男女別!人気ブランドのデニムのおすすめ12選。押さえておきたい1本は?

FLAG SHOP Magazine

上手なデニム選びでワンランク上のコーデを

デニムパンツは日ごろのお洒落なコーディネートからレジャーやオフィススタイルにまで幅広く取り入れられることで人気です。とはいえ、デニムパンツを取り扱っているブランドはとても多く、シルエットやデザインも豊富です。上手く履きこなせば様々な場面で活躍してくれるものですが、選ぶのが難しいアイテムでもあります。この記事では、おすすめのブランドとともに、デニムの上手な選び方を解説します。

デニムの選び方

デニムパンツは自分にぴったり合ったものでないと、本来デニムが引き出してくれる魅力が台無しになってしまいます。そうならないためにも、デニムの選び方はしっかりとチェックしておきましょう。

項目 選ぶべき商品の特徴
シルエットで選ぶ 自分の体型に合ったものを選ぶことがポイント
素材で選ぶ 伸縮性の違いによって履き心地や雰囲気も異なる
TPOで選ぶ シーンに合わせた形やカラー選びを
予算で選ぶ デニムパンツの価格はブランドによって大きく変わる

デニムパンツはゆとりのあるシルエットからタイトなものまで、種類が非常に豊富です。地自分の体型に合ったものを選ぶのはもちろんのこと、素材やカラー、デニムを履くシーンまで考えて選ぶことが上手に履きこなせるコツとも言えます。さらには価格の幅も広いため、予算も外せないポイントです。

シルエットで選ぶ

デニムパンツには様々なシルエットやスタイルがあります。上手に履きこなせるものを選ぶためには、試着は必須。脚の太さや体型の細さなど、コンプレックスを隠すためのシルエットで選ぶと、全体的にバランスの悪い服装になってしまいます。平均的な体型の人は比較的どのシルエットのデニムパンツを選んでも大丈夫ですが、体型や脚が細い人は体にフィットしやすいものを、体型や腿が太い人は窮屈になりにくいシルエットのものを選ぶと、すっきりとした印象になります。

もしも迷ってしまった場合は、コーディネートがしやすいストレートタイプを選ぶと良いでしょう。また、最もベーシックな5ポケットパンツで、バックポケットのデザインがシンプルなものを選ぶと失敗しにくいです。

素材で選ぶ

デニムパンツの生地は、基本的には伸縮性の少ない綿100%。このタイプは生地が厚いものが多く、長く履いていると色落ちしたり、擦り切れたりしてきますが、これがデニムの魅力でもあります。長く履けば履くほど味が出て、カジュアルなスタイルを楽しめます。

一方、近年流行しているのが綿+ポリウレタンの伸びる生地を使ったデニム。スリムストレートや、スキニーなどのタイトなシルエットに多く、履き心地も良いのがポイントです。窮屈さが少なく使い心地がよいため、このタイプを購入する人が増えていますが、生地が薄いものが多いため耐久性が低かったり、型崩れしやすいのがネックと言えます。

TPOで選ぶ

デニムパンツはいろんな場面で活躍してくれる優れもの。そんなデニムパンツをより履きこなすためにも、シーンに合わせたものを選ぶとさらに好印象なコーディネートができます。例えば、アウトドアやレジャー用なら動きやすいストレッチ素材のものを、普段履きならタイトなものよりルーズなものを優先すると履き心地も良くリラックスできるでしょう。

また、職場などでオフィスカジュアルなスタイルとしてデニムパンツを履くという人も多いことと思います。その場合は、インディゴブルーやグレー、ブラックなど落ち着いた印象を与えられるカラーを選ぶのもポイントです。

予算で選ぶ

海外ブランドやデザイナージーンズなどは価格が高いものの、オリジナルブランドを展開している店舗では低価格で購入することができます。デニムパンツ初心者であれば、低価格のものからチャレンジしてみるのも良いですが、ポケットの数や柄、刺しゅうなどによっては、コーディネートの印象を下げてしまう場合もあるので注意しましょう。

また、あらかじめユーズド感を出すためのダメージ加工がされたデニムパンツを選ぶ場合も、実際に試着をして、履いた時の雰囲気を確認できるとベター。一見カッコよく見えるデザインであっても、使ってみるとイメージと違っていたということもあるので、ダメージパンツを選ぶときには少し価格が高くなってもデザイナージーンズを選ぶと安心です。

 

おすすめのレディースデニム総合人気ランキング12選

女性もカッコよく着こなすことができるデニムパンツですが、その中に女性らしさも感じさせてくれるテイストのものが人気です。伸縮性のある生地やシルエットによって気になる部分はカバーしながら、スタイルアップが叶います。

1位:RED CARD/Anniversary Highrise

美脚効果で女性らしさをアップグレード

超人気ブランドであるレッドカードで圧倒的な支持を誇る定番"アニバーサリー"。美脚効果がさらにアップした、ハイライズタイプがポイントです。腰まで包み込んでくれる安心感があり大人でも躊躇なく履けるこのデニムは、深すぎないのでヒップが大きく見えません。履き心地の良さと、女性らしさを兼ね備えたデニムをお探しの方にはぴったりです。

Anniversary Highriseの悪い口コミ

「思っていたより膝下が細め」

柔らかい生地を採用しているため履き心地は良いという意見が多いですが、自分の脚の太さに合っているかは試着をした方が安心ですね。

Anniversary Highriseの良い口コミ

「脚は太めだがゆとりがあり柔らかい」

「ややハイライズで形も綺麗」

ハイパワーストレッチデニムを使用したことにより、見た目よりも柔らかいと感じる人が多いようです。深すぎないハイライズが子育て世代にも人気のようです。

2位:upper hights/THE STELLA シルバー デニムパンツ

人気色のシルバーでカジュアルな美脚見えを

アッパーハイツの人気色である「SILVER」が、定番のTHE STELLAより初登場。ミドルライズのため、シャツやTシャツをインしても◎。ストレッチがきいた履き心地の良さと美脚見えの両立ができ、大人カジュアルに着こなせる1本です。ブルー系デニムとは一味違う雰囲気で、おしゃれに着こなしたい人におすすめのカラーです。

THE STELLA シルバー デニムパンツの悪い口コミ

「もう少しフィット感が欲しいと感じた」

「丈の長さが半端ですっきり見えない」

生地が柔らかくストレッチがきいているので、体型によってはもう少しフィット感がほしいという意見も。また、くるぶしより若干上の丈なので、履きこなしが難しいという人もいるようです。

THE STELLA シルバー デニムパンツの良い口コミ

「色味が綺麗」

「生地が柔らかく動きやすい」

やはりシルバーカラーを気に入って購入する人が多い商品です。美脚効果を生み出す柔らかい生地も好評です。

3位:THE SHINZONE/キャロットデニム

スタイルが良く見えるキャロットデニム

裾に向かって絞られている、ニンジンのような形状から名前が付けられたデニム。そのシルエットが特徴です。ハイウエストかつヒップにゆとりがありデザインで、ポケットの位置が高いことから、バックスタイルも良く見えるのが嬉しいポイント。洗うほど古着のような雰囲気が出るため、世界に1本しかないヴィンテージデニムに育てることも出来ます。

キャロットデニムの悪い口コミ

「あまり伸びない」

張りのある生地を採用していることから、伸縮性は低いでしょう。

キャロットデニムの良い口コミ

「ウエスト周りが細く見える」

「小尻効果があると思う」

珍しいシルエットが引き出す細見え効果が嬉しいポイントです。ハイウエストに抵抗があるという人もぜひチャレンジしてみてほしい1本です。

4位:ANATOMICA/【618 MARILYN】デニムパンツⅠ

くびれを強調させた絶妙な女性らしさが際立つデニム

太めのストレートラインでありながらも、すっきりと見えるのはくびれを強調させたハイウエストならでは。女優マリリン・モンローが愛用していたデザインから着想された、女性らしく履きこなせるデニムです。ペタンコ靴でも相性は◎。適度に軽い生地で動きやすく、少しゆとりのあるデニムをお探しの方におすすめです。

【618 MARILYN】デニムパンツⅠの悪い口コミ

「このデニムの良さを出すにはジャストサイズを選ぶべき」

ウエストがキュッと絞られたデザインのため、ややきつく感じる人もいるようです。ウエストサイズと丈感がぴったり合ったものを選べるよう、試着して確認できると安心でしょう。

【618 MARILYN】デニムパンツⅠの良い口コミ

「ヒップラインが綺麗に見える」

「横から見てもラインがすっきりとしている」

どの角度から見てもすっきりと、かつ女性らしく見えるのがこのデニムの魅力です。ヒップやおなかはカバーしながらも、ストレートラインで美脚度がアップすること間違いなし。

5位:HUG O WaR/【YANUK×HUG O WaR】スリムテーパードパンツ

履き心地の良い大人向けのきれいめブラックデニム

腰回りをホールドするミッドライズ。股上を少し深くすることで安心感のある着用感を実現しました。伸縮性があるため適度にゆとりをもって、窮屈感なく履くことができます。さまざまなシーンにマッチするブラックに、綿×ポリウレタン糸で光沢感が加わることできれいめに履けるので、オフィスでも活躍する1本になりそうです。

【YANUK×HUG O WaR】スリムテーパードパンツの悪い口コミ

「体型が心配で大き目を買ったが、少し余裕がある」

スリムなデニムではありますが、大き目のサイズを購入してしまうと伸縮性がある分、逆に少しゆとりが出来てしまう可能性があるようです。

【YANUK×HUG O WaR】スリムテーパードパンツの良い口コミ

「ストレッチがきいていて履きやすい」

「履いたシルエットが細くすっきり見える」

伸縮性があるストレートラインとブラックカラーで、引き締まった印象を与えることができるデニムです。オフィスでも、オフの日でも、幅広く使えるのが魅力的です。

6位:JET/DANA POINT ヘビーオンスストレートデニム

かっこよく履きこなせるヴィンテージ感がポイント

太めのストレートシルエットのこのデニムは、かっこいいスタイルを作り上げたい人におすすめです。13.5OZのヘビーウエイトセルヴィッチを使用してヴィンテージ感をアップさせることで、ヒールとの相性も良く、女性らしさを演出できます。太めに折り返してクロップド丈で着用するのも◎。足元を軽くすっきりと見せてくれます。

DANA POINT ヘビーオンスストレートデニムの悪い口コミ

悪い口コミは特にありませんでした。

DANA POINT ヘビーオンスストレートデニムの良い口コミ

「女性らしい雰囲気が出て良い」

ヒールとの相性が良いので、きれいめにデニムを履きこなせるのが嬉しいですね。シルエットも綺麗です。

7位:SINME/ワイドデニム

ハリ感のあるワイドプレスで上品な大人スタイルに

14オンスの厚手&ハリのある生地を使った、大人っぽい着こなしにぴったりなワイドデニム。広がりすぎないスラッとしたシルエットなので、きれいめな大人スタイルが叶います。深みのあるインディゴブルーのカラーとセンタープレスが上品な雰囲気も感じさせてくれるため、幅広いシーンで履けるのが魅力です。

ワイドデニムの悪い口コミ

「生地が硬めでゴワゴワする」

14オンスの生地を使っていることから、少しごわつきが気になるという人もいるようです。洗濯することで生地の質感が変わることもあるので、試してみるのも良いでしょう。

ワイドデニムの良い口コミ

「裾上げしてもラインが綺麗」

「フラットシューズでもヒールでも合わせられる」

いろんなシーンで履けるからこそ、どんな靴にも合わせやすいのは嬉しいポイント。さらにはスタイルアップまで叶う、一度は試してみたい魅力満載のデニムです。

8位:BLACK BY MOUSSY/KONA One wash DENIM

計算された女性用のボーフレンドシルエット

野暮ったくなりやすいボーイフレンドシルエットのデニムを、大人の女性でも安心して履きこなせるように計算された1本。そのポイントは、また上の深さにあります。ヒールを合わせてもよいですが、ローヒールサンダルやで少し着崩すことで大人なカジュアルスタイルに仕上げるのも◎。

KONA One wash DENIMの悪い口コミ

「色落ちが気になる」

インディゴ染料を使用しているため、洗濯やクリーニングでの色落ちや色移りには注意が必要です。

KONA One wash DENIMの良い口コミ

「やや薄手でストレッチもきいているので、夏でも履きやすそう」

「ラインがすっきりきれいに見える」

季節を問わずに、カジュアルにさっと履けるこのデニムパンツは使い勝手が良くて優秀。ちょっとしたお出かけやお買い物などでも活躍してくれること間違いなしです。

9位:CITIZENS of HUMANITY/カットオフデニム

大人スタイルにこそ取り入れたい旬のカットオフデニム

トレンドのカットオフデニムを上手に履きこなしたい人は持っていて損はない1本。やわらかい生地は肌あたりが心地よく、ワイドすぎないシルエットとウォッシュ感をプラスした程よいブルーのカラーが、おしゃれな大人スタイルに仕上げてくれます。ハリウッド女優にも愛されるCITIZENS of HUMANITYで、ワンランク格上げしたデニムスタイルを楽しみましょう。

カットオフデニムの悪い口コミ

「フロントがジッパーではなく全部ボタン」

「レングスが微妙に長い」

ボタンが少し不評のようです。履き心地にも影響するため、特にジッパーにこだわっているという人は、試着をしてレングスとともにチェックしてみましょう。

カットオフデニムの良い口コミ

「シルエットが綺麗」

「生地がさらっとしている」

きれいなシルエットと、軽やかに履ける肌触りのよい生地が好評です。初めてカットオフデニムにチャレンジしてみるという人にも手に取ってもらいたい1本です。

10位:Levi’s(R) Vintage Clothing/1950’701 JEANS

リーバイスの伝統を受け継ぐ女性用5ポケットジーンズ

1950年代のモデルをベースに作られた、リーバイス初の女性用5ポケットジーンズ。形や生地など、細部に至るまで丁寧に復刻されており、その伝統を受け継いだ1本です。高めのウエスト一からストンと落ちる太めのストレートが、今っぽさを引き出してくれます。

1950’701 JEANSの悪い口コミ

「丈が長い」

丈が長いこのデニムは、折り返して履くのがマスト。しかし、これが今っぽさを引き出すポイントとも言えるでしょう。

1950’701 JEANSの良い口コミ

「今どきのシルエットになる」

1950年代のモデルがベールでありながらも、今どきのスタイルに仕上げてくれるのがリーバイスの凄さ。ベーシックな5ポケットジーンズなので、いろんなコーディネートに取り入れやすいデニムです。

11位:suadeo/【究極】の加工 アンクル丈カットオフデニムパンツ

着こなしのセンスを引き上げてれるエイジングデニム

世界のブランドが認める加工工場で作られたこのデニムは、細見えするシルエットと動きやすいストレッチ生地にこだわった1本。これだけ高いクオリティでありながらも、価格帯は魅力的です。トレンドのカットオフ加工も施されたアンクル丈カットで、おしゃれには欠かせないアイテムになりそうです。

【究極】の加工 アンクル丈カットオフデニムパンツの悪い口コミ

「サイズ感が分かりにくい」

ストレッチが効いていて伸びもよいので、体型に合ったものを選ぶためにはサイズ選びが重要になりそうです。

【究極】の加工 アンクル丈カットオフデニムパンツの良い口コミ

「軽くて履きやすい」

「ライトブルーで合わせやすい」

こだわりぬかれたデニムというだけあって、やはりその軽さと色味は抜群です。アンクル丈を履いたことがない人も、いろんなコーデに合わせやすいのでぜひチャレンジしてみてください。

12位:Healthy Denim/【五明祐子さんコラボ・LEE別注】エイチ ソルトスペシャル

清潔感のあるバックスタイルも綺麗なデニム

美脚効果が高いと評判のモデル「エイチ ソルト」を発色の良い生地に変更したデニムです。これにより、カジュアル好きな五明祐子さんこだわりのカラーが実現されました。ステッチの色使いや、軽やかなムードが、清潔感を保てるデザインに仕上がっています。お尻がコンパクトに見えるようにポケットをひと回り大きくしているので、綺麗なバックスタイルを作り上げてくれます。

【五明祐子さんコラボ・LEE別注】エイチ ソルトスペシャルの悪い口コミ

「思ったよりゆったりしている」

ストレスを感じにくい柔らかいデニムですが、少しゆったりしたテイストなのでぴったりと履きたい人はワンサイズ下げても良いかもしれません。

【五明祐子さんコラボ・LEE別注】エイチ ソルトスペシャルの良い口コミ

「柔らかくなじみがよい」

「細く見えるシルエットが綺麗」

下半身にあまり自信がない人も、このデニムなら安心。バックスタイルも綺麗にまとまる、フィット感の良いデニムです。

 

おすすめのメンズデニム人気ランキング12選

メンズアイテムではヴィンテージ感が感じられるものが高い人気を誇っています。それ以外にも、履きやすさやラインが重要視されます。メンズのデニムのほうが値段が張るものが高い傾向があります。

1位:UPPER HIGHTS/THE FIVE - FIT ANKLE TAPERED

グラフィカルなデザインの王道デニム

カッコいいデニムパンツと言えばこのアイテム。程よい色褪せ感やシワ感がヴィンテージ感を漂わせる、クラシカルなデニムです。ストレートのラインがスマートな印象を与えてくれて、デニムパンツ初心者からこなれ感を出したい上級者まで、幅広く取り入れられる優秀な1本です。メタリックカラーのボタンが、良いアクセントに。

THE FIVE - FIT ANKLE TAPEREDの悪い口コミ

「なかなか手に入りにくい」

人気ブランドかつ、その履きやすさから、タイミングを逃すと入手が難しいかもしれません。

THE FIVE - FIT ANKLE TAPEREDの良い口コミ

「程よいテーパードが効いていてラインがきれい」

メンズアイテムも綺麗なラインだとスタイルアップの効果があり、嬉しいですよね。幅広いシーンで活躍してくれそうです。

2位:RED CARD/Rhythm Crop - SLIM TAPERED CROP

ヴィンテージ感薫るスマートデニムパンツ

ウォッシュ加工が施されたグラデーションのような落ち感が独特で、ヴィンテージ感を引き立てるキレイめスマートデニムパンツ。ステッチを効かせたグラフィカルな印象で、スリムなカッコいいスタイルを作り上げてくれます。

Rhythm Crop - SLIM TAPERED CROPの悪い口コミ

「クロップ丈なので少し短い」

足元がすっきり見えるクロップドパンツ。しかし、少し短めがゆえに中途半端な丈と感じる場合もあるようなので、ロールアップするなどして調整しましょう。

Rhythm Crop - SLIM TAPERED CROPの良い口コミ

「肌触りも履き心地も良いデニム」

程よい履き心地で、一度履いたらやめられないという人が続出。グラデーションのような落ち感が、おしゃれな雰囲気に仕上げてくれます。

3位:LEVI’S VINTAGE CLOTHING/1937 【501(R)】JEANS

今年らしいディテールで大人カジュアルに

今年らしいディテールが特徴の爽やかなデニムパンツ。1937年の人気モデルがベースとなっている、ヴィンテージ感ただよう1本です。大人カジュアルスタイルを作り上げたい人におすすめな、ダメージやウォッシュ加工が施されているストレートデニムです。

1937 【501(R)】JEANSの悪い口コミ

「腰回りがゆったりしている」

履きやすいポイントでもありますが、腰回りがゆったりしているためサイズ選びに気を付けましょう。

1937 【501(R)】JEANSの良い口コミ

「色落ちしていく過程を楽しめる」

ダメージやウォッシュ加工で、長く履くほど味が出る色落ちを楽しみながら履いているという人が多いアイテムです。

4位:WESTOVERALLS/818S - TAPERED

センタープレスが今っぽい雰囲気を引き出す脚長デニム

くっきりとしたセンタープレスが特徴の1本。これがあることで今っぽい雰囲気をぐっとアップさせてくれる上、縦ラインを強調して足が長く見える効果も期待できます。程よくゆったりめフォルムがリラクシーにみせてくれる、爽やかでカジュアルなテーパードです。

818S - TAPEREDの悪い口コミ

「ベルト部分のパーツを省かれてる」

おしゃれポイントではあるものの、ベルト部分が特徴的なのでレッドカードやアッパーハイツなどの定番デニムとは少し印象が変わるでしょう。

818S - TAPEREDの良い口コミ

「きれいめにもカジュアルにも履ける」

ゆとりのあるシルエットとセンタープレスがきれいめな雰囲気を出してくれます。カジュアルにも履ける色合いなので、幅広いコーディネートが叶います。

 

5位:ACNE STUDIOS/RIVER HI MOMBA

ナチュラル感を引き出す淡色カラーがポイント

ハリがある見た目に対し、ソフトな風合いを持ち合わせたアイテム。デニムでナチュラルな雰囲気を作りたいという人におすすめな、淡いカラーが特徴です。シックな佇まいも感じさせるカラーですが、クロップド丈によってほどよいリラックス感を演出してくれます。

RIVER HI MOMBAの悪い口コミ

「明るいカラーなので、どちらかというと春夏向き」

ぱっと目を惹く淡色カラーは、夏にぴったりです。秋冬コーデにも使えますが、他のアイテムで上手くバランスを取る必要がありそうです。

RIVER HI MOMBAの良い口コミ

「淡いカラーなのに、しっかりとデニムの雰囲気が出る」

ナチュラルさの中に、シックな雰囲気を漂わせる絶妙なバランスのデニムです。ブルーやブラックに比べ、軽い印象を与えることができます。

6位:UNITED ARROWS green label relaxing/【WEB限定】 SC★★デニム 2P ワイド テーパード パンツ 9分丈 / アンクル丈

9分丈が嬉しいジャストレングス

シルエットがアクセントのワイドパンツ。さらにぴったりの丈感の9分丈で、いつものカジュアルスタイルにプラスするだけでもスタイリングイメージが広がるアイテムです。ワイドパンツながらテーパードシルエットを取り入れているので、綺麗目に履きこなしたいヒトにもぴったり。お手頃価格の1本です。

【WEB限定】 SC★★デニム 2P ワイド テーパード パンツ 9分丈 / アンクル丈の悪い口コミ

「9分丈なので、自分のスタイルに合うかチェックが必要」

ジャストレングスではあるものの、身長やスタイルに合わせて購入しないと、せっかくの丈感が台無しになりかねません。WEB限定商品なので、サイズ選びは慎重に。

【WEB限定】 SC★★デニム 2P ワイド テーパード パンツ 9分丈 / アンクル丈の良い口コミ

「少しゆったりとしたデザインなので、程よく体型が隠れる」

ゆったりとしたラインにテーパードが効いたシルエットは、少し体型が気になる人も綺麗に履きこなすことができそうです。

 

7位:SCYE/サンホアキンデニム ヒップガセット5ポケット

使うほど引き立つヴィンテージ感

独自のパターンテクニックで股下にマチを施したこだわりデニム。股上深めのゆったりしたフォルムですが、膝下から絞ったテーパードによって美しい最旬ルックスを作り上げてくれます。フロントはボタンフライ仕様。長く履きたい人にほどおすすめな、デニムの独特な風合いが魅力です。

サンホアキンデニム ヒップガセット5ポケットの悪い口コミ

「洗濯すると縮んでしまった」

デニムパンツにはありがちなことかもしれませんが、このデニムパンツは綿100%なので、洗濯すると縮む可能性があります。綿は熱によって縮みやすくなるため、冷水を使って手洗いで優しく洗い、部屋干しで乾かすなど、洗濯の工夫で対処しましょう。

サンホアキンデニム ヒップガセット5ポケットの良い口コミ

「デニムの色味が良い」

独特な風合いを感じられるデニム。自分だけのオリジナルのデニムを育て上げるにはぴったりな1本です。

8位:S.ESSENTIALS/【オーガニックコットン】セルビッチデニムパンツ

オーガニック原料の柔らかいコットンを使用

柔らかく履き心地が良いオーガニック原料にこだわったデニム。デニムの産地として方かが高い、岡山県の工場で生産されています。太めの糸を使用しているので、丈夫な仕上がりに。テーパードを効かせた若干細めのストレートタイプで、昔ながらの旧式織機を用いて細部にまでこだわって作られたセルビッチデニムです。

【オーガニックコットン】セルビッチデニムパンツの悪い口コミ

「伸びは良いが、少し細め」

オーガニック原料にこだわった履きやすいデニムとして定評があるものの、やはりサイズ感はしっかりと確認して購入したほうが良さそうです。

【オーガニックコットン】セルビッチデニムパンツの良い口コミ

「思った以上に長持ちしそう」

柔らかい素材のデニムは生地がよれたりしやすいですが、太めの糸を採用しているため、丈夫につくられているのが魅力です。

9位:DRESSTERIOR/SIVIGLIA(シヴィリア)インディゴダメージデニム

優雅さにこだわった高品質デニム

イタリアで誕生したブランド、DRESSTERIORから登場した質にこだわったデニムです。イタリアらしさが現れたスリムなテーパードラインでポイントで、質の良い素材を厳選した優雅さが感じられる1本。ポケット数は4つ。ストレッチが効いていて色の抜けやダメージの施し具合も絶妙なので、ワンランクアップしたスタイリングにチャレンジしたい人にもおすすめです。

SIVIGLIA(シヴィリア)インディゴダメージデニムの悪い口コミ

悪い口コミは特にありませんでした。

SIVIGLIA(シヴィリア)インディゴダメージデニムの良い口コミ

「ブルー系のデニムだが、高級感があるので落ち着いた印象にもなる」

オフィスカジュアルとして履く場合はグレーやブラックが定番ですが、素材にこだわった落ち着いたデニムなので、いろいろなシーンに対応できるパンツです。

10位:BASE STATION/JAPANデニムテーパードパンツ

オールシーズン通して履けるシンプルデニム

日本製のデニム生地を使用しており、スリムなテーパードタイプです。定番の5ポケットで、シルエットにもこだわったベーシックなデニムなので、1年を通して履けるオールマイティなデニムです。神パッチもシンプルなオリジナルデザインを使用しています。

JAPANデニムテーパードパンツの悪い口コミ

「シンプルがゆえに、個性を出しにくい」

すっきりとスタイリングがまとまるものの、おしゃれ上級者になると、他の人と違うは違った履きこなしをするためのアイテム選びが重要になりそうです。

JAPANデニムテーパードパンツの良い口コミ

「見た目もいたってシンプルなので、どんなコーデにも合わせやすい」

シンプルでシーンを選ばないパンツ。どんなアイテムともバランスよく着こなせて、年中使える万能アイテムです。

11位:ERICK HUNTER/DENIM PANTS (MADE IN USA)

履き心地が良いラクちんイージーデニム

ウエストにドロストゴムを使用しているため、窮屈感なくさっと履けるイージーデニム。股上が深くゆったりとしたフォルムなので、普段履きにもぴったりです。落ち着いたデニムカラーが爽やかでカッコよく、リーズナブルなアイテムです。

DENIM PANTS (MADE IN USA)の悪い口コミ

「思っていた以上に大きい」

ゆったりとしたフォルムということもあり、想像以上に大きく感じたという意見が多く見られました。

DENIM PANTS (MADE IN USA)の良い口コミ

「ゆったりしていて、ウエストのゴムが履きやすい」

「リーズナブルで良い」

窮屈感がなく履きやすいのが何よりも魅力のこのパンツ。普段履きにも、ちょっとしたお出かけも嬉しいデザインです。

12位:JOSEPH HOMME/CIGAR 5 POCKET スーパーストレッチ デニム パンツ

スーパーストレッチ素材を採用した快適な履き心地

素材で選ぶならこのデニム。スーパーストレッチ素材を使用することで、これまでにないキックバック性を持ったデニムが誕生しました。ポリエステルを使用しているため軽さもあり、夏場でも快適に履けます。程よいテーパードシルエットで、カジュアルなデニムもすっきりとした印象で履きこなせます。

CIGAR 5 POCKET / スーパーストレッチ デニム パンツの悪い口コミ

「少し光沢感があるように思う」

ポリエステルを使用していることから、綿100%のデニムに比べると少し光沢感が感じられるでしょう。ただ、落ち着いた色味のパンツなので、派手な印象にはなりません。

CIGAR 5 POCKET / スーパーストレッチ デニム パンツの良い口コミ

「ストレッチがきいているので履きやすい」

細身ではあるもののスーパーストレッチ素材の生地で伸びがよく、何度も履きたくなるデニムです。

 

デニムおすすめブランドランキング

デニムを選ぶにはブランド選びも欠かせません。デニムパンツを取り扱うブランドはそれぞれに異なる魅力とアイデアが詰め込まれています。まずは、人気を集めるブランドをチェックしておきましょう。

長く続くデニムブランドが注目される中、ここ数年で急成長したブランドからも目が離せません。歴史の長いデニムの魅力を引き継ぎながらも各ブランドの魅力をプラスし、さらにクオリティの高いアイテムを作り出しています。それぞれのアイテムの異なる雰囲気やテイストを上手くコーディネートにプラスしましょう。

 

1位:upper hights (アッパーハイツ)

upper hights (アッパーハイツ) は2014年春に創立されたデニムを中心としたTOKYOのブランド。【SIMPLE】かつ【STYLISH】をテーマとしたコレクションを表現するために、生地、フィット、デザインを細部まで計算し構築されています。どんなスタイリングにもマッチする「着る」人を惹きたてるバランスの良さを重視し、高品質でシルエットにもこだわったアイテムが揃います。

2位:RED CARD (レッドカード)

ジーンズを熟知した本澤裕治氏によって手がけられているブランド。日本の繊細なクオリティーが施され、ウォッシュ加工やユーズド加工によって立体感が感じられるリアルヴィンテージ感が魅力です。単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもち、きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案。ファッションリテラシーが高く、おしゃれな人におすすめしたいブランドです。

3位:Levi’s(R) Vintage Clothing (リーバイス(R) ビンテージ クロージング)

1873年に世界で初めて「ジーンズ」を誕生させて以降、「伝統と革新」というコンセプトのもとに様々な銘品を世に贈る有名ブランド。いつの時代も核となってきた「501」を中心に新しいスタンダードを打ち出し続けるLevi’sジーンズは、時代を切り拓いてきた世界中のパイオニア達に愛されてきました。知名度も高く、デニムを検討する上では外せないブランドです。

4位:THE SHOP TK (ザ ショップ ティーケー)

メンズカジュアルが軸ではあるものの、レディース以外にキッズも展開するブランド。スタンダードアイテムがベースで、価格帯も3000円~5000円と、取り入れやすいアイテムが揃います。また、スタンダードながらも半歩先のトレンドや遊び心のあるアイデアをふまえつつ独自のテクニックを駆使し、アイテムを手に取った人たちに心地よい毎日を提供し続けています。

5位:WESTOVERALLS (ウエストオーバーオールズ)

2017年にデビューして以来、急速に人気が高まっているのがジーンズをメインにしたこのデニムブランド。西洋はフランスのニームから誕生し東へ渡ってアメリカで反映したという物語をテーマにスタートした後、ユニセックスのアイテムを展開。ヴィンテージ感のある古き良きテイストと洗練されたムードを併せ持つ、人気急上昇中のブランドです。

6位:ANATOMICA (アナトミカ)

今も語り継がれる名店『GLOBE』を筆頭に、‘70年代より世界中のファッションシーンに多大な影響を与え、今なお現役であるPIERRE FOURNIER(ピエール・フルニエ)によって、1994年にパリにオープン。“多種多様な人体にフィットする服と靴”をコンセプトとして世に発信するとともに、こだわりに溢れたエレガントなコレクションが特徴のブランドです。

7位:Scye (サイ)

英国クラシックをベースに、カジュアルでベーシックなアイテムをより現代的視点から様々な要素を加えて上品にデザイン。再構築することによって、クラシックとモダンを融合させた新しいスタイルを特徴とするブランドです。着心地と馴染みの良さが人気を集める、クオリティーの高い服作りを目指すブランドです。

8位:UNITED ARROWS green label relaxing (グリーンレーベル リラクシング)

「~Be happy ココロにいいオシャレな毎日~」をコンセプトに、ユナイテッドアローズが展開しています。ユナイテッドアローズの持つ伝統的なベースとして、心が豊かになる「モノ」「コト」を提案する服と雑貨のブランド。手ごろな価格帯で、日常生活に気軽に取り入れられるアイテムが多数取り揃えられています。

9位:ACNE STUDIOS (アクネ ストゥディオズ)

1997年 ストックホルムにて設立されたブランド。その特徴は、ブランドでありながらも様々なジャンルのクリエイターが集まるクリエイティブ集団でもあるということ。ラグジュアリーな雰囲気を保ちつつ、実用的で主張しすぎない北欧的なデザインが人気です。当初からデニムをメインに展開し、20年足らずで有名ブランドの一端を担っています。

10位:ERICK HUNTER (エリックハンター)

1979年にビルクラークが卸売りの会社としてビジネスをスタートしたのが始まり。良い意味で飾りっ気のないチープなアイテムが、アメリカらしさを際立たせています。パンツはロングとショートの2スタイルで、ゆったりとしたシルエットのデニムが豊富に揃っています。最近ではスポーツウェア等にも商品を展開。

11位:JW ANDERSON (ジェイ ダブリュー アンダーソン)

2008年にロンドンにて創立したブランドです。メンズブランドとして立ち上がったブランドではありますが、ファンや取引先の強い要望によりって2010年からはウィメンズラインもスタートさせました。既存のユニセックスあるいはジェンダーレスという概念を打ち破り、レディスとメンズの境界を越えたデザインとフォルムを具現化し、新しいプロポーションを創りだしています。

12位:S.ESSENTIALS (エス エッセンシャルズ)

S.ESSENTIALSの「S」はSANYO SPECIALITYの「S」。地球(環境)に配慮し、着る人を想い、ウエアだけでなく雑貨も含めたトータル展開をスタートすることにより、2018年秋冬にブランド名をリニューアルしました。三陽商会が75年間の歴史の中で培ってきた「素材」「デザイン」「縫製」にこだわって作り上げる、個性を輝かせるオリジナルのブランドです。

13位:DRESSTERIOR (ドレステリア)

1998年に誕生した、日本の大手アパレル会社「ワールド」が展開するセレクトショップ。なごみを感じる空気感を大切にしながら、上質なベーシックアイテムに加え、老舗で作られる定番アイテムやヴィンテージもの、モード感覚のウェアなどを、ハイクオリティなオリジナル商品と組み合わせて提案するショップです。

14位:BASE STATION (ベースステーション)

『BEST OF BASE ITEMS』をテーマに、大人が違和感なく楽しめるアイテムを、新鮮で高感度でありながらも日常使いができるものとして提供するブランド。個々のスタイルテイスト、世代、性別の枠を超えて、日常のインナーウエアとしてだけではなく、こだわりもったベースアイテムとして提案することを大切にしています。

15位:JOSEPH HOMME (ジョゼフ オム)

ロンドン発のブランドで“Slick & Chic”をテーマに、美的センスを持ち、自分自身を豊かに演出できる人に向けて、洗練された高感度な大人服・ライフスタイルを提案するブランドです。ウィメンズアイテムを取り扱う「JOSEPH」も展開しており、エッジの利いたアイテムをラグジュアリーな素材で提案。

 

デニム選びをマスターしよう

ご紹介してきたように、デニムの種類はシルエットや素材、さらにはそのデニムパンツが引き出す雰囲気までをふまえると、様々な種類があります。また、履き続けることによって味が出るのが魅力でもあるデニムは、1本1本違う自分だけのデニムに育てることが出来ます。

少しでもデニムについての知識があれば、よりデニム選びが楽しくなるでしょう。まずは、人気ラインの中から、お気に入りの1本を見つけてみてくださいね。

関連記事
  • 28:大阪のセレクトショップが素敵すぎる veje "今っぽい"に出合えるアトリエのような異空間 自然光が差し込み、白とウッドを基調にした広い空間。今年4月、中津に移転・拡大した店内には、状態がよく、今の服に合わせやすいクリーンな印象の古着を豊富に揃えている。そのほかシンプルなスタイリングにアクセントを添える大ぶりのアクセサリーも充実。片袖のみを切り落とすリメイクを施したビッグシャツも人気のアイテムだ。 1 目が覚めるようなイエローと光沢のあるサテン地、ウエストの流れるようなドレープが特徴的なワンピースは、オケージョンにも最適。カシュクールタイプでシックに着こなせる。ワンピース¥22,000 2 珍しいカラーレザーのフレアスカート。古着ならではの凝ったディテールに心躍る。スカート¥28,000 3 デニムのようなカラーリングが美しいセットアップ。とろみのある素材感のシャツ&ストレートパンツは、単体でも活躍。セットアップ¥16,000/ベジェ DATA 大阪府大阪市北区中津6の7の18 1F電話:06-7710-1937営業時間:13時~19時定休日:水曜 I SEE ALL 旅するように楽しめるコンセプトショップ 南堀江のセレクトショップ「VISITFOR」の2号店として昨年オープン。ヨーロッパでのバイイング後に立ち寄る休暇先で出合った、ユニークな雑貨類を中心に、ジュエリーや食器に革小物、旅先で心地よく過ごせるリラックスウェアを展開する。店が位置するのは、レトロなたたずまいが魅力の丼池繊維会館ビルの中。肩の力を抜いて買い物をしたい。 4 軍物のライナーに、ポジティブなメッセージをプリント。前面には手描き風のスマイルマークが。ジャケット¥23,000(ジュウジュウ) 5 ミュンヘンのグラフィックチームが手がける雑貨。バッグ¥8,500(パブリック・ポセッション) 6 モダンなガラス製アクセサリーは、ベルリンのプロダクトデザイナーによるもの。バングル(銅)¥13,000・(クリア)¥11,000・リング各¥8,500(すべてクリスチャンメッツァー)/アイシーオール DATA 大阪府大阪市中央区久太郎町3の1の16 丼池繊維会館 #201電話:06-6282-7360営業時間:11時~19時定休日:火曜PORT 永く愛せるワードローブのために 2017年にオープンしたセレクトショップ「PORT」は、世界中から集められたデザイナーズ、ヴィンテージ、家具や陶器、アート作品までもが集う居心地のよい空間。着る人のバックグラウンドを想起させる商品ラインナップは、服好きをうならせる上質なセレクション。10月からはショップ2階に、デザイナーズ家具や器の専門フロアをオープンする予定だ。 7 人気のカフタンワンピースが別注色のオレンジで登場。ワンピース¥100,000(クリスタセヤ) 8 美しい手刺しゅうと色合いに目が奪われるチャイナローブは、定期的に入荷をしているアイテム。1940年代のヴィンテージチャイナローブ¥110,000 9 クレープ地にアフリカンプリント生地がパイピングされたスリットパンツ。白は「PORT」の別注色。パンツ¥50,000(スーパーヤヤ)/ポート DATA 大阪府大阪市北区大淀中1の8の19 1F電話:06-7508-6179営業時間:12時~18時定休日:不定休 LITMUS ドメスティックブランドの最前線に触れる ショップのコンセプトは「forurbanmarblings」。それぞれが独立しながらひとつの柄を描くマーブル模様をイメージ。実験的なアプローチを続ける国内の若手11ブランドのほか、インポートでは香港のJOHN、イギリスのClanなどを取り扱う。現行品の個性に負けないヴィンテージアイテムも要注目。今年8月には、2店舗目となる姉妹店、LUTENSをオープンした。 10 YOHEIOHNOらしい立体的シルエットのジャケット¥85,000(YOHEIOHNO) 11 ジャケットの袖と身頃をオーガンジーが包み込み、マスキュリンとフェミニンが美しく同居する。ジャケット¥98,000(アキコアオキ) 12 サイドスリットが印象的なドレスに、半身のファービスチェをレイヤード。アシンメトリーなルックに挑戦したい。サテンドレス¥35,000・ロングビスチェ¥22,000(ともにキシダミキ)/リトマス DATA 大阪府大阪市北区中崎西1の1の6吉村ビル1F電話:06-6136-5612営業時間:14時~20時定休日:木曜 >>HAPPY SMILE JOURNAL【TOPIC 29 - 30】
  • 光る おなじみのアイテムもキラキラと光るだけで、途端に新鮮な印象に。いつものウェアにプラスして、スタイリングを盛り上げたい。MARINE SERREのタイトスカートシルバースカート¥140,000(参考価格)/MATT.(マリーン セル)アップサイクルのデニムを使用したミニ丈のタイトスカート。全面にメタリック加工を施すことで、スタイリングのフックになるスペイシーなアイテムに。MAISON MARGIELAのグラム スラムバッグ〈H29×W43×D14〉¥268,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)ブランドのアイコニックなバッグ「グラム スラム」がオーロラカラーで登場。光の当たり方で色を変え、特徴である立体感をよりいっそう際立たせる。MSGMのブルゾンブルゾン¥85,000/アオイ(MSGM)ベーシックなブルゾンも、メタリックになればエッジのきいた存在に。ショルダーに配されたゴールドの切り替えがアクセント。IENKI IENKIのダウンジャケットダウンジャケット¥150,000/エイチ ビューティ&ユース(イエンキ イエンキ)暗くなりがちなダウンジャケットも、箔のような質感のゴールドならぐっと華やかに。ベルトでウエストを絞れば、シルエットにメリハリが生まれる。軽くて暖かい高品質の 羽毛を使用。DRIES VAN NOTENのニットニット¥115,000/ドリス ヴァン ノッテンシルバーやゴールドのスパンコールを贅沢にあしらって。クルーネックのニットが、ロマンティックなアイテムに変貌。MANOLO BLAHNIKのハイヒールパンプスパンプス〈ヒール9cm〉¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)かかとの中心にくるようヒールを設置することで、抜群の安定感を誇る「BB」。まばゆいまでに輝くシルバーのラメが足もとをとびきり華やかに彩る。ALEXA CHUNGのセンタープレスパンツパンツ¥43,000/ブルーベル・ジャパン(アレクサチャン)端正な佇まいのセンタープレスパンツも、ゴールドのメタリックによって主役級の存在感に。BELLA FREUDのタートルネックニットニット¥39,150(参考価格)/ステディ スタディ(ベラ・フロイド)繊細にきらめくラメ混のタートルネックニット。胸元には、ブランドロゴのワンポイントが。MARIA LA ROSAのソックスゴールドのソックス¥5,800/ロク 渋谷キャットストリート(マリア ラ ローザ)メタリック加工を施したソックス。素材の82%がシルクなため、肌ざわりは極上。 インティメイト いつもの服をより快適に、マンネリなルックにアクセントを。普段引き出しの中に隠れている名脇役をラインナップ!BASERANGEのオールインワンオールインワン¥11,500/BASERANGE TOKYO(ベースレンジ)下着や肌着に定評のあるベースレンジの、アクティブウェアやインナーとして使えるありそうでなかったタイプのオールインワン。防寒性があり、ワンピースの下に着てもおなかの部分がもたつかない。CHICSTOCKSのソックスソックス 各¥1,800/ノーデザイン(シックストックス)シックストックスのソックスは、つま先、かかと、足裏がクッション性のあるパイル地。はき心地に加え豊富なカラーも揃う。L'ANGELIQUEのスリップキャミソール¥19,000・ペチコート¥16,000/エストネーション(ランジェリーク)エストネーションとのコラボレーションカラー。うれしいことに、華麗さと透けづらさを両立!KARAKORAM ACCESSORIESのニットグローブニットグローブ¥11,000/GALERIE VIE 丸の内店(カラコラム アクセサリーズ)ハンドメイドとは思えない緻密な編み目を実現するカラコラム。素材は柔らかく暖かいアルパカ100%。PLAN Cのネックウォーマーネックウォーマー¥22,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン C)ニットが得意なプラン Cのネックウォーマー。ボタンが配されたリブ編みという、ほどよいデザイン性が魅力。HAKUJIのカットソーカットソー¥14,000/ブランドニュース(ハクジ)シンプルさと上質さを追求するハクジ。他の服を邪魔せず、シルク混で心地よさを与えてくれるため、毎日でも着たくなる。TANIのアンダーウェアブラジャー¥3,900・ショーツ¥2,800/タニ ジャパン(タニ)タニの素材へのこだわりは随一。オーストリアのブナの木から生成された天然繊維は、驚くほどしなやかな肌ざわりだ。服への影響が少ないストイックさと、センシュアルなディテールのバランスが絶妙。OVERNEATHのニーハイソックスソックス¥3,800/ロク 渋谷キャットストリート(オーバーニース)洋服を着ることをより楽しくするオーバーニース。マチュアなニーハイソックスは着こなしの幅を広げる。JENNIFER OUELLETTEのヘアピンヘアピン 各¥2,200/ロンハーマン(ジェニファー オーレット)ベーシックなタイプのヘアピン。シックな色みのリボンをあしらうことで大人の女性のためのアイテムに。GIU GIUのニットレギンスニットレギンス¥43,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ)ニットブランド、ジウジウの肉厚なレギンス。深めのリブやストレートシルエットがモードなスパイスに。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年12月号「一周回ってこれが私のニュースタンダード」photography: kimyongduck styling: Sumire Hayakawa 〈KiKi inc.〉 text: Mai Ueno
  • 待ちに待ったクリスマスコフレのシーズンが到来。どれも売り切れ必至なので、発売日をチェック! 大好きな友達に、1年頑張った自分へのご褒美に。お気に入りを見つけてね♡予約開始日は10月18日  可愛くて使える! 今年のジルも絶対買い  JILLSTUART裏目玉!E:可愛く引き締められるバーガンディが絶妙すぎる!ジルスチュアート ロイヤル&アーバンプリンセスコレクション ¥7500/ジルスチュアート ビューティ(数量限定発売) くすみピンクやブラウンなどの6色が入ったアイパレットは可愛さ&使いやすさ抜群! バーガンディのアイライナー、ヴィンテージピンクのグロス、透明感をプラスするチークを合わせれば、今っぽなくすみピンクのワントーンメイクに。  A.B.C.D.Eを使用 Cを眉下、Bをアイホール全体に。Aを二重幅に入れ、DとEを目尻に入れて。 Fを使用 1本でもきちんと発色するグロスはシーンを選ばずに使えそう。  ワンランク上の上品メイクが簡単に!  DECORTÉ裏目玉!アイライナー:鮮やか&絶妙な色みで使いやすいアイライナーが秀逸!コスメデコルテ メイクアップ コフレ Ⅱ ¥7000/コスメデコルテ(数量限定発売) ピンクとベージュのマーブルのアイグロウ ジェムとアイライナーを合わせると、ほんのり色っぽい印象的な目元が完成。使いやすいピンクベージュのチークに、シックなシアーレッドのリップを仕込めば、いつもとは違う大人顔にイメチェン♡ 予約開始日は10月25日  電撃級のコラボは絶対手に入れたい!  shu uemuraピカシュウ アイ パレット - サンダー ショック ¥8000/シュウ ウエムラ(数量限定発売) 発売前からバズりまくっているポケモンとのコラボコレクション。アイパレットには、ベーシックなブラウンから、トレンドのカシスやカミナリをイメージしたイエローまで、メイクの幅が広がる12色がズラリ。ピカシュウと一緒にホリデーメイクを楽しんで♪  ©️2019 Pokémon.モデル/佐久間梨奈 藤井琉奈(2人ともnon-noカワイイ選抜) 撮影/橋口恵佑(物) 富田恵(モデル) 構成・原文/与儀昇  web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • ファッションウイークの期間には、多分野の話題も相次ぎます。この秋のオフ・イベントから、まずは「モダン・マハラジャ」展。中央インド、インドール県のマハラジャが1930年代に作らせた邸宅、マニク・バグ宮の調度品を中心とした展覧会です。彼は当時ル・コルビジェやブランクーシらとも親交があり、インドの伝統と欧米のアール・デコやモダニズムの融合という特別な世界観を築きました。ところで州は変わりますがインドと言えば、ジャイプールを創作の拠点とするジュエリー・デザイナーのマリーエレーヌ・ドゥ・タイヤック。9月25日には彼女の作品の集大成Gold and Gems (Rizzoli刊)の出版記念サイン会が開かれました。 グルメ×モードの例では、ジャックムスのシモン・ポルト・ジャックムスのディレクションで完成したレストラン「ウルサン」が、新たなホットアドレス。パートナーシップを組んだのは、老舗レストラン「キャヴィア・カスピア」で知られるカスピア・グループです。一方シモンの親友でインフルエンサーのジャンヌ・ダマスは、自身のブランド「ルージュ」の初の旗艦店を、レストラン併設でオープン。1年前に彼女のトレードマークの赤リップを中心にスタートした、メイクアップ・ラインも好評です。一方メイクを含めたビューティのこだわりセレクトなら、オープンしたばかりのドーバーストリート・パルファン・マーケット(DSPM)へ。DSMによる世界初のビューティ専門店であるここには、発表されたばかりのトム・ブラウンの香りコレクション「09.27.65」から、サステイナブル&オーガニックなニッチブランド、例えば最近はヴィーガン・レザーのケースを発表した「ラ・ブッシュ・ルージュ」など。ヴィーガン・ファッションを徹底するのは、女優のルーニー・マラによる、ロサンジェルス拠点のブランド「ヒラエス」です。レザーやファーだけでなく、ウール、カシミア、シルクも一切使わないヒラエスのコミュニティは 、倫理的ファッションに共鳴する人たち。その流れで、今回パリでのヒラエスのショールームでは、サステイナブル・トークが開かれました。そして一番の話題は、シャルロット・ペリアン展。その創造性だけでなく、大戦前後の女性の社会的地位向上に貢献した彼女は、今まさに見直したい存在です。数年前にはルイ ヴィトンがペリアンにインスパイアされたカプセル・コレクションを発表しましたが、この偉大な家具デザイナー&アーティストは、今でもジャンルを越えた影響力を放っているのです。 text: Minako Norimatsu 右:マハラジャ夫妻の写真(Centre Pompidou - Musée National d'Art Moderne)とチェス(The Art Institute of Chicago)、共に1927年マン・レイによる作品。 左:Ivan Da Silva Bruhnsデザインのカーペット© Adagp, Paris, 2019 。Moderne Maharajha, Un mécène des années 30 展は開催中~来年1月12日。Musée des Arts Décoratifs ‪107, rue de Rivoli 75001 photos : Luc Boegly‬右:ウルサンのディッシュは、ウニのタラマを始めシーフードがメイン。左:ジャックムスによる内装は、夏の地中海がイメージ。Oursin , Galeries Lafayette Champs Elysées ‪60, Avenue des Champs Elysées 75008‬ 12時~22時30分(日、月~21時30分)無休 Photos © Yoann et Marcoウェブ展開のみでスタートしたルージュが、ロサンジェルス、東京でのポップアップに続いて旗艦店をオープン。内装は、本誌でも2年前に特集したインテリアのブランド、デモデのマリーフランス&ステファニー・コーエン。Rouje & Chez Jeanne ‪11, rue de Bachaumont 75002‬ photos : Harmony Ferreira右:店内の至るところに見られる、卵型の棚を内包した円柱は、川久保玲自身のデザイン。左:新作Slow Danceも一押し、バイレードのフレグランス・コーナーは同ブランドのファウンダー、ベン・ゴーラムのデザイン。Dover Street Parfums Market 11 bis, rue Elzévir 75003 Photos © David Foesselエッジー&ロマンティックなHiraeth 2020年春夏コレクションより。ヒラエスが所属するショールームLE 31が主催したサステイナブル・トークの主役はボストンのセレクトショップViola Lovely のLisa Cancelli。photos: Courtesy of Hiraethシャルロット・ペリアン展より。再現された学生寮の部屋(Cité Universitaire Internationale de Paris, 1952年)には、アイコニックな棚「ニュアージュ」が。Charlotte Perriand, Inventing a N ew World 展は開催中~来年2月24日まで。Fondation Louis Vuitton ‪8, Avenue du Mahatma Gandhi – Bois de Boulogne 75116‬
  • 秋本番の肌寒い日に大活躍のニット。薄手でアウターのインナーとしても使いやすい薄手のものから、ちょうど今ごろの気温なら1枚でサマになるボリュームニットまで、今シーズンのトレンドニットを集めてみました!   愛用者多数のリブニットはこの絶妙なフィット感が決め手 SLOANE/14G メリノウール リブクルーネック/¥22,000+税 首まわりをきれいに見せる、やや横広がりのクルーネックニットです。ウールの中でも特に上質で、繊維の細いエクストラファインメリノウールを使用。フィットしすぎない絶妙なリブニットは、立体的な成型編みによるもの。体を包み込むような作りが、ストレスのない着心地を叶えます。ニュアンスのあるキャメルとグレーを別注しました。   色違いのグレー     レーヨン混の両面起毛フリースはソフトで保温性もばっちり DANTON/フリースプルオーバー/¥13,800+税 ダントンで人気のフリースシリーズから登場したプルオーバー。ポケットや背当て布にワークウエアのモチーフを取り入れたデザインが、カジュアル派の心をくすぐります。鮮やかなレッドとメランジ調グレーの2色。     定番のボーダーをモックネック&体が泳ぐゆるシルエットで新鮮に ORCIVAL/ボーダーニット/¥14,800+税 昨年、LEEマルシェで大ヒットを記録したニットのカラー違いが入荷。素材はソフトな風合いのメリノウール。わずかな着丈の前後差とサイドスリットが、タックアウト時に適度な抜け感を生みます。身幅はゆったりワイドですが、薄すぎず、厚すぎずのちょうどいい肉感で、アウターインでもかさばりません。     ピタピタせず心地よくフィット。真冬はインナーとしても重宝 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 柔らかでドライな肌ざわりと、しなやかな伸縮性、さらにつかず離れずの絶妙なフィット感で、肉感や下着の段差を拾いにくく、きれいを演出する細リブニット。手の甲が少し隠れるくらいまである長めの袖丈は、軽くたくし上げるとこなれた雰囲気に。配色を選ばない鉄板のネイビーとブラックに加え、装いが女性らしく秋めくボルドー、テラコッタで展開。     即完売の大ヒットフーディが、新色ブラウンを携えて再登場! 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 今春、発売するやいなや完売となった噂のフーディは、やや厚手で、ふっくらソフトな裏毛素材。リラックス感のあるシルエットに、すっきり見えにきく両サイドのリブと、アレンジのしやすさを叶える袖口&裾のリブがあしらわれています。ニュアンスのあるカーキとベージュに、新色ブラウンが仲間入り。     ひとクセあるスウェットシャツでカジュアルコーデを格上げ Scye/ウール混プルオーバー/¥26,000+税 モード&スポーティな雰囲気を漂わせる黒×オフホワイトのスウェットプルオーバー。背中から左右の袖に螺旋状につながる、大胆な切り替えラインが特徴です。コットンとウールをブレンドしたブランドオリジナルの裏毛素材は、ほどよい厚みがあって保温性が高く、これからの季節にぴったり。シンプルなボトム合わせで、洗練された着こなしに仕上がります。     秋冬のマリンルックはアンカー柄入りニットを主役に Le Tricoteur/アンカー柄ニット/¥19,800+税 詰まりぎみのネックラインや肩&裾付近のリブ編みなど、伝統的なガンジーセーターのディテールを持ったニット。膨らみとコシのあるウール素材を使った、身幅の広いゆったりとしたシルエットは、今っぽさも文句なし。左胸にあしらわれたリンクス編みのクラシカルなアンカー柄が、マリンテイストを一層盛り上げて。     凹凸のある編み地でニュアンスをつけたボーダーで冬のマリンコーデをぐっと洗練 12closet/タック編みボーダータートルニット/¥13,000+税 ボーダーならではの着映え力はそのままに、ほどよくざっくりとしたタック編みと、上品なオフホワイトを基調にした配色で鮮度をアップ。ベイカーやデニム、チノパンといった定番ボトム合わせでも、去年と差のつく着映えを約束します。ボトムのシルエットを選ばないサイズ感や、室内外の気温差が激しい冬も快適に着られる、ドライな肌触りもうれしいポイント。     着回しがきくスタンダードなニットを今っぽさが引き立つ別注色でオーダー SCYE BASICS/クルーネックセーター/¥15,000+税 英国とオーストラリアの羊毛をかけ合わせた、暖かくソフトでボリューム感のある糸を使用。特別な編み機で編み立てられた、縫い目のないホールガーメントニットなので、ストレスのない着用感を味わえます。日常使いしやすいベーシックなデザインに、胸元のサイのワッペンがアクセント。旬のダークブラウンが買えるのはLEEマルシェだけ。   LEE11月号掲載の商品は下記のデジタルカタログからもご覧いただけます。
  • 「ブルガリ」が「アレキサンダーワン」とのカプセルコレクションを発表。アイコニックなセルペンティモチーフの新たな魅力にほれぼれ。「シャープだけどエレガントな絶妙バランスが最高。形はかっちり、サイズはミニが可愛い」。バッグ「ALEXANDERWANG×BVLGARI」(19×15×6)¥185000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ)■03(6362)0100 2013年に誕生したスカーフ「マ キシ・ツイリー」が、今季縦長 にアップデート。首もとにす っきりスマートに巻けるうえ、 バッグの装飾やベルト使い、 ヘアアレンジにも。 「マルチな プリントで巻いたときの表情 が毎回異なり、それもまた楽 しい」。スカーフ 「H・オ・ギャ ロップ」 (10×180)各¥ 37000/ エルメスジャポン(エルメス)  ☎03 (3569)3300 話題のスニーカーラインに新作が仲間入り。黒スパンコールとゼブラ柄、リュクスな素材感にこだわって。「洒落感とラグジュアリーさのさじ加減がちょうどいい。ブラックワンピに合わせたいです」。靴「ヴェニス」(2)(右から)¥55000・¥90000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)■0120-95-2746 今季からロゴを一新した「フルラ」からアイコンバッグがデビュー。新モノグラムであるフルラアーチロゴのクロージャーが洗練された存在感を放つ。「デザイン自体はシンプルだけどフォルムがどこか女らしくて好き。ストラップを短めにできるのも気分にぴったり」。バッグ「フルラ1927」(18×23×7)¥54000/フルラ ジャパン(フルラ)■0120-951-673 先シーズン大好評だった「エストネーション」エクスクルーシブの「ジョンストンズ」大判カシミヤストール。今季は継続のブラック×グレーに加え、やさしげなベージュカラーが新顔。「今年は断然、アイボリーや淡ベージュの服とワントーンでコーディネートしたいです」。ストール¥62000/エストネーション(ジョンストンズ)■0120-503-971 【STELLAR HOLLYWOOD】 「普遍的なダイヤをスタイリッシュに楽しめるブランド初のジュエリーラインが素敵」(スタイリストM) YOSHiKO CREATiONデザイナー、梶谷好孝氏が「ステラハリウッド」のためにデザインしたダイヤモンドがメインのジュエリーライン「ア・トワ」がデビュー。「スライドさせるとリングが分かれて2本の指にはめることもできるんです」。リング(右から()K10G×ダイヤ)¥98000・(K10G×WGコーティング×ダイヤ)¥128000/ステラハリウッド☎03(6805)0390 【CINOH×ZANCHETTI】 「リュクスな赤のコラボバッグは、3wayというマルチっぷりもすごい」(ライターE) イタリア発のバッグブランド「ザンケッティ」とジャパニーズブランド「チノ」がダブルネームでバッグをローンチ。ショルダー、クラッチ、ワンハンドルと3通り楽しめる。「ツヤのある赤が女らしい気分を盛り上げます」。(右から)ウォレットバッグ(小)(11×20×3)¥129000・バッグ(19×40×14)¥173000/モールド(チノ×ザンケッティ)☎03(6805)1449 【MARIA BLACK】 「サイズ違いでそろえたいシングルフープは光を浴びて輝くカッティングにときめく」(スタイリストM) 「マリア ブラック」から、ミラーボールのように光を浴びてきらめく「ダイヤモンドカットコレクション」が到着。「繊細な輝きが洗練された華やぎをくれます。素材やサイズをミックスしたい」。シングルピアス(内側から)(K14YG)¥28000・(K14WG)¥33000・(K14YG)¥36000・(K14WG)¥40000/ショールームセッション(マリア ブラック)☎03(5464)9975 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドの略です ※BAILA2019年11月号掲載
  • 皆さん、こんにちは! カワイイ選抜のわかです。 今日は、コスメ好きにはオススメのアプリをご紹介します!LIPSとStella.この2つです! リップスは、口コミアプリ、Stella.はコスメ管理アプリです。それぞれ詳しく好きなところを書いてみますね。LIPSこのアプリのいいところは、超使いやすいのと、店舗で使えるクーポンがあるところです。 口コミを探すときに、どの年代の、どんな肌質(乾燥肌、脂性肌など)の人が言っているのかわかったり、気になる口コミや商品をクリップしておけたり、まさに、痒いところに手が届くアプリです✨ 私流の使い方は、 ①特定の商品が気になるので、その商品の口コミを見たいとき、(例:セザンヌの新作どうなんだろう、、) →商品名で検索する。+絞り込み検索で、年代も指定して、同世代の反応を見る。 ②新しく買いたいアイテムがあるが、特に何を買うか決めてないとき(例:化粧水新しくしたいけど何がいいかわかんないなあ) →年代やプチプラ、デパコスを指定し、アイテム別ランキングをみる or肌悩みなどで検索(例:ニキビ肌、乾燥、ブルベなど) ③なんとなく新しいコスメが欲しいとき →好きなユーザーをフォローできるので、フォローしているユーザーの投稿一覧のページをみる。or話題の投稿一覧ページを見る。 という感じです❗️関根りささんなど、インフルエンサーで、投稿している方がいるのでフォローしています!他にも、メイクのhow toを教えてくれるユーザーさんもいるので、暇なときはよく見ています!さらに、ドラッグストアなどのクーポンがアプリ内で取得できるので、増税後も安心して使用できます!笑Stella.これは、購入したコスメを記録するアプリです。アプリ内で、商品の画像1欄が作れるので、どんなコスメを買ったのか1目でわかり、無駄に買ってしまうのを防げます! 商品の感想を書いたり、星で評価したりできるので、自分がどんなコスメが気に入っているのかわかって、次買うときの参考になります。 さらに、アイシャドウ、ファンデ、などとタグ付けできるので、アイシャドウ一覧表なども見ることができます✨これによって、似た商品を買ってしまうことも防げるのでおすすめ!いかがでしたか?画像もなく、長々としてしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました! 2つとも無料なので、ぜひチェックして見てください Waka カワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • こんにちは❤︎ blogを見て頂きありがとうございます! バイラーズの下里朋美です❁ 今までの記事はこちら❤︎ BAILA11月号もうご覧になって頂けましたでしょうか? 今月の付録のタイツ前回の記事でもご紹介しましたがとってもおススメです❤︎ PIPPICHICとコラボしていて 色がブラウンとグレーのミックス❤︎ 今まであまり見たことない色! 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 早速履いてみましたが見てください!この伸び具合! 体にフィットして履き心地&触り心地も抜群❤︎ 今回はこのタイツを使ってコーディネートでご紹介します♪ 【ブラウニーグレータイツ コーデ①】 ブラックの変形カーデにオレンジのタイトスカートでコーディネートしてみました! このタイツの色味だと重くならずコーディネートしやすいです♪ カラーアイテムにも馴染んでくれるので服を選ばずコーディネート可能です❁ 【ブラウニータイツコーデ②】 シャツワンピにスニーカーで合わせたコーディネート❤︎ カジュアルにもきれいめにも合わせやすです♪ 紙面に載ってたショートパンツコーデも可愛かったのでチャレンジしてみたいなぁ❁ とても使いやすいブラウニーグレータイツ❤︎ 是非ゲットしてくださいね♪ それではまた更新します♡ instagramも覗いてみて下さい❤︎
関連キーワード

RECOMMEND