肌なじみよい一品ばかり。秋ブラウンに似合う“レッド系ゴールドウォッチ”

Web eclat

REDDISH GOLD

肌なじみがよく大きめも選べる、赤みのあるゴールド

ピンクゴールドやローズゴールドなど、優しい赤みを帯びたゴールドは、肌へのなじみがいいのが特徴。ブラウンカラーの洋服にもしっくり溶け込むから、大きめサイズにも挑戦できる。女性の華奢な手首にあえて大ぶりなラウンドウォッチというギャップ感が、意外なかわいらしさを運んできてくれるはず。

存在感あるラウンドケースをしっくりなじませる、ローズゴールドの優しさ

PATEK PHILIPPE【パテック フィリップ】

機械式ムーブメントを搭載したグッドルッキングな一本は、ダイヤモンドベゼルを備えた大ぶりラウンドウォッチ。温かみのあるローズゴールドが、サテン仕上げの美しい文字盤を、華やかにもりたてる。

時計「TWENTY~4オートマチック」(36㎜径、RG×D、自動巻き)¥4,940,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) ニット(参考色)¥31,000/スローン

 

ブラウンのアリゲーターストラップでピンクゴールドケースを大人っぽく

JAEGER-LECOULTRE【ジャガー・ルクルト】

美しき機械式ムーブメントを備えた時計の筆頭が、この「ランデヴー・ナイト&デイ・ミディアム」。華やかなローズゴールドケースが包み込む文字盤は精巧な美しさ。アリゲーターストラップも上品なブラウンで、しっとりとした秋のコーディネートにふさわしい。

時計「ランデヴー・ナイト&デイ・ミディアム」(34㎜径、PG×D、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥2,400,000/ジャガー・ルクルト

 

赤みを帯びたゴールドとブラウンダイヤルのハイクラスなバランス

ROLEX【ロレックス

日付とフルスペルの曜日を表示する「デイデイト」の新モデルは、ロレックス独自開発の「エバーローズゴールド」のケースに、ブラウンダイヤルの組み合わせ。アワーマーカーはダイヤモンドで、6時と9時位置にはバゲットカットをセット。独特の赤みのあるゴールドによって、ブラウンのコートからのぞく手首には特別なオーラが漂う。

時計「デイデイト 36」(36㎜径、RG×D、自動巻き)¥3,592,000/日本ロレックス(ロレックス) コート¥437,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)

 

ローズゴールドケースになめらかなカーブがベストマッチ

TIFFANY & CO.【ティファニー

ジュエラーならではの名作時計、「ティファニー メトロ」。リュウズに存在感あるひと粒ダイヤモンド、ダイヤルにはラウンドカットとバゲットカットの2種のダイヤモンドをセット。その輝きと好相性なのがフェミニンな形のローズゴールドのケースとライトブラウンのストラップ。こっくりニットに、大人の洗練をプラス。

時計「ティファニー メトロ」(34㎜径、RG×D、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥2,000,000・「ティファニー ハード ウェア ミディアム リンク ブレスレット」(RG)¥400,000・「ティファニー T Two リング」(RG×D)〈指先から〉¥750,000・¥320,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ニット¥33,000/ブルーベル・ジャパン(ホープ)

 

撮影/生田昌士(hannah) ヘア/JUN GOTO メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/小野りりあん 取材・原文/大野智子 ※エクラ11月号掲載 ※特集中の略号は以下のとおり。YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド、MOP=真珠母貝。
関連記事
  • 愛に満ちたエンゲージ&マリッジリングは、目に留まるたびに二人だけの物語を紡ぐものであってほしい。今回は、世界中の人々から愛され続けるカルティエのリングをご紹介します。 Cartier【カルティエ】 王室、セレブリティをはじめ、世界中の恋人たちの手もとで輝き続ける伝統あるメゾン。洗練のデザインは、永遠の愛の証にふさわしい。(モデル着用)リング「1895 ソリテール」(Pt×ダイヤモンド0.5ct〜)¥947400〜/カルティエ カスタマー サービスセンター  (モデル)ダイヤモンドの純粋な美しさを満喫するシンプルなソリテールリング。シャンクまでまばゆい輝きに満ちて。リング「1895 ソリテール」(Pt×ダイヤモンド0.5ct〜)¥947400〜/カルティエ カスタマー サービスセンター トップス(オーダー)¥139000/マグノリア・ホワイト 表参道(Costarellos) ヘッドアクセ(レンタル)¥16000/ミラー ミラー 丸の内(ミラー ミラー)  (上から)クッションカットのダイヤモンドをマイクロパヴェで囲み、品格と華やぎを。「デスティネ」(Pt×ダイヤモンド0.5ct〜)¥974900〜・花びらのように優美な曲線が女性らしい。「バレリーナ」(Pt×ダイヤモンド0.23ct〜)¥459400〜/カルティエ カスタマー サービスセンター (上から)1895年以来受け継がれてきた、クラシカルなソリテールの名品。「1895 ソリテール」(YG×ダイヤモンド0.23ct〜)¥289400〜・ロゴを刻印したウエディングバンドに、フェミニンな丸みを持つ新作が。「C ドゥ カルティエ」(PG×ダイヤモンド0.02ct)¥146000/カルティエ カスタマー サービスセンター 撮影/中野佑美(人)、西原秀岳〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/森絵梨佳、比留川游 構成・原文/久保田梓美 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉 撮影協力/ŒUVRE ※BAILA2019年12月号掲載
  • エレガンスとモードを携えたデザインで世の花嫁を魅了する「CHANEL(シャネル)」が、全国のシャネル ファイン ジュエリー ブティックにて、待望のブライダルフェアを開催する。期間は、2019年11月22日(金)〜12月25日(水)まで。 フェア期間中は、2019年限定のキルティングモチーフで人気の「ココ クラッシュ」ウェディングリングをはじめ、マドモアゼル シャネルが愛した花やリボンをモチーフにした「カメリア コレクション」「リュバン ドゥ シャネル」など、メゾンを代表するアイコニックなリングが一堂にラインナップする。 「ココ クラッシュ」リング(Pt×センターダイヤモンド0.25ct〜)¥455,000〜/シャネル ©CHANEL また、スペシャルな特典も見逃せない。フェア期間中にリングを購入すれば、ブルー、ホワイト、レッドのカラー ラッカーを用いた、職人の手彫りによるエングレービングサービスも実施。イニシャルや日付などの刻印に、3色のうち好きな色を選んで入れることができる。 街中がロマンティックなムードに包まれるホリデーシーズン。ぜひ、ふたりの永遠の愛を誓うリングをみつけに、シャネル ファイン ジュエリー ブティックへ足を運んでみては。 「シャネル ブライダルフェア」場所:全国のシャネル ファイン ジュエリー ブティック期間:2019年11月22日(金)〜12月25日(水) シャネル(カスタマーケア)https://www.chanel.com/0120-525-519
  • 2019年度(今年度は12/6金16:59までです)の締めくくり!LEE100人隊&LEEキャラクターパーティが開催されました。その様子&感想を、100人隊クリップでご紹介します! 「速報!今日は年に一度のLEEパーティ!全国各地のLEE100人隊が一堂に会するキラキラな一日です。今年のシークレットゲストさんは優木まおみさん。キャーの声が響き渡りました。ケータリングはSHUNKO KITCHENさん」(No.018 なおっちさん) 「料理はSHUNNO KITCHENさんのケータリング。今月、LEE12月号の『食を仕事にしたわたしの選択』は本当にじっくり、じっくり読んだページだったけれど、そのインタビューものっていた二部桜子さんの料理がいただけるとは!!改めて帰ってじっくりインタビューページを熟読しました。料理の想いを知り改めて凄い料理だった!と思います」(No.089 mimiさん) 「ドリンクもおしゃれ♪ 私はゆずレモンの炭酸割りをいただきました」(TB 季絵さん) 「年に1度のお楽しみLEE100人隊パーティ!!今日の、この日をずっと楽しみにしてました!!熱気ムンムン♡パワー全開!さすが100人隊。おしゃれでかわゆい皆皆様ばかり! 日頃ブログで見てる方々と交流ができるって嬉しい!!そしてサプライズでなんと、TBPVトップ賞を頂いてしまいまして……嬉しすぎます♡」(TB パパリナさん) 「今回も、装花が秋らしくて華やかで素敵!おいしいカラフルなテーブルでおもてなししていただきました。サラダチキンのハンバーガーと、スプラウトの乗ったお肉のハンバーガーがおいしかったな〜〜。かぼちゃサラダもおいしかった!」(TB いくぽんさん) 「普段、手にとって見られないLEEマルシェのお洋服たち。ぜひ!と思い、パーティ前の展示会に参加してきました。まず、一番心惹かれたのが、ベルト付きあったかパンツ。12closetと福田麻琴さんコラボ商品です。ハイウエスト、ベルトマーク、太めのラインだけど、テーパード×センタープレスで脚長効果。短足の私でも皆様にお近付きになれそう!そしてトップに合わせたのが、12closetのスタンドカラーブラウス(ネイビー)。天使のようなLEEキャラクターの方々に褒められたコーディネート」(No.079 エペさん) 「ケータリングは”SUNNNO KITCHEN”。“旬の食材を使ったニューアメリカンスタイルの料理を得意とする食のコミュニケーター。食を通じて、美味しさ、喜び、四季を伝える“伝え手”です” とのことで、人と地球に優しいお料理を提供されています。小さな森みたいなサラダバー」(No.043 ミキティさん) 「今年のサプライズゲストは優木まおみちゃん!!同世代だなんて信じられないー!!かなり近距離で見ていたのに、毛穴見つけられなかった!!かわいくてキレイでキラキラしてました☆もはやノースリーブなんぞ着れないわたしの二の腕。まおみちゃんと比べるとかわいそうになる」(TB MOGIさん) 「いつもはネット上で見ている素敵女子達が目の前に!お買い物が大好きでファンになった隊員さんともお話ができてとても楽しいひと時でした。10年間続けてきた100人隊も今年度で卒業します。なので、パーティーも今回で最後。最後だと思うと寂しくてたまりませんでしたが、会いたい方たちに会って、たくさんおしゃべりできた今年のパーティーも最高に楽しかったです。会場でお話ししてくださった皆様、どうもありがとうございました」(TB コロンさん) 「ルスルスのクッキーと、美味しいバナナもらったから、甘いもの欲は満たされた!しかし、パーティーが終わった途端に、なんか実感が湧いてきました。長いことこの窓を見てきてくださった、見えない読者の皆さんと……本当にお別れなんですね、もうじき。というわけで、あと3週間、よろしくお付き合いください」(TB yuki*さん) 「圧巻のサラダバー。こちらをオリジナルカップに入れてお好みのドレッシングをかけるという楽しくて食べやすいスタイル。旬のフルーツもたっぷりあってとっても贅沢な内容です」(TB nahoさん) 「翌日が食べ頃になるようにうまーく調整していただいたお土産のバナナはイルカさんにして。美味しくいただきました。他にも豪華なお土産がいっぱい!楽しみに使いたいと思います」(No.083 Maiiiさん)
  • 【sergio rossi 】 「人気モデルにフラット登場! 女っぷりはそのままに進化」(ライターE)  2018年に初登場して以来、アイコンとなっている「srミラノ」シリーズにフラットシューズがデビュー。ブランド名の刻印プレートを施したスクエアヒールもポイント。「フラット派にうれしいニュース!パンチのある色、柄にもときめきます」。靴「srミラノミア」(1)各¥87000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)☎0570-016600 端正なレクタングルフェイスとTモチーフが印象的な最新作。ダイヤモンドもラグジュアリーに。「ドレスにもカジュアルにも合う振り幅の広さにほれぼれ」。時計「ティファニー1837メイカーズ22㎜ウォッチ」(RG×ダイヤモンド×アリゲーター)¥1200000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)■0120-488-712 アイコンバッグ「クロエC」より、バッグ1型、ウォレット4型が日本限定カラーで登場。「やわらかなベージュにペールゴールドが華やか。収納力のある長財布とコンパクトなミニ、どちらにするか悩みます」。財布「クロエC」(大)(9.5×19.5×3.5)¥63000・(小)(9×11.2×3.5)¥48000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)☎03(4335)1750 ジュエリーブランド「ヒロタカ」が、東京・丸の内ブリックスクエアに2店舗目となる直営店をオープン。新作からグリーンの色石を使ったイヤジュエリーをピックアップ。「深いグリーンがモダン。アクセントになりますね。」(右から)シングルピアス(K10×エメラルド)¥53000・イヤカフ(K10×マラカイト)¥28000/ヒロタカ 丸の内店(ヒロタカ)☎03(6273)4511 日本発ジュエリーブランド「オー」が18金ブラウンゴールドを使ったリュクスな新作を発表し、エストネーション銀座店で先行発売中。「シンプルだけど重厚感たっぷり。ブラウンダイヤのピアスもリッチ」。シングルピアス(K18BG×ブラウンダイヤモンド)各¥190000・ネックレス(K18BG)¥168000/ハルミ ショールーム(オー)☎03(6433)5395 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドの略です ※BAILA2019年12月号掲載
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • コーディネートから老眼モンダイまで、メガネのプロがそれぞれの視点で回答。納得の一本に出会えるはず!視力矯正やブルーライトカットのため、あるいは老眼が気になり始めた……。とはいえ、"必要に迫られて"かけるのではなく、もっと楽しく積極的にメガネのおしゃれを楽しみたい! 似合う一本に出会えれば、"かけたほうがキレイ"になれるのだから。 ☆答えてくれたのは… ・ブリンク外苑前 マネージャー矢澤直人さんメガネの最新トレンドに精通。かけやすさとのバランスを考えた、大人のための品ぞろえに定評あり・ビジョナリーホールディングスアイケア事業部 ジェネラルマネージャー吉野正夫さんメガネスーパー本社に勤務。確かな専門知識に基づき、正しいメガネ選びをサポートしている・スタイリスト高橋美帆さんシンプルでほんのり女性らしいカジュアルが得意。大のメガネ好きで今は少し個性的なものを探し中Q.メガネをかけると怖く見えます… A.メガネの気配を消すフレームの色をチョイス 「キラリと光るメタルは、シャープなぶん迫力が出てしまいがち。クリアのセルなど、メガネが主張しすぎないフレームがおすすめ」(高橋さん)。 「フレームの縦幅があり、丸みを帯びたラインだと柔らかい印象になります」(矢澤さん)メガネ「BM005 Col.CHA」¥34,000/ブリンク外苑前(ブラン) ニット¥9,000/ステュディオス ウィメンズ新宿店(ステュディオス)Q.1日かけても疲れないものが欲しい A.フレームそのものに疲れにくい工夫がされたものも 「軽量の素材やテンプルの構造などで、体感重量が軽く感じられるフレームも」(高橋さん)。「メガネをかけるとかえって疲れるのなら、度数そのものが合わなくなっているのかもしれません。年齢による視力低下のほか、物を見るための筋肉の使い方が変わってきている可能性も。ぜひ再検査を」(吉野さん)人間工学に基づいたフレームが重さを分散。メガネ全体でバランスを取るから、疲れにくい。メガネ「XL1472 Col.BK」¥37,000/シャルマン カスタマーサービス(ラインアート シャルマン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/イマキイレカオリ(人物) 魚地武大(TENT/物) スタイリスト/高橋美帆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 モデル/竹内友梨 取材・文/発田美穂
  • Vネックニット&シャツジャケットの肩かけで絶妙な女っぽさと抜け感を!シャツジャケットとナロースカートの最旬コンビをひと目ボレ買い。印象的なビッグチェックを今日はセットアップ+配色スニーカーで思いっきりカジュアルに楽しみたい! だけどやっぱり”ひとさじの女っぽさ”は欲しいよね。そんな時は鮮やかな赤のVネックニットがお役立ち♡ ダークトーンの着こなしがパッと明るく、顔まわりも軽やかに印象アップできて。これならジャケットは寒暖差やTPOに合わせて、きちんと袖を通してもラフに肩かけしてもグッド。平日はレザーバッグで大人な味つけを、休日はリュックで遊んじゃってもいいかも♪ニット¥2990/キャン(テチチテラス) スカート¥15000・ジャケット¥24000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ペンドルトン×ナノ・ユニバース by MIHO NOJIRI) 靴¥7296/ザラ・ジャパン(ザラ) ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) バングル¥14300/ガス ビジュー 青山飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡原文/鈴木絵美 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子
  • SPURと同い歳です。ということは、2019年は、私にとってもアニバーサリーイヤー。 自分への記念品というか、次の30年をもっと頑張るためのきっかけみたいなものを探していました。実は、2019年の年が明けた瞬間からこの悩みは始まっていて、ずっとそわそわ。時計にしようか、バッグにしようか、それともジムへ入会して美ボディを手に入れるか……。決め切れずに10カ月月が過ぎ、「いや、これもう来年に持ち越しなんじゃ……?」と思っていた直後。ついに出合い、その日に決めました。 マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのネックレスに。その日、たまたま青山店の前を通りかかり、ふと思い出したんです。私が出会った素敵な先輩たちの手元や、胸元には、マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのジュエリーがさり気なく輝いていたことを。そう思うと、いてもたってもいられず、鮮やかなブルーを基調としたブティックに、ちょっとドキドキしながら足を踏み入れました。 そこからは、もう即決。私の決断力よ、もっと早く出てきてほしかった。購入したのは、華奢なハートが連なったゴールドのネックレス。ハートのモチーフだと少し、甘すぎるかなと思ったのですが、その心配はつけた瞬間に払拭されました。洗練されたなかに、大人の遊び心といいますか、愛らしさが加わって、今の私にもちょうどいいバランス。そして、30年後も愛せる逸品だと確信しました。 家に帰って早速、手持ちのトップスと合わせてみたのですが、シンプルなタートルトップスのスタイリングが、途端にあか抜ける! クラシック&モダンなムードで、 ちょっと大人の階段を上った、誇らしい気持ちになります。ベーシックなアイテムと相性が良く、コーディネートに困ったときの救世主になってくれそうです。(エディターYONEKURA) ⇩冬は、こんなアイテムと合わせてコーディネートしたい! >>2019秋冬チープ・シック! 定番アイテム大集合! >>秋のおしゃれスイッチを入れるもの #深夜のこっそり話 #1164 華奢なハートの連なりに、うっとり。ずっと眺めていられます。青山店で購入すると素敵なブルーのボックスに入れてくれます。シンプルなタートルネックのトップスが、途端にリュクスなムードに!
関連キーワード

RECOMMEND