機内空間を快適に!真の旅好きがおすすめする「冬旅アイテム」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.イーグルクリークのトラベルピロー


「肌ざわりのいいマイクロフリース素材で首への当たりが最高。機内で爆睡できます。中身は自由に動くビーズ。簡単に四角形の枕にも形を変えられ、機内で横になりたいときや腰痛の際の腰枕にも」。(メイクアップアーティスト・小森由貴さん推薦)

トラベルピロー 各¥2,200/エイアンドエフ(イーグルクリーク)
2.エイトンのスウェット&レギンス


「機内で気になるのが乾燥。このフードをすっぽりかぶるだけで髪の乾燥対策に。ビッグシルエットなのでおしりまですっぽり隠れるのもいい。レギンスはスカートやパンツのインにはいて、冷え対策に旅の間中活躍」。(ライター・坪田あさみさん推薦)

グレーフーディ¥24,000・ウールレギンス¥19,000/エイトン青山(エイトン)
3.ゼンハイザーのヘッドホン


「機内のいやな雑音をシャットアウトしてくれるヘッドホン。イヤパッドは柔らかいながらも適度な側圧で装着性も抜群です。軽量かつ折りたたみ式タイプでケースもついているので、持ち運びも楽々」。(ヘア&メイクアップアーティスト・福沢京子さん推薦)

ノイズキャンセリングヘッドホン¥36,000 /ゼンハイザー
4.カーシューのドライビングシューズ


「イタリアの老舗カーシューの代名詞でもあるドライビングシューズは、羽田空港まで運転してそのまま飛行機に、さらには現地に着いたら即レンタカーを運転、というときに履いたままでいられるから便利です」。(ライター・宮崎桃代さん推薦)

靴 各¥67,000 /コノリー銀座店(カーシュー)
5.アルコイリスのインカインチオイル


「オメガ3系オイルで美味なオイル、小分けになっているので機内食のドレッシングがわりにパッとかけて。さらに旅先での食事にもかければ、くずしがちな体調管理に重宝します」。(ライター・向井真樹さん推薦)

インカインチオイル(4g×20包)¥1,100/アルコイリスカンパニー(アルコイリス)
今年一年がんばったごほうびに、冬旅を計画中の人も多いはず。あなたの旅をさらに充実させるために、旅上手な浜島直子さんおすすめアイテムをご紹介。気分が上がるアイテムをお供に、冬旅をもっと楽しく!
撮影/木村 慎(物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/大野智子 撮影協力/アワビーズ ※エクラ2020年1月号掲載
関連記事
  • 冬物はもう要らない?私もそう思っていました。でも掘り出し物はあるのです。春色先取りも良いけど、まだ1月。今はシルエットで遊んでも良いかも⁈冬物に飽きたとき、色物で気分を変えるのも良いですが 私は「シルエット」を変える事が多いです。 ワイド系からちょっとブ―ツカットよりのパンツ ロング丈のスカートからミニ丈へ シルエットが変わると、それだけで新鮮です。 こちらのニットとパンツはAWですが、 気分を変えるのにはちょうど良いシルエットトップスはざっくりしていながらも、短め丈。 長めざっくりニット×ワンピ/スカートも良いですが、 このくらい短いトップスとのバランスも新鮮 パンツもこの懐かしのシルエットが、今は好きです どちらも、新宿伊勢丹「ReStyle」内にあるブランド。 FINAL SALEで70%OFFくらい? 「ReStyle」は「HYKE」「AURALEE」「Mame Kuroguchi」など、 セレクトが良くおススメです‼ FINAL SALE品でも、 気分を変えてくれる素敵な出会いはあるので ぜひチェックしてみてください!美女組No.155 ritsukoのブログ
  • 毎シーズン人気の『E by eclat』のワンピースがお得プライスにマークダウン!気軽着られるジャージー素材やオケージョンにも対応できるものなど♪是非チェックしてみて下さい! 美しいドレープ感とシルエットで、立ち姿が様になる E by eclat /ウール混ジャージーワンピース /¥19,000→¥16,150+税(15%OFF) 手洗い可能なイージーケアもうれしい。シンプルなだけに、ジュエリーを合わせてちょっとしたドレスアップに、スニーカーでカジュアルにと、シーンを選ばず楽しめる ! 幅広のサッシュリボンが華やかなアクセント E by eclat/ ウエストマークワンピース /¥22,000→¥14,300+税(35%OFF) ウエストの高い位置にあしらったリボンは、前後どちらでも結べる2WAY 仕様。1枚で着映えが実現します! 着心地がよくて暖かい理想のデイリーウエア E by eclat/ あったかジャージーワンピース /¥18,000→¥10,800+税(40%OFF) 着心地抜群のTワンピース。シンプルなデザインでありながら、体のラインを拾いにくい立体的な美シルエットです♪ E by eclat SALEアイテム一覧はこちらから
  • レーザー治療には詳しくない、自分に何が向いているかわからない、という初心者向けにアラフォー向け「シミ取りメニュー」■老け印象を助長する肝斑をどうにかしたい! →「肝斑レーザートーニング」で、広範囲のもやもやにアプローチ 肝斑とシミに悩む高松さん。「3カ月から半年を見て、じっくり治しましょう」という髙瀬聡子先生の診察をもとに治療を開始。肝斑を刺激しないトーニングという照射法で顔全体にレーザーを打ち、美白剤を電気で導入。トラネキサム酸の内服薬も併用。「15年以上居座っていたシミが薄くなり、肌全体の調子も◎!」☆ウォブクリニック中目黒 肝斑レーザートーニング(トーニング+トラネキサム酸導入)¥27,000(1回) 住)東京都目黒区中目黒1の10の23シティホームズ中目黒アネックス2F Tel)0120-411-281(初診用) https://wove.jp【Marisol1月号2020年掲載】撮影/長谷川 梓 イラストレーション/小迎裕美子 取材・文/松井美千代
  • 冬の人気鍋「しゃぶしゃぶ」を、だしの味で楽しみましょう。「アサリ出汁」はかつおだし+アサリのうま味の二重奏。だしをとらなくても、昆布と酒だけで簡単「アサリ出汁」に。毎日しゃぶしゃぶしても飽きない味を楽しんで! 教えてくれたのは……林 高太郎(はやし こうたろう)林 高太郎(はやし こうたろう)気のきいた酒肴(しゅこう)と日本酒で人気を博している渋谷『高太郎』店主。日々、うまい酒と料理の組み合わせを考えている。著書に『小さな名店の看板つまみ』など多数。アサリと豚肉の豆乳鍋出汁(ベース)を沸かしてから豆乳を加えること。豆乳を加えたら分離させないために、弱めの火で沸かさないように温めて。ベース材料(作りやすい分量) アサリ(殻つき・砂出しずみ)……500g だし(昆布とかつおの合わせ)……400ml 酒……200ml 塩…… 少々 ベースの作り方 だしと酒を鍋に入れて沸かし、アサリを加えて殻が開いたら味を見ながら塩を加える。仕上げの材料(2人分)と作り方 1.ベースを温め、豆乳(300㎖)、石づきをとったえのきだけ(1/2パック)を加えて、白すりごま(適量)をたっぷりふる。 2.豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用 200g)をしゃぶしゃぶする。 ◎“アサリ出ベース汁”のアレンジ途中で豆板醤(トウバンジャン)やラー油、柚子こしょうを入れて、味変させても。締めはうどん、そば、ラーメン、雑炊など。 >>冬の鍋レシピ一覧はこちらから撮影/合田昌弘 取材・原文/北村美香 ※エクラ2020年2月号掲載
  • BAILAが誇るおしゃれプロたちが愛用している着やせアイテムをご紹介するこの企画、今回教えてくれるのは敏腕ライター伊藤真知さん。気になるお尻&腰の張りをカバーしてくれる!と伊藤さんをトリコにしたのは、あの神パンツでした。 ライター 伊藤真知さん 155㎝ 本誌をはじめ数々の女性誌やカタログなどで活躍する敏腕ライター。著書に『「ユニクロは3枚重ねるとおしゃれ」の法則』(講談社)。 【お悩み】《お尻》《腰張り》 ・手首や足首など見える部分は細いのに対して腰が張ってお尻にボリュームのある洋梨体型 【マイベスト1】Theoryの「テーパードパンツ」 「センタープレス入りで美脚効果抜群。腰まわりがもたつかないので、すっきり見えるんです。ほどよいゆるさのあるメンズサイズのアウターで、お尻も覆ってしまいます」 PANTS : TheoryCOAT : UNIQLO(MEN'S)KNIT : UNIQLO(MEN'S)BAG : JIL SANDER NAVYSHOES : JIMMY CHOO 【マイベスト2】ハウントの「ゆるニット」 「お尻と腰を完全に覆ってくれるチュニック丈のニット。袖が細くリブが長いので手首を出しやすく、着られてる感なくゆるさが出せます。スキニーでメリハリをつけます」 KNIT : HAUNTPANTS : MOUSSYSTOLE : JohnstonsSHOES : RED WING 【マイベスト3】ビューティ&ユースユナイテッドアローズの「つやプリーツスカート」 「しっかりとしたプリーツの折りが縦ラインを強調し、腰まわりのボリュームを抑えてくれます。ゆったりとしたフーディとの対比効果でより下半身すっきり!」 SKIRT : BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSHOODY : UPPER HIGHTS COLLEGEBAG : VASICSHOES : JIMMY CHOO ここが着やせポイント 【POINT1】首もとが詰まるときはラフなアップヘア小柄なのでフードやボリュームのあるトップスを着るときは、髪をまとめてすっきりと小顔効果を狙います 【POINT2】トップスの袖は基本、まくる手首を出すことで先端に長さが出て全身バランスがよく。きちんとリブがあってまくりやすいのが絶対条件 【POINT3】大きめの靴でバランスをとる足のサイズが22.5㎝と小さいので先が長いポインテッドトゥやボリュームのある靴でひざ下を長く見せる工夫を 気になる部位はしっかり隠して、自信のあるパーツはきちんと見せる 「細いですね」と言われることもよくあるのですが、実は全然そんなことなくて(笑)。手首や足首などよく出す部分が細いのでそう見えるのだと思いますが、薄い上半身に比べて、腰は張っているしお尻は大きいし。まさに洋梨体型なんです。気になる部位は出そうとはせずに、縦ラインを強調するボトムに頼って視覚操作を狙ったり、スキニーをはくときには着丈の長いニットで潔く隠すことも。そして常に袖はまくって、細い手首は出す。これだけでメリハリが出て、全身バランスがアップします。 撮影/花村克彦、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/道端舞子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • 苔むした庭に赤い椿が点々と。 花びらが徐々に散るのではなく、花ごとぽとりと落ちるさまは縁起が悪いという見方もあるようですが、柔らかい苔の上にこのくらいの数なら、かわいいもの。そもそも縁起がいいとか悪いといった"解釈"は、しょせん人間の勝手な都合です。それを言ったら、ほとんどの生物にとって人類の印象は、「嘘、嘘? この重力下でなんで直立二足歩行? バランス悪ぅ」ってなものでしょう。「人間」=「不気味で縁起悪いヤツ」と見られているにちがいありません。 さて、発売中の『エクラ』2月号の中野京子さんのアート連載は「椿」がテーマです(画像2枚目)。イギリスの画家、ジョージ・フレデリック・ワッツによる『選択』には、映画『My Fair Lady』を髣髴とさせるエピソードが秘められているようですが……。詳しくは本誌にてご覧ください。 (編集B)
  • 自然にふんわり仕上がる、テクニックいらずのプチプラチーク。本当に360円(税込み)でいいんですか?こんにちは。 今日は超優秀【プチプラチーク】をご紹介します! セザンヌ ナチュラル チークN 360円(税抜)ピーチピンク/ローズベージュ粉質も柔らかく、ふんわり自然な仕上がりになるのでテクニックいらず。 ブラシにふくませ、ふわっとのせるだけ。 (一度手の甲でトントンとふるい落としてから) 発色がいいのに、つけすぎちゃった!ってことにならないのです。 ピーチピンクは若々しくお肌を明るく見せてくれる万能カラー。 ローズベージュは大人っぽくシックに仕上がるカラー。 なんと13色も色の展開があるので、 チャレンジしてみたい色も気軽に楽しめると思います。 その日の洋服やシーンに合わせてチークも変えてみるのも楽しいですよ。 無香料、無鉱物油、ミネラル成分90%配合。 ブラシもとても柔らかいので持ち運びにも◎ お正月実家に帰った際に、 姉と、弟の嫁ちゃんと朝メイクをしながら、コスメのあれがいい!これがいい!それちょっと使わせて!など、座談会のように盛り上ったのですが、 こちらのチークやはり好評。 インスタグラムのフォロワーさんからも色違いを使ってます!などのコメントを頂いたり、 若い子に限らず、 アラフォーもやっぱり使えるチークなんだと再認識しました♡ 本当に360円(税抜)でいいのですか? そんなチークでした。 前々回にご紹介した、肌の水分量に合わせて自分色にしてくれるディオールチークもくせになってます^ ^セザンヌ ナチュラル チークN ⬅︎My Instagram ⬅︎☺︎❤︎ ファッション、コスメ、グルメなど更新しています美女組No.164 kanaのブログ
  • 憧れの“透明感”美女の結論! あなたにとって、透明感とは?美肌に欠かせないキーワード“透明感”。そもそも、透明感ってどういうこと? いつでも隙のない透明美肌をキープする秘訣とは? 気になる透明感あふれる美女の秘密を徹底リサーチし、2020年こそ、真の透明美肌に!女優・小説家 松井玲奈さん1991年7月27日生まれ、愛知県出身。女優として活躍する傍ら、2019年4月には短編集『カモフラージュ』で小説家デビュー。2020年4月スタートのNHK連続テレビ小説『エール』に出演ハイネックニット¥3800・グリーンニット¥7500/ミスティック ベースヤード原宿店(mystic) イヤカフ¥7000・リング¥11000/e.m. PRESSROOM(DRESS UP EVERYDAY)“透明感”とは……くすみレスである保湿を万全に整えれば透明感はついてくる!「肌の透明感において、“水分量”は欠かせない条件。肌が乾燥すると、毛穴が目立ったりごわついたり、ノイズがくすみとして浮き上がってくるんです。だから、毎日の手厚い保湿ルーティンがマスト。オイルで肌をやわらげたあと、シートマスク、化粧水、乳液と、肌の潤い層を分厚くするようにしています。マスクはコスパ抜群の大容量タイプを使うことが多いですが、大事な撮影前には、特に透明感を高めるものを投入。摩擦もくすみの大敵なので、泡たっぷりの洗顔で優しく洗うようにしています」(松井さん)松井さんのおすすめアイテムモッチスキン 吸着泡洗顔 BK くすみが気になる季節に投入「汚れを吸着して肌トーンを高めてくれる泡洗顔を愛用中♡」(松井さん)150g¥1800/ジェイ・ウォーカーファミュ ドリームグロウマスク〈REVITALIZE・RADIANCE〉大切な撮影の前はコレ!「速攻で肌がトーンUPします」(松井さん)(6枚)¥4200/アリエルトレーディング ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/野﨑千衣子  撮影/岩谷優一  ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/福永いずみ
関連キーワード

RECOMMEND