一枚でも、ジャケットをはおっても華やぎを発揮!麗しさ高まる「ボウタイブラウス」コーデ 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ネイビートーンにツヤと華を添える、
ボウタイの着映え力


ともすればおとなしくなりがちなネイビーのワントーンコーデに華やかさを添えるのが、シルクブラウスの光沢感と、長めでボリュームのあるボウタイの存在感。ハイウエストのパンツを合わせることで、さらに旬のムードも加わり、一目置かれるお仕事ルックが完成。

ブラウス¥62,000/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ) パンツ¥51,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) 時計¥550,000・バングル¥710,000・リング¥106,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
2.ノーカラージャケットには存在感のある
華やかなリボンタイプを


首もとすっきりのノーカラージャケットには、大きめリボンのボウタイブラウスが好相性。こんなハイネックタイプなら、さらにきちんとした印象に。シルク100%で袖に大きなスリットが入った鮮やかグリーンのブラウスは、ジャケットを脱げばパーティにも通用する華やかさ。

ブラウス¥54,000/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) ジャケット¥66,000・スカート¥39,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ティペット¥37,500/ガシュロウ アンド コール(ガシュロウ アンド コール) 時計¥1,067,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) ブレスレット¥250,000・リング¥200,000/ベルシオラ(ベルシオラ) バッグ¥199,000/シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ)
3.テーラードジャケットには
さりげなくなじむマニッシュなネクタイ風で


一方、襟のあるテーラードジャケットには、さらりとたらすタイプのシンプルなボウタイブラウスがマッチする。こちらはシルク100%のしっとりとした素材感が肌に心地よいホワイト。Vネックのプルオーバーに細身のボウタイがドッキングした、使い勝手のよいデザイン。

ブラウス¥75,000/三喜商事(バンフォード) ジャケット¥120,000・パンツ¥56,000/東レ・ディプロモード(セブンティ) ピアス¥182,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥156,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥92,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)
4.ボウタイとフリルの競演が美しい、
華ありモノトーン


フロント中央とボウタイ部分の白が映える、シルクのモノトーンブラウス。黒地部分には大ぶりのフリルが施されているので、一枚でもドレスアップ効果は抜群。アシンメトリーなロングスカートでシックにまとめて。

ブラウス¥82,000/三喜商事(アルビーノ テオドロ) スカート¥50,000/サードマガジン(ガブリエラ コール ガーメンツ) ジャケット¥83,000/ランバン コレクション(ランバン コレクション) イヤリング¥159,000・バングル¥680,000・リング¥215,000(3点ともTASAKI)・時計¥800,000(TASAKI TIMEPIECES)/以上TASAKI バッグ¥299,000/ジミー チュウ(ジミーチュウ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.ゴールドベージュが上品に輝く。
ボウタイなら着席スタイルにも有効


大事なクライアントとの会食には、華やかで上品、落ち着いた印象もあるゴールドベージュのブラウスをセレクト。ボウタイはこんなふうにさらっとひと巻きするとシャープな印象になり、巻き方しだいで華やかさを調整できる。チョコレートブラウンのフレアスカートと合わせたクラシカルな装いがエレガント。

ブラウス¥24,000/wb(ダブルビー) スカート¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ネックレス¥125,000・リング¥220,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) ティペット¥44,000/レキップ(レキップ) バッグ¥267,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス)
クライアントと会うとき、会食のときなど、いつものスーツに華やかさが必要なときこそ「ボウタイブラウス」の出番。端正なノーカラー&テーラードジャケットにふさわしいボウタイブラウスの着こなしをご提案。
お仕事シーンにしっくりはまるボウタイブラウス、今シーズンは本当に豊作。その中から、さりげなく上品さを足す無地タイをセレクト。
お仕事シーンにしっくりはまる「ボウタイブラウス」は、今季の注目アイテム。その中から今回は、着こなしのポイントになる色柄ものをセレクトしました。
撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・原文/新田幸子 ※eclat11月号掲載
関連記事
  • 友人と代官山で過ごした休日コーデ やっぱりブラウンが気になります。 コートは今季愛用中のCPOジャケットをこのオーバーサイズとカジュアルな感じが一気に今年っぽさを加えてくれます。カジュアル×大人可愛いのミックスコーデ♡ ✔︎item コート:FRAY.ID(フレイアイディー) ワンピース:LILI MEEK(リリミーク) バッグ:Saint Laurent(サンローラン) ワンピースはラップデザインになっていてシンプルすぎないところが好み♡ブラウンの色味もまろやかで大人可愛い+しっかり長めの丈が今っぽい!(身長160cmでこの丈感です)前後ろ反対に着れるので雰囲気をがらりと変えるのにもおすすめのイチオシワンピースです また更新します☺︎ instagram
  • 2019年度(今年度は12/6金16:59までです)の締めくくり!LEE100人隊&LEEキャラクターパーティが開催されました。その様子&感想を、100人隊クリップでご紹介します! 「速報!今日は年に一度のLEEパーティ!全国各地のLEE100人隊が一堂に会するキラキラな一日です。今年のシークレットゲストさんは優木まおみさん。キャーの声が響き渡りました。ケータリングはSHUNKO KITCHENさん」(No.018 なおっちさん) 「料理はSHUNNO KITCHENさんのケータリング。今月、LEE12月号の『食を仕事にしたわたしの選択』は本当にじっくり、じっくり読んだページだったけれど、そのインタビューものっていた二部桜子さんの料理がいただけるとは!!改めて帰ってじっくりインタビューページを熟読しました。料理の想いを知り改めて凄い料理だった!と思います」(No.089 mimiさん) 「ドリンクもおしゃれ♪ 私はゆずレモンの炭酸割りをいただきました」(TB 季絵さん) 「年に1度のお楽しみLEE100人隊パーティ!!今日の、この日をずっと楽しみにしてました!!熱気ムンムン♡パワー全開!さすが100人隊。おしゃれでかわゆい皆皆様ばかり! 日頃ブログで見てる方々と交流ができるって嬉しい!!そしてサプライズでなんと、TBPVトップ賞を頂いてしまいまして……嬉しすぎます♡」(TB パパリナさん) 「今回も、装花が秋らしくて華やかで素敵!おいしいカラフルなテーブルでおもてなししていただきました。サラダチキンのハンバーガーと、スプラウトの乗ったお肉のハンバーガーがおいしかったな〜〜。かぼちゃサラダもおいしかった!」(TB いくぽんさん) 「普段、手にとって見られないLEEマルシェのお洋服たち。ぜひ!と思い、パーティ前の展示会に参加してきました。まず、一番心惹かれたのが、ベルト付きあったかパンツ。12closetと福田麻琴さんコラボ商品です。ハイウエスト、ベルトマーク、太めのラインだけど、テーパード×センタープレスで脚長効果。短足の私でも皆様にお近付きになれそう!そしてトップに合わせたのが、12closetのスタンドカラーブラウス(ネイビー)。天使のようなLEEキャラクターの方々に褒められたコーディネート」(No.079 エペさん) 「ケータリングは”SUNNNO KITCHEN”。“旬の食材を使ったニューアメリカンスタイルの料理を得意とする食のコミュニケーター。食を通じて、美味しさ、喜び、四季を伝える“伝え手”です” とのことで、人と地球に優しいお料理を提供されています。小さな森みたいなサラダバー」(No.043 ミキティさん) 「今年のサプライズゲストは優木まおみちゃん!!同世代だなんて信じられないー!!かなり近距離で見ていたのに、毛穴見つけられなかった!!かわいくてキレイでキラキラしてました☆もはやノースリーブなんぞ着れないわたしの二の腕。まおみちゃんと比べるとかわいそうになる」(TB MOGIさん) 「いつもはネット上で見ている素敵女子達が目の前に!お買い物が大好きでファンになった隊員さんともお話ができてとても楽しいひと時でした。10年間続けてきた100人隊も今年度で卒業します。なので、パーティーも今回で最後。最後だと思うと寂しくてたまりませんでしたが、会いたい方たちに会って、たくさんおしゃべりできた今年のパーティーも最高に楽しかったです。会場でお話ししてくださった皆様、どうもありがとうございました」(TB コロンさん) 「ルスルスのクッキーと、美味しいバナナもらったから、甘いもの欲は満たされた!しかし、パーティーが終わった途端に、なんか実感が湧いてきました。長いことこの窓を見てきてくださった、見えない読者の皆さんと……本当にお別れなんですね、もうじき。というわけで、あと3週間、よろしくお付き合いください」(TB yuki*さん) 「圧巻のサラダバー。こちらをオリジナルカップに入れてお好みのドレッシングをかけるという楽しくて食べやすいスタイル。旬のフルーツもたっぷりあってとっても贅沢な内容です」(TB nahoさん) 「翌日が食べ頃になるようにうまーく調整していただいたお土産のバナナはイルカさんにして。美味しくいただきました。他にも豪華なお土産がいっぱい!楽しみに使いたいと思います」(No.083 Maiiiさん)
  • 【sergio rossi 】 「人気モデルにフラット登場! 女っぷりはそのままに進化」(ライターE)  2018年に初登場して以来、アイコンとなっている「srミラノ」シリーズにフラットシューズがデビュー。ブランド名の刻印プレートを施したスクエアヒールもポイント。「フラット派にうれしいニュース!パンチのある色、柄にもときめきます」。靴「srミラノミア」(1)各¥87000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)☎0570-016600 端正なレクタングルフェイスとTモチーフが印象的な最新作。ダイヤモンドもラグジュアリーに。「ドレスにもカジュアルにも合う振り幅の広さにほれぼれ」。時計「ティファニー1837メイカーズ22㎜ウォッチ」(RG×ダイヤモンド×アリゲーター)¥1200000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)■0120-488-712 アイコンバッグ「クロエC」より、バッグ1型、ウォレット4型が日本限定カラーで登場。「やわらかなベージュにペールゴールドが華やか。収納力のある長財布とコンパクトなミニ、どちらにするか悩みます」。財布「クロエC」(大)(9.5×19.5×3.5)¥63000・(小)(9×11.2×3.5)¥48000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)☎03(4335)1750 ジュエリーブランド「ヒロタカ」が、東京・丸の内ブリックスクエアに2店舗目となる直営店をオープン。新作からグリーンの色石を使ったイヤジュエリーをピックアップ。「深いグリーンがモダン。アクセントになりますね。」(右から)シングルピアス(K10×エメラルド)¥53000・イヤカフ(K10×マラカイト)¥28000/ヒロタカ 丸の内店(ヒロタカ)☎03(6273)4511 日本発ジュエリーブランド「オー」が18金ブラウンゴールドを使ったリュクスな新作を発表し、エストネーション銀座店で先行発売中。「シンプルだけど重厚感たっぷり。ブラウンダイヤのピアスもリッチ」。シングルピアス(K18BG×ブラウンダイヤモンド)各¥190000・ネックレス(K18BG)¥168000/ハルミ ショールーム(オー)☎03(6433)5395 撮影/さとうしんすけ スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールドの略です ※BAILA2019年12月号掲載
  • BAILAエディターズの間で今、高まっているのが“ただ可愛いだけじゃ満足できない”気分! フェミニンなものをたくさん取り入れてきたけど、ストレートな女らしさだけじゃ物足りなくなってきた…そんなエディターが急増。こぞって取り入れているのが、メンズライクなジャケットやローファー、ゴツめの腕時計など「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なアイテムです。洗練されすぎていない無骨なデザインだけど、機能性に優れていてスタイリッシュ。コーディネートに取り入れることで、スパイスが効いて、逆に着る人の女らしさを引き立ててくれると今や欠かせない存在に。BAILAエディターズが購入し愛用している「ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ」なファッションアイテムをご紹介します! GUCCIのビットローファー(編集長Y) 「どんな着こなしにも合う靴を見つけるのが毎シーズンのミッションとなっている私が今季選んだのは、GUCCIのビットローファー。甘くなりがちな自分のスタイルをぴっと引き締めてくれそうなボリューム感やホースビットはまさに“ちょっと無骨、だけどスタイリッシュ”なデザイン。先端が底上げされたプラットフォーム、安定感のある太ヒール(走れるほど!)に頼もしさとときめきを感じています。履けば履くほどそのシーズンの頼もしい相棒となってくれるのが靴。この冬はこのGUCCIのビットローファーを相棒に、どんなシーンも素敵に過ごしたいと思っています」 バブアーのビデイル ワックスドジャケット(副編集長N) 「5〜6年前、アレクサ・チャンがメンズサイズをバサッと羽織っているのを見てかっこいいなと! ブリティッシュらしい粗野な無骨さがありながらも品の良さが漂うところが何よりの魅力。コットン素材にワックスコーティングしてあるので水や汚れに強く、経年変化で渋みが出るのも気に入っています。長く愛用でき、体に馴染んでくるよさはトレンチコートにも通じるものがあるのかも。質実剛健なバウアーのジャケットを日常にさりげなく取り入れることで、女性の強さや意思を感じさせ、かつ自分らしさを表現できている気がします」 エルメスのレザーブレスレット(編集Y) 「右の太いタイプがレザーブレスレット ケリー ドゥブルトゥール、左のやや細めがレザーブレスレット ビーアピ ドゥブルトゥール。20代の頃、お仕事でご一緒した方がエルメスのレザーブレスで手もとを飾られているのを見て、ずっと憧れていたんです。身に付けるのは着こなしをキリッと辛口に仕上げたい日。目に入ると仕事モードのスイッチもパッと入るので、大切な打ち合わせや会議の日には欠かせない存在です。シャープでかっこいいブレスレットですが、私にとっては逆に女らしさを引き出してくれるアイテム。ストレートに表現する女らしさより、無骨なデザインで際立たせる女らしさの方が“その人らしさ”が備わって素敵なんじゃないかなと思っています」 ジャガー・ルクルトのレベルソ サンムーン(編集U) 「硬派なスクエアフェイスに惹かれ購入したのは、大人のシンプルさやかっこよさに憧れはじめた30歳のころ。それまではスマホで時間を確認していましたが、シックな文字盤やロマンチックなデイナイト表示など見るたびに高揚感を感じさせてくれるこの時計は私にとってなくてはならないアイテムに。朝、手巻きで時刻を合わせる儀式のような時間も大切なルーティン。この時計のようにちょっと無骨、だけどスタイリッシュなアイテムは、私にとって“新しいキャラを連れて来てくれるもの”。自分には足りないキャラを足して、新鮮さを呼び込んでくれる役割となっています」 ラムダの傘(編集M) 「10月に購入したばかりのラムダの傘です。深い藍色に小紋柄を乗せたトラディショナルなデザインと機能性の高さに惚れこみました! 16本骨で耐久性抜群な上、軽量でとにかく使いやすい。色と柄でどことなく和の雰囲気があるのも他にはないと特徴だと思います。遠目には無地に見えるほどのさりげない柄なのでどんなコーディネートにも合わせやすいのですが、やわらかく女らしい着こなしに合わせるとピリッと印象が引き締まる気がします。ジェンダーレスデザインなので、男友達に『素敵だね』と褒められたことも。トレンドに関係なく長く愛用できる頼れる存在です」 スマイソンのカードケース(編集T) 「定期入れを探していて見つけたのが、このカードケース。毎日使うものだからシンプルなデザインがいいけど、それだけでは気分が上がらない。エッジの効いたものが欲しいなと思っていたときに店頭で見かけて即決! 主張しすぎないデザインと赤茶のレザーが絶妙で、毎日使っていても飽きることがありません。クロコダイルの型押しでちょっと無骨なところもあり、上品なのにかっこいい! 持っていると褒められることも多いんです。使えば使うほど味が出ると思うので、大事に育てていきたいアイテムです」
  • ポール・スミスとグローブ・トロッターのコラボレーショントラベルケースの第2弾に、ミニトランク「ザ・ロンドン・スクエア」が2019年11月20日(水)に加わる。今年7月に登場した同コラボレーションのトラベルケースは、グローブ・トロッターのオリジナルデザインや伝統を損なうことなく、ポール・スミスらしいひねりを効かせたデザインが人気。英国を代表する2つのブランドが持つ、卓越した職人技術とデザインが見事に融合したコレクションとなっている。 ザ・ロンドン・スクエア(W20×H20×D11cm)¥149,000/ポール・スミス リミテッド ©Percy Dean今回新登場した「ザ・ロンドン・スクエア」は、ロンドンの街並みを自由かつ軽やかに駆け抜ける女性をイメージしてデザインされたミニトランク。グローブ・トロッターの特徴である「ヴァルカン・ファイバー」を使用したボディにクラシックなブラックを採用し、コーナーレザーには、ポール・スミスの「シグネチャーストライプ」からインスパイアされたネイビー、トープ、ライムイエロー、セージ、バーントオレンジ、ピーコック、バーガンディー、ブライトレッドの異なる8色をあしらった。 ザ・ロンドン・スクエア(W20×H20×D11cm)¥149,000/ポール・スミス リミテッドまた、ケース内側はグレーのリネンライニングとともに、ポール・スミスの「シグネチャーストライプ」がインナーベルトにあしらわれている。弧を描くトップハンドルや、アジャストメントが可能なロングストラップ付きで、持ち運びに便利なデザイン。クラフトマンシップがぎゅっと詰まった「ザ・ロンドン・スクエア」はポール・スミス主要店舗、グローブ・トロッター全店舗および両ブランドの公式オンラインショップ、そしてヴァルカナイズ・ロンドン全店舗とヴァルカナイズ・ロンドン公式オンラインショップにて展開中。あなたの旅のお供にいかが? ザ・ロンドン・スクエア(W20×H20×D11cm)¥149,000/ポール・スミス リミテッド ©Percy Deanポール・スミス リミテッドwww.paulsmith.co.jp03-3478-5600 text: Fuyuko Tsuji
  • 着こなしに困っているアイテムを持参いただいてのスタイリング教室を開催しましたー♬先日、2回目となる【持ち寄り勉強会】を開催! 「いつもワンパターンな着こなし」 「何と合わせたらいいの?」 そんなクローゼットの〝お困りアイテム〟について、スタイリングの提案をさせていただきました(^o^) 「白のブラウスと合わせてばかり。これからの季節、どんなニットにチェンジしたら良い?」とT様が持参下さったのは光沢あるオレンジブラウンのスカート。 私の提案1つ目は↓黒のロングブーツでバランスを取り、アクセントとなる小バッグで華を添えた、付かず離れずシルエットの黒ニットと合わせた着こなし。 2つ目は↓ガラリと雰囲気を変えて、キャメルニットとの着こなし。同色のマフラーで奥行きを出して♬ 3つ目は↓チェック柄のストールでアクセントをつけた細身の黒ニットとの着こなし。主張ある色のスカートも、 小物でイメージここまで変わります! てな事を、こんな感じで↑実践と合わせて私が延々と喋ります。 やだー、ウザそう!?(笑) 続いて、「いつも黒のパンツに合わせたワンツーコーデばかり。それ以外の着こなしが思いつかない。」と、黒地に緑のドット柄ブラウスをお持ち下さったのはO様。 そこで、黒パンツでも無難平凡なイメージを脱却する着こなし2パターンをご提案! グリーンと相性良しなカーキのアウターをプラスしてみたり、 ニットを肩巻きして黒の分量を増やし、ゴールド金具のバッグを効かせると良いですね! と、参加下さった方が持っていたカバンを急遽借りておきながら偉そうに言う私↑(笑) 「色に惹かれたニット。店員さんに言われるがまま揃いのカーデも購入したけれど、コンサバ過ぎて全く着こなせない。」とM様が持ってきて下さったのはタイ付きのアンサンブル。 確かに、フンワリしたスカートや白のクロップドパンツを合わせた女子アナ的スタイルがシックリきそうですが… 小物まで色味を揃えてベージュの濃淡でまとめると大人っぽく上品に、ブルーのパイピングとリンクさせてデニムを合わせればクラシカルな雰囲気で、 着こなすことができます(^o^)ほんの少し小物や着こなし方を変えてみるだけで、今までとは全く違うイメージになりますよね。 それを実際に目で見て、新たな発見に繋がったらいいなぁ… そんな思いから開催しているスタイリング教室。 来月は15日(日)に実施予定♬ 詳しくアメブロにて↓bemi's small&simple Styleご興味ありましたら是非、ご参加下さいませ(^^)美女組No.52bemiのブログ
  • 冬のカジュアルを楽しむならボアコートが狙い目。今年トレンドのショートタイプを選ぶなら、どこかにフェミニン要素を入れて。大人っぽい深めV、シャツ風、デニムジャケット風など、今年はアレンジの効いたデザインが豊作。 Uniqlo U[ユニクロユー]のボアコート ¥4990 旬のシャツ風コートはベルトつきでトレンドも女らしさもキープできる 今季らしさ満点のボアコートなら、ギャラリーのような感度高めの場所でも着映える。体が泳ぐ大きめシルエットが、かえってきゃしゃさを強調。きれい色のボトムで女っぽさをさらに後押し。コート¥4990/ユニクロ(ユニクロユー) カットソー¥11000/シップス 渋谷店(ジェーン スミス) パンツ¥25000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店 リング¥12000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(ジャミレイ) バッグ¥22000/シップス 有楽町店(フィールアンドテイスト) EMMEL REFINES[エメル リファインズ]のボアコート ¥17000 一見ラフなジップアップタイプも深めのVネックが大人びた雰囲気をくれる 主張しすぎないボリューム感で気軽に羽織れる。クラシックなお店でのデートの日も、落ち着いた色みでまとめればこんなに上品に。白のバッグで抜け感もプラス。コート¥17000/エメル リファインズ ルミネ新宿店 ニット¥20000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) スカート¥13000/アダム エ ロペ ピアス¥2500/ビーミング  ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店 リング¥4000/サイクロ バッグ¥42000/ヴァジックジャパン 靴¥26000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ ビアン) AZUL BY MOUSSY[アズール バイ マウジー]のボアコート ¥5990 プードル犬のような質感がキュートなボアは、少し光沢のあるブラックなら大人にちょうどいい甘さに。キルティングコートとしても使えるリバーシブル仕様。コート¥5990/バロックジャパンリミテッド(アズール バイ マウジー) パーカ¥10900/シップス 有楽町店 スカート¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バッグ¥16000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥5800/コンバースインフォメーションセンター LEPSIM[レプシィム]のボアコート ¥5500 ノーカラーのVネックだから、トレンドの厚手ゆるタートルニットをインに合わせてもすっきり。コート¥5500/アダストリア(レプシィム) FREAK'S STORE[フリークス ストア]のボアコート ¥8100 重くなりがちな冬のワードローブに加えたい可愛げベージュ。デニムジャケット感覚でカジュアルに楽しみたい。コート¥8100/フリークス ストア渋谷 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/高橋美帆 モデル/中村アン 構成・原文/渡辺真衣・松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • 華組の近藤和子ちゃん、豊田真由美ちゃん、山口りえちゃんと久しぶりのランチ会は上野で。ここは東京都美術館内にある上野精養軒レストラン・サロン。6月に初めてこのメンバーで 丸の内ランチをしたとき、次は涼しくなったら上野に集合!と決めてから約5か月ぶりの再会でした。実はこの数日後が私の誕生日。いつものようにゆったりとコースランチを堪能しながらいろんな 話題でワイワイおしゃべりしていたら、バースデープレートとブーケのサプライズが!! え~!なにー。ちょっとまってー。驚きのあまりとっさにいろいろ言葉を発したと思いますが(笑)、 みんなの優しい気持ちに年齢とともにただでさえ緩くなっている涙腺が一気に崩壊(´;ω;`)ウッ… 何歳になっても嬉しい誕生会。そしてこんな素敵なみんなに出会えたことがまた嬉しいんです。素敵なプレートのサプライズに、嬉しすぎてこみ上げるものを抑えてる様子をみんなにスマホで激写されまくってました(笑)私をイメージして下さったんですってー!色鮮やかで華やかで可愛いブーケ♡ありがとう!レストラン・サロンのフロントは、オシャレなディスプレイとソファーのある絶好フォトスポット。 こういう場所での撮影は逃しません!ゆっくり落ち着ける素敵なレストランでした。カメラマンかずちゃんに何枚も撮ってもらいました(^^)みんなうまくのせてくれるから笑っちゃう!ランチの後は恒例撮影会。この日のコーデは歩きやすいようにブーツを先に決めて、armoire capriceのハイネックニットにTommy Hilfigerのスキニーパンツ。そしてこの季節に毎年活躍の Deuxieme Classeのジレ。en recreのタイとFuang Faの羽根バッグもポイントです。 朝晩は寒いものの、日中は暑いくらいのぽっかぽかの陽気☀紅葉も少し進み、また美術館前には 行列ができていたりと、芸術の秋を感じながら賑わう公園内を散策。私たちは食欲の秋?(笑) 久しぶりにみんなに会えただけで嬉しかったのに、一年に一度の誕生日を祝ってもらい、 サプライズプレゼントまでいただきとってもハッピーな一日。 幸せな一年がスタートしました。出会いに感謝!ありがとう!華組 沢辺史ブログ
関連キーワード

RECOMMEND