働く大人女子必見!歩きやすさに太鼓判!!毎日履きたくなる、驚きのやわらかフラットシューズが完成しました♪♪

FLAG SHOP Magazine

昔はピンヒールパンプスを履いていたけど、最近はすっかりフラットが定番に。。という方も多いのではないでしょうか??
やはり靴は歩きやすさ、足が痛くならないことが最重要ですよね。

今回Marisolオリジナルブランドの『M7days』では、徹底的に歩きやすさにこだわったフラットシューズを作りました!
足を入れた瞬間、そのやわらかさと歩きやすさに誰もが感動してしまうオススメの1足をご紹介いたします♪

 

 

■今までの靴の概念を覆す「やわらかさ」「履きやすさ」のヒミツ

M7days/やわらかフラットシューズ/¥15,000+税

足を入れた瞬間、思わず「やわらかい!」と声が出てしまうフラットパンプス。柔らかさの秘密は、シューズの底も上質なイタリアンレザーでできていること。

こんなに曲がるんです!!
このやわらかさが、足の動きに寄り添ってフィットし、歩きやすさを実現しています。

 

インソールのフッドベッドはクッション性もあり、歩きやすさ抜群!疲れ知らず!

 

フラットシューズと言えど、ヒール0cmだと地面と足裏が近すぎて足が疲れてしまいます。このパンプスは1cmほどのソールがあるので、疲れにくいのです。

 

デザインはシンプルで使いやすく、足がキレイに見えるアーモンドトゥ。履くだけで今っぽく仕上がります。靴下やタイツとも相性がよく、パンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらにも合わせやすいデザイン。上品なスエード地もおしゃれ感を高めてくれます。

 

カラーは、オフィスシーンに大活躍、何色とも相性のよいネイビーと、上品で女性らしいブラウンの2色です♪

 

靴はきちんとフィットして足に合わないと履かなくなってしまうもの。こちらのフラットシューズは柔らかい革を使用しているので、靴ずれもしにくく、1度はいたらやみつきになる履き心地です。歩きやすいので、お仕事帰りに1駅歩いて帰ることもできてしまう、スニーカー代わりにもなる優秀な1足です。

 

是非お試しください♪♪

 

関連記事
  • 2019年におすすめの春コーデをまとめてお届け! 春アウターとして定番のジャケット、GジャンやGUのプチプラコーデなど。今年っぽく着こなすために、参考にしてみてくださいね。※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売が終了している場合があります。2019年に着たい春コーデ特集【目次】【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデ【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデ【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカート【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデ【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデ【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデ【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデ【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ【2019年 春コーデ見本1】Vネックのリブカーデでコーデ春らしさと女らしさ、適度な肌見せがあるから叶うこと。コートを着てもクリーンな色味と肌見せの抜け感がきいて軽やかな印象になる。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) コート¥75000/グッドスタンディング(リノ) スカート¥13000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥15000/ティアラ イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33)【2019年 春コーデ見本2】マキシ丈のスカートコーデ控えめな揺れ感、長め丈。それが私たちにちょうどいい白。マキシ丈なら淡い色でも寒そうに見える心配ナシ。すっかり着慣れたブラウンもフレッシュに。>スカート¥8900/ノーク シャツ¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥1490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥36000/リーガル コーポレーション(リーガル) バッグ¥16000/ルーニィ メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ タイツ¥1000/タビオ【2019年 春コーデ見本3】ノーカラーのシャツワンピコーデワンピースの上にはおるだけ。どんなカラーも中和して、カジュアルだけど大人っぽい、でしょ?ワンピース¥33000/メイデン・カンパニー(インディビジュアライズド シャツ) ワンピース¥10000/パリゴ 丸の内店 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥9600/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ) 帽子¥6400/CA4LA ショールーム イヤリング¥2500/サンポークリエイト(mimi33) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) 靴下¥900/タビオ【2019年 春コーデ見本4】ストレートデニムコーデ春になったらジャケットと一緒に。カジュアルダウンしつつきれいめにまとまるのがうれしい。パンツ¥14000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ジャケット¥13000/ノーク Tシャツ¥9800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥28000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本5】GUのマウンテンパーカコーデマウンテンパーカSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥2990コンパクトでフェミニン派の人も着やすい。パーカ/GU ワンピース¥17000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥19000/ティアラ(ジャンニ ノタロ) イヤリング¥15000(ラダ)・ブレスレット¥11000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店【2019年 春コーデ見本6】GUのスウェットプルオーバーコーデスウェットプルオーバーSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥990トライしやすいプライスも魅力的な、クリーンな白のスウェット。スウェット/ジーユー ニット¥8800・パンツ¥13000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店 コート¥58000/アナディス(ディレクトワール) バッグ¥47000/TOMORROWLAND0(CARBOTTI) ピアス¥13800/フォーティーン ショールーム(リリーズ) 時計¥20000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(ウィリアム エル1985)【2019年 春コーデ見本7】GUのリブナローミディスカートリブナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990 “重素材のスカート”も発見。オフホワイトは春服に合わせやすい。スカート/ジーユー Gジャン¥9800/ミラ オーウェン ニット¥16000/Stola. 靴¥29000/アナディス(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥12027/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥4600/リエス(ラ ピエス) バングル¥51000/バフ スカーフ¥2500/ローリーズファーム ソックス¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)【2019年 春コーデ見本8】GUのオックスフォードシャツコーデオックスフォードシャツSIZE:S、M、L、XL/PRICE:¥1990水色のシャツは体が泳ぐような大きめのサイズ感が今どき。Tシャツとのレイヤードも決まる。シャツ(一部店舗のみ販売)/ジーユー Tシャツ(2枚セット)¥2500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥16000/ドロシーズ バッグ¥6400/ルクールブラン メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥2380・ネックレス¥3500・リング(5本セット)¥2400/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本9】GUのハイウエストストレートジーンズでコーデハイウエストストレートジーンズSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥2490「甘くない白」はデニムで取り入れたい。脚長効果の高いハイウエストがうれしい『GU』の名品はボーダーやキャスケットとマリンスタイルを楽しんで。パンツ/ジーユー コート¥58000/ボウルズ(ハイク) カットソー¥11000/ゲストリスト(ルミノア) 靴¥18500/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥48000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥11000/CA4LA ショールーム ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)【2019年 春コーデ見本10】GUのストライプナローミディスカートコーデストライプナローミディスカートSIZE:XS、S、M、L、XL、XXL/PRICE:¥1990ベージュベースのストライプ柄×タイト、主役にしたい一枚。スカート/ジーユー ニット¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥6500/ジーナシス スカーフ¥1400/ハリウッド ランチ マーケット ピアス¥2900・リング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本11】ジャケットコーデリネンのパンツコーデにさっとはおる。“カッコいい”のがうれしい! 辛口になりすぎず、女らしさも感じる、今、憧れのスタイル。ジャケット(冬のコーデと同じもの)¥36000/ボウルズ(ハイク) Tシャツ¥8000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) パンツ¥23000/リエス バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 ピアス¥10200・ブレスレット¥16000/ガス ビジュー 青山 スカーフ¥3900/クリア インプレッション ヘアゴム/ヘア&メイク私物【2019年 春コーデ見本12】Gジャンコーデ春本番は前を開けて、袖をまくって軽やかに。Gジャン(冬コーデと同じもの)¥24000/デイリーショップ(アイディー デイリーウェア) ベスト(2月中旬発売予定)¥5800/ナチュラルビューティーベーシック Tシャツ(2枚セット)¥3000/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥49000/ブルーバード ブルバード 靴¥28000/リーガル コーポレーション バッグ¥41000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ 時計¥17000/コモノ東京 ソックス¥1800/ブロンドール 新丸の内ビル店【2019年 春コーデ見本13】パーカコーデ親しみやすくて、甘すぎなくて。デートにも最適! 甘い服をほどよくカジュアルダウンしつつ、フードがあるから可愛げもキープする。実はスカートやワンピにこそ合わせたい一着。パーカ¥13000/ムルーア ワンピース¥13000/ノーク 靴¥28000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥26000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 帽子¥1990/ユニクロ ピアス¥1700・バングル¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)【2019年 春コーデ見本14】ラベンダー×ピンクの春色コーデ外の寒さや歩きやすさを気にしなくていいドライブデートは、新しい季節のおしゃれを彼にいちばんにお披露目する絶好のチャンス! Vネックカーデとテーパードパンツの王道きれいめコーデを、クリーンな甘さのラベンダーとペールピンクで春らしく彩って。パンツなら車の乗り降りもラクチンだし、歩き回らないから華奢なサンダルでおしゃれを優先。白Tやバンダナを巻いたメッシュバッグで休日のカジュアル感もさりげなく取り入れて♪カーディガン¥7800・Tシャツ¥4200・パンツ¥8300・靴¥9800・バッグ¥10400・スカーフ¥6800/ミラ オーウェン 新宿ルミネ2【2019年 春コーデ見本15】ボーダーカットソーコーデ感度高めのグリーンのテーパードパンツで、手持ちのボーダーカットソーを鮮度上げ! 白黒ボーダーに無造作に肩かけした黒ニットでこなれたニュアンスを。上半身をモノトーンでシックにまとめておけば、インパクトのある柄×色でも手軽なワンツーコーデでも、どこか洗練感のある仕上がりに。斜めがけバッグや丸っこフレームのメガネ、おちゃめな遊び心も忘れずにね♪カットソー¥14000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ¥13800/フリークス ストア渋谷(フリーダ) ニット¥21000/ラ・エフ 靴¥25000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥21800/ビショップ(ブレディ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ リング¥3200/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)
  • マリソルオンラインで人気のボブヘアランキング月間TOP15を発表。アラフォーのキレイを引き出すボブヘアスタイルを参考にして。【1位】扱いにくい髪でも朝のスタイリングが簡単、毛先の動きで今っぽさを演出 硬・多・太という髪質をカバーするストレートのワンレンボブで、シャープな雰囲気に。毛量が多い部分の調整がしやすく、スタイリングで外ハネにセットすることで軽やかな印象に。毛先のみにハイライトカラーを入れて、重めの髪にさらに軽さをプラスして。 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【2位】Wバングスで、「大人可愛く」も「大人っぽく」も自由自在 全体フォルムはフロントをやや長めにカットしている前下がりボブ。表面に重さとツヤのあるベーシックなスタイルは、毛先を内巻きにブローするだけでセルフスタイリングできるので、日々のライフスタイルでの手入れの楽ちんさも魅力。新しいポイントは"Wバング"。サイドは長め前髪にカット。前髪の中央には、眉の高さ×幅狭な前髪を作る。2 段階のWバングがあることで、前髪を下ろすと大人可愛く。サイドに流すこともできるので、服に合わせて大人っぽく。シーンに合わせて違うスタイルを楽しみやすい。 担当サロン「ABBEY2」 【3位】あえてのストレートボブで自分らしいおしゃれ感を演出 ノーレイヤーのあご下3 ㎝のストレートボブ。フロントになるほど長くなる“前下がり”シルエットでふくらみやすい髪質のボリュームをおさえる効果も。ボリュームの出やすい髪は、前髪をアシメ風にスタイリングすることで今っぽさと髪質カバーに。髪色は10トーンのハニーベージュ。 担当サロン「ROI」 他の画像を見る※2019年1月17日~2月17日集計
  • 仕事で煮詰まった気分を、春めくラベンダーカラーのワントーンで明るく転換!「デザイン性の高い家電」が新商品のテーマだけれども、アイデアが浮かばない…! 新商品のアイディア出しに行き詰まり、起きたときから悩みモード。そんな気持ちを払拭したくて、春トレンドを取り入れた明るい色のスタイルに。可愛げなラベンダーのグラデーションのおかげで、沈んだ気分をなんとかごまかしつつも頭の中はまだまだスランプ状態。親友の花に、メールで相談してみようかな。ニットトップス¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ) スカート¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ) コート¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン) イヤリング¥7500/ヒーマンウーマン(アレクサンドリン) バッグ¥55000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客データの解析や資料作りなどで内勤が多めの勤務スタイル。甘めのフェミニンスタイルが好みの半面、食は辛党。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【トレンド服】ラベンダーニット春色で、暖かさはキープしつつ軽さを加えて。ちょっぴり長めの丈でほどよいカジュアル感も。¥5436/ギャップフラッグシップ原宿(ギャップ)【トレンド服】ラベンダーフレアスカート風に揺れるフレアで春の訪れを感じたい。少し長めにアップデートされた丈感で、こなれた印象をつくって。¥11000/シティーヒル(ペルルペッシュ)【ベーシック服】フレアトレンチコートマニッシュなイメージのトレンチも、きれいに広がるシルエットで女らしく。¥64000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス×エリン)「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】JILL by JILLSTUART ◆ドレストレンチコート ¥21,000+税【関連商品】OZOC 【WEB限定カラーあり・洗濯機で洗える・抗菌防臭・蓄熱】ソフトウォームニット ¥1494(¥2990の50%オフ) +税撮影/坂根綾子 スタイリスト/小川ゆう子 文/衛藤理絵
  • マリソルモデル ブレンダの撮影オフショットをお届け!千葉の房総での撮影。暖かくて風もなく最高! ブレンダも相変わらずの美しさ♡ステキなページをお届けできそうです♪ マリソル4月号お楽しみに!
  • きれいなフェミニンウォッチなら、仕事もデートも1本で。ちょっとした仕草も大人に見える、仕事ができそうに見える、スマートに見える、おしゃれに見える。そう、モア世代は腕時計をきちんとつけたほうが素敵に見えるんです! これはどんなシーンでも言えること。お仕事とデート、どちらもつけていける時計を選ぶなら、フェミニンウォッチをお試しあれ♡◇ブレスタイプ◇ 小さくて繊細で華やかなデザインが、可憐に手もとを飾る。 (右)▷▷▷Angel Heart パールカラーの文字盤のまわりでスワロフスキー®・クリスタルが美しく輝いて。大人シンプルなひと粒ネックレス&スペシャルBOXつき。¥18000/ウエニ貿易(エンジェルハート) (左)▷▷▷agate 華奢なシルエットを、つややかなステンレスとブラックの文字盤でスタイリッシュにシフトして。細身のベルトには、手彫りによるアンティーク調の模様入り。¥61000/アガット ◇フレッシュな白ベルト◇ おしゃれな抜け感と愛らしさが狙える。 (右)▷▷▷Folli follie ローマ数字のインデックスと4粒のクリスタルガラスを配した、立体的な文字盤デザインが魅力。¥33000/フォリフォリジャパン(フォリフォリ) (中)▷▷▷SHEEN 3時と9時の位置にスワロフスキー®・クリスタルをオン。ピンクゴールドと白のコントラストがきれい¥28000/カシオ計算機(シーン) (左)▷▷▷MICHAEL KORS 薄型ラウンドケースを囲むローズゴールド&パヴェを、マットな白ベルトがぐっと引き立てて。¥21000/フォッシルジャパン(マイケル・コース)◇チェーンブレス◇ まばゆい輝きをまとったブレスは、ドレスアップも簡単。 ▷▷▷canal 4℃ 多角的に光を受けキラキラと輝く多面カットガラスやキュービックジルコニアのトリム、そしてマザーオブパールの文字盤、リングを連ねたようなブレスレット。ジュエリーブランドならではのアプローチが光るデザイン。 時計¥26000/エフ・ディ・シィ・プロダクツ(カナル4℃) ワンピース¥39000/UTS PR(アーリ) 中に着たタンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 ピアス¥3000/フィービィー プラス(フィービィー) リング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ)◇カラーレザーベルト×ミニケース◇ クラシカルでいて新鮮。 (右)▷▷▷JUPITER LYDEW ふっくらとした縦長のミニケースとモダンなローマ数字で存在感を演出。ゴールドカラー×明るいネイビーの組み合わせも素敵。¥37000/ジュピター代官山(ジュピター リデュー) (中)▷▷▷NOJESS 上下にミル打ち風のカットボールを施した縦1.7㎝×横1.4㎝のとっても小さなトノー型。その佇まいはアンティークウォッチそのもの! フェイス¥35000・ベルト¥8000/ノジェス (左)▷▷▷STAR JEWELRY マザーオブパールの文字盤にはローマ数字と8石のダイヤをセッティング。鮮やかなパープルのレザーベルトと相まって、ラグジュアリーなムードに。 ¥54000/スタージュエリー表参道ヒルズ店(スタージュエリー) ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/鈴木絵美 撮影/嶌原佑矢(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/比留川 游 スタイリスト/辻村真理  撮影協力/アワビーズ UTUWA
  • そろそろ春のアイテムを買い始める頃。おしゃれプロたちが手に入れたワンピースやセットアップなどをご紹介。太陽の光で色あせたような色みと、柔らかな風合いで、こなれ感のあるカジュアルスタイルを演出できるパーカー。「コンパクトさと、あせたキャンディカラー、フードの立ち上がり具合、これはタイプでした!色違いで買いたい!」と副編集長S田。 プルオーバー各¥18,000( 3 月上旬展開予定)/ラルフ ローレン (ポロ ラルフ ローレン)「ノーク」は、本誌でも活躍中の福田亜矢子さんと斉藤くみさんのスタイリスト2 人がディレクションする新ブランド。小花柄ワンピースはVネックやシェイプされたウエストが大人の女らしさを感じさせてくれる。「アラフォーでもガーリーにならず、都会的に着られる花柄が欲しくて作りました」と福田さん。ボタンを開けてデニムなどにはおっても素敵。 ワンピース¥15,000( 3 月上旬入荷予定)/ノーク「カッコいいけど女らしい春のセットアップを発見!ヒップが上がって見えるお得意のパンツもさすが!」と副編集長SGURがひと目惚れしたのがこちら。ワイドテーパードという新しいシルエットのパンツは、あえて大きめに設定されたウエスト部分を付属のベルトで絞ってメリハリをつけて。 ブラウス¥27,000・パンツ¥33,000/ebure他の画像を見る撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol3月号2019年掲載】
  • ベーシックな色のニットは毎年買い足したくなるマストアイテム。今季は袖がかわいいニットで変化を。ハイゲージのハイネックホワイトニット。なら定番ですが、袖がレースの春らしいニット。 肘のあたりから切り替えしで模様が変わり、袖口にむかって膨らんだ形がとってもかわいいんです。 armoire capriceのインポートものでブラックもありましたが、迷わずホワイトに!後ろ姿はこんな感じ。レースの模様も形も色もいいでしょ~♡2月に入って気温の変化が激しく寒い日も多かったので、暖かくなると聞いてようやくデビュー。 のはずが、実は気温が上がらずレザージャケットを羽織っても寒かったこの日。かわいらしいニットには甘くなりすぎないように、CEPIE.のマキシ丈タイトスカートを。 MIO NOTISのシューズとCachellieのショルダーはシルバーで春らしさを意識しました。 レザージャケットとその上のコートを脱いで撮ってもらったので寒い寒い でも寒さを表情に出してはいけないのよ!と言いながら頑張りました(笑) アウターが要らないくらいに暖かくなったら、キレイ色のスカートやデニムにも合わせたい。 春は私の一番好きな季節。もうそこまで来てますね♪華組 沢辺史ブログ
  • ニット×パンツのワンツーコーデにシャツを羽織るだけでカジュアルな気分に浸れる内勤で企画書づくりに励む日にはシンプルなニット×パンツコーデで。全身ネイビーもいいけれど、そこに爽やかな淡色ブルーシャツをはおって袖をまくれば、なんだかいい企画が湧き上がりそう! 足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。仕事終わりの書道教室ではシャツを脱いだオールネイビーで無我夢中に書と向き合いつつ精神統一でもして帰ろう。そして24節気2番めの雨水の日なので高菜を食べて雛人形を飾らなくっちゃ。ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
関連キーワード