冬から春への端境期おしゃれも上手につないでくれる!味方につけたら最強の大人のための「白シャツ」!

FLAG SHOP Magazine

LEE3月号P176に掲載の”大人のための「白シャツ」&「黒パンツ」”特集はご覧いただけましたでしょうか!?

コーデの洗練感アップと抜群の着回し力を備えた白シャツは、冬から春への端境期おしゃれも上手につないでくれる優れもの。

それぞれこだわりのポイントがある計算されたデザインになっています。

 

 

裾をアウトしたままでもインしてもバランスよく決まる着丈で別注

Manna/パラシュートボタン ヘンリーネックシャツ/¥14,000+税

大きめのパラシュートボタンがアクセントになったヘンリーネックのシャツは、マンナのロングセラーアイテム。今回の別注ではチュニック丈を、ヒップが半分隠れるくらいの着丈にリサイズし、裾のイン&アウトで印象が変えられる仕様に。適度な厚みとつるんとした表面感を持つコットン100%の生地で、チノやデニムといったカジュアルボトムのきれい見えにも重宝します。

 

パラシュートボタンが上品で目を引くポイント

 

 

顔まわりをすっきりと映す、小さな丸衿がポイントの比翼仕立て

STAMP AND DIARY/スモールカラースモックブラウス/¥14,800+税

しなやかな風合いにこだわった、高密度コットン生地のセットインスリーブシャツ。小さな丸衿はボタンを上まで留めるとバンドカラーのようなきちんと感が、1~2個開けると可愛げのある衿がほんのり引き立つデザイン。また、くるみボタンを配したフロントは、途中から比翼仕立てになっているのでウエストインもとってもスマート。手首の細さやアクセサリー使いが映える九分袖なのも、これからの季節にうれしい。

 

ボタンを上まで留めると、衿元がキリッと立ち上がります

 

 

着こなしをリフレッシュする、体型カバー力のあるプルオーバー

GYMPHLEX/ハイカウントポプリンシャツ/¥9,800+税

シンプルでいて新鮮な着姿を叶えるプルオーバーシャツ。顔まわりをすっきり見せて、女性らしさを引き立てるネックラインが特長です。ハリ感のあるコットン生地とバストまわりにゆとりを持たせたボクシー風のシルエットは、気になる体のラインのカバーにも効果的! 胸ポケットと左下裾に入ったブランドロゴ刺繍がアクセントに。前後差のある着丈で、横から見ても美しい波形ライン。

 

前後差のある着丈で、横から見ても美しい波形ライン

 

 

どのシャツもベーシックでシンプルながら、小技のきいたデザインが素敵です!

何枚あっても重宝するアイテムなので、是非この機会にお気に入りを見つけてください!

 

関連記事
  • 結婚式のウエディングドレス・20代プレ花嫁さんへのおすすめ♪一生に一度の結婚式。ウエディングドレス選びをしている20代のプレ花嫁さんにおすすめの形やブランドは? 実際に結婚式を挙げたモアハピ部メンバーのウエディングドレスも♡ [目次] 結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は? まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる! 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】 ※それぞれ掲載時の情報です。最新の情報はオフィシャルサイト等でご確認をお願いいたします。結婚式のウエディングドレス、20代に人気の種類や形は?女子なら一度は夢見るウェディングドレス。シルエットはAライン?スレンダー? 雰囲気はゴージャス?シンプル? 肩は出す?袖付き? かなえたい条件を挙げていったらキリがない〜! じゃあ、トレンドにのっかってみるのもひとつの手かも♡ ウェディングドレスのクチコミサイト『DRESPIC(ドレスピック) 』で、テイスト別にこの1年で最も見られているのは【クラシカル】!【20代に人気のウエディングドレス】ウエディングドレスは断然「クラシカル」が人気♡©アクア・グラツィエ表参道グランドサロン 上品なレースをたっぷりと使っていたり、スカート部分にパニエを入れない落ち感のあるシルエット、ハイネックやロングスリーブなど控えめな肌見せなどなど……時代を超えて愛される、大人っぽいデザインが人気の様子♡イギリスで執り行われた、ハリー王子とメーガン・マークルさん(サセックス公爵夫人)のロイヤルウエディングの影響や、ガーデンウェディングの流行でグリーンに似合うウエディングドレス、という観点で選ぶ人が増えているため、クラシカル人気が高まっているそう。落ち着いた雰囲気のデザインが多いので、お色直しや二次会で着るのもオススメです♬【三配り嫁】って知ってる? ウエディングドレスやリング、フォトまで、2018年のウェディングトレンド大・発・表♡▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!【20代のウエディングドレス選び】『THE HANY』の可愛すぎるウエディングドレスたち「ウェディングドレス」を見ると、ますます結婚したくなっちゃいませんか?w今日は「いつか着れたらいいなぁ」という人から、「もうすぐ着る予定!」というプレ花嫁さんまで必見の、素敵なドレスSHOPをご紹介します♪ 場所は便利な青山。オシャレなお店が立ち並ぶ一角に店舗を構える『THE HANY』です。シンプルなものから色鮮やかなカラフルなものまで多種多様なデザインが豊富な『THE HANY』のドレスたち。私自身秋に結婚式を挙げる予定なので、『THE HANY』のドレスも見てみたいなということで友人であるデザイナーの羽仁衣(ハニー)ちゃんにお声がけしました♪移転したSHOPにいくのが初めてだったので、お店がかわいくて写真を何枚も撮ってしまいましたよ〜!長い廊下を抜けるとウエディングドレスのフィッティングルーム。色とりどりの美しいウエディングドレスたちは、どれもこれも着たくなってしまう素敵なものばかり。なかでも私のオススメは、ハンドメイドでひとつひとつ丁寧に作られたお花がとってもキレイな「Monique(モニーク)」と「Papillon(パピヨン)」というウエディングドレス。背中にとまる蝶がなんとも美しく、大人の可愛さとエレガントさが楽しめます。ボリューム感のあるウエディングドレスは、360度どこからでも美しい写真が撮れてとってもフォトジェニック♪ モデルさんが着てみせてくれましたが、本当にため息の出る可愛さでした♪この他にもウエディングドレスはもちろんたーーーくさんありましたので、プレ花嫁さんはぜひ『THE HANY』でもたくさんのかわいいウエディングドレスをチェックしてみてくださいね☆まるでお姫様♡『THE HANY』のウェディングドレスが可愛すぎる!▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 『モニーク・ルイリエ』の"candy"というウエディングドレス【モアハピ部 No.312 くくさん】【20代のウエディングドレス選び】念願のウエディングドレス『28歳、結婚式を挙げました!』ウエディングドレスは【MONIQUE LHUILLIER -モニーク・ ルイリエ-】の"candy"というウエディングドレス。トリートドレッシングで決めました!私のウエディングドレス選びは即決 笑3着試着させて頂いたのですが、1番最初に着たこの"candy"が理想にぴったりすぎて!!ポイントは3つありました。①ビーチフォトを撮影する予定だったので、太陽の光を浴びてキラキラするデザイン②家族だけの結婚式・パーティーなので、ボリュームがありすぎず距離感が近く取れるもの③可愛すぎず大人っぽすぎず、カジュアルさもあるものこれを全て叶えてくれて、本当に大好きな運命のウエディングドレスです❤️ブーケはこのウエディングドレスのイメージに合わせて手作り!イメージ通りにできてお気に入りです❤️ビーチフォトは、とにかく撮りたい写真のイメージをたくさん伝えてこだわり満載で撮ってもらいました!【くく婚】ハンドメイド・ビーチフォト・スイーツビュッフェ・・こだわりを詰め込んで❤️『28歳、結婚式を挙げました!』▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 自分に似合うウエディングドレス選び【モアハピ部 No.628 かんちゃんさん】【20代のウエディングドレス選び】ウエディングドレス♡シルエットも色々!ウエディングドレス選びについて紹介します(^^)私はワタベウエディングさんにお世話になっています。先日衣装合わせに行ってきました*私はそれほど具体的な希望やイメージもなく(笑)、知識も全くない状態で衣装合わせに行ったのですが。。ウエディングドレスにはプリンセスライン、マーメイドライン、Aライン・・・などたくさんの種類の形があります。最初に希望のドレスをいくつか選び、気になったものを数着試着していく感じでした。①最初に着たものがこちら!チュールのスカートがかわいい、シンプルデザインです。後ろ姿のリボンが気に入りました。リゾートらしいデザインのドレスです。②2着目がこちら!かわいらしすぎるかなと思ったのですが、着ると案外良い感じ!スカートにボリュームがあって写真映えも◎な感じでした。③3着目は、自分ではあまり選ばないものを。写真で見たときはうーん。。。と思ったのですが、着てみるとすごく良い!クラシカルなレースで後ろ姿も素敵です。マーメイドタイプとAラインの中間デザインみたいです。④4着目はBEAMSデザインのドレスです。こちらは、ベースはマーメイドドレスなのですが、チュールのスカートを付けたり上にブラウスを着たりと何通りものアレンジができます。すごくかわいい!後ろ姿!ウエディングドレス、着れば着るほど迷います!笑でも、写真で見ると、うーん。。っていうものでも、着るとすごく良かったりします。なのでいろいろなタイプを着てみることをお勧めします!私もすごく迷ったのですが、デザインの好みももちろんですが、ハワイという土地柄や、写真映りや、いろいろなことを考慮して選びました。見えないからこそお気に入りの靴を履きたい!ウエディングシューズ♡私は正直なところ、靴はドレスで隠れるしなんでもいいかな~と思っていたんです。笑でも、ウエディングフォトなどを見ていると、足元だけのショットがあったり、ドレスを持って歩くときなど意外と靴も見えるんですね。それに、新たな人生の一歩となる日なので、靴選びも大切なんだと思います(*^-^*)ウエディングプランナーさんにお話を聞くと、最近は、THE ウエディングシューズ!っていうものより、普段使いもできるようなデザインのものを買う花嫁さんが多いようです。白じゃなくても、ピンクやブルーなど淡いパステルカラーを選ぶ方もいるようです!私が選んだのは、DIANAの《チャンキーヒール レース刺繍パンプス》ウエディングフォトでもたくさん歩くと思うので、歩きやすさも重視しました。レースのデザインが繊細で、とってもかわいい!きれいめな普段コーデにも使えそうなデザインです。あともう一つ、ウエディングシューズ選びに大切なのはヒールの高さです!ウエディングドレスに合ったヒールの高さを選ぶことが◎ヒールの高さによってドレスの見え方も変わってくるそうです。私は5cmヒールに合わせてウエディングドレスを作ったので、5cmヒールのデザインを探しました。ヒールで靴を選ぶのって、結構大変なんですね!履きたい靴がある方は、靴に合わせてウエディングドレスを選ぶのが良いかもしれません。【ウエディングドレス】一生に一度だからこそ!自分に似合うドレス選び大切な1日に運命の一足♡【ウエディングシューズの選び方】▲【《結婚式特集》ウエディングドレス編】トップに戻る 結婚式・ウエディング関連記事もチェック♪女子の“ウェディングドレスを着たい!”願望を無料で叶えてくれる『and photo』が最幸すぎ♡ 「リングピロー」や「ブライズメイド」・・・・・・"結婚式ワード"の言い伝えのホント、知っていますか?研究室にサッカー場!? 「世界にひとつだけ♡」のオリジナル結婚式が素敵すぎ!夢見るライターみかりんの妄想ウェディング♡  今いちばん気になる結婚式場6選!
  • 全国のモア世代女子は何が好き? 何してる? そんな疑問から生まれたのがこの『あなたのアフター6、連れてって』企画! MORE編集スタッフが、飲み代を握りしめ、日本全国の女子会に潜入します!地元愛は全国No.1かも!? 悠久の日本を存分に味わえる「奈良県奈良市」の女子会に潜入♡■奈良県DATA ●県庁所在地:奈良市 ●人口:133.7万人 ●ご当地グルメ:茶がゆ、飛鳥鍋、柿 ●出身有名人:堂本剛(KinKi Kids)、ゆりやんレトリィバァ ●ヘビロテ方言:〜しやん?(〜しない?)【おすすめ女子会SPOT】『書架 花の月』東大寺の側に佇む複合店『書架』の中にある、手巻きずし専門店。約20種類もある四季折々の具材を、自分で巻いて楽しめる。SNS映えもばっちり! ◆奈良県奈良市春日野町16 ☎0742・25・2301 11:00〜16:00 不定休今回 『書架 花の月』 で、編集スタッフと女子会したのは彼女達♡(右)藤岡真衣さん(29歳・栄養士)、(左)吉田祐里さん(30歳・受付)地元女子は共感の嵐!? ご当地女子に聞いた「奈良OLあるある」【1】結婚式の引き出物は高級ラムネ?「イコマ製菓本舗の幻の高級ラムネ『レインボーラムネ』。カラフルな見た目で、結婚式の引き出物として重宝されています。入手困難なので、引き出物に入ってたらテンションUP!」(吉田さん) 【2】大仏のように朗らかな人が多い「周りの友人を見ていて思うのは、楽しく、ゆるく生きていこう! というスタンスの人が多いように感じます。怒るということもあまりなく、基本ストレスフリーかもしれないです」(藤岡さん)【3】プリンといえば「まほろば大仏プリン」「奈良でプリンといえば、『まほろば大仏プリン』の一択。昔懐かしい味で絶品。特大サイズは圧巻の見た目。夫婦喧嘩の翌日は、だんなさんが謝罪の印にと買ってきてくれることも(笑)」(吉田さん)【奈良OLイチ押し!】よく行くSPOT![ ACTIVITY ]日本一との呼び声高いパワースポット『三輪明神 大神神社』 「日本最古の神社といわれ、拝殿の奥に佇む三輪山がご神体。許可を得たら登ることができるんです! 厳しい山道ではあるけど、大自然を感じながら登る時間が心のデトックスをしてくれます」(吉田さん)。♦奈良県桜井市三輪1422 ☎0744・42・6633 ■http://oomiwa.or.jp/[ DATE ]SNS映え抜群の別世界に迷い込む『奈良祭都 金魚ミュージアム』 和風アミューズメント施設。「アーティストが手がけた金魚×アートのコラボは圧巻! つい写真を撮りすぎます。同じ施設内で、忍者体験やトリックアートも楽しめます」(吉田さん)。♦奈良県奈良市二条大路南1の3の1・4F ☎0742・32・5133 ■https://www.narasight.com/[ FOOD ]大和の朝ごはんをゆっくりいただく『鹿の舟 竈』 人気カフェ『くるみの木』がプロデュース。「かまどで炊いたご飯と奈良産食材をたっぷり使った定食は絶品。併設のグローサリーでは奈良のおすすめ食材が揃います」(藤岡さん)。♦奈良県奈良市井上町11 ☎0742・94・5520 ■http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/ご当地OLのファッションや、女子会の詳しい様子を雑誌でチェック!雑誌MOREでは、ご当地OLのリアルに迫る企画を毎号掲載中! 本誌では、リアルな女子会トークや、人気のファッションスタイルなど、さらに様々な情報を毎号お届け。この記事と合わせて、ぜひともご覧あれ♪▶▶▶これまでの「ニッポン全国ご当地OLのリアルな生態リサーチ」記事はこちら ♡5月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ MORE2019年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・文/海渡理恵 撮影/冨樫実和 イラスト/平松昭子
  • こんばんは 前回に引き続き、グアム旅行について書いていきたいと思います!2日目はすごく詰め詰めなスケジュールでとっても充実してました ・朝、ホテルのプール ・午前中に街へ出かける ・フォトスポットに行く ・買い物 ・ホテルに戻り着替える ・ナイトマーケット こんな感じで細かく時間も決めて計画立てました(笑) ホテルについてはまとめて記事にしようと思うので、プールの話は今回は置いといて、、 ホテルから歩いてすぐのところにアウトレットみたいなところがあって、そこにあるハーゲンダッツのお店に行きました わたしは、"ロッキーロード"というアイスにしたのですが、チョコレートアイスとマシュマロ!!!!って感じですごくすごく重たくてすぐにお腹いっぱいになりました(笑) シェアするってことをまた忘れてましたね(笑) それから、街を探索しながらフォトスポットに向かいました❁ ツアーで乗り放題のバスに乗ったり また歩いたり、、 他の画像を見るそしてなんとか、グアムで有名なフォトスポットの TUMON TRADE CENTERに着きました いろんなパターン撮ってもらいました! 白シャツ×デニム コーデで揃えてます✌︎ このあと、K-martに向かうのですが、バスを逃したりどれ乗っていいかわからなくなったりで、、 暑い中、ちょっとずつ進んでいたら、かわいいバス停を発見しました そして、ここまで来たら歩こう!ということになって、ホテルからK-martまでほぼ歩くということになってました(笑) あとでタクシーの方にこのこと話したら、普通はこの距離歩かないよ!って言われました(笑) 暑くて大変だったけど、いろんな写真も撮れたし、グアムの街を歩けたのは良かったかな (笑)こんな感じで、もうすぐK-martというスーパーみたいなホームセンターみたいなお店にたどり着きます! が、今日はここまで!! 次回は、2日目の続きを書きます ナイトマーケットについても次回! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! ❁佐久間 梨奈❁InstagramTwitterカワイイ選抜 No.66 佐久間梨奈のブログ
  • 新入社員と取引先へ。ほんのりスパイシーな白コーデで素敵先輩風に大人っぽさのある白タイトスカートに、Tシャツを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、絶妙なアクセントに。緊張する後輩を連れクライアント先の会社に到着すると、担当の方から「お待ちしていましたよ! 今日も素敵なコーデですね~」と声をかけられて。和やかな雰囲気でスタートしたおかげか、後輩も緊張しすぎず、きちんとあいさつできて、ひと安心。Tシャツ¥8400/ティッカ タイトスカート¥24000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ストール¥13000/シック(ゴビ) バングル¥6500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)  バッグ¥66000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(エー ティー ピー) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)  ピアス¥13000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(フィリップ オーディベール)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務の広告プランナー・花 企画やコピーを手がけるプランナー。アクティブ派で都内なら自転車でどこへでも行けるのが特技。辛めの着こなしとは裏腹に、自他ともに認める生粋の甘党。彼氏なし。明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム【白アイテム】白ゆるTシャツネックラインにゆるさを、身幅にゆとりをもたせた一着は着るだけでこなれ見え。肌になじむ、くたっとした素材も今どき感たっぷり。¥8400/ティッカ【白アイテム】白タイトスカートスイートな印象の白スカートもタイトシルエットなら辛口に。ベージュの裾トリミングがアクセント。¥24000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】FABRIQUE en planete terre 【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ ¥5,900+税【関連商品】enchanted 本革ソフトレザーVカットバブーシュ ¥11,800+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『GU』コーデや『titivate』のおすすめワンピ、ブロガー歴6年のバッグの中身に注目【ファッション人気記事】♡第3位♡ 『titivate(ティティベイト)』のマストバイワンピ 第3位は、No.576 *Ayane*さんが『titivate』で購入した「ティアードノースリーブリラックスワンピース」は、SNSで話題沸騰中だそう。全8色展開で、“ストライプ柄のベージュがイチオシ”と教えてくれました! ▶︎▶︎こんなコーデができる! ♡第2位♡『GU』アイテムでプチプラコーデ 第2位は、No.635 Ayanoさんの、『GU』のアイテムで全身¥4000以下コーデ! アウターいらずの陽気の日もあるこの頃、着こなしの参考になります。 ▶︎▶︎優秀デニム ♡第1位♡モアハピ部6年目ブロガーのバッグの中身 第1位は、No.395 みそさんが披露してくれたお仕事バッグの中身! モアの付録も使ってくれていて嬉しい❤︎ ピンクトーンで統一されたおしゃれなアイテムをチェックしてみて。 ▶︎▶︎付録はこう使ってますクレンジングや下地の愛用アイテム、『エスト』の肌診断が気になる!【ビューティー人気記事】♡第3位♡「ルルルン クレンジングバーム」が良い!! 第3位は、No.646 あみさんがおすすめする「ルルルン クレンジングバーム」☆ 洗い上がりはつっぱらず、しっとり。バームが溶けると同時にメイクを絡め取ってくれる感覚があるそう! ▶︎▶︎値段も手頃で嬉しい!♡第2位♡愛用下地教えちゃう! 第2位は、No.678 さややさんが愛用する『obagi(オバジ)』のベースメイクシリーズ。メイクしながらスキンケアできるのがポイントで、毛穴やしみをしっかりカバーしてくれて、化粧持ちもとっても良いんだって。 ▶︎▶︎つるり肌に♡♡第1位♡ 『エスト』のカウンセリングを受けてみた! 第1位は、No.395 みそさんが行ってみた『エスト』のカウンセリング。肌年齢レベルや水分量など、細かい肌解析をしてくれるそう。自分の肌に合うアイテムを紹介してくれ、サンプルも貰えて大満足の様子です。 ▶︎▶︎乾燥肌から脱却か?スタバの新作メニューや、マックの「ベーコンポテトパイセン」が食べたい!【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡新作フラペチーノのおすすめカスタマイズ 第3位は、No.680 まぐちゃんさんが紹介する、スタバ新作「#ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」のおすすめカスタマイズ。「レッド」のほうはクリーム抜きにすると、さらにいちご感が強くなるんだって! ▶︎▶︎一方「ホワイト」は?♡第2位♡スタバの「宇治抹茶ビスケット」を食べてみた 第2位は、No.562 しょこたうるすさんが紹介するスタバの「宇治抹茶ビスケット」。おすすめの食べ方は、温めていただくこと。ぜひ試してみて。 ▶︎▶︎ソースを足しても♪♡第1位♡マックの「ベーコンポテトパイセン」 第1位は、No.576 *Ayane*さんが推す『マクドナルド』の「ベーコンポテトパイセン」! ユニークなパッケージも可愛いし、150円とは思えないおいしさ。期間限定だからお早めに! ▶︎▶︎とろとろさがたまらない♡★今回のランキングは、4/15(月)~4/21(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
  • ワントーン、小物使い、肌見せバランス……おしゃれに見えるのには理由があった! \ ショップスタッフがお手本! / 今っぽ "ショーパン"スタイルはこう作る! 今季トレンドのショートパンツは、脚美人な優秀アイテムばかり。今っぽく着こなすルールを人気ブランドのスタッフが教えてくれたよ。女子が永遠にときめく柄。大人っぽさやカジュアルさをほんのり加えて。勅使河原美紅さん(153cm) dazzlin ルミネエスト新宿店 「ミントブルーのTシャツを合わせ、初夏のさわやか&ガーリーなコーデにしました。さらに流行りのクロシェ編みのロングカーデをはおって、大人っぽさをひとさじ。インとはおりのバランスでスタイルアップしています」 さらりとした生地と、可愛らしいギンガムチェックのバルーンパンツは夏にもってこいの1着♡ ウエストのギャザーとすぼまった裾で、スタイルアップ効果があるのもうれしい。 ¥5900/dazzlin内田汐南さん(158cm) w closet 横浜ジョイナス店 「花柄のセットアップに、落ち着いたブラウンのカーデで大人っぽさを加えました。ウエストマークのリボンで脚長効果も。足元は白のダッドスニーカーとちょい見えソックスがバランスアップのポイントです」 つるっとした生地のパンツは、可愛さ&はきやすさ満点。小さく折りたためるほどの薄さ&軽さで、夏まで着倒せる! ¥4300/WEARS INC.(w closet)東別府楓さん(156cm) earth music&ecology ルミネエスト新宿店 「ゆるっとしたシルエットのブラウスに、ハイウエストのショートパンツを合わせてスタイルアップ。淡いベージュの小さめバッグで上品にまとめました。足元も白で統一させ、花柄に視線を集めるバランスのいいコーデに」 裾の広がった美しいシルエットで、太ももを細く、きれいに見せてくれる。ブラウンの刺繍がアクセントに。 ¥3990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード▶ほかのショーパンルールもチェック撮影/冨樫実和(モデル) 細谷悠美(物) web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND