• 洗えるパンツなら、オフィスコーデに白でも全然怖くない!清涼感を持たせるのに欠かせない白パンツの実力清潔感あふれる白コーデは憧れるけれど、汗や汚れが気になってしまうのが本音。でもSONOの白パンツならウォッシャブル、吸水速乾、UVカット、さらに下着のラインも透けにくいから堂々と履きこなせる! 梅雨が来る前の今こそ、きれいな白ベージュのなじませコーデを楽しんで。パンツ¥16,000/ミラク(ソーノ) シャツ¥29,000/サザビーリーグ(エキップモン) メガネ¥40,000/アイヴァンPR(アイヴァン) パールピアス(片耳)各¥50,500/CHERRY BROWN ジャケット¥62,000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥21,800/ショールーム セッション(ヤーキ) サンダル¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 文/加藤理恵※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 真夏のような暑さの週末、高校時代の友人とドライブをしながら横須賀の佐島マリーナへ行ってきました♪♪江ノ島から国道134号線を通り、鎌倉、葉山を抜けたその先にある佐島マリーナ。車で50分程で透明度の高い海を一望出来るオーシャンビュースポットに辿り着きます♪レストラン「MARINE &FARM」でランチ こちらのテラス席は広々としていて、大きなオーニングの下にいられるので直射日光に当たる事なく風が抜けて快適 友人達との久しぶりの再会でおしゃべりにも花が咲きました 地の食材をふんだんに使ったお料理はどれもボリューミーで美味しかったです。この日のコーデは、最近ZARAで購入したベージュピンクのトップスとパイソン柄のウェッジソールサンダル♪ストレッチデニム、インポートのクラッチバッグと合わせてみました。トップスは総レースなので、ボトムスによってカジュアルにもセミフォーマルにもいけそうです ランチの後は、JAが運営する農産物直売所「すかなごっそ」へ。ネーミングが面白い 地元の新鮮な野菜が沢山並び、切り花や鉢物も沢山 こちらの紫陽花の花束はなんと¥550-♡お得なお買い物ができると嬉しくなりますよね♪久しぶりに長距離運転!!心地良い緊張感もあって楽しかったです^ ^
  • 今年の夏、暑くなるのが早いですね。。 気温が上がると着たくなる(というより、暑いからこれしか着たくなくなる??)のがワンピース。 今年はワンピースの当たり年で、デザイン、素材、カラー、かなりのバリエーションが街に溢れてい...
  • 暑い!!暑すぎてコーデ考えられない!思考停止中の、フツーOLの、今週コーデあまりの暑さに、よく飲み、よく食べ、結果、思考停止の日々を繰り返しています。そして、美女組の皆さんのネタの多さに脱帽するばかり。怠け者の本領発揮で、久々の更新となりました。私は、カラーコーディネーターや骨格診断等、資格もなければ、受けた事もなくファッションは全て「気分」で選んでます。ファッションを体系的に学んだ事さえもない、普通OLが、公のブログでお伝えできる事…人気のzaraもユニクロも詳しくない…完全ネタ切れ!とりあえず、今週コーデでもお届けします(笑)良ければ、見てください中途半端な置き画にお付き合いいただき、ありがとうございました!スクエアで、全身を撮る能力も場所もなくて(笑)明日から少し涼しくなるみたいですが、ご自愛ください!
  • [lee_slider id="1386339" break=""]   アニエス・ベーのかごトートでギンガムチェックを夏コーデのおともに❣️ ラフィアを編んでヴィシーチェック(ギンガムチェック)を描いたトートバッグを愛用中。アニエス・ベーらしいキュートな見た目と、ナチュラルな素材感。お店でまさに一目ぼれでした 表面が滑らかで引っかかりもなく、バッグ自体がとても軽量。クリアファイルなどA4サイズ
  • 去年、2018年に復刻版サドルバッグが発売されて、すっごく気になっていました!特徴的なこのフォルム。バッグの名前通り馬の鞍(サドル)肩から掛けると身体にフィット。フラップ部分から放たれたベルトに付属するゴールドの”D“がアクセントに。エレガントは佇まいを助長しています。この日の大さん橋、平日なので、とても空いてました。「くじらのせなか」、初めて行ってみました。海風が気持ちよかったです。
  • 大人気の100%完全遮光の日傘。無地は地味?いえいえ、大丈夫!UV対策はなるべく年中欠かさないようにしています。日に焼けるとすぐ赤くなるので、顔には一年中日焼け止めクリームを。(クレ・ド・ポー・ボーテのクレームUVと、アスタリフトのD-UVクリアが好きです。)今の時期からは耳や首、今は髪が短いのでうなじあたりへも忘れずに塗ります。最近は髪の毛用の日焼け止めスプレーもありますよね。野外イベントに行くときは使うようにしています。日傘も日々の通勤に欠かせないアイテムです。白い日傘が好きで、フリルの付いたもの、レース柄のもの・・・これまで割と甘いデザインか、グレーのストライプ、ツートンのカジュアル、シンプル系をその日のスタイルで使い分ける感じでした。そうです、見た目のデザイン重視で選んでいました。日傘なんてどれも一緒・・・じゃない!と知ったのは、一昨年くらいから大人気で持っている美女組さんも多数の「サンバリア100」。このコラムで、製品のすごさがわかります。技術がすごいし、デザインもサイズも豊富。オンラインはいつも売り切れの表示が続き、諦めていました。今年も神崎恵さんや友人のInstagramでサンバリア100を見かけて、再び欲しいなと色々と検索してみたら、神戸の岡本で手に取って選べるお店があることを知り、最近のワードローブにさりげなく馴染む1本を見つけることができました。Sサイズの無地(ブラック)です。HPには、「小さくてとても軽いので、日差しが控え目な春や秋の外出に。」とありますが、個人的には十分夏でも使える!と思っています。黒無地なのに地味に見えないのは、木の葉型の可愛い手元のおかげ。軽いので皮紐を腕にかけてもあまり気になりません。生地が破れない限り、完全遮光100%の機能が低下することはないそうです。普通のUVカット処理の日傘は、摩耗でカット率は低下するそうなので、折りたたみなのに畳まずガサツにもバッグに放り込んで何年も使っていた何本かは、もう卒業で良いかもしれません(今までありがとう!)インナーのブラウスは、数年前EDIT.FOR LULUで見つけたOLIVIER BORDE(オリヴィエ ボルド)。サンダルは3年前のGU(プチプラは寝かせて使うのもアリ)。バッグはROCIO(ロシオ)です。最近、デザインのある服が好きだなあと改めて思い、選ぶことが多いので、日傘は無地でうんとシンプルにさり気なく、だけど存在感のある1本に出合えてとてもラッキーでした。ROCIOは木製のバッグですが、ちょうどサンバリア100の手元のデザインとの雰囲気が合っていてうれしくなります♡日傘を購入したのは、岡本のHand in Handというお店です。お近くの方は、ぜひ。色違いのベージュも素敵でしたよ^^(来店のみの販売だそうなので、HPやInstagramを確認してくださいね。)
  • 筋金入りの黒&ネイビー派なのですが、ebureの秋冬展示会のベージュ〜ブラウンの多彩なラインナップに 2枚目のダークブラウンとバーガンディの組み合わせは、ぜひトライしたいです✨(編集SH)#ebure #エクラ展示会
  • オススメは「OOFOSS®(ウーフォス)」リカバリーシューズ。サンダルで足もとから元気にしてくれます。熟練の靴職人・一流のアスリート選手やトレーナーから構成される、ベテランの開発チームが一丸となって約2.5年の歳月をかけ完成させたのが全く新しいリカバリーサンダル…だそうです!OOFOSS®は衝撃の反発を37%も押さえることを可能にしてくれる新素材でできていて、その衝撃吸収力により膝・腰・背中にかかる負担を軽減してくれます。人間工学に基づいた設計により、ソール部分もしっかりと土踏まずをサポートしてくれる仕様になっており、足裏全体を包み込んでくれるような感覚です。初めて履いた時の感動感激!つい、他の人にも履いて履いてーと思わず言いたくなりました。ヒールで疲れた足に、サンダルとして、などなど、これからの季節は更に大活躍間違えなしです。色はとってもカラフル。私は王道で使いやすいエナメルの黒をゲットです!
  • 今季、大豊作の柄サンダルを取り入れて、足もとが主役のスタイルを楽しみたい。なかでも、夏らしいアニマル柄やエスニック柄が人気。パイソンのサンダル一足で洗練サファリムードが漂うこの夏、バリエーション豊富にそろ うアニマル柄のサンダル。なかでもパイソンは、さりげない存在感で柄初心者にも取り入れやすい。シンプル服に、一点パイソンサンダルを合わせるだけで、たちまちクールなサファリテイストの着こなしに。靴( 8 )¥51,000/アマン(ペリーコ) ニット¥25,000(ロンハーマン)・ショートパンツ¥50,000(セヤ)/ロンハーマン バッグ¥18,000/マルティニーク丸ノ内(サン アルシデ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥4,200/リエス(ラ ピエス)■Othersアフリカンなプリントが、カジュアル上手を印象づけて。靴(1.5)¥12,600/ナノ・ユニバース(レメ×ナノ・ユニバース)心躍るギンガムチェックを足もとに。黒×シルバーだから甘くなりすぎない。靴( 3 )¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)辛口派好みな太ヒールのパイソン。靴(5)¥33,000/FUN Inc.(チェンバー)レオパードを夏仕様のウェッジで取り入れるのが新鮮。靴(7)¥16,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド)シックなペイズリー柄のヒールサンダルで、都会派エスニックを堪能。靴(7.5)¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol6月号2019年】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/浅見れいな 構成・文/東原妙子
  • 関西発"MANIMARIS(マニマリス)"の東京期間限定ショップに連れて行って貰いました先日ランチをした友人(で私のおしゃれ師匠)に連れて行ってもらった関西発MANIMARIS(マニマリス)のLimited SHOP。お店に入るや否や…可愛い有名なカゴバッグ含む魅力的なバッグたちが…お出迎え♡バッグへ思わず直行してしまうほどどれも魅力的でした。ちょうどこの日のランチで友人が持っていたまん丸フォルムと…皮を編み込んだ持ち手が目を惹くカゴバッグ。『フルムーンバスケット』もありました♬WEBショップでは、既に売り切れていて、再販待ちだそう!この日もとても注文される方が多かったようです。そしてこの日、友人(私のおしゃれ師匠)が購入を検討していた新作のトートバッグ♡『撥水だよ♡』の言葉に…惹かれ始め…腕にかけてみたら…しっくり♡さらにこちらのトート紐部分が長さ調整できるので、斜めがけもできるそう!!ちょうど電動自転車に乗り始めて、斜めがけできるカバンを探していたところに…ふっと湧いてきた話題!そこへおしゃれ師匠な友人がイメージモデルをしてくれて…イメージモデルのこの後ろ姿のあまりの素敵さに…ここから一切の浮気心なく…即決したのは言うまでもありません。購入翌日以降…自転車で娘の保育園お迎えの時週末…ほぼこのトートバッグで過ごしてます。バッグの中は小ポケットもあり…見た目以上に入れられて、口もトートタイプだから広く、子供と一緒の時も斜めがけして両手が使えてとにかく使いやすくて早速重宝。乳児の時より荷物が減ってきたママにおススメです!今年連れ帰って大正解!のファッション小物でした。友人にステキなお店に連れて行ってもらい、感謝感謝です。
  • マラカイトの緑色に魅せられて主人が海外出張の間、怒涛のワンオペ育児をしていた私。主人不在時に限って長男次男とも体調不良、それに加えて警報が出る程の大雨。車が運転できない私は、買い物へ行くのも病院へ連れて行くのにも困り果てた1週間でした。そんな1週間がようやく過ぎ、主人が帰国したら、こんな嬉しいお土産を買ってきてくれました。この袋をぶら下げて帰ってきました。嬉しい〜〜!!の一言。実は最近、物欲がだんだんなくなり、昨年は誕生日もクリスマスも欲しいものがなく、なにもリクエストしなかった私。コールオプション(買う権利)だけは持ち続けて、欲しいものがあれば権利行使しようと企んでいましたが、毎日の雑務に追われ、欲しいものを考える余裕もありませんでした。ちなみに恐る恐る、このイヤリングは私の権利行使しなかったコールオプションなのか?と聞いてみたら、どうやらそうでもなさそうです。他に欲しいものがあればどうぞ、とのことでした。純粋なお土産らしいです!!わーい!!なんだかんだ、旦那さんは優しいですね。いつも悪態ついてごめんなさい でもそう言われたからと言って、すぐ次の物を買うタイプでもない私。40台半ばになると、単に物を購入して満たされる幸福に限りがある事に気付きました。物を買っても昔ほど満たされない自分。最近はもっと内面的なもの、心の充実なども重要で、特に何か高額な物を買う時は、それに見合う何かを成し遂げているか、高価なものを受け取るのに相応しい努力をしているかどうかを、自問自答してしまうのです。でも、こうして小難しいことは考えずに、純粋にプレゼントで素敵なものを貰うと、テンション上がりますね!!新緑の緑と相まって、マラカイトの緑色に魅せられてしまいました。
  • さわやかで、女らしくて、おしゃれ感がある。40代のための夏コーデやこなれ感がアップする白アイテムをまとめてご紹介。【目次】1)40代のための夏コーデ【オール白コーデ】2)40代のための夏コーデ【白ジャケットコーデ】3)40代のための夏コーデ【白パンツコーデ】4)40代夏コーデにこなれ感をプラスしてくれる【白でとりいれるアスレジャーアイテム】1)40代のための夏コーデ【オール白コーデ】■ミディ丈の極細プリーツスカート×同系色のノースリーブニット今年はオール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)■マキシ丈のプリーツスカート×ドルマンスリーブのリブニットほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)■白のショートパンツ×オーソドックスな白Tシャツ「ベーシックなおしゃれ」を極められるオーソドックスな白Tシャツ。このベーシックさのおかげで、トレンドアイテムやアクセサリーをたっぷり盛った旬度の高い着こなしにもおのずと「軸」が通る。白のもつ正統性という力で、私たちのおしゃれの可能性はもっともっと広がっていく!Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)2)40代のための夏コーデ【白ジャケットコーデ】■白のサファリジャケット×ブルーデニム大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ■白のサファリジャケット×スカートサファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)■白のサファリジャケット×ワイドパンツアイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)3)40代のための夏コーデ【白パンツコーデ】■ATON(エイトン)の白パンツコーデ独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)■THEORY LUXE(セオリーリュクス)の白パンツコーデ女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)■AEWEN MATOPH(イウエン マトフ)の白パンツコーデ細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)■VERMEIL PAR IENA(ヴェルメイユ パー イエナ)の白パンツコーデゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)4)40代夏コーデにこなれ感をプラスしてくれる【白でとりいれるアスレジャーアイテム】■ 白のマッキントッシュのコートモッズ風コートも白い色と前ボタンのデザインを選べばきれいめに着こなせる。オン&オフ活躍しそう。コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)■白のルトロワのフーディようやく大人にも定着したビッグフーディ。ボーイズ感が和らぐ白を選んで。フーディ¥27,000/八木通商(ルトロワ) ■白のジェイエムウエストンのスニーカー誰もが一足は持っている白いスニーカーはジェイエムウエストンの上質なレザーシューズを選んで。さすがの高級感で、大人のアスレジャースタイルに最適。靴¥75,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ■白のマディソンブルーのカットソー深いVネックの開きとフレンチスリーブで女性らしく着こなせそうなカットソー。さらっとした肌ざわりの鹿の子素材。カットソー¥21,000/マディソンブルー 
  • なぜシンプルなのにおしゃれ?1枚買って損はしない、夏の「つぎ足し」最有力候補「暑い!!」いきなり夏日が続いていますね。「半袖半袖…」とクローゼットの中から涼しそうなものをピックアップ。わたしのクローゼットはコーデしやすいように、色鉛筆のように各色ごとにズラズラと並べてあるのですが、その中で最近ずいぶんと勢力を拡大し、幅をきかせている「集団」があります。それはネイビーの軍団!無意識のうちにどんどん増えていく不思議なカラーです。よく着るカットソーだけ取り出しても、なかなかの数になりました。Tシャツにワッフルに半袖や長袖…同じネイビーでも素材によって雰囲気がだいぶ変わるので、ついつい集まってしまうのです。特に好んで買うのがニット生地の「半袖」。ネイビーの半袖ニットは、去年の夏の記憶では個人的に一番着回した優秀賞の選手なんです。ニット素材は、Tシャツのカジュアルさとはまた違う格上な雰囲気があるので、たとえデニムに合わせたとしても上品な印象になります。カジュアル過ぎないのでオンオフ両方使えて本当に重宝。ベーシックで素材が際立つアイテムだけに、このアイテムに関しては「超プチプラ」は求めていません。今シーズンは「ロンハーマン」の半袖ニットが仲間入りしました。他の人から見ればぜんぶ一緒のようでも、自分だけにわかる「違い」があります!今回のロンハーマンは、袖や裾がちょいフリル。これだけでも印象が少しフェミニンになり、これまでにないネイビーの表情を見せてくれます。Tシャツをニット素材に変えるだけで、デニムでもなんとなく上品なニュアンスにランクUP。ごくシンプルな普段着がなぜかおしゃれに見えるコツは、さりげない素材の違いだったり、こんな裾のデザインが入っていたりという、本当に小さなところだったりするんですよね。ネイビーは、合わせる色によっても爽やかになったりフェミニンになったりと雰囲気が変わるので、着回し率は本当に高いです。「何着ればいいのよ(泣)!!」と合わせるものに困った時、必ず助けてくれるので1枚持っていると安心。夏は1枚で、春先や秋口ではジャケットにインできるので、長期間着られることはもう何年も体験済み。買うものに迷ったら「半袖ネイビー」。推しアイテムです!【Day1】パープルに合わせたきれい色コーデ↑ネイビーはきれい色との相性も抜群で、合わせる色をさらに美しく映えさせてくれます。シンプルなトップスだけにフリルがアクセントをプラス。バッグは同じネイビーの「デヴィッドソン」カーニバルで。【Day2】同色パンツに合わせたワントーンコーデ↑プラステのネイビーパンツに合わせてワントーンに。トロミパンツとリブニットの異素材の組み合わせも合います。メンズっぽい雰囲気にニットのフリルでさりげなく女性らしい印象に。【Day3】花柄スカートに合わせたスニーカーコーデ↑ネイビーに黒いスカートは重くなりますが、花柄のサラサラ生地なので清涼感が出ます。スニーカーはコンバースのデニム生地。色がネイビーなのでトップスとのまとまり感がUP。【Day4】デニムに合わせたカジュアルコーデ↑デニムにもよく合うネイビー。カジュアルな中にもリブニットの品が加わります。アクセントには、ネイビーと相性のよいイエローのカーディガンをプラス。【Day5】カーキに合わせたアースカラーコーデ↑アースカラーのカーキとも相性がよく、落ち着いた夏らしい印象に。色が上下で重くなりがちなので、スカートにリネン素材を選んで清涼感を出します。サンダルもパンプスではなくスクエアトゥで抜け感を。バッグは…今日の「オマケのプチプラ」をご覧ください!ちなみにネイビーを着る時には時計もチェンジ。といってもベルトをネイビーのストラップに取り替えるだけですが、時計の色を合わせることによってより上品な印象になるんですよ!時計は「ルイヴィトン」のタンブール。いつまでも飽きないように、ストラップが替えられるシンプルなデザインを以前に買いました。現在は3種類をコーデによって取り替えています。夏はダミエの登場が多く、ネイビーの服にはやはりネイビーを合わせています。アリゲーターのツヤが、プチプラ服を高見えに♪高価な時計はいくつも買えませんが、ストラップを替えるだけで気分転換にもなるのでおすすめの選び方です。「時計替えた?」とも時々聞かれますし!ストラップは4~6万円くらいなので、時計を買うよりは勇気が要りませんね★ニットのサイズ展開は「XS」と「S」なのでちょっと「入るだろうか」とドキっとしますが、着てみると余裕もあり、体感は通常の「M」のような感じです(Sを着用)。クローゼットを色ごとに並べた時から開くのがとても楽しくなり、組み合わせやすく時短にもなりました。自分の好みもはっきりわかるので、それを把握することでムダ使いも減りそうですね♪…………………………………………………………………………………………………★オマケのプチプラVol.25★「Seria(セリア)のコットンバッグ(108円)」今日のコーデ「Day5」に組み合わせたバッグは、100円ショップで見つけたものです♪セリアに行ったら、バッグコーナーの山積みの中に紛れていて、それを引っ張り出して掘り当てました。フランス語がかわいいナチュラルなリネン風(素材はコットン)の素材です。ロゴの字体やバッグの色合いがとてもおしゃれ♡見ためだけでなく使い勝手もなかなかです。マチがとても広いので、お弁当などを入れるサブバッグやエコバッグに最適な大きさ。この時期はスタイルに合わせてメインのバッグとしても堂々と使えそう!涼しげなリネン風は、エスパドリーユやストローハットを合わせれば「大人フレンチ」の仲間入り♪100均でメインバッグに抜擢されるスター選手はかなりレアです!お近くにセリアが合ったらぜひ探してみて下さいね★美女組 Akane元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • シンプルなデザイン。シルエットやカラーバリエが豊富。それだけでも魅力的なのに、透けない工夫がされている。拘り満載の「ドゥクラッセTシャツ」を試してみました。"シンプルなTシャツ"と言っても、毎年着たいと思うシルエットは違いますよね。今期猛暑がやって来る前に着たいのは、タイトシルエットなボートネックの5分袖。色は白と黒。前から話題になっている7分袖も着てみたかったので、まとめ買いキャンペーンを利用しました。身長168cm。肩幅しっかり。上半身肉少なめでMサイズを着用。同じサイズでも袖が長くピッタリとしている7分袖の方がタイトに感じます。デザインによっては丈が58cmと60cmの2種類用意されています。ボートネックは丈が選べたので、どちらも58cmを選択。裾をアウトにしてもINにしても丁度良い長さです。前面が2重になっているのが最大の特長であるこのTシャツ。素材は綿100%。もっちりサラサラな肌触り。生地は厚すぎず薄すぎずしっかりとしています。中に黒いインナーを置いてみましたが全く透けません。ただし背面は二重ではないので、薄っっっすらと透けます。例えが黒の場合なので、肌に近い色なら透け感無しでしょう。個人的には7分袖のシルエットが気に入ったので、他の色やネックラインも追加しようと検討中。究極にシンプルなデザインを求めてる方、ネックラインに拘りたい方にオススメの名品です。
  • コーディネートなしで着こなしが決まるワンピースは忙しい朝の強い味方。今季はとくにシャツワンピースのバリエーションが豊富で、人気ブランドからも続々登場。さっと着るだけでサマになる3枚を厳選してお届け!福田亜矢子×TICCA スクエアビッグロングシャツ大胆なストライプと立体的フォルムで着やせ効果も BAILA5月号で紹介後、人気が殺到したストライプワンピースが再登場! ボタンを多めに開けて着れば、ボーイッシュな雰囲気が一転、襟がきれいに抜けて女らしい印象に。膝までしっかり隠れる長め丈のサイズ2は、エクラプレミアムの別注。前を開けてアウター感覚ではおっても今っぽい。福田亜矢子×TICCA スクエアビッグロングシャツ ¥28,000+税>>Le pivot ローンワンピースレイヤード人気の今こそ挑戦したい軽やかな透け感美しい光沢とシルクのようなしなやかな肌ざわりの上質素材が、シャツワンピースをエレガントで女らしいムードに。袖にとったタックは二の腕をほっそり見せてくれる効果も。着丈に前後差のある今どきなシルエット。裾が透けて軽やかだから、ダークカラーでも重く見えない。 とても軽く、透け感のある素材でカーディガンとしても着用可能。ワンピースとして着用する場合は、インナーとの重ね着を楽しんで。Le pivot ローンワンピース ¥19,000+税>>E by éclat 前あき花柄ワンピースシックな表情&2WAYが自慢!シックな華やかさをもたらす白黒ベース。ワンピースとしてはもちろん、前ボタンを開ければはおりとしても着用可。合わせる小物しだいでさまざまなテイストが楽しめる多彩な一枚。ウエスト部分をゴム仕様にすることで、すっきりシルエットを実現。ネックはデコルテをきれいに見せるVあきに。 E by éclat 前あき花柄ワンピース ¥19,000+税>>
  • 凛として、知的なムードが漂う"真っ白"なアイテムをご紹介。【1】 アーチ ザのワンピースネックラインのギャザーとリボンで甘さを出しつつ、ハリ感のある素材や広がりすぎないシルエットが大人向き。レギンスと合わせればよりスポーティなイメージに。ワンピース¥51,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(アーチ ザ) 【2】スペルタのシューズメッシュ素材が涼しげなデザインのシューズは、指やネイルが透けて見えてちょっぴりセンシュアルなムードも。靴22,000/フラッパーズ(スペルタ) 【3】ロンハーマンのスカート「レースのスカートは甘すぎて苦手」という人も、こんなスクエアレースなら着てみたくなるはず。スカート¥36,000/ロンハーマン  【4】マリハのジュエリーファッショニスタにも人気のあるマリハ。マットな白の色石は小さくても存在感抜群。ピアス¥88,000・ブレスレット¥60,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/伊藤真知 【Marisol6月号2019年掲載】
  • 一気に真夏がやってきました!まだ5月だけど!?さて、何をどう着よう?毎年5月ってこんなに暑かったっけ?突然やってきた真夏並みの暑さに、何を着ていいのやら…しかも、日が沈むと普通の5月に逆戻りってゆう寒暖差が更に頭を抱えさせる。…そんな時、手に取るのは大抵シャツ。そう、白シャツ♬5月上旬、何となく夏の訪れを感じ始めた頃はフルレングスのニットパンツ+ヒールサンダルだったけれど↓季節が進んだ今は、アンクル丈のスキニーデニム+ビーサンで。足元の露出が増えただけですが、印象は随分と軽やかでラフ。こんな風に、合わせ方でその季節にスッと馴染み、肌寒い時は寒々しく見せず、暑い時も暑苦しく見せない…そんな万能さが白シャツの魅力(^^)万能具合だけで言えば、白シャツに勝るものってないとも思ってます♬shirt:support surface×strasburgopants:redcardshoes:tkeesbag:hermesおそらく、骨格や肌の色からすると白シャツや白Tシャツって似合わないタイプ(^_^;)ですが、その万能さゆえ、ワードローブに1枚ずつは加えておきたい!そんなアイテムであります(^o^)
  • ちょっぴりラフな男前ジャケットは袖を軽くまくりあげ、スカートで女性らしさを覗かせて甘くなりがちなドット柄もタイトめシルエットでやや辛口フェミニンを意識して。さらに大きめなジャケットには袖ロールのテクニックで華奢な手首を覗かせて女性らしさをアピール。そして黒ニットとパールネックレスのコンサバティブできれいめな組み合わせなら信頼感のある雰囲気を醸し出せそう。ジャケット¥9,800/フレームワーク ルミネ新宿店(ロスコ) 半袖ニット¥17,000/スローン スカート¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグ インプログレス) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ) 靴¥29,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ポルセリ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • なかなか見つからない、ワイドなのに美脚パンツはこのブランドで調達土日は汗ばむ陽気でした。1週間前は肌寒かったのが嘘のようです。この日はブラウス1枚でOKでした。甘めのフレア袖ですが、フラワープリントがシックでVネックなので甘すぎずちょうどいいバランス。合わせたのはSHIPSのリネン素材のベージュパンツ。仕事でもプライベートでも穿けて合わせる服を選ばないパーフェクトカラー。つかず離れずの生地感はワイドパンツでありがちな「ダボつき」を解消し、スッキリしたシルエットをキープしてくれます。リボンベルトもポイント。ブラウスはウエストインしてすっきりと。サンダルとバッグもベージュで揃えてワントーンコーデに。ベージュのような淡色コーデのときは、小物もベーシックなトーンや色みをそろえて色数を抑えることで、こなれた印象に見せることができます。実は同じベージュでも、ブラウスとパンツはグレーよりのベージュ、サンダルとバッグはブラウンよりのベージュで合わせたところがちっちゃなこだわりです(笑)blouse GUpants SHIPSsandals PICHE ABAHOUSEbag AYAKOワイドパンツは最新アイテムではないので、ウェブページが見つからず、スミマセン。以上、お気に入りブランドのアイテムを使ったコーディネートでした。