「ネイビー」のアウターでつくる、大人女性の好感度高めスタイル4

Web eclat
教えてくれたのは…
スタイリスト 村山佳世子さん

スタイリスト 村山佳世子さん

雑誌やブランドのカタログ等で活躍するエクラ世代の実力派スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が大ヒット!

【suggestion1】ネイビージャケットでフェミニンスタイルを引き締める

「トラッドの印象が強いので、ネイビーのジャケットには女らしさを足したいところです。今年らしいフェミニンなニットのセットアップにネイビーで輪郭をつくると、引き算されて知的な女性像に」。
ジャケット¥80,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) ニット¥26,000・スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥88,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

【suggestion2】旬のこっくりカラーをポイントに効かせて

「ベーシックなネイビーのコートを今年らしく味つけするなら、こっくりとした濃密色をワンポイントに。くすみのあるイエローのストールを首もとにたっぷりとあしらえば、それだけで全身のたたずまいをぐっと華やかに仕上げてくれます」。
ストール¥53,000/ストラスブルゴ(スロー) コート¥83,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル)

【suggestion3】旬のスポーティアウターはネイビーで大人の落ち着き感を

「むずかしいと思われがちなアイテムこそ、ネイビーの力に頼るのが正解。決してラフにはならず、ほどよいカジュアルさでおしゃれの幅を広げてくれるんです」。
コート¥88,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) カーディガン¥42,000/サザビーリーグ(デミリー) シャツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(ロエフ) パンツ¥46,900/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) バッグ¥139,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

【suggestion4】今どきのボリュームコートこそ、ネイビーで落ち着かせて

「体をゆったりと包み込むボリュームコートは、適度に抜け感があって、着るだけで旬へと導いてくれる注目アイテム。そこにネイビーの気品が加われば、ワンランク上のおしゃれが簡単にかなえられます」。
コート¥119,000/アマン(アンスクリア) ニット¥38,000/オーラリー パンツ¥110,000/エストネーション(ケイト) バッグ¥610,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2020年1月号掲載
関連記事
  • イギリス発のラグジュアリーショッピングサイトMATCHESFASHION(マッチズファッション)はウェディングやパーティシーンに向けたモダンドレスやアクセサリーなどをキュレーションする「The Wedding Selection(ウェディング・セレクション)」をローンチした。 Christopher Kane(クリストファー・ケイン)エクスクルーシブコレクションPhotographed by Trisha Ward, Styled by Will Johns ドレスやアクセサリー、小物、シューズやバッグ、ジュエリーなどウェディングやパーティでの装いを華やかに演出するアイテムが250ほど集結。 Philippa Craddock(フィリッパ クラドック)のヘッドドレス、Giles Deacon(ジャイルズ・ディーコン)のドレス Photographed by Eddie Wreyローンチを記念して、クリストファー・ケインやセシリー・バンセン、アーデム、モリー・ゴダール、パコラバンヌ、ロシャス、ジミーチュウなど有名デザイナーたちが特別に制作した、35を超える限定コレクションも登場する。 Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)のジャケット Photographed by Eddie Wrey一度限りではなくタイムレスに愛用できるアイテムが厳選されていて、ロエベやジルサンダー、ミュウミュウ、ザ・ロウに加えバットシェバ、ジャックムス、ケイトなどモードラバー注目ブランドも。シャルロット・シェネ、ロジェ・ヴィヴィエ、ソフィーブハイなどアクセサリーや小物も充実。年間を通じて常にラインナップはアップデートされるので、最新モードが楽しめる。 花嫁もゲストも使えるウェディング・セレクションは、モードラバーの強い見方になりそう! 早速チェックして誰ともかぶらない自分らしいスタイルでパーティシーンを楽しんで。 MATCHESFASHIONhttps://www.matchesfashion.com/jp/0800-919-1268(日本国内フリーダイヤル、日本語対応) 「The Wedding Selection」の詳細はこちらをチェック↓
  • ハイテク再ブームをけん引。ごついのに女子っぽい、まさにスニ女のための3足!目を引くカラーリングのスニーカーは、大人っぽいモノトーンコーデのハズし役にしてこなれる♡ 靴¥17000/NIKE カスタマーサービス ワンピース¥39000・スカート¥37000/ボウルズ(HYKE) ニット¥5900/RANDA ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥48000/アイブイエックスエルシーディーエム 六本木ヒルズ バッグ¥43000/アー・ペー・セー カスタマーサービス レギンス¥2200/Tabio(タビオ)1 「エア マックス 95」の新作。女の子らしいカラーとボリュームフォルムのギャップがカジュアル派にはたまらない♡ ¥12000/NIKE カスタマーサービス 2 足袋のようなルックスが特徴の「アクア リフト」。ポップなカラーリングだけど、横顔のソールがシンプルだから合わせやすい。 ¥12000/NIKE カスタマーサービス 3 「リアクト エレメント 55」は近未来的なデザインで人気のモデル。淡いピンクなら可愛げも。 ¥13000/NIKE カスタマーサービス 定番モデルもデザインや色がアップデート。友達に差をつけちゃおう♡1 ハイカット&直線的なソールが特徴の「SK8-HI PLATFORM 2.0」。スウェード素材で上品見えするのもうれしい。 ¥8500/VANS JAPAN 2 「オールド スクール プラットフォーム」は定番&大人気モデルに厚底のソールを組み合わせたもの。ニュアンスのあるアイボリーが気分。 ¥8000/VANS JAPAN 3 「CLASSIC SLIP-ON STACKED」は定番のチェッカーフラッグ柄にちりばめられたロゴがキュート。部分ガムソールでしゃれ見え。 ¥8000/VANS JAPANモデル/江野沢愛美 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/高野麻子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/YC&AC
  • 1/18(土)〜1/24(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!1月18日(土)週末モーニングは散歩がてらスニーカーで。花柄マキシ丈で女っぷりを ★コーデの詳細はこちら >1月12日(日)久しぶりのカラオケへ。得意のビブラートとベリー色で女っぷりよく ★コーデの詳細はこちら >1月13日(月)年賀状くじ当選で郵便局へ。可愛く揺れるスカートでウキウキ気分を ★コーデの詳細はこちら >1月14日(火)年賀状くじ当選で郵便局へ。可愛く揺れるスカートでウキウキ気分を ★コーデの詳細はこちら >1月15日(水)開運日には銀行口座を開設!ニットワンピにきちんと感のあるコートで ★コーデの詳細はこちら >1月16日(木)華やかなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて ★コーデの詳細はこちら >1月17日(金)早起きをした日は朝外食でパワーチャージ。ロングカーデを着流して ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • 今春一番の流行色の淡いグリーン。程よいリブだから、ナチュラルに女っぽくなれる。インですっきりしたコーデに。 ニット¥1490/GU春っぽ配色もピスタチオグリーン投入で今年顔 タイトスカートにインして、軽いアウターをはおるのがグッドバランス。淡いブルーのGジャンと合わせれば、爽やかな春の配色に。定番のGジャンコーデも、グリーンを投入するだけで大人っぽく今年顔にアプデできちゃうよ♡ ジャケット(一部店舗のみ販売)¥2990・スカート(1月下旬発売)¥1990/GU濃ワンピのインに仕込んでニュアンスを出す ワンピとレイヤードすれば首元にニュアンスを出せるだけじゃなく、あったかさも♡ ネイビー×白の大人っぽい花柄ワンピは1枚でもキマるけど、首元にグリーンを差し込めば明るく印象づく。秋冬トレンドの白のショートブーツを合わせて、寒い日も大活躍。 ワンピース¥2990・靴(参考商品)¥2990/GUやんちゃなパンツと合わせたテイストMIX ニット以外をモノトーンでまとめた、ちょい辛・女っぽコーデも新鮮。リブニットは、インしてすっきりと着れば脚長効果も♡ ウエスト部分の生地が重なった、ベルトつきのアシンメトリーなパンツがワンツーコーデに動きを出してくれる。 パンツ¥1990・イヤリング(参考商品)¥590・靴(参考商品・一部店舗のみで販売)¥2990/GUモデル/鈴木ゆうか 撮影/浜村菜月(LOVABLE・モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/立石和代 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • みんな大好きな白スニーカー、実は重くなりがちな冬の着こなしでこそ効力を発揮するんです。きちんと感のある「ベーシックスニーカー」はきれいめカジュアルスタイルの良きパートナーに。トレンドのニットレギンスにハイカットを合わせるひとテクにも注目。 【パンツ派はこう履く!】 旬度高めのニットレギンスは、白のハイカットでなじませて 着こなし幅を広げてくれるニットレギンス。ハイカットで足首をつないで、きちんと感と抜け感を手に入れて。スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ニット¥46000/セオリー ジレ¥76000/ebure レギンス¥18000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ネックレス¥13000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アントン ヒュニス) バッグ¥117000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) CONVERSE《コンバース》 不動の人気を誇る、白のオールスター。特に足首をカバーしてくれるハイカットは、この季節に欠かせない存在。¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【スカート派はこう履く!】 表情豊かなマキシ丈スカートは、ピンクをきかせた一足で軽やかに コットンのマキシスカートにスニーカーを合わせたきれいめカジュアルの王道スタイルも、スタンスミスのオーセンティックな存在感で大人っぽく着地。今年らしい落ち着いたトーンのボルドースカートからのぞく少量のベビーピンクが、可愛げを上乗せしてくれる。スニーカー¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) コート¥19900/プラステ スカート¥33000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) バッグ¥6000/エスケーパーズ(オープン エディションズ) adidas《アディダス》 スタンスミスの新色はなんともキュートなベビーピンク。重くなりがちな冬の装いに彩りを添える名脇役。¥11000/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森ユキオ〈ROI〉 スタイリスト/徳原文子 モデル/ヨンア 取材・原文/磯部安伽 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • まだまだ厳しい寒さの続く今の時季、おしゃれな人が着ているのは、あえての白! ロンドンやミラノ、パリで開催された2020-21年秋冬メンズ・ファッションウィークやベルリン・ファッションウィーク、2020年春夏パリ・オートクチュール・コレクションのオフランウェイでスナップした、ホワイトを主役にした着こなしをチェックして。ハンサムなオールホワイトのジャケットスタイルPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesワイドなショルダーラインのジャケットにタートルネックニット&パンツを合わせ、オールホワイトルックをつくったスタイリストのペルニーレ。抜群にハンサムなパンツスタイルは、カジュアルなシーンにも、フォーマルな場にもさらりとなじみそう。ホワイトパールのイヤービジューや、サングラスのトップに入ったラインなど、アクセサリーにも白が効いている。洗練されたムードで着るジャンプスーツPhoto by Edward Berthelot/Getty Images インフルエンサーのキャロリンは、ディオールのホワイトジャンプスーツをチョイス。「作業着」風になりがちなジャンプスーツも、濁りのないホワイトカラーを選ぶことで洗練された印象に。同ブランドのミニバッグと合わせてドレッシーに取り入れた。足もとは黒いパンプスでエレガントに。オールホワイトに緑を効かせてPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesカーリーなヘアスタイルがキュートな女性。白いジャケット&パンツのセットアップに、グリーンのブルゾンを羽織った。ジャケットのインやバッグ、スニーカーも白で統一して、クリーンな気分をいっそう盛り上げて。ブルゾンの緑と、スニーカーのトゥに入ったラインの色をリンクさせているところにも注目を!白が基調のグラデーションでパンツスタイルを優しげにPhoto by Christian Vierig/Getty Imagesスタイリストのベアトリスは、アクネ ストゥディオズのコートを主役に、全身をホワイト〜グレージュのグラデーションでまとめて。優しい色使いで、パンツ&レースアップブーツのマニッシュなムードを和らげた。ジャケットのインに着たヘルシーなカットソーに、パールネックレスがエレガントなムードを添えて。切り替えがポップな印象を呼び込むコートPhoto by Christian Vierig/Getty Images白いコートのボタンをすべて留めて、ドレスのように着たインフルエンサーのアレクサンドラ。ブーツも白で揃えて、統一感を演出した。コートは袖と前身頃の一部が鮮やかな柄のテキスタイルに切り替えられており、これ1着で主役級の存在感が。クリーンなオールホワイトルックに、ポップな印象が加わった。白いシャツ&パンツに、赤いコートを羽織ってPhoto by Christian Vierig/Getty Images スタイリストのヴェロニカは、オールホワイトスタイルの上から赤いコートを羽織って。シャツとパンツだけでなく、シャツのインに着たクルーネックトップスも白を選び、クリーンなムードを強調。ベルトとシューズはブラックレザーをチョイスして、マニッシュに引き締めて。サンドベージュのパフィコートでスポーティにPhoto by Jeremy Moeller/Getty Images インフルエンサーのステファニーは白いトップス&パンツにジル サンダーのパフィコートをオン。コートのサンドベージュカラーと、インに着たニットやバッグのイエローが、スタイリングに優しい雰囲気をプラス。コートのふわりと広がるシルエットが、スポーティな着こなしをモードな表情に変えている。ハードなレザーコートをホワイトルックで和らげてPhoto by Edward Berthelot/Getty Imagesモデルでインフルエンサーのカンデラ。白トップス&スカートのスタイリングに、黒いコートと赤ブーツをプラス。ハトメのあしらわれたブーツやブラックレザーコートのハードな雰囲気を、トップスのソフトな素材感が和らげていて、フェミニンなムードも。バッグのサイドのレインボーカラーをアクセントにした。
  • おしゃれだし、顔もキュッと小さく見せてくれる黒タートル。アラフォーが着るとレディさが増す今回は私が好きな黒タートルコーデを集めました。パンツ派なので、よくパンツに合わせて着てます。ワンピースに合わせてもgood!!! ↓↓↓細身のデザインだと重ね着もできますね!スカートstyleも甘くなりすぎず、何でも馴染ませてくれる。 男顔で長身の私には嬉しい。 最近、やっと黒タートルを1枚で堂々と着るようになったんです。最近のものはプチプラでも、デザインが計算されていて、立体感が あって、スタイルよく見せてくれるものがたくさんありますね!定番アイテムだけに、自分に合ったものをこれからも探していこうと思います。 NO.188 kaorita美女組No.188 kaoritaのブログ
  • パンツにもスカートにも合わせやすくて、旅先の箱根でもソウルでも大活躍!息子達が愛用していたこともあって、若い人が履くイメージのあったNIKE AIR MAX。 昨秋のソウルでお洒落マダムが素敵に履いているのを見た直後に、渋谷西武で見かけてホワイトとブラックのコンビカラーなら使いやすいかも⁈と連れて帰ってきたのがこちらのシューズ。 買って大正解で、以前も華組ブログにアップしましたが、手持ちのコーデにも合わせやすくて、歩き易さにヘビロテしています。年始に箱根駅伝の応援で箱根に行った時は、こんなコーデで。 気に入っているZARAのドットチュールスカートをカジュアルダウンするのにぴったりで、スタイルアップが叶っています^ ^ 白ロングTシャツをチラ見せして、少し白の分量も。 knit jcrew skirt zara bag goyard 今年は暖冬だということもあり、箱根も割と暖かくて、駅伝の応援もし易かったんです。 高記録連発だったのも、気温の影響がかなりあった様です。 今年も長男の友人が走ると聞いていたので、開始前からドキドキでしたが沢山の感動を選手達からもらって、感謝の箱根駅伝でした! エクラ1月号でも、箱根駅伝の記事が掲載されていて、私もちょこっと載せていただきましたが、是非、来年こそは沿道での応援、おすすめします^ ^ やっぱりTV観戦と違って、選手達の頑張る姿を生で観ると感動度が違いますから!今頃のアップになってしまいましたが、箱根駅伝熱狂NAVI、解説や他の方々の楽しみ方、とっても興味深く読ませていただきました!今月半ばのソウル旅行でも♪ ソウルではてくてくよく歩いて、最低でも毎日2万歩は歩くのですが、さすがAIR MAX!たくさん歩いても全く疲れませんでしたし、底が厚いので寒いソウルでも冷えなくて、本当に良かったです。 人気があることに納得!横から見ても、私の短い足が少し長く見える\(^^)/ knit galerie vie pants zara bag dries van noten別の日のコーデ。 とにかくこのZARAのドットチュールスカートが気に入っていて、ソウルでも。 ミモレ丈のスカートだと、中に厚手のタイツやスパッツを仕込めるので、パンツよりも暖かいかも、と思いました。 knit drawer 小柄な私にとって一番難しいのは、なんてことのないカジュアルスタイルで、それは年を重ねるほど更に難易度が増して模索は続きますが、発売中のエクラ2月号、パリミラノのマダム達のこなれたスニーカーコーデを参考にしたいと思います。 華組 朝生育代ブログ
関連キーワード

RECOMMEND