箱男

Web eclat

僕の最近のお気に入りはココ。
ママが「この箱、捨てられないじゃない、、、」って。

猫を飼うのは初めてでして。本当に箱が大好きですよね! 通販でアランのためにフードやおもちゃを買っても、その製品よりもむしろ箱の方が気に入ってしまう、ということがよくあります。
関連記事
  • 読者から絶大な支持を集める、スタイリスト大草直子さん。2020年秋冬の服のバランスに合わせて髪を切ったという大草さんの最新ヘアスタイルを大公開!スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●スタイリスト、webマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。その他、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。’19年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げた。 Instagram : @naokookusa @naokookusa_styling @amarc_officialfrom Naoko Okusa最後になりましたが、「髪を切った私」に気づいてくれましたか(笑)? 服が少し甘くなったぶん、バランスをとるためにショートにしました。 ずっと切りたかったのに、きっときっかけがなかっただけ。 このアクションだって、今年のいろいろがなかったら起こりえなかったことかもしれません。 変わることに躊躇して慎重になっていた人も、価値観のドラスティックな変化をきっかけに、やりたかったスタイル、気になっていた着こなしに挑戦しましょう。 あとで思い返した2020年が、“私たちのおしゃれを確かなものにした”一年、“自分らしく楽しいものになった”一年になればよいな、と思います。 Your style is you. 私たちのスタイルは、私たちの手の中にあるのです。ニット¥46,000(ルールースタジオ)・パンツ¥26,000(エストネーション)/以上エストネーション ピアス¥12,000/アダワットトゥアレグ 時計¥2,990,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) バングル¥16,000(マリア ブラック)・リング¥68,000(ザ レタリング)/以上ショールーム セッション大草直子さんの記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora/人物) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) モデル・スタイリング・文/大草直子 取材・原文/松井陽子 撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※エクラ2020年12月号掲載
  • いろいろあった2020年も、残すところあと1ヶ月あまり。がんばった自分にご褒美をあげるとしたら、あなたは何を選びますか? 今回は美容愛好家・野毛まゆりと美容ライター北林が、「ご褒美として選ぶなら」という着眼点で「香り」を厳選。気持ちを癒してくれるアイテムをご紹介します!野毛が選ぶ! 年末を華やかに締めくくる「名香」大切な人、思い出に結びついた香りは、いつも自分を元気づける「小学生の頃から愛してやまないフレディ・マーキュリーが好んだ、私にとっては特別な香り。ライブの前にはいつも浴びるほどつけていたそうで、来日時にバックステージに駆けつけたときも、バスローブ姿のフレディから、このアンダーグラウンドフラワーに、レザーとバニラを加えた、甘くセクシーな香りがしてうっとりしたという思い出があります。フレディの命日も、毎年この香りで偲んでいます」(野毛) ランテルディ オーデパルファム インテンス 35㎖ ¥9,700、50㎖¥11,900、80㎖¥14,600/パルファム ジバンシイパルファム ジバンシイの公式サイトはこちら華やか過ぎず、さわやか過ぎず。さりげない甘さが気持ちに寄り添う「基本、甘い香りが苦手な私ですが、スッキリほのかに残る甘さが好きで、デイリーで使っている香水。エレベーターや車の中でも、妙なプンプン感が漂わないだけでなく、『いい香りですね』と、何度も褒められた経験あり。甘いのにみずみずしく、爽やかなのにかわいらしい印象。パッケージも可愛いので、お部屋にあるだけで幸せを運んで来てくれます」(野毛) モン パリ フローラル オーデパルファム 30㎖ ¥8,500、50㎖ ¥12,500/イヴ・サンローラン ・ボーテ イヴ・サンローラン・ボーテの公式サイトはこちら北林が選ぶ! 「クリスマスの特別な香り」で癒される青空がパーッと広がるような、明るくフレッシュなマンダリンの香り「『アクア アレゴリア』は、ゲランでも一番人気のフレグランスライン。そこから10月に発売されたこのマンダリン バジリックの限定コフレは、日本未発売の125㎖のオードトワレに、同じ香りのミニサイズ、それにベルガモットのボディローションがセット。ふわっとまとうだけで、フレッシュで明るい気持ちになれます」(北林)アクア アレゴリア  マンダリン バジリック コフレ(アクア アレゴリア  マンダリン バジリック オーデトワレ125㎖・7.5㎖、ボディローション ベルガモット 75㎖)¥12,500/ゲランゲランの公式サイトはこちら”いい香り”のボディケアに包まれて、心と体をじっくりほぐす「強く香り立つことなく、心と体になじんでふわっといい感じに漂う。サボンのボディケアは、香り方がとにかく絶妙。なかでもクリスマスシーズンのおすすめは『グリーン・ローズ』のスクラブとローションのボディケアのセット。