菜の花をイメージした黄味あん入りの焼き菓子 千葉郷菓処 房洋堂「花菜っ娘」

Web eclat

房総の風物詩で県花の菜の花をイメージした黄味あん入りの焼き菓子。千葉郷菓処 房洋堂「花菜っ娘」をご紹介。


「昔からずっと変わらぬ味で、大人も子供も大好きです。房総らしく、菜の花が描かれたレトロなパッケージもかわいい」(小山美千代さん)。¥972(8本入り)


●千葉県館山市安布里780 ☎0470・23・5111 www.boyodo.co.jp/


関連記事
  • グッチの公式アプリ「Gucci App」にゲームセクション「Gucci Arcade」が登場。1970〜80年代にゲームセンターで人気を博したヴィンテージのビデオゲームからインスピレーションを得たゲームで、グッチの世界観がより身近に。 懐かしい雰囲気のゲームの随所にグッチのアイコンが。グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレはこれまでも過去と現在を融合することに類い稀なセンスを発揮、コンテンポラリーなテクノロジーを駆使して、折衷的かつ先進的な方法でストーリーを作り上げてきた。その手腕は「Gucci Arcade」でも存分に披露されている。 第一弾として公開されたゲームは「Gucci Bee」と「Gucci Ace」。どちらのゲームにもブランドのコードがテーマごとに“バッジ”として隠されていて、これをコレクションすることでプレイヤーはポイントを獲得できる仕組みだ。ゲームが終了すると、全プレイヤーを対象としたランキングに自分の得点が反映されるのも楽しい。 左から「Gucci Ace」のレベル2、レベル3、そしゲームで集めたバッジ。「Gucci Bee」は迷路に閉じ込められたビー(蜂)を動かしてポイントを重ねていくゲーム。レベル1からレベル3まであり、スペシャルエレメントをゲットすればさらに追加ポイントが手に入る。また、卓球をテーマにした「Gucci Ace」はグッチを象徴するスニーカー「エース」から着想を得たゲームで、やはりレベル1からレベル3までの構成。レベル1のゲームグラフィックには8ビットのレトロゲームを採用。レベルが上がるごとにスペックも洗練されていく。どのゲームにも随所にグッチらしさが表現されているほか、「Gucci Bee」と「Gucci Ace」のために特別のデザインされたカバーがウォールペーパーとしてダウンロードできるようになっていたりも。ちょっとした隙間時間を楽しくする、洒落心の効いたグッチのゲーム。アプリをまだダウンロードしていない人は、今すぐ手に入れて。グッチ ジャパン クライアントサービス0120-99-2177https://www.gucci.com
  • 世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。徳原文子さん(スタイリスト)、坪田三千代さん(旅行ライター)推薦Hy’s Steak House(ハイズ・ステーキ・ハウス)記念日などにおしゃれして出かけたいステーキレストラン。フィレ肉の中でも希少なシャトーブリアンをキアヴェ炭でひとつひとつていねいに焼き上げたステーキは、さすが40年以上の歴史をもつだけあって、安定のおいしさ。「ストレートな味わいの正統派ステーキはここ。前菜も充実!」(坪田さん)、「お肉はもちろん、サイドのマカロニグラタンが大好き」(徳原さん)と肉以外のメニューの満足度も高い。シックな雰囲気のバーもおすすめ。分厚いガラス張りの向こうに、キアヴェ炭でステーキを焼くシェフの姿が拝める、中央のシートは人気。重厚なインテリアもまたここのよさ。ぜひおしゃれして訪れたいシャトーブリアンと野菜のロースト。注文は2人分以上から(1人分$65) 黒トリュフ、キングクラブ、マカロニのチーズグラタン($23)2440 Kuhio Ave., Honolulu ☎808・922・5555(17時以降は日本語対応可) 17:00~21:30(最終入店) 無休 ※ドレスコードあり(男性は襟つきシャツ、つま先の隠れる靴〈スニーカー可〉着用。サンダル、野球帽不可。子供も同様)。要予約。次は:ワイン×シーフードNo.1のレストラン飛田和緒さん(料理家)推薦Azure Restaurant(アズーア レストラン)ロイヤル ハワイアン ホテルのシグニチャーレストランは、ハワイ産の魚介類を味わいながらワイキキサンセットが楽しめる稀有なところ。日本人シェフ、桂真悟氏が腕をふるう繊細な料理と雰囲気が好きという飛田さんもこちらの常連。「今日のおすすめの魚介類と調理法が選べるメインがいいですね。ピンクシャンパンも旅気分をアップしてくれます」。バーセクションは予約なしでも気軽に入れるので夕暮れ時、ディナーの前の一杯にも。ピンクシャンパンや白、赤など、ワインの品ぞろえが豊富なことでも知られる。ペアリングのコースもありコナ産のロブスターの甘味をたっぷり堪能するひと皿($31)。きゅうり、ローカルラディッシュ、バジルなどを使ったソースをからめてキュートなピンクの壁にこの看板が目印2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・4600  17:30~21:00(LO)、 バー17:00~22:30 無休 ※スポーツウエア、水着、ビーチサンダルは不可。 予約がベター。次は:最終日ディナー候補No.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)推薦Merriman’s Honolulu(メリマンズ・ホノルル)レストラン横の青々とした緑生い茂る畑、入口前の小さな畑で揺れるハーブ。“農場から食卓へ”をコンセプトに、20年以上も前からハワイでいち早く地産地消を掲げ、賞賛され続けているハワイ島のメリマンズが、昨年、オアフ島に待望のオープン。「90%ハワイ産の新鮮な野菜、肉、魚介を使った料理は、どれも素材の味がしっかり感じられるもの。ぜひ最終日に訪れて、心にも体にもハワイの味を刻んでいってほしいです」と内野さん。高い天井と窓が、より気持ちのいい雰囲気を醸し出す店内目の前で、なます、しょうゆバターなどと合わせてくれるフレッシュな味わいのテーブルサイド・ポケ($16)さっとソテーした大粒のホタテは甘く、とろけるおいしさ。ダイバー・シー・スキャロップ($42)1108 Auahi St., Honolulu ☎808・215・0022 (日本語対応可) ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~21:00 (金・土曜~21:30) 無休次は:デザートのおいしさNo.1のレストランショーン・モリスさん(マーケティング&PR、フードライター)推薦MW RESTAURANT(エムダブリュー・レストラン)ハワイの名店『アラン・ウォンズ』出身の夫婦が切り盛りする、今のハワイを背負って立つハワイリージョナルキュイジーヌレストラン。オープンから5年がたつ今も、お客さんがひっきりなし。特別な日にも、デイリーにも使える気軽さもいい。ハワイ在住の日系4世、ショーンさんはここが大のお気に入り。特にデザートには思いが深く「デザートのおいしさはハワイいち。ディナーのあとにデザートだけ何種類も食べにくることもあるくらい」イチゴそのものを凍らせて削る、本格派のイチゴのシェイブアイス($12)これもショーンさんがイチ押しの、ガーリックマッシュルームソースが効いているジューシーなプライムリブアイステーキ($58)オープンキッチンまでの抜けが気持ちいい広々とした店内。客席との距離もゆったりで優雅な雰囲気1538 Kapi‘olani Blvd., Suite 107, Honolulu ☎808・955・6505 月~木曜10:30~21:00、金曜10:30〜22:00、土曜16:30~22:00、日曜16:30~21:00 ㊡元日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。次は:ローカル人気No.1のレストラン桐島かれんさん(モデル)推薦Maguro Brothers Waikiki(マグロブラザーズ・ワイキキ)かつて築地で働いていた日本人兄弟が切り盛りするマグロ料理の専門店。ダウンタウンにほど近いチャイナタウンで人気に火がつき、ここワイキキにもお店をオープン。目利きのふたりが選んだとろけるマグロめがけて開店前から列を成す大人気店だが、並ぶ価値はあり! マグロを中心に、ホタテやイカなどを合わせた丼物が種類豊富にそろう。桐島さんお気に入りの「中トロ&ポケコンボ」($15.52) 15時にチャイナタウン店を閉めてからワイキキ店をオープンする415 Nahua St., Honolulu, Pearl Hotel Waikiki 1F ☎808・230・3470 17:30~21:00 ㊡日曜 ※予約不可撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※eclat8月号掲載 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。
  • SPUR9月号では、子供の頃大好きだった漫画『ときめきトゥナイト』をテーマにしたファッションストーリーを担当しました。編集部内にファンが多い名作だけに、コンテの打ち合わせ段階からそれぞれの思い入れが炸裂。真壁くんと蘭世はもちろん主役だからマストでしたが、ファンとしては曜子の存在が欠かせない。予算的にもモデルは2人かな……なんて大人の事情が突然吹き飛びまして、「曜子は必ず入れるべし」というのが必須事項として決定しました。そこからは、太眉で天然パーマの曜子を求めて、モデルリサーチの日々。写真のプックちゃんに出逢えて、ヘアメイクさんの素晴らしい技も経た結果、誌面に登場した「曜子」が完成しました! この完成度の高さに手前ミソながら、スタッフ一同かなりの自信を持っております。蘭世役の福士マリさん、真壁くん役の伊藤あさひさんのきらきらと輝くような美しさをご覧いただきたいのですが、「カッコいい!」と池野恋先生にもお褒めいただいた曜子もぜひご堪能下さい! そして池野恋先生のスペシャルインタビューもありますので、こちらもぜひ。あの頃りぼん読者だった方々に見て&読んでときめきを思い出していただきたい特集です。
  • おしゃれエリア・カカアコをぶらっとお散歩しながらお土産探し♪Fisher Hawaii KAKA‘AKO フィッシャーハワイカカアコ気分は宝探し。倉庫のような店内で可愛い文房具をハンティング広大な店内に所狭しと並べられたステーショナリーの数々は、見ているだけでもテンションが上がる! 書き味のいいペン($0.69)、クッション封筒($0.69)など使い勝手のいいアイテムも豊富。◆690 Pohukaina St. Honolulu ☎808・356・1800 月・火・木・金曜7:00〜18:00、水曜7:00〜20:00、土曜8:00〜17:00、日曜10:00〜15:00 休/祝日HERE. ヒアあれもこれも欲しくなる! 高感度なセレクトショップカカアコのランドマーク『SALT』内にある日本人女性オーナーが営むライフスタイルショップ。シンプルで使いやすく、さらに着心地にもこだわったアイテムが揃っているので“散財”に要注意!◆685 Auahi St. #2-115, Honolulu ☎808・396・2991 月〜土曜10:00〜18:00(日曜〜17:00) 無休Hawaii Modern ハワイモダン愛らしいヴィンテージアイテムをひとつ、旅の想い出にミッドセンチュリーなアイテムが揃うインテリアショップ。アートピースみたいな家具を眺めるだけでも楽しいし、レトロなフラワーベース($25〜125)の中から自分用のおみやげを見つけるのも素敵。◆527 Cummins St. Honolulu ☎️808・728・2040 金・土曜11:00〜17:00 休/日〜木曜●本特集のすべてのデータは2019年6月現在のものです●1ドル($)=約108円(2019年6月4日現在)です●日本から電話をかける場合は、①国際電話会社の番号、②010(国際識別番号)、③1(アメリカの国番号)の後にダイヤルしてください ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/熊谷 晃 コーディネーター/工藤まや
  • 「今はこれさえ着ればOK、という強力なトレンドアイテムがない時代。2019-’20年秋冬は、簡単にカテゴライズできないようなスタイルが多く見られます。そこでものをいうのがスタイリング力。何をどう重ねるか、が重要なんです」。そう分析するスタイリストの浜田さん。1点10万円以下のアイテムで、次シーズンのムードを先取りするモードなレイヤード術を完全講義! FUSAE HAMADA/STYLISTSPURをはじめ、多くのモード誌で活躍。徹底的なリサーチに基づきアイテムを厳選。実際に手に取り、体にまとってスタイリングを吟味する。その実践から生まれる的確で説得力のある言葉に、ひれ伏すモード信者も多数。クラシックなチェックと色・柄・ボリュームのぶつかり合いVネックのノースリーブドレス¥76,000・パンツ¥68,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) ペザントスリーブブラウス¥54,000/アマン(アンスクリア) タイダイニット¥48,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ) サンダル¥56,000/sacai ソックス/スタイリスト私物秋冬の大きな流れのひとつとなっているクラシックなスタイル。その中でチェック柄にも注目が集まっている。浜田さんは異なるチェックを組み合わせたドレスとパンツを重ね、カラフルなタイダイやレオパードを大胆にミックスした。「正統派すぎるよりは、少し毒があるくらいがちょうどいい。頭を柔軟にして、気になったものを自由に取り入れてみるんです」。また、シルエットにもメリハリがマスト。「ボリュームのある袖のブラウスでスタイルにパンチをきかせました」スクールボーイ風スタイルにシアー素材を合わせて中性的にVネックニット¥28,000・シャツ¥36,000・中に着たハイネックニット¥28,000/TOGA 原宿店(TOGA) ショートパンツ¥38,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) リング¥72,000・チェーンネックレス¥70,000/ステディ スタディ(トム ウッド) ソックス¥1,400/タビオ(靴下屋) 靴¥58,000/エドストローム オフィス(アデュー)今、ミニ丈のボトムが気になるという浜田さん。グレーのショートパンツをピックアップし、ワントーンでまとめた。「ショートパンツにハイソックスを合わせているのでぱっと見ボーイッシュ。けれどデコラティブな袖のシャツをシルバーのシアーなタートルニットとVネックニットで挟めば素材感に裏切りのあるレイヤリングに。センシュアルでありながら、性別を超えたスタイルです」。ルールは度外視。既存の枠にとらわれない想像力が求められる。ヴィンテージライクなムードにケミカルな要素を加えるドレス¥46,000/UNIT&GUEST(バウム・ウンド・ヘルガーデン) チュールのベアトップ¥43,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) ドレスの下に着たニット¥41,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) イヤリング¥18,000/TOGA 原宿店(TOGA) タイツ¥1,200/タビオ(Tabio) サンダル¥68,000(参考価格)/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 手仕事感のあるフリルつきのレース編みニットに、レトロな柄と色みのパフスリーブのロングドレス。ブラウン&カーキ系でまとめた着こなしに、浜田さんは相反するレモンイエローのベアトップをオン。「完成されたスタイルに、あえて何か余計なものを一点プラスしたい。酸味のある果物を思わせるアシッドカラーは今気になる色。温かみのある素材感にケミカルなチュールを差し込んで意外性を楽しむスタイルに」。足もとは抜け感の出るサンダルがイチ押し。ダークでロマンティックなロンドンのテディ・ガールカーディガン¥79,000・レースのシャツ¥79,000・下に着たシャツ¥58,000・スカート¥79,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 帽子¥25,500/カシラ ショールーム(カシラ) ソックス¥1,400・フィッシュネットタイツ¥700/タビオ(靴下屋) ショートブーツ¥86,000/エドストローム オフィス(アデュー)「断トツ今の気分」だという「ダークロマンス」のエッセンスを取り入れて。パンキッシュなモヘアカーディガンと前後の裾の長さが違う英国調ツィードのペンシルスカートに、ロマンティックなレースシャツを合わせた。「レースが際立つよう、下に白シャツを重ねました50年代ロンドンの不良少年たちの傍らにいた、"テディ・ガール"もイメージ。秋冬の注目アイテム、ハットと、コンバットブーツも加えて」。網タイツにソックスを重ね、足もとレイヤードにもひと技あり。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」styling: Fusae Hamada photography: Bungo Tsuchiya〈TRON〉 hair: Moe Mukai make-up: Masayo Tsuda〈mod’s hair〉 model: Lou edit: Itoi Kuriyama
  • いつもの英会話レッスンを終えたら、友人主催のワインの勉強会へ 今夜は、レストランでのワインセミナー! 素敵な予定に、朝からワクワク。セミフォーマルなオールネイビーコーデは、素材の軽やかさを心がけて夏らしく。バッグも透け感のあるものをチョイスして、旬なムードをひとつまみ。華やかさ足しには、レッドのサンダルを。ワインセミナーは、同世代の男女がたくさん来ていて和気あいあいとしたムード。同じテーブルに座ったメンバーと仲良くなっちゃった♪ しかも、明日急遽みんなでワイナリーに出かけることに!! ちょっと驚いたけど、そういうノリ嫌いじゃありません(笑)。 ブラウス¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) スカート¥25000/インターリブ(サクラ) フープピアス¥25000・チャーム¥10000 /アガット サングラス¥32000/アイヴァン PR(アイヴァン)  靴 ¥29000/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥46000/ジネス ペリエ千葉店(アニタ ビラルディ) タンクトップ¥4800/シンゾーンルミネ新宿店(ザシンゾーン) 【今月のPROFILE】広告代理店企画営業・絵美里33歳。広告代理店の企画部所属。営業の後輩と組み、地方企業のリブランディングを進行中。趣味はアート鑑賞。一人の時間も楽しいけれど、夏だもん、恋がしたい!(笑) 明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム 【透け感ブラウス】 ほどよく肌が透けるブラウス。ギャザー袖や裾リボンの甘めディテールも、ネイビーなら大人っぽくまとまる。¥21000/トゥモローランド(TOMORROWLAND collection) 【ドットプリーツスカート】 シフォン素材のソフトなプリーツ。控えめドットは男性の隣にもなじんで埋もれず。¥25000/インターリブ(サクラ) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>撮影/魚地武大〈TENT〉(物)スタイリスト/石田 綾 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • チェジュの特産品を生かしたお土産をお忘れなく! 鉄板からおしゃれなトレンドフードまで要チェック。▶その他のテーマはこちら\気になるスポットをタップしてね/   チェジュらしさにこだわったお土産なら、世界自然遺産の城山日出峰近くにあるこちらのギフトショップへ。チェジュを象徴する花、椿のキャンドル(小4つでW15000)(1)、(大W20000)(2)や、チェジュの離島牛島(ウド)の名産ピーナツと蜂蜜を合わせたジャム(W10000)(3)、ジャムとピーナツとのセット(W7000)(4)、チェジュのシンボル、馬の形などの黒麦の菓子(W4000)(5)など。牛島にも姉妹店がある。 西帰浦市城山邑日出路288番キル8/서귀포시 성산읍 일출로 288번길8☎064-784-8689 10時30分~18時(夏季〜19時) 無休   寒天を作る天草のことを韓国語でウムッカサリといい、店名はそこから。チェジュ産の抹茶を使ったもの、チョコレート、カスタード味の寒天プリンをテイクアウトできる。可愛らしいお店のように、優しい味わい。各W6300。 済州市翰林邑翰林路 542-1/제주시 한림읍 한림로 542-1☎010-6705-0064 10時~19時 不定休   麦畑の中にあるチャーミングな赤い屋根の一軒家が目印。客のお目当ては、1日100個限定の6個入りパウンドケーキ(W10000)。キャロットやみかんなどチェジュらしい6種類の味が楽しめ、キューブ型で食べやすくお土産にぴったり。オリジナルグッズなども充実していて、愛美は店でも使っているブリティッシュデザインのレトロなスピーカーをゲット! 済州市涯月邑高城8キル33/제주시 애월읍 고성 8길 33☎064-743-0012 10時~18時30分 無休   ウォルジョン里ビーチの波打ち際にあるカフェの虹色のマカロンボックス(W15000)(1)。見た目だけでなく、タヒチのバニラ、チョコレートはヴァローナのものなど素材にもこだわり、きな粉餅フレーバーのマカロンまで。ミルクティー(2)とイチゴミルク(3)は各W9000。カフェにはピクニックセットもあり、広い庭で海を眺めながらピクニックもできる。 済州市旧左邑月汀里670/제주시 구좌읍 월정리 670☎064-782-6879 10時~21時 無休 チェジュ島は福岡とほぼ同じ緯度に位置する、雄大で美しい四季折々の景色が魅力の火山島だ。島は、車で1周するのに約4時間かかる大きさ。空港のある済州市、南側の港町西帰浦、リゾートホテルの並ぶ中文エリアなどを起点に、路線バスやタクシー、レンタカーで巡りたい。※W(ウォン)1=約¥0.092(5月30日現在)。国際電話の国番号は82です。▶江野沢愛美のチェジュ島ガイドをもっと見る!モデル/江野沢愛美 撮影/山下みどり ヘア&メイク/白水真佑子 スタイリスト/松尾正美 コーディネーター/キム・アミ 取材・原文/桂まり web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/済州観光公社 韓国観光公社
  • 太陽がまぶしい季節がやってきた。7月だからこそ楽しみたいのが真夏の光にも負けない、フレッシュでドラマティックな花柄。日差しのもとに、笑顔で飛び出そう。スカーフ¥36,000・ドレス¥225,000(ともに予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)夏を象徴する花、大きなヒマワリをいくつも咲かせたドレスと同柄のシルクスカーフをまとって、太陽が輝くこの季節の主役に。ブラックベースのベロア素材のドレスは、パフスリーブと丸襟、ミニ丈がチャーミング。ドレス¥86,000・ピアス¥13,000・パンプス¥71,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)ハンドペイント風のレトロなフラワープリントのドレスは避暑地でのバカンスに似合いそう。胸元からウエストにかけて連なる同色のビーズ刺しゅうがアクセントに。袖口の小さなボウも愛らしい。チュニック¥213,000(参考価格)・パンツ¥102,000/マルニ 表参道(マルニ)ベビーピンクにゴールド&シルバーで小花を描いたジャカード素材のセットアップ。どこかオリエンタルなムードを漂わせて、真夏も涼やかに。バッグ〈H20×W28×D15〉¥94,000・水着¥66,000(ともに予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)ペールブルーのボディにイエローのハンドルを組み合わせたハッピーなカラーリングのバッグは日本限定。心躍るバカンスのお供にぴったり。ショルダーストラップつき。ドレス¥102,000/アオイ(MSGM)裾にフリルをあしらったAラインのミニドレス。フロントからバックにいくにつれ、少し長くなっているシルエットも愛らしい。バックリボンとピンクの花柄で甘やかに。サンダル〈ヒール7 ㎝〉¥103,000/エトロ ジャパン(エトロ)レトロな小花&ボタニカルペイズリー柄に、ヒール部分のレオパードがモードなアクセント。ドレス¥620,000(予定価格)/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン(ドルチェ&ガッバーナ)イタリアのリゾート地、ポルトフィーノをテーマにしたコレクションから。街のあちこちに咲き誇るゼラニウムの花を写しとったドレス。ハリのあるオーガンザの胸元にはさらにビーズやストーンで立体的な花々を描き出して。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「ハイサマー・フラワーズ」photography: Osamu Yokonami styling: Tomoko Kojima hair: Kazuhiro Naka make-up: NOBUKO MAEKAWA〈Perle〉  model: Arisha
関連キーワード

RECOMMEND