• おじいちゃんが書いてるって知ってた?彩虹眷村こんにちは! ちょっと前ですが、 台湾に言った時に友達からめっちゃ可愛い街がある!! と教えてもらったんで 彩虹眷村という街に行ってきました!! まずは台中へGo台北から台中は東京から静岡くらい離れてます。 なんで桃園空港から 高速バス、電車、新幹線の3つの行き方があります! 私は行きはバス 帰りは新幹線でいきました!バスは空港から出てます! 片道1000円で2時間半くらいかかりました! バスの中豪華なんですけど寒かったw 椅子がやたらと大きいそしてUSBで充電出来るのはとても良かったです!帰りの新幹線は40分くらいで 快適でした笑 お値段は2500円くらい! お金に余裕があるなら断然新幹線がオススメ! あと電車もあって安いんですが、 特急の予約とかよく分からず、本数が少なくて今回は断念しました、。彩虹眷村へこの街全部このおじいちゃんが書いてるんですよ!凄くないですか?!台中から電車とバスを乗り継ぎ到着! 待というより幼稚園の中に絵を書いた感じの広さなんですけど めちゃくちゃ可愛かった!! ぜひ行ってみてください!!モアハピ部 No.677 奈都 のブログ
  • 「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズなどの鬼才ティム・バートン監督が、ディズニーの名作アニメを実写映画化した『ダンボ』のジャパンプレミアが、3月14日に山野ホールで開催。来日したティム・バートン監督や主演のコリン・ファレル、日本語吹替場版声優を務めた西島秀俊がステージに登壇した。『ダンボ』では、大きすぎる耳を翼に変えて空を飛ぶ子象ダンボが、サーカス団の仲間と共に、金儲けを企む興行師によって引き離された母象の救出に挑む。コリンは主人公のホルトを、西島はホルトの日本語吹替場版声優を演じた。最初に映画に合わせ、サーカス団のパフォーマンスが披露され、その後、ゲスト陣が登壇。ティム・バートン監督は「僕はダンボが大好きだ。ダンボは純粋で、大切な感情を表現できる」とダンボというキャラクターへの思い入れを口にした。ティム・バートン監督と初タッグを組んだコリン・ファレルは「最悪だったよ。こんなにエネルギッシュな方と6か月も撮影すると、疲れちゃうよね」と、ジョークを飛ばしつつ「ぼくはずっと監督のファンだった。他の作品を含め、僕をファンタジーの世界にいざなってくれた。本作は、人と違うところを大切にして祝福するというメッセージが込められている」と笑顔を見せた。西島も「僕自身もティム・バートン監督の大ファンだったので、こんなお話をいただけて非常に光栄に思っています」と大喜び。さらに西島は「ティム・バートン監督作の登場人物は、個性が強くて、どこか周りから浮いてしまう瞬間がある。でも、その個性で周りの人たちを幸せにしていくというテーマがあります。僕自身も勇気づけられたし、皆さんも勇気づけられて、自分らしく生きていこうと感じられるのではないかと」と本作のメッセージについても語った。春は名作に新たな風を吹き込むティム・バートン監督のファンタジー・アドベンチャーへ!『ダンボ』監督:ティム・バートン出演:コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンほか2019年3月29日(金)より全国ロードショーhttps://www.disney.co.jp/movie/dumbo.html©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights ReservedText/山崎伸子
  • 3月も半ばとなり、暖かく春らしい気候が続く日が増えてきましたね♪ 身に纏う洋服もコットン素材や軽めのアウターなどが増え、身体も気持ちも軽やかになるこの時期は、小物も見直したいところです。 そんな2019年の春は、きれい色...
  • Ⓒ2019映画「翔んで埼玉」製作委員会 魔夜峰央さんに...
  • 埼玉出身の7人に、愛してやまない渾身の"埼玉にまつわるもの"...
  • もう"何もない"なんて言わせない! ニューオープンから隠れた...
  • 初イチゴ狩りへ行ってきました! イチゴ大好きなのですが、イチゴ狩りって高いしスーパーのイチゴで十分と思い今まで行ったことなかったのですが、毎年行きたいと思うくらい満足でした(≧∀≦)神奈川県厚木市にある清田苺園さんへ私は平日に苺狩りに行きたかったので、平日でもやっている苺園を選びました! 結構、土日のみ営業の園が多かったです!! あとは、インスタ等を見て、苺園の情報を調べたり(^^) 清田苺園さんは、30分1600円でした!1人1つ、練乳が貰えます! 実際、練乳がいらないくらい苺は甘かったです!(*^^*) 苺は甘いだけではなく、かすかな酸味もありとにかくフレッシュでみずみずしい食感、味に驚きました!! スーパーの苺とは別物でした(°°) 1600円払う価値があったと私は思います! ちなみに、私は31個 義母さんは、50個以上食べてました(≧∀≦) すごい!!! 高設栽培なので、立ったまま苺狩りできるのが助かりました(^^) また来年も行きたいなー(^^) 今の時期に体験できる、イチゴ狩りおすすめです!モアハピ部 No.471 あずあずのブログ
  • アソビル、はじまる。横浜駅直通の複合型エンターテイメントビル《アソビル》が3月15日にオープンしました!地下1階から屋上まで遊び尽くせるエンタメ施設♡ プレオープンイベントに行ってきたので、魅力をたっぷりお伝えします☺︎B1 PITCH CLUB"上質な大人の遊び場"をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジ。 日本屈指のバーテンダーが監修したカクテルが飲めるだけでなく、ビリヤードやプロジェクションマッピングを使ったダーツも楽しめます!おしゃれなウォールアートが描かれた個室でゆっくりお酒を堪能できます(*´∨`*)1F POST STREET横浜の人気飲食店が集まる体験型グルメフロア。気になっていた2軒のお店に行ってきました!①DAIGOMI BURGERラクレットチーズを滝のようにかけてくれるハンバーガーがイチオシ♡②DUMBO Doughnuts and Coffee麻布十番の人気店が横浜に初出店!映えるやつ撮ってきましたよ〜!笑2F ALE-BOX脱出ゲームやVRなど体験型展示が楽しめるフロア。 なかでもイチオシは《うんこミュージアム》!!「ウンスタ映え」スポットがたくさん!!笑3F MONOTORYDIY女子必見のものづくりマーケット♡ポーセラーツやウエルカムボード作りのワークショップもやっているので、プレ花嫁さんにもおすすめ。UVレジンなどのハンドメイド用品ショップもあるので、創作意欲が湧くこと間違いなし♡4F PuChu!(5月オープンなので見学不可)RF MULTI SPORTS COURTフットサルやバスケなどができるスポーツコート。 みそちゃんがフリースローに挑戦してました☺︎ プレオープン時にはまだやっていなかったお店、行ってみたい・体験してみたい場所がまだまだあるのでまた行きたいです♡ 横浜駅からすぐなので、春休みのお出かけにぜひ行ってみてください♪ASOBUILD(アソビル)220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル 横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分 全館営業時間: 10:00-22:00(フロアによって異なります) RF営業時間: 7:00-23:00 4F営業時間: 5月開業予定※ 3F営業時間: 10:00-22:00 2F営業時間: 10:00-22:00 1F営業時間: 7:00-翌5:00 B1F営業時間: 18:00~00:00(金、土、祝前日は4:00まで)※ ※4F屋内キッズパーク「PuChu!(プチュウ)」(仮称)は2019年5月に開業予定となります。ご注意ください。また、B1F「PITCH CLUB」は3月15日(金)よりプレオープンし、2019年4月5日(金)に開業予定となります。 ASOBUILDモアハピ部 No.558 あーちゃん のブログ
  • 旅行が決まった瞬間にガイドブックを買って お土産リストを作成しがちなれいかです。 今回は【京都女子旅】には欠かせない 可愛すぎるお土産をピックアップします☻⁎∗ UCHU wagasiの落雁(らくがん)fukiyose mini 冬限定商品 ¥800※現在は春限定商品に切り替わっています 毎シーズン発売される季節モノの落雁が とっても可愛いんです〜〜〜! 私は冬に買ったので 手袋やうさぎをかたどった落雁が 金平糖に埋もれたデザイン。 日持ちするからしばらく飾っておけるし これで800円は実質タダなんじゃないかと。 京都観光を企てるすべてのMORE読者の方に 推していきたい一品です。 (しかも京都駅周辺で買えます)そもそも、落雁って?落雁(らくがん)は、平たく言うと お砂糖などを固めて作った干菓子のこと。 特にUCHU wagashiの落雁は 一つ一つ丁寧に手仕事で作られている上に 和三盆糖を使用しているから 口に入れると一瞬で溶けていくんです!! 噛むのがもったいないくらい一瞬で溶ける。 甘党なら誰しも好きなお菓子なはず♡イチオシ商品はこちら♡京都ものがたり ¥1,080(店舗限定)京都に行ったら特に買ってほしいのが この【京都ものがたり】。 京都タワーや平安神宮が描かれた カラフルな落雁は店舗限定でGetできるので 喜ばれること間違いなしです◎見た目も中身も★★★★★フォトジェニック好きな方も甘党さんも ぜひ一度お手にとってみてください!UCHU wagasiの公式サイトはこちら♡れいかのInstagramはこちら!土日の消費活動をまとめたハッシュタグ #れいかの散財ホリデー 更新中! 趣味にお金を使うのは必要経費? その散財の満足度、独断と偏見で判定します。モアハピ部 No.636 れいか のブログ
  • 『アソビル』が横浜にオープン★ 複合型体験エンターテインメントビル!3/15(金)に横浜に誕生した複合型体験エンターテインメントビル『アソビル』。B1から屋上までの計5フロアには、グルメ・リアル脱出ゲーム・「うんこミュージアム」・日本最大級のものづくりマーケットやスポーツコート等、老若男女が楽しく過ごすことのできる施設がぎゅっと詰まっているんです!「DAILY MORE」がまず注目したのは、1階の「横浜駅東口 POST STREET」。「横浜が好きな人による、横浜を好きになってもらうための場所」をテーマに、『崎陽軒』や野毛の居酒屋など横浜にゆかりのある18店舗が集結したグルメストリートなんです。見逃せない9店舗を今すぐチェック!横浜にゆかりのあるお店から、最新ショップまで「横浜駅東口 POST STREET」「DAIGOMI BURGER(ダイゴミ バーガー)」東京・南青山&池袋で、予約の取れない大人気チーズレストランで有名な「DAIGOMI」。その新業態のチーズバーガー専門店が登場しますよ! バンズもパティもチーズの魅力を引き出すことにこだわっているんです!イチオシは、チーズが流れてあふれる「NYCラクレットチーズフォール」。「追いチーズ」として、様々な種類のチーズをブレンドしてパリパリに焦がした「焦がしチーズチップス」をトッピングすることができます。「DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店」東京・麻布十番に本店を構える大人気ドーナツ店が横浜初出店! 映えてておいしいカラフルドーナツが勢ぞろい♪「肉寿司の牛右衛門」牛肉のグリルや炙りを様々な食べ方や組み合わせで提案する肉居酒屋。“こんな組み合わせの食べ方あり!?”とワクワクが止まらない! リーズナブルな価格もポイントなんです。「海鮮とせんべろ 呑りすけ」おトクなせんべろセットと、豊洲市場から直送される鮮度抜群の海鮮が食べられる居酒屋。1000円でお酒が4杯、ガチャが当たれば最大7杯飲むことができるため、飲み過ぎには注意!「野毛焼きそばセンターまるき 横浜店」のんべえに大人気の町・野毛に本店を構える焼きそばとギョウザが売りのお店。自分好みにトッピングして食べる、オリジナル焼きそばは必食です♡「ラーメン壱六家」横浜といえば、横浜家系ラーメンでしょ! スープのおいしさにこだわり続けている職人の店。とんこつ100%の一杯はもちろん、家系ラーメン元祖の「塩ラーメン」も自慢★「崎陽軒 横浜駅東口シウマイBAR」横浜を代表する名店『崎陽軒』の「シウマイBAR」。カジュアルな気分で、熱々のシウマイやお酒を味わえます♪「もうやんカレー横浜」行列のできるカレーとして有名なカレー専門店。大量の野菜と果実を煮込んでつくるルーは、健康的で、素材の味がしっかり溶けこんだ絶品です!「PIGO」(4月オープン予定)横浜エリアに店を構える本格イタリアン。店内の石釜で焼き上げるピッツァの中でも、食材にこだわった「ナポリピッツァ」がおすすめ!3/15OPEN☆ 横浜駅直通の大注目施設『アソビル』の、絶対食べるべきおすすめグルメ9選! モアハピ部 No.395 みそさんの『アソビル』内覧会レポート!3月15日(金)オープン! 横浜の新スポット『アソビル』この春オープンの『アソビル』内覧会に、あーちゃんと参加しました。アソビルという名前からわかるように、遊べるビルです。IT会社の受付みたいなエントランス。リアル脱出ゲームや、屋上でバスケットボールができますイベントではフリースローに挑戦。ポーセラーツやフラワーアレンジメントなどのハンドメイドコーナーもあります。中でも注目が集まっている『うんこミュージアム』とは!?子ども向けかと思いきや、最初からびっくりなことが起きるので、わたしはあえてここでは言わないでおきたい。めっちゃ言いたいけど。うんこをテーマにしたアトラクションがあってたのしいです。デザインあ展のような、デザイナーさんの本気が見られるミュージアムです。子ども向け施設に見せかけて、実はうんこという単語だけで楽しかった小さい頃を経験した大人たち向けなのではないかと。うんスタジェニックな写真も撮れます〜〜!フローティングうんこ、、 アソビルでぜひ童心に帰ってみてください。3月15日(金)オープン!アソビル『うんこミュージアム』とは!?『アソビル』詳細情報オープン日:3/15(金)営業時間:フロアによって異なります全館営業時間:10:00-22:001階「横浜駅東口POST STREET」: 7:00-翌5:00アクセス:横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分→『アソビル』公式サイトはこちらから
  • 2018年5月、「シンデレラガール」という曲とともに、華やか...
  • EXOのD.O.ことド・ギョンスさんは、その演技力でも知られる存在。ドラマや映画でも高く評価され、ドラマ「100日の郎君様」では時代劇での初主演に挑戦、そしてもちろん大ヒット。ギョンスさんの演技は、映画『純情』でも、船の縁に腰掛けているだけでもものすごい存在感で驚愕したことがあり、この主演ドラマでもその魅力が全開。ヒロインのナム・ジヒョンさんは、「善徳女王」の子役時代から注目している女優さんで、安定の演技力でとってもチャーミング。脇を固めるベテラン俳優たちはもちろん、キム・ソノさん、キム・ジェヨンさん、ホン・ユンジェさんなど若手俳優たちも見目麗しい!そしてこのドラマの撮影は全羅道順天にある「楽安邑城(ナガンウプソン)」でも行われたのですが、ここは朝鮮時代の土城と草葺き屋根の家などが400年以上も原型のまま保存されためずらしい史跡。今も85世帯が暮らす、金銭山を望む美しいこの村に、なんと偶然ドラマ撮影中に旅の取材で訪れたため、ドラマが始まるまえから注目していた作品でもあります。映像も美しいラブコメなのでぜひ!!●演じられた役柄、見どころを教えてください。ー僕が演じたユルは王世子で偉そうで気難しい人物です。反面、ウォンドゥクは天然すぎる人物です。切ない過去の物語から始まる予測のできないロマンティック・コメディです。美しい映像美と俳優の方々の素晴らしい演技が見どころだと思います。●台本を初めて読んだときの印象は?ーとても面白かったです!ユルとウォンドゥクを是非演じたいと思いました。●初時代劇でしたが、どのように準備されましたか?ー初めての時代劇なので、時代劇ならではの言い方やイントネーションには非常に悩みました。そのため、そういったところを中心にたくさん準備しましたね。また、そのほかでは乗馬や剣術のようなアクションシーンの練習もしました。スケジュールの関係で撮影前に乗馬を習う機会は多くありませんでしたが、その分現場で先生にポイントなどを教えていただき、少しずつ練習しました。危なくないように指導していただき、安全に撮影できました。●ナム・ジヒョンさんとの初共演はいかがでしたか?ージヒョンさんに初めてお会いしたときは僕が想像していたイメージ通りの方でした。とても明るくてエネルギーに満ちているイメージを持っていましたが、実際にお会いしたら本当に明るくてエネルギーに溢れていました。ジヒョンさんは子役時代から活動されているので先輩でもあります。現場ではジヒョンさんから学んだことがたくさんあります。ジヒョンさんにいろいろ教えていただいて、たくさん勉強しながら一緒に合わせていきました。とても明るくて、ジヒョンさんの周りにいると、僕はもちろん周りの皆を笑わせてくれるエネルギーに満ちている方です。●しっかり者のホンシムと天然のウォンドゥクの組み合わせが相性抜群でした。ージヒョンさんとはたくさん相談しましたね。僕より経験の多い先輩で、ジヒョンさんを通してたくさん学ばせていただきました。“こういうシーンでは、このようにしたら良いんじゃないか。こう見せたら良いんじゃないか。“など、いろいろ相談しながら息を合わせました。●世子とウォンドゥク、一人二役のような役柄でしたが切り替えはどのような点に気を遣いましたか?ーユルとウォンドゥクは、結局は一人の人物なので、ユルはこう演じなくては、ウォンドゥクはこう演じなくては、という風には意識していませんでした。僕はその二人の役を同時に演じましたが、むしろソンジュ村と宮中の方々がユルとウォンドゥクのキャラクターが上手く表れるように雰囲気を作ってくださったと思います。それで、自然にユルとウォンドゥクのキャラクターができたのではないかと思います。●役柄とご自身の似ている点、異なる点は?ー似ている点は、ユルとウォンドゥクの男らしいところだと思います。ただユルの偉そうで気難しいところは似ていませんね。それから、ウォンドゥクの天然なところは似てないと思います(笑)。●桜の木の下や菜の花畑など美しい場面が多かったですが、一番印象に残っている場所は?ー記憶に残っている場所は、ソンジュ村です。順天(スンチョン)の楽安邑城というところで撮影したのですが、撮影中にも感じていましたが、カメラに映される景色がとっても美しくて今でも記憶に残っています。本当に素敵な場所で、春になると花もたくさん咲くので今でも覚えていますね。●グドル(キム・ギドゥ扮)から恋愛指南を受ける妄想シーンが面白かったですが、撮影時のエピソードを教えてください。ーグドルに教えてもらった恋愛の指導は、オールドすぎます(笑)。ウォンドゥクは何も知らないので真似しましたが、失敗する場合が多かったです(笑)。撮影中もとても面白くて、笑いながら撮影しました!今は通じない恋愛のコーチを受け、撮影するときは笑いが止まらなくてNGも多かったですね(笑)。●王宮やウォンドゥクを見守る村の人たちは名脇役がそろいましたが、先輩方からアドバイスなどはありましたか?ーアドバイスはもちろんですが、とても素晴らしいベテランの先輩方だったので、現場で先輩方の演技を見ることができて、それだけでもとても勉強になりました。悩んでいたところもありましたし、主演は初めてだったのでとても緊張していましたが、先輩方が親切に指導してくださいました。それで、むしろ現場では気楽に楽しく演技できました。●メイキング映像を見ると現場の雰囲気がとても楽しそうでしたね?ー現場はいつも楽しかったです!ずっと明るい雰囲気で俳優一人ひとりがエネルギーに満ちていました。現場は笑い声で溢れていましたね。●撮影現場のムードメーカーは?ー宮中でのシーンは、暗い面が多いんですが、チョ・ソンハ(在議政 キム・チャオン役)先輩は撮影現場ではとても明るい方です。悪役ですが、チョ・ソンハ先輩のおかげでずっと笑っていました。それからソンジュ村では、イ・ジュヒョク(パク・ボクン役)先輩が誰も真似できないムードメーカーでした!●笑いが止まらずNGがたくさん出たのでは?ーその通りです(笑)。NGが一番多かったのは僕だと思います(笑)。現場で笑いを堪えられませんでした。ソンジュ村で撮影するときは僕だけではなく、たくさんの方が笑いすぎてNGをたくさん出しましたね。先ほど申し上げたイ・ジュヒョク先輩は声もそうですし、ただ姿を見るだけで笑ってしまいます。撮影に入れないほど笑ってNGになった記憶があります。あの時はイ・ジュヒョク先輩のおかげで、ものすごく笑いました(笑)。僕だけでなく皆さん笑いすぎてNGを出していましたね(笑)。●アドリブなどはありましたか?ー僕はありませんでしたね。台本に忠実に演じていましたが、イ・ジュヒョク先輩やグドル(キム・ギドゥ)など明るいキャラクターはアドリブもたくさんありました。●チェンさんがOST「桜恋歌」を担当されましたが、チェンさんの歌声とご自身の演技のコラボはいかがでしたか?ーチェンにはとても感謝しています。まず僕が出たドラマにOSTとして参加してくれただけでもとてもありがたいですし、実は録音する前にそのOSTのガイドボーカルを聞かせていただく機会があったんです。それで“この曲はチェンの声と似合うはずだ“と思いました。それをチェンに言ったところ快くOSTに参加してくれました。チェンが本当に上手ですし、曲も本当に素敵な曲です。ドラマが始まってから、ずっと今でもよく聞いています。●EXOのメンバーからの反応はありましたか?ーメンバーからの反応は良かったです!シウミンと、それからチェンも最終回まで本放送を見てくれたんですが、メンバーたちに面白く見てもらえたので、それだけでもすごく嬉しかったです。皆それぞれのスケジュールで忙しいのに、本放送で僕の演技を見守ってくれました。“上手だったね“と言ってくれて、応援してもらえた時が最も力になりましたね。チェンからはドラマを通して今まで見たことがない僕の姿が見えたと言われました。”お前がキスする姿を初めて見た“ と言われましたね。でも僕がキスする姿なんで当然、前にも見ていたらおかしいですよね(笑)。そんな感想を聞いて面白かったですが(笑)。とにかくメンバーたちの応援があって、とても大きな力になりました。●視聴率公約を達成し、皆さんで「Growl」を披露したのが話題になりましたね。ギョンスさんから見て一番ダンスがうまかった方は?逆に一番教えるのが大変だった方は? ー一番上手だったのはジヒョンさんだと思います。一つを教えただけで二も三も出来てしまうというか…僕自身も驚くほどでした。ジヒョンさんは元々体を使うのが上手で教える必要がないくらいでした。教えるのが大変だった方は…大変だったというよりは…俳優の皆さんは今まで体を使ったことがあまりないと思っていたのですが、皆さんとてもお上手で驚きました。そんな中でもどなたか挙げるとすれば、キム・ソノ(チョン・ジェユン役)さん、ハン・ソヒ(世子嬪 キム・ソヘ役)さんでした(笑)。お二人はダンスは苦手のようでした(笑)。●本作がギョンスさんに残したものは?ー僕にとっては・・・「100日の郎君様」はとても意味のある幸せな作品です。本当に想像もしなかったような良い反響をいただけ、今でも感謝しています。僕にとっていつも大きな応援になる作品として生涯残ると思います。●100日間だけ○○になれる!としたら何かなってみたいものはありますか?ー僕は何かに変わるより、挑戦したいものはありますね。料理を作ったり、美味しいものを食べるのが好きなので、もし100日だけ何かできるとしたら歌手や俳優を離れて調理の資格をとったりレストランのシェフに挑戦してみたいです。●素敵なキスシーンが何度もありましたが、キスシーンの撮影はいかがでしたか?ーどうすれば綺麗なシーンができるかたくさん悩みましたね。監督と相談し合い、カメラ監督が素敵に撮ってくださいました。またジヒョンさんともお互いに相談しながら作っていきましたね。●ウォンドゥクになったあとも抜けない世子口調が面白かったです。世子の口調は演じながら難しくはなかったですか?ー難しいとは思いませんでした。ユルとウォンドゥクは結局、一人の人物ですからね。僕は同じように演じていました。大変だったというよりその部分が面白かったですね。世子の習慣として残っているので、ソンジュ村にいってからも目上の方に向かって命令したり馴れ馴れしい言葉で話したりして(笑)。ソンジュ村の人からすると“こいつは何なんだ”という雰囲気になるのですが(笑)。ソンジュ村の人々には想像できない言行をできたので面白かったです。大変だったというよりは、村で子どものようないたずらっ気のあるような演技ができ面白かったです。●世子としての衣装とウォンドゥクになってからでは正反対の身分でしたが初の韓服はいかがでしたか。ー確かに暑かったのですが、時代劇の衣装を着る機会はなかなかないので、僕には新鮮な経験でした。しかも宮中での韓服も着ることができて“昔はこういった服を着て生活してきたんだ“といろいろ勉強になりました。ウォンドゥクとユルは正反対でしたが、宮中では派手な装飾品も身につけていたので、世子の衣装は実は少し不便なんです。一方ウォンドゥクになってからの韓服は質素で着やすいので、個人的には宮中での衣装よりすぐ着替えられる民服の方が動きやすくてよかったですね。●今後演じてみたい役柄は?ー役を考えて決めてはいません。全てのジャンルに興味があるので、僕が挑戦できるならばジャンルの区分なく演じてみたいと思っています。その中でも特に挙げるとすると個人的には人間らしさが感じられるヒューマンドラマのようなジャンルが好きなのでそういった作品に参加してみたいです。●2014年に俳優デビュー後、転機となった作品はありますか?ーあらゆる作品が僕のターニングポイントになったと思っています。作品ごとに感じたことや勉強になったことがあります。一つひとつの作品が終わるたびに意欲も溢れますし、また挑戦したくなります。「100日の郎君様」を終えた今も新しいキャラクターを早く演じてみたいと思っています。機会があれば躊躇なく挑戦し続けたいですね。●最後に放送を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。ー日本の皆さんこんにちは。「100日の郎君様」が日本で放送されると聞いて、緊張していますが、日本の皆さんは、どのように「100日の郎君様」をご覧くださるかとてもときめいています。とても幸せで温かい、ものすごく面白いドラマです。たくさんの期待をお願いいたします。桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します© STUDIO DRAGON CORPORATIONKNTV【アンコール放送】3月30日(土)スタート毎週(土・日)後2:30~4:00