5つのマストハブで旬のおしゃれが完成! Jマダム®のための「春の名品」リスト

FLAG SHOP Magazine

待ちに待った春の足音が聞こえてくるころ。ワードローブに真っ先に取り入れたいデイリー使いの5つの名品を厳選してお届け!

 

 

名品リスト1

NEBULONI E.の春靴

イタリア発のシューズブランド、ネブローニ。
1950年代の創業以来、最高級の皮革だけを使用し、全工程を自社工場で一貫して製作。
熟練の職人によるハンドメイドでていねいに仕上げられる靴は、美しいつくりにオーダーメイドのような履き心地。
人気アイテムから軽やかな2足をピックアップ。

NEBULONI E.(ネブローニ)/ウイングチップ ストラップシューズ/¥48,000+税 NEBULONI E.(ネブローニ)/フラットサンダル/¥44,000+税

NEBULONI E.(ネブローニ)/ウイングチップ ストラップシューズ/¥48,000+税

エクラスタイリスト人気の高い一足。ウイングチップのサイドがあいたデザインが新鮮で、細身のフォルムがほどよく女性らしい。ソックスとの相性も抜群

NEBULONI E.(ネブローニ)/フラットサンダル/¥44,000+税

スクエアトゥでカジュアルすぎず、フラットなのに女らしい。どんな服にもシーンにも似合う万能サンダル。かかと部分もほどよくホールドされ歩きやすい

 

 

 

名品リスト2

Col Pierrotのとろみトレンチ

一流メゾンでキャリアを積んだ奥田文子氏が手がけるコル ピエロ。
女性のシルエットを美しく見せる、シンプルかつモダンなつくりと、
時代の空気を感じさせるデザインは、着るだけで気持ちを上げてくれる。
この時期活躍するトレンチが、とろみのある素材と洗練のデザインで、エクラ別注でお目見え。

Col Pierrot×éclat(コル ピエロ×エクラ)/とろみトレンチコート/¥58,000+税

Col Pierrot×éclat(コル ピエロ×エクラ)/とろみトレンチコート/¥58,000+税

どんな肌色にも美しくなじみ、かつほかの色との相性もいいこだわりのグレージュ。うっとりするほど柔らかい素材でロングカーディガンのように軽くはおれるのが魅力。デザイン、色ともエクラ別注

 

 

名品リスト3

SLOANEシルクリブニット

大人が着たいニットが見つかる!と人気のスローンは、
ディテールまでこだわった細かいニュアンスをつくり手に直接伝えるため、すべて日本生産。
「春夏もスローンの上質ニットをまといたい!」、そんな熱い声にお応えして、
美しい光沢と肌ざわり抜群のシルクリブニットを、エクラ別注色でオーダー。

SLOANE×éclat(スローン×エクラ)/シルクリブカーディガン/¥32,000+税 SLOANE×éclat(スローン×エクラ)/シルクリブノースリーブ/¥23,000+税

SLOANE×éclat(スローン×エクラ)/シルクリブカーディガン/¥32,000+税

夏は涼しくまとえる最高級シルクを、18ゲージのリブ編みでていねいに編み立てたカーディガン。ボタンをとめ、一枚で着ても素敵に着こなせる

SLOANE×éclat(スローン×エクラ)/シルクリブノースリーブ/¥23,000+税

上品できれいに着られる"大人のためのノースリーブ"。詰まったネック、すっきり見えるシルエット。美しい光沢のある上質シルクは、保湿性があり静電気も起きにくい

 

 

名品リスト4

E by éclatのライダースジャケット

着やすくこなれ感のあるアイテムを提案しているエクラのオリジナルレーベル、イーバイエクラ。
昨春に爆発的な人気を博したライダース風カーディガンが、この春、新素材で登場!
高級感ある鹿の子地のダブルフェイス素材を採用しアウター感を高めた一着は、きっと頼れる相棒に。

 