甘さを残しながら、透明感とみずみずしさあふれるフレッシュな香りは、サボンでも一番人気で、香水はあまり使わないという人も抵抗なく取り入れられます」(北林) ホリデーボディケアデュオ グリーン・ローズ(ボディスクラブ グリーン・ローズ 200g、ボディローション グリーン・ローズ140㎖、スクラブ用スプーン ¥4,800/サボンサボンの公式サイトはこちら美容愛好家 野毛まゆり美容愛好家 野毛まゆり外資系化粧品会社の販売・教育を担当したのち、広報PRに。その後退職し、大手化粧品会社の新ブランドの立ち上げなどに携わる。化粧品業界で培った豊富な知識と経験を生かし、女性誌を中心に、美容愛好家として活躍中。美容ライター 北林道子美容ライター 北林道子大学時代よりライターを始め、エクラ世代が経験してきた美容トレンド&悩みをひととおり知り尽くすひとり。美容誌やエクラをはじめとする女性誌、webなどで、美容テーマを長年にわたり担当。「お悩みずばっと解決!美容塾」は、毎月5日・15日・25日に配信予定です。 イラスト/野毛まゆり
  • 今季のカシミヤニットは、洗練されたモダンさと進化したデザインをあわせもつのが特徴。ハイブランドからも続々登場する中で、今回注目したのはメゾン マルジェラのニット。なめらかな素材感が素肌に心地よく、さし色を選べばさらに遊び心あふれるコーディネートが叶います。Maison Margiela【メゾン マルジェラ】キャメルを背景に、きわだつさし色ニットで遊び心をストールのようにニットを巻くコーディネートは、この冬挑戦したい着こなしのひとつ。ベーシックなキャメルのタートルニットに、同シリーズのグリーンのニットを肩がけしてアクセントに。地味色が多い冬だからこそ、鮮やかなさし色をプラスすると表情も華やかに映える。シームレスに編み立てた上質なカシミヤハイゲージニットは、なめらかな素材感で素肌にもストレスフリー。ニット¥139,000・肩にかけたニット¥136,000・パンツ¥82,000・ピアス¥53,000・バッグ¥198,000・靴¥129,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ)「ニット」記事一覧はこちら>>撮影/菊地 哲 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2020年12月号掲載
  • おしゃれなアラフィー読者ブロガーたちは、この秋冬どんなアイテムを選び、何を合わせているの?シンプルながら華のあるスタイルや旬のトレンドを上手に取り入れた大人のこなれスタイルは必見!秋冬のアイテム選びや着こなしテクを参考にして。おしゃれを満喫するヒントがたくさん! 【目次】 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」 ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」 ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」 ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」 ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」 ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」 ⑦コーデの主役「コート」 ①スタイルアップを叶える「大人シャツ」華組 沢辺史さんブログ「初めましてのランチ」よりブラウスはMila Owen。袖のリボンと総レースが気に入ってます。ZARAのベルト付きハイライズパンツは形もsizeも理想のものだったので、エクリュもイロチ買いしました。en recre のウォレットバッグに、私の足にピッタリ 銀座かねまつ MISS SLENDER のパンプス。雨予報が晴れになりライダース(GRACE CONTINENTAL)は必要ないくらい暖かな一日でした。トップス/Mila Owen パンツ/ZARA ライダース/GRACE CONTINENTAL バッグ/en recre 靴/銀座かねまつ MISS SLENDER 華組 伊藤美帆さんブログ「今季一押し!ボウタイブラックブラウス」より今年はボウタイブラウスが沢山出ていますが、E by éclat でポチッとしたブラウスが、あまりに優秀でヘビロテ中です。前後2way で着られて、着回ししやすい。着用シーンを選ばない。シャツ/E by éclat華組 鈴木たま江さんブログ「初秋のおしゃれはシャツコーデ」よりこの日のコーデは袖コンシャスなブラックシャツ。バンドカラーの襟元にギャザーが入ると柔らかく少しフェミニンな印象になります。お気に入りのパンツはeclat premiumで購入した完売パンツです!シャツ/ノーブランド(ホテルブティック購入) パンツ/col pierrot(コルピエロ) 靴/NEBULONIE バッグ/VASIC 首元が綺麗に詰まったバンドカラーと袖口の大きなカフス(見えてませんが笑)キュンキュンポイントのシャツ。ブラックデニム合わせてマニッシュスタイルなシャツワンピです。シャツワンピース/ESSEN LAUTREAMONT デニム/ZARA サンダル/Hermes バッグ/Hermes華組 木原みどりさんブログ「gotoで優雅に過ごすホテル時間」よりMerletteの白トップスと青みピンクのパンツコーデ。暗く、重くなりがちな秋冬のコーデに、明るい色を刺し色にしたコーデ。トップスの揺れ感もとても女らしくみえます。トップス/ Merlette パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK イヤリング/Shourouk バッグ/HERMES華組 成田千恵さんブログ「デコラティブな白シャツで華組ランチ」よりランチコーデには、こんなデコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。 シャツやブラウスのクリーンなイメージが大好きで、なぜかクローゼットに集まってしまうアイテムですが、今シーズンはますます活躍しそうです。シャツ/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)華組 豊田真由美さんブログ「シャツ×デニム 秋の鉄板スタイル」より今の時期、私の鉄板ワンツーコーデです。袖コンシャスなシャツには、ボトムはすっきり見えするデニムを。シャツ/loaf デニム/RED CARD 靴/oriental traffic バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「ノーアイロンのBigスリーブシャツ」より#newansという新しいブランドの展示会で予約したシャツ。届いてみたら着回し力抜群で、とても便利なので、ご紹介させてください。#newans と書いて、「ハッシュニュアンス」と読むこちらのブランド、おうちで洗えてノーアイロンでオッケーなシャツを中心に、普段使いしやすいお洋服がたくさん展示されていました。普段はホワイト大好きなのですが、このシャツに限っては優しいグレーの方がしっくりきました。やはり試着は大切ですね。届いてみて驚いたのは、こんなにビックシルエットなのに、インしても、もたつかない事!ハイウエストのパンツと相性抜群です。シャツ/#newans パンツ/ Barneys Newyork バック/Hermès 靴/ MANOLO BLAHNIK ブログ「今年も活躍!ZARA の華ありブラウス」よりZARA の大人の華ありブラウス。今年と過去のコーデを比べてみました。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。2年前に購入したレースのトップス。今季はインナーをブラックにして、柔らかい落ち感のあるブラックのパンツと合わせたいな。と思っています。大きめなサイズを選んだのが良かったのか、今年も活躍してくれそうです。こちらは柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。今年はインナーはグレー、ボトムスはネイビーのタイトスカート、と同系色まとめて、リラックス感を出したいな。と思っています。トップス/ZARA  パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ華組 朝生育代さんブログ「今シーズンお気に入りのシャツ♡」よりシンプルなコーデがマイブームな私。今一番気に入っているシャツはこれ!大好きなドゥロワーで見つけたのはストライプのこちらのシャツ。今の時期にぴったりなので、ボトムスを変えてヘビロテしています。この日はジーンズ合わせで、久しぶりにヒールのパンプスを履いて。シャツ/ドゥロワー デニム/mother 靴/dolce&gabbana バッグ/old celine別の日は今季の茄子のような色のパンツとスニーカー。ドゥロワーの定番ストレートパンツは、私の体型に合うので毎シーズンチェックして、気に入った色や生地があれば買い足しています。シャツ/ドゥロワー パンツ/ドゥロワー スニーカー/novesta バッグ/dior華組 近藤和子さんブログ「ある日のモノトーンコーデ」よりこの秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。シャツ/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド華組 山口りえさんブログ「華組ランチ会 in 白金」よりお友達とのランチの日のコーディネート。Dolce&Gabbanaの白シャツにseven dotのパンツを合わせました。シャツ/Dolce&Gabbana パンツ/seven dot 靴/FABIO RUSCONI バッグ/Louis Vuittonブログ「秋にぴったりのスニーカー♪」よりベージュのワントーンコーデに合わせて、ブランチへ。秋一番のお買い物はノヴェスタのベージュスニーカーを履いて。Zaraのカゴバッグは、フェイクパールが付いていて一目惚れしたもの。 パールものには無条件でメロメロです。シャツ/Madison Blue スカート/Whim Gazette スニーカー/ノヴェスタ バッグ/Zara ②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」華組 成田千恵さんブログ「休日リラックススタイル」より冬は流行に関係なく、毎年白コーデが大好きです。 休日にはこんなリラックス白スタイルで。ニットは昨年ご紹介したPLSTのコスパ大のニット。した肉厚なウールタートルニットで、カラーも豊富でデザインもまさに旬の形が揃っています。トップス/PLST パンツ/JAMAIS VU (ジャメヴ) ストール/ MOON バッグ/PELLICO(ペリーコ) 靴/GUCCI華組 有村一美さんブログ「今大人気!N.O.R.Cのニット」よりN.O.R.Cのニット、今季一番のおすすめです。色は大好きなグレージュ(商品名はベージュ)、カシミヤが入っているのでふんわり柔らかな手触りの「ウールカシミヤタートルニット」夕日が当たって色が少し明るくなっていますが、見頃にゆとりがあるのにシルエットはスッキリ、丈も絶妙です。スカートにもパンツにも合わせやすそうです。ニット/n.o.r.c by the line パンツ/epoca the shop コート/herno バッグ/chanel ブーツ/hermes華組 謝名堂華菜子さんブログ「グリーンVニットで、都立大cafeぶらぶら♩」より秋散策は、すっきりVネック&マキシスカートで。昨冬終わりに買い、なかなか着る機会が無かったバナナリパブリックのウォッシャブル メリノウール100% Vネックセーター。ダークなグリーンと首縁、袖元に控えめに入っている立体ラインが気に入っています。