おススメ美容でお肌の調子を整える!

Web eclat
以前から気になっていた炭酸美容。
炭酸ガスがお肌に入ると肌の酸素量がアップし、血流が促進され、新陳代謝も上がると言われています。

最近、知人に教えて頂いた炭酸ジェルパック。
炭酸効果で、お肌の悩みにアプローチ。
夏の疲れたお肌を回復するべく、現在お試し中です。
2つの液剤を合わせて泡立たせ、そのまま顔に塗って15〜20分おき、あとは水で洗い流すだけ。炭酸と言ってもパチパチとする事もないので、ご安心を😊
パックをしたまま家事もできる手軽さも、忙しい主婦には嬉しいです。
エクラ世代の女性社長が開発した炭酸パックなので、この年代ならではのお肌の悩みも解消してくれそうな気がします👍
まだ始めたばかりですが、これからどんな風にお肌が変わっていくのか楽しみです。
そして、エクラ華組の先輩である成田千恵さんオススメのオバジC25セラムネオ、撮影でご一緒させて頂いた美容ジャーナリストの小田ユイコさんに教えて頂いたキャッチコピーが「トクホの飲むスキンケア」のオルビスのディフェンセラ。
透き通るような美肌のお二人に教えて頂いた2つのアイテム。
是非使ってみたい!と即買いしました。
オバジCは2本目突入。
ディフェンセラは服用3ヶ月目。
まだまだどれも始めたばかりですが、現在進行形。
私は比較的肌が強いので、何でもトライする事ができます。
お肌と相談しながら、一番自分に合うものを見つけていけたらいいですね。
その効果は続けていく事で徐々に現れてきます。
お肌の調子がいい日は、お出かけも楽しくなりますね🎵
InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。
関連記事
  • 冬になると気になる「乾燥」。 今年は例年と比べて暖かい気候が続きますが、乾燥の波は例年通りやってきたなと肌で感じる今日この頃。肌や髪など、それぞれのパーツをしっかりと保湿して冬も万全の自分でいたいですよね。 今回は、冬の乾燥対策として投入したヘアオイルについてご紹介します。 “一生モノのキレイをつくる” をコンセプトに、繭(まゆ)から抽出した天然のたんぱく質を使ったスキンケアやボディケアを提案する、ライフスタイルブランド。それが、dear mayuko(ディアマユコ)。 品質はもちろんのことニュートラルなデザインは贈り物にもぴったりです。 dear mayukoのヘアオイルは、言わゆる髪の毛専用の洗い流さないトリートメント。 ヘアオイルというと、オイルでベタベタになるイメージがあるかと思いますが、dear mayukoのヘアオイルはとっても軽いテクスチャー。 手に取った時は、一瞬ジェルのような質感で手の温度でオイルへと変化する…そんなジェルとオイルの良いとこ取りです。フローラル系のやさしい香りにも癒されます。 dear mayukoのヘアオイルで個人的にお気に入りポイントが3つ。 1. 髪のダメージを補修 繭(まゆ)から抽出した”ピュアセリシン TM”という成分をメインに作られているこのヘアオイルは、髪の保湿だけではなくキューティクルや内部補修効果が。痛んだ髪もやわらくてツヤのある髪にしてくれます。 2. ヘアカラーの色持ちをよくしてくれる 1で出てきた”ピュアセリシン TM”は、髪のダメージ補修以外にも、ヘアカラーの色持ちにも効果があるのだとか。髪がすぐ明るくなってしまう私としてはとっても嬉しいポイント。 3. 静電気予防にも効果あり これからの季節、寒くなり空気が乾燥し始めると発生する静電気。髪に静電気が起きると地味に不快ですよね・・。それだけではなく切れ毛や枝毛の原因にもなるのでなんとか防ぎたいところ。dear mayukoのヘアオイルは、髪内部のダメージ補修をすることで静電気も予防する効果があるそう。これからの季節、どれくらい効果がでるのか楽しみ! dear mayukoのヘアオイルでケアした翌日は、ストレートのボブも綺麗にまとまります。また、お出かけ前にスタイリング代わりに使用すれば、紫外線から髪を保護する効果もあるのだとか。まさに、肌や髪を労りたい日にはぴったりなアイテムです。 最近では、タオルドライの後にdear mayukoのヘアオイルつけて乾かし、仕上げにBAILA9月号の付録だったブラシで髪をとくのがルーティーンになっています。 女性なら誰しもが憧れる、思わず触れたくなるようなツヤ感たっぷりの髪の毛。 そんなツヤ髪は、毎日のケアを続けることで手に入れることができます。今年の冬は、dear mayukoのヘアオイルでツヤ髪をつくるためのケアを始めてみませんか? ▶︎ instagramはコチラ
  • ホリデーシーズンのメンズへのギフトに、コスメを贈られる方もいるのでは。私もちょっとしたギフトにコスメを選ぶことが多いですが、最近は男女一緒に使える“シェアドコスメ”を探すのが楽しみ。男女ではもちろん肌質が異なるため、油分が多いものや香りが強いものは、あまり向きません。逆に、さっぱりし過ぎるものだと自分自身は乾燥し過ぎてしまう。これからの時期、空気の乾燥や寒さにより、男女問わず肌の水分量は低下してくるため、肌荒れやカサつき、エイジング対策のために、肌の保湿はどんな肌の方でも必要不可欠。シェアしやすいのは、“洗顔料”と“化粧水”。私が今使っているのは、大好きなTHREEのスキンケアアイテム「THREE バランシング フォーム R」原材料の98%が天然由来成分、11%が有機栽培の植物成分を使ったエコサート取得のオーガニックコスメ。その名のとおり、肌の水分油分バランスを整えながら、キメや毛穴のすみずみまですっきりと洗い上げてくれるため、肌質問わず使えるのが嬉しいところ。アミノ酸系洗浄料を使っているのでやさしく汚れを落とし、すっきりするのに洗い上がりの肌はモチっとうるおってつっぱりません。ポンプタイプなので泡立てが苦手な男性でも簡単に使えるし、たっぷりと配合されたオーガニック精油の心地よい香りに癒されます♪また、出張やスポーツジム通いが多いメンズへのちょっとしたギフトに、トライアルセットもおすすめ。「THREE フォー・メン ジェントリング トライアルキット」こちらは、ベタつきやテカリなど、男性特有の肌悩みにアプローチするTHREEのメンズスキンケアラインのトライアルセット。洗顔フォーム、化粧水、乳液の3点の2週間分サイズ。精油をはじめ植物油やエキスなど天然の成分が96%配合されており、ラベンダーや柑橘系、ローズマリーを基調としたすっきり感のある香りが穏やかに残るのも良い。<キット内容>・THREE フォー・メン ジェントリング フォーム〈洗顔料〉30g・THREE フォー・メン ジェントリング ローション〈化粧水〉30mL・THREE フォー・メン ジェントリング エマルジョン〈乳液〉28mL一緒に使えるシェアドコスメ、出先で使ってもらえるメンズライン、どちらもギフトにおすすめです♡
  • ニキビができたのに幸せそうな顔してますね(笑) こんにちは、桃子です 大好きなスタバで甘いものを飲んだり食べたりしていた結果、、、 生理前の肌荒れ注意時期に どでかいニキビが2つも出来ました(T . T) じゃん!画質悪くてすみません(^^;; わかりますか? 赤くて大きな〜りんご〜ではなくて ニキビ〜 しかも硬いやつです、しこりニキビと呼ばれてるやつですかね? 生理前の1週間前は肌荒れしやすいしヒリヒリするのでいつもは気を使うのですが、 今回は完全に気を抜いてミルク飲みまくりチョコ食べまくり〜 そんな私がうっかりニキビを作ってしまった時に早く治す方法(完全に自己流)を参考になるかはわかりませんが、紹介したいと思います。①食べもの牛乳、チョコレートは控えます! その代わりにこの2つで我慢〜 KAGOMEの野菜生活はどれも美味しいのでいろんな色を飲んでます ニキビできたら生野菜を沢山食べたいけど、食べる時間がない(゚o゚;; 食べないよりはマシだと思ってるので野菜ジュースを飲みます 思い込み大事◎ あとは飲むヨーグルト! 腸内環境一発でよくしてくれるし 持ち運びやすいからR-1オススメです 発酵食品は元々好きだけど、 ニキビが出来た時はいつも以上に食べたり飲んだりするようにしてます キムチとか納豆とか!朝から食べちゃう(笑) 人に見られる仕事をするようになって、少し意識変わったな〜②塗り薬昔はニキビ治療薬をドラッグストアで買っていたけど、皮膚科のが一番効く 定期的に美白駐車打ってもらってる病院でこの2つをもらってます 白ニキビと赤ニキビが出来やすいから専用〜 なかなかニキビが治らない人は思い切って皮膚科に行ってみて!③週1パック肌荒れしてる時のニキビは逆効果だと思ってたんだけど、メディヒールのパックは大丈夫 ‍♀️これは人に寄るのかな? 私はしこりニキビとか、肌が硬くなってしまうニキビなりがちだから、 肌を柔らかくしてくれるように週1くらいでパックします!昨日した 肌が柔らかくなってニキビの治りが早くなったし、新しいニキビはできてこない! 多分、逆効果って言われてるのは、 傷になってるニキビの人とか膿が出てるようなニキビの人かな? しこりニキビ出来てる人は試してみる価値あるかも〜 ④化粧しない寝起き電車の中。これはアルバイトとかによってはできない人いるかな 私は飲食店でバイトしていてすっぴん禁止なのでバイトの前まですっぴんタイム(笑) すっぴんと言っても今は鼻の横と顎にニキビがあるので、目から下はすっぴん〜 ちなみにマスクの下は薬を塗られたニキビが眠ってます ニキビに化粧は厳禁すぎる 出来るだけ触らないのを心がけて早く治るように願います〜ニキビ治ったよ〜って早く報告できるように、 今週は肌活に集中します(笑) 後悔せずにスタバの新作飲みたいしね〜 最後まで読んでくださり、ありがとうございます☕️カワイイ選抜 No.75 能城桃子のブログ
  • 世にも美しいノートが付録になりました! ロエベが特別にデザインしたオリジナルノートは、アーツ&クラフツ運動のアーティスト、ウィリアム・ド・モーガンのアートを起用したデザインに、6枚の芸術的なステッカーがついてきます。大特集は“細かすぎるモード”。足し算に足し算を重ねた首元スタイリング、ファッションプロの買い物実録など、すみずみまで読むうちに“センス”が底上げされていきます。年末に手に入れたい “ごほうび”ジュエリーをめぐって、ルパン三世も登場。誰もが「気づけばおちている」という噂の彼、塩野瑛久の素顔にも接近! 濃密な1月号は、お手元に置いて読み込むのがいちばんです。今回のファッションテーマのインスピレーション・ソースは、世界最高齢のファッション・アイコン、アイリス・アプフェル。好きなものだけ重ねて、“ノールール”なスタイリングを楽しめば、きっとあなたの首元には新しいルールが目覚めるはず。億せずチャレンジしたくなる6つのサンプルをチェック! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モノを大切にしたいというムードが高まる今だからこそ、情熱がほとばしるようなショッピング体験がしたい! そこで、目利きのおしゃれ賢者たちは今季どんな買い物をしたのかリサーチしました。女優・新木優子さん、作家・朝吹真理子さんはじめ、その人ならではの“モノへの思い”、魂がふるえるほどのお買い物エピソードを教えてもらいましょう。ハイエンドSPO<すぐ・ポチる・オンナとオトコ>もお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年は「ポストサイケ」が来る! 常に時代の5歩先を読み、未知のファッションに挑み続けるスタイリスト、浜田英枝さん。今世の中で最も気になるこのムードをすくいあげ、渾身の5ルックを構築。それはインドの伝統的な文化や、ヒッピーカルチャーから生まれたサイケデリックのムードに着想を受けたスタイルです。色と柄、エネルギーに満ちたまったく新しい装い、ぜひお見逃しなく! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  今年もダウンの季節がやってきました。あったかくて助かるけど、どうしても着こなしが野暮ったくなってしまう、マンネリ化気味、という方! リアルだけれど、ひとクセある着こなしのテクニックを、細かく細かく解説します。主人公は、幾つもの顔を持つ、マルチ・クリエイター。ハイパーでファンタジーな設定で、今まで見たことのない新しいダウンのスタイリングを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年をよりよい1年にするためのグッドアクションを、占い師・真木あかりさんが指南。それをブーストする“開運財布”をイラストレーター、foxcoさんのキャラクター、おばけ犬とともにナビゲートします。「収入を増やしたい」「転職を成功させたい」「夢をかなえたい」「丁寧な生活を送りたい」という4点からセレクトしたウォレットに加え、守護星別のエナジーウォレットも必見。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  あのテレビ番組でも今また注目を集めている山里での美しい暮らし。必要なものを必要な分だけ。そして好きな人、動物、自然とずっと一緒に。そんな理想の暮らしをモードマニアが描く時、そうはいってもきっとおしゃれはめいっぱいしたいはず。そんな夢を叶えるモードなユートピアを秋冬ファッションとともに描きます! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  世界中のモデルの憧れである、パリ・コレクション。2020年春夏シーズン、その最高峰の舞台に体当たりで挑んだ新人モデルがいました。その名はHANAKA(ハナカ)、19歳。新潟から上京して半年も満たない中で、チャンスをつかみ飛び立ちました。右も左もわからぬまま向かったパリで待っていたのは、想像以上に過酷な現実、絶望、そして歓喜の瞬間。これは、モデルとして第一歩を踏み出した彼女の、密着パリコレ奮闘記です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2020年春夏シーズン、モードは新たなるフェーズへ。過去に思いを馳せつつ、21世紀の「ベル・エポック(美しきよき時代)」へと歩みを進めることになりました。4都市のコレクションを取材したうえで導かれた今季の見逃せないキーワードは「サステイナビリティ」。進化してゆくファッションと、トレンドについて解説します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  気分はペインター! まっさらのキャンバスに絵を描くような感覚で、顔に色をのせていく。ルールに縛られず、気の赴くまま自由に! ポップアートとして捉えれば、メイクアップはもっと楽しくなります。ちょっとやりすぎじゃ……と思うくらいがちょうどいい。赤や水色、イエローなど好きなカラーでペイント・メイクアップ始めましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019年の下半期は革新的なスキンケアプロダクトが発売されたシーズンでした。長年の研究が実を結び、多くの人に感動を与えた逸品のなかから、ビューティプロたちが認めたものだけをお届けします。映えあるベスト・オブ・スキンケアは、ランコムのジェニフィック アドバンスト N。肌表面の菌バランスに着目したもので、使っていくほどに肌そのものが強くなるのを感じる美容液です。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 「化粧品でシワが改善できる」と謳う医薬部外品の認可を取得した抗シワ美容液の登場からおよそ3年。今年、さらに機能に富んだシワ改善コスメが登場しました。例えば、ディセンシアのアヤナス リンクルO/L コンセントレート。肌表面に刻まれた線状のシワと肌内部が原因の面状のシワのふたつに同時にアプローチし、さらに敏感肌にも負担が少ないオイル状のテクスチャーを実現しました。このような革新的なプロダクトをビューティプロの声とともに紹介するSPUR1月号「栄光のベスト・オブ・スキンケア2019」。私の肌の未来は明るい、と信じられるプロダクトばかりです。 SPUR1月号「栄光のベスト・オブ・スキンケア2019」を試し読み(外部サイト)
  • エストの新しいスキンケアは、 3ステップで循環力を高める! 「エストから、[美の起動][防御][充満]の3ステップで美のサイクルを生み出す新しいスキンケアが誕生。私、エストのロゴを見るだけで『肌がきれいになりそう!』と思ってしまうほど信頼しているブランドなので、新商品というだけでも気になるのですが、“循環力”を高めて肌を根本から美しくしてくれるなんて、なんとも魅力的。これは試さずにはいられません!」(LEEweb担当・タラコ) エスト エスト GPサイクルセラムケア 左から、エスト セラム ワン90g¥12000、エストG.P. コンディショニング セラム100mL¥12000、エストG.P. エンリッチド セラム80g¥12000(価格は税抜) エストが着目したのは、「循環力」。肌や体には、表皮代謝、真皮代謝、角化、血流などさまざまな循環があり、これらが滞るとエイジングは加速すると考えらえています。 そこで、この「循環力」を高めて、肌全体をスムーズに機能させ、トラブルが起きにくいバランスのいい肌に整えるために誕生したのが、「エスト GPサイクルセラムケア」シリーズ。 エストは、「循環力」を高めるためには、「血管力」と「タンパク質循環」の2つにアプローチすることが大切と考え、[美の起動][防御][充満]の3ステップのスキンケアアイテムを開発しました。   STEP1 美の起動 エスト セラム ワン(写真左) 血管から肌に栄養や酸素を供給するために、肌の機能全般を起動させるためのケア。 炭酸泡の美容液が、潤いのあるやわらかな肌へと整えます。 STEP2 防御 エストG.P. コンディショニング セラム(写真中央) 未然に肌を防御するためのケア。 ローション状のセラムで、たっぷりの潤いが乾燥ダメージから肌を守り、しっとりした肌に保ちます。 STEP3 充満 エストG.P. エンリッチド セラム(写真右) 肌の機能を高め、不要なタンパク質の分解をスムーズにし、新しいタンパク質の産生を促すケア。 乳状のセラムが、贅沢な潤いで肌を満たし、ハリ感のある肌に導きます。   「まず、STEP1のエスト セラム ワンにおどろき! こっくりした泡状のセラムがぴったりと肌になじみ、この段階ですでに潤いたっぷりに。 そこにSTEP2のエストG.P. コンディショニング セラムをつけると、すでに潤っている肌がみずみずしいテクスチャをしっかり受け止めるような感覚。ステップを踏んだおかげで、ローションの潤い成分を肌が逃さずキャッチし、しっとりした肌に! 最後にSTEP3のエストG.P. エンリッチド セラムを。しっとりと整った肌に、このセラムでしっかり潤いを閉じ込めような感覚です。伸びの良いテクスチャーなので塗布しやすく、それなのにクリームのようにしっかりと肌を守ってくれるんです。 ステップで使うことで、潤いだけでなく、ハリ感も感じられて、お手入れを続けたあとの肌が楽しみです」(LEEweb担当・タラコ)   DATA DEBUT || 2019年11月8 日(金) BRAND || エスト ITEM || エスト GPサイクルセラムケア CATEGORY || 美容液 KEYWORD || #循環力を高める #美しいサイクル #ハリ不足に PRICE ||  各¥12000(税抜) TEL ||  0120-165-691 HP || エスト (撮影/岩城裕哉、イラスト/オカヤイヅミ、取材・文/渡辺有紀子)
  • OurAgeの人気連載「ハッピー女神プロジェクト」を執筆してくださっているのは、オーガニックのスペシャリスト、吉川千明さん。「閉経と女性ホルモンが教えてくれたこと」など、まさに私たちの美容と健康の疑問にこたえてくれる記事が人気です。今でこそ、オーガニックを大切にする吉川さんですが、実はここに至るまでにはたくさんのターニングポイントを経てきたのです。前編は、キャリアのスタートのお話です。吉川千明(よしかわちあき)/美容家、サスティナブルライフ水先案内人1959年生まれ。自然や植物の力に着目し、オーガニックコスメをはじめ、スパ、漢方、食にいたるまで、ナチュラルで美しいライフスタイルを提案。オーガニックビューティの第一人者として知られる美容とは関係ないキャリアのスタート実家は、祖父の代から中央区にある鉄問屋だったという吉川さん。隅田川に架かる勝鬨橋の鉄は、吉川さんの実家が卸した鉄で造られたのだそう。大正時代から続く老舗でしたが、吉川さんが25歳の時につぶれてしまいました。「時代は変わって商社の時代になっていましたからね。過去にすがったり、時代を読まないとダメなのだ、とこのときに学びました。この経験は、のちにとても役立ちます」大学生の頃は就職など何も考えず、卒業式にみんな就職が決まっていてびっくりしたというくらい、人生設計がなかったと言います。「それで、友人の紹介でリクルートにアルバイトに行ったんです。人事教育事業部といって、企業研修のトレーナーさんたちを管理するセクション。2年ちょっといたかな。最初は世間知らずで、トップのトレーナーさんが、書類の書き方から何から、手取り足取り教えてくれました。そこに『自ら機会をつくり、機会によって自らを変えよう』というプレートが一人に1個あったんです。これがね、あとで重要になるの。そのあとに、アルフレックスというイタリア家具の会社の設計事務所に入って。美容は全然関係ないでしょ。そこで2年半くらいアシスタントをしてました。当時はお客様向けのプレゼンといっても、雑誌の切り抜きなんかをボードに貼ったりしていたので、私は毎日外国雑誌の切り抜き作業。天井くらいまで高く積み上げられたインテリア雑誌があって、それを朝から晩まで見て、素敵だな、と思う写真を切り抜いてました。名建築に家具の名作など、ものや空間に対する“美意識”のようなものを学んだと思います」美容は、というと、時間を少し遡ります。「学生時代から化粧品がものすごく好きで、“ずっと眺めていられる”という理由から、ソニープラザでアルバイトしていたんです、大学生の頃。誰にも邪魔されず、ゆっくり見たかったから。まだ二十歳そこらなのですが、海外のラグジュアリーブランドのものとかが大好きで、背伸びをして、あれこれ構わず顔に塗ってたんですね。そうしたら、肌がとんでもないことになってしまって。まだまだ必要がない年齢だったのに、最高級のアンチエイジングものを使っていたのだから、肌はびっくりしたのでしょう。それでまわりの人から勧められる聞いたこともないような怪しい(!)アングラなコスメを次々と使ってみるんですが、私が加減を知らなくてやり過ぎてしまうのか、どんどんひどくなっていって。お薬も使っていましたが、それでも良くならなかったんです。化粧品は、何にも入っていないような無香料無着色のものばかり選ぶようになっていました」今の吉川さんからは想像できないような、美容初心者の時代。ところが、吉川さんの「学び力」が目を覚ましたのです。エステの学校からジュリークに出会うまで設計事務所を辞め、それからしばらくして結婚し、1991年に出産。カメラマンだった夫と、撮影スタジオとスタイリストやヘアメイクのブッキングエージェントを始めます。「設立時は私が社長でスタートしました。でもやっていたことは、子育てや仮払金の精算をしたり、みんなのお世話を。でも『これから先、自分はどうするんだ。人の世話だけでなくて、自分の道も作っておきたいな』って考えたとき、やっぱり美容が一番、化粧品が一番だと気づいたんです。それで美容の勉強することにしたんです。やるのだったら徹底的に頂上を目指した方がいいと助言してくださる人がいて、アドバイス通り学校に通うことに。中央区の佃に住んでいたのですが、銀座に滝川という理美容の世界では大手の会社のエステの学校がありました。子育て中だったけど自転車で通って、朝10時から夕方5時まで、計200時間の授業が毎日毎日あるという、厳しくもレベルが高い学校でした。人材育成に力を入れていて講師陣も超一流。皮膚生理学から解剖学、色彩学、栄養学、アロマテラピー、リンパドレナージュ。当時まだ聞いたこともないタラソテラピーという授業もありました。あの頃は、骨の名前1本1本、すべて言えるほど勉強して、美容の全てを学びました。それから3年の現場での実地をして、講習を受け続け、CIDESCOというエステテシャンの国際ライセンスを取得。エステの国際ライセンスは本当に大変で、勉強をスタートしてから資格取得まで5年の歳月がかかりました」その学校の栄養学の講師だったのが医学博士で管理栄養士の本多京子先生。ご主人は九段下にあった「ハーバートハウス」というアロマの学校を立ち上げた栗崎小太郎さんで、日本で最初にアロマテラピーを始めた人と言われています。「本多先生が、『うちの主人が“これからはアロマテラピーの時代だ”と大学を辞めてイギリスに留学したの』とおっしゃって、その時にアロマという言葉を初めて聞きました。『アロマって何?』と調べ始めるうちに、人の紹介でニールズヤードレメディーズの梶原夫妻と出会いました。ご夫妻も直々にアロマテラピーを広げていらして、直接授業やお話しを聞く機会に恵まれ、その世界観を知ったときに“香りの世界はなんて素晴らしいんだろう!!これからは、自然の産物の時代がくると!“と直感しました。その頃、我が家は代官山で美容室をはじめていましたが、梶原さんの奥様に講習会をしていただいたり、アロマテラピーは本当に大好きで、すぐに美容室にも取り入れました。ある日、美容の勉強仲間の友人がジュリークの製品をくれたんです。すごくいいから使ってみてって。その頃は、学生時代からの無茶なスキンケアで化粧品が怖くなっていたので、初めてのものを顔に乗せるのも嫌だったの。でも、その人が信用できる人だったから恐る恐る使ってみたんです。そうしたらすごく感じが良くてもうびっくり。クレンジングとトナーと、デイリーエクスフォリエイティングという特殊な洗顔料を使ってみたのですが、かぶれるどころか肌がどんどん良くなっていって。なんだか“肌がうるおって、元気になって、頰に紅をさしたような自分”がそこにいたんです。これがニールズヤードに続く、オーガニックコスメとの出会いになりました」事業は爆発的に大きくなったけれど自身の肌でジュリークを使い始めて、その良さを伝えたい、とマンションの1室で“一人エステサロン”をスタート。内装から全部手作りで、このときにアルフレックス時代に磨かれた美的感覚が大いに役に立ったのだそう。ところが、お客さんは誰もこない日が続きます。マンションの郵便受けにポスティングしたり、苦戦したそう。「当時はインターネットもSNSもないし。ところがある日、美容ジャーナリストの倉田真由美さんがフィガロという雑誌で取材に来てくれたんです。それは小さな記事だったのですが、それで今度は予約が3ヶ月先まで埋まってしまって一気に忙しくなって、時間も人手も足りなくなることに! そのときにお店を手伝ってくれて、以降約10年サロンを支えてくれたのが、今のTe・Luce(テ・ルーチェ)のオーナー、宮澤輝子さんです。スタイリストの地曳いく子さんはご近所に住んでいたご縁もあって、うちの子どもと遊んでもらったり、家具を買いにつきあってもらったり、東急ハンズに材木を買いにつきあってもらったり、本当にいろんな方々にお世話になりました」サロンは順調で、3ベッドルームある、大きな場所へ移転することに。「ジュリークの製品も人気が出ますが、買えるところがないということで、いよいよジュリークショップ青山がスタートします。ところが‥‥」後編に続きます。
  • 数珠つなぎに増え、深刻になっていく肌悩みも、手ヂカラを活用すれば100人力! 「首のしわが以前より目立ってきた」というアラフィー女性たちの声に、エステティシャンでもある美容家の水井真理子さんがお応え。30秒もかからないゴットハンドの技を伝授します。教えてくれたのは…トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんトータルビューティアドバイザー 水井真理子さん美容雑誌からファッション誌の美容ページまで、幅広い年代の雑誌の美容ページやwebにて活躍中。パーソナルな診断を得意とし、女性が健やかに美しく生きるためのスキンケア法やコスメとの付き合い方を、寄り添うような言葉でレクチャー。Q.首のしわが、以前より目立ってきましたA.ほぐして流すにかぎります大人になると、疲れが首に出るんです。老廃物がたまり、しわやむくみで老けて見えるから、夜、顔のお手入れをするタイミングにクリームで流しましょう。まずクリームを塗ったら、「手ヂカラ」の基本のプロセス3.と同様の動作でコリをゆるめて。>>水井真理子さんの“手ヂカラ”の基本ケア 記事はこちらから首を上げる。指全体を使い、あご先から首の真ん中を通って上から下へ流す。最後に、鎖骨上を中指と薬指で優しくプッシュ。老廃物を押し流すのに有効。ネックやデコルテのしわやたるみ、くすみをケア。シナクティフ クレームクーエデコルテ 専用マッサージ用具つき 75g(医薬部外品・限定品)¥40,000/クレ・ド・ポー ボーテ>>水井真理子の手ヂカラ美容 記事一覧はこちら撮影/押尾健太郎(モデル) 富田 恵(商品) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 取材・原文/中島 彩 ※エクラ2019年12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND