【ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)】2019SS「Hanes(ヘインズ)」とBIOTOPの別注企画アイテム予約受付中!

FLAG SHOP Magazine

こんにちは!

今日は【ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)】から、アンダーウェア、インナーウェアとして不動の人気を誇るブランド「Hanes(ヘインズ)」とBIOTOPの人気別注企画アイテムをご紹介します♪

 

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts(カラー)/¥4,800+税

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts(カラー)/¥4,800+税

19SSシーズンは、定番人気のホワイトと、昨年発売したネイビーに加え、新色のブラックとベージュが登場いたします。
昨年同様ヴィンテージのカットソーのかたちをベースに、オリジナルのパターンで制作されたHanesのカタログラインにはないアイテム。
肩にかかるシンプルなノースリーブは、ラフなサイズ感と、ヘインズ特有の着ていくうちにくたっとしてくる雰囲気が特徴です。

 

★新色★ベージュ着用

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts(カラー)/¥4,800+税

 

★新色★ブラック着用

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts(カラー)/¥4,800+税

カラーセットは大好評ご予約受付中ですのでお見逃しなく!!

着まわしのきく優秀カラー《ホワイト2枚パック》は、只今販売中なのでこちらも是非チェックしてみてください☆

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts/¥4,800+税

ADAM ET ROPE’/【Hanes FOR BIOTOP】Sleeveless T-Shirts/¥4,800+税

【ホワイト×ホワイト】は、BIOTOP店とADAM ET ROPE’直営店舗、Online Storeで展開!

 

デイリーに大人が着られるベーシックアイテムとして特別に作った商品には、オリジナルパッケージに加え、BIOTOP別注ネームがつきます。

大人気アイテムをゲットするなら今がチャンス!!
この機会をお見逃しなく☆

ADAM ET ROPE’ (アダム エ ロペ)の【Hanes FOR BIOTOP】はこちらから⇒

 

関連記事
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • クラランスから、砂漠にインスピレーションを受けたサマー限定のメイクコレクションが登場。太陽に照らされた暖かさ、トライバルプリント、まばゆい輝きを表現したエキゾチックなラインナップが揃い、誰でも簡単にインパクトアイをかなえることができる。クラランス モノアイシャドウ(左から)S 03、S 05、S 04 各¥2,800(2019年5月24日限定発売)なめらかに肌に伸びるクリームタイプのアイシャドウ。まぶたに吸い付くようにフィットするためヨレにも強く、均一な高発色が長時間持続。質感はベルベットのような柔らかさのあるタイプと、サテンのようなツヤタイプの2種類。濃度の高いカラーは、大胆にまぶたに纏ってモードに仕上げるもよし、ライン使いでさりげなくセンスをアピールするもよし。自由な発想でメイクを楽しんで。クラランス モノアイシャドウ(左から)SP 103、SP 101、SP 102 各¥2,800(2019年5月24日限定発売)輝きの強いラメをふんだんに閉じ込めたパウダー状アイシャドウ。指でさらっとひと塗りするだけで、きらめく光彩を与えてまぶたの立体感を強調し、単色使いでも鮮烈な目力を与えることができる。また、ロングラスティング処方で発色もきらめきも濁り知らず。日中の塗り直しが不要で、1日中メリハリのある目元をキープできる。色はブルー、ゴールド、ピーチの限定3色。クラランス アイライナーペンシル(左から)WP 01、WP 02、WP 07 各¥2,500(2019年5月24日一部限定発売)目元の表情を操るカラフルなアイライナーペンシル。リキッドペンの正確さとペンシルの描きやすさを兼ね備え、ストレスフリーな使用感を実現。耐久性にも優れており、メイクを落とす瞬間まで仕上がりをキープしてくれる。また、先端には描いたラインを自然にぼかすブレンダーと、削れるシャープナーがセットされた親切な仕様に。スモーキーな色合いから鮮やかなブルーまで全7色。 クラランス ワンダーパーフェクト マスカラ 4D 01 ¥3,600(2019年5月24日発売)ひと塗りで長さ・ボリューム・カール・高発色を満たし、どこから見ても美しいまつげを実現するハイスペックマスカラ。自然由来のローズワックスがまつげをフィルムのようにコーティングし、ダメージを予防。さらにまつげそのものをケアするトリートメント効果を備えているから、使う程に仕上がりのクオリティ向上にも期待できる。ソフトなファイバーを使用したブラシは、まぶたへの肌あたりもマイルドで穏やかな塗布を実現。クラランス  ブロンズ コンパクト 01 ¥4,400(2019年5月24日限定発売)肌にシマーな輝きと明るさを与え、太陽の日差しを浴びたようなヘルシースキンを演出するブロンズ系フェイスカラー。スキンケア効果のあるパウダーを使用することで、日中の乾燥から肌を守りフレッシュな印象をキープ。砂漠や夏の太陽からインスパイアされたエキゾチックなデザインで、メイクのモチベーションもUP! 血色感のあるメリハリフェイスをかなえるなら01、日に焼けた健康的な仕上げたいなら02を。クラランス ウォーターリップ ステイン 7ml 05 ¥3,000(2019年5月24日限定発売)2018年に限定発売し完売した「ウォーターリップ ステイン」に輝くグリッターが加わり登場。鮮やかなカラーが1日中持続するタフさで、食事してもキスしても塗りたての発色感をキープ。柔軟効果&保湿効果のある植物成分をリッチに配合することで、強度と唇への優しさの両立をかなえている。顔立ちをはっきりと引き立たせるローズ05とヴァイオレット07。クラランス コンフォート リップオイル 08 ¥3,200(2019年5月24日発売)昨年スマッシュヒットを飛ばした「コンフォート リップオイル」の人気色が定番化&新色が登場! 支持を集めた理由は、弾力感とツヤ感たっぷりのフレッシュな仕上がり。乾燥、縦ジワ、皮むけなど、唇の悩みに効果的なヘーゼルナッツオイルをはじめ、高いトリートメント効果をもつ植物由来成分を配合。唇を手厚くケアしながら、クリアな発色で自然に健康的な仕上がりをサポート。新たに加わる08ブラックベリーは、フレッシュかつ深みのある絶妙な風合いが個性を引き出す。クラランスhttp://www.clarins.com03-3470-8545 text:Saori Nozawa >>ビューティニュースまとめ ⇩全夏新色はここからチェック!
  • これからの季節の必需品・サングラス。単に紫外線防止のために身につけるなんてもったいない! 今季トレンドとしても注目のビックフレームタイプのサングラスは、ファッション小物として活躍するのはもちろん、小顔見え効果も抜群です!小顔見えなら「ボリューム&太フレーム」今季のトレンドとしても注目のビッグフレームタイプは、小顔見えNo.1。スクエア型やカラーフレームなどデザインも豊富なので、ファッション小物としても活躍間違いなし!小顔見せ効果抜群! 流行のスクエア型ビッグフレーム シャープな印象のスクエア型、しかも大ぶりタイプで小顔効果は絶大! アジア人に合わせたモデルなのでフィット感がよく、薄型で軽いのも魅力。ブラウンのべっ甲柄は黒よりも優しい表情をつくってくれる。 サングラス¥48,000/トム フォード アイウエア シャツ¥16,000・スカート¥24,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス(左耳)¥38,000・(右耳)¥50,000/イー・エム表参道店(イー・エム) ブレスレット¥53,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) リング¥8,500/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック)1.美しいクリアグリーンの薄型ビッグフレーム。テンプルからはブランドアイコンのイントレチャートが透けて見える工夫が。 サングラス¥44,000 /ケリング アイウエア ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)2.少し丸みを帯びた黒はアジアンフィット仕様。テンプルに施されたスワロフスキーのクリスタルやゴールドビーズが横顔を華やかに。 サングラス¥45,000/サフィロジャパン お客様相談室(ジミー チュウ)3.頰骨あたりまですっぽり覆い隠す大ぶりのスクエア型。珍しいネイビーカラーは、白Tとデニムに合わせてさっそうとつけこなしたい。 サングラス¥30,000/バーバリー アイウェア(バーバリー)4.こちらも顔の半分くらいが隠れるほどの、変形スクエア型のビッグシェイプ。サイドのゴールドパーツが大人の顔にリッチ感をプラス。 サングラス¥29,000 /ミラリ ジャパン(マイケル・コース)5.’90年代にインスピレーションを得たというグッチらしい個性派。アクセサリー感覚で身につければ、夏の装いに明るさと抜け感をプラス。 サングラス¥43,000/ケリング アイウエア ジャパン(グッチ)6.万人受けするオーバル型のクラシカルモダンな一品。正面だけでなく、上下横から入る紫外線をカットし、シミ、しわを防ぐアンチエイジングサングラス。 サングラス¥33,500 /タカロック(クレア)撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子 ※エクラ6月号掲載
  • ニット¥3900/dazzlin デニム¥12000/リー・ジャパン イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ) パンプス¥20000/サン・トロペ(セヴン・トゥエルヴ・サーティ)カジュアルアイテムの代表格デニムだって、背中見せやピタめが女らしいトップスを合わせればグッと色っぽくイメチェンできちゃう。もちろん足元はヒールで大人っぽさを盛り上げて。ボーダー×デニムの定番マリンも、ぐっと大人っぽいスタイルに!モデル/江野沢愛美 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ボーダートップスコーデ記事一覧はコチラ
  • オーストリアに通い始めて3年。今のところわたしのNo.1!なウィーンのごちそう料理をご紹介します。皇帝も愛した味だとか。オーストリア料理ってそれなりに美味しいんですけど ドイツ料理に似て、肉!小麦粉!クリーム!どーんっ!っていう感じで、日本人の胃には正直ちょっと重いのですよ……。こういう感じよね。これはこれで美味しいんだけどね。やっぱり食はラテンの国かアジアだわよね〜、と オーストリアに対する食の期待はほぼ皆無だったのですが、 出会ってしまいました……。◼︎ターフェルシュピッツの名店『プラフッタ(Plachutta)』「ターフェルシュピッツ」とは正統派ウィーン料理で、 牛肉と根菜をコトコトと煮込んだスープ兼、肉料理。ハプスブルク朝実質最後の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の好物だったことから なんとなく高貴なイメージがありますが、 実際はわりとどこのレストランにも置いてある オーストリアの定番メニューです。でも、だからといってどの店で食べてもOKというわけにはいきません! 材料と調理法がシンプルなだけに、 厨房の実力が、味に直結してしまうから! そんななか、“ターフェルシュピッツの最高峰”との名声高いのが、 ウィーン市内に4店ある『プラフッタ』。やや高級レストランに分類されます。ここのターフェルシュピッツは、 まず見た目からして迫力満点! 注文すると、巨大な真鍮の鍋が テーブルの真ん中にドーン!とサーブされます。おもしろいのが、その食べ方。 まるで名古屋のひつまぶしみたいに、 一品で三段階の食べ方を楽しめるんです。鍋の中になぜかおたまが突っ込まれたまま。外国ならではの豪快さにテンションUP⬆︎◼︎其の一、スープを味わうまずは、具材が入ったカップの中に お鍋からスープをなみなみと注いで 牛肉の旨味をじっくりと味わいます。具材は数種類から選べますが、 この日はクレープを細切りにしたような「フリッターテン」を。野菜もたっぷり。食事の初めに温かいスープを食べて胃の準備運動をします。湯気でさえいい香りがするスープには 脂がキラキラ光っていて、 普通のコンソメ以上にこってりした味わいなのに、 後味はしつこくなく、むしろ香ばしくて いつまでも口中で楽しんでいたい感じ。 これ以上美味しいスープに、この先の人生で出会えるのだろうか? と心配になるほどの、素晴らしい味わいです。◼︎其の二、骨髄をトーストに塗るスープを食べ終わったら、ウエイターさんが お皿にお肉や付け合わせのソースを手際良く盛ってくれます。綺麗に盛られたお皿。ウエイターさんが全部やってくれるのでお任せして。次に食べるのは骨髄。 コロンと置かれた骨の中にナイフを入れて、 バターをすくう要領で骨髄をすくい、 薄いトーストに塗っていただきます。日本では食べることのない部位なので どんな味なのかしら……と恐る恐るでしたが、 サラッとしたパテのような味わいで、 口の中でスッと溶けて、なくなってしまいました!◼︎其の三、牛肉を変わりソースと一緒に噛みしめる骨髄は冷めると白く固まってしまうので なるべく早く食べてしまい、 最後は大きな牛肉の塊を、お好みのソースと一緒に楽しみます。 ソースはリンゴ×ホースラディッシュ、ほうれん草、 パンの3種類。 珍しいのはパンで、「センメル」という、 ちょっとバゲットのような味わいの白パンを 何かで(何かは謎)ふやかしてソースにしています。 塩味が強めで、わたしはこのソースが一番お肉に合うと思います。この豪快さ見て!食べても食べても減りません。あんなに強い出汁がスープに出てしまっているにも関わらず まだまだしっかりとした旨味が残る牛肉。 とろけるような柔らかさと調味の絶妙さに さすが肉食民族の技……と感心してしまいました。ウィーンに美味しいお店はたくさんありますが、 これまでの経験上、たぶん『プラフッタ』を超える店はそう無いはず! ウィーン旅行の際は、騙されたと思って ぜひ食べに行ってみてください。 (パッケージツアーでご飯は全部付いてるのよー、 という人は、食後に2軒目として行っても決して後悔しません!) 人気店なので予約がベターです。▶︎『プラフッタ(Plachutta)』オンライン予約ページウィーン国立歌劇場近くの支店には音楽関係者もよく来るのだそう。この日は歌劇場の芸術監督が来店していたそうです。さすが音楽の都。【myインスタ】最近お蕎麦ブーム到来。オススメのお蕎麦屋さん教えてください!美女組No.132 はるかのブログ
  • 薄着になる季節こそ「巻きもの上手になりたい!」という美玲さん。さりげないあしらいでデイリースタイルのしゃれ感を倍増させるスカーフ&ストールの簡単アレンジにフォーカス。 まだ照れるスカーフは小面積で始めてみる気張らずプラスしたいときには、細長いスカーフがおすすめ。キュッとコンパクトに巻くだけで、いつもの黒リブニットに個性を。足もとにもピンクを配すと首もとだけ浮かずにカラーバランスが整う。「スカーフと靴をリンクさせるとまとまりもよく、取り入れやすさも上がりますね。見慣れた黒ニットのマンネリ解消にも! ショートパンツもぐ んと大人っぽく見えます」(美玲さん)。スカーフ(5×85)¥7800(マニプリ)・靴¥44000(ネブローニ)/フラッパーズ トップス¥30000/スローン(スローン) パンツ¥34000/ビューティフルピープル 銀座三越(ビューティフルピープル) ピアス¥31000/トゥモローランド(レレサドゥギ) リュクスな2枚使いで女らしさ香るマニッシュルックコットンとシルク、素材違いのスカーフを編み込むことで表情が豊かに。「2枚巻きのゴージャス感も辛口スタイルにならアリですね」(美玲さん)。ピンクストール(20×160)¥18000/フラッパーズ(マニプリ) ブルースカーフ(25×120)¥9000(altea)・トップス¥42000(アンスクリア)/アマン パンツ¥12800(ヴィルーム)・ハット¥32000(クライド)/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 バッグ¥12000(カーナス)・リング¥32000(アンコモンマターズ)/デ・プレ イヤカフ¥24000(ヒロタカ)・フープピアス(大)¥23000(マリア ブラック)/ショールーム セッションラフにたらして定番デニムにこなれ感をTシャツ&デニムの王道コンビが見違える。「無造作なあしらいが意外でした。服とストールのトーンが合っていて、ほんのりレトロで可愛い。普段着がワンランクアップしますよね」(美玲さん)。ストール(68×68)¥16000/スローン(スローン) Tシャツ¥9000・パンツ¥21000(ともにRouje)・ベレー帽¥10000(ラ メゾン ド リリス)/メゾン イエナ ジャケット¥64000 (カバナ)・ベルト¥25000(参考価格)(アトリエ アンボワーズ)/アマン ピアス¥18000/ショールーム セッション(ヒロタカ) ネックレス¥54000/デ・プレ(レジェ) 靴¥51000/フラッパーズ(ネブローニ) 白黒ストールで肩を覆い大人の露出バランスにストールを三角に折り、片肩で結ぶだけ。清潔感のあるモノトーンストールが、肩と腕をアシンメトリーに覆い、肌見せも上品に。「リゾートでやってみたいスタイル。はおりもののように使うストールも新鮮です。この夏はカーデに頼らず、ストールを活用したいです」(美玲さん)。ストール(90×90)¥23000/アマン(altea) ワンピース¥50000/クルーズ(エリン) バッグ¥43000/スーパー エー マーケット(ヴァニーナ) ピアス¥ 25000・リング¥32000/サアガラ ショールーム(エース バイ モリザネ) 初夏のストールは、服とのバランスで2タイプ揃えるべき!冬用の厚手ストールは持っているけど、春夏に巻くものは実は一枚も持っていないんです。仕事で巻いてもらうたび「おしゃれだな、欲しいな 」と思ってはいるものの、そもそもどんなものを選んでいいのかがわからなくて……。今日の撮影で学んだのは、無地より色の入った巻きもののほうが実は合わせやすいってこと。手持ちのモノトーンのアクセントにもなるし、服の色とリンクさせても可愛いし。一方で、服の色が派手ならモノトーンのストールで引き締めるのもいいなって。服とのバランスで2タイプをそろえるべきだと確信! コンサバにはしたくないので、“Tシャツにサラリ”など、まずは自分が好きなカジュアルに加えてみたいです。(美玲さん)撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測した(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年6月号掲載
  • ZARAのトップスとジーンズでプチプラコーディネート♪ このトップスもとはオールインワンとして売られていたのですが オールインワンで着るには164センチの私には短すぎて... ズボンの部分をカットしました! シンプルで着まわしができるので気に入っています♪ootd▼ トップス/ZARA ジーンズ/ZARA バック/RomHerman スニーカー/コンバース RomHermanの巾着は友だちの誕生日プレゼントに購入しましたが、可愛くて自分たち用にも購入しました♡ 色んな色があってどれも可愛くて悩んでしまいました〜^ ^ そして、 BAILA6月号に載っていたブシュロンのジュエリープレゼント企画!!♡豪華すぎますよね...(・Д・)♡ 私も応募させて頂きました^ - ^ まだ間に合います!!こちらからとべます..♡最後まで読んで頂き、ありがとうございます♪スーパーバイラーズ 高橋茉衣のブログ
  • 今季の通勤スタイルは、はおりものを見直してみることからはじめよう。裏地なしのジャケットなら、見た目も着やすさも文句なし! いつも何となくカーディガンを選んでいるなら、ぜひ裏地なしジャケットに更新してみて。いつものカーディガンを裏地なしジャケットに更新すべき3つの理由☑ 年相応の“きちんと感”が手に入る☑ 軽くて着心地がいい☑ シワになりにくいいつものカーディガンならこんなコーデワンピース¥33000(エリン)・スカーフ¥21000(キンロック)/デミルクス ビームス 新宿 バッグ¥110000/トゥモローランド(ワンダラー) 靴¥74000/ジミー チュウノーカラージャケットにチェンジ!ketty(ケティ)きちんと感と女っぽさを両立するホワイトノーカラー【裄丈】66㎝【着丈】47㎝【袖丈】57㎝【素材】ポリエステル100%【色展開】ホワイト、ネイビー【サイズ展開】S・M・L モデル着用サイズ Mクリーンなホワイトが映えるほどよい光沢と、肌ざわりのいい質感がこれからの季節にぴったり。シンプルでコンパクトなシルエットは、フェミニンなスタイリングをぐっと大人仕様にまとめてくれる。ジャケット¥22000/ケティ ワンピース¥33000(エリン)・スカーフ¥21000(キンロック)/デミルクス ビームス 新宿 ピアス¥67000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥110000/トゥモローランド(ワンダラー) 靴¥74000/ジミー チュウテーラードジャケットなら軽やかな素材でAURALEE(オーラリー)かっちりしたセットアップも色と素材で軽やかに女らしくシフト!【肩幅】46cm【着丈】70.7cm【袖丈】59cm【素材】コットン100%【色展開】アイボリー、ライトブラウン、ブラック【サイズ展開】0・1 モデル着用サイズ 1肌なじみのいいライトブラウンと、さらっと羽織れる軽素材。ダブルジャケットの持つマニッシュな表情を生かしつつ、色と素材で抜けをつくって。オーバーサイズだから、袖をまくって少し着くずして着るのが今の気分。ジャケット¥48000・ニット¥20000・パンツ¥30000/オーラリー イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ¥49000/アマン(ア ヴァケーション)撮影/三宮幹史(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/中村アン ※BAILA2019年6月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND