<カオス>前後差のあるすそが美脚見えの秘訣。メンズ風ドレスパンツ【Jマダムブランドの最旬“時短パンツ”】

Web eclat

Brand:カオス【Chaos】

横糸に30年前のヴィンテージモヘアを使用し、張り感をもたせた贅沢なウール素材。メンズのドレスパンツのような仕立てで、同素材のタキシードジャケットとのセットアップも美しくかなう。前後差のあるすそはヒールを履いたときに前すそがもたつかないように、また、サイドの側章もまっすぐ下に落ちる設定になっているなど、美脚見えの秘訣がそこかしこに。洗練された旬の大人服が得意なカオスらしさが凝縮されている。
フラット靴、ショートブーツも合って玄関先での悩みが一掃されました。美しいシルエットに包み込まれる安心感で、下半身のコンプレックスも忘れられる(笑)。この冬はこれさえあれば大丈夫!(エディター&ライター/新田幸子さん)

インナーは黒でまとめて美しいフォルムを強調。シックなアウターを主役におしゃれを印象づけて。

パンツ¥35,000/カオス丸の内(カオス) コート¥178,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥54,000/マディソンブルー バングル¥17,000/アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥87,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

ベルト位置、ダーツの配置にこだわり、腰まわりはメンズボトムのような端正で直線的なシルエットに。丸みを帯びた女性のヒップラインもすっきりとシャープに引き立ててくれる

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
関連記事
  • ′19年秋冬からスタートした話題の新ブランド「ロエフ」からは、ゆったりとしたシルエットと、あご下まである高いスタンドカラーが特徴的なコートが登場。気張らずともおしゃれでかっこい装いに仕上げてくれる“優秀”な一枚をご紹介します。ミリタリーライクなディテールが“優秀”。さりげなく効かせて都会的にLOEFFのスタンドカラーコート’19年秋冬からスタートした新ブランド、ロエフが早くも話題に。デザインするのは、国内外の数々のブランドでデザイナーを経験してきた鈴木里香さん。「素材やディテールにこだわりをもつ成熟した大人に着てほしい」という言葉どおり、さりげなくも緻密に計算された服づくりに惹きつけられる。ゆったりとしたストレートなシルエットと、あご下まである高いスタンドカラーが特徴的な、ミリタリーテイストをベースとするロエフを象徴する一枚。バージンウールならではの表情のある素材を2重織りにすることで、気張らずともおしゃれでかっこいい装いに仕上げてくれる。あえてアクセサリーなどをつけず前をとめて着たい、一枚でコーディネートが完成するコート。 コート¥95,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ニット¥49,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) >>アラフィーの優秀コート 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2019年12月号掲載
  • ちょっとしたドレスアップシーンで着用するきれいめワンピースなどの軽やかな素材感には、コットンフランネルのニュアンス素材のブーツが相性ぴったり。足もとを目立たせすぎずにバランスよくまとめながら、装いをエレガントな印象へと格上げしてくれます。きれいめワンピース×ニュアンス素材冬のドレスアップの足もとはロングブーツで鮮度をアップ ちょっとしたドレスアップシーンで着用するきれいめワンピースなどの軽やかな素材感の着こなしには、防寒性の高いレザーブーツよりも、服となじみやすいコットンフランネルのニュアンス素材を合わせてエレガントに。足もとが目立ちすぎないから室内でも違和感がなく、スクエアトゥが洗練されたムードも演出してくれる。 靴「マヘサ」(H6.5)¥202,000/ジミー チュウ コート¥150,000・ワンピース¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥36,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥85,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)>>ロングブーツ 記事一覧はこちら撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※エクラ2019年12月号掲載
  • コートにセーター、マフラーにボトムスと、寒さ対策のレイヤードゆえにどことなく重めなコーディネートになりがちな時季。そんな時はシャイニーなアイテムで華やかさをプラスしてみては? スタイリングに取り入れるだけで、印象はもちろん気持ちまでパッと明るくなるような、トレンドアイテムを厳選。自分らしく輝きをまとって、ホリデームード高まる街に繰り出して。 ゴージャスな煌めきを独り占め【アティコ】スパンコール トップ¥63,825(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(アティコ)カラフルなスパンコールをぎっしり敷き詰めたブラウス。サイドの大きいフリルがフェミニンな華やぎを添える。ヒールやミニスカートと合わせてパーティルックに仕上げるか、デニムやワイドパンツでカジュアルダウンして着こなすか、思いのままにアレンジして。 ファーフェッチ カスタマーサービスhttp://www.farfetch.com/050-3205-0864シックな光沢感が美しいスカート【コーチ】ネグリジェ スカート¥55,000/コーチ カスタマーサービス センター(コーチ)プリーツスカートもこんな一枚ならコーディネートが退屈にならない。鮮やかなブルーの生地はブランドロゴのエンボスが施され、光によって美しい立体感が生まれる。オーバーサイズのニットなどを合わせたモードなデイリースタイルがおすすめ。 コーチ・カスタマーサービス・ジャパンhttps://japan.coach.com/0120-556-750ストリートなミニバッグもマスト【ディーゼル】バッグ<H18.5×W15×D9cm>¥24,000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)ホイル加工を施したメタルレザーのバッグは、さりげなく印されたロゴもポイント。どんなファッションにも程よくパンチを効かせることができる。ショルダーストラップも付属しているので、2WAYで使い勝手もパーフェクト! ディーゼル ジャパンhttps://www.diesel.co.jp/0120-55-1978メタリック×ファーで足元にもインパクト【マチュアリー】プラットフォームサンダル¥26,000/ビームス ウィメン渋谷(マチュアリー)大きめのバックルがアクセントになっているゴールドのサンダルは、中にエコファーを敷き詰めているので冬でも暖かく履ける。一点投入するだけで、ぐっと華やぐアクセサリー感覚の一足。プラットフォームも足を綺麗に見せてくれるので嬉しい。 ビームス ウィメン渋谷https://www.beams.co.jp/maturely/03-3780-5501視線を集める大ぶりピアス【ビジュー アール・アイ】ピアス各¥16,000/ビジュー アール・アイ大粒のクリスタルを使ったピアスは、フラワーモチーフとドロップを描くビジューの組み合わせがスイートなムード。存在感も抜群なので、どんなシーンでも視線を独り占め。カジュアルにもドレスアップにも使える万能アクセサリーはホリデーシーズンの必須アイテム。 ビジュー アール・アイhttp://www.bijoou.com03-3770-6809主役級のメタリックアウター【トリー バーチ】ダウンジャケット¥71,000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)羽織るだけで気分が高揚しそうなシルバーのダウンジャケットは、寒い冬のナイトアウトにもぴったり! リバーシブルなので、ブラックを表にして着ることも可能。暖かさとファッション性ともに優れたアウターはマストハブ。 トリー バーチ ジャパンhttps://www.toryburch.jp/0120-705-710秘かに楽しむホリデー・ランジェリー【インティミッシミ】ビスチェ風ブラ¥7,490・ショーツ¥2,900/エイチスリーオー ファッションビュロー(インティミッシミ)スペシャルな日は見えないところにもフェスティブなアイテムを忍ばせて、気分を最大限に盛り上げたい。スタイリッシュなデザインのブラは、シースルートップスのインナーとして“見せるランジェリー”ファッションを楽しむこともできる。 エイチスリーオー ファッションビュロー 03-6712-6180デイリー小物もメタリックをチョイス【マーク ジェイコブス】コインパース<H7.5×W13×D1cm>¥16,000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)毎日使うコインパースもキラリと輝くゴールドを選べば、バッグから取り出すたびにハッピーな気分になれそう。チェリーやダイス、スターモチーフのキーチャームも付属していて、愛らしさと実用性の両方が叶う。 マーク ジェイコブス カスタマーセンターhttps://www.marcjacobs.jp/03-4335-1711スタイリッシュ派のダッドスニーカー【A|Xアルマーニ エクスチェンジ】スニーカー¥25,400/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(A|Xアルマーニ エクスチェンジ)丸みのあるシルエットと厚底のボリュームが人気のダッドスニーカーは、オーロラのように変化を見せる偏光素材を使うことでフューチャリスティックな雰囲気に。ドレスやセットアップに合わせる、大人の“ハズし”が効いたフェスティブ・スタイルもお手のもの。 ジョルジオ アルマーニ ジャパンhttps://www.armaniexchange.com/jp03-6274-7070 大人可愛いバッグに一目惚れ【ケイト・スペード ニューヨーク】バッグ<H13×W18×D6cm>¥00,000/ケイト・スペード カスタマーサービス(ケイト・スペード ニューヨーク)人気の「ニコラ」シリーズからダークグリーンの新作をピックアップ。繊細なラメがちりばめられたグリッター素材と、ツイストロックのビジューがエレガントな光を放つ。コンパクトながら収納力もある優秀バッグ。 ケイト・スペード カスタマーサービスhttps://www.katespade.jp/050-5578-9152まるで気分はマーメイド【サックス ポット】スイムスーツ¥37,000(輸入関税込み)※SSENSE限定アイテム/SSENSE(サックス ポット)鮮やかなアクアブルーが目を奪うワンショルダーのスイムスーツは、鱗のように輝く模様が美しい。シックなボトムスやジャケットを合わせて、インディペンデントなファッションを楽しむのがおすすめ。 SSENSEhttp://ssense.com/着まわし自在なハーフスリーブ【H&M】トップス¥2,499/H&M カスタマーサービスリラックス感のあるシルエットのスパンコールトップスは、黒ベースなのでどんなコーディネートにも取り入れやすい。Tシャツ感覚で、フーディやタイブラウスなどに重ねれば、トレンドのレイヤードルックが完成。 H&M カスタマーサービスhttps://www2.hm.com/ja_jp/0120-866-201エスプリ薫るジュエルなバッグ【ジャマン・ピュエッシュ】バッグ<H19.8×W23.9×D3cm>各¥56,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャマン・ピュエッシュ)パリ発のバッグブランドから届いた、ハート型のキュートなショルダーバッグ。表面にあしらわれたスパンコールが立体的な光を放つ。スタイリングに遊び心をプラスするなら、こんなアイキャッチーなアイテムを取り入れて。 アッシュ・ペー・フランス(本社)https://www.hpfrance.com/shop/03-5778-2022モードな耳元を演出【トーガ プルラ】イヤリング各¥18,000/トーガ 原宿店(トーガ プルラ)大小のメタルボールがフリンジ状に重なったボリューミーなイヤリングは、凝ったデザインながら単色なので合わせやすいのも魅力。イルミネーションのような瞬きをまとって、顔まわりを華やかに。冬のイベントにもぴったり。 トーガ 原宿店http://www.toga.jp/03-6419-8136 text Noriko Wakasugi >>私は私。かぶらない、大人のドレスアップ講座
  • こんにちは! バイラーズの中島です。 今月号のBAILAでも取り上げられている、 トレンドのプリーツスカート! 元々スカートが好きなこともあり、 じっくり読んでしまったページです…♡ 今季も何着かプリーツスカートを 買い足しました! 中でもお気に入りなのが、 こちらのくすみブルーのプリーツスカート。 ▶︎ニット・スカートともに / MERCURYDUO シャイニーサテンの程良い光沢感が、 品もあって華やさもある一枚。   動く度に翻る裾が、 さり気ないフェミニンさも 演出してくれるんです^^ この絶妙なブルーの色合いがすごく好みで、 この一枚に辿り着くまで たくさん見比べて、履き比べもして… ようやく気に入ったものと出会えました!♡ スカートの丈感は、 手持ちのブーツと合わせることも考え、 短すぎず、長すぎずなものを。 このくらいがバランス良く 綺麗に見える気がします^^ ホワイトのニットは、シャギー素材のもの。 モヘアまではいかないものの、 毛足の長さが多少あるミニシャギー。 前号のBAILAに載っていた、 骨格×肌色で考える自分に似合うニットを 診断できるページを参考にして、 【ウェーブ×イエベ】向きのものを 選んでみました♪ 【骨格×肌色】診断で自分に本当に似合うニットを見つけよう! 上半身にボリュームのない体型なので、 ふわふわしたニットは 体に適度なボリューム感を出してくれます。 今月号のBAILAのプリーツ特集も 是非checkしてみてください♪ またスカートコーデについても 載せたいと思います♡ @maa_colorful_ お気軽に遊びに来てくださいね◡̈*❤︎
  • 40代・30代の、ほどよい「秋冬およばれ服」って? 年末年始に向かうこの時期は、イベントごとも増えてきますよね。 バッチリ決めたパーティファッションは求められていないけれども、いつもよりも気合いを入れたおしゃれがしたい。 とはいえ、着合い入れすぎも気恥ずかしいし……いつもの“私らしさ”をキープしつつ、清潔感のあるおよばれファッションを身につけたい。 こういうときって……悩みますよね。 先日行われたLEE100人隊&LEEキャラクターパーティは、100人隊カジュアル派の、“普段着だけれども、おしゃれ!”な、ほどよいあんばいの着こなし揃い。 おでかけコーデに迷ったときに、参考になるんですよ。 というわけで、本日は7人分のコーディネートをまとめてご紹介します! 「マーレットのワンピに、ユニクロのパンツ、マルニのバッグ。全部黒だったので、靴はVANSのピンクスニーカーでハズして?みました! マーレットのワンピは、ここぞな時に着ていくとテンションが上がるので好きです」(TB パパリナさん) 「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)バックジップパイソンワンピースを着ました!ついでにフリンジバックも一緒にお買い上げ。何を着ようか悩んだけれど、パーティの数日前に行ったアウトレットで出会いました。前と後ろで、異素材切り替え。パイソン×チュール、ジッパーデザイン、と私の好みがバッチリ入っていて。沢山食べても苦しくならないであろう&お腹が出ても目立たないであろうデザインで(餓鬼体系)。当日はストレスフリーで非常に助かりました。前は無地で至ってフツー」(No.053 ちたさん) 「パーティコーデ。一昨年、去年に続いて今年も着物で参加です。着物、帯ともにドゥーブルメゾン。レースの着物は控えめながら華やぎのある素材で、長い電車移動でも全くシワが気になりません。落ちつきのあるネイビーカラーでお洋服姿の方々の中でも浮かないようにと選びました」(No.021 ほりともさん) 「パーティー前日まで違うスタイリングを考えていました。当日の気分ががらりと変わりこちらに。tops:TOMORROWLAND skirt:BLUEBIRD BOULEVARD shoes:ZARA もともとこのスカートは仕事の際に着るために購入しました。少し改まったお仕事の時に着るために。そういう時は、ジャケットを合わせます。普段は、スニーカーやバレーシューズ、ローファーを合わせ、トップスもカットソーなどと♪ バッグをカジュアルにすると更に普段着としても取り入れやすそうですね! 」(TB さっきーさん) 「首元たるんと大きいポケット(見えない)が気に入ってます♡ワンピース:6(ROKU) ロングカーディガン:神戸のセレクトショップ ブーツ:SLOBE IENA イヤリング:design six LONDON バッグ:ADAM ET ROPÉ」(No.049 まめふくさん) 「トップスは、今季のSaquiのリネンブラウス。5月に行った展示会で予約していたものです。この日に着て行かなくてどうする!?な気分でセレクト。二次会もあるし、動きやすさを考えてスカートではなく、去年購入したMHLのパンツ(黒系)に合わせて着て行きました」(No.057 pepiさん) 「今年のLEE100人隊パーティー(オフ会)にN.O.R.C (ノーク)のニットワンピースを着て出かけました。日帰りの予定で、新大阪-東京を往復するので、 ・ゆるっとからだを締め付けない ・長時間座っていてもシワにならない ・でもパーティーだから、ちょっと特別感がある このニットワンピースを選びました。 onepiece:N.O.R.C stole:IENA bag:mimi shoes:spick&span 朝、荷物が増えたのでTEMBEAのボアトートと歩きやすいローファーに変更しました。私のジャストサイズは”1″だと思うのですが、全体に余裕と着丈のある”2″を選びました」(TB さりいさん)
  • あま子さんロマンティックな洋服と甘いお菓子が好き。カジュアルなスウェットも、パステルカラーやふんわりギャザー、チャーミングなプリントなど、甘さのあるディテールに惹かれることが多い。 カラ子さんカジュアルでエッジィなファッションが好み。モードなブランドのプリントものやネオンカラーなど、トレンドを上手に取り入れつつ一枚で主役になる大胆なデザインをいつも探している。 なし子さんシンプルな色やパターンが好きな分、シルエットの美しさにはこだわりあり。首まわりや袖ぐり、丈感などスタイルをよく見せるバランス重視で、洗練された着こなしを作るのが得意。 巻末で連載中の「ハイツ ユートピア」よりおなじみの3人が飛び入り参加! 性格も好みもバラバラな3人に向けて、新作スウェットをリコメンド。 自分の着こなしとリンクするアイテムをチェックして、一歩先行く大人のカジュアルスタイルを手に入れて。 あま子さんの場合 ロマンティックなテイストはお手のもの。アクティブな印象の強いスウェットも、ラッフルやシャーリング、マカロンカラーを味方につけて、ガーリーに着こなすのがあま子流。大好きなキャットプリントとチュールで、スウィートな夢を見るパーカ¥71,000・中に着たドット柄ドレス¥397,000・パンツ¥106,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) 03−4579−6139 ショール¥320,000/アンダーカバー ピアス¥56,000/ラ ジュンヌ ブティック(アリギエーリ) リング・ソックス/スタイリスト私物3 匹の猫に笑顔がこぼれるフーディはオーガニックコットンでやさしい着心地。ドレスをレイヤードしてチュチュのような遊び心を。DRESSEDUNDRESSED¥22,000/ドレスドアンドレスド 03−6379−1214体を一周するチュールの切り替えラインがセンシュアルな表情を演出。甘くなりすぎないヌードカラーは、大人の女性も着こなしやすい。ブランドロゴの刺しゅうが袖元にワンポイント。 CONVERSE TOKYO × MUVEIL¥15,000/コンバース トウキョウ 青山(コンバース トウキョウ × ミュベール) 03−6427−40482シーズン目となるミュベールとのコラボレーションラインからは、パフスリーブが愛らしいスウェットが登場。星形のパッチも乙女心をくすぐる。AURALEE¥22,000/オーラリー 03−6427−7141首まわりをすっきり見せてくれるVネックと淡いミントカラーが女性らしい一着。裏糸にはコットン、表糸にはハリのあるポリエステルを使用し、カジュアルさを抑えたモダンなシルエットをかなえてくれる。JOHN LAWRENCE SULLIVAN¥24,000/ジョン ローレンス サリバン 03−5428−0068ショルダーに入ったさりげないギャザーがチャーミング。左肩のブランドロゴもアクセントに。Simone Rocha¥68,513(参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(シモーネ・ロシャ) 050−3205−0864ラッフルトリミングにパフスリーブ、ペプラム裾とガーリー要素をふんだんに盛り込んだパーカ。ドロップショルダーのデザインで上品なシルエットに仕上がるのもうれしい。VEIL¥9,000/ビームス ウィメン 原宿(ヴェール) 03−5413−6415ファニーな猫のキャラクタープリントがアイキャッチー。白地に映えるポップなグラフィックはフェミニンなボトムとも好相性。同柄が大きく配されたバックデザインにも注目したい。RHC¥19,000/RHC ロンハーマン(RHC) 045−319−6700襟ぐり、袖口、裾にダメージ加工が施され、甘いカラーリングとのミックスマッチを楽しむプルオーバー。すとんとしたシルエットとヒップが隠れるくらいのレングスで、もたつかずすっきり着こなせるのが高得点。やさしいダスティピンクは大人の女性のワードローブによくなじむ。6(ロク)¥19,000/ロク 渋谷キャットストリート(ロク) 03−5468−3916ベーシックなデザインながらも、長年着込んだかのような色あせた風合いが魅力。肩の力が抜けたリラクシングなボディのサイドにはリブ加工が施され、着崩れしないのもうれしい。k3 & co.¥22,000/k3 OFFICE(k3&co.) 03−3464−5357シンプルなデザインに、ボリューム感満点のフレア裾が華やぎを添えるスウェットトップス。ボーン入りの裾が美しいAラインシルエットを描き、パンツともスカートとも好相性。カジュアルなスウェット素材を味方につけて、自由なコーディネートを楽しみたい。 SOURCE:SPUR 2020年1月号「スウェットユートピア」 photography: Sophie Isogai〈KiKi inc.〉(model), Takehiro Uochi〈TENT〉(still) styling: Kumiko Sannomaru〈KiKi inc.〉 hair: Miho Emori〈KiKi inc.〉 make-up: Mai Kodama〈SIGNO〉 model: Eriko Harako edit: Sakiko Fukuhara cooperation: BACKDROPS=STUDIO BASTILLE
  • スタイリスト伊藤美佐季さんが指南。もっと自由に。もっと軽やかに、毎日のジュエリーを楽しむ※PT=プラチナ、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、SIL=シルバー、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールドを表します☆教えてくれたのは・・・ 伊藤美佐季ジュエリーディレクター、スタイリスト。フィレンツェに遊学、帰国後スタイリストに。つける人の個性を生かしたスタイリングは、女性誌のほか、多くの女優からも支持が厚い。ジュエ リーに関する講演などでも活躍。著書に『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』(ダイヤモンド社) ■「ネクストベーシック」アイテム、6つの選択 01:メンズライクなリング ボリューミーなカレッジリングは、ユニセックスな香りのするデザイン。「メンズライクなリングは、ハードでむずかしいと思いがち。素材がマットだったり、ダイヤ入りを選んだりと、ディテールにひと工夫があるものを選ぶのがコツ。上手につければ、意外性が楽しめて、ワンランク上のおしゃれになります」。リング〈中指〉(PT×ダイヤモンド)¥225,000(BLAMINK×hum)・〈人さし指〉(WG)¥239,000(hum)/ブラミンク ニット¥27,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)02:ファンシーカットのダイヤモンドダイヤというと、ラウンドブリリアントをイメージする人が大半だが、伊藤さんが推すのはファンシーカット。「ラウンドブリリアントのダイレクトな輝きよりも、ファンシーカットならではのニュアンスのある光のほうが、モダンに見えます。ファンシーカットのリングは、ほかのリングとレイヤードしてもなじむのでおすすめです」。トゥルーカット ダイヤモンドリング(PT×ダイヤモンド1.06ct)¥1,996,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)03:地金のステディバングル伊藤さん自身も毎日つけているのが、ゴールドのバングル。「バングルは上級アイテムと思われやすいのですが、実は華奢なブレスよりうんとつけやすい。手首にフィットする楕円タイプを選んで。手もとに光がくることでしゃれ感が出て、重ねづけにも有効。肌色になじみ、ジュエリーのまろやかな光をまとう感覚が味わえるYGかPGがおすすめ」。バングル〈右〉「キャトルグログラン」(PG)¥490,909・〈左〉「キャトル  クル ド パリ」(YG)¥490,909/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン)04:チェーンネックレスネックレスというと、トップのデザインに目が行きがちだが、こだわるべきはチェーンそのもの。「メッシュになっていたり、目の粗いものだったりと、チェーンのデザインを変えてレイヤードすると、奥行きが増します。丈も、自分の首の長さに合わせて、吟味することが大事です」。ネックレス〈上から〉「ディープ ネックレス」(YG×ダイヤモンド)¥183,000/ブランドニュース(リーフェ ジュエリー) (YG×ダイヤモンド)¥308,000/ロンハーマン(ミズキ) (YG)¥110,000/アルテミス・ジョイエリ シャツ¥23,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)05:3本セットのリング3連の輪を縦に重ねても横に並べても楽しめる新発想リング。「ベースリングにもなるし、ダブルリングとしても楽しめるスグレもの。地金の色がミックスされていたり、ダイヤが入っていたりと、バリエーションがありますが、ほかのジュエリーとコーディネートする前提で好きなタイプを選んで」。リング〈右〉(PG×YG×SIL)¥218,000・〈中〉(PG×YG)¥452,000・〈左〉(YG×ダイヤモンド)¥420,000/サザビーリーグ(スピネリ キルコリン)06:似合う形のパール パールというと白のあこや真珠をイメージしがちだけれど、実は色、大きさ、サイズとバリエーション豊かにそろうもの。「パールの一粒ピアスは、髪の色や顔の大きさに合わせて選んで。左右違う色も可愛いですよ」。ピアス〈右から〉(YG×白蝶バロック真珠)¥170,000(両耳価格)・(YG×白蝶バロック真珠)¥120,000(両耳価格)・(YG×白蝶バロック真珠〈ゴールド〉)¥120,000(両耳価格)・左右トーン違いのバイカラー。(YG×黒蝶パール〈バイカラー〉)¥68,000(両耳価格)/ボン マジック【Marisol12月号2019年掲載】撮影/長山一樹(S-14) スタイリスト/伊藤美佐季 ヘア/shuco (3rd) メイク/Akiko Sakamoto (3rd) モデル/竹内友梨 取材・文/湯澤実和子
  • こんにちは! バイラーズの泉です☻ 最近の通勤服はワントーンコーデにハマり中です。 そしてほぼ毎日UNIQLOかGUのアイテムがどこかしらに入ってます。 先日の通勤コーデはオールホワイトでした。 ☑︎knit: Uniqlo U ☑︎skirt: UNIQLO ☑︎scarf: lattice 上下UNIQLOコーデでした♡ ニットはUniqlo Uのもの。 なんとワゴンセールで¥500だったんです! 3〜4年前に購入して以来愛用しています。 なんて素晴らしいコスパの高さ。 ユニクロのワゴンは掘り出し物が豊富なので定期的にチェックしています。 特に季節の変わり目は超おすすめです。 プリーツスカートも昨年購入したUNIQLOのもの。 こちらもワゴンから掘り出した物で、¥1300ほどでした。 さらにさらに、 スカーフは大好きなプチプラショップlatticeのもので、 こちらもなんと¥300。 ここまで書くと引かれそうですが、 アウターとパンプスはGUなのでお値段はご想像の通り・・ プチプラ万歳!! *** ■Instagram 日々のコーディネートや 大好きなコスメを中心に 更新してます* 泉ひとみのInstagramはこちら ■BAILAブログ 最新コスメや プチプラファッション お役立ち情報を更新します* 過去記事▶︎ UNIQLOメンズアイテムが可愛い❤️ 過去記事▶︎ 簡単うるつやヘアの作り方 過去記事▶︎ 全色スウォッチ有!おすすめプチプラリップ
関連キーワード

RECOMMEND