【旬と永遠を両立するシンプルモード】冨永愛が着こなす、人気スタイリスト青木貴子セレクトの名品 五選

Web eclat
青木貴子さん 雑誌、広告を中心に活躍するほか、ジュエリーブランド「allantokyo」をはじめ、雑貨や洋服のプロデュースも手がける。インスタグラムで紹介する料理レシピも人気。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.セリーヌの“ホワイトシャツ”


フィット感のあるシルエットのメンズシャツは、ユニセックスなデザインなので、女性が着るとほどよい抜け感が出る。小さめのストレートカラーや、左すそに刺繡されたセリーヌの「C」モチーフもさりげないポイントになって。素材は軽量で着心地がよく、毎日の着用にも耐えられる強さのあるコットン100%。シャツのデザインに定評のあるクリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマンの美意識が堪能できる一着。

シャツ¥66,000・デニム¥105,000・バッグ¥510,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)
2.ハリー・ウィンストンの“トラフィック・リング”


ハリー・ウィンストンの創業の地、ニューヨーク。マンハッタンのストリートを上空から見下ろしたときの、縦横に走る車の流れやライトの動きを直線状に並んだダイヤモンドで表現。バゲットダイヤモンドが5個、ラウンドダイヤモンドは35個の贅沢な輝きが手もとをシャープに彩る。ほどよいボリューム感があり、ドレスアップにもふだん着にも合うデザイン。

リング(プラチナ×ダイヤ)¥1,690,000/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン) ワンピース¥210,000/三喜商事(アニオナ)
3.ボッテガ・ヴェネタの“ワークブーツ”


昨年、新クリエイティブ・ディレクターにダニエル・リーが就任し、よりモードになったと評判の秋冬の新作から。メンズコレクションでも登場した、バイカースタイルとパンクスタイルの両方からインスパイアされたサイドゴアブーツ。シューズ部分のボリュームとすっきりとした筒部分が好バランス。厚底のラバーソールは2層構造になっていて、見た目よりも軽く履きやすいのも高ポイント。

ブーツ¥112,000・コート¥263,000・バッグ¥900,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)
4.エルメスの“ケリー・ダンス”


2007年に登場したモデルの復刻版「ケリー・ダンスⅡ」。取りはずし可能なバンドリエールは長さの調節が可能なため、ウエストに巻いたり、ショルダーバッグとしてはもちろん、ポシェットのように斜めがけすることも。さらに、バンドリエールをはずせばクラッチバッグにもなる、ミニバッグ派のための“ケリー”。

バッグ¥813,000・ニット¥177,000・パンツ¥194,000/エルメスジャポン(エルメス)
5.ブレゲの“クラシック 9067”


ブレゲ創業時のデザインを受け継ぐ、2015年発表のレディスモデル「クラシック 9067」。ギヨシェ彫りやブレゲ針、ケースサイドのコインエッジやダイヤルのシークレットサインなどが特徴的な、ブレゲらしい、端正な顔をもつ一本。クラシックな外見に反して、中身はシリコン製脱進機やひげゼンマイなどの最新技術を搭載している。ケースは18Kローズゴールド、ダイヤルはシルバー仕上げの18Kゴールド製。

時計¥2,000,000/ブレゲ ブティック銀座(ブレゲ) ニット¥105,000/マックスマーラ ジャパン(エス マックスマーラ)
本格的に検討するのはまだ先…なんて思っていて遅い! 年々早くなるアウター市場、さらに今年は10月から消費税アップとあって、9月から検討を始めている人が多数。買って間違いなし、大人を素敵に見せるアウター3着を厳選。売り切れる前にぜひ手に入れておいて。
デイリーに活躍する小物も新しい季節には更新が必要! この秋、大人が毎日でも愛用したいと思うほど優秀なベーシック小物をそろえました。
撮影/生田昌士(hannah) ヘア/TAKU(CUTTERS) メイク/COCO(関川事務所) スタイリスト/青木貴子(WHITEBOX) モデル/冨永 愛 取材・原文/新田幸子
関連記事
  • ニットとシルバージュエリーは相性抜群! シルバージュエリーというと夏につけるもの?と思っていましたが、最近ニットに合わせてつけているお気に入りがこの2つ。 私のところへやって来るまでに、素敵な女性達の手で選ばれたものである…そんな背景も、ながく、大切に使いたいと思わせてくれます。 左は、先月開催された五明さん @gomyoyuko のマルシェで出会えたシルバーバングル。 1900年代前半のものだそう。 五明さんがロンドンで見つけて東京へ連れて帰ってきた、という素敵なストーリーの奥に、さらに重なる時間。心がときめきます。 花や葉を彫った細工に、スカラップ形の縁飾りが繊細なレースのようで、本当にかわいいんです 右は、ナバホ族の女性アーティストの作るリング。 SUNDAY MARCH 30というインディアンジュエリーショップのポップアップで、今年の初夏に出会いました。女性のセレクターの方が現地で選んだ、こちらも愛情や世界の広がりを感じるもの。 ターコイズジュエリーには、憧れと近寄りがたさを感じていたのですが、ハートを象ったミントグリーン色が勇気をくれました。この石はキングマンターコイズという鉱石だそうです 平日は時計をしているので、このバングルとの重ね付けは週末のお楽しみ。今日はブリックレッドのニットに合わせました。ベージュやブラウンなどこの冬着たい色との相性も、とても良さそうです ちなみに合わせたニットは、こちらも五明さんが、LEEマルシェの人気企画で今季セレクトしているトリコジーンマークの別注カーディガン。デニムなど定番カジュアルパンツがなんでも合わせやすくて、とびきり軽くて、ヘビロテ中です ミツコ . #LEE編集部のお買い物 #magazinelee #leeweb #leemarche . #sundaymarch30 #toricotsjeanmarc
  • 体に合ったきれいなパンツが1本あれば、どんなトップスも合わせやすく毎朝のコーディネートがすごく楽になるんです! 下半身の体型コンプレックスをなかったことにしてくれる「整形級」のパンツを編集部が厳選。満場一致で選ばれたのは「セオリー」でした。 これがベストオブ整形級パンツ! パンツ¥27000/セオリー 手に持ったコート¥24000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ニット¥12000/ルーニィ ピアス¥17000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) ネックレス¥3000/ジューシーロック(ジューシーロック オリジナル) リング¥46000/ココシュニック バッグ¥35000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ヴァジック) 靴¥16500/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【セオリー】テーラード トラウザーライト サキソニー ¥27000 脚を入れた全員が思わず「軽っ!」と口にするほど、とにかく軽い! しっかりと入ったセンタープレスやシャープなシルエット、おなかやお尻を包み込む立体感に高いストレッチ性など、満場一致で“ベストオブ整形級パンツ”に決定! シンプルなタートルニットと組み合わせるだけでサマになり、全身の印象が一気にあか抜ける。パンツ¥27000/セオリー 【サイズ】XXX0・XX0・00・0・2・4・6・8・10・12・14 【色展開】ブラック・アイボリー・ライトキャメルメランジ・セージ(00・0・2・4サイズのみ)・ライトネイビーメランジ・プラム 1.軽っ! なんと248kg。大みかん約2個分(編集部調べ) 2.脚長効果抜群! 高め位置から入ったセンタープレス 3.お尻の位置をきゅっと上げてくれる高め位置のポケット 4.肉感を拾わない絶妙な柔らか素材 適度に厚みのある生地でひざが出ないことはもちろん、太ももやふくらはぎの肉感を軽やかにスルー 5.脚がいちばん細く見える足首の抜けをつくる丈 フルレングスよりも少し短い九分丈で、足もとに肌見せ部分を作って。抜け感が脚長効果に直結 11月12日発売のBAILA12月号では【体型別・整形級パンツ】を特集。見かけたら手に取ってみてくださいね。 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人)、坂根綾子(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/川上さやか モデル/ヨンア 取材・原文/石黒千晶(スーパーバイラーズ) 構成・原文/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • パンツ派とスカート派、2人のLEEキャラクターが、 もしも12closetのアイテムで冬のワードローブを作るとしたら……? 着こなしはもちろん、実際に試着したからこそのリアルなコメントも必見です。 今回はスカート派の續池さんに選んでいただいた10着の着回しからご紹介!   週5スカート派が選ぶ冬の10着   LEEキャラクター續池恵里Eri Tsuzuike 7歳と5歳の女の子、3歳と0歳の男の子と、4人の子を持つママ。ワードローブは、コーデがはくだけでラクに決まるロングスカートやワンピースが中心で、定番カラーのワントーン配色が好み。身長163cm。   a プリーツギャザースカートロング丈(85cm) 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 「ツヤ感のある落ち着いた色合いなので、カジュアルアイテムを大人っぽく着こなしたいときにもぴったり!」。太ももあたりから枝分かれになる特殊加工のプリーツが、可憐な揺れ感を生む大ヒット作。   b ホールガーメントニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税 「とにかく着心地抜群!前上がりの裾は、アウトしたままでもきれいだしインもしやすくて、色違いで揃えたら毎日着ちゃいそうです(笑)」。續池さんは旬感も着回し力もあるモカブラウンをセレクト。   c クルーネック リブプルオーバー 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 「ほどよい厚みのあるリブニットなので肉感を拾わないし、よーく伸びて柔らかい。羽織りやボトム、小物使いで印象が変わるベーシックさが気に入りました」。深いネイビーは、華奢見え効果もあります。   d スリット入りロングニット 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税 「プリーツスカートに合わせたいと思い選びました。裾をインしなくても絵になるのがありがたい。細身のパンツでメリハリをつけても素敵ですね」。コーデ全体を優しく引き締めるブラック。   e アルパカニットボレロ 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 「ゆったりとしつつも着丈が短めなので、ボトムとのバランスを気にしなくていい!はおるだけで、全体がぐんと優しい雰囲気になります」。ダスティなカラーをまとったアルパカ混ニットの風合いと、丸みを帯びたシルエットで大人の可愛げを。   f 大人のスウェットパーカ 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税 「こんな大人めに着られるパーカを探していました!プリーツスカートやチェスターコートなどきれいめアイテムと組み合わせたい」。オフホワイトに近い優しげなベージュは、顔映えもばっちり。   g ビッグシャツ 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 「きれいめにもカジュアルにも振れる、バンドカラーとゆったりした形がタイプです。ワントーン好きなので、黒パンツでカッコよく着こなしたい」。洗濯後、ノーアイロンで着られるタイプライター生地。   h ベルト付きワンピース 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税 やや詰まりぎみのラウンドネックや袖口にギャザーを寄せ、ニュアンスを出したミモレ丈のAライン。共布ベルトを締めると優しいメリハリがつき、きれいめ感がアップ。生地は上品な光沢と吸湿・放湿性に優れたキュプラ混のコットンで、ざっくりカーデやニットを重ねてもさらりとした着心地です。カラーは幅広いシーン&通年で着られるよう上品なベージュとネイビー。スカートタイプのペチコート付きです。   i ウエストゴム ストレッチテーパードパンツ 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税 「ウエストから太ももにかけて余裕があり、快適です。パンツはアクティブに動き回る日にはくことが多いのですが、これはセミフォーマルなシーンにも重宝しそうですね」。機能美にスカート派も大満足!   j チェック柄ストレッチパンツ 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税 黒×グレーのベースにマスタードイエローをきかせたタータンチェック柄。両サイド部分にゴムを入れたやや高め位置のウエストから太ももまではゆとりを持たせ、ひざ下からスッと細くなるテーパードが、無理なく美脚を叶えます。肉感を拾わない適度な厚みの裏起毛生地は、ストレッチ性とキックバッグに優れ、急にしゃがんでも、ダッシュをしても着用ストレスとは無縁! おしゃれな存在感、美脚効果、快適さと保温性。すべてをバランスよく備えた自信作です。   やること満載な週の始まりは、 即決まる無敵ニットとプリーツが頼り! day 1  a+b 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】ホールガーメントニット/¥13,000+税   「スタイリスト福田さんの"無敵ニット"は本当に着るだけで決まる!」。全方位、どこから見てもきれいな形。ツヤと揺れ感のあるスカートとなら手抜き感なし。   子どもの習い事の送迎は、 洗練感のある黒のワントーンカジュアルに day 2  g+i 12closet/【石上美津江さんコラボ】ビッグシャツ/¥13,000+税 12closet/ウエストゴムストレッチテーパードパンツ/¥12,000+税   シャツもパンツもほんのり光沢があるので、上下を黒でまとめてもどこか軽やか。パンプス&きれいめバッグならよそゆき仕様に。「オーバーサイズのコートをはおってもすっきり見えますね!」     着こなし全体が明るく、 優しくなるピンクのボレロをはおって友人宅へ day 3  a+e 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税   「淡いトーンのピンクって、実は冒険カラーでしたが、実際に着てみると大人にちょうどいい甘さ。さらに着慣れた白Tやスカートとならしっくり」。カジュアル小物ではずすとこなれ感も!     車移動の日はよく伸びてきちんと戻る、 ノーストレスなリブニット&チェックパンツが活躍 day 4  c+j 12closet/クルーネックリブプルオーバー/¥8,900+税 12closet/チェック柄ストレッチパンツ/¥14,500+税   チェック柄のパンツはストレッチがきいて想像以上の着心地のよさを発揮。「長時間運転する日もこれならラクだし、シワになりにくく優秀!」     パーカとプリーツスカートのカジュアルMIXで、 家族みんなでスポーツ観戦! day 5  a+f 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【石上美津江さんコラボ】大人のスウェットパーカ/¥10,800+税   パーカをきれいめに、スカートをヘルシーに。互いの新たな魅力を引き立て合う組み合わせ。「顔まわりを包み込むフードのボリュームがしゃれて見えます。このコートも使えますね!」     ワンピースにボレロをさらり。 小物で華やぎを足し夫とデート day 6  e+h 12closet/アルパカニットボレロ/¥11,000+税 12closet/ベルト付きワンピース/¥18,000+税   「ブラウンとベージュの上品な配色は小物使いも映えて、おめかししたい日にぴったり」。ワンピは共布ベルトを締めてメリハリをつけ、さりげなく腰高見えを狙って。     友人とのランチは “長いもの同士”のワン・ツーで旬感を day 7  a+d 12closet/プリーツギャザースカート ロング丈(85㎝丈)/¥12,000+税 12closet/【福田麻琴さんコラボ】スリット入りロングニット/¥15,000+税   深いサイドスリットで抜け感を作り、黒でまとめた足元にあえて重さを出したこなれ感たっぷりの着こなしで、一目置かれる存在感を。「チュニック丈のニットとプリーツスカートの組み合わせは、私にとって初めてのバランス。早速実践してみようと思います」   いかがでしたか!? 大変参考になる着回し7daysの特集は下記からもご覧いただけます!   前回の【パンツ派】LEEキャラクター小山さんの着回し7daysは下記からご覧いただけます!   LEE最新号は下記からもご覧いただけます!
  • 11月に入り、だんだんと朝昼晩の気温差が出てきましたね~。帰宅時にはブルッ!とする事もしばしば。今日はこんな季節にオススメしたい“買い足しアイテム”をpick upします! 本格的なアウターを着るにはまだ早い?ってときには・・・ 持ち運びできるパッカブルタイプの軽量アウターがおススメ! Demi-Luxe BEAMS/Traditional Weatherwear / ARKLEY ロングインナーダウン/¥19,500+税 シャツのようにラウンドした裾が女性らしさを引き立てる1着。 アウター使いはもちろんのこと、インナーとして着られるのも嬉しいポイント♪ 専用の収納袋付きなのも◎   コーディネートのトーンが暗くなりがちなときには・・・ 存在感のあるバッグを1点投入!   A VACATION/TANK トートバッグ/¥59,000+税 コーディネイトのアクセントにするなら小粋なペイズリー柄が旬。"BLTバッグ"のトレンド筆頭の"TANK"は、インテリア用ファブリックを使用した上品な雰囲気が特徴です。   ちょっとそこまでのお出かけのとき着るものに困る・・・ ウールのショールやストールがおススメ LAPUAN KANKURIT/ポケットショール「MARIA」/¥10,000+税 室内はもちろん車移動時の気軽なアウターとしてなどシーンを問わず活躍する絶妙な厚さのショール。両サイドの大きなポケットにはミニ財布や鍵がすっぽり。「ちょっとそこまで」のお出かけには、さっとはおってバッグいらず!   タイツを穿くにはまだ早いけど、足元が寒いときには・・・ ソックスを冬用に衣替え! CAPRICORN MOHAIR SOCKS/モヘアソックス/¥2,500+税 イギリス・ノーサンバーランドのソックスメーカーの定番品。 水分をためにくいモヘアは、耐久性があり長時間履いても匂いにくいのが特徴。バレエシューズやおじ靴と合わせれば、ほどよいボリューム感でスタイリングのさりげないポイントに♪ 私もカプリコーンソックスは毎年買い足ししているアイテム! 定番のコンバーススニーカーとの相性もよく、色違いでたくさん持っていますよ!   少しのアイテム追加で今の季節もおしゃれ&快適に過ごせます。FLAG SHOPでいろいろ探してみてくださいね~。    
  • コートを着ているときも脱いだときも素敵でいられるコーデをご紹介。淡色の「リバーコート」を着るなら、ワントーンコーデがおすすめ。クリーミーなホワイト、アイシーなグレー、今季旬のラテカラーなど、それぞれのカラーごとに鉄板コーディネートを組んでみました。 THIRD MAGAZINE[サード マガジン]の淡色リバーコート オールホワイトが上品にまとまるこだわりのクリーミートーン 思い切って全身にまとうことでリッチに仕上がる冬の白。まろやかなトーンでしっとりと。上質なウールの質感もきわだつ。 コートを脱いだら コート(ストールつき)¥92000/サード マガジン ニット¥36000/スローン スカート¥29000/ebure ピアス¥12500/ビヨンクール 大阪高島屋店(ガス ビジュー) ブレスレット¥9000/フォーティーン ショールーム(イン ムード) バッグ¥44000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ペリーコ) 靴¥24000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) STATE OF MIND[ステートオブマインド]の淡色リバーコート 明度の高いアイボリーが軽やかに映えコンサバすぎない旬のベージュコーデに 大人びた上下ベージュのパンツルックをフレッシュに導くのが、明るめアイボリーの襟つきコート。歩いてなびくしなやかな素材感や肩ひじ張らず着流せるデザインで、オンの日にぴったりの気張らないきれいめスタイルを楽しんで。 コートを脱いだら コート¥34000/ゲストリスト(ステートオブマインド) ニット¥21000/ロンハーマン パンツ¥19000/アダム エ ロペ ピアス¥37000/UTS PR(ルフェール) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥67000/アマン(エレメ) 靴¥12778/アテニア BEAMS LIGHTS[ビームス ライツ]の淡色リバーコート アイシーなグレーを基調にすればフェミニンさも大人のさじ加減に アイスグレーと相性のよいブルーをなじませてさわやかに。レースの質感で女っぽさも上々。 コートを脱いだら コート¥42000/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) ニット¥25000/スローン スカート¥78000/サード マガジン ピアス¥55000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 時計¥26000/オ・ビジュー(ロゼモン) バッグ¥148000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥45000/アナトリエ ミュゼ プリヴェアトレ恵比寿店(バルダン) FRAY I.D[フレイ アイディー]の淡色リバーコート 白とベージュのまろやかなラテカラーでやさしい女らしさをまとって コートの上品さを引き立てる、やさしげベージュのワントーン。きちんと感強めのシャツ×パンツのコンビも、色の効果と顔立ちをやさしく見せるノーカラーで柔和な雰囲気に。話しかけやすいオーラに包まれて。 コートを脱いだら コート¥31000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ブラウス¥32000/ebure パンツ¥26000/ロンハーマン ピアス¥23000(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥51000(ペリーコ)/アマン バッグ¥57000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ) 撮影/谷田政史〈CaNN〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/大平典子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載
  • おしゃれプロの「自腹買い」から見えてきた注目トレンドトピックス。予想にはなかった意外なアイテムも!?リアルマリソル世代のプロたちが、綿密なリサーチと試行錯誤を経て選び抜いた、自腹のショッピングリストを大公開。 ■旬のブラウンとも好相性!意外にもネイビー が人気! みんなが買った定番色は「ネイビー」という声、多数! 流行のブラウンと相性抜群な点も、人気を集めた理由。「久しぶりにネイビーに立ち戻りたくて、今年らしいボトルネックのゆるっとニットに更新」(マリソル 編集長イシダ)。ニット¥32,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) シャツ¥27,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥20,000/SANYO SHOKAI(エス エッセンシャルズ) メガネ¥27,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥154,000/アパルトモン 神戸店(ザンケッティ) 靴¥78,000/カオス丸の内(プロエンザ スクーラー)「軽くて暖かいウールフリース素材。ショールカラーのガウンタイプで何にでもはおれる」(マリソル 編集Y本)。コート¥79,000/エイトン青山(エイトン)「インナーダウンにもできるほど薄くて軽い! シャイニーな素材できれいめに着られる」(マリソル 編集K松)。ジャケット¥40,000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス)「ウール100%とは思えない、しなやかで透け感のあるリブ。Aラインが腰まわりをカバー」(マリソル 副編集長SGUR)。ニット¥31,000/トヨダトレーディング プレスルーム(チルコロ1901)「ほかにはない深いネイビーの色みが素敵!憧れの一足です」(スタイリスト池田メグミさん)。靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)【Marisol12月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/須藤由美
  • CARAMEL BROWN「キャラメル色」をひとつ加えて旬の顔に何かひとつ、普段の着こなしに投入するだけで今年らしさが漂うキャラメルカラー。今季はさまざまなアイテムから登場して、おしゃれ心をくすぐります。洗練された着こなしに効く逸品をセレクトしました。定番のゴム引きコートのニューカマーもキャラメル色!19世紀からの伝統を継承し、1点1点ハンドメイドで作られるゴム引きコートにもキャラメルカラーが登場。裏地にレオパードプリントをあしらい、着丈も長めといいことずくめ。袖口にチラッとのぞくプリントがポイントになって、モダンな着こなしが完成します。ブランドロゴ入りの金ボタンもアクセント。コート¥178,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥68,000/マディソンブルー 靴¥118,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)天然素材ならではの程よい重さでストール上手に顔まわりに立体感を出してくれる、ふくらみのあるヤクの毛×コットンの大判ストール。濃色に走るラインが効いて、しっとりとした肌触りも絶品。(縦190㎝×幅71㎝)¥ 21,000/プレインピープル青山(ニムニムデュアイ)ブランドの象徴、ぺブルをロングブーツのソールにも久しぶりにロングブーツが復活の兆し。新調するなら明るいキャラメルレザーのソールを黒のラバーで切り替えた、コントラストと実用性が秀逸な1足を。スマートなシルエットも美しい。¥171,000/トッズ・ジャパン(トッズ)コートスタイルを洗練に導くスエードグローブ表は柔らかなラムスエード、内側はカシミヤニットでぬくぬくの温かさをしっかりキープ。コクのある色みの甲部分にステッチを数本入れることで、すっきりとした手元を演出します。¥13,000/ウィム ガゼット 青山店(カリディ)冬に似合うサングラスはシックなキャラメル色夏の実用と違い、ざっくりニットやコート姿にサングラスのおしゃれ感は格別。肌なじみのいいべっ甲調を。[上]¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) [下]¥ 55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)はおっても巻いてもサマになるニットケープで旬コーデをまとっても一方を巻きつけても、ニットケープならこなれたあしらいも簡単。裾に入ったライン使いがハッとするほどおしゃれ。ケープ¥90,000/アパルトモン 神戸店(ホテル パーティキュリエ) シャツ¥ 20,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) パンツ¥29,000/プレインピープル青山(プレインピープル)ヴィンテージ風が新しい"ザ・ハンドバッグ型"に注目クラシック回帰の今シーズン、こんなデザインも気になるところ。こっくりしたブラウンカラーのバッグは、ショルダーとしても持てる2ウェイ仕様。(縦18㎝×横22.5㎝×マチ7㎝)¥ 94,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー)アンティークなプリントを靴の内と外にリフレイン質実剛健なビブラムソールのキルトシューズに、アンティーク調の壁紙に似たプリントを部分使い。トラッドな着こなしはもちろん、今年はスカートにも合わせたい。¥145,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)黒田知永子さん Chieko Kuroda1961年生まれ。学生時代に「JJ」でモデルデビュー。その後「VERY」「STORY」「éclat」で次々と表紙キャラクターを務め、女性誌やテレビなどで幅広く活躍中。11月1日に『CHICO MY FAVORITES vol.3 おしゃれは秋冬が楽しい 黒田知永子のリアルスタイル』(集英社)が発売撮影/浅井佳代子 モデル/黒田知永子  ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/村山佳世子 取材・原文/向井真樹
  • 日々たくさんの情報を発信してくれるモア公式ブロガー【モアハピ部】。彼女たちのブログには、ファッション、ビューティ、グルメなどモア世代がハッピーに過ごすヒントがたっぷり。そこでっ!! 今週人気のあったファッション・ビューティ・ライフそれぞれのランキングを発表しちゃいます! 今モア世代がリアルに気になっていること、注目していることをチェックしましょ♡ ※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。まずはファッションの人気記事から!『ユニクロ ユー』のシャツジャケットでセットアップコーデ♪ 歩きやすいパンプスも【ファッション人気記事】♡第3位♡ 『ユニクロ』でインナーをゲット No.562 しょこたうるすさんは、『ユニクロ』で買った「リブハイネックT」をレイヤードコーデに投入。シャツジャケットに合わせたり、ニットの下に着たり。かなり使える! ▶︎▶︎カラバリも豊富♡第2位♡ 可愛くて歩きやすいパンプスを発見 No.678 さややさんは、『センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ』で、ブラウンのシンプルなパンプスを購入。歩きやすさも抜群なんだとか♪ ▶︎▶ピアスも一緒に ♡第1位♡ 『ユニクロ ユー』のシャツジャケット No.562 しょこたうるすさんは、オフィスコーデに今シーズンのトレンド、シャツジャケットを愛用中。「ワイドフィットカーブジャージーパンツ」と合わせると、セットアップにも。 ▶︎▶︎着回しもきく!『アルビオン』の新作化粧液が優秀☆ 『ロクシタン』のミストで保湿ケア【ビューティ人気記事】♡第3位♡ 冬の毛穴ケアは、化粧水をたっぷりと No.692 れいさんがオススメするのは、『NICE & QUICK』の「ボタニカル高保湿化粧水」。保湿したいときは、サッパリ系の化粧水をたっぷり使って乳液で閉じ込めるのがいちばん! ▶︎ 冬でもうるおいのあるお肌へ♡第2位♡ 『ロクシタン』のミスト化粧水 No.576 *Ayane*さんのオフィスでの救世主は、『ロクシタン』の「アクアレオティエ ハイドレーションミスト」。瞬く間にうるおいのあるお肌を叶えてくれるそう。 ▶︎▶︎メイクの上からも使える♪♡第1位♡ 『アルビオン』の新作「フローラドリップ」 No.614 ほーたんさんは、新作の化粧液「フローラドリップ」を使用した感想をお届け。 一番に感じたのは、キメが整ったということ☆ ▶︎▶︎保湿効果も高いみなとみらい新スポット『横浜ハンマーヘッド』のレストラン♪ 『東京ディズニーリゾート』のクリスマス2019【ライフスタイル人気記事】♡第3位♡ 懐かしい!『おジャ魔女どれみ』のカフェ&ショップ No.647 ゆきちょさんは、東京ソラマチ内にあるアニメ『おジャ魔女どれみ』のカフェ&ショップへ。メニューは全部食べたいところだけど、3品をオーダー。デザートまでしっかり満喫したそう♪ ▶︎▶︎期間限定オープン♡第2位♡ 両パークで「ディズニー・クリスマス」 No.636 れいかさんは、『東京ディズニーランド』『東京ディズニーシー』両パークで「ディズニー・クリスマス」をお楽しみ。どちらも華やかでフォトジェニック♡ ▶︎▶︎フードも満喫♡第1位♡ 『横浜ハンマーヘッド』 No.457 samenyanさんは、オープンしたばかりの『横浜ハンマーヘッド』へお出かけ。話題のレストラン『キーズ パシフィック グリル』でのランチは味はもちろん、眺めも最高♪ ▶︎▶︎まるで船上で食事をしているみたい★今回のランキングは11/4(月)~11/10(日)のデータをもとに作成しました。モア世代の"リアル"が詰まった記事をお見逃しなく!→モアハピ部の最新ブログはこちらから
関連キーワード

RECOMMEND