名品リスト5

ZANELLATOのウォレットバッグ

1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業。
機能性と、素材のクオリティの高さは折り紙つきで、タイムレスなアイテムは世界中のファッショニスタを虜に。
シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。

E by éclat(イーバイエクラ)/鹿の子カットソー ライダース/¥18,000+税 ZANELLATO×éclat(ザネラート×エクラ)/チェーンつきウォレットバッグ/¥59,000+税

E by éclat(イーバイエクラ)/鹿の子カットソー ライダース/¥18,000+税

さっと気軽にはおれて様になる、便利な大人のはおりものが誕生。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。デイリーから旅まで活躍必至

ZANELLATO×éclat(ザネラート×エクラ)/チェーンつきウォレットバッグ/¥59,000+税

チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系カードも入り、利便性抜群

 

 

 

関連記事
  • ジャストエクラ世代の編集部スタッフの"ひと目惚れ"したアイテムをピックアップ。今月は、夏ファッションに欠かせない小物アイテムがずらり!1.グッチの「グッチ ズゥミ」チェーンバッグポップなイチゴプリントがかわいいミニバッグは、ホースビットやマリナチェーンストラップのアクセントで大人仕上げに。斜めがけにして楽しみたいです!(副編集長K藤)(縦11×横18.5×マチ3.5㎝)¥245,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.サルヴァトーレ フェラガモのかごバッグ上質なレザーやガンチーニのアクセントで、カジュアルに見えがちなかごバッグが、きれいめなスタイルにも似合う大人のムードに!(編集長O)(縦20×横18×マチ17㎝)¥270,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)3.ロエベの「ミニ ゲート バッグ」ミニショルダーには目がないのですが、このラフィア使い&かわいらしい半月形も夏のスタメンにしたい! ライトブルーもさし色に◎。(副編集長U)(縦12.5×横15×マチ8㎝)¥133,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)他の画像を見る>>「今月のこれ欲しい!」はこちらからeclat4・5月号掲載 撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃
  • 毎日着たいTシャツを、もっとおしゃれに! この夏はいつもより女っぽく大人なスタイルを目指して、早めのレッスンスタート♪二人のテンションを揃えて夏を満喫。爽やかなルックスで人気急上昇の清原翔さんが特別出演!おちゃめな二人 ▼清原翔さんプレゼンツこんな彼女なら…「映画デート」 「イラストTのチョイスにカルチャーを感じる女の子なので、文化的な映画デートはどうでしょう。オールホワイトのコーディネートが好みです」 (愛美)イラストレーター長場雄が描いたのは、恋する男の子がとらえた女の子の横顔! (清原さん)熱々のコーヒーのせいで舌が猫に!? ユーモアあふれるイラストTは彼に借りてオーバーサイズで着ても可愛い。 愛美Tシャツ¥4000/アシックスジャパン お客様相談室(アシックス タイガー) ジャケット¥12800/ヘインズブランズ ジャパン(チャンピオン) スカート¥10000/リー・ジャパン(リー) ヘアピン¥1648/サードオフィス(ROOM) ソックス¥1200/Blondoll 新丸の内ビル店(17℃) サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店 清原さんTシャツ¥6500/トゥーゴー パンツ¥21000/フォーティーン ショールーム(オーセンティック) メガネ¥30000/アルファ PR(パイン) ベルト¥5900/メイデン・カンパニー(レザー マン) スニーカー¥11000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック)ⓒ2019 Viacom International Inc. ロックな二人 ▼清原翔さんプレゼンツこんな彼女なら…「ライブデート」 「直球なんですが、やっぱり音楽好きっぽい彼女とはライブデート。お互いの趣味が合ったら最高ですね。好きなアーティストのワンマンに一緒に行きたい!」他の画像を見るProfile ●きよはら しょう メンズノンノモデル。 1993年2月2日生まれ。俳優、メンズノンノモデル。NHKの連続テレビ小説『なつぞら』に柴田照男役で出演中。映画『うちの執事が言うことには』が5月17日公開。今号ノンノでは巻末の「今月の彼氏。」にも登場!モデル/江野沢愛美 清原翔(メンズノンノモデル) 撮影/田形千紘(モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/牧田健史(愛美分) AMANO(清原さん分) スタイリスト/高野麻子 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 初PVCサンダルはやっぱりZARAで♪春を通り越して初夏の陽気のような暖かい日が増えてきましたね。 ずっと欲しいなぁ、と思いながら色々と目移りして買えなかったPVCのサンダル、気に入ったものをZARAでようやく発見! ヒールが個性的な形で可愛くて、安定感もGood! もう一つ似たようなものとどちらにするか悩んだのですが、こちらのヒール高が7.2センチと私が一番履きやすい高さだったのでこちらに決めました。 足の甲もクロスして覆うデザインなので痛くならず、とっても履きやすいです♪ 今シーズンのZARAのサンダル、他にも欲しいものが多すぎて目移りしてしまいました! サンダルの季節、とっても嬉しいですね♪ ZARA ジオメトリック仕様ビニールサンダル 5,990yen はこちら美女組No.146 rinのブログ
  • ガウン¥14800/リリー ブラウン デニム¥7900/dazzlin ノースリーブニット¥2900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥12000/アンビリオン(ペルケ) サンダル¥6300/REZOYノンウォッシュスキニーにエアリーなガウンを合わせてフェミニンさをミックス。辛口のデニムにガーリーさを足した甘辛バランスは毎日のコーデに取り入れやすいよ。 デニムはハイウエストで脚長効果抜群。ガウンが足のラインをさりげなくカバーしてくれるので、W効果でスタイルアップが簡単に叶う!モデル/新川優愛 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶スキニーコーデ記事一覧はコチラ
  • イケア(IKEA)に次ぐ素敵なプチプラ・ライフスタイルブランドを発見しました。その名は【ソストレーネ グレーネ(Søstrene Grenes)】。北欧デンマークのブランドで、フェミニンなスカンジナビア風デザインが特徴。現在、ヨーロッパを中心に約120店舗を展開しています。アンナとクララという架空の2人の姉妹の美しい世界観をテーマに、インテリアをはじめ、ステーショナリー、ラッピング、クラフト用品からおもちゃに至るまで幅広いアイテムがそろう、とっても可愛いお店です。 今回は、自他共に認める高コスパハンター、エディター沖島が「これはコスパよすぎ!」と唸って自腹買いした【ソストレーネ グレーネ(Søstrene Grenes)】の新作インテリア雑貨をご紹介します。プロ感心【ソストレーネ グレーネ(Søstrene Grenes)】超高コスパ雑貨14好きな柄を選んで! ペーパーボックス こまごましたものの収納用はもちろん、ギフトボックスにも活用できるハイセンスな紙製プリントボックス。分厚くてとても丈夫です。8種類の大きさがあるので、用途に合わせて選んで。(小)¥158・(中)¥263・(大)¥453肩から掛けられる! メッシュエコバッグ どんなインテリアにもなじみながら映えるやさしげなパステルカラーのマルチストライプ柄が可愛いメッシュトート。マチもしっかり幅があるのでかなりの大容量。¥768そのまま飾れるフォトフレーム デフォルトで入っているイラスト入りの台紙がすでにおしゃれなアートレベル! 壁掛けにもスタンドにもできる2WAY仕様です。¥468 味わいあふれる陶磁器製の花瓶 ニュアンスあふれる色合いが絶妙なミニ花瓶。伸びすぎでカットした観葉植物の枝葉を飾っていますが、根が生えてきたのでそろそろ土に植え替えようかなと思っているところ。入れるものに愛着が沸くデザインです。¥453バスルーム収納に大活躍! プラスチックケース ハンドルつきで持ち運びがラクなので、スキンケア用品やコスメ、お掃除道具などを入れるのにぴったり。(高さ13×幅26.5×奥行18cm)¥398シリコンカバーつきグラスジャー¥393 手に持ったときにすべりにくいシリコンカバー(取り外し可能)つきの密閉型ガラスジャーです。そうめんやおそばがちょうど入る高さ。常備食のシリアルなどをいれてもいいかも!みんなでペタペタ! ウォールステッカー 【ソストレーネ グレーネ】はDIYアイテムが大充実! アルファベットやキュートな記号が並ぶシール2枚セットもそのひとつ。壁やガラスを傷めることなく気軽に貼れるので、お子さま大喜びの一品。¥388プチギフトが抜群に華やぐラッピングバッグ ちょっとした手土産や贈り物など、いわゆる“つまらないもの”が即素晴らしいプレゼントに早変わりしちゃうギフトバッグ。右はボトル用です!(左)¥86・(右)¥78ちょうどいいサイズの軽量カップ 左から順に50ml・70ml・100mlサイズの陶器製メジャーカップ。素直にキッチンで使用するのはもちろん、玄関やリビングでアクセサリーや鍵のちょい置きにも活用できるジャストなサイズ感です。(左)¥156・(中)¥193・(右)¥223メンズ服も掛けられる! すべりにくい起毛ハンガー 幅45㎝で、メンズのジャケットやコートが掛けられる大きめハンガー。ベロア調のファブリックで覆われているので衣類が滑りません。カラフルな色合いでクロゼットを楽しい空間に! 各¥128いくつも揃えたくなる洗濯ばさみ 布を挟む部分にも指でつまむ部分にもすべり止めがついた、超優秀洗濯ばさみ。さらに駄菓子プライスなので、何個でも買いたくなっちゃいます! 各¥28プチギフトにも◎。ブックマーク 本のページに挟んで使うタイプのクリップ式しおりです。金属製ですが紙を痛めず、かつ外れにくい絶妙なデザイン。地味に役立つアイテムです。¥193FSC認証ペーパー使用のミニノート 【ソストレーネ グレーネ】の紙製品は、サスティナブルで環境保全的に適切な管理のもと生産された原料で作られていて、そのコンセプトは手のひらサイズのノートにも徹底。各¥66シースルーストライプソックス どんなパンプスやサンダルと合わせようか、わくわくするような素敵デザインの靴下も見つけました! ヘアアクセサリーなどのファッション雑貨も充実しています。¥223お買い物したら、自分でラッピング!【ソストレーネ グレーネ(Søstrene Grenes)】のお買い物ポリシーは徹底してサスティナブル。ショッピングバッグがないので、レジ近くにあるエコバッグ(有料、¥150~)を購入してそこに入れるか、マイバッグを持参するかのどちらか。お皿やビンなど壊れやすそうなものは、お会計の後、レジ前の台でセルフラッピングが必要です。スウェーデン発のイケア(IKEA)同様、エコフレンドリーマインドが根づいている北欧ブランドらしいスタイル。でも、自分でガサガサ包むのもなかなか楽しいので、ショッピングとともにDIY感覚でお楽しみください♪ 日本での展開は公式オンラインストアのほか、表参道やお台場など5店舗あります。毎週バラエティ豊かな新製品が入荷するので、ぜひ定期的にチェックしてみてくださいね。おしゃれインテリアのヒントがいっぱい!【ソストレーネ グレーネ】公式サイトはこちら【合わせて読みたい】プチプラインテリアで模様替え! 令和の運気を劇的アップ取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物、また4月中旬時点での情報です。価格や在庫状況は予告なく変更になる場合がありますので、詳しくは各店舗&公式オンラインストアにてご確認ください。
  • こんにちは。   スタイリストの坂本陽子です。 やっと春らしくなって来ましたね。 気分も軽やかに、春夏シーズンは、是非、新しいアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?   私がおすすめするアイテムは、「ロング&ミモレ丈スカート」。   今回は、3月末からスタートしている春夏コレクションのなかから、パンツ派の皆様にも、是非挑戦して欲しいロングスカートの選び方や、着こなしをご紹介したいと思います。   私も、以前は毎日パンツばかりでしたが、ロングスカートをワードローブに取り入れてから、着こなしの幅がグンと広がりました。   春は華やかに、トレンド感を取り入れられますし夏は、意外に涼しく、機能的にもかなり納得出来るアイテムなんですよ。   又この時期、女性らしい格好をしたいけれど、肌はあまり露出したくない! そんな大人の女性のわがままに答えてくれるアイテムがロングスカートなんです。   まず、キモとなる選び方は、「無難な物を選ばない」!   柄物や、あるいは、素材、ディテールにこだわった物を選ぶようにしましょう。 着ていて、気持ちがウキウキするような、そして、コーディネイトの主役になるような物を選ぶと、失敗がありませんよ。 無難な物は、古くさく、オバさんぽく見えてしまう可能性があるかも?     こちらのニュアンスプリーツスカートは、1パーツずつ手で絞りを入れたスカートです。 エアリーだけれど、適度なシャリ感があり、ヒップラインもカバーしてくれるのが嬉しい。 黒よりも軽やかで、トップスの色を合わせ易いストーングレーが、着回し易いと思います。 春は、ヨットパーカーにスニーカーでカジュアルに、夏は、コンパクトなトップスにサンダルで上品に、とシフトチェンジも簡単ですよ。 又、同素材のブラウスもあるので、ワンピース風にしても素敵。     そして、レオパード柄も見逃せません。 敬遠されがちな柄ですが、このスカートならば、派手過ぎず、 上品なイメージに仕上がるので、是非、挑戦してみて下さいね。     光沢感のある軽い素材で、履き心地が抜群です。 適度なドレープが女性らしく好印象。 トップスは、なるべくシンプルにコンサバなアイテムを選ぶのが、 失敗しないコツです。 初めてレオパード柄に挑戦する方なら、春は、トレンチコートなどの羽織物からチラ見せ?して練習(笑) 夏は、締め色の黒や茶のTシャツを合わせて、クールに。 今ある手持ちのアイテムにプラスするだけで、新鮮な着こなしが完成します!   そして、綺麗めで、着る場所を選ばないネイビーのスカート。   シワになりにくく、さらっとした素材です。 歩く度に、のぞく白のプリーツが、ポイント。 春は、定番のボーダートップスと合わせても、カジュアル過ぎない着こなし になります。 足元は、ローファーでもオシャレですね。 夏は、差し色として、ヴィヴィットカラーのトップスと合わせると、エッジの効いたこなれた印象に。     ラヴィヴァン春夏コレクションの主役スカートで、 より上品なワンランク上の女性に。 表情豊かな華やかスカートを素敵にはきこなして下さいね♪       Article By Yoko Sakamoto 坂本陽子(スタイリスト)40代から50代向けの女性ファッション誌を中に幅広く活躍。大人世代のワードローブを知り尽くしたスタイリングに定評がある。「alohadog co,ltd」主宰 1960年5月5日生まれ  
  • 永遠のベーシックと思いきや、デニム離れしているアラサーも増加中。「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今っぽい着こなしにするには?」という読者の悩みに、デニム好きを公言するスタイリストがお答えします!お悩み「実はデニムコーデをノームコアばやりの時代から更新できていないんです。今その着こなしをすると、ものすごく地味」➡トレンド柄をプラスすれば、即今っぽいし女らしさも、華やかさも増量します!(スタイリスト・石田 綾さん)「今季はドットやストライプなど柄が豊富。ベーシックな色みをチョイス」。(モデル)パンツ¥23000(アッパーハイツ)・靴¥46000(ルチェンティ)/ゲストリスト ブラウス¥19000/ラヴァンチュール マルティニーク タンクトップ¥7900/RHC ロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) サングラス¥34000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥33000/ショールーム セッション(ポティオール) スカーフ¥16000/スローン (物上から)ブラウス¥11000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ノーリーズ) シャツ¥7900/N.ルミネエスト新宿店教えてくれたのは……スタイリスト 石田 綾さん誰よりも流行に敏感な早耳スタイリスト。トレンドを上手に取り入れたカジュアルなスタイリングは、デイリーに着こなしやすいと評判。撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/松島 花 イラスト/高篠裕子 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 数多くの女性のファッションスタイルを提案してきたスタイリスト・室井由美子さん。今回はベーシックなアイテムで作る「大人なパリスタイル」を教えてもらいました。いつもと違うコーデで旅行に行きたい方は必見です!trip to Paris(パリ)!!スタイリスト室井由美子さんBAILAほか『LEE』『Marisol』『éclat』などの女性誌から商品開発・イベントまで幅広く活躍。ベーシックを軸にしたリュクスなスタイルに定評がある。旅先では「暮らすように過ごす」ことを大切にしているそう。「“大人のきちんと感”を演出しながら、眺めていても気分が上がる服がパリの相棒に」パリに行ったらボーダーやデニム、バレエシューズのようにパリらしいおしゃれがしたいし、着回しよりも毎日いろんなコーディネートを楽しみたい派。そのほうが気分が上がります。いつでも気をつけているのが、旅でもきちんと感のある装いにすること。丁寧なサービスを受けるためであり、すべては気持ちよく過ごすことにつながります。グローブ・トロッターのスーツケースは置いてあるだけで可愛くて絵になりますし、開けたときに美しいと思えるようにパッキングします。20年ほど使っていても丈夫というグローブ・トロッターのスーツケースをお供に。旦那さんとの旅行では、大きいほうが室井さん用。毎日のおしゃれが飽きないように服だけでなくハットやバッグ、シューズなども数種類持参して。ブルーやグリーンなど強い色が多めでも、足もととバッグがブラウン〜白で統一されているのでどう組み合わせても素敵な着こなしが成立。滞在先に着いたらまずは服にアイロンをかけて、自宅と同じような心地よい空間をつくることからスタート。「マルシェで買い物して夫(シェフ)が料理を作ってくれることも。ワインを飲みながら二人でいただく時間も好き」。丸めないパッキングなら開けたときも美しい!アウターやワンピースのような丈の長いものは先をしまわないでいちばん下に入れ、その上にたたんだ洋服を。外に出ている洋服の端で上からふたをしたら完成。最後にスカーフをのせても。6つのルールで作る大人なパリのワードローブ Rule_1 パリらしいベーシック強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴRule_2 3色トップスオーラリーのリブニットは色違いで。「着心地、形、フィット感などパーフェクトな一枚。いつも着ているストレスのないものを持っていきます」Rule_3 遊びのある小物キュートなグリンのイヤリングやハルポのネックレス。「手もとはクラシックなデザインのジュエリーが多いので、ハズしとして投入します」。Rule_4 ローヒール足もとは歩きやすさ重視。白パンプスはマノロブラニク、メタリックバレエはセリーヌ、茶色バレエシューズはカルツァイウォーリ フィオレンティーニ。Rule_5 きれいめワンピorセットアップ思い切りのいい長め丈が気分というワンピースはスカーフをプラス。ルージュ・ヴィフの黒のセットアップ(左)はラドローのPVCバッグと合わせて。Rule_6 キレイ色強い色はボトムで取り入れて華やかさをプラス。「写真映えにもなりますし、日本ではできない色合わせも楽しみたい」。ピンクのパンツはイレーヴ。ホテルに着いたらまずは巣作り!居心地のよい空間に。「お気に入りの香水やルームスプレーで自分らしい空間をつくります。食べ歩きも多いのでシミ抜きもマスト」。(右から)メゾン フランシス クルジャンの香水、ザ・ランドレスのシミ抜き、ルームスプレー、ワインオープナー。撮影/草間大輔〈impress+〉 取材・原文/昼田祥子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND