スタイリスト福田麻琴さんが指南!レッドカードの2大パンツが優秀です!

FLAG SHOP Magazine

日本人女性の体型に合う旬デニムが手に入ると大評判のレッドカード。
スタイルアップに即効性がある2モデルで、下半身の悩みを吹き飛ばしましょう!

 

 

バランスよくはきこなせるアンクル丈と絶妙なゆるシルエットで今っぽさが急上昇!

RED CARD/マデリン/\19,000+税

おなかまわりをすっきり見せるハイライズのスリムフィットデニム。適度なゆるさを持たせたレッグラインと、裾に向けてテーパードしたシルエットが、高い細見え効果を発揮しつつ、着る人の女性らしさを引き立てます。足首がのぞく軽やかなアンクル丈はバランスがとりやすく、小柄な人でもお直しなしで着用可能。

 

カラーはダークなインディゴブルー。カジュアルになりがちなデニムスタイルを、大人っぽく洗練されたイメージへと導く色みです

 

股上が深めのハイライズタイプながら、ほどよいゆとりとストレッチデニム素材が快適なはき心地を約束

 

 

進化した美脚シルエット&ハイライズが大人のきれいめコーデにジャストフィット

RED CARD/アニバーサリーハイライズ(ブラックユーズド)/\19,000+税

名品と呼ばれるアニバーサリー 25thをベースに、より美脚効果を高めた改良モデルです。ブランドオリジナルのストレッチ生地は、肉感をひろいにくいハリ感と柔らかな着心地が魅力。 脚のラインにほどよくフィットするスリムなシルエットと、股上を約3㎝深く設定したハイライズで、鮮度の高さも言うことなし。
※ブラックユーズドに関しては染料により若干固く感じるかもしれません

★バイヤーより★
通常のAnniversaryより1インチサイズアップすることをお勧めしています

 

アニバーサリーの美脚ラインを受け継いだ細身シルエット。高感度を印象づける深め股上には、腰まわりをコンパクトに見せる効果も

 

やや中心に寄せたバックポケットが丸みのあるヒップラインを実現

 

 

スタイリスト福田麻琴さんからのおすすめコメントです!

信頼のデニムブランドで最愛の一本を見つけて”

形や色の種類が豊富で、いつでも自分に似合う一本に出会えるレッドカード。今回ご紹介するマデリンは、私がこのブランドを知るきっかけになったモデルの後継版。ゆるさのあるフォルムに今どき感が漂います。もう一方のアニバーサリーハイライズは、黒とグレーの中間のような陰影のある色みが絶妙。どちらも美脚力は万全だから、毎日のコーデに役立つこと請け合いです!

 

 

是非この機会にぴったりのデニムを見つけてください!

 

関連記事
  • こんばんは 前回に引き続き、グアム旅行について書いていきたいと思います!2日目はすごく詰め詰めなスケジュールでとっても充実してました ・朝、ホテルのプール ・午前中に街へ出かける ・フォトスポットに行く ・買い物 ・ホテルに戻り着替える ・ナイトマーケット こんな感じで細かく時間も決めて計画立てました(笑) ホテルについてはまとめて記事にしようと思うので、プールの話は今回は置いといて、、 ホテルから歩いてすぐのところにアウトレットみたいなところがあって、そこにあるハーゲンダッツのお店に行きました わたしは、"ロッキーロード"というアイスにしたのですが、チョコレートアイスとマシュマロ!!!!って感じですごくすごく重たくてすぐにお腹いっぱいになりました(笑) シェアするってことをまた忘れてましたね(笑) それから、街を探索しながらフォトスポットに向かいました❁ ツアーで乗り放題のバスに乗ったり また歩いたり、、 他の画像を見るそしてなんとか、グアムで有名なフォトスポットの TUMON TRADE CENTERに着きました いろんなパターン撮ってもらいました! 白シャツ×デニム コーデで揃えてます✌︎ このあと、K-martに向かうのですが、バスを逃したりどれ乗っていいかわからなくなったりで、、 暑い中、ちょっとずつ進んでいたら、かわいいバス停を発見しました そして、ここまで来たら歩こう!ということになって、ホテルからK-martまでほぼ歩くということになってました(笑) あとでタクシーの方にこのこと話したら、普通はこの距離歩かないよ!って言われました(笑) 暑くて大変だったけど、いろんな写真も撮れたし、グアムの街を歩けたのは良かったかな (笑)こんな感じで、もうすぐK-martというスーパーみたいなホームセンターみたいなお店にたどり着きます! が、今日はここまで!! 次回は、2日目の続きを書きます ナイトマーケットについても次回! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! ❁佐久間 梨奈❁InstagramTwitterカワイイ選抜 No.66 佐久間梨奈のブログ
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり!今週人気のあったファッション・ビューティー・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます☆ 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェック♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『GU』コーデや『titivate』のおすすめワンピ、ブロガー歴6年のバッグの中身に注目【ファッション人気記事】♡第3位♡ 『titivate(ティティベイト)』のマストバイワンピ 第3位は、No.576 *Ayane*さんが『titivate』で購入した「ティアードノースリーブリラックスワンピース」は、SNSで話題沸騰中だそう。全8色展開で、“ストライプ柄のベージュがイチオシ”と教えてくれました! ▶︎▶︎こんなコーデができる! ♡第2位♡『GU』アイテムでプチプラコーデ 第2位は、No.635 Ayanoさんの、『GU』のアイテムで全身¥4000以下コーデ! アウターいらずの陽気の日もあるこの頃、着こなしの参考になります。 ▶︎▶︎優秀デニム ♡第1位♡モアハピ部6年目ブロガーのバッグの中身 第1位は、No.395 みそさんが披露してくれたお仕事バッグの中身! モアの付録も使ってくれていて嬉しい❤︎ ピンクトーンで統一されたおしゃれなアイテムをチェックしてみて。 ▶︎▶︎付録はこう使ってますクレンジングや下地の愛用アイテム、『エスト』の肌診断が気になる!【ビューティー人気記事】♡第3位♡「ルルルン クレンジングバーム」が良い!! 第3位は、No.646 あみさんがおすすめする「ルルルン クレンジングバーム」☆ 洗い上がりはつっぱらず、しっとり。バームが溶けると同時にメイクを絡め取ってくれる感覚があるそう! ▶︎▶︎値段も手頃で嬉しい!♡第2位♡愛用下地教えちゃう! 第2位は、No.678 さややさんが愛用する『obagi(オバジ)』のベースメイクシリーズ。メイクしながらスキンケアできるのがポイントで、毛穴やしみをしっかりカバーしてくれて、化粧持ちもとっても良いんだって。 ▶︎▶︎つるり肌に♡♡第1位♡ 『エスト』のカウンセリングを受けてみた! 第1位は、No.395 みそさんが行ってみた『エスト』のカウンセリング。肌年齢レベルや水分量など、細かい肌解析をしてくれるそう。自分の肌に合うアイテムを紹介してくれ、サンプルも貰えて大満足の様子です。 ▶︎▶︎乾燥肌から脱却か?スタバの新作メニューや、マックの「ベーコンポテトパイセン」が食べたい!【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡新作フラペチーノのおすすめカスタマイズ 第3位は、No.680 まぐちゃんさんが紹介する、スタバ新作「#ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」のおすすめカスタマイズ。「レッド」のほうはクリーム抜きにすると、さらにいちご感が強くなるんだって! ▶︎▶︎一方「ホワイト」は?♡第2位♡スタバの「宇治抹茶ビスケット」を食べてみた 第2位は、No.562 しょこたうるすさんが紹介するスタバの「宇治抹茶ビスケット」。おすすめの食べ方は、温めていただくこと。ぜひ試してみて。 ▶︎▶︎ソースを足しても♪♡第1位♡マックの「ベーコンポテトパイセン」 第1位は、No.576 *Ayane*さんが推す『マクドナルド』の「ベーコンポテトパイセン」! ユニークなパッケージも可愛いし、150円とは思えないおいしさ。期間限定だからお早めに! ▶︎▶︎とろとろさがたまらない♡★今回のランキングは、4/15(月)~4/21(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
  • 10連休は目前! ストレスなく着られてサマになる服や小物は旅先に欠かせないアイテム。気軽に羽織れる軽アウターから細見えするリラックスパンツ、ノンストレスのピアスまで旅のお供に連れていきたい名品をご紹介。GWをおしゃれに、そして快適に過ごすためのアイテムをぜひチェックして!E by éclat 鹿の子カットソーライダースさっと気軽にはおれて様になる大人のはおりものが誕生ハードすぎないディテールが大人にちょうどいい鹿の子カットソーライダース。体のラインを拾わない素材、辛口ファスナーと襟デザインの視覚効果による着やせ&小顔効果も◎。開け閉めで雰囲気が変わる袖ファスナー。さっと脱ぎ着しやすいので、旅先でのはおりものとして重宝すること間違いなし。E by éclat 鹿の子カットソーライダース ¥18,000+税>>ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ機能性とクオリティの高さは折り紙つき1976年にイタリア・ヴィチェンツァに、革製品を取り扱うサルトリア工房として創業したZANELLATO。シルクタッチのようなベビーカーフを使用したウォレットバッグがエクラ別注色のグレーで登場。チェーンをはずせば長財布としても。背面のポケットには交通系ICカードも入り、利便性抜群。 デイリーにはもちろん、身軽に歩きたい旅先でのウォレットとしてぜひ活用して。ZANELLATO×éclat チェーンつきウォレットバッグ ¥59,000+税>>L’UNE サルエルパンツ“腰まわりゆったりで裾細え”がカギ。実は万能シルエットのパンツ「黒田知永子さんがよく話されている『ちょっと変な形のパンツは七難隠す』。本当にそうなんです! すっきりシンプルなパンツのほうが体型の難が出やすいと実感しています。これは“腰まわりゆるめ、裾きゅっ”のテーパードぎみシルエットで、身長にかかわらずバランスよく着こなしやすい。マニッシュなテーパードパンツの美しさで定評があるブランドなので、クセありといっても個性的すぎず上品にはけます。裾が細めなのでスニーカーでもヒール靴でも合わせやすい。実はいろいろ万能なんです。」(エクラプレミアム室長 宮田)L’UNE サルエルパンツ ¥38,000+税>>MOY Paris コットンパールピアスふだん使いから旅先まで活躍の幅が広い便利アイテムパリ在住の元コーディネーター・大友靖子さんが立ち上げたブランド。モードコンシャスなネックレスも素敵ですが、私はこのピアスにひと目惚れ。シンプルでどんな服にも合わせやすく、ラインストーンのキラキラ感で顔まわりがほどよく華やかになります。大粒ですが軽くて肩が凝らないところもうれしい(笑)。昨年の3月号でご紹介したときにはあっという間に完売しました。今回も、昨年と同じサイズをセレクト。鉄板のホワイト、グレーのほか、このシックなブルーをプラス。黒や紺などの濃い色の夏服に合わせたら素敵に映えそう。(エクラプレミアム室長 宮田)MOY Paris コットンパールピアス ¥6,700+税>>
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • MODE ET JACOMO 2019 Autumn&Winter COLLECTION お邪魔してきました♡ まずはお洒落なディスプレイととんでもなく可愛いウェルカムスイーツがお出迎え。パンプスチョコレートが破壊的な可愛さ!ディスプレイはモードエジャコモの靴やスタッフさんの私物で飾られているそう。今季からブラッシュアップされより磨きのかかったモードエジャコモ。 やはり一番目を引いたメインライン。可愛い靴がずらり!この赤い靴とふわふわのバッグが一際目を引いた♡一番気になった赤パンプスは ヒールは太めで安定感があるタイプ。ヒール部分に"MODE ET JACOMO"のロゴが入っていてバックスタイルも可愛い♡蛇や豹などのアニマル柄や、 ファーがついたもの。敷物にもMODE ET JACOMOの文字が♡この刺繍ローファーも普通のローファーとひと味違って可愛い! これもある意味アニマル柄ですね。大人っぽいイメージのモードエジャコモにしては少し意外なスニーカーも。ここにもちらっと豹柄。今年の秋冬こそ欲しいソックスブーツ 少しもこもこした素材。こちらはブラック。珍しいグレーをはいてみました。 ブラックよりも柔らかい印象で ふわふわな素材のおかげでカジュアルすぎず、 初めてのソックスブーツにちょうど良そう!デニムは一生懸命たくし上げてます(笑)こちらはゲーマーの心揺さぶるパックマンコラボ! パックマンの敵のあいつがファーとなりかかとについているパンプス。真後ろから見たら思わず二度見してしまいそうなバックスタイル。笑サングラスをかけて更に悪に。赤いパンプスと迷いましたが、 わたしはこの左のスニーカーをオーダー。派手柄ですがベージュなので意外と華やかすぎず合わせやすそう。 クッションもしっかりしていて歩きやすかったのが決め手。 今からはける日が楽しみ! また届いたらコーデと共に紹介させていただきます。やっぱり靴って女性心をくすぐる力を持ってますね。 わくわくドキドキしっぱなしの幸せなひと時でした♡ @rena674 スーパーバイラーズ 永里礼奈のブログ
  • 親子で共有できる洋服、私のオススメする通販サイトのご紹介!前回doclasseさんを紹介しましたが、今回はもう一つのおススメサイトをご紹介したいと思います。 友人に教えてもらった通販サイト、STYLE DELI。 前回のdoclasseもそうですが、こちらも お店が表参道にあるので購入前に試着が出来ます。 明るい店内には洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどサイトで見る商品が置いてあり、お店で商品を試着して納得できたら、ネットで申し込み。 リボンの付いたハンガーの商品はお店で購入可能で、店舗限定のカラーもあるのでお店に行ってみる価値あり!です 一番のお気に入りは、袖口斜めカットブラウス。ゆったりシルエットのドルマンタイプ。 STYLEDELIさんの大人気商品です。 軽い着心地でシワになりにくく、何より自宅でお洗濯が出来る!主婦には有難いポイントですよね 使い勝手の良さから、色違いで白、黒、ベージュの3枚購入。 今回お店に行って、限定カラーのモカを即買いしました。ライトグレーも気になるカラーです。 tops : STYLE DELI shose : kariAng bag : YSLSTYLE DELIさんのコンセプトは、良品質&低価格、No Target。 その通り、50代の私と20代の娘が共有できる洋服だと思います。50代の私はタイトなスカートに合わせて(ベージュ)20代の娘は通勤にも使えるよう、白いパンツに合わせて(モカ)今回、店舗で購入したノースリーブギャザーブラウスは、リボン付きパンツに合わせてワントーンコーデでシックに。パレスホテルでのカルティエイベントで着用しました。 デニムに合わせてワンランクUPしたカジュアルコーデもいいかも tops : STYLE DELI pants : ESTNATION shoes : KariAng bag : HERMES店舗は営業日が毎日ではありませんので、サイトでご確認してから行ってみて下さいね。 STYLE DELIさんのサイトはこちらから。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらから。華組 豊田真由美ブログ
  • オルビスから、“レフ板まつ毛”仕上げで瞳に光を映し込む「イルミラッシュマスカラ」が登場! 定番のブラックのほかに、おしゃれな目元になれるインディゴデニムが数量限定で発売されるよ♡限定カラーのインディゴデニムに注目光をキャッチして輝く瞳に!つるんとなめらかなツヤまつ毛に仕上げる「リフレクトベース処方」と、美しいセパレートシルエットを叶える特殊ブラシを採用。まつ毛1本1本をコーティングすることで、まつ毛が“レフ板”のように光を反射。瞳に光を映しこみ、輝きをプラスしてくれるから、イキイキとした表情に見せることができるよ。ウォータープルーフタイプなのにお湯で簡単に落とせて、使い勝手も抜群! 数量限定で発売されるインディゴデニムは、目元にヌケ感と存在感が出せるおしゃれカラー。さりげない発色で、ナチュラルなのに吸引力のある目元になれるよ♡イルミラッシュマスカラ インディゴデニム ¥1300(数量限定)/オルビス▶オルビス オフィシャルサイト▶今だけ!non-no Buzz掲載限定品 記事一覧
  • 訪れる先に思いを馳せながら、その土地や過ごし方に合ったワードローブを試行錯誤するのも旅の醍醐味。月1回は現地入りするほどのハワイ通のスタイリスト・安西こずえさんに、ハワイに持って行くワードローブと現地でのコーデを教えてもらいました。trip to Hawaii(ハワイ)!!スタイリスト 安西こずえさんBAILAをはじめ数々の女性誌で活躍。自身がディレクションするブランド「mikomori」の第1号店をハワイにオープンしたこともあって、仕事での渡航を含めると月1回は現地入りするほどのハワイ通。「月1回訪れるハワイは、もはや第二の故郷。埋もれないように都会的なスタイルが定番」ハワイは旅というより、むしろ“帰る場所”。ステッカーをたくさん貼って“私だけの”ものにカスタマイズした、愛用のグローブ・トロッターとともに、いつも帰省するような気持ちで訪れます。慣れ親しんだ場所だから、これといってリゾートを意識することはありません。オアフは都会と密接しているのでビーチからショッピングへ直行なんてこともよくあるし。だから、洋服はわりと都会的。モノトーンが多かったり色柄でもデザインがアーバンだったり、周囲になじむのではなく自分らしく楽しみたいんです。そのほうが断然テンション上がるから。(メインカット)黒×白トップス¥45000(リー マシュー)・柄ブラウス¥22000(ソフィーディー)/トゥモローランド デニム¥36000・スイムウェア¥29000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) パジャマ¥19000(マドウニーネ ミラノ)・ネックレス¥210000(シップロック)/ロンハーマン ゴールドネックレス¥42000/エストネーション(トフム) その他/スタイリスト私物 (p.165)バッグ¥132000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) パスポートカバー¥26000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) サングラス¥32000/DITA 青山本店(クリスチャン ロス) サンダル¥14500/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) カメラ¥33500/ライカカメラジャパン(ライカゾフォート) ぬいぐるみ¥6800(グローバル アフェアーズ)・マウスミニポーチ¥11000(タタキット エム)・アイスクリームミニポーチ¥10000(ラドロー)/ロンハーマン キャンドル¥2700・ルームスプレー¥2500/ラ ブティック ファンタスク(ROSY RINGS)ホテルのバーでサクッと夜遊び。色はダークに柄ボトムで盛り上げ。“リゾートすぎない”シーン別・都会派ワードローブ5for DINNERディナーにはちょっと雰囲気よく都会的なニュアンスの落ち感セットアップを。暗いところでぐっとシックに映えるモノトーンが気分です。トップス¥45000・マキシスカート¥58000/トゥモローランド(リー マシュー)  サングラス¥48000/DITA 青山本店(DITA) その他/本人私物for ROOMハワイでは水着がランジェリー代わり。だってすぐにプールに行けるから。部屋ではメンズっぽいスウェットをザクッと羽織るのが好きなんです。スウェット¥18000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ウィッスルズ) 水着¥28000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) 靴¥6000/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ)for NATURE SPOTハワイならではの自然を感じるためヒーリングスポットへ行くこともしばしば。なんとなく気持ちが静まる気がして黒をチョイス。動きやすくてシワになりにくいワンピが定番。ワンピース¥40000/ミコモリ表参道ヒルズ店(mikomori) サンダル¥22000/ツル バイ マリコ オイカワ その他/本人私物for SHOPPINGハイブランドからセレクトショップまで、ショッピングを楽しめるのもハワイのいいところ。どんなお店にもなじむバレンシアガのボウタイブラウスを軸に、ボトムは潔くショートで。上品に見える露出のバランスには気をつけています。サンダル¥9500/ヌキテパ 青山店(ヌキテパ) その他/本人私物for POOL水着の上にサラッと着られるマキシワンピが便利。意識したいのはラグジュアリーなバカンス。色柄でも“いかにも”にならないよう、カシュクール仕立てのどこかヨーロピアンなデザインや黒小物で女らしくリュクスに。ワンピース¥46000/ヴェルニカ ルーム(ヴェルニカ) その他/本人私物思いっ切り日焼けする派! サンケアグッズが必需品塗るだけでブロンズ肌をつくれるセルフタンニングローションで肌づくりしてから現地入り。シスレーのアフターサンケアやバイレードのボディローションなど、日焼け後の保湿ケアも怠りません。撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・原文/榎本洋子 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2019年5月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND