ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

クラス感があり今っぽさも! 凛としたスタイルが旬の「ワンハンドルバッグ」8

Web eclat

【HERMÈS】大人の余裕を感じる、リュクスでエフォートレスなルックス

ネイビー×バーガンディの配色がフレンチシックな「24/24」。端正なスクエアフォルムをあえてソフトレザーでしなやかに仕上げるエルメスの遊び心がニクい。

バッグ(H27×W29×D14)¥1,010,000・ニット¥177,000・デニム¥152,000・スカーフ¥52,000・(右手)リング(PG)¥244,000・エナメルブレスレット¥90,000・白のエナメルブレスレット¥39,000・(左手)エナメルブレスレット¥82,000/エルメスジャポン(エルメス)

【CELINE】アイコニックな「16(セーズ)」で注目のモードコンサバ顔に

セリーヌの新アイコンバッグ「16(セーズ)」は、かっちりとした印象ながらクラシカルでエレガント、そして知的さが漂う。ひと目で旬を物語るブランドのパワーを味方にするのも、おしゃれを格上げするためのひとつの方法。取り入れた人からその価値に気づくはず。

バッグ(H23.5×W32×D13)¥510,000・ジャケット¥420,000・ニット¥75,000・パンツ¥140,000・靴¥235,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

【GUCCI】上品なインパクトを添える魅惑的なレッド×ゴールド

新作のスカーフつきスエードバッグは、ダブルGをリングで囲んだモチーフが特徴。深みのある赤いスエードとゴールドバックルが、コーディネートの華やかなアクセントに。ハンドルのシルクスカーフは取りはずし可能で、スカーフ単品として使えるのもうれしい。

バッグ(H21×W30×D9.5)¥337,000・ジャケット¥410,000・ニット¥98,000・スカート¥170,000・ベルト¥236,000・リング¥71,000/グッチ ジャパン(グッチ)

【FENDI】軽やかなホワイトが目をひく、「ピーカブー」のニューモデル

メゾンを代表する人気バッグ「ピーカブー」。新作はフロントのクロージャーが開けやすいように進化し、ステッチが効いたデザインに。ノーブルな印象はキープしつつ、クロージャーを閉めると端正、開けるとラフな雰囲気と、違った表情をのぞかせるので、どんな着こなしともマッチ。

バッグ(H26×W33×D12)¥516,000・ジャケット¥319,000・ブラウス¥135,000・スカート¥185,000・タイツ¥37,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

【Delvaux(デルヴォー)】ベルギー王室御用達の気品漂う「ブリヨン」

台形のフォルムとハンドルのカーブ、馬蹄をイメージしたバックルの調和が美しい「ブリヨン」は、ラグジュアリーな魅力を放つエターナルなシグネチャーバッグ。

バッグ(H16×W20×D11)¥560,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)
あえて遊び心のあるチェックを遊ぶのも小粋。

バッグ(H21.5×W29×D13.5)¥710,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

【Launer(ロウナー ロンドン)】女王エリザベス2世が愛用する「トラヴィアータ」

「椿姫」と名づけられたオーセンティックなバッグは、ミニマルなデザインの中に品格を宿した淑女なルックスがポイント。フロントのロゴもさりげない華やかさ。カジュアルにも映える懐の深さを実感して。

バッグ(H20×W23.5×D10)ブラックパテント、赤茶、ブルー、ブラウン 各¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン)

【MOYNAT(モワナ)】パリの往年の女優の名を冠した「レジェンヌ」

1903年に発売された、ベル・エポック時代にパリで活躍した女優、カブリエル・レジェンヌの名をもつバッグをモダンに復刻。隠しきれない上質さがブルジョワシックなたたずまいに表れている。繊細なカーブを引き立てるツートーンのデザインが印象的。

バッグ(H17×W23×D9)各¥750,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)

【Valextra(ヴァレクストラ)】ʼ60年代の伝説的なバッグを復刻。「セリエ エス」

1961年に発売されたドクターバッグからヒントを得て作られたものを、スタイリッシュにリモデルした新しいアイコンバッグ。丸みのある台形のプロポーションが醸し出す優雅でリッチなムードを楽しみたい。ヴァレクストラらしいカラーバリエーションにセンスが光る。

バッグ(H15×W21×D9)各¥335,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)
撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/浜田英枝 ネイル/ ASAKO モデル/冴島理映(image) 取材・原文/天野志穂 ※エクラ11月号掲載 ※サイズ表記は次のとおり。H=高さ、W=幅、D=マチで、単位は㎝です。
関連記事
  • 赤坂の高台にオープンしたラグジュアリーホテル「フレイザースイート赤坂東京」。ここのダイニングレストランとして『MOSS CROSS TOKYO』が誕生した。『MOSS CROSS TOKYO』旅するように日本各地の食材を楽しむフレンチ フランス・ブルゴーニュやシャンパーニュ地方で研鑽を積み、都内のレストランのシェフとして活躍してきた増山明弘シェフが料理長に就任。日本各地で出会って惚れ込んだ食材や調味料を、フレンチの技でワクワクする美味に仕立てる。「SHOKADO-9」と名づけられた前菜で、まずは増山流フレンチのエッセンスを感じてほしい。各地の食材が繊細な味に昇華された9品が杉のお弁当箱に詰められていて、全国を旅する気分になれる。天井までの窓から庭の緑が眺められ、昼は日の光がたっぷり入るくつろぎの空間。この時期に安心なテラス席もあり、気候のよいときにぜひご活用を。埼玉県産うずらをマデラ酒と山椒のソースで。蓮の葉で包みうま味を閉じ込めながら蒸し焼きに。各地の食材に造詣の深い増山明弘シェフ。「SHOKADO-9」。当日の食材からのインスピレーションで仕上げる。伊勢志摩産伊勢海老を炭焼きに。海老の殻でとったアメリケーヌソースに柚子の香りを添えて。全224室が32〜60㎡と快適な広さを誇るシンガポール発のラグジュアリーホテル。東京都港区赤坂5の2の33フレイザースイート赤坂1F ☎03・6441・0781  11:30〜14:00LO、18:00〜21:00LO 不定休>>グルメ 記事一覧はこちら取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年1月号掲載
  • 11月前半のnon-no Web『毎日コーデ』の人気コーデをTOP10でお届け!【10位】 色もシルエットも主役級スカートは大人見えトップス合わせが好バランス【毎日コーデ】▶詳細をチェック【9位】 アレンジしやすいシンプルワンピはパンツを合わせて個性をプラス!【毎日コーデ】 ▶詳細をチェック【8位】 西野七瀬はストンと縦長シルエットでレイヤードを大人仕上げ【毎日コーデ】▶詳細をチェック【7位】 まろやかなベリー色パンツで透明感あふれる好感度ガールに【毎日コーデ】▶詳細をチェック【6位】 人気のキャミワンピレイヤードはシックカラーで差をつけたい!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【5位】 新木優子は定番モノトーンコーデをスポーティ小物でこなれ感倍増!【毎日コーデ】▶詳細をチェック【4位】 もこもこアウターでいつものデニムに今っぽい可愛げを添えて【毎日コーデ】▶詳細をチェック【3位】 馬場ふみかは渋色ワンピ+ゆるカーデでやせ見えも女らしさも欲張りに♡【毎日コーデ】▶詳細をチェック【2位】 西野七瀬はボリュームニットをストレートパンツ合わせで大人のこなれ感【毎日コーデ】▶詳細をチェック【1位】 渡邉理佐は、チェック柄のフレアワンピに黒小物を合わせて脱・ほっこり【毎日コーデ】▶詳細をチェック※11月17日~11月30日集計
