ファッションも環境に優しい時代へ。エシカルファッションを牽引するSTELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)の魅力

FLAG SHOP Magazine

STELLA McCARTNEYは、2001年にステラ・マッカートニーが自分の名を冠し立ち上げたブランド。

植物由来の素材を使用したり、持続可能であると認証された原材料を使ったりと、徹底したこだわりを持っているブランドです。また、ステラ・マッカートニー自身が厳格なベジタリアンであることから、ファーやレザーを一切使用しないことでも知られています。

ブランドの信念は「責任を持ち、誠実で、現代的な会社であること」。
最近、日本でも話題になっている”エシカル”なファッションをいち早く取り入れていたブランドです。

そんなこだわりの詰まったSTELLA McCARTNEYの代表的なシリーズやアイテムをご紹介します。

 

大人気のファラベラシリーズ

STELLA McCARTNEY/Tiny Falabella/¥83,000+税
STELLA McCARTNEY/Tiny Falabella/¥83,000+税

STELLA McCARTNEY/Tiny Falabella/¥83,000+税

STELLA McCARTNEY/Tiny Falabella/¥83,000+税

今やブランドのアイコニックな存在でもある「ファラベラ」シリーズ。チェーンがデザインの特徴です。
バッグには長さの違う2種類のチェーンハンドルが付いていて、2WAYで持てる優れもの。

 

STELLA McCARTNEY/Trifold Falabella/¥48,000+税

STELLA McCARTNEY/Trifold Falabella/¥48,000+税

財布はミニサイズながらも収納力抜群! 折財布に慣れていない人にも推したいアイテムです。

バッグ・財布ともにチェーンがアクセントになっていますが、シンプルなデザイン&落ち着いた色味なので大人っぽく持てます。

 

目を引く存在感。大人っぽさが秀逸なサークルロゴ

STELLA McCARTNEY/Cross Body Bag/¥121,000+税

STELLA McCARTNEY/Cross Body Bag/¥121,000+税

サークルロゴが施されたシリーズも人気です。ロゴがドットで描かれているから、ブランドロゴ入りでも大人びた印象に。
たくさんの荷物も受け止めてくれそうなこのバッグは、内ポケット代わりに取り外しのできるポーチ付きで、デイリーで便利に使えるはず!

 

STELLA McCARTNEY/Mini Camera Bag/¥81,000+税

STELLA McCARTNEY/Mini Camera Bag/¥81,000+税

こちらは、お出かけにぴったりのショルダーバッグ。上品なピンクのボディにステラロゴが映えて、大人っぽい中にも際立つ存在感を放ちます。
トレンドになっているロゴが入ったショルダーベルトで、今っぽいあか抜け感が叶うのも魅力。

 

トレンドのサンドカラーはモノグラムでシックに取り入れよう

STELLA McCARTNEY/Mini Bucket Bag/¥77,000+税

STELLA McCARTNEY/Mini Bucket Bag/¥77,000+税

クラシカルな印象のモノグラムロゴシリーズは、飽きがこないサンドカラーがおすすめ。
使い勝手のいい巾着バッグだから、スタイルを選ばずに持てそう♪

 

STELLA McCARTNEY/Cosmetic Case/¥38,000+税

STELLA McCARTNEY/Cosmetic Case/¥38,000+税

バッグは少し高くて……とお悩みなら、比較的手の出しやすいポーチはいかが? バッグに入っていたら気分も上がりそう♪
自分へのご褒美にはもちろん、プレゼントにも最適な一品。

 

ステラといえばの厚底シューズはクリア素材で差をつける

STELLA McCARTNEY/Elyse Lace Up/¥99,000+税

STELLA McCARTNEY/Elyse Lace Up/¥99,000+税

おしゃれな人の支持率が高い「エリス」シューズ。木製の厚底とシャークソールが特徴です。
春夏にぴったりのクリア素材を手に入れて、圧倒的に差の付く足元を演出して♪

関連記事
  • 次のお休みに行ってみて!MORE着回しに登場したおしゃれスポット素敵な場所に、映えるコーデで行ってみたい!……って気持ちはやまやまだけど、もう大人だから「浮かない」こともとっても大事。着まわしのきくワードローブは、どこでも映えてくれるのか!? MOREに登場した週末行きたいおしゃれスポットを、栞里のコーデとともにご紹介♡ @新国立競技場東京オリンピックもついに来年か〜彼氏と来られるのかしら……本日は担当案件の現場視察、というわけで。動きやすくて、でもきちんと感は忘れないカジュアルな組み合わせを。そしたら工事監督さんとまさかのポロシャツかぶり。「佐藤さんが着るとおしゃれに見えるね〜」って、もう! ほめ上手だなぁ♡ 帰り際通った新国立競技場、思った以上にできててテンションUP。ニットポロシャツ¥20000/スローン チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト)@プラネタリア TOKYOノー残業デーのひそかな楽しみは夜の“おひとりプラネタリウム”なのですきれいめTシャツにプリーツスカートのオールホワイトコーデで、気分は王子様を待つ可憐な姫……。って、え、ウソ!? 気づいたら終わってた! 誰か起こしてくれてもよくない? まあいっか。仕事のモヤモヤさえ吹き飛んで、この服みたいにまっさらな気持ちになれちゃう、最高なアフター6なのでした。五分袖白Tシャツ(メンズサイズ)¥8500/ビショップ(ハンドバーグ) プリーツスカート¥19000/リエス カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1100/お世話やリラックスした体勢で満天の星を楽しめるプレミアムシートや、VRでバーチャル空間を楽しめるスペース、惑星をイメージしたカクテルなどなど……。仕事の疲れが癒されまくりなコンテンツが満載! な次世代型プラネタリウムが登場。◆東京都千代田区有楽町2の5の1有楽町マリオン9F ☎03・6269・9952 10:30〜22:00(土・日曜、祝日〜22:30) 無休@Galaxy Harajukuな、なんじゃこりゃ。自分の写真に囲まれるって、すごくない?外回りのあき時間中「あ、ここ話題のとこっすね」と同僚が言うので寄ってみることに。どれどれ何がすごいのかしら、ってワオ! 私の写真が床から天井までびっしり。「ギョーザの写真多っ(苦笑)」ってうるさいなぁ(笑)。でもほら、過去の写真より今日のほうが大人っぽく感じるのは、さりげなく女っぽい袖から伸びるロングタイトとのYシルエットの効果かな♡チルデンベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード ローファー¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)『Galaxy』の革新的な最先端技術を無料で体験できる施設。4階の「Social Galaxy」は、自分のInstagramに投稿した写真に囲まれるという不思議な体験ができる、絶好の“インスタ映え”スポット!◆東京都渋谷区神宮前1の8の9 70120・085630 11:00〜20:00 無休@FORTUNER tea-box「飲んだことないんすか!?」とか言われたから。最新のやつ、ください!新人ちゃんたちがいつも飲んでるアレ、飲んでみたかったんだよね〜ということで、昼休みにダッシュで来てみました話題店! トレンドスポットで埋もれないように鮮やかなグリーンで華やかに、会社では浮かないように小物は黒で締めて……って、うまぁ!きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) 帽子¥5200/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500・バングル¥1000/お世話や今話題の、日本初「チーズティー」専門店。フレーバーティー×ふわっふわにホイップされたチーズクリームの組み合わせは絶品♡ 豊富なカスタマイズができるから、自分好みの一杯を見つけてみて。◆東京都渋谷区神宮前3の27の15・FLAG 1-F ☎03・6721・1261 11:00〜19:00 不定休@SOLSO PARK明日の先輩夫婦の来訪に備えて。お部屋に飾る新しいグリーンを探そう!開衿シャツはそのままサラッと、×チノパンでラフに。座ったり立ったり、ガシガシ動けるようにトップスはINしたりパンツの裾をちょっと折ってみたけど、実はラフになりすぎないコツだったりして。開衿シャツ¥6900/ノーク チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) 帽子¥14800/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500/お世話や サングラス¥30000/アヤメ バングル¥1000/お世話やグリーンや花好きさんから絶大な支持を得る週末限定の緑のテーマパーク『SOLSO FARM』の、待望の都市型マーケット店舗。いつでも好きな時に、本格的でおしゃれな植物たちを見られると大人気。◆東京都港区南青山1の12の13 ☎03・6812・9770 10:00〜19:00 不定休 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/tokyobike プロップス ナウ アワビーズ
  • 韓国随一のリゾート地チェジュには、遊べるスポットがいっぱい。この2軒はエリアも同じなのでまとめてGO! \気になるスポットをタップしてね/   みかんや椿、火山岩、緑茶など自然あふれるチェジュの素材を使ったコスメが人気のブランド・イニスフリーのスペシャルなショップは、韓国コスメ好きなら見逃せない場所! ここでしか買えない限定コスメがあったり、オリジナルの石けん作りが体験できたり、島の名産を使ったフォトジェニックなメニューが勢ぞろいするカフェも併設。豊かな茶畑に囲まれたロケーションもチェジュならではで気持ちがいい。愛美はマイパフュームスティックのサマータイムを購入したよ。 西帰浦市安徳面西光里1235-3/서귀포시 안덕면 서광리 1235-3 ☎064-794-5351 9時~18時 無休 ハルラボンのケーキW7500(1)、ハルラ山の形のケーキW10000(2)。みかんとハルラボンのジャム各W6500(3)。タンジェリンアロマオイルW10000(4)、椿のエッセンシャルオイルW12000(5)。  カフェ「Untitled,2017」のインパクトたっぷりのインテリアは、 G-DRAGONがプロデュース。 ホテル、ショップ、遊園地、ウォーターパークなどを備える大型リゾート施設・済州神話ワールド。その中に韓国の大手芸能事務所YGエンターテインメントが経営する新名所がオープン。まずは、BIGBANGのG-DRAGONがプロデュースしたボウリング場「AC.III.T(アクト)」へ(ワンゲーム+貸しシューズW7000)。大画面でYG所属アーティストのMVが流れるおしゃれな空間だ。愛美は併設のゲームルームでワンコインカラオケを見つけて熱唱! 遊び疲れたら、向かいにあるカフェ「Untitled,2017」へ。こちらもG-DRAGONがプロデュース。他にサムギョプサルで評判の飲食店も。 西帰浦市安徳面神話歴史路304番キル98 神話ワールド内/서귀포시 안덕면 신화역사로 304번길 98, 신화월드 내[AC.III.T]☎064-900-5817 11時~23時 無休     [Untitled, 2017]☎064-900-5564 9時~21時(5~10月)、10時~20時(11月~4月) 無休 ボウリング場「AC.III.T(アクト)」はカッコいいデザインでインスタジェニック!  チェジュ島は福岡とほぼ同じ緯度に位置する、雄大で美しい四季折々の景色が魅力の火山島だ。島は、車で1周するのに約4時間かかる大きさ。空港のある済州市、南側の港町西帰浦、リゾートホテルの並ぶ中文エリアなどを起点に、路線バスやタクシー、レンタカーで巡りたい。ニット¥10000/レッセ・パッセ デニム¥9500・ベルト¥3900・バッグ¥11000/ココ ディール イヤリング¥4862/アビステ サンダル¥3900/R&E(wee willie)※W(ウォン)1=約¥0.092(5月30日現在)。国際電話の国番号は82です。モデル/江野沢愛美 撮影/山下みどり ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/松尾正美 コーディネーター/キム・アミ 取材・原文/桂まり web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 撮影協力/済州観光公社 韓国観光公社
  • あらゆるシーンで涼やかに着映える夏の味方「ワンピース」。今回は、休日のちょっとしたお出かけに着ていきたくなる、爽やか&鮮やか色のワンピース5着を厳選してお届けします。1.母と銀座で待ち合わせ、 七月大歌舞伎を堪能 動物柄が珍しいさわやかなプリントワンピース。ジャケットできちんと感も。 ワンピース¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット¥74,000(セヤ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥36,000 /オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ブローチ¥12,000/アナイ バッグ¥160,000/エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥36,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)2.学生時代からの仲よし グループで久々の女子会 気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)3.飛行機での移動は、ラクちんな ジャージー素材ワンピースで 伸縮性がありしわになりにくい素材のワンピースは、旅の移動時に重宝。黒ベースだから明るいイエローの花柄にも挑戦しやすく、黒小物と合わせれば引き締まった印象に。Vネックで顔まわりをすっきり見せてくれるのもうれしい。 ワンピース(共布ベルトつき)¥39,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)カーディガン¥24,000/スローン 帽子¥15,000/アナイ バッグ¥23,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ) 靴¥33,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat8月号掲載 
  • ----- vol.9-----これを着回し!楽ちんなジャージー風素材だけどセンターシームできちんと見え。 パンツ¥13000/AKTEON +ロングカーデできれい見えIラインを作る すとんと落ちるシルエットのパンツにリブロングカーデを合わせて、きれい見え縦ラインの完成! 細いストラップサンダルで肌を見せて、足元はすっきりさせるのがポイント。 ブラウス¥5990/MEW’S REFINED CLOTHES カーディガン¥9800/ココ ディール ネックレス¥3800/Noela 時計¥28000/オー・ビジュー(ロゼモン) 靴¥9000/ルクールブラン OFF クロシェトップスとリゾっぽ小物で今年顔 トレンドのクロシェニットを合わせて、夏ならではの涼しげなモノトーンコーデに。イヤリング、バングル、サンダルはリゾート風でまとめれば今っぽい。 トップス¥10500/Supreme.La.La. バッグ¥1600/カージュ ルミネエスト新宿店(ヒントヒント) イヤリング¥4900/キャセリーニ バングル(各)¥1600/ゴールディ 靴¥9500/シャルロット(SKA)モデル/金城茉奈 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/石田綾 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ ワタベウェディング
  • たった1色の強弱で立体感と生命力を感じさせる、セピア写真にヒントを得て生まれた、フォール コレクション 2019「ESSENCE OF SHADOWS」。計算された光と陰のコントラストを武器に、ごくシンプルな色使いで洗練された陰影アイを演出する。 パルファム ジバンシイ プリズム・イシム・アイズ (左から)No.01 エッセンス・オブ・ブルー、No.02 エッセンス・オブ・ブラウン 各¥7,600(2019年8月2日限定発売)マット、サテン、メタリックという3種類のテクスチャーを閉じ込めた9色パレットの限定アイシャドウ「プリズム・イシム・アイズ」。粒子が極めて細かく、パウダーでありながらもクリーミィに感じる程、まぶたにしっとりフィット。なめらかなグラデーションをサポートし、リアリティのある陰影を作り出す。「No.01 エッセンス・オブ・グレー」は、ダークブルーからホワイトまでの、モノクロ写真を想わせる配色で、大胆かつクールな印象へ。「No.02 エッセンス・オブ・ブラウン」は、セピア写真のようなダークバーガンディーからライトピンクのグラデーション。ウォーミーな色合いで目元を優しく彩りながら、フェミニンな魅力を加速させて。 パルファム ジバンシイ ルージュ・アンテルディ・テンプテーション (左から)No.19 シャドウ・パープル、No.20 シャドウ・ピンク 各¥4,000(2019年8月2日限定発売)大胆なツヤと鮮やかな発色を放つリップスティック「ルージュ・アンテルディ・テンプテーション」にも限定色が登場。「No.19 シャドウ・パープル」は、パープルニュアンスを帯びた透けるグレー。口元に秋らしい深みを添えつつ、ピンクの輝きを放つパール効果により、軽やかな余韻を残す新鮮な発色。「No.20 シャドウ・ピンク」は、影を感じさせる暗めのベージュに、柔らかなピンク味をプラス。ふっくらとした立体感と、セピア写真のような温もりのある女性らしい口元をかなえて。 パルファム ジバンシイ ルージュ・ジバンシイ No.327 トレンディ・プラム ¥4,600(2019年8月2日限定発売)ひと塗りでエレガントな美貌を約束してくれるリップスティック「ルージュ・ジバンシイ」の限定色は、トレンド感とスタイリッシュさをプラスする、インテンスな「No.327 トレンディ・プラム」。見た目通りの色を美しく発色させるセミマットの仕上がりで、端正な口元を演出。フォールコレクションの「ルージュ・アンテルディ・テンプテーション」限定色と組み合わせれば、よりトレンド感のある深みリップの完成! 光と影を取り込んだ深色で、誰よりもムードある洒落顔を手に入れて。 パルファム ジバンシイhttps://www.givenchybeauty.com/jp03-3264-3941text:Saori Nozawa >>ビューティニュース ⇩「ESSENCE OF SHADOWS」の全カラーラインナップはここからチェック!
  • ニット¥8500/Supreme.La.La. スカート¥12000/MILKFED. 新宿 イヤリング¥1500/ゴールディ バッグ¥11000/Noela スニーカー¥6009/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス今季トレンドのアシンメトリーなトップス。肩からの深いカッティングで、華奢感が出るのも嬉しいところ。上半身を肌見せする分、ボトムはロングスカートで肌露出を抑えるのが大人見えのルール。アクセントカラーのバッグやボリュームスニーカーでカジュアルさもオン。モデル/西野七瀬 撮影/東京祐(tokyojork) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スニーカーコーデ記事一覧はコチラ
  • 暑さはこれからが本番だけど、メイクは秋を意識して・・・♪うめだ阪急で行われた、秋の新色コスメがお試しできるイベントにご招待いただきました。 やっぱり目を奪われたのがSUQQU(スック)の新色たち! ネイルカラーポリッシュ「鈍砂-NIBISUNA- 118番」を塗らせていただきました。2019秋冬のSUQQUは、東洋古来の「漆」からインスパイアされた「うるみ色」がメインカラーとのこと。 アイシャドウも言うまでもなく美しかったのですが、(イベント上、写真NGでしたので発売日にぜひ店頭へ)、このネイルは今すぐ欲しくなり、予約。 上品なグリッターがぎっしり!の青みピンクのリップ「冬花火-FUYUHANABI- 112番」も予約したので、またいつかブログにUPします! 「うるみ色」とは、青黒く、あるいは赤黒く濁ってはっきりしない色のことのようなのですが、このネイルカラーはまさにそんなイメージのチャコールブラウン。 私はおしるこ色、と勝手に呼んでいます(笑) ブラウンが流行っているこの夏だからこそ、今からつけてもOKではないでしょうか? このくすんだ感じが大人のネイル。 2019年8月2日発売。 うめだ阪急では、7月24日に先行発売。先日の誕生日に、友人がこんな可愛い腕時計をプレゼントしてくれました。 TIMEX(タイメックス)と、大好きなPEANUTS(ピーナッツ)のコラボレーション! ナイロンベルトの赤が効いていて、カジュアル通勤のピッタリ。 ネイルカラーのおかげで大人っぽく見せてくれる手元とのアンバランス感、けっこう好きです。 まりちゃん、ありがとう!!美女組No.167 hirokoのブログ
  • BAILA8月号でも特集が組まれている「2019年上半期ベストコスメ」。 みなさん、もうチェックされましたか? BAILA8月号では、業界きっての美のスペシャリスト総勢35名の方が、BAILA世代にぴったりなベストコスメをご紹介しています。スキンケアからベースメイク、ポイントメイクまで幅広いアイテムが掲載されていて読み応えたっぷりですよ。 今回は、BAILA8月号にならって、私が選ぶ「2019年上半期ベストコスメ」についてご紹介していきます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 私が「2019年上半期ベストコスメ」に選んだアイテムがこちら。 【アイシャドウ】リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014 【ハイライト&チーク】THREE スリー シマリング グロー デュオ01 【リップ】ロレアルパリルージュシグネチャー 112  こちらの3アイテムを選びました。 本当はベースメイクやファンデーション・アイブロウなど、他のアイテムもご紹介したかったのですが、2019年上半期を通して継続的に使い続けたり「これいい!」と思ったアイテムに出会えず・・。なので、2019年上半期に本当にヘビロテして、底が見えるくらい溺愛したアイテムを選出してみました。 では、早速1つずつご紹介して行きます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'; text-decoration: underline} span.s2 {text-decoration: underline} span.s3 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} まずは、アイシャドウ。 私が2019年上半期にヘビロテしたアイシャドウは「リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ 014」です。お値段が1,620円という2,000円以下のプチプラアイシャドウ! 昨年の秋に発売されたアイテムですが、オレンジ系ブラウンのバレットなのでシーズン問わず活躍するアイシャドウとして重宝しています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 4色全部使うとヴィンテージ感漂う深みのある目元になるのですが、私は左下のオレンジ感強めのカラーをアイホール全体に、そして右下の濃いブラウンをアイライン代わりに締め色として使っています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} 伸びがよく、粉とびもないので、忙しい朝にも重宝しています。 また、ラメのようなギラギラ感は全くなくベルベッドのような輝きで目元を上品に彩ります。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 実は昨年にもブログでご紹介したこちらのアイシャドウ。 お気に入りすぎて2個目に突入です! p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} お次はリップ。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 2019年の春に出会って5月頃に急にヘビロテし始めた「ロレアルパリルージュシグネチャー 112 オレンジブラウン」です。 「透け感マットリップ」と言われているロレアルパリルージュシグネチャー。 さらさらとした軽いオイルと水をミックスしたライトフィルム処方なので、とてもみずみずしいタッチを実現。鮮やかなカラーが唇にぴたっと密着し、唇の質感が透けるようなソフトな発色を叶えてくれます。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 唇の輪郭にフィットするフェザー型アプリケーターが、とにかく塗りやすくてお直しにもぴったり。 香りはフルーティーの中に微かなバニラを感じさせる少し甘い感じです。 そして何より、発色・キープ力が抜群に良いリップなのに、乾燥しない!という優秀さが2019年上半期ベストコスメに選出した理由です。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} フレッシュなオレンジでとっても健康的なカラー。オレンジの中にも微かにブラウンが配合されているので、カジュアルな抜け感のあるオレンジリップに仕上がります。 この夏トレンドのサファリカラーのコーディネートとも相性抜群です。 ロレアルパリルージュシグネチャーは、他にもカラー展開があるので秋冬になったらまた新しいカラーを追加しようか検討中です。 最後は、ハイライト&チーク。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} こちらは有名なアイテムなので、知っている方がほとんどなのではないでしょうか? 私は2019年上半期ベストコスメに選んだのは「THREE シマリング グロー デュオ01」です。 この底見え加減から、どれだけヘビロテしたのかお分かりいただけるかと思います。 THREE シマリング グロー デュオは、肌の内側から発光しているかのようなツヤ肌を作ってくれる「明るめのハイライト」とブラウンの「シェーディング」の2色がセットになっています。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} クリーム状のハイライトとシェーディングなのですが、肌にのせるとパウダーのように変化するので、私はファンデーションやお粉の後に使用しています。 明るいカラーは、元々ハイライトとして使っていたのですが、2019年上半期にハマったのは「シェーディング」カラーの方。このカラーをチークとして使うのにハマりました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 明るいカラーを、ハイライトとしてCゾーン、鼻筋、目頭の少し下に塗っていきます。(*グレーの囲み参照)これだけで顔にメリハリが付き、ツヤ肌だけではなく目元をグッと印象的な雰囲気にしてくれます。 最後にシェーディングカラーを頬骨の辺りを中心に、横に広げるイメージで塗っていきます。塗る前はブラウン系の濃いカラーに見えますが、実際に肌にのせるとナチュラルな血色感のあるカラーに。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} オレンジ系のアイシャドウやリップにハマっていたこともあり、チークは赤やピンク系よりもTHREE シマリング グロー デュオのシェーディングカラーがしっくりきて、2019年上半期はとにかくヘビロテしていました。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 最後に、2019年上半期ベストコスメに選出したアイテムでメイクをした時がこちら。 p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} 全体的にオレンジ系のカラーで、ツヤ感重視のメイクが定番となった2019年上半期でした。 2019年下半期は、スキンケアやベースメイクを開拓したいと思います! みなさんの2019年上半期のベストコスメはなんですか? ▶︎ instagramはコチラ
関連キーワード

RECOMMEND