\爆売れ中/高機能でさらに美しくなる髪!レプロナイザー 4D Plus

FLAG SHOP Magazine

<髪を乾かしスタイリングをする>

この毎日の行動に革命を起こしたのと言われる【レプロナイザー】
ついに登場いたしました!

Bioprogramming/レプロナイザー 4D Plus/¥52,000+税

独自の”バイオプログラミング”技術を施した特殊セラミックスを搭載することで、髪質に働きかけ、しっとりとした艶やかな髪へと導いてくれる「レプロナイザー」
美容業界でも話題のヘアビューザーの最上位機種がついに登場です!

ここがスゴイ
□髪の美しさを導き出す力がパワーアップ
□風量UPであてればあてるほど艶やかに
□ブラシがなくても一瞬でしなやかに
□風当てると頭皮が元気に

 

Bioprogramming/ヘアビューロン 4D Plus [ストレート]/¥45,000+税

ここがスゴイ
□テンションをかけなくてもしなやかに使えば使うほどしっとり!

 

Bioprogramming/ヘアビューロン 4D Plus [カール] L-type/¥45,000+税

ここがスゴイ
□巻いてほどいた時に感じる手触りが違う!

 

Bioprogramming/ヘアタイムセス 3D Plus ヘアミスト/¥4,300+税

ここがスゴイ
□ベタつかないミストは大人の髪の毛をしなやかな印象に。

 

Bioprogramming/ヘアタイムセス 3D Plus スカルプエッセンス/¥7,300+税

ここがスゴイ
□髪がシルクのような手触りに!

 

↓こちらも必見↓
ヘア・メイクアップアーティスト山本浩未さんがおすすめのスタリング法を動画で伝授してくれます♪

動画はこちら

 

大人は髪の毛で印象が決まるといっても言いすぎではありません。
だからこそ高機能なアイテムを選ぶのが正解!
2019年は、ワンランク上のヘアケアで髪美人♪

その他【Bioprogramming】はこちら

関連記事
  • 1 「ショーのスタイリングを手がけているマルタ ジャクボウスキのビッグサイズコート。90年代のNY風でしょ。シャツはヴィンテージ」 モデルから転身、今はスタイリストの仕事に夢中!  2010年代前半、SPURのモデルスナップ企画の常連だったタチ。最近はショーのフロントロウで見かけることも多い彼女は、数年前からスタイリストをしている。当時のファッション愛にあふれた私服姿を思い起こせば、大いに納得のいく転身だ。「もともとモデルになりたかったわけではないし、いつまでも続けられる仕事ではないと思っていた」と言うタチ。友人に「スタイリストになればいいのに」と言われて、目指すべき道が見えたのだそう。「それからは、知り合いのフォトグラファー・アシスタントに頼んで、私服を使ったスタイリングのテスト撮影をしたり、スタイリストのケイティ・イングランドに頼んでアシスタントをして、多くのことを学びました」。最初は、元モデルということで、真剣にスタイリストになろうとしているのだと周囲に理解してもらえないこともあったという。「フロントロウでショーを見ていると、『何でここにいるの?』って顔をされたりね」。しかしモデルのキャリアは、今の仕事に役立っているとタチ。「5年くらいモデルとして働いていたから、関係者とのコネクションがあったし、何より一流のスタイリストと仕事をした経験があった。だからほかの人より早くキャリアを築けたと思う。それに関してはラッキーでした。お金も稼げたしね(笑)」「バックグラウンドを感じさせる人物像を生み出すこと。これがスタイリストの仕事でいちばん面白いところ」だと言うタチ。新しい仕事にすっかり夢中なようだ。 2~4 「当時は古着にはまってクレイジーな格好ばかりしていた」と振り返るタチ。本誌ではデビュー当初から何度も彼女をフィーチャーした5 2011年8月号では、東日本大震災直後の日本の読者に向けて「愛の力もカギになると思う」と語る手書きのメッセージを。「あのとき、誰よりも彼女がびっしりと色紙に書き込んでくれて感動!」(SPUR編集部) 6 「大好きなJW ANDERSONのスカートを着て。ジャケットは男友達から借りたもので、シャツはヴィンテージ。メンズジャケットとスカートの組み合わせがすごく好きなの!」7 「パンツはドリス ヴァン ノッテンでジャケットはラフ シモンズ。どちらもメンズ」 Profile/TATI COTLIAR(タチ・コトリア) 1988年生まれ、アルゼンチン出身。2009年にモデルデビュー。翌年、マーク ジェイコブスのショーのオープニングに抜擢されて注目を集める。現在はロンドンを拠点にして、『Buffalo Zine』のファッション・ディレクターを務めるほか、ショーや広告のスタイリングなどを手がけている。 >>ANOUCK LEPERE(アヌーク・ルペール)の今
  • 2019-’20年秋冬コレクションの会場でとらえた最新スナップを、アーカイブと並べて一挙に公開! 今季注目のニューカマーもあわせてチェック。 人生経験が着こなしに表れる STELLA TENNANT(ステラ・テナント) パンクっぽい装いで初めからおしゃれだったステラ。年々素敵な女性に。 1 ラッフルあしらいが華麗なシャツをスカートにイン。大人の女性ならではの、シックなモノトーンスタイルだ2 こちらはなんと23年前、1996年のスナップ。腰に巻いたニットのピンクを差し色にした3 ピンクのスカートとソックスをリンクさせた2001年。このシーズンはピンクがブームだったらしい LIYA KEBEDE(リヤ・ケベデ) 4 キャリアを重ねるたびに着こなしがブラッシュアップされるリヤ。2005年のシャツスタイルはフレッシュだがあか抜けていない?5 だいぶこなれてきた2015年は自分のブランド、レムレムのドレスを6 ヴァレンティノの真っ赤なドレスを着こなす、現在のリヤ。タフなブーツで足もとに重心を置き、ドレスの甘さを引き締めたまったくブレません! BINX WALTON(ビンクス・ウォルトン)、MICA ARGANARAZ(ミカ・アルガナラズ) 着ていて心地のよいスタイル、自分のテイストを知り尽くしたふたり。安定感はピカイチ! 7 デビュー時から常にストリート&スポーティなスタイルのビンクス。少年のような2014年の姿8 アディダスのブルゾンでつくった現在のスタイル。パンツのイージーなフォルムは相変わらずだ9 こちらもマイスタイルが確立しているミカ。サンローランのジャケットをエフォートレスに着た10 ラグ& ボーンのセットアップを着た2015年のスナップ。ジャケットとパンツのゆるいサイズ感、 足首がのぞく絶妙なパンツの丈、白いインナーの首の詰まり具合など、バランスが今と同じだ JULIA NOBIS(ジュリア・ノビス) 2010年のデビュー以来 変わらないカジュアルな 装いが魅力。足もとには ヴァンズが欠かせない! 11 ロエベのショーを見に来ていたジュリア。同ブランドのトップスを気負いなく着こなした12 2012年頃は、ラグ &ボーンのパンツを愛用13 こちらは2015年。チェック柄シャツも彼女の定番だったまだまだ、成長中! MARTE MEI van HAASTER(マルテ・メイヴァン・ハースター) 14 ドリスのマドラスチェック柄ジャケットをセリーヌのバッグでモダンに着こなした15 デビュー間もない2012年のスナップ。「この頃からパワーアップし始めた!」と当時の取材陣 KIKI WILLEMS(キキ・ウィレムス) 16 音楽の背景を感じる着こなしに定評のあるキキ。70年代テイストに寄せすぎな気もする2015年17 最新スナップ。ウェアはすべてオールド・クロエ。シャツのフロントをラフに開けて、コートを着崩した DILONE(ディローン) 18 愛嬌たっぷりのスマイルで人気だった2016年のディローン。グッドガール風のスタイルで19 クロエのワイドパンツにバレンシアガのシャツを。マニッシュだが、ソフトな色使いにはフェミニンな表情もカップルで表紙を飾りました ERIKA LINDER(エリカ・リンダー)、HEATHER KEMESKY(ヘザー・ケメスキー) 20・21 アンドロジナスな女性モデルとして人気のエリカ。2018年1月号では表紙を飾ってもらい、ロングインタビューも敢行。クロス掛けしたバッグのストラップがアクセントに。「撮影時は現場に一番乗りでした」(SPUR編集部)というエピソードも 22・23 エリカの彼女であるヘザーは、2016年1月号のカバーガールに。今回のパリ・コレで、ふたり揃ってルイ・ヴィトンのショーに出演。ロングジャケットをデニムと合わせたシックな装いに深い赤リップがマッチ 若手がだんだんこなれてきた! HANNAH MOTLER(ハナ・モトラー) 24 2018年、デビューから半年後のハナ。スタッズつきブーツにこだわりが感じられる25 パンツのサイドラインとインナーで、ビビッドな赤をきかせた今シーズン。ワークテイストのパンツのチョイスもクール! FRAN SUMMERS(フラン・サマーズ) 26 バーバリーのトレンチコートとクロエのドレスでぐっとフェミニンに進化した今シーズンのフラン。ポインテッドブーツで足もとにエッジを加えた27 可愛いけれどまだ野暮ったさが残る2018年期待の新人たち これからキャリアを重ねていくであろう新人モデルの中から、スタイリングの成長にも期待がもてそうな4 人のホープを紹介! (右から)MAIKE INGA(マイケ・インガ)・FINN BUCHANAN(フィン・ブキャナン)・STEINBERG(スタインバーグ)・INDIRA SCOTT(インディラ・スコット) (右から)ボーイッシュなショートヘアのマイケ。OFF-WHITEのジャケットが映える。フィンはメゾン マルジェラのオープニングを務めたトランスジェンダー・モデルだ。ラルフ ローレンのレトロな趣が今また新鮮。スタインバーグは、ジバンシィとドリスのオープニングに抜擢。ヴィンテージのジャケットを主役に。ビーズを編み込んだブレードヘアのインディラはどんなルックも着こなす個性派 >>「モデルスナップ同窓会」特集TOPへ
  • 高田里穂が挑戦! リップ&アイメイクの正しい落とし方【可愛いの基本Beauty】 崩れない&落ちないコスメに頼りきりの夏♡ でも、その定着力やキープ力に見合ったクレンジングはできている? 無理やり落としたり、適当にすませていては肌トラブルの原因に。皮脂が出やすい季節の前に、正しいメイクの落とし方を学ぼう!     5月20日発売のnon-no7月号はふみかが表紙! 巻頭のカバーストーリー「ふみかの女神な水着」では、憧れBODYのふみかがトレンド水着をナビ♡ そして、「わたしの1×10」と題して、優子やふみか、七瀬、愛美が着回しテクを披露するよ!   さらに、小松奈々さん・川栄李奈さん・池田エライザさん・山本舞香さんなど、スタイリッシュな6人が「夏の黒」が新鮮になるアイデアを披露! その他、Hey! Say! JUMPのスペシャル大特集や映画『パラレルワールドラブストーリー』で主演を務める玉森裕太さんのインタビュー、初登場のKoki,さんのメイクページなど盛りだくさん♪
  • 今さら聞けない日焼け止めのキホンQ&A優秀な日焼け止めはあるけれど、正直、使い方が合ってるかどうか自信がない……。そんな初歩的なギモンを解決する髙瀬先生の回答がコチラ! 正しく使って、美肌をキープ☆教えてくれたのは 髙瀬聡子先生皮膚科医。『ウォブクリニック中目黒』総院長。丁寧でわかりやすいカウンセリングも人気。近著に『ゆる美容事典』があるQ1. そもそもSPFってなんですか?「Sun Protection Factorの略で、日焼けの主な原因となるUVB(紫外線B波)を防ぐ指標です。数値は日に焼けて赤くなるのを、どれくらい遅らせることができるかを測定し、数値化したもの。現在は50+が最高値です。ただし、塗り方が薄かったりムラがあったり、汗や皮脂などで落ちたりすると十分な効果が期待できないので、2〜3時間おきに塗り直しましょう」(髙瀬先生、以下同)Q2. では PAってなんですか?「肌に悪影響をもたらす紫外線はUVBのほかにUVAが。UVAは雲や窓ガラスも透過して肌に到達し、ゆっくり黒くなり、シワやたるみを引き起こす怖い紫外線。PAはProtection grade of UVAの略で、+から++++までの4段階があり、UVAを防ぐ効果の程度を表します」Q3. 日焼け止めは、どのタイミングで塗るべき?「朝のスキンケアの一環として、乳液やクリームの後、お手入れの仕上げとして取り入れて。ほぼ屋内にいる時は、UVカット機能のついた化粧下地だけでも問題ありませんが、夏場や屋外にいる場合は、高い紫外線防御効果のある日焼け止めをプラスするのがベター」Q4. ムラが心配。塗り忘れをしやすいところは?「ケチらずたっぷりの量を丁寧に塗ることが肝心。顔は頬まわりや鼻の頭、ボディは肩などは太陽が当たりやすいので2度塗りを。また髪の毛のはえ際や鼻の下、目の際や口のまわり、あごの下などは、塗り忘れが多い部分なので注意して」薄くデリケートな唇も、紫外線対策の盲点。紫外線吸収剤フリーの色つきリップを。UVリップトリートメント SPF16・PA+(数量限定品)2g¥2500/江原道Q5. ファンデーションの上から塗り直していいの?「ファンデーションの上から重ねることは問題ありませんが、くずれるのが心配なら、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めなど、塗り直しに便利な形状のものがおすすめです。塗った後、手で軽く押さえると密着感がアップしますよ」3種のビタミンC誘導体を配合。べたつき・白浮き知らずで、顔やボディ、髪、頭皮など全身に使える。VCサンプロテクトスプレー SPF50+・PA++++(春夏限定品)70g¥2000/アンプルールQ6. 「飲む日焼け止め」って正直、効果あるの?「飲むタイプは体の内側から透明感をサポートするもの。肌表面で外的刺激から守る塗るタイプとはアプローチが異なるので、併用するとより効果的。ものにもよりますが、続けるケアならサプリメント、即効ケアならドリンクがおすすめ」(右)南スペイン産シトラスとローズマリーから抽出された、抗酸化作用に優れた複合成分を高濃度配合。サン ピリオド(数量限定品)10日分¥2000/オルビス(左)特許取得の「ヒドロキシチロソール」と「L-シスチン」の組み合わせで、本来の透明感をサポート。ホワイトフォース ドリンク(10本)¥3000/ファンケル ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/浪花真理子 撮影/河野 望 スタイリスト/福永いずみ
  • 特別付録は「ヒグチユウコ描きおろし 手ぶらでおでかけケース」! ジップつきの本体にカードなどをマルチに収納できるポケット、さらに首から下げられるストラップつき。香水瓶にコケティッシュな白いねこのアートワークが施された逸品は7月号でしか手に入りません! ファッションは、賢く意識高くおしゃれや社会と向き合うニュー・ラグジュアリー特集。真夏に向けて、トレンドを攻略するスタイリング法やサマードレスもふんだんに。楽園リゾートとして名の高い韓国のチェジュ島をナビゲートするのは、人気俳優ナム・ジュヒョク。フィギュアファンなら、町田樹がひもとく伝説のスケーター、ジョン・カリーの物語も必見。1冊に可愛いとワクワクがギュッと詰まった、ご機嫌な7月号です!モードはいま、性差、年齢、ボディイメージから解放され、“流動性”を語り始めました。「良い服はすべての境界を越えていく」。これこそが、新しいラグジュアリーのかたちだとSPURは考えます。そこで、血縁があってもなくても、性別がなんであれ、自由な精神に価値を見出し、クローゼットをシェアするモダンファミリーの物語を紡ぎました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  ファッション界に広がりつつあるサステイナブルなムーブメントを知っていますか? ご存じステラ マッカートニーを筆頭に、地球のため、動物のため、男女の平等のために、行動するブランドがあります。今号では、このブランドに注目したファッション特集を制作。モードの未来を見据えながら、本当のラグジュアリーについて考えたいと思います。ステラさんの特別インタビューも必読です! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今やマッチングアプリで始まる恋は、珍しくありません。どんな人が来るかぎりぎりまでわからないからこそ、待ち合わせでのときめきもひとしおです。今回SPURは、アプリで始まる恋を題材に、ファッションストーリーを展開。クラシカルなムード漂うプレフォールに身を包む女性の「はじめまして」の一日をシネマティックに描きました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あまたある今年のトレンド、大人ならどうこなす? ちょっとしたコツやテクニックで、印象は変わります。本日のサミットの議題は「明日からすぐに役立つスタイリングハック」について。この10個のポイントさえ押さえれば、あなたのスタイリングレベルも"首脳級"! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎年バカンスに行く直前まで必死になって仕事をして気が付くことがありませんか? 「今の自分に似合う水着がない……」と。そんな毎日忙しい大人女子たちに、今からおすすめしておきたい最新水着を取り揃えました! 色や形がスタイリッシュなワンピースやビキニに加えて、気になる部位をおしゃれにカバーしてくれる変化球タイプも厳選セレクト。夏本番に備えてぜひチェックを! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日頃感じるささやかなお悩みを5万円以下のバッグが全て解決!様々なニーズに徹底的にアンサーし、トレンドの極小サイズや進化系ウエストバッグ、大人のためのエレガントなバッグパックなどを紹介します。手が届きやすいプライスのバッグをワードローブにプラスすれば、いつものスタイリングを瞬時にアップデートしてくれる精鋭がラインナップ。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  カール・ラガーフェルドの逝去という悲しみに包まれた2019-’20年秋冬シーズン、モードはひとつの転換期を迎えました。ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ。4都 市のコレクション取材を通して、来たる2020年代、ファッションに必要なのは服 に、そして人に対する「愛」であると思いました。いまSPURが心の底から愛を叫 びたい服を、デザイナーを、トレンドを紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  日差しが強い今日この頃。うっかり「灼けちゃった!」という人も、心配しないで大丈夫。実はモードな人から、ほんのり小麦肌に移行中なのです。今までの、セクシー&ヘルシー一辺倒だった日焼け肌のイメージを覆す、モードな「TAN BEAUTY」を新たに提案します。日焼け肌に似合うアイメイク、リップ、チークがわからない!という方は必見です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あなたには、「この色がないと、メイクアップが決まらない」というコスメティックスはありますか? 本特集では、美にこだわる15人の指名買いプロダクトを徹底取材。毎シーズン新しい製品が次々と発売されるなか、それでも変わらずに使い続けているものとは? どうしても譲れない「色・番・指・定」アイテムだけをお届けします。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  白髪に薄毛、うねりや乾燥、ボリュームのなさ、など年齢を重ねるごとに髪にまつわる悩みは増えていきます。ですが、安心してください! ヘアケアは近年目覚ましい進化を遂げ、遺伝子レベルでアプローチする時代に。ケア次第でエイジレスヘアが手に入る時代がすぐそこまできているんです。本特集では、最新プロダクトから、ヘアケアの悩みに答えるQ&Aまでを特集しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 7月号「ジーニアス・バッグを探せ!」ではリアルプライスで手に入るバッグをささやかなお悩み別でご紹介しています。日頃、悶々と抱えていた願望に合わせ、「そうそう、分かる!」と深くうなずきたくなる選りすぐりがずらり。ほぼアクセサリーのような極小バッグや、カジュアルになりすぎない大人のためのサブ・トートバックなど多彩です。 扉の写真は雲の形に切りぬいたボードとバッグを一緒に撮影。日々感じていたニーズに答えてくれるバッグが「お告げ」のように雲に乗って、皆さんのもとに降りてくる様子をイメージしました。気軽にワードローブに取り入れやすい、手が届く相棒とともに、新しいスタイリングにぜひ挑戦してみてください。 SPUR7月号「ジーニアス・バッグを探せ!」を試し読み(外部サイト)
  • 「透ける服って、今年はどう着る?」「色を取り入れるには?」「キラキラヘアアクセ、大人ならどうします?」……SPUR7月号では、今年のトレンドに関する10の「どうする?」 にスタイリスト丸山佑香さんに力強く答えてもらいました。スタイリングを見ていて、編集担当が真っ先に買いに走らねば!!と思ったのは「シアーなハイソックス」。10体のスタイリングのうち、なんと3体に様々な色の"透けるソックス" を使用。例えばこのルックはボーズライクなハーフパンツに、黒のハイソックス を。それだけで急に、スタイリングにツヤっぽいムードが加わるのですよね。大人の夏のハイソックス使い、おすすめです! SPUR7月号「夏のT(トレンド)10サミット」を試し読み(外部サイト)
  • SPUR7月号で特集している「エイジレスヘア、ください」では、あっと驚く最新プロダクトから、日々の髪のお手入れ方法までを取材しています。スキンケアと同じくヘアケアも毎日のケアが大事ですが、中でもブラッシングはその基本。シャンプー前にブラッシングをすることで髪の汚れを浮かし、血行促進効果もあるんだそう。頭皮の血行が良くなることで、顔の肌ツヤまでよくなるというから、その効果は見逃せません! アヴェダのパドル ブラシは、クッション性も高くブラッシングに最適。艶やかな髪のために、ぜひチェックしてみてください。 SPUR7月号「エイジレスヘア、ください」を試し読み(外部サイト)
関連キーワード

RECOMMEND