ニット/BANANA REPUBLIC スカート/ne Quittez pas 靴/6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS バッグ/handmade華組 鈴木たま江さんブログ「マンダリンオリエンタルホテル東京へ」よりこの日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪前後どちらでも着れるケープ型ニットは、袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です。ニット/ SOEJU (ソージュ) パンツ/Apuagirl バッグ/Hermes ブーツ/ZARA華組 木原みどりさんブログ「ATONで見つけたラブリーなニット」よりこの秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!グレーともラベンダーとも言える絶妙のくすみカラーで、今の私の気分にピッタリの1着!ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK バッグ/HERMES華組 近藤和子さんブログ「ラメニットをカジュアルに」よりラメと言うと、エレガントなイメージですが、私はカジュアルに着てしまいます。このラメニットカーディガンは、COOMB (クーム)のもの。ラメのキラキラが入ると、単調になりがちなモノトーンコーデにスパイスが加わって、新鮮です。キラキラ好き世代のアラフィー世代にオススメです。カーディガン/COOMB Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Odette e Odile バッグ/グローブトロッター華組 謝名堂華菜子さんブログ「ふんわりニットカーディガンで、アート空間へ」より端境期はロングカーディガンをアウター代わりに。プチプラなのにこんなに手触り良くたっぷり丈で、大満足なカーディガン。プチプラブランドのCOCAのものです。ロングカーディガンの下は ワンピース+ロングブーツのワンツーコーデでした。ワンピース/TOMORROWLAND カーディガン/COCA バッグ/MARCO MAGI ブーツ/made in Italy (10年以上前にセレクトショップで購入)華組 成田千恵さんブログ「埋もれるタートルお探しの方へ」よりこんなちょっと顔が埋もれてしまいそうなタートルネックは、一枚着るだけで、旬な着こなしが楽しめます。リラックス感ある、ゆったりしたオーバーニットなので、ワンマイルカジュアルにもピッタリ。プチプラながら、程よい厚みでウール混なので、機能面でもなかなか優秀です。大好きなフリンジバッグにフリンジブーツを合わせてスタイリングのアクセントにしてみました。ニット/ユアーズ パンツ/ユニクロ バッグ/ウィム ガゼット ブーツ/スチュワート・ワイツマン華組 沢辺史さんブログ「定番シンプルなワンツーコーデ」よりお洒落女子とのランチ、なにを着たらいいか迷った日のコーデです。まずはパンツから。一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。暑がりな私には脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s華組 木原みどりさんブログ「ユニクロUの本命くすみカラーニット」より最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかったくすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!秋らしいニュアンスの色味なので、夏から秋へうまくバトンを渡してくれます。ニット/ユニクロ パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES華組 伊藤美帆さんブログ「“お散歩コーデ“と“プチプラピアス”」より毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。トップス/ANAYI スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE ③フェミニンな美シルエット「ワンピース」華組 謝名堂華菜子さんブログ「秋色花柄ワンピで、芸術パフェを食べに♩」よりこの秋手にしたpapillonnerの花柄ワンピース。花柄だけど、落ち着いた色味なので照れずに着られます。グレージュ&ホワイトの色味が落ち着いていて、離れると無地見えするくらいの、穏やかなフラワープリントです。ワンピース/papillonner カーディガン/COCA バッグ/dragon ブーツ/made in Japan(セレクトショップで20年以上前に購入)華組 宮原 江里子さん今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UPワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import 腕時計/HERMES 指輪/TOD'S ネックレス/Ponte Vecchio華組 謝名堂華菜子さんブログ「ZARAドットワンピで、山種美術館へ」より美術館へはクラシカルな服を着て行きたくなります。ZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 腕時計/Cartier ④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」華組 近藤和子さんブログ「華組同期ランチは、ネイビーワントーンで」よりこの日のコーディネートは、落ち着くネイビーワントーン。袖のスリットが気に入って購入したニットはSLOBE IENA、チュールスカートはプチプラのCOCA。エルメスのバングルやバッグで格上げしました。ニット/SLOBE IENA スカート/COCA バッグ/エルメス バングル/エルメス華組 佐藤綾子さんブログ「紅葉が始まった蓼科へ」より今年購入したIENAのレーススカートに、カウチンを羽織って♪裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。カウチンは袖が着物のように広がるシルエットで大人の雰囲気になるようまとめてみました。 カウチン/edit & co. シャツ/Ralph Lauren スカート/IENA ブーツ/SARTORE華組 伊藤美帆さんブログ「リュクスパーカーとクラッチバックで大人カジュアル」よりこちらのパーカーとサテンスカートはエルーラというブランドです。大人気のリュクスパーカーは、艶とぽわっとした張りがなんとも大人可愛いとても優秀なパーカーです。クラッチバックをプラスすると、カジュアルなパーカーコーデも、ちょっと大人の余裕。パーカー/エルーラ スカート/エルーラ バック/ZARA ブーツ/セルジオロッシ華組 近藤和子さんブログ「大人パーカー+サテンスカートでワンツーコーデ」より大人パーカーとサテンスカートでワンツーコーデ。このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。パーカー/Elura  スカート/Elura  バッグ/エルメス華組 横山希世さんブログ「秋の品格ワンツーコーデ」よりゆったりコットンニットに薄手マキシスカートを合わせました。半袖のトップスもカーキなどにすると秋らしい雰囲気になりますね。季節の変わり目は毎年着る物に悩みますが季節感や気温を考えながら、早めのシフトチェンジを心がけています。スカート/アッパーハイツ華組 豊田真由美さんブログ「プリーツスカートコーデ」よりプチプラなプリーツスカートです。この秋冬もプリーツスカートの人気は健在。エコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。 トップス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/ New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE光沢感のあるプリーツは秋らしくブラウン系にまとめて。トップス/ PLST スカート/GU 靴/CARRANO バッグ/YSL華組 有村一美さんブログ「イロチ買いしたくなる!エコレザースカート」よりこの季節に使い勝手抜群&プチプラには見えない長さとカラーバリエーション。これは買いです!GUの「フェイクレザーフレアミディスカート」。買ったのはダークブラウンとベージュですが、ブラックとパープルもあり。トップス/uniqlo(men's) スカート/gu 靴/gu バッグ/bottegaveneta アクセサリー/hermesこちらはダークブラウンのスカートコーデ。ベージュのシルクブラウスを合わせただけの楽チンコーデですが、スカートの質感が違うだけでちょっとこなれて見える感あり。このスカートはレオパード柄のパンプスや小物と好相性なので色々楽しめそうです。トップス/ユニクロ スカート/gu 靴/gu アクセサリー/hermes ⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」華組 鈴木たま江さんブログ「ウェストに技あり☆見栄えパンツ」よりシンプルコーデが好きなのでパンツは一枚で見栄えするウェストにポイントのあるものがお気に入りです。シンプルなシャツ&パンツコーデだけどウェストのおかげで見栄えしてます。シャツ/ AK +1 パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/FENDI袖コンシャスな黒ブラウスに合わせたコーデシャツ/No brand パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Jimmy choo バッグ/moontreeplanet同じパンツに同色のニットを合わせて。お地味になりがちな定番コーデですがウェスト部分が折り返しになっているのでシンプルなのに技ありコーデ完結。ニット/GEMINI (Whim Gazette で購入) パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/HERMES華組 朝生育代さんブログ「細見え効果抜群のmotherデニム。」よりこの秋、グレーのデニムを更新。ブラックに近いグレーで股上深めのデザインと程よいフレアでスタイルアップ効果も抜群!ストレッチも効いていて履き心地も良いので、ついつい履いてしまう。このギャラリーヴィーのニットも着心地の良さ、ネック、丈感が気に入りすぎて、毎年1枚ずつ買い足しています。ニット/ギャラリーヴィー デニム/ 帽子/Maison Michel 靴/Walter Steiger華組 豊田真由美さんブログ「スタイルアップしてくれる優秀パンツ」より気になるお腹周りをスッキリみせてくれる、タックパンツのご紹介。ソージュさんのサロンで出会ったミントカラーのパンツ。ミントの華やかさはもちろん、気になるところをカバーしてくれる優秀パンツ。斜めからタックが入っていて、お腹周りがすっきり。しかも足元に向かって細くなっているので、足のラインをとても綺麗に見せてくれます。トップス/STYLE DELI パンツ/SOEJU 靴/ENZO ANGIOLINI バッグ/HERMES ⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」華組 成田千恵さんブログ「ネイビートラッドで華組同期ランチへ」よりもしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。コート/ Deuxieme Classe トップス/And A パンツ/H&M バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PIPPICHIC(ピッピシック)ブログ「トップグレーで冬を迎える」より冬は白コーデが大好きなわたしですが、今年は特にトップグレー×白コーデにハマっています。このトップグレーの上下は、実はセットアップではありません。JOHN LAWRENCE SULLIVANのトップスに一目惚れして購入したものの、どうしても上下セットアップにしたくて、限りなく近いボトムスを散々探して、ようやくTOMORROWLANDで見つけたパンツとの溺愛セット。ジャケット/ENFOLD トップス/JOHN LAWRENCE SULLIVAN パンツ/TOMORROWLAND タートルニット/COS スニーカー/NIKE Air Max 95 バッグ/Maison Margielaブログ「ZARAの旬顔ジャケット」より今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していたのですが、パワーショルダーやビッグシルエットはアラフィーのわたしには厳しい。また、茶系のチェック系が多く、どうもわたしには着こなせそうになく、躊躇していました。ところが、先週ZARAに足を運ぶと…わたしの理想にぴったりなジャケットがありました!ジャケット/ZARA トップス/martinique (マルティニーク) パンツ/d'un a dix (アナディス) 靴/PIPPICHIC(ピッピシック) バッグ/HERMESブログ「今シーズンはブーツで‼︎」よりちょっとゴツメなブーツたちは、ダッドスニーカーの代わりに是非取り入れてみてはいかがでしょうか? こういったショートブーツをパンツに合わせる時、一番困るのはパンツの丈とのバランスです。着用しているのは何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツで、この裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。ジャケット/ZARA トップス/AURALEE(オーラリー) パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF サングラス/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)ロングスカートを合わせてみました。 ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大で、スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。ジャケット/ZARA トップス/ AURALEE(オーラリー) スカート/IENA バッグ/Maison Margiela (メゾン マルジェラ) サングラス/CELINE華組 横山希世さんブログ「今年の秋は黒のジャケットで楽しむ♩」より秋一番のお気に入りのジャケットです。カシミア混ウール×レザーのtheoryの黒ジャケットです。デニムにも合うのでオンオフどちらでも使えそうです。スカートもtheoryの物。フレアが綺麗です。最近は黒のコーディネートが好みです。ジャケット/theory スカート/theory 靴/トッズブログ「ショートブーツ。Dr.Martinの大人コーデ」よりDr.Martinのブラックステッチはすっきりと大人の雰囲気です。数年前頃からまた若い世代を中心に人気再燃したDr.Martin。ジャケットとパンツでハンサムコーデ。ジャケット/theory ブーツ/Dr.Martin華組 木原みどりさんブログ「この秋、私の品格ワンツーコーデ」よりこの秋に活躍してくれる私のワンツーコーデ。秋物を探しにエストネーションにパトロールに出かけた際に、一目惚れしたジャケットとパンツ。セットアップではもちろん、上下別でもとにかく使い回しが効く万能なスーツです。ジャケット/COL PIERROT FOR ESTNATION パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION トップス/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/Chatelles ⑦コーデの主役「コート」華組 成田千恵さんブログ「コートを更新しました。」よりいつも大好きな白コーデや、今年ハマっているTOPグレーに合わせやすいグレーのコートを選びました。ほぼわたしの理想を叶えていたのが、こちららのebureのコートでした。コート/ebure ニット/ZARA シャツ/COS パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/MANOLO BLAHNIK華組 木原みどりさんブログ「キレイ色コートを纏って華組ランチ」より爽やかなブルーのコートを羽織って、大好きな華組の方々とのランチ会に出かけてきました!コート/SOEJU ニット/ATON インナー/ATON パンツ/MADISONBLUE shoes:JILSANDER バッグ/CLOUDY華組 朝生育代さんブログ「秋が深まるとムートンジレの出番♪」より肌寒くなってきたので、お気に入りの「カールドノヒュー」のグレーのムートンジレ。数年前に気に入って購入して以来、秋にはブラウスやシャツと、冬はセーターにと毎年大活躍しています。ジレ/カールドノヒュー シャツ/bagutta パンツ/darwer スニーカー/novesta バッグ/goyard華組 謝名堂華菜子さんブログ「明るめカーキのモッズコート」よりモッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です!ボーダーにゆったりデニムにバレエシューズです。コート/JOURNAL STANDARD relume華組 近藤和子さんブログ「セットアップ+コートワンピースで結婚記念日ランチ」よりSOÉJU(ソージュ)というブランドのワイドパンツにコクーンブラウスをセットアップのように合わせ、コートワンピースを重ねて少しだけキレイめにコーディネートしました。ソージュの服は、着心地が良く、シンプルなので着回し抜群でお気に入りです。ハリと光沢があって形がとてもキレイなコートワンピースはウエストを絞るとふんわりとして雰囲気が出ます。トップス/SOÉJU パンツ/SOÉJU コートワンピース/SOÉJUブログ「ゆったりな オーバーサイズトレンチコート」より正統派のトレンチコートも素敵ですが、もっと気楽に着られて、カジュアルにも綺麗めにも合うトレンチコートをずっと探していて、やっと出会えました。トレンチコート/Lavish Gateブログ「ミルクティーベージュのゆったりコート」よりとても軽くてカーディガン感覚で着られるゆったりシルエットのコートは冬を待たずにもう着ています。暖かくて軽いこのウールのコートは、先日のオーバーサイズのトレンチコートと同じ、Lavish Gate のもの。コート/Lavish Gate トップス/ヘインズ デニム/healthy denim 靴/バナナリパブリック バッグ/マルコマージ    ▲【2020秋コーデ】トップに戻る▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 舞踊歴70周年を迎えるバレリーナ・森下洋子さん。今もなお、第一線の舞台に立ち続ける森下さん曰く「できなくても“少しずつやっていけばできる!”“大丈夫!”と自分に声をかける」ことが成長の秘訣とのこと。富岡佳子さんとの“現役同士”の対談の最終回です。>>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談1】はこちら>>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談2】はこちら>>【富岡佳子×森下洋子 スペシャル対談3】はこちらできることに目を向けて、自分をほめることが大切富岡 今、夢があるとしたらなんでしょう? 森下 夢はね、明日、お稽古ができること。その延長で来年の70周年で『ロミオとジュリエット』を踊れたらいいなと思いますね。これだけ長い間踊っていられるのはまわりの人の支えがとても大きい。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、このすばらしいクラシックバレエをもっと多くの人に見ていただきたいし、平和への祈りをこめて踊り続けたい。もし、海外のバレエ団に入団していたら、今踊っていることはなかったでしょう。舞台は一瞬なの。2度と同じ時間は戻ってこないから、その瞬間に全力を出すためには毎日お稽古をするしかない。それでも完璧ということはないし、山登りと違って頂上がない。でも、終わりがないことがおもしろいと思うし、それをこうして追求できることが、すごくありがたいですね。 富岡 先生のご著書にあった、「踊り手をやめたときに真価がわかる」という言葉が印象的だったのですが。 森下 50代のときに出会って大切にしている、稲盛和夫さんの『生き方』という本の中に、人間の真価は生まれたときからどれだけ自分の魂を磨けたかだ、とあって。確かにそうだと思う。終わりはいつかきます。そのときに「なんて幸せな人生を送れたんだろう」って思える人間でありたいと。ごくごくあたりまえのことができないこともある、でも少しずつでも変わっていけるといいですよね。 富岡 私も愛読している『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』という哲学書があるのですが、ものを借りるときは「これ使っていい?」「いいよ」、借りたら「ありがとう」、なくしたら「ごめんね」。そんなシンプルな言葉が、心では思っていても、大人になるといえなくなったりしますよね……。どんなお願いにもひと言「いいよ」っていえたなら、その場は平和になるんですけどね。 森下 本当ね。まわりに感謝して、私はすぐに「ありがとう」という言葉をいえるように心がけています。できなくても「少しずつやっていけばできる!」「大丈夫!」と自分に声をかける。 富岡 自分をほめたり励ますのは大変ですよね。 森下 くさったら絶対にダメ。できないことに目を向けるのではなく、できることを見つけて自分を励ます。プラス思考で。 富岡 そうやって人間は一生、成長していくのかもしれませんね。【Yoshiko’s MEMO】対談を終えて…… 「表情もお声もお言葉も、まるで少女のよう。インタビューの間中、森下さんの全身から放たれるその純粋なオーラに、感銘を受けました。シンプルに生きたいと思っても、普通はなかなかできることじゃない。好きなことがあるって本当にすごいなと身にしみて感じました。バレリーナとファッションモデル、まったく違う職業ですが、私もこれからも誌面をとおして、読者の皆さんに夢や希望を届けられたらいいなと改めて思った、貴重な時間でした」【INFORMATION】松山バレエ団 ’20年Xmas 公演『くるみ割り人形』 松山バレエ団では初演から39年目を迎える『くるみ割り人形』を森下洋子を中心に全幕公演。11/14、15 東京文化会館、11/28 さいたま市文化センター、12/6 府中の森芸術劇場、12/13 世田谷区民会館、12/19 神奈川県民ホールにて開催予定。詳しくは松山バレエ団ホームページを。チケットの申し込みは、☎03・3408・7939、またはticket@matsuyama-ballet.comへ。撮影/高木将也 ヘア&メイク/鈴木ナオ(eight peace /森下さん) 野田智子(富岡さん)  スタイリスト/村山佳世子(富岡さん) 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ2020年12月号掲載
  • 水曜日のねこたちへー明日のためのメッセージー #84。写真集「残念すぎるネコ」や「必死すぎるネコ」などで大人気の猫写真家 沖 昌之さんのネコ写真を心に響くメッセージとともに毎週水曜日にお届け。模倣によって偉大になった人はかつて一人もいなかった。 サミュエル・ジョンソン (イギリスの批評家 1709-1784) 沖 昌之 おき まさゆき/猫写真家。主に外猫を撮影し、猫の自然な姿をとらえた写真が人気。写真集に『ぶさにゃん』『必死すぎるネコ』『残念すぎるネコ』『俳句ねこ』 『ヒミツのヒミツの猫集会』 など。最新刊の写真集『明日はきっとうまくいく』 『にゃんこ相撲 下町編 写真絵本』が絶賛発売中。 Instagram:@okirakuoki twitter:@okirakuoki カモチ ケビ子 かもち けびこ/名言選者。偉人の名言格言諺に励まされてきた人生。座右の銘「老いた雌鶏は良いスープを作る」。アラフォー婚活ブログ:アラフォーケビ子の婚活記。 Instagram:@kbandkbandkb
  • セットアップに合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。スーツスタイルの最終仕上げに! 「ティファニー T ワン」にイエローゴールド&ホワイトゴールドが登場ティファニーの新コレクション「ティファニー T ワン」から、既存のローズゴールドに加え、この秋イエローゴールドとホワイトゴールドのバングルとリングの全9型がラインナップ。エレガントでありながら、エッジが効いたシャープなデザインは、スーツの手もととも相性抜群。自分へのごほうびに新調してみては? 中央はホワイトゴールド、右とバングルはイエローゴールド。バングル¥415,000・リング 各¥196,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)色バリエが豊富!「トッズ」からスモールレザーグッズの新シリーズが発売「トッズ」からこの秋発売された「トッズ コローリ」は、ユニセックスなスモールレザーグッズの新シリーズ。ラインナップはウォレット4型、カードケース2型、キーケース1型の全7型。素材は細かなシボと上品な光沢感の型押しカーフレザー製で、ベーシックから鮮やか色まで、カラーバリエーションの豊富さも魅力! イエロー×グレーなど、内側を開けるとバイカラー仕様になっている。全部で12色展開。カードケース(H7×W11×D2.5)各¥23,000/トッズ・ジ ャパン(トッズ)仕事向きのシックなデザインがそろう、 「J&M デヴィッドソン」のコラボヘアアクセサリー今秋、「J&M デヴィッドソン」が、仏のヘアアクセサリーブランド「アレクサンドル ドゥ パリ」とコラボしたスペシャルコレクションを発表。ブランドのシグネチャーでもあるスタッズをはじめ、パールやスワロフスキー®・クリスタルを使用したクリップやヘアゴム、バレッタは華やかかつモダンでありながら、機能的で使い勝手も抜群。 〈上から〉ヘアアクセサリーケース¥25,000・ヘアクリップ¥11,000・ヘアゴム¥19,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)最高級レザーを使ったミニマムで洗練されたデザイン。 「アフラ」の新作バッグに注目トッズで15年間クリエイティブアクセサリーデザイナーとして活躍した、モニカ・キオッツィによる「アフラ」は、’17年デビューのイタリアのバッグブランド。最高品質のレザーを使った、ミニマムなフォルムと知的な女性らしさが魅力。収容力があり、使い勝手を考えてデザインされているので、エグゼクティブ女性向きだ。 上はポーチつき、下はストラップつきと機能も充実。〈上〉バッグ(H31×W38×D13)¥98,000・〈下〉バッグ(H25×W32×D15)¥103,000/三喜商事(アフラ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) 取材・原文/新田幸子 ●本文中の( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズを表します。H=高さ、W=幅、D=マチで、単位は㎝です。 ※エクラ2020年12月号掲載 
  • 肩レングスの王道ボブは、フロントの仕込みがアレンジのこなれ感を左右! 顔まわりの仕込みで簡単にアレンジ映えをかなえる最新ヘアをご紹介。おしゃれの幅が広がり得する!《アレンジ映えボブ》フロントの仕込みが、アレンジのこなれ感を左右!肩レングスの王道ボブは、顔まわりに仕込みがたくさん。前髪は頰骨の長さでサイドにつなげるようにカット。結んだときにはらりと落ちるニュアンスのある雰囲気に。さらにもみあげの毛束をあごの高さに設定するとひとつ結びの後れ毛としてバランスがよく、簡単にアレンジ映えが。【担当/秋葉千菜さん(GARDEN Tokyo) モデル/山本亜矢子さん(45歳・会社員)】シャツ¥15,000/パブリック トウキョウ 渋谷店(パブリック トウキョウ) ピアス¥13,000/フォーティーン ショールーム(フィリーニュ)SideBack【Before】GARDEN TokyoGARDEN Tokyo東京都中央区銀座7の9の15 GINZA gCUBE 11F TEL:03・5537・5510 http://www.garden-hair.jp>>50代ヘアスタイル 記事一覧はこちら撮影/岩谷優一(vale.) メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/高橋美帆 取材・原文/松井美千代 ※エクラ2020年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND