【女優・吉行和子さんへ5つの質問】アラフィーが気になる健康、終活、今後の人生のことを聞きました

Web eclat
【profile】
よしゆき かずこ●’35年、東京都生まれ。女優。女子学院高等学校を卒業後、劇団民藝に所属し舞台デビュー。’59年『にあんちゃん』(毎日映画コンクール女優助演賞)、’79年『愛の亡霊』、’14年『東京家族』(日本アカデミー賞優秀主演女優賞)などの映画をはじめ出演作多数。

Q.健康のために食事で気をつけていることは?

A.納豆、牛乳、野菜……、体にいいものは意識して食べます。基本的に出されたものはなんでも食べるほうです。

Q.今後、夫とふたりだけの人生が心配なのですが、どうしたら……

A.夫を置いていくくらい、自分の時間を楽しんでは? 私が50代のころに比べたら、今は楽しみもたくさんあるじゃない! 我慢して欝々(うつうつ)としていても、いいことはありませんよ。

Q.年老いた親との距離感はどうとればいいですか?

A.40代のとき、母が暮らす同じマンションに別の部屋を持ちました。とてもいい選択だったと思います。

Q.終活としての断捨離はどのようにしていますか?

A.若いころから引っ越し続きで、モノには執着しません。母の遺品なども、考えずにぱっぱっと捨てました。

Q.年を重ねることでいいと思うことはなんですか?

A.自由に生きられるようになるし、相手のことがわかるようになって、気持ち的にも優しくなります。長生きはむだではありません。

『そしていま、一人になった』

吉行和子 ホーム社 ¥1,700

 

父は作家・吉行エイスケ、母はNHK朝ドラの主人公にもなった美容師・吉行あぐり、兄は作家・吉行淳之介、妹は詩人で作家・吉行理恵――。80歳を過ぎた女優・吉行和子が、今だから語れる亡き家族の歴史。自身の来し方と行く末を見つめる中で探り当てた、家族との絆を描くエッセー。

いてあたりまえの家族がいなくなり、孤独な将来がやってくるかもしれない――。誰もが漠とした不安とともに描く現実を、軽やかに生きている女優の吉行和子さん。家族の死の瞬間、そしてひとりになった今、胸にある思いとは。
撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/清水惇子(style STYLE) 取材・原文/渥美志保 ※エクラ10月号掲載
関連記事
  • 「リアルなトレンドは現場で起きている!」と、ショッピング最前線を探るべく人気セレクトショップにリサーチを敢行。秋冬本番に向けて、売れているアイテムを「アウター」「トレンドウェア」「小物」編にてご紹介!コラボレーションも人気! 秋冬の主役「アウター」シルエットとカラーに惚れ惚れ、“エブール”の別注コート【ロンハーマン】 大人の女性のボディラインを美しく見せてくれるテクニックで人気絶大のブランド“エブール”にカラー別注した、ロング丈のフードコート。展示会の時から、「ガウンを思わせるしなやかなシルエットが抜群にキレイ!」と好評だったそう。上質な仕立てと今の気分を反映させたデザインがおしゃれ心をくすぐる。 フードコート¥130,000/ロンハーマン(エブール フォー ロンハーマン) ロンハーマンhttp://ronherman.jp/03-3402-6839 上質ロングマントはドラマティックで実用性も抜群【ドゥロワー】今年のアウターのトレンド、ポンチョが店頭でも大ヒット中。オリジナルのロングマントは、クラシック映画に出てくるヒロインが着ていそうな、ムードのある一枚。生地を贅沢に使い、波打つようなラインがエレガント。「ドレッシーでありながら、取り外し可能なフードや裾のスリットなど実用性をちゃんと押さえているところが購入の決め手に!」(プレス藤田幸さん)ポンチョ¥180,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ドゥロワー 青山店https://store.united-arrows.co.jp/shop/drw/03-5464-0226ジェンダーレスな気分にフィット、バブアーコートに人気集中【ユナイテッドアローズ】ユナイテッドアローズの新レーベル“ロエフ”が、イギリスの老舗ブランド“バブアー”に別注したロング丈のワックスコートは、入荷前から問い合わせが相次いだ大人気アイテム。展示会の時点で好評で、追加生産もしたそう。ワークコートならではのタフさとオーバーサイズが今の気分にフィットし、売れ行き抜群なのも納得。コート¥68,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(バブアーフォーロエフ) ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアhttp://www.united-arrows.jp/03-5468-2255ベーシックなダッフルコートが愛され続ける理由【トゥモローランド】トゥモローランドの冬の大定番、ダッフルコートが今年も絶好調。スタンダードなアイテムが愛され続けているのは、時代に合わせて変化を続けているからこそ。「デザインをシーズン毎に微調整し、今季はゆったりとしたサイズ感で大人っぽい仕様にアップデートしました」(プレス落合愛菜さん)。毎シーズン必ず新色を登場させることで、新鮮さも生み出している。 ダッフルコート¥53,000/トゥモローランド トゥモローランドhttp://www.tomorrowland.co.jp/0120-983-511大人なふわモコ! “アパリス”のエコファーコート【デミルクス ビームス】 ファーフリーの意識が高まり、エコファーの存在感と進化が止まらない! デミルクス ビームスの展示会でもNYブランド“アパリス”のフードコートの人気が高く、おしゃれプロであるスタイリストたちも軒並み試着したそう。「高品質かつリュクスなムードを漂わせながら手の届きやすい価格で、試着後には予約に繋がっていくケースが続出です!」(プレス三條場夏海さん)コート¥36,000/デミルクス ビームス 新宿(アパリス) デミルクス ビームス 新宿https://www.beams.co.jp/demiluxebeams03-5339-9070最旬ブランド“ROKH”のバックコンシャスなコートを堪能【ビオトープ】2018年のLVMHプライズで特別賞を受賞した、最注目ブランド“ROKH(ロック)”の取扱いを今シーズンよりスタート。「展示会でも話題性が高く、なかでもコーデュロイのロングコートが人気ナンバーワンに」(プレス楠原愛さん)。ダッドな雰囲気のオーバーサイズコートは、背中の大きく開いたスリットがモダン。ブランドが得意とする美しいテーラリングで、一枚でスタイリングをキメてくれる。コート¥230,000/ビオトープ(ロック) ビオトープhttps://www.biotop.jp/0120-298-133ファッションプロも魅了する「トレンドウェア」ブランドらしさを打ち出したチェック柄【ドゥロワー】ドゥロワーが毎シーズンコレクション提案しているチェックアイテム。ブランドらしい洗練されたテイストにアップデートされたデザインは、発売されるたびに反響が多く、今季はまだ残暑厳しかったシーズンのはじまりから店頭で反応がよかったそう。「ノスタルジックなブロックチェック柄のペンシルスカートは、トレンドのグリーンを採用し、今っぽさのある一枚に。後ろの裾に入った深めのスリットで歩きやすいのもポイントですね」(プレス藤田幸さん)。スカート¥90,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ドゥロワー 青山店https://store.united-arrows.co.jp/shop/drw/03-5464-02263wayで使える、“リト”の別注カラートップス【デミルクス ビームス】コーディネートのバリエーションを増やしてくれる3way仕様のアンサンブルニットは、使い勝手のよさから晩夏の早いタイミングから大注目。ニットはセパレートでき、半袖ニットと袖部分はボレロにチェンジ。コンビネーションで着た時には旬のビッグシルエットに、ドルマンスリーブが女性らしさをプラスして。「別注の秋らしいブラウンカラーが店頭で圧倒的な人気です!」(プレス三條場夏海さん)ニット¥44,000/デミルクス ビームス 新宿(リト×デミルクス ビームス ) デミルクス ビームス 新宿https://www.beams.co.jp/demiluxebeams/03-5339-9070“サビーナ”のジャンプスーツがヒット中【スーパー エー マーケット】スタイリストのサビーナ・シュレーダーが手がけるNY発のジャンプスーツブランドから、フロントのジップが特徴的なアイテムがヒットリスト入り。ワークウェアをモードに昇華したジャンプスーツは、感度の高いスタイリストたちからも展示会などで熱視線が送られていたそう。ほのかにツヤのあるコーデュロイを使い、開きのある胸元が大人っぽさを演出。 オールインワン¥68,000/スーパー エー マーケット(サビーナ) スーパー エー マーケットhttp://www.superamarket.jp03-3423-8428LAムードを落とし込んだ“カイト”のデニム【エストネーション】ファッション好きからの支持の厚い、NYベースの注目ブランド“カイト”のストレートデニム。「店舗やオフィススタッフの購入もすごく多く、クリーンにはける女性らしいシルエットが人気の理由ですね」(プレス飯島亜沙子さん)。ハイライズのデザインは70年代のLAスタイルがインスピレーション。高価格なアイテムが多いブランドの中では手の届きやすい価格も魅力になっている。 デニムパンツ¥42,000/エストネーション(カイト) エストネーションhttps://www.estnation.co.jp/0120-503-971実力派ブランドが勢ぞろい。スタイリングを底上げする「小物」リネンが新鮮! “ザ・ロウ”のアスコットバッグ【ビオトープ】 シグネチャーアイテム、アスコットバッグをリネン素材で別注。ブランドでも初の試みであるスペシャルなアイテムは、定番を愛用している「ザ・ロウ」のファンが2、3個目として購入していくことが多いそう。マスキュリンなアイテムが揃うブランドの中で、カジュアルな愛らしさのあるレアなバッグは完売必至。 バッグ〈H13×W30×D15㎝〉¥119,000/ビオトープ(ザ・ロウ) ビオトープhttps://www.biotop.jp/0120-298-133“ジョンストンズ”の別注ストールはブラウン配色が決め手【エストネーション】ウェブショップでの予約が殺到し、追加生産が決定しているという“ジョンストンズ”の別注カシミヤストール。マチュアなブロックチェック柄をブラウンベースでオーダーし、ベージュからダークブラウンまで多色を使っているのが特長的。それぞれの色にリンクした幅広い着こなしができる、ユースフルな点も選ばれる要因に。 ストール¥62,000/エストネーション(ジョンストンズ) エストネーションhttps://www.estnation.co.jp/0120-503-971シルバーがきらめく“ジーエイチバス”の名品ローファー【ユナイテッドアローズ】 実際にはいているスタイリストから、「絶対に買うべき!」とプレススタッフが逆レコメンドされたのはアメリカの老舗シューズブランド「ジーエイチバス」のローファー。クラシカルな品のいい佇まいのシューズは軽量で歩きやすい上に、価格もお手頃。別注色のシルバーは、ほどよくドレッシーな雰囲気でイベントの多い年末に向けて活躍する。 シューズ〈ヒール2㎝〉¥22,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ジーエイチバス)ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアhttp://www.united-arrows.jp/03-5468-2255入荷後すぐに完売!“クレア ヴィヴィエ”のトートバッグ【アパルトモン】スエード素材のトートバッグは入荷後すぐに完売! 「パリでのバイイングの様子を紹介したブログ記事で、バイヤーがカジュアルなスタイルに合わせて持っていたことも火付け役に」(プレス西川知子さん)。同じく“クレア ヴィヴィエ”のカラーストラップをバッグに付けて、遊び心をプラスするのも小粋。 バッグ〈H33×W37.5×D16㎝〉¥68,000・ラインストラップ¥7,500/アパルトモン 神戸店(クレア ヴィヴィエ)アパルトモン 神戸店 http://lappartement.jp/078-334-6008styling : Kanako Sugiura  text : Momoko Yokomizo
  • SABONのホリデーコレクションは、ちょっとミステリアスな雰囲気が漂うラインアップ。コレクション限定の香りを宿したゴージャスなクリスマスコフレから、友人とシェアしたくなるアイテムまでたっぷりご紹介します。SABONの2019ホリデーコレクション限定の香り『ミスティーク・シャイン』のイメージソースは、時間帯や反射の仕方でさまざまな表情を見せるステンドグラス。パッケージも荘厳なムードを漂わせています。ホリデーコレクションは11月1日(金)発売の第1弾、11月21日(木)の第2弾と2回に分けて発売されるので、狙いを定めつつご覧ください。こちらは11月1日(金)発売のホリデーコレクション トータルコフレ。たっぷり約1ヶ月分のボディスクラブに現品サイズのバターハンドクリーム、お部屋に飾れるアロマまで今だけの香り『ミスティーク・シャイン』を堪能できる、まさにご褒美コフレ。このゴシックな雰囲気、めちゃくちゃ好み!ホリデーコレクション トータルコフレ ¥12000/SABON<11月1日(金)数量限定発売>で、肝心の『ミスティーク・シャイン』の香りですがーートