通勤服・オフィススタイルや休日カジュアルコーデにも使える★2019年春のスプリングコート

FLAG SHOP Magazine

2月も半ばに入り、そろそろ冬服に飽きてきた方や春まで待てない!という方も多いのではないかと思います。
2月はアウターをまだ楽しむ季節でもありますが、そんな時は冬アウターから春らしいスプリングコートへチェンジしてみるのはいかがですか?
アウターが軽やかになるだけで、きっと気分も少し華やぐはずですよ♪
本日は、通勤スタイルにも、休日コーデにもおすすめのスプリングコートをご紹介していきます★

 

GRACE CONTINENTAL/トレンチロングコート/¥66,000+税

GRACE CONTINENTAL/トレンチロングコート/¥66,000+税

定番で頼れるアウターといえば、トレンチコート。
2019年春は素材やデザインに工夫を凝らした様々なタイプが揃っています!
こちらは、後ろにギャザーをたっぷり持たせたデザインが特徴の軽く羽織れるコートドレスタイプ。
肌馴染みの良いとろみと落ち感のある麻混の薄手ツイル素材を使用し、デイリーに気兼ねなくお使いいただける一着です。
今年らしいロング丈とオーバーサイズで、バサッとラフに羽織ったメンズライクなスタイルや、ベルトでブラウジングしたエレガントな着こなしなど、様々なコーディネートをお楽しみいただけますよ♪

 

GRACE CONTINENTAL/ノーカラーワークコート/¥59,000+税

GRACE CONTINENTAL/ノーカラーワークコート/¥59,000+税

胸元のワークポケットがポイントのスプリングコート。
イタリアのMANTECO(マンテコ)社の、トレンチコートのようなトラディショナルで上品なコットン素材を使用。
ラフなノーカラーコートは、バサッとガウンのように羽織ったり、ベルトをぎゅっと閉めてメリハリを持たせたりと、着こなし次第で様々な表情を見せてくれます。
大人きれいめスタイルから休日カジュアルまで、幅広いスタイルに着まわしができる頼もしい一着です。

 

GRACE CONTINENTAL/Wクロスコート/¥98,000+税

GRACE CONTINENTAL/Wクロスコート/¥98,000+税

こちらも、イタリアのMANTECO(マンテコ)社の、張り感のあるダブルクロス地を贅沢に使用したコート。
メタリック金具が上品なコントラストを生み出し、デザインのアクセントとして効いています。
モード感のあるAラインのテントシルエットがポイントの一着は、「定番」兼「トレンド」コートとして、長くご活躍いただけます。

 

GRACE CONTINENTAL/ドルマントレンチジャケット/¥48,000+税

GRACE CONTINENTAL/ドルマントレンチジャケット/¥48,000+税

柔らかなコットンギャバ素材を使用したショート丈トレンチ。
ショート丈なので、本格的なディティールはそのまま残しつつ、トレンドのワイドパンツやボリュームスカートと合わせやすい仕上がりになっています。
ドルマンシルエットや抜け感を得られる程よいボリュームが、新鮮なシルエットを生み出し、旬なスタイリングをかなえてくれます。
ショート丈は気軽に羽織れて重宝するので、デイリーアウターの新定番としてぜひオススメしたい一着です♪

 

GRACE CONTINENTAL/ダブルチェックコート/¥58,000+税

GRACE CONTINENTAL/ダブルチェックコート/¥58,000+税

ダブル仕立てのテーラードジャケット。
メンズライクな表情でありながら、リラックス感のあるドロップショルダーやオーバーサイズが、より女性らしさを惹き立てるデザインです。
ナチュラルな麻100%のチェック素材を使用し、初夏まで長く使えるのも嬉しいポイントです!
立体的なシルエットと今季らしいチェックパターンが、毎日のオフィススタイルのポイントに♪
休日はデニムに合わせて大人カジュアルコーデを楽しんでも◎

 

春のオフィスコーデにも、休日の大人カジュアルコーデにも使える春コート。
是非、お気に入りのスプリングコートをチェックしてコーディネートに取り入れてみてくださいね♪

★★その他、【GRACE CONTINENTAL (グレースコンチネンタル)】のコートジャケットはこちらをチェック★★

関連記事
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • 縦長ノースリーブ 肩から真っすぐに入る切り替えで、スリムな肩幅&すらりとした二の腕に。 ニットのIラインを、×サスペでさらに強調♡ ニットのIラインを生かして、サスペつきパンツでバランスUP。ウエストがキュッとしているから、ワイドパンツ&厚底スポサンでメリハリを。 ニット¥3900/UNRELISH サスペンダーパンツ¥12000/ココ ディール イヤリング¥1800/ゴールディ バッグ¥4500/ニコロン 渋谷109 サンダル¥10800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY)●細見えポイント● 肩から脇にかけて垂直に入るラインは、タイトなサイズ感があってこそ。腕が引き締まって見えるだけでなく、肩のラインも美しく! あきすぎず高すぎず、ちょうどよく詰まったネックが縦長ラインの決め手。首から肩にかけたラインもシャープに仕上げてくれる。 \他にもあるよ/目の詰まったニット素材は、それだけで上半身を引き締めて見せる効果が。あえての夏にレンガ色を着て、おしゃれ感度を上昇させて。黒のチノスカートで締め&ドレスダウン。 ニット¥6900/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート(サスペンダーつき)¥2990/WEGOひらひらとしたメロウの衿が、レディな印象&首筋をすっきりと。太めのリブニットとプリーツスカートの縦ライン同士の組み合わせが、全身をすらっと見せるのにひと役。 ニット¥1500/エムズエキサイト スカート¥5900/Roomy’s イヤリング¥6500/アビステモデル/西野七瀬 貴島明日香 撮影/東京祐(tokyojork・モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/立石和代 構成・原文/梅田恵里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • たまたま見つけたユニクロユーから新しく出たカーブジーンズ&カーブパンツ。ハイライズで脚長効果、マリソル世代にこそ似合う曲線を描くシルエットに一目惚れです♡大人買いした”カーブパンツ”シリーズ☆ワイドフィットカーブジーンズです。ワイドフィットカーブパンツです。先日インスタグラムで素敵なエクラ世代のマダムが、 ユニクロユーのワイドデニムにGUのレースのノースリーブブラウスを合わせて いらっしゃるのを拝見、まさかのプチプラに驚いた次第。 特にデニムのシルエットを二度見です! すぐに調べたのですが、取りあえず実物をみなければ始まりません! ワイドデニムって、履いてみないとわからないもので・・・。 広げてみるも、この丸みを帯びた太いシルエット、太く見えないのか??? ハイライズって、かなりのハイライズ(;゚Д゚)ちょっと勇気が要る・・・。 しかしあの素敵なマダムを思い出せば、履いてみないわけにいかず とりあえずチャレンジです。 腰回りのデザインとフィット感。ハイライズがかっこ良く決まります!バックデザイン、フィット感も文句なしです♡ちょいとかっこつけて細みえ狙ってます(笑)正面を向くとこんな感じです。たまたま見つけたチノパンも”カーブシリーズ”すっかり虜になるシルエットでした。 ノータックなのにカーブを描いたシルエットのおかげか、履くとしっかり立体感! マリソル世代の丸みを帯びてきた体にピッタリだと思いました♡ お尻もキュッと上がって見えます! これ、私の身長に合わせて裾をカットしたのですが、全くシルエットは崩れません。 あのインスタで一目ぼれしたバランス、これやわ~♡ この夏、セールに参戦する気力が湧かない私、 その気持ちが保てるかわかりませんが(笑)大人買いすることにしました!! たまたま見つけたチノパンはこの秋の最新パンツ(7月中旬から展開)でした。 デニムのみならず、チノ素材、ジャージ(ウール)素材と展開される模様。 まだまだ楽しみです☆ 私はチノ素材の色違いに手を出しそう・・・。カーブパンツの腰回りデザイン☆カーブパンツの色展開☆ワイドフィットカーブジーンズの色展開☆腰位置が高く、脚がまっすぐ見える優れもの。 加えてマリソル世代の丸みを帯びたシルエットに沿う”カーブ”したデザイン。 試してみる価値はありだと思います。 カーブパンツはオンラインでのみですがXS,XL以上の展開もありました。 小さいさんも大きいさんもチャレンジできますよ♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • 可愛げのあるドット柄はシックな黒で、きれいめに仕上げるのが正解!湿度が高い日はなるべく身体に貼りつかないようなパンツが心地よいもの。ブラウンのノースリーブニットはすっきりきれい見えするから、たとえ打合せ中にジャケットを脱いだとしても、清潔感はそのままキープ。そして、下半身がじっとり汗をかいたとしてもウォッシャブルパンツなので、家でザブザブ洗えてすっきりできるのが嬉しい。パンツ¥18,000/ミラク(ソーノ) ニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ジャケット¥50,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17,000/エンフォルド(エンフォルド) バッグ¥13,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ニナリッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデの関連記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【7月12日(金)〜7月18日(木)のコーデ】 7月12日(金)のコーデ デコルテがきれいに見える上に腰高印象になるのがうれしいカシュクールブラウスにネイビーのスカートを合わせて知的に。足もとはレッドのきれいめサンダルで、甘すぎない可愛げをプラスして。 7月13日(土)のコーデ  デニムとTシャツのネイビーのワントーンに、太陽の下が似合うレモン色をきかせて夏の休日スタイル。カジュアルなデニムも、ネービーでまとめれば大人っぽい印象に。今っぽいサンダルやバッグで、旬な味付けも。 7月14日(日)のコーデ 休日のお出かけには、着心地のいいポロシャツとシフォンスカート、それに動けるスニーカーがぴったり。今旬ベージュはネイビーアイテムと合わせやすく、抜け感があっておしゃれに見えるのがうれしい。 7月15日(月)のコーデ 知的なネイビーも透け感デザインときれい色スカートを合わせればドレッシーな雰囲気に。足もとは締め色パンプスで、美スタイルに仕上げて。ヌーディーカラーのバッグは、今季らしさを上げてくれる上に抜け感も。 7月16日(火) シンプルなTシャツをきれいな印象で受け止めてくれるネイビーパンツは、通勤コーデの心強い味方! スカーフと揺れるイヤリングで、顔まわりに華やかさをプラスしたら、シューズはピンクのサンダルで可愛げを足すのも忘れずに。 7月17日(水)のコーデ コットンツイルのジャケットはしなやかで軽やか。盛夏でも涼しく快適に過ごせるうれしいアイテム。ボトムのスカートは青みのあるピンクだから、ネイビーとの組み合わせも浮かずに馴染む。インはベージュで好感度高く。 7月18日(木)のコーデ 知的なネイビーならTシャツ通勤もエレガント。コンパクトなシルエットは女らしさを見せつつアクティブな印象もあってミーティングにもぴったり。シックで今っぽいブラウンとの配色で差をつけたい。 撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾、小松嘉章 モデル/絵美里、池上幸平、遠藤史也(メンズノンノモデル) 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • ベトナムやタイなどのモダンなライフスタイル雑貨を扱う東京・学芸大学駅そばのセレクトショップ「333(バーバーバー)」の店内に、2019年7月20日(土)、ベトナムのローカルデザート、チェーの専門店「Chè 333(チェー・バーバーバー)」がオープン。新感覚のかき氷のようなアイスチェーをはじめとした最新型のベトナミーズ・スイーツが楽しめる! マンゴーココナッツのチェー。マンゴー、豆乳プリン、バナナ、クワイ、黒タピオカなどの多彩な食感が楽しめる。¥750チェーは甘く煮た豆類やタピオカ、寒天、果物など、複数の具材を合わせて食べるベトナムの伝統的なデザート。温かいものと冷たいものがあり、ホットチェーは日本のぜんざいのようなもの。一方、「Chè 333」の中心メニューとなるアイスチェーは、フルーツ、タピオカやゼリーなどに甘く煮た緑豆餡などを合わせ、削った氷とシロップをかけて食べる、夏の定番デザートだ。 完熟パイナップルとミントのスムージーにココナッツ練乳ソースをトッピング、ザクッとカットしたパイナップルを添えたシントー。¥650ココナッツミルク、マンゴーココナッツ、ジャスミンシロップ、ソイシロップの4種類からベースを選び、さらに10種類以上あるトッピングから好きなものを選んでカスタマイズすることも。トッピングには仙草ゼリー、白キクラゲ、クワイ、リュウガンなど、ベトナムのローカル感が楽しめるようなものが揃っている。チェーの他にも、ベトナムでは近年大人気のドリンクながら、日本ではまだあまり知られていない「ヨーグルトコーヒー」や、ココナッツミルクをたっぷり使ったベトナム版スムージー「シントー」なども。ベトナム好きも、スイーツ好きも、この夏はモダンにアップデートしたベトナミーズ・スイーツとともに、気取らずリラックスしたひとときを過ごして。Chè 333/333 store03-6412-8866住所:東京都目黒区鷹番3-18-3営業時間:11:00〜19:00不定休https://che333.jp/ text : Shiyo Yamashita
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day18は、ウエストの切り替え効果で脚長見え&きちんと感を演出する一枚で、パートナーと友人宅へホームパーティへ。day 18友人宅へのホームパーティへ連れ立ってお出かけウエストで切り替えになったデザインが脚長&きちんと感を演出し、パートナーからも好評。ニット素材なので座ってもしわにならずきれいをキープ。ワンピース¥140,000 /エッセンス オブ アナイ(アントニーノ・ヴァレンティ) ジャケット¥39,000 /デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000 /フラッパーズ(ネブローニ)ネブローニはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND