そしてなんと、左右の組み合わせも自由 自由といわれると、同じものを2つ揃えるのはなんだか野暮な気がして、うーんうーんと迷って選んだ4つがこちら。 久々にアシンメトリーな耳元を楽しんでいます!オ #sizeless #nohole #hanging #knowhowjewelry ##LEE編集部のお買い物 #magazinelee #LEEweb
  • ようやく!! 夏本番ですね。足元で注目すべきは、おしゃれブランドでも大人気のトングサンダル。 ともすればワンマイル風に仕上がってしまうビーサンコーデ……ですが! LEE100人隊のおしゃれ上手たちは、落ち着いたカラー&質感のサンダルを選ぶことでその危険性を回避していました。 本日は、4人の購入品をコーディネート実例とともにご紹介! 合わせるアイテムも、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1・TB はぐさん「今年は華奢なトングザンダルが欲しくて、なんとなく探していたのですが、お値段との折り合いなどもあり、コレっ!!が、見つからずにいました。ご近所から、お出掛け、もちろん海なんかでも履きたい! ビーチサンダルではなく綺麗めに履きたい! ワンシーズン限りになっても惜しくない値段じゃないとヤダ!! 昨日、たまたま通りかかったローリーズファーム で、見つけちゃいました。2500円!!  お値段もいうことなし〜。白と黒で悩みに悩んで結局決まらず……色ち買い♡」 1・TB はぐさん「young&olsenのTシャツ、今年ローリーズファームで購入した花柄マキシスカートと」 1・TB はぐさん「UNITED ARROWSのリネンブラウスに、同じくUNITED ARROWSのコットンスカート。ふんわりしたお袖のシルエットがお気に入りてす。足元は、ローリーズファームで買ったプチプラサンダルを履いて。こちら、本当に大活躍してくれています♡」 2・TB たなやんさん「靴を新しく買う際は慎重に決めているつもりですが、今季思わず2足買いしてしまったのがこんなビーサン。わたしはプチプラで済ませましたー。どちらももちろんフェイクレザーですが、なめらかな質感でチープっぽさも控えめ」 2・TB たなやんさん「黒はDONOBANというブランドでセールで2500円弱」 2・TB たなやんさん「。ベージュはamiamiのもので定価で1490円です。夏の終わりまで毎日のように履いてしまいそうです」 2・TB たなやんさん「onepiece/Plage bottoms/GU bag/marco masi shoes/amiami pierce/UNITED ARROWS」 3・TB PANSYさん「数年前に購入した鼻緒の細いGAPの黒色を愛用しているのですが、たまに黒だとちょっと服から浮くかも……という日があり、ビーサンを買い足すならと決めていたTKEES(ティキーズ)を購入しました。以前、濃いめのベージュを愛用していたので、『靴ずれができない』という難関も既に突破済み。欲しかった色がDeuxieme Classeで販売されていると知り、購入に至りました。商品レビューなどで、いつも履いているサイズよりワンサイズ上げると丁度と書かれていたのですが、23~23.5cm(37)をいつも履いている私は、38だと踵が結構余ってしまったので、いつも通りの37を購入しました。色は、お店の表記だとグレーなのですが、グレージュといった感じでしょうか。大好きな色味で、履き心地も最高♡」 3・TB PANSYさんYANUKのhigh waist annetteと。 4・075 きなこさん「連日30度超えのテキサス。外はもう本当に暑くて肌を覆う場所を少しでも減らしたい思いで気軽にバンバン履けるTKEESのレザーサンダルを買いました。クローゼットは白、黒、グレー系、ブルー系と寒色系が多いので、サンダルもはじめはグレー系にしようと思ったのですが、今回はカジュアルな雰囲気で履きたかったので初めてブラウン系を選んでみました︎お色味はcoco butterです」 4・075 きなこさん「少し綺麗めにスカートの時も」 4・075 きなこさん「ゆったりパンツでのんびりの時も」 4・075 きなこさん「ワンピースでお出掛けの時も。意外と寒色系の手持ちのお洋服とも相性が良く、ほどよくカジュアルダウンしてくれるので気に入っています♡何より子供がいてもサッと履けるところがgood! この夏は出番が多くなりそうです」
  • 毎日毎日、ただなんとなく自己流の方法でクレンジング&洗顔している人は多いはず。でも、きちんとした方法を覚えれば、肌はもっとキレイになる! クレンジングと洗顔で肌ダメージが加速しやすいアラフォー。ダメージをなくすため、最初に3つのベーシックなルールを復習。 今日から実行して、エイジングに待ったをかけよう。☆私がお答えします!トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんトータルビューティアドバイザー 水井真理子さん美容誌・女性誌などのスキンケア指南で活躍。肌を見るだけでその人のふだんのお手入れ法を見抜くカウンセリングは神業!?Rule 1:こすらない「落としたいと意識するせいか、みんな"手の力"が強すぎます! 落とす時は、厚みのあるクレンジング料をすべらせたり、洗顔料の泡を転がしたりと、剤越しに肌に触れて、こすらないのが原則」。ふく時もタオルをそっと押し当てて。 Rule 2:熱いお湯は厳禁!!「食器の油汚れは熱いお湯のほうが落としやすいように、水の温度が高いと必要なうるおいまで流れてしまいます。必ずぬるま湯で」。ぬるま湯とは、触れて温かいと感じない程度の温度。夏は蛇口から出た水をそのまま使えばOK。Rule 3:短く洗ってゆっくりすすぐクレンジング料や泡が肌にのっている時間は短いほうがいいけれど、すすぎ時間は長めに。「すすぎが足りず、洗浄成分が肌に残れば、健やかな状態に戻ることができません。乾燥の原因になるし、後のケアも入りづらくなります」■アラフォー的クレンジング&洗顔の選び方☆Check① 肌タイプ、コンディションで使い分け「うるおいが残るものを選ぶのは大前提。さらに例えばクレンジング料なら、乾燥肌は皮脂を取りすぎないミルク、ゴワつく肌には柔らかくなるクリーム、皮脂が多い肌はジェルというように、肌質や状態で選択」☆Check②取りすぎ注意! すぐ乾くのは合わない証拠「洗顔後に肌をふいて、すぐ乾燥を感じる時、後のケアでしっかり保湿をしているのに乾く時は、取りすぎの可能性が。またプツプツが出る人は、メイクの濃さに対して、剤の落とす力が不足していると考えて」【Marisol8月号2019年】撮影/押尾健太郎(人物) 河野 望(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 構成・文/小田ユイコ
  • BAILA8月号、発売しましたーー♡ 遅くなってしまいましたが今月号の見所と付録のご紹介をさせていただきます! カジュアルと女性らしさを共存させるためのファッション大特集 "大人の女っぽカジュアル・ルール" その中でも取り入れやすいなーと思ったルールを3つ、ちらっとご紹介。 まずは、 ワンピース×ゴツめスポサン スポサンさえあれば手持ちのワンピースと組み合わせて完成するので1番手軽でチャレンジしやすい! 旬なスポーツテイストをプラスすれば甘くなりがちなワンピースを中和してくれる。 わたしも欲しい欲しいと思いつつまだスポサンを購入できていないので嬉しい特集でした。 2つ目は"ブラウントーンのトップス" インスタや展示会などでもベージュ〜ブラウンの服は本当によく見る! 秋冬では継続してテラコッタカラーのコスメや服も流行るそうなのでわたしも今年はブラウン系のメイクや服をたくさん楽しみたいと思います♡ そしてすごく参考になった3つ目。 "女っぽく高見え!大人のユニクロルール" プチプラ代表ユニクロアイテム。 選ぶときの一工夫で高見えが叶うポイントが載ってます。 これは必見!! そしてわたしもとても楽しみにしていた今月号の特別付録! バレリーナシューズで大人気のreppeto (レペット)とBAILAのコラボアイテムです♡ (今月号で中村アンさんがレペットのレオパード柄シューズを可愛く履きこなしてました。) セットでも単品でも使えるこちら。 ・PVCトートバッグ(高22×幅22×マチ10) ・レオパードポーチ(高13×幅18) トートはマチもしっかりあるので意外と荷物が入る! 水にも強いのでビーチや雨の日など今からの時期にたくさん活躍してくれそう。 持ち手のリボンテープにはオリジナルのロゴがプリントされててそれがまた可愛い♡ 抜け感が手に入る夏の必需品アイテムとしてカジュアル・ルールでも特集されていた"クリア小物" 今月号の付録でゲットできてしまうのは嬉しい♡ 夏のコーデのお悩みも解消されるBAILA8月号、 付録も本当におすすめなので是非皆さん手にとってみてください♡ @rena674
  • スタイリストの石田綾さんは、甘めの服にはどこか辛口な要素を取り入れているとのこと。そんな石田さんにワンピースをモードな表情で着こなすポイントをお聞きしました。同色のドレッシーなパンツをレイヤードしたり、旬の小物を合わせたり、石田流コーデをご紹介。 スタイリスト 石田綾さん『BAILA』をはじめとした多数の女性誌やメディアで幅広く活躍中。トレンドをいち早く取り入れる感度の高さはピカイチ。辛口ながら女っぽい私服にも定評あり。 【Rule 1:選び方】ニュアンスのある素材&ベーシックカラーを選ぶ 存在感のある色だと妙に“張り切った感”が出てしまうワンピース。迫力が控えめの黒やブラウン、ベージュなどベーシックカラーが大人には安心です。ただ重たく見えたり、地味になったりするので、透け感やとろみのある素材がマスト。 ONE-PIECE : A PUPIL SHOES : ROSETTA GETTY BAG : SERPUI 【Rule 2:レイヤード】ワンピースと同色のドレッシーなパンツを 深くスリットが入った一着はパンツとの重ね着が大前提。とろみのあるパンツを選べばそれだけでモードっぽく見えるし黒×黒も軽やかな印象に。足もとはインパクトのあるヌーディなサンダルで華やかさと抜け感を。 ONE-PIECE : roku PANTS : Vintage BAG : The Dallas SHOES : Manolo Blahnik 【Rule 3:合わせ小物】色石やクリア素材で涼やかに ワンピースがやや重ためのトーンなので、アクセサリーは透明感のあるカラーや涼感のあるデザインを選びます。ただし盛りすぎると子どもっぽくなってしまうため一コーデに一点のみ。 BLUE PIERCED EARRINGS & GREEN PIERCED EARRINGS : LIZZIE FORTUNATO RING : MARIHA WHITE & GOLD EARRINGS : The Dallas 【Rule 4:くずし方】キャミワンピースはノースリーブで上品に肌見せ 一着で着るには露出度が高い、甘めのキャミワンピースはトップスを重ねてくずします。袖のあるTシャツよりもノースリーブで腕をすっきり出すほうがヘルシーに見えて今っぽい。 ONE-PIECE : Mes Demoiselles... TOPS : Vintage BAG : CULT GAIA SHOES : TKEES 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 取材・原文/野崎久実子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
  • ————————————————————————————————————– LEEマルシェのインスタに投稿された人気アイテムをご紹介! 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 ————————————————————————————————————– View this post on Instagram 今日何着よう・・と迷う日には必ず手にしちゃう。 「ガミちゃんワンピ」が今季のMVP候補! . 週の初めや、忙しい日についつい手にとってしまう通称「ガミちゃんワンピ」。 頭からかぶったら即、家から出られる手軽さがうれしい しかも楽ちん! . 長袖だから、暑い、寒いで、袖をおろしたり、上げたり、下にデニムやレギンスを重ねたり…。今どきコーデをしながら、その日、その時の気温に対応できるのがありがたいです しかもリネン素材でさらさらと気持ちがいい . 汗をかいたら洗濯機でグルグル。 パン、パン、パン!として干せば、また明日も着られちゃう。 本当に優秀 肌寒い7月もこのワンピのお蔭で助かっています。 . ちなみに私は+ベルト派。 きちんと感UP、バランスUPにおすすめです。(A子) . #LEEマルシェ #12closet #スタイリスト石上美津江さんコラボ #お助けワンピ #身長160㎝ #なべぴコーデ A post shared by @ leemarche on Jul 17, 2019 at 3:36am PDT
  • シックにもカジュアルにも着られる黒ワンピースは小物で表情を変えて楽しんで。この夏は、涼感のあるブルーの透けシャツを合わせたり、スポーティなサンダルを合わせたりするのもおすすめです。どんなに小物で遊んでも、ちゃんと女らしく決まるのが黒ワンピースの良いところ。 1.涼やか仕上げ 涼感たっぷりの色や素材でとびきり軽やかな“夏の黒”を演出 ブルーの透けシャツとバッグで黒を軽快に仕上げつつ、PVCサンダルでヌーディな足もとに。さらにクールなシルバージュエリーで涼感を底上げ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) ネックレス¥32000・リング¥27000/ジョリー&コー(イディアライト) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ シャツ¥32000/RHC ロンハーマン(エリーン) バッグ¥33000/コード(ヴァジック) 靴¥23000/ツル バイ マリコ オイカワ ネックレス¥32000/ジョリー&コー(イディアライト) 2.スポーティ仕上げ ワンピースにちゃんと品があるからボーイッシュな味つけも女らしく決まる 揺れ感のあるティアードワンピースなら、こんなミックスもちょうどいいカジュアル感に。ボーイッシュな小物は渋めの色で統一すると、やんちゃになりすぎずうまくいく。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) ピアス¥18000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) 時計¥18000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ダニエル・ウェリントン) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) キャップ¥9200/アルファ PR(カムズアンドゴーズ)  バッグ¥36000/UTS PR(アンダーソン ベル) 靴¥11000/デッカーズジャパン(テバ) 3.クラシカル仕上げ かっちりバッグときゃしゃなサンダル。レディな小物が黒のエレガントさを引き出して 特別感のある着こなしへドレスアップできるのも、ノーブルな黒ワンピースだからこそ。ワンピース¥22000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) ヘアピン¥900/お世話や(Osewaya) サングラス¥47000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥16000(アガット)・リング¥180000(アガット・アンドメモリア)/アガット ベルト¥15000/カオス丸の内(メゾン ボワネ) バッグ¥345000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)  靴¥65000/スタニングルアー 青山店(アレクサンドル バーマン) 撮影/山本雄生(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ヨンア 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年8月号掲載
  • トレンドと関係なく、いつでも大好きなアイテム。だからこそ、"今"を感じさせる選びと着こなしが重要夏カジュアルのお悩みについて読者にアンケートを実施。アイテムの選び方や、大人にふさわしい着こなし方など、人気スタイリストがわかりやすくアンサー! お悩み① 今までのボーダーが似合わなくなってきた気がします→スタイリスト・松村純子さんのAnswer 「定番の白×ブルーのボーダーは、大人には少し強すぎるかも。キレのいい白×黒でゆったりシルエットを」「色は白×黒、体がゆったり泳ぐボックスシルエットでゆるさのあるドロップショルダーなら、さらりと着るだけで確実に洗練の印象に。ワイドパンツやロングタイトなど、トレンドボトムスにも合います」。カットソー¥13,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ワイドパンツ¥23,000(カオス)・リング¥90,000(ソフィー ブハイ)/カオス丸の内 ショルダーバッグ¥78,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥30,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) ☆othersカットソー (上)¥13,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード)  (下)¥11,000/ゲストリスト(ルミノア)お悩み②ホワイトデニムをはくと、いつもより〝マダム感〞が出ます→スタイリスト・田澤美香さんのAnswer 普通のインディゴデニムよりも、シルエットやデザインに旬の要素が必要「デニムというよりも、トラウザー感覚ではけるデザインやシルエットを吟味して。ハイウエストやワイドシルエット、サスペンダーつきなど"ひとクセ"あるデザインなら、トレンド感をキープできます」デニムパンツ¥26,000/ナゴンスタンス ブラウス¥26,000/エンフォルド ピアス¥26,000・バングル¥80,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥12,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ヴィ ド ヴィンスター) 靴¥39,000/スタニングルアー 青山店(ATP)☆others[物]デニムパンツ (右)¥22,000/ボウルズ(ハイク)  (左・サスペンダーつき)¥14,000/カイタックインターナショナル(モナーム)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂
関連キーワード

RECOMMEND