ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

カシミアストールでぬくぬく幸せコーデ♪

Web eclat
50歳を過ぎると、お肌がさらに乾燥するからか、肌触りの良さが第一優先でちくちくするようなニットは全く着れなくなって、手に取るのは柔らかくてあったかく肌にも優しい、カシミアニットが多いです。


エクラ1月号にも、ステキなカシミアをまとったコーデが特集されていましたね^ ^


同じ理由でストールも、ジョンストンズの無地の大判ストールを何色か揃えていて、寒くなるとその日のコーデに合わせて、首にぐるぐる巻いたり、はおったり、冷え防止でひざ掛けにしたりと、とにかく活用範囲が広いのが、カシミヤストール。




以前の華組ブログにもアップしていますが、少しずつ色違いで揃えていて、グレー、ネイビー、マスタード、ブラックとこの時期はほぼ毎日のように大活躍させています。

今回はグレーのワントーンコーデで出掛けた時のコーデをアップさせていただきますね。

⬆︎の写メは、こちらも定番、UNIQLOのカシミアタートルのニットに、スリードッツのカシミアフードパーカーを羽織って、コートがわりにジョンストンズのストールを巻き巻きしています。
カシミアを重ねているので、それはそれはあったかいです。
カシミアストールの下はこんなコーデでした。

ブーツはこの形が好きで、チョコブラウンのスウェード素材も持っている、ロートレチョーズのグレーのニーハイ。スカートは随分前のイタリアブランド、ペセリコのもの。

小柄な私がロングブーツを履く場合のスカート丈は、長すぎないこれぐらいが一番バランスが良いかも^ ^


ロングブーツは、着脱に時間がかかるので靴を脱がなくても大丈夫なシチュエーションの時に履くようにしています。
この日はデパートに贈答品を買いにちょっときれい目コーデで出掛けました。

tops UNIQLO
parker Threedots
boots L'autre chose
skirt Peserico
bag Hermes
この日は、家族とのお出かけでカジュアルに。
カールドノフィーのムートンジレに、同化していて分かりづらいですが、首にカシミアストールを巻いています。


スニーカーは、先月嶋田ちあきさんとエクラプレミアムのイベントで行った渋谷西武で見かけて一目惚れした、ナイキエアマックス。
ちょっと厚底になっているので、ちびには嬉しく歩きやすくてお気に入り♡

シルバーの柄入りクラッチで少し華やかに。


tops UNIQLO
gillet KARL DONOGHUE
pants theory
shoes NIKE
bag DRIES VAN NOTEN
エクラ1月号の特集ページになっていますが、さりげないのに素敵におしゃれが出来たら最強!
そんな人になりたいです♡


エクラ1月号にはヒントがいっぱい!


是非、ご覧くださいね。
関連記事
  • スタイリスト 伊藤美佐季さんPresents。40代で買った時計をこれからの「自分の美しさの軸」に40歳前後を境に、若いころに買った時計がもの足りなくなってくる。肌や髪、体形が変わり始めると同時に、若いころには想像しなかった「20年後の自分」を意識し始めるのが40代。次に買う時計はいったい何がいい? レディスウォッチのスペシャリストでもあるスタイリストの伊藤美佐季さんの提案を参考に、そろそろ40代で買いたい「本気時計」を探そう。 ※YG=イエローゴールド、RG=ローズ(レッド)ゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールドを表します ▼前半はこちら■JAEGER-LECOULTRE "黄金バランス"と言われる長方形のケースに、スライドして裏返すともうひとつのフェイスが顔を出す、ブランドを象徴する名品「レベルソ」。「40代以降で買うならゴールドを。柔らかさを増した肌には、時計自体の知的さに加え、地金の光で女としての艶っぽさが表現されるとすごくいいバランスになると思います。"本気時計"を2本買うのはむずかしいけれど、これなら1本で2本分の違う表情を楽しめます」反転させて倍楽しめる「2つの貌(かお)」 1本に2つのダイヤルを備え、裏面はダイヤモンドがあしらわれたブラックフェイス。「ラフなセーターにこの時計をさりげなくしている女性がいたら、"なんて素敵!"と一目置いてしまいます」。「レベルソ・クラシック・スモール・デュエット」(PG、34.2×21㎜、手巻き)¥1,880,000/ジャガー・ルクルト(ジャガー・ルクルト)■FRANCK MULLER 「天才時計師」と称えられたフランク ミュラー氏が生み出した最高傑作のひとつが、この「トノウ カーベックス」。トノウ(樽型)の三次元曲線を用い、どの角度から見てもラインが湾曲するデザインで、なだらかに腕にフィット。「フェイスから続く地金のブレスが流れるように腕に寄り添うと、まるで"第2の肌"のようなつけ心地。時計自体に主張があるので、地金の艶だけで十分華やかです」素肌を美しく照らし出す、華やかな地金 個性的なビザン数字と、放射状に輝くギヨシエ彫りにメゾンの精神と、高い技術力が宿る。「同じピンクゴールドでも、この時計の地金の色はとても華やか。成熟世代の肌をいきいきと見せる力があります」。「インターミディエ」(PG、30×22㎝、クオーツ)¥2,550,000/フランク ミュラー ウォッチランド東京(フランク ミュラー)■A . L ANGE & SÖHNEARPELS 伊藤美佐季さんが、「次に自分で買いたい時計」と言うほど惚れ込んでいるのがこちら。ドイツのグラスヒュッテにアトリエを構え、表からは見えない小さなパーツも、ひとつひとつ職人が手作業で仕上げる、世界最高峰の時計メゾンのひとつだ。「"究極のシンプル"と言うべき、パーフェクトな美をたたえた時計。お父さんがしていたような、メンズライクでタイムレスな美しさのあるデザインに惹かれます。この時計が放つ"静謐な強さ"が、私の憧れる女性像にぴったりくるんです。声高に女を主張するわけではなく、でも、どこまでもエレガント。この時計が似合う女性になりたいと、強く思わせてくれる時計です」ピュアさが引き立つオールホワイト ホワイトゴールドのケースに、ニュアンスのある白のマザーオブパールの文字盤、同じホワイトのアリゲーターストラップがノーブルの極み。「メンズの時計愛好家には、絶大な人気を誇るブランドですが、レディスでは"知る人ぞ知る"ブランドなのもいい」。「サクソニア」(WG×ホワイトマザーオブパール、径35㎜、手巻き)¥1,920,000/A.ランゲ&ゾーネ■BREGUET 「一見シンプルに見えるけれど、手にすると、とても華があり"ただ者ではない"感が漂います。さすが、マリー・アントワネットが愛した世界最古の時計メゾンの名品。貫禄が違います」と伊藤さんが感嘆するのがブレゲの「クラシック 9067」。 文字盤に施された、精緻なクル・ド・パリのギヨシエ彫り、ブルー・スティールのブレゲ針、ケース側面に施された縦溝模様のフルート装飾、フェイスに刻まれた個別番号など、ブレゲの伝統を随所に受け継いでいる。「ブレゲの時計って、どこか貴族的な華やかさが香り立つ。装飾のひとつひとつにも存在感があって、"人に見せて、自分が何者かを語るもの"という、時計の社会的側面が貫かれているような気がします。でも、"知らない"人にはわからないところも貴族的(笑)。オフィシャルなスタイルにビシッとつけるのに合う時計だと思います」技術の粋を詰め込んだ華やかなディテール 女性にも男性にも合う33.5㎜という絶妙なケースサイズだから、パートナーとシェアしても。「女性がしても男性がしても華やかでエレガント。タイムレスな美を誇るブレゲだからこそできるデザインですね」。「クラシック 9067」(WG、径33.5㎜、自動巻き)¥2,060,000/ブレゲブティック 銀座(ブレゲ)■PATEK PHILIPPE ベーシック・ウォッチの最高峰として君臨する「カラトラバ」。シンプルを極めたデザインに、時を超えて輝き続ける「本物のもつ強さ」が宿る。「メンズライクなように見えますが、腕につけるととてもフェミニンで、一気に女の格が上がります。 深みのあるローズゴールドで彩られた、まろやかなラウンドケースに、ベージュのアリゲーターストラップが上品で、"本当に趣味がいい人がつける時計"だと思います。超薄型のケースで、つけ心地がいいのもパテック フィリップならではの高い技術がなせる業。スーツからカシミアのセーターにデニム、お着物まで、合わせる服も選ばずオールマイティ。やはり"王者"の名にふさわしい、名品中の名品だと思います」不朽のエレガンスを体現する、完璧な造形美 「本気時計」の大本命にふさわしい、凜としたたたずまい。「正直、若い子では、到底太刀打ちできない"本物"のオーラがあります。この時計は、人生の何たるかがわかってきた40代以降だからこそ似合う時計。この先、"この時計の美しさにはまだまだかなわないわ"と思いながら、自分を磨き続けるかいのある時計だと思います」。「カラトラバ 7200」(RG、径34.6㎜、自動巻き)¥3,130,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/伊藤美佐季 構成・文/湯澤実和子
  • 一目惚れバッグと、やっと見つけたブラウンシューズにユニクロニットがお気に入りです。ユニクロニット、ニコ&のロングテール白T、 レッドカードデニムが制服(笑)この秋冬は、デニムに茶色がお気に入りです♡ そこへ仲間入りした一目惚れバッグ、 数年かけて探し当てたブラウンレースアップシューズ!! しかしこんなご時世で、不必要に家族以外と会ったり 出かけることも控えている為、お出かけの機会を待っていても出番がこない! ちょっと張り込んだ“旬も交えたニューアイテム” せっかく手に入れたのだから、今使わないともったいない(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ というわけで、着回しの効くアイテムでもあるデニム、白、茶色の日常着に ちょっとテンション上げてくれる小物を合わせて スーパーでも家電量販店でも…どこへでも行きますよ(笑)特にお気に入りは レザーがボアとファーの可愛さを中和させてくれるリサコンテのバッグ♡ 一度見送り、でもラスイチを忘れられなくて。 ネットでも見つからずに勢い余って電話、 ちょっと遠方だったので「すぐに!」と、通販してもらいました(笑) ディエゴベリーニのレースアップシューズもお気に入り! 去年までオジ靴は何故か黒ばっかりで… やっと好みで私でも^^;手の届く範囲が見つかったので、仲間入り。 コスパが良すぎてびっくりな“ユニクロプレミアムラムウール”は ブラウンがとっても好みで購入したのですが グレーと2色買いして制服のように着ています(o^^o)上手く集まってきた茶色のアイテム達! 今、デニムに茶色が私の中で最強(笑) だんだん冬らしくなってきて、最近はベージュ系やブラウン系アウター、 チェックのカシミアストールなどのをプラスし始めてます♡美女組No.142 yoccoのブログ
  • ライフスタイルが変わりつつある今、アラフォーが「グッとくる」10大ステディブランド、7大ECブランドを一挙ご紹介! ただ素敵なだけではもの足りない。ブランドのフィロソフィーや女性像に心動かされるから、その服が好きになる、欲しくなる・・・。服選びにも少しずつ変化が出始めている今、40代の2020秋冬トレンドをナビゲート。語ってくれたのはこの2人!松村純子松村純子さりげなく女っぷりがきわだつコーデが大人気のスタイリスト。買い物は自称慎重派だが、気に入ったアイテムへの熱量は相当高め発田美穂発田美穂服への愛が過剰な、自他ともに認めるお買い物大好きエディター。好きなアイテムへの偏愛も見せつつ、新しいおしゃれにも果敢に挑戦【目次】 ①おしゃれプロが心惹かれるブランドについて対談! ②大人に売れてる10大ステディブランド ③「グッ」ときてコスパ抜群の7大ECブランド①おしゃれプロが心惹かれるブランドについて対談!おしゃれプロが今、「グッ」とくるのはすべて日本発ブランドだった! 対談でわかったその“情熱”の正体とは?心惹かれるのは女性像が明確なブランド発田(以下H)ベーシックだともの 足りない、かといってトレンドのような一過性のアイテムには飛びつきたくない。どこで服を買えばいいかわからない、“おしゃれ迷子”に陥っているアラフォーって多いと思う。松村(以下M)大人ってついつい頭で考えて服を選びがちですよね。H 思うんだけど、マリソル世代はとてもまじめだから、“似合う似合わない”とか“長く着られる”を第一に考えて買い物をしているんじゃないかな。M 一方で服が好きな人は、ときめき優先でお買い物していますよね。発田さんなんて特に。H ええ、いつだってときめきファースト主義です(笑)。M 私は常々、スタイルやその人らしさって、実はそういう“情熱”で磨かれていく部分が大きいような気がしていて。勢いのあるブランドって、必ず提案したい女性像や物作りへのブレない思いがある。ブランド側の熱量も大きいんですよね。H なるほど! だからこそ私たちも、そのブランドに情熱を抱くわけね。なんだか熱い話になってきた(笑)。M はい!(笑) 今回ピックアップされているブランドは、いずれも女性像や服の背景が明確。H 服そのものはもちろん、ブランドのフィロソフィーに惚れることって確かにある! コンセプトがはっきりしているブランドは、例外なくショップのインテリアも素敵。空間も含めて、さらにその服が好きになっちゃう。M すべて日本ブランドなのもおもしろいし、すごくリアルですよね。作り手の思いがダイレクトに伝わってくることが大きいのかも。H なにしろ、服にパワーがあるから、自分が着るだけでなく、モデルが着ているのを見ているだけでもワクワクする!深く共感して買った服は長く愛用できるM 今の自分にぴったりくる女性像はもちろんですが、今後、年齢を重ねた時にこういう女性でありたいなという、将来のビジョンみたいなものを見せてくれているブランドにも惹かれます。H そういうブランドの服って、トレンドが移り変わっても絶対に古くならないんだよね。M 深く共感して買っているからずっと好きだと思えるし、年齢ごとに着こなしの楽しみが変わるから、結果長く愛用できます。H 私、おしゃれの冒険には積極的なタイプなんですけど……。M はい、知ってます(笑)。H 新しい服に挑戦することでおしゃれの軸が見えてきたり、本当に好きなものがクリアになったりするよね。そうなると服選びがどんどん楽しく、しかもラクになってくる。M そうなんですよね。“グッとくる気持ち”に素直に従うことで、大人のおしゃれの幅が広がるような気がしています!②大人に売れてる10大ステディブランドBRAND: 01 モダンな女らしさはエブールで手に入れる「人生で多くの経験をし、 多くの精神的進化を遂げて得た、しなやかな自分らしさと芯のある女性がイメージ」(エブールPR・中田諭希子さん)コートからスタートしたブランドだけあり、メインアイテムのアウターやジャケットなど体のラインが美しく見える服に定評が。ワンピースも毎シーズン人気。<大人が着映えする上質なレースといえばここ。いいものはいい、と見るたびに心から思います。 From Junko.M><ジャケットの素材感と端正なつくりに惚れ惚れ。〝上等な女らしさ〞のさじかげんも絶妙 From Miho.H>毎シーズン新作を発表するラグジュアリーなレースアイテムは、エブールの魅力を語るうえではずせないもの。ディテールまで凝ったつくりの艶めくレースワンピースに、マニッシュなダブルジャケットをさらりとはおる。素材とテイストのコントラストを楽しみながら着こなせるのは、年齢を重ねて成熟した大人だからこそ。 ワンピース¥150,000・ジャケット(共布ベルトつき)¥66,000/ebure ショルダーバッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)BRAND: 02 大人が似合うキレのいいトレンドはカオスで見つかる 「日本の女性は年齢を重ねるごとに、ファッションがコンパクトにまとまりがち。トライすることを忘れず、解放的な気持ちでおしゃれを楽しんでほしいと思います」(ディレクター・櫛部美佐子さん)女性像はあえて設けず、自身もマリソル世代であるディレクターの肌感覚を生かしたリアルで洗練された大人のための服がそろう。<着るだけで〝確実にこなれて見えるようにできている〞服。ゆるさも素材感も本当にうまく、旬スタイルに欠かせないブランド From Junko.M><カジュアルに着るジャケットの魅力を知ったのはこのブランド。必ず似合うものに出会えると、絶大な信頼を寄せています From Miho.H>ジャケットとパンツのセットアップといえばやはりここ。大人になり丸みが出てくる肩から背 中にかけて、すっときれいに見えるラインにこだわっている。さまざまな体型の人にフィット しつつ、トレンド感もあるパンツも人気。 ジャケット¥52,000・パンツ¥32,000・Tシャツ¥8,500(以上カオス)・バッグ¥54,000(ア ヴァケーション)・ブーティ¥110,000(プロエンザ スクーラー)・ネックレス¥15,000(キャッツ)/カオス表参道BRAND: 03 シンプルで上質、クリーンなカジュアルがかなうイレーヴ 「服が主張しすぎず、着る人の個性を奪うことのない余白のある服を目ざしています」(デザイナー・田口令子さん)表面的なデザインよりも、シンプルさとクオリティに共感できる服がそろう。信頼できる基本のワードローブならここ。<決してほっこりしない、 “今のナチュラル感”が魅力。基本的にトラッド好きなので、このベーシックさに惹かれます From Junko.M>きちんとしているのに堅苦しくなく、着心地がいいから大人のデイリーウエアにぴったり。特 にシャツは人気で、バリエーション豊富にラインナップ。 ロングシャツ¥42,000・ニット¥29,000・デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥37,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) パンプス¥25,000/ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥42,000・楕円イヤカフ¥18,000・三連イヤカフ¥19,000/マリハ(マリハ)BRAND: 04 女らしくて地味にならないベージュならウィム ガゼット「トレンドに流されず、心地よいと思えるものを大切にする女性に。自分のスタイルに合わせて自然体で着られる、ニュアンスカラーにこだわっています」(ディレクター・若林美緒さん)コットン、麻、カシミアなど風合いのよい天然素材を使ったニットも人気。<いつショップに行っても“おしゃれなベージュ”に出会える!むずかしいと思っていたこの色にトライするきっかけをくれました From Miho.H>カジュアルでありながら、体がきれいに見えるシルエットを吟味しているため、どこか女らし さが薫る。リモートワークに便利な、イージー仕様でラインがきれいなパンツも多く展開。 ニット¥19,000・キャミソール¥9,500・イージーパンツ¥18,000・サンダル¥38,000(以上ウィムガゼット)・巾着バッグ¥32,000(ミカ デラ ヴァッレ)・ハット¥32,000(ジャネッサ レオネ)・チェーンチョーカー¥67,000(ガブリエラ アルティガス)/ウィム ガゼット青山店BRAND: 05 媚びない女っぽさがかなうエイトンのスタンダード 「ここにしかない、リアル・スタンダードを提案。男女問わず、それぞれのスタイルで着こなしが楽しめるクロスカテゴリーなラインナップです」(エイトンPRチーム) "エイトンカラー"と呼ばれる、こっくりとした発色が絶妙なニュアンスカラーの美しさも毎シーズン見逃せない。<マニッシュなアイテムを女性が着た時の特別感。かっちりしているのに快適な、独特の着心地も魅力です From Junko.M>チャコールグレー×バーガンディブラウンというシックな配色も、素材感と発色の妙で地味に ならない。 シャツ¥39,000・タートルカットソー¥17,000・スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥58,000/ショールーム セッション(カール ドノヒュー) ブーツ¥37,000/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ福岡店(ファビオ ルスコーニ) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥92,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)BRAND: 06 柔らかで美しいニュアンスカラーならオーラリーにおまかせ 「最高品質の素材を使って、"生地のキャラクター"を生かした服作りを意識。エレガントでありながら気負いのない、着る人に寄り添った服を目ざしています」(オーラリープレス・原紘樹さん)今シーズンのおすすめは、コーディネートが重くなりがちな秋冬にきく軽やかな白系や淡いカラー。まろやかで品のあるトーンが特徴。<甘くなりすぎないパステルなど、淡い色同士の組み合わせが抜群!このブランドから配色のヒントをもらうこともしばしば From Miho.H> ジャケットやシャツなど"形がしっかりある"アイテムで優しい色を取り入れる、そのバランスが大人に似合う理由。 ジャケット¥59,000・シャツ¥25,000・ニットスカート¥38,000/オーラリー バッグ¥44,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) パンプス¥22,000/ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ & ウォッシュ) メガネ¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥7,800/ジューシーロック(ジューシーロック)BRAND: 07 着る人によって魅力が変わるマディソンブルーの包容力 「"HIGH CASUAL=質のよいものをカジュアルに"をコンセプトに、モードにもフィットするアイテムとバランスを厳選。愛着をもって着続けることで、その人らしさが刻まれていくようなスタイルを、洋服を通じて提案しています」(PR・高橋薫さん)シャツからスタートしており、エッセンシャルな型は毎シーズン素材を変えて登場。<ファッションを知っている女性が、さりげなく着こなしているイメージ。こういう大人になりたいな、という確かな女性像を感じます From Junko.M><オーセンティックな服を成熟した女性が着るという〝王道の素敵さ〞! 20年後もこの服を着こなしていたい From Miho.H>シャツなどの普遍的なアイテムこそ、着る人によってそれぞれのよさが引き立ち、個性ある着こなしになるのが楽しい。つくりも素材もあくまでも上質だから、ずっと長く愛用できるのも心強い。 シルクシャツ¥54,000・スカート¥45,000/マディソンブルー ボストンバッグ¥190,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ショートブーツ¥111,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 細リング(中指)¥20,000・太リング(小指)¥26,000/イセタンサローネ 東京ミッドタウン店(ヴァガス)BRAND: 08 ひとくせあるデザインがおしゃれ心をくすぐるロエフ 「きちんと見えるシルエットでありながら、ワークウエアのように動きやすく着心地がいいかを吟味。その日を気持ちよく過ごせるような服作りを目ざしています」(ディレクター兼デザイナー・鈴木里香さん)スカートを作らず、パンツスタイルを提案。そのためパンツのシルエットと動きやすさ、色と素材には並々ならぬこだわりが。<スタイリングのリズムがいい意味でくずれる、少しだけ攻めたデザインが魅力。一見むずかしそうでも、実は着心地抜群。 From Junko.M>ベストとパンツが新鮮な、洗練セットアップ。ベストのひとさじのモード感に対して、パンツのシルエットはあくまでも正統派。素材も上質で、色も上品なベージュ。そんな攻めとベーシックのバランスがちょうどよく、おしゃれのレベルを確実にアップしてくれる。 ベスト¥39,000・パンツ¥27,000・タートルネックニット¥25,000(以上ロエフ)・ピアス¥28,000・ネックレス¥30,000(ともにオート ジュエラー・アキオ モリ フォー ロエフ)/ロエフ 六本木店 ショルダーバッグ¥28,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)BRAND: 09 ワードローブの要となる直球ニットはスローンにある 「"最高の脇役"としてのニットを目ざすためには、ディテールや微妙なサイズ感の調整がマスト。作り手と距離の近い日本のメーカーですべて生産することにこだわっています」(スローンプレス・森内敏子さん)メンズ・レディスで展開を分けず、着こなしに合わせサイズを自由に選ぶ楽しさも、このブランドならでは。<例えばトレンドボトムにトライする時。自分らしい着こなしに引き寄せるために、スローンのニットが欠かせません From Miho.H>上質なニットを、あえてほんのりスポーティなムードで編み上げたニットセットアップ。アップデートされたシンプルだから、どんな着こなしにもアレンジできるのが魅力。結局、毎日のおしゃれで頼りになるのはこんなさりげない服。 タートルネックニット¥30,000・ニットスカート¥27,000/スローン ファー巾着バッグ¥18,000/デミルクス ビームス 新宿(マルコ マージ) ショートブーツ¥37,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥3,800・バングル¥9,200/ジューシーロック(ジューシーロックBRAND: 10 とにかく華やか! 大人仕様の甘さはドゥロワーで 「独創性と高い技術をもって表現するトラディショナルが基本。贅沢な素材や生地を使った構築的かつ立体的なシルエットのアイテムで、大人のかたが楽しめるファッションを提案しています」(ドゥロワーPR・藤田幸さん)素材の光沢感、風合い、発色など、一目瞭然の上質さが大人のおしゃれを格上げ。<着ても、見ても、とにかく気分が上がる服。可愛いけれど、決して〝ラブリー〞にはならないさじかげんはさすが From Junko.M><着ているとほめられることが多い!少しだけクセのある甘さが実はタイムレスで、結果、長く愛用している服ばかり From Miho.H>生地をたっぷりと贅沢に使った、ドレープが美しく流れるスカート。プリントもすべてオリジナルで、独特のカラーリングやパターンが光る。フューシャピンクのスカートにケリーグリーンのパンプスを合わせる配色も、このブランドらしさ。大人がきれいな色を大胆に着こなす魅力を再認識させてくれる。 ニット¥64,000・スカート¥110,000(ともにドゥロワー)・ショルダーバッグ¥72,000(ワンドラー)・イヤリング¥32,000・リング¥28,000(ともにグーセンス パリ)/ドゥロワー 六本木店 パンプス¥79,000/ドゥロワー 梅田店(ジャンヴィト ロッシ)③「グッ」ときてコスパ抜群の7大ECブランド手ごろな価格で、確かな品質や遊び心を追求しているオンラインブランドが急増中! コスパだけじゃない、大人が本気で欲しいと思える実力はアイテムばかり。■おしゃれのプロからも人気!  大人のデイリー服ならノーク  デイリーに着回しやすいネオ・ベーシック服がそろう。2ラインに分かれているのも買いやすさの理由。https://www.crossplus.jp/shop/norc/ノーク フェミニンで女らしい、トレンドアイテムをラインナップ。ディレクターを務めるスタイリスト福田亜矢子さんが、トレンドを大人向けにアレンジ。細かいプリーツが動くたびに揺れて、女性らしいムードを演出。ウエストゴムではき心地快適。スカート¥9,900・ミドルゲージのミディ丈カーディガンは、アウター代わりにもなるので重宝。カーディガン¥18,000・しっとりとした生地感と、たっぷりと流れる美しいシルエット。シャツワンピース¥18,000/ノーク(ノーク) ノーク バイ ザ ライン 永遠のベーシックを、大人が着やすいデザインにアレンジ。スタイリスト斉藤くみさんがディレクターを務める。身幅やサイズ感などにこだわった"大人のためのボーダー"。カットソー¥8,900・さまざまなシーンで活躍するベーシックなとろみパンツ。シルエットが美しく、すっきり見え。パンツ¥9,900・デビューコレクションから話題沸騰の正統派トレンチコート。今年はオリーブがお目見え。しっかりした仕立てなのに驚きのプライス! ロングトレンチコート¥18,500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)■おしゃれ上級者も納得の品ぞろえサードマガジン  代官山にショールームがありつつ、決済はすべてオンライン上という新しい買い物スタイルが話題に。https://www.thirdmagazine.jp/人気のオリジナルロゴ入りアイテム。襟ぐりが少しボートネックのようなデザインで女っぽい。スウェット¥21,000/サード マガジン(サード マガジン)上質なインポートレースを使ったスカートは、カジュアルスタイルのアップデートに頼りになる。すそレーススカート¥53,000・定番人気の"コンサバにならない"ボウタイ。デニムともベストマッチ。ブラウス¥29,000/サード マガジン(サード マガジン)■自由に組み合わせられるアンクレイヴのセットアップ  同素材でジャケット、ボトム、ワンピースなどがそろうシリーズが大人気。先シーズンは即完売だったから要チェック!uncrave.jpコーディネートに悩まないセットアップを主軸に、ディレクターであるエディター東原妙子さんのセンスとこだわりが随所にこめられた「最強のコスパ」ブランド。春夏にも大人気だった同素材コレクションの秋冬バージョンがウール素材で登場。(上から時計回りに)カーディガン感覚ではおりたい軽やかさ。ジャケット¥24,000・足がすっきり細く見えるシルエット。サスペンダーを取りはずせば、シンプルなきれいめパンツに。サスペンダーつきテーパードパンツ¥16,000・ハイウエストのワイドシルエットは今季の新作。サスペンダーつきワイドパンツ¥16,000/アンクレイヴ■お仕事にも使えるきれいめ服ならステートオブマインド  通勤服も、カジュアルも、どこかにシャープでキレのいい女性らしさが感じられる。シーンを問わず使えるとろみ素材は定番人気。https://shop.haunt-tokyo.com/brand/900広がりすぎないフレアスカートで、子供っぽく見えない。ドットスカート¥12,000・ゴールドのメタルボタンがアクセント。ニットとボトムのワンツーコーデも、これなら一気に華やか見え。ニットプルオーバー¥9,500/ゲストリスト(ステートオブマインド)袖の内側から腕が出るようになっており、ケープとしても着られるユニークなデザイン。冬にはニットをインしたレイヤードを楽しみたい。シャツワンピース¥16,000/ゲストリスト(ステートオブマインド)■可愛いリラックスウエアならラヴィッシュ ゲートをチェック! 少しゆるっとした、今どきのトレンドにトライするならここ。ニュアンスカラーが多く、旬のムードたっぷり。https://lavishgate.net/こういうすき間アイテムこそ、大人はプチプラが正解。ヘアターバン¥2,700・見せインナーとして、レイヤードが楽しめる絶妙カラー。リブパッドつきキャミソール¥5,400・通販でも買いやすいドローストリング仕様が魅力。イージーパンツ¥7,200/ラヴィッシュゲート トウキョウ(ラヴィッシュ ゲート) ■さまざまな色とデザインがそろうアルティーダ ウードの色石ジュエリー トレンド感のある繊細なデザインのジュエリーを、中間コストをカットすることで"適正価格"で販売。特にカラーストーンが可愛いと評判!https://www.artidaoud.com/ボリューム感のあるリングも大きめのストーン使いも、見た目に反して控えめなプライス!(右から)リング(ルビー)¥29,000・リング(タンザナイト)¥18,000・リング(シトリン×ダイヤモンド)¥26,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード)ネックレス(エメラルド×ダイヤモンド)¥40,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード)■イヤリング派の救世主! ノウハウのモダンなイヤカフ ピアスホールの有無を問わず、耳もとのおしゃれが楽しめるアイテムを多くラインナップ。シャープなデザインが得意で、イヤカフのバリエに定評あり。https://knowhowjewelry.com/片耳売りと両耳セットがあり、組み合わせは自由自在。左右でアンバランスなスタイリングにするのも可愛い。ストレスフリーなつけ心地も魅力。(右から)イヤカフ(片耳)¥16,800・ダブルフープイヤカフ(両耳)¥25,000・シルバーイヤカフ(片耳)¥14,800/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 撮影協力/スタジオ バスティーユ ▼あわせて読みたい
  • 定番アイテムだけど、実は地味にむずかしい?40代の「カーディガン」の着こなしを検証。今っぽいカーディガンのデザインから、リアルなアラフォーの着こなしまで、カーディガンのスタイリングを更新するアイディアをまとめてご紹介します。【目次】 ① アラフォーの「カーディガン」アリですか?|Marisolおせっかいサロン ②タイプのカーディガンのスタイリングのコツ|Marisolおせっかいサロン ③辛口派・甘口派 タイプ別のおすすめカーディガン|40代ファッション ④カーデガンの2020秋冬最旬コーディネート|40代ファッション ⑤お仕事シーンにも使える「きれい見えカーデ」|40代ファッション ⑥アラフォーが実践している秋冬のカーディガンスタイル|美女組まとめ  ①アラフォーの「カーディガン」アリですか?|Marisolおせっかいサロン“似合わせ”スタイリスト松村純子&全力エディター発田美穂が緊急タッグで、実は地味にむずかしい?「カーディガン」を徹底検証!【Marisolおせっかいサロン開設!】 みんながうっすらと心に抱えているお悩み、大声で質問するほどではないけれど正解がわからないあれこれ……そんな " スキマの疑問"に熱く答える新コンビが登場! 松村純子松村純子キレのいい女っぷりスタイリングが毎号人気。着る人の個性に応じた"似合わせ"の腕に定評あり発田美穂発田美穂買い物もトークも、全方位全力エディター。気になるアイテムはとりあえず買って、着てみるタイプまずは旬のデザインにアップデートすることが大切 発田(以下H) いよいよ始まりましたよ「おせっかいサロン」。お題はカーディガン! 松村(以下M) カーディガン、いいお題ですねえ(笑)。確かにすごく便利なアイテムですけど、いざおしゃれに可愛く着ようとすると、少しコツがいるかもしれません。H うん、わかる。何にでも合わせやすいんだけど、“おしゃれアイテム”として取り入れようとすると、なんならいつもより気合いが必要かも。 M まず、声を大にして言いたいのは!(笑) カーディガンこそ更新がマスト、ということです。間に合わせ的に、何年も前のものを着続けている人も多いと思うんですが。H ほんとに、声張ったね!(笑) M はい! カーディガンって“脱ぎ着ができる”アイテムだからこそ、そのことを前提にして、適当な気持ちではおってしまうことが多いと思うんです。 H 温度調節アイテムとして、実際に便利だしね。 M でも本来は、“カーディガンがあるからこそ”スタイリングが完成する着こなしを目ざしてもらいたいんです。なんとなく着るのではなく、“着たほうが可愛い”スタイリングで。 H 春夏には、“カーディガンは着るものではなく、巻くものだ”って いう提案をマリソルでしたこともあったけど……。 M 春夏の薄手のものは、きれい色をトッピングするための道具としても実際に便利。巻き方しだいで、色の分量の調節もできますし。黒やネイビーなど濃い色のカーディガンを肩に巻けば、顔まわりをぐっと引き締めてくれる効果もあります。 H 確かに顔まわりが物足りないな、って時にカーディガンを巻くとなんとなくパッとするよねカーディガン=万能アイテム、という考えを捨てるべし! M でも秋冬の場合、カーディガンは脇役ではなく主役! そのためにはまず、「何にでも合いそう」「万能そう」という考え方で選ぶのをやめてください! H お、語気強め!(笑) それって具体的にはどういうこと? M 秋冬のカーディガンはハイゲージで編地がフラットなタイプよりも、カジュアルなミドルゲージやモヘア素材、リブ編みなど、表情のある素材を選ぶのが大前提です。 H 確かに今回ピックアップした5タイプも、いわゆる定番ではなく、個性派ぞろいかも。 M そうなんです。スタイリングにおいて“積極的な役割”を果たしてもらいたいので、控えめな存在感である必要はなし! むしろ、個性があったり華やかだったりするほうが、結果、使いやすいことを実感できるはずです。■アラフォーの「カーディガン」は吟味が必要。どんな素材やシルエットがいい? ピックアップした5タイプはこちら!A.「ショート丈」なら身幅にゆとりのあるボックスシルエットが旬 丈はコンパクトで身幅があり、置くと正方形になるようなボックス型がおすすめ。ボリューム感のあるトレンドボトムスとも好相性。ショート丈カーディガン¥39,000/エストネーション(ルールースタジオ)  B.「ミドル丈」なら毛足が長めなど、素材感が可愛げムードのものをヒップが隠れるくらいのミドル丈は、季節の狭間の軽いはおりとしても活躍。暖かい素材感なら真冬まで使える。ミドル丈カーディガン¥30,000/プラージュ 代官山店(プラージュ)C.「アンサンブル」ならシャープなリブ編みを。なかでも太リブがおすすめ お仕事スタイルや温度調節が必要な時に、やはりあると便利なアンサンブル。リブの太さと光沢感のある素材が今っぽさの理由。カーディガン¥32,000・クルーネックニット¥30,000/スローンD.「ロングカーデ」ならゆるく着られるドロップショルダーを丈がしっかりと長く、はおるだけで旬のバランスに。ドロップショルダーで身頃や袖幅がゆったりしていて、合わせるインナーを選ばない。ロングカーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)E.「ニットガウン」ならたっぷりとしたボリュームとリッチな素材感がマスト E素材を贅沢に使った主役級の存在感が光る。初冬までコート代わりに重宝確実。ニットガウン¥42,000/インターリブ(サクラ)  ②5タイプのカーディガンのスタイリングのコツ|Marisolおせっかいサロン“なんとなく”はおるのではなく、スタイリングの主役にすることでいっそうきわだつカーディガンの魅力。お悩みや目的別に、それぞれおすすめのタイプとスタイリングのコツをレクチャー! 表情のある素材感で〝老け見え〞を回避! H カーディガンに苦手意識をもってしまうのって、老けて見えがちなことも理由のひとつだと思う。肉がついて丸くなった肩がますます強調されちゃったりして、「あー、私、なんだか年取ったわ」って(涙)。 M 泣かないでください(笑)。確かに、フラットな編地のハイゲージタイプだと、気になるパーツが強調されてしまうことも。だからこそ、やっぱり大切なのは編地のニュアンス。カーディガンのバリエーションも豊富になってきているので、選びやすいと思います。 H 確かに、昔はアンサンブルニットのカーディガンか、おじさんっぽいデザインしかなかったけど、カジュアルで可愛いものも増えてきているよね。 M そうなんです。アイテムそのものが進化しているので、昔のカーディガンとの思い出は忘れていただいて……(笑)。 H そうだね、新しいカーディガンと、またイチからやり直すことにするわ(笑)。 M あとはカーディガンで着やせしよう、っていう考えもやめたほうがいいかもしれません。 H えー。やせて見えたいよ、やっぱり。 M 全部が全部太って見えるわけではないんですが、例えばミドル丈やニットガウンなどは、むしろ“量感で表現する女らしさ”を楽しんでもらいたいです。 H 確かにBは女性らしいアイテムとのコントラストが魅力だし、Eも体が泳ぐ感じが可愛い。 M 今回の5コーディネートだと、A、B、Eが比較的厚手でボリュームもあるタイプなんですが、実はむしろ着やすいと思います。体のラインも拾いにくいですし。 着こなしやすさで選ぶならVネックタイプを H あと、今回のセレクトってすべてVネックカーディガンなのよね。これには理由があるの? M 秋冬なので重ね着を楽しみたいのと、あとはVネックのほうがカジュアルに見えるのでデイリーに使いやすいかもしれません。 H 確かに。例えばクルーネックにシャツ襟を合わせたりしたら、昔のカーディガンとの思い出がよみがえってくる(笑)。 M クルーネックカーディガンを着るならショート丈を選んで、ボタンをすべて閉じてプルオーバー的に着るのが可愛いと思います。 H なんだか、大至急カーディガンが欲しくなってきた!(笑) M 実際に便利なアイテムなので、ぜひトライしてもらいたいです! ■アラフォーの「カーディガン」は吟味が必要。どんな素材やシルエットがいい? A.「ショート丈」は全身のバランスアップに 上半身がコンパクトになるから簡単にスタイルアップ。体が泳ぐボクシーなシルエットを。 カーディガン¥39,000/エストネーション(ルールースタジオ) Tシャツ¥7,800/ウィム ガゼット青山店(ミクスタ) スカート¥46,000/エブールギンザシックス バッグ¥28,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥49,000(ブレンタ)・ブレスレット¥12,000(フィリップ オーディベール)/ビームス ハウス 丸の内 メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥24,000・バングル¥68,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)B.「ミドル丈」は女っぷり度を中和する時にメンズライクなミドル丈カーデが、ボウタイブラウスのエレガントでクラシックなムードを中和。今どきのカジュアル感をひとさじプラスしてくれる。 カーディガン¥30,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) ブラウス¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥26,000/ドレステリア新宿店(ドレステリア) バッグ¥89,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) パンプス¥54,000/TOMORROWLAND(ペリーコ) ピアス¥35,000/マリハC.「アンサンブル」は新ボトムにトライする時にカラーパンツなどチャレンジングなボトムスを取り入れる時には、オーソドックスなアンサンブルニットで自分らしい着こなしに引き寄せるのが正解。太リブの陰影が、華やかなきれい色と上品になじむ。 カーディガン¥32,000・クルーネックニット¥30,000/スローン パンツ¥48,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) シューズ¥37,000/RHC ロンハーマン(ピッピシック) ピアス¥26,000・バングル¥68,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ネックレス¥48,000/ジェンマ アルスD.「ロングカーデ」は〝しゃれ見え〞はおりとして布帛(ふはく)のワンピースに、あえて透け感カーデをレイヤード。薄手のアイテム同士を重ねることで生まれる繊細な奥行きが、上質な女らしさにつながる。 カーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥31,000(プラージュ)・ブーツ¥82,000(ネブローニ)/プラージュ 代官山店 バッグ¥32,000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 帽子¥14,000/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000/ジェンマ アルス(アルス) ブレスレット¥11,000/アクアガール渋谷(ベンアミュー)E.「ニットガウン」はカジュアルを格上げしたい時に白Tとデニムといういつものカジュアルに、たっぷりとしたニットガウンがリッチな女らしさをプラス。定番アイテムのワンツーコーデが見違える。 ニットガウン¥42,000/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥8,800/スローン デニムパンツ¥21,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥63,000/アマン(ア ヴァケーション) ローファー¥19,000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(パスクッチ) チェーンネックレス¥32,000・ネックレス¥37,000/マリハ【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂  ③辛口派・甘口派 タイプ別のおすすめカーディガン|40代ファッション  辛派 のニット選び  スタイリッシュが持ち味の辛口さんは、硬派でシンプルすぎるニットを選ぶと合わせのアイテムがシャープゆえに「キマりすぎ」て、老け見え&地味見えの一因に。お得意のハンサムをベースとしつつも、落ち感シルエットや素材のディテールで「女っぽさ」を意識的に取り入れてみて。 Big Cardigan ビッグカーディガン 深Vカーデをジャケット感覚で。ゆるい輪郭づけで今っぽさを加速 ボウタイブラウス×ミリタリーパンツの辛口な"いい女"像に適度なスキを生み出す、ゆるっとしたカジュアル感がツボ。シャープなVあきが襟詰まりトップスとのレイヤードと好相性。ニット¥33,000/インターリブ(サクラ) ブラウス¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥23,000/ティッカ(ティッカ) バッグ¥60,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ) パンプス¥26,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) メガネ¥35,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) リング(中指)¥63,000・2連リング(人さし指)¥42,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈  甘派のニット選び  ふんわりフェミニンが好きな甘口さんは、ニット単品の可愛さだけに惹かれて選ぶとトータルコーデで見た時甘く「子供っぽい」や「イタい」につながりがち。むしろ必要なのは、手持ちアイテムの甘さをほどよくセーブしたり、大人の洗練を加えてくれる”進化した”ベーシックニットたち! Long Cardigan ロングカーディガン体を包み込む心地よさを堪能しつつ縦長ラインでバランスアップも たっぷりとしたカシミアに包まれる幸せを、思う存分味わえる贅沢な一枚。ロングカーデがもつゆるっとしたムードがリラックス感をプラスし、甘めコーデがぐっと今っぽく。カーディガン¥120,000/サザビーリーグ(デミリー) ニット¥21,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥71,000/ロンハーマン(シーピー シェイズ フォー ロンハーマン) ピアス¥10,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(イケレレ) バッグ¥78,000/ボウルズ(チャコリ × ハイク) 靴¥89,000/トッズ・ジャパン(トッズ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里  ④カーデガンの2020秋冬最旬コーディネート|40代ファッション■モヘアのロングカーデ×端正な黒パンツのコーデ スタイリスト・福田亜矢子さんの黒パンツコーデ「この冬は"素材選び"で仕掛けを。パンツそのものも光沢のある素材、そこに毛足の長いレディライクなカーデ。ニュアンスの異なるアイテムで、黒パンツを盛り上げました」 堅い印象になりがちな黒パンツが、女らしい素材の掛け合わせであかぬける。華素材のパンツにマキシ丈のモヘアカーディガンをはおった、一見シンプルだけどこなれ感のある着こなし。仕上げにきかせた柄のバッグがほどよいアクセントに。 パンツ¥35,000/カオス表参道(カオス) ニットコート¥72,000(ハーヴェル スタジオ)・帽子¥26,000(ジャネッサレオーネ)・ネックレス¥39,000・バングル¥39,000(ともにマラ エムシーエス)/アパルトモン 青山店 Tシャツ¥11,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥54,000(ア ヴァケーション)・靴¥48,000(ペリーコ)/アマン【Marisol11月号2020年掲載】魚地武大(TENT/物)■グリーンロングカーデ×ブルースカートのコーデこっくりしたグリーン×ブルーのかけ合わせで今年のおしゃれを体感してみる。穏やかなクール系配色で大人の週末デートを満喫できそう! カーディガン¥36,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥29,000(ロンハーマン)/スーベニア カットソー¥9,000(RH ヴィンテージ)・2 重にしたネックレス¥39,000(ハルポ)/ロンハーマン 帽子¥14,000/メゾンドリリス ストール¥25,000(ロエフ)・靴¥135,000(フラテッリ ジャコメッティ)/ロエフ 六本木店 バッグ¥57,000/アマン(エレメ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリング協力/池田メグミ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります ■ビッグカーディガン×フェミニン花柄スカート 細身のカーディガンはアラフォーが地味見えする危険アイテムだけど、今年のビッグシルエットなら一転して映えアイテムに昇格。着こなしのレパートリーも広がる。 地厚なビッグカーディガンのメンズライクな雰囲気に、薄手のロングスカートの華奢さをミックス。このメリハリバランスが今っぽさに直結する。カーディガン¥21,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) スカート¥36,000/CPR トウキョウ(メドモワゼル) サングラス¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥18,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥49,000(ガブリエラアルティガス)・靴¥84,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/アパルトモン 青山店 バッグ¥115,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹内友梨 構成・文/三尋木奈保■グレーのカーディガン×グレーのパンツのコーデエメラルドグリーンのシャツと、同じ寒色系のグレーのカーディガン&パンツとも相性抜群で、老け見えしないニュアンスコーデが完成。 カーディガン¥83,000/ザ ストア バイ シー 代官山店(コキュカ) パンツ¥30,000/アパルトモン 青山店(マーク ケンリー ドミノ タン) サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 時計¥79,000/クラスフォーティーン 靴¥84,000/ジミー チュウ バッグ¥157,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります  ⑤お仕事シーンにも使える「きれい見えカーデ」|40代ファッション家でも温度調整にはカーディガンは有効。Tシャツの上にはおるだけできちんと感も増すから、急なミーティングの時にも活躍。シルク混ニットだから、夏でも涼やか。グレージュの色みも絶品。はおっても一枚でも着られるワイドリブのサイズ感もちょうどいい。カーディガン¥32,000/スローンモードにも、きちんとにも鉄板ブラックは必携 レーヨン混のさらりとした質感とリブ素材で、サマーブラックにぴったり。フィットしすぎない細身のフォルムも、使いが勝手がいいポイント。カーディガン¥22,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)きれい色は一枚あると便利 薄手で、大きすぎず小さすぎないサイズ感が人気のルトロワのカーディガン。さし色効果も絶大なグリーンは、別注カラー。カーディガン¥21,000/デミルクス ビームス 新宿(ルトロワ×デミルクス ビームス)最旬のブラウンでベーシックカラーを更新 フロント部分は中リブ、サイドは細リブというようにリブのミックスかげんが美しい。明るめなブラウンは、ベーシックで合わせやすく、こなれた印象に。カーディガン¥19,000/インターリブ(サクラ)【Marisol8月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子  ⑥アラフォーが実践している秋冬のカーディガンスタイル|美女組まとめ■無印で見つけた!あったかロングカーディガン美女組No.163 tomomiyuさん美女組No.163 tomomiyuさんこんにちは!tomomiyu(ともみゆ)です。 1978年生まれ。O型。小学生2児の母。 群馬県在住。 changeはchance(チェンジはチャンス) 変化を恐れず、ワクワクするような新しいことに挑戦する40代にします! 【自分史上、最高の私】を目指して日々奮闘中! インスタグラムでは日々のプチプラコーデをアップしています。 よろしくお願い致します。ふわっと軽くて暖かい!ヤクキャメル入りの注目アウター。 無印良品 ヤクキャメル入り ロングカーディガン ダークモカブラウン M-Lサイズ 税込8,990円まず目を惹いたのが、この絶妙なモカブラウンカラー。 見た目も触り心地もふわふわ。 そして羽織ってみると軽い!暖かい!! ドロップショルダーで、後ろ側の襟部分がやや立ち上がりのあるデザインでオシャレ! 着ると首元が暖かくそしてチクチクしません。 ロングカーディガンを欲しいと思いながら買えていなかったので、まさか無印良品で出逢えるとは思いませんでした^_^身長157cmでM-Lサイズを着ています。 膝上10cmくらいの丈感です。 私は車移動がメインなので、運転する時もコートより邪魔にならなくて重宝しそう。横から、後ろからのシルエットも可愛い♡■1枚でサマ見え!今年顔のビックカーディガン美女組No.149 kumikoさん美女組No.149 kumikoさん主婦 ♡♡♡美女組2年目に突入しました♡♡♡ 4歳、0歳の姉妹を育てる母です。 1979年産まれ。 160センチSサイズ。 元日系航空会社CA。 綺麗な50代を目指して。Marisolを見ながらファッション、美容の勉強中です。 ブログを通して、皆さんと一緒に楽しく40代を過ごせたらと思っています♡ どうぞ宜しくお願いします。マリソル 12月号のVネックニットの撮影に参加させて頂き、Vネックの選び方を伝授して頂いた私。 今季はVネックのカーディガンが欲しかったので、誌面も参考に、Vネックカーディガンを購入してみました。front 1枚でも着れるVの開き具合side 丸みのあるシルエットが体型を補正back お尻も隠れるたっぷりとした丈感 【ニット選びで気をつけたポイント】 ・貧相が目立たない地厚な素材 ・首回り、袖口、裾のリブで立体感を演出 ・丸みのあるシルエット、淡いカラーで貧相さを補正こちらは、plageのニット。 いつもはプチプラばかりな私ですが、このニットは一度完売しましたが、心から離れず… 再販を待ち購入しました♡ 今年は暖かいので、ニット一枚でも暖かく過ごせています。  ■在宅勤務のお昼ランチコーデ美女組No.170 マッキーさん美女組No.170 マッキーさん会社員 資格ゲッター ファイナンシャルプランナー2級/整理収納アドバイザー2級/アロマテラピー検定1級/ダイエット検定2級/飾り巻き寿司技能3級/薬剤師 30代/161cm/ワーママ/東京在住 ザ•日本人体型の私でも、オシャレに見えるコーデを日々研究中!普通の日。そんな毎日も、ちょこっとオシャレをしたい。 そう思っています。 ベースは上下ユニクロですが、そこにどうオシャレを加えていくか? この秋は、こんな感じに^ ^ ①カーディガンをモコモコに。ブローチON!  シンプルなカットソーと黒パンなので、カーディガンに一工夫を。 ②薄メイクの日は、サングラスでカバー。  紫外線対策にもファッションにもなるサングラスは、もはやベースアイテム。 ③カラフルなピコタンで。  ちょこっと買い出しの時に、携帯と財布を入れて出掛けられます。 cardigan #NORC tops #uniqlo bottoms #uniqlo shoes #CHEMBUR bag #HERMES accessories #ARTIDA OUD #LOEWE sunglasses #SAINT LAURENT私は少数精鋭のクローゼットなので、デイリー使いアイテムにも1つ1つ予算を集中投下できます。 ミニマルクローゼットおすすめですよー^ ^ ■H&Mの週3で着ているリブニットカーディガン美女組No.161 愛さん美女組No.161 愛さんoffice worker ‐自分らしさで選び、今の気分で合わせる‐ お気に入りアイテムを取り入れたリアルSTYLEをお届けします! 美容ネタやおすすめのグルメ情報も♪ My data☆* 身長 161cm 服のサイズ XS〜Sサイズ 靴のサイズ 23.5cm今日はH&Mのリブニットカーディガンの着回しコーデを3パターンご紹介していきます。 まずは、一番してみたかったコーデ。カーディガンはXS~XLまで5サイズ展開で、S・M・Lを試着した結果、Sサイズにしました。ゆったりとした作りだと思います。 カラーは使いやすいライトベージュ。 ボリューム袖に大きめのボタンがポイントです。同系色のデニムを合わせてワントーンに。 インナーはホワイト、ローファーとバッグでキャメルブラウンをプラス。 あたたかみがあって、程よいカジュアルが気分です。cardigan H&M tshirt ur's denim YANUK shoes FABIO RUSCONI bag AcneStudios 続いて2パターン目はスカート合わせ。1枚で主役アイテムになるレオパード柄のプリーツスカートともしっくりなじむのが、このカーディガンの秀逸なところ。 全体的に辛口に仕上げたかったので、インナーは黒にしました。 カーディガンのボタンが上手くつなぎ役になってくれます。 シルバーのバッグとスクエアトウのブーツも辛口コーデにはマストアイテム。cardigan H&M tshirt BC STOCK skirt fifth boots ZARA bag BALENCIAGA 最後は上下ゆるっとコーデ。 ワイドめなパンツにスリッポンスニーカーとも相性が良いんです。カーディガンは羽織りとして使えるのは言わずもがなですが、私はボタンを全て留めてトップスとして着るのが好みです。(3コーデ全て、その着方でした。) カーディガンのインナーはできるだけ装飾のないプレーンなタイプを選び、全体に色を使いすぎないようにすることが、大人カジュアルに近づくポイントかなと思います。cardigan H&M tshirt ur's pants ZARA shoes CONVERSE bag beautifulpeople ▼あわせて読みたい記事
  • 大人気ボーイズ・グループ、ワン・ダイレクションのメンバーとして一世を風靡したハリー・スタイルズ(26)。現在は音楽のソロ活動をはじめ、若手俳優としての地位も確立しているが、ハリーの新たな魅力を引き出したのがジェンダーレスファッション。 Photo:Getty Imagesパールネックレス、ビビッドなマニキュア、レースやポルカドットなど、フェミニンなアイテムをさらりと取り入れたハリーは、瞬く間にファッショニスタの仲間入りを果たした。 そんなハリーが崇拝しているのが、ミック・ジャガー(77)、エルトン・ジョン(73)、デヴィッド・ボウイ(享年69)など、1960~70年代に活躍したグラムロックミュージシャンたち。イベントやステージ衣装などのインスピレーション源となっている。 (左)ハリーと(右)70年代に撮影されたミック。Photo:Getty Images ,Instagram(@backto.the70s)オンでもオフでもグッチをこよなく愛し、どこか懐かしいレトロな雰囲気とモダンをミックスさせたスタイルは、ノンバイナリーな着こなしの参考になるはず!どこか懐かしい70年代風のデニムスタイルPhoto:The Image Direct/アフロニューヨークでのテレビ出演を終えたハリーを、JFK空港でパパラッチ。自身が広告塔を務めるグッチ(GUCCI)のボーダーカットソー×フレアデニムに、ジャケットやキャップを合わせた70年代風のデニムスタイルが新鮮。 Photo:The Image Direct/アフロミッキーマウスが描かれたグッチ(GUCCI)のスーツケースを片手に、大ぶりなリングやビビッドなピンク&ブルーのマニキュアで指先のおしゃれまでパーフェクト! カットソー、フレアデニム、スーツケース:グッチ(GUCCI)フレアパンツが決め手のレトロなマリンルックPhoto:The Mega Agency/アフロロンドンのストリートにて、友人と出かけているところをキャッチされたハリー。ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)のウールジャケット×グッチ(GUCCI)のボーダーカットソーに、白いフレアパンツをコーディネートしたレトロなマリンルックを披露。デニムのキャスケットは、ハリーのお気に入りアイテムのひとつ。 ジャケット:ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)カットソー:グッチ(GUCCI)小粋なアイテムでクラシックな雰囲気をプラスPhoto:Backgrid UK/アフロプライベートでも愛用中のグッチ(GUCCI)から、オレンジ×バーガンディのボーダーニットとベージュのトラウザーを合わせたラフな着こなしのハリー。同ブランドのクラッチバッグとラウンド型のサングラスが、クラシックなムードを加速させている。 すべて:グッチ(GUCCI)イットブランドを取り入れたカジュアルスタイルPhoto:Getty Imagesサボテンが刺繍されたワークジャケットは、ニューヨークブランドのボーディ(BODE)のもの。古布をアップサイクルして作られるサステイナビリティを意識したアイテムは、ハリーを筆頭におしゃれセレブも愛用。コーデュロイのフレアパンツは、グッチ(GUCCI)からセレクト。赤いマニキュアがコーディネートのポイントに。 ワークジャケット:ボーディ(BODE)トラウザー:グッチ(GUCCI)ネットでバズった! カラフルなパッチワークニットPhoto:Instagram(@jonathan.anderson)イベントのリハーサル中にハリーが着用していたのが、ジェイ ダブリュー アンダーソン(J.W.アンダーソン)のカーディガン。赤やイエロー、ブルーなどのカラフルな色が使われたパッチワークニットは、ジェンダーレスなニューアイテムとして人気爆発! この投稿をInstagramで見る Jonathan Anderson(@jonathan.anderson)がシェアした投稿 ちなみに、同ブランドのこのカーディガンを作ろうと手編みにチャレンジした強者がいたことがネットで話題になると、デザイナーのジョナサン・アンダーソン(36)も自身のインスタグラムに関連写真を投稿。TikTokでは、「#HarryStylesCardigan」のハッシュタグが登場するなど、ブームを巻き起こした。 カーディガン:ジェイ ダブリュー アンダーソン(J.W.アンダーソン)ミック・ジャガーがお手本の70年代風スーツスタイルPhoto:REX/アフロ70年代のミック・ジャガーを彷彿とさせるカナリアイエローのスリーピースは、マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)のレディスからチョイス。中にはストールと同色のドット柄ブラウスを着用。 Photo:Getty Imagesレトロシックなホワイトブーツを合わせたスーツスタイルで、現代版のミック・ジャガーを気取って。両手いっぱいに並ぶリングもファッショナブル! スーツ:マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)ミケーレが描く、モダンなロックスターPhoto:Getty Images2019年5月に開催されたメット・ガラでは、グッチ(GUCCI)のクリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレ(48)と来場したハリー。レースやリボンがデザインされたトランスペアレントなブラウスにハイウエストパンツという、80年代とニュー・ロマンティックをミックスさせたドレスアップがメディアを沸かせた。指には大振りのリングと、ブラックやミントグリーンのマニキュアが際立つ。 すべて:グッチ(GUCCI)古着のようなウールジャケットがこなれ感を引き立ててPhoto:The Mega Agency/アフロ白いカットソー×グッチ(GUCCI)のコーデュロイパンツに、ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)のウールジャケットをオン。毛玉だらけのジャケットは古着のような風合いがこなれた一枚。既出のキャスケット、グッチ(GUCCI)のラウンド型サングラスや指輪など、レトロなアイテム選びにもこだわりが感じられる。 ウールジャケット:ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)パンツ、サングラス、リング:グッチ(GUCCI)ニットとフレアデニムで作るコージーなスタイルPhoto:Splash/アフロかつてはスキニーデニムを愛用していたハリーだが、ここ最近はフレアパンツがお気に入りのよう。フレアデニム、Vネックのオレンジニットは共にグッチ(GUCCI)のもの。ラフでコージーなスタイリングは今すぐにでも真似できそう。 ニット、フレアデニム:グッチ(GUCCI)フェミニンに仕上げた“グランマ・スタイル”Photo:Getty Images今シーズントレンドのピーターパン・カラーのブラウスをはじめ、ブルーのニット、パールネックレス、鮮やかなグリーンのワイドパンツは、すべてグッチ(GUCCI)の2020年秋冬コレクションからチョイス。顔まわりと足もとをホワイトカラーでマッチさせて、ハリー流“グランマ・スタイル”の完成。 すべて:グッチ(GUCCI)スーツスタイルに乙女チックなアイテムをちりばめてPhoto:Getty Images2020年2月のブリット・アワードにて、グッチ(GUCCI)のチョコレートブラウンのスーツに、ピーターパン・カラーのブラウス、ラベンダー色のニット、パールネックレスを合わせたジェンダーレスなスーツスタイルで視線を独占。ホワイトソックス×メリージェーンもマッチ。 すべて:グッチ(GUCCI)くすみカラーにポルカドットのタイがポイントPhoto:Charles Sykes/Invision/AP/アフロアメリカの朝番組『トゥデイ』でパフォーマンスを披露したハリー。ステージでは、カスタムメイドのピンクジャケット、ブルーのシャツ、プラムカラーのワイドパンツ、そしてポルカドットのタイと、グッチ(GUCCI)でまとめた。夜空や三日月が描かれたギターも衣装にぴったり。 ジャケット、シャツ、タイ、パンツ:グッチ(GUCCI)トラッドなスタイルをカジュアルに着崩してPhoto:Getty Imagesカーディガン×チノパンのトラッドなスタイルをカジュアルに落とし込んだ好例。白いカットソーの上に羽織ったのは、絵本『ぞうのババール』とコラボレーションしたランバン(LANVIN)のカーディガン。そこに、ゆったりとしたチノパンとヴァンズ(VANS)のスニーカーを合わせて。オン・オフ問わず、ハリーの着こなしに欠かせないパールネックレスも忘れずに! カーディガン:ランバン(LANVIN)スニーカー:ヴァンズ(VANS)クリーム色のスーツ×カラーサングラスでロックスターにPhoto:REX/アフロローマで開催されたグッチ(GUCCI)の2020クルーズコレクションに来場したハリー。白地のインナーに、ダブルブレストのスーツをさらりと羽織って。クリーム色の柔らかなトーンに合わせたのは、パステルピンクやブルーのマニキュア。ラフィア素材のクラッチバッグや、アビエイター型のサングラスもグッチ(GUCCI)でまとめた。 すべて:グッチ(GUCCI)レトロなレースグローブをはめて挑発的なポーズPhoto:Instagram(@harrystyles)ソロツアー中だったハリーのインスタグラムから、ステージ衣装をピックアップ。パステルブルーのダブルジャケット、中に着たストライプのシャツ、グランマから借りたようなヴィンテージライクのグローブは、すべてグッチ(GUCCI)のアイテム。口でグローブを外すような挑発的なポーズにも注目。 すべて:グッチ(GUCCI)胸開きのジャンプスーツでグラムロックを意識してPhoto:PA Images/アフロスペイン発のブランド、アレド・マルティネス(Alled-Martinez)のジャンプスーツを着用し、ジングルベルボール2019のステージに立ったハリー。グリッターデニムの素材や胸元が大きく開いた形など、ハリーのヴィンテージ愛とバイナリーを超えた服への欲求を反映しているよう。 ジャンプスーツ:アレド・マルティネス(Alled-Martinez)マディソンスクエア初公演は70年代風の個性的なスーツを纏ってPhoto:Instagram(@theonlyangelharrystyles)2018年6月、マディソンスクエアで初めてパフォーマンスしたハリー。オフショットでは、歯磨き中のキュートな一面を垣間見せた。大きな襟やベルボトムといった個性的なデザインスーツは、グッチ(GUCCI)のカスタムメイド。2018年3月頃からグッチの広告塔を務めているハリーだが、この頃からツアー衣装にグッチ(GUCCI)が加わっていった。 スーツ:グッチ(GUCCI)ダイアナ妃のアイコニックなスタイルをオマージュ?Photo:Splash/アフロピンストライプのテーラードパンツと、ストライプのボタンダウンシャツの上にレイヤードしたのは、ランバン(LANVIN)のニットベスト。ヒツジが描かれたキッチュなデザインで、テーラードパンツから覗くピンクのローファーともマッチしている。 Photo:Getty Imagesちなみに、80年代にダイアナ妃(享年36)が着用していたウォーム & ワンダフル(WARM & WONDERFUL)のヒツジのニットに似ていたことから、「ダイアナ妃をオマージュした?」という意見も多数。 ニットベスト:ランバン(LANVIN)ノスタルジックな雰囲気のニットベストを主役にPhoto:Getty Images細さの異なるピンストライプシャツとパンツに、イエロー×ネイビーのポルカドットが乙女チックなランバン(LANVIN)のニットベストをコーディネート。足もとはグッチ(GUCCI)のブラウンシューズを合わせて、ノスタルジックなムードを演出。 ニットベスト:ランバン(LANVIN)シューズ:グッチ(GUCCI)大人の色気を醸し出すベルベット素材のスーツPhoto:Getty Images白いカットソーに合わせたロイヤルブルーのダブルスーツは、グッチ(GUCCI)のもの。ベルベット素材がロックミュージシャンの風格を漂わせている。衣装や楽曲に合わせてチェンジするギターも、ハリーにとってはファッションの一部。 スーツ:グッチ(GUCCI)パステルカラーでまとめたサステイナブルファッションPhoto:The Mega Agency/アフロ女優のオリヴィア・ワイルド(36)が監督を務める心理スリラー映画『ドント・ウォーリー・ダーリン』に出演するハリーを、撮影現場でキャッチ。アンクル丈のスラックスに合わせたのは、ニューヨーク発のサステイナブルブランド、ボーディ(BODE)のパジャマ風ジャケット。パンデミックの影響で撮影が延期していたものの、マスクをして感染対策も万全で再開! ジャケット:ボーディ(BODE)「Vote!」Tシャツで米大統領選をアピール?Photo:The Image Direct/アフロ2020年11月、出演映画の撮影現場でハリーをキャッチ。米大統領選挙と絡めたのか、「Vote!」と書かれたフリーアンドイージー(Free&Easy)の白いTシャツを着用。カラフルカラーのスウェットパンツは、ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)のもの。カジュアルだが、カシミアを使用したラグジュアリーな一着。全体をペールトーンでまとめたリラックス&コージーなコーディネートがおしゃれ。 Tシャツ:フリーアンドイージー(Free&Easy)スウェットパンツ:ジ エルダー ステイツマン(The Elder Statesman)スニーカー:ニューバランス(New Balance)ハイウエストパンツを旬に着こなしてPhoto:Getty Imagesハイウエストパンツを今シーズンらしく着こなすなら、ハリーをお手本に。チェック柄のジャケットの中には、アレッサンドロ・ミケーレとコラボレーションしたグッチ(GUCCI)の限定Tシャツをイン。「ハリー・スタイルズ」と書かれたポップなデザインが特徴。ホワイトスニーカーを合わせてクリーンな印象に。 Tシャツ:グッチ(GUCCI)ジェンダーレスなマリンルックでファンの部屋を訪問Photo:Instagram(@theonlyangelharrystyles)車が故障したときに助けてくれた男性の娘が自身のファンだということを知り、留守中の娘の部屋で金魚のエサをあげている写真がSNSで話題に。ボートネックのボーダーカットソーに、ホワイトのフレアパンツをコーディネートしたジェンダーレスな着こなしのハリー。エスパドリーユやキッチュなサングラスなど、小粋なアイテム選びもハリーらしい!
  • フレンチシックな着こなしに役立つ小物を4カテゴリーでチェック!シンプルで、上品で、可愛らしくて、トレンドに流されず一生楽しめる“フレンチシック”。いいものを長く愛するこのスタイルに挑戦するのは、20代のモア世代だって簡単。そんなフレンチシックの仕上げになるのが、愛すべき小物たち♡ 4つのカテゴリー別に絶対に使える必須小物をご紹介!カテゴリー1:ベーシックa.黒リュックサック飽きのこないシックなオールブラック。¥15000/デサント ブラン 代官山(デサント ディーディーディー)b.サイドゴアブーツ重めな足もとが好バランス。いいものをはき込んで自分の味を出して。¥52000/グラストンベリーショールーム(サンダース)c.黒縁メガネ知的なアクセント。¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウd.フープピアスアクセも長く使えるシンプルなデザインをひとつ。¥20000/LON inc.e.チェック柄ストール装いが華やぐ。フレンチシックには赤系が似合う。¥57000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス)カテゴリー2:甘めf.かごバッグ必須小物の筆頭候補。黒とのコンビネーションできれいめに。¥12000/セムインターナショナル(バグマティ)g.ドット柄スカーフドット柄の上品な可愛さがコーデを盛り上げる。¥6500/アルアバイルh.カチューシャエレガントな黒ベロア。¥18000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店i.ラウンドイヤリングクリーム色と丸いフォルムで顔まわりをやわらかに。¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス)j.バレエシューズ足もとが寂しくならない甲深が今っぽく、冬服とのバランスがとりやすい。¥25000/フラッパーズ(スペルタ)カテゴリー3:上品k.ベージュのストール上質素材にしか出せない品のよさ。一生ものとして大事にしたい。¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン)l.ワンハンドルバッグ洗練されたライトベージュで。¥24500/シップス 有楽町店(キャロル ジェイ)m.ローファービットつきが上品見え。¥13500/ダイアナ 銀座本店n.レザーベルトの時計華奢なレザーベルトを。¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)o.ゴールドイヤカフゴールドの深みがコーデを格上げ。(片耳分)¥13000/ココシュニックp.パールネックレス欠かせないレディな定番。¥26000/シンゾーン 表参道店(カドー)カテゴリー4:ヴィンテージ風q.ベレー帽デイリーになじむ黒が取り入れやすい。¥20000/メゾンドリリスr.黒のレザーバッグ懐かしさ感じるハーフムーンに味のあるゴールド金具。¥35000/ビショップ(ミミ)s.スクエアイヤリングのみの市で買ったみたいな雰囲気のレトロ可愛い樹脂アクセ。¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス)t.レトロ柄スカーフトリコロールカラーならさらにフレンチシック。¥12000/フラッパーズ(マニプリ)u.カラースエードのパンプス起毛感が雰囲気たっぷり。キッチュなテラコッタカラー。¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)フレンチシックな小物使いに注目したいコーデ2黒リュックサック¥15000/デサント ブラン 代官山(デサント ディーディーディー) 黒縁メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ チェック柄ストール¥57000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) ローファー¥13500/ダイアナ 銀座本店 レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) パールネックレス¥26000/シンゾーン 表参道店(カドー)ドット柄スカーフ¥6500/アルアバイル カチューシャ¥18000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店 ラウンドイヤリング¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス) バレエシューズ¥25000/フラッパーズ(スペルタ) レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)【関連記事】20代女子におすすめ!「MORE的フレンチシック」ならトレンドも「長く使える」も楽しめる ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 企画・原文/青山玲子(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES tokyobike オーバカナル 銀座 森岡書店 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 私たちを輝かせてくれる「ワンピース」はオールシーズン手放せない存在。これからの季節は鮮度の高いレイヤードで、快適にさらに素敵に着こなしていきましょう。今シーズンはニットワンピースにも注目です!【目次】 ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワード ②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピース ③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース ④簡単なのにおしゃれ見え確実!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ ①今年はニットワンピースの当たり年!ほっこりしないがキーワードシックなデザインのニットワンピースが目立つ今シーズン。ほっこりさせず、アーバンな雰囲気で着こなして。■エムセブンデイズのブラウンニットワンピースラクチンな着心地とおしゃれ見えが両立! 体のラインを拾わないシルエットと編み方をとことん追求。胸もとに切り替えがあるから 〝のっぺり〞見えない優秀デザイン。中太のリブ編みでサイドに切り替えを入れて流れるようなフレアシルエットに。おなかや太もも部分にはゆとりがあって太って見えない! ジャケット¥138,000/エストネーション(チンクアンタ) バングル¥28,000/ボウルズ(ハイク) バッグ¥13,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥53,000/フラッパーズ(ネブローニ)【Marisol 11月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂■ユナイテッドアローズの白ニットワンピースシーンを選ばず着られるシンプルなデザイン 可愛くて、暖かくて、着心地ラクチンなニットワンピースはマストアイテム。特別感のあるオフホワイトなら、冬のカジュアルがぐっと華やぐはず。体の線を拾わず、すっきり見える絶妙 シルエットが人気の理由。ニットワンピース¥19,000/ユナイテッドアローズ 【ALIFA】2WAYショルダーバッグ M¥23,000(ジャンニ キアリーニ)・ショートブーツ¥36,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ジャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) ピアス¥28,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(レム) スカーフ¥12,000/フラッパーズ(マニプリ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ベイジのライトグレーリブニットワンピースリブビットワンピースでつくる甘辛ミックスコーデ 動くたびに揺れるフレアが魅力のニットワンピースに、あえてテーラードジャケットとレザーのロングブーツを合わせて甘辛ミックスに仕上げて。ライトなグレーなのでモノトーン配色でも華やかな印象に。ジャケット¥58,000/ル フィル ニュウマン新宿(ル フィル) ワンピース¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) サングラス¥32,000/アイヴァン 7285  トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥18,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥122,000/ジミー チュウ 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります■ウードのハイネックニットワンピースほっこり見えがちなニットワンピを辛口小物でシャープに仕上げて ボトムとレイヤードせず、ゴツめなアンクルブーツと楽しむスタイリングが今年は新鮮。アルパカ混の風合いが素敵な一枚を、同色のファージレでムードたっぷりに仕上げて。ワンピース¥24,000/アマン(ウード) ジレ¥135,000/サードマガジン(サードマガジン) バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブーツ¥93,000/エスケーパーズオンライン(クレジュリー) 頭に巻いたスカーフ¥28,000/スローン ネックレス¥20,000・ピアス¥57,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) 太リング(左手)¥15,000・リング(右手)¥17,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル【Marisol12月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■ドゥロワーの黒ニットワンピースシャツとニットワンピースの洗練レイヤード 半袖タイプの黒ニットに、フリルの襟と袖口が女っぽい白シャツをレイヤード。小物は黒でまとめて、しゃれ感たっぷりのモノトーンコーデの完成!シャツ¥30,000(サルヴァトーレ・ピッコロ)・ワンピース¥75,000(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 パンツ¥15,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥93,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ネックレス¥42,000・三連イヤカフ(右耳)¥19,000・楕円イヤカフ(左耳)¥18,000・リング(左手)¥30,000・(右手)¥63,000/マリハ(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物)ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/小濱なつき②今シーズン買うべきレイヤード映えするワンピースデニムやレギンスなどのボトムレイヤードは完全復活。さらに下にトップスを仕込むだけでなく、ワンピの上からトップスをかぶるスカート風のレイヤードまで登場し、もはやワンピースのコーディネートにNGはなし!ひと目惚れした最新ワンピはもちろん、クローゼットに眠る手持ちワンピも、あれこれ重ねて、新しい着こなしを見つけよう。■タートル&ロングブーツを仕込んでキャミワンピをシーズンレスにツヤとしなやかな落ち感が魅力のキャミワンピースは、まさに「重ね着前提」のアイテム。夏場はTシャツを着て肌の露出を調整していたけれど、秋はやっぱりタートルニットの出番! 人気復活のロングブーツと合わせて、クラシカルな気分を満喫して。 ワンピース/下と同じ ニット¥25,000/スローン ネックレス¥57,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) バッグ¥40,000/フレームワーク 自由が丘店(キーツ) 靴¥68,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ロランス)ツヤのあるキャミワンピは、全体的にマット素材が増える秋冬にこそ重宝! ワンピース¥24,000/カオス表参道(カオス)■ボヘミアンテイストをデニムレイヤードで後押しカジュアル派好みの、ヴィンテージライクなエスニック柄ワンピース。一枚で着るのももちろん可愛いけど、色落ちデニムを重ねるとボヘミアンムードがアップ! 白のレザーかごやショートブーツで、テイストをリフレインさせて。 ワンピース/下と同じ コート¥160,000・デニムパンツ¥45,000/マディソンブルー イヤリング¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(クロディーヌ・ヴィトリー) ネックレス¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ローラ ロンバルディ) バッグ¥65,000/アルファ PR(アエタ) 靴¥72,000/カオス表参道(ペリーコ)  ワンピース¥67,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)■華やかなドレスをデイリーに着るテクニック「パーティにもデイリーにも着られるワンピース」。そう聞くと、ひと昔前は結局「どっちつかず」というイメージだったけど、今は違う! 美しいレースをたっぷり使ったとびきりドラマティックな一枚を、上からざっくりニットをかぶることで難なくカジュアルダウンすることができてしまう。レギンスも仕込めばさらに完璧!  ワンピース/下と同じ ニット¥64,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) パンツ¥210,000/マディソンブルー バッグ¥98,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)ワンピース¥150,000/ロンハーマン(エブール  フォー ロンハーマン)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/徳原文子  モデル/竹下玲奈③今買って冬まで活躍する“エムセブンデイズ”のワンピース一枚で着てもキマッて、レイヤード次第で真冬まで使える主役ワンピースをリストアップ。レイヤードテクを参考に、冬までとことん楽しもう。 ■ニュアンスカラー柄ワンピース今着るなら…大人に似合う上品なくすみ色プリント スモーキーピンクがアクセントになった、アラフォーが着こなしやすい柄とニュアンスカラーのプリントを厳選。腰の高い位置にウエストゴムが入っているから、簡単にメリハリシルエットが完成する。 ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ピアス¥29,000/アガット バッグ¥49,000/三喜商事(コチネレ) 靴¥38,000/essence ofANAYI(ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)冬は…ワンピの可能性が広がるニットレイヤード ニットをワンピースの上に着ることで、がらりとイメージチェンジ。特に冬はダークカラーが増えるので、女性らしいスタイリングに華やかなプリントアイテムは欠かせない。ロングブーツでトレンドの足もとに。ワンピース¥20,000/エムセブンデイズ ニット¥29,000/ティッカ ブーツ¥78,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ/スタイリスト私物 ■バンドカラーとろみワンピース今着るなら…キレのよさとゆるシルエットの絶妙バランスが魅力 さらっと肌離れのよい素材を使用し、季節を問わず快適。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ パンプス【ALMOND TOE 6.5㎝(METRO)】¥51,000/SHOP Marisol(ペリーコ) バングル¥10,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) 時計¥266,000/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥75,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) サングラス/スタイリスト私物冬は…タートルニットをインして冬スタイルを軽やかに ゆったりシルエットだからレイヤードも思いのまま。真冬まで長く愛用できる。ワンピース¥18,000/エムセブンデイズ コート¥250,000/チンクワンタ ニット¥27,000/ティッカ バッグ¥39,000/メアリ・オル・ターナ 靴¥24,000/essence of ANAY(I ファビオ ルスコーニ フォー アナイ)【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂④簡単なのにおしゃれ見え!はおりもの×ワンピースのワンツーコーデ■ジャケット×シフォンワンピースコーデ風に揺れるワンピが、スエードのブーツで一気に秋冬仕様に シフォン素材の透け感や女らしさを全身で楽しめるワンピースを、春夏シーズンだけに閉じ込めておくのはもったいない。秋ならビッグシルエットのカジュアルジャケット、冬になったらコートをはおり、そして、足もとにはスエードのロングブーツ。今シーズンらしいボヘミアンテイストを、異素材ミックスでエンジョイして。ワンピース(ペチコート、ベルトつき)¥70,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(リュンヌ) ジャケット¥65,000/マディソンブルー バッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里  構成・文/磯部安伽■MA-1ブルゾン×ロングワンピースエレガントなニットワンピースをハンサムにシフト どこかゆるっとしたムードのあるオーバーサイズのツヤブルゾンは、実は甘口好きにもおすすめ。ふわりと広がるギャザーワンピースの印象をハンサム方向に引き寄せながら、メリハリシルエットをつくって。ブルゾン¥30,000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ボート メイク ニュー クローズ) ワンピース¥31,000/カレンソロジー新宿店(カレンソロジー) ネックレス¥18,000・ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥66,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥138,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)【Marisol12月号2020年掲載】撮影/小川健太郎(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹内友梨■ノーカラーのツヤブルゾン×T型ワンピースコーデノーカラーのツヤブルゾンがシンプルなTワンピをこなれて見せる くしゅっとまくった袖や、肩からすそにかけてゆるやかな曲線を描くフォルムが、マキシ丈のTワンピに立体感を与えてくれる。顔映りのよいツヤ素材効果で、スニーカー合わせのカジュアルコーデをきれいめに寄せて。ブルゾン¥32,000/ピーチ(ミューニック) ワンピース¥19,000/エイトン青山(エイトン) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス(短)¥22,000・(長)¥29,000/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥48,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥78,000/ジミー チュウ【Marisol10月号2020年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/TOMIE(nude./佐田さん)スタイリスト/石毛のりえ■ロングカーディガン×ツヤ感ワンピースコーデロングカーデでこなれ感を演出 布帛(ふはく)のワンピースに、あえて透け感カーデをレイヤード。薄手のアイテム同士を重ねることで生まれる繊細な奥行きが、上質な女らしさにつながる。カーディガン¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ワンピース¥31,000(プラージュ)・ブーツ¥82,000(ネブローニ)/プラージュ 代官山店 バッグ¥32,000/マルティニーク ルコントルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) 帽子¥14,000/メゾンドリリス コインネックレス¥15,000/ジェンマ アルス(アルス) ブレスレット¥11,000/アクアガール渋谷(ベンアミュー)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂 ■ガウンコート×ドゥロワーの小花柄ツヤワンピースロングコートからのぞくワンピースのツヤ感がとびきりセンシュアル華やかさと上品さが兼ね備わったサテン素材の小花柄ワンピースにはおったのは、ウール素材のガウンコート。素材感の違いに、メンズライクなムードのあるコートとの甘辛の対比が加わって、シンプルな着こなしながらも奥行きとニュアンスたっぷりのコーディネートに。ワンピース¥160,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) コート¥160,000/エイトン青山(エイトン) ターバン¥5,800/メゾンドリリス ピアス¥52,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥99,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里 構成・文/磯部安伽■ニュアンスカラーのロングコート×サクラのドット柄ワンピースコーデドット柄をニュアンスカラーで引立てて レトロシックなドット柄のワンピースにゆったりシルエットのコートをざっくりはおって、今どきの抜け感をつくって。足元はトレンドのローファーでコーデを引き締める。コート¥67,000/カオス ワンピース¥36,000/サクラ 【復刻】HAPPY PLUS STORE限定販売 ドット柄ワンピース¥36,000/SHOP Marisol(サクラ) メガネ¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000/レム 靴¥34,000/GMT(ジャラン スリウァヤ) バッグ/スタイリスト私物 【Marisol 10月号2020年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/小濱なつき 取材・文/発田美穂■ダブルのジャケット×エブールのレースワンピースコーデレースの甘さをダブルのジャケットで程よくクールダウン ディテールまで凝ったつくりの艶めくレースワンピースに、マニッシュなダブルジャケットをさらりとはおる。素材とテイストのコントラストを楽しみながら着こなせるのは、年齢を重ねて成熟した大人だからこそ。ワンピース¥150,000・ジャケット(共布ベルトつき)¥66,000/ebure ショルダーバッグ¥58,000/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) リング¥155,000/マリハ 伊勢丹新宿本店(マリハ)【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・文/発田美穂 撮影協力/スタジオ バスティーユ■MA-1×白のティアードワンピースフェミニンなワンピースはミリタリーで甘さを調節 白のティアードワンピースの下にワイドデニムをレイヤード。ミリタリージャケットとカットオフのデニムでワンピースの甘さをほどよくマイナスして。フェミニンなボヘミアンスタイルを完成。パンツ¥44,000/プラージュ 代官山店(リ ダーン) ジャケット¥64,000/アパルトモン 青山店(シュタンバウム) ワンピース¥65,000/サザビーリーグ(マーレット) タイツ¥4,000/エブールギンザシックス(ブルーフォレ) ピアス¥24,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 青山店(モダン ウィービング) バッグ¥40,500/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) 靴¥25,000/フラッパーズ(スペルタ)撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/竹下玲奈 構成・文/磯部安伽■ベージュのジャケット×ブラウンのニットワンピース重めのニットワンピースはベージュのジャケットで抜け感をプラス 明るいベージュのジャケットをはおることで、こっくりとしたカラーのニットワンピース&ブーツスタイルも軽やかな着こなしに。ジャケット¥70,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ニットワンピース¥42,000/デミルクス ビームス 新宿(ロベルト コリーナ) バッグ¥132,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) メガネ¥40,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ブーツ¥41,000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ) リング¥12,000・バングル¥13,000/アルティーダ ウード(アルティーダ ウード) 【Marisol10月号2020年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈■グレーのノーカラージャケット×ベージュのドット柄ワンピースコーデベージュとグレーの配色で一気におしゃれ見え! ディテールがフェミニンだから、こんなドットワンピースとも好相性。ニュアンスカラー同士の合わせも、色調が合っているのでしっくりなじむ。ジャケット¥28,000/エムセブンデイズ ワンピース¥36,000/サクラ バッグ【コンボ】¥32,000(トフ&ロードストーン)・ショートブーツ¥72,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス¥3,800/ジューシーロック 撮影/酒井貴生(aosora/人物)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 取材・文/発田美穂 ▼あわせて読みたい
  • たった10着で完成するフレンチシックがこの冬の着こなしを救う!“フレンチシック”は、上品で女性らしく、それでいて可愛げもあって旬に流されないスタイルのこと。まず必要なのはたった10着。ポイントを押さえたワードローブ選びをすれば実現できるんです! 「ベーシック」、「甘め」、「上品」、「ヴィンテージ風」、MOREの“フレンチシック”に必要なのは、この4つのテイスト。これらのアイテムをバランスよく配置するというルールを覚えていれば、季節や時代が変わっても、その時々の服で再び最高の“フレンチシック”な10着が選択できます。カテゴリー1.長く使える、フレンチシックの基盤【ベーシックアイテム】1.黒いタートルニット色と首の詰まったデザインに洗練されたミニマルさが。一枚でさまになり、レイヤードではコーデを引き締める。ハイゲージで身幅に少しゆとりのあるシルエットが今の気分。(メンズ)¥2990/ユニクロ2.ストレートデニムデイリーに使える、ちょうどいい品のよさがモア世代らしい、インディゴデニム。はりのある素材できちんと感を、脚が美しく見える細身ストレートで女性らしさを醸しだして。¥22000/ボウルズ(ハイク)3.ステンカラーコートいつの時代も魅力がすたれず、はおればどんなコーデもこなれた佇まいに。ミニマルなデザインは服を選ばず、ベージュカラーが凜とした可愛げや知的さだって添えてくれる。¥68000/TICCAカテゴリー2.媚びない女性らしさを引き出す【甘めアイテム】4.赤いゆるニットチャーミングだけど媚びない赤は“フレンチシック”にぴったりの色。ボクシーなシルエットのニットなら気負いなく着られるし、ゆとりのあるサイズ感があか抜けた印象。¥28000/バトナ—5.白いプリーツスカートシンプルなワードローブの中で華やかさ、軽やかさをくれる存在。フェミニンな白でも、はりのある素材と折り目のしっかりとしたプリーツなら、落ち着いた甘さが加えられる。¥11000/ノークカテゴリー3.コーデを格上げし、ムードを出す【上品アイテム】6.ストライプ柄のシャツ清潔感のあるシャツは、着るだけで上品だけど、ブルーのストライプなら知的な存在感も。赤ニットとでトリコロール配色にだって! ロング丈でニットとのレイヤードも想定。¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店7.黒のセミフレアパンツ自分の体型に合った、美しい黒のパンツを持っているのは、“フレンチシック”のたしなみ。この冬選ぶなら、旬だけどやりすぎない落ち着きがあるセミフレアがいい。¥14000/AKTE8.ボウタイブラウスベーシックなトップスが多い中、上品かつ華やかなアイテムも投入。オフホワイトととろみ素材で、よりやわらかな印象を漂わせて。ボリューム袖が今っぽさを引き立てる。¥11000/ノークカテゴリー4.個性とちゃめっけをくれる隠し味【ヴィンテージ風アイテム】9.花柄ワンピースいい甘さを醸しだすヴィンテージ風の小花柄は、パリジェンヌもお気に入り。合わせやすくムードが出る茶系、トップスを重ねてスカート風にも着られる長めの丈感を。(インナーつき)¥26000/Stola.10.ケーブル編みのニット温かみのあるオフ白と編み目のニュアンスが、コーデにいい抜け感を添えてくれる。メンズライクなオーバーサイズがヴィンテージ感を高め、着こなしの幅も広げて。¥29000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)コーデ例1黒いタートルニット(メンズ)¥2990/ユニクロ 花柄ワンピース(インナーつき)¥26000/Stola. ラウンドイヤリング¥6000/ビームス ハウス 丸ノ内(デミルクス ビームス) ベージュのストール¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョンストンズ オブ エルガン) レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) べレー帽¥20000/メゾンドリリス 黒のレザーバッグ¥35000/ビショップ(ミミ) カラースエードのパンプス¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)コーデ例2ステンカラーコート¥68000/TICCA 白いプリーツスカート¥11000/ノーク ボウタイブラウス¥11000/ノーク ケーブル編みのニット¥29000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) ワンハンドルバッグ¥24500/シップス 有楽町店(キャロル ジェイ) レザーベルトの時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ゴールドイヤカフ(片耳分)¥13000/ココシュニック カラースエードのパンプス¥40000/ザ・グランドインク(ロランス)【関連記事】>>20代女子におすすめ!「MORE的フレンチシック」ってなんだ? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 企画・原文/青山玲子(MORE) 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES tokyobike オーバカナル 銀座 森岡書店 ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
関連キーワード

RECOMMEND