  • 思わずポチり。どれがzaraだかわかります?!こんにちは。 Makiです。 12月になりましたね。 1年がとても早い。 今年は自粛期間もあって尚更早く感じるのか、歳のせいなのか。  さて今日は、久しぶりに覗いた(行った風ですがオンラインでの) zara購入品のご紹介です。 UNIQLO同様、絶対にみんな持ってるのがZARAですよね。 今回購入したのは、 千鳥格子柄コートとフェイクファーのバッグ。 モコモコにワンハンドルのコロンとした形が可愛すぎて思わずポチリ。 千鳥格子柄コートは身長165センチでSサイズを購入しました。 最近は今までの購入品から、サイズの推測まで出してくれるから、とても便利。 かなり信用していて、細かいサイズ感は見ずにオススメされたサイズを迷わずポチッとしています。(←この辺り、ズボラが出る…) 万が一サイズ感が合わなくても返品出来るし❤︎ さすがZARA❤︎ コートの着やすさもジャケットの様な丈感も、 さすがZARA❤︎ そんなこの日のコーデ、ほぼ全身ZARA。 完全なるZARA信者です笑ストール→johnstons ニット→tomorrowland コート→ZARA パンツ→ZARA バッグ→ZARA ブーツ→manoloblahnikそしてオマケの購入品。 我が家のアレクサ❤︎ これが何ともいい仕事をしてくれる。 SALE期間で5000円しないで購入出来たこちら。 洗面所に置いたのですが 「アレクサ、人気の曲かけて」って言うだけで、Amazon primeミュージックから曲かけてくれるし、「映画観せて」と言えばprimeビデオも観られる❤︎ お風呂上がりのケアタイムは最近専ら、ノリノリで大熱唱しております❤︎ 朝の忙しい時間に洗面所で準備しながら、もちろんニュースも見られるしで、ホントに大活躍! 届いてWi-Fi繋ぐだけで面倒な設定は無かったので、機械音痴な私でもすぐに使えました❤︎ そしてこちらのアレクサに向かって、 我が家の三男(5歳)が「アレクサ、友達になって」と話しかけたところ、「それは難しいですね。」と返され慰めるという事態に。 それを聞いた次男(小5)が同じように聞いたところ「いい友達になれそうです。」と笑 アレクサ〜!!笑 我が家のアレクサ、しっかりしてました笑 キッチンとリビングにも欲しいなぁー❤︎と追加購入をポチり…。 止まらない物欲を披露したところで、本日はこの辺で。 最後までお読みいただきありがとうございます。 ↓↓↓Instagramも日々のコーデなど載せていますのでよろしければこちらも覗いて見てください。フォロー&コメントもうれしいです❤美女組No.144 Makiのブログ
  • スドークが2020年12月3日(木)より、世界各地の「スドークピープル」が2021年春夏コレクション「0006」を自分らしく着こなしたビジュアルムービーを公式サイトにて公開する。スドークは工藤司がデザイナーを務めるウィメンズブランド。大げさなコンセプトを元に作られた、着飾るためのファッションではなく、着心地の良さやシルエットの美しさを追求したリアリティのあるスタイルを提案し続けている。 スドークのビジュアルムービーより「0006」は、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中でロックダウンや規制が行われ、日常生活が大きく変化する中で制作。1枚で何通りにも着こなすことができるジャケットやトップス、外出着としてはもちろん室内でもレイヤードを楽しみながら着られるワンピースとニットパンツなど、より利便性と着心地の良さを追求したラインナップに。普段のなにげない生活の中でこそ着こなしたい、レイドバックな雰囲気が魅力だ。 (左)triangle long t-shirt ¥22,000、center slit denim ¥28,000・(右)short knit top ¥20,000、taping trousers ¥40,000/スドーク今回のムービーは、工藤と親交の深いアーティストのTenko Nakajima(中島点子)とCheuk NG(チュク・ン)がディレクションと編集を担当。東京、大阪をはじめ、パリ、ロンドン、ベルリンなど世界各地の人々がセルフスタイリングし、私服にスドークのアイテムを取り入れて撮影した。また、このビジュアルムービーのほか、公式インスタグラムでは「スドークピープル」1人1人にフォーカスしたムービーも順次公開。彼らが着用した最新コレクションは公式サイトにて12月から順次予約販売が始まるので、ムービーのスタイリングを参考に自由に着こなしてみて。 スドークのビジュアルムービーよりスドークhttps://soduk.co/03-6809-0080 text: Fuyuko Tsuji
  • 特別な日だけしか履かない靴を飾るのを辞めました。上質なモノをデイリー使いするミニマルスタイル。こんにちは!マッキーです。 最小限のワードローブで着回す、ミニマルスタイルで毎日のファッションを楽しんでいます。 憧れのマノロブラニクさんも、デイリー使いしています。 勿体ない!!と以前は、思ってました… でも、使わない方が勿体ない!! 飾るだけ、靴箱に収納しているだけでは、靴本来の役割を全うしていない。 という事に気付きました。 時間経過と共に、履いてなくても生地は劣化します。 時代と共にトレンドデザインも変化します。 私自身の体型も変化し、ライフスタイルも変化し、靴を履くタイミングを逃すかもしれません。 靴底を補強し、ケアした上で履けばより多く履く機会に恵まれます。靴も私もハッピーに^ ^■MANOLO BLAHNIKヒール無しで、履きやすいです。 ドレスアップした服しか合わないデザインではなく、カジュアルなデニムにも合わせられるデザインを選びました。 デイリー使い前提の選択です。12月に入り師走ですが、 ご近所お出掛けやワンマイお出掛けなど、 『短時間』『短距離』おでかけが主流に。 冬でもまだまだ履ける! 楽に履ける! ミュールスタイルが今年の冬っぽいですよね。普通の日が、ちょっとテンション上がる毎日になります。 大切だからこそ、デイリー使いする。 そんなファッションが出来る様に、ミニマルに最小限のワードローブで毎日を楽しむ♪ そんな私の靴紹介でした。 最後までご覧頂きありがとうございました。●インスタも同時に行っております。気軽にコメント頂けましたら嬉しいです。美女組No.170 マッキーのブログ
  • OFFにもリモートワークにも、快適&おしゃれ!アラフォーのための「らくちんパンツ」のきれい見えコーデリラックス感のあるはき心地でリモートワークでも重宝しつつ、今年っぽさを加えるアクセントとしても使える。「ツヤとろみ」「ベロア」「ニット」のパンツを「3大らくちんパンツ」と認定! ほどよく抜け感がありつつルーズに見えない、大人の着こなし方をマスターして。 ▼Type1はこちらType2:ベロアパンツ 秋冬ならではの温かみと華やかさをあわせもつ今季のニューカマー。リラックスシーンからちょっとしたフォーマルまで使える幅の広さも魅力。パンツ¥23,000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア)■ベロアパンツ×デザイントップス ちょっぴりフォーマルを意識素材自体にドラマティックさがあるので、ドレスアップにも使えるベロアパンツ。ディープグリーンが上品な一本にデザイン性の高い白のロングトップスを合わせ、バッグはレオパード柄のミニポシェットをアクセントに。ちょっぴりおめかしモードに仕上げて。パンツ/上と同じ シャツ¥42,000/スタンブリー ピアス¥34,000・バングル¥62,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥105,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥16,800/ヒューマンウーマン(REMME)■ベロアパンツ×ジャケットコート ベージュコート×キャメルピンクの秋らしい配色でシックにふんわり柔らかなキャメルピンクのベロアパンツは、はき心地抜群でシワになりにくいのもうれしい。きれいな仕立てのベージュのジャケットコートとパンプスで秋らしいトーンにまとめ たら、ファーのボディバッグと大ぶりピアスを。上品さと遊び心を同時に感じられる、鮮度の高いコーデが完成! パンツ¥35,000/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) コート¥59,000/スタンブリー ニット¥27,000/オンワード樫山(ジョゼフ) ピアス¥25,037/アビステ バッグ¥27,000/ピーチ(ヴィオラドーロ) 靴¥14,500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)■ベロアジャケット×シャギーニット ふわふわニットと秋ならではの素材感を楽しんでほどよく光沢があるので、ニットやコートといったマットな素材と合わせやすいのもベロアの魅力。ブラック&ブラウンのダークトーンも、ベロアのツヤ感のおかげでどこか軽やかで女性 らしいムードに。パンツ¥9,900/ノーク(ノーク) ニット¥33,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥11,000/カシラ ショールーム(CA4LA) ネックレス¥11,000/ヒューマンウーマン 時計¥23,000/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター(ダニエル ウェリントン) バッグ¥60,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥9,500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【Marisol11月号2020年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/竹下玲奈
  • モノトーンコーデだって重たく見えない”薄軽な黒”で大人クールにぐっと気温が下がって冬の気配を感じたら、薄くて軽くてあったかいキルティングコートを相棒に。ライナーから着想を得たというボリューム控えめな一着なら、黒でも重たく見えないし真冬はコートのインナーとしても重宝♡ 黒ブラウス×オフ白ワイドパンツに黒ブーツ、そんな白黒半々のきれいめオフィスカジュアルにも気軽にオン! 一見シンプルだけど、ひょうたんキルティングの表情やフロントボタンを右側に寄せたひとくせディテールのおかげで、モノトーンコーデが素敵に着映えて。仕上げに揺れピアスやバッグに巻いた柄スカーフで、寒い日もハッピーになる味つけを♪コート¥49000/ボウルズ(ハイク) ブラウス¥9000・パンツ¥10900/シップス エニィ 渋谷店 靴¥36000/インドル(W&M) バッグ¥18000/ジオン商事(ドレスレイブ/クリスチャン ヴィラ) ピアス¥3700/AKTE バングル¥1500/お世話や(OSEWAYA) スカーフ¥12000/デミルクス ビームス 新宿(マニプリ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/田村昌裕(FREAKS) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/西本有希 スタイリスト/高野麻子 構成・原文/鈴木絵美 企画/福井小夜子(MORE)
  • エグゼクティブ女性の新しいワークスタイルにフィットする才色兼備なビジネスレザーグッズを、ブランドの新作を中心にピックアップ。デザイン性も機能性もあわせもつ逸品揃いです。エグゼクティブ御用達、エルメスのジップつき手帳カバーに新色が登場手帳カバー(イエロー H17×W10)¥96,000・レフィル(大)¥16,500・手帳カバー(トープH13.2×W9.5)¥80,000・レフィル(小)¥15,500・カードケース(ピンクH7×W10.5)¥47,000・ペンケース¥40,000・万年筆¥185,000・インクカートリッジケース¥56,000・インクレフィル(6本入り)¥1,100・ニット¥189,000・リング¥81,000/エルメスジャポン(エルメス)TPOに合わせてカスタマイズできる、ディオールのポーチが優秀ポーチ(H12×W18×D3)¥160,000・ジャケット¥390,000・シャツ¥150,000・パンツ¥170,000(4点ともディオール)・ピアス¥192,000・リング¥112,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオールヴァレクストラの新作クラッチバッグはモバイルケースにも最適クラッチバッグ(H22×W32×D6)¥160,000・ベージュのタブレットカバー(H22×W16×D1)¥85,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ジャケット¥112,000(エス マックスマーラ)・ニット¥51,000・キュロット¥65,000(ともにマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン ピアス¥138,000・リング¥88,000/ホワイトオフィス(ジジ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/松田珠希 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2021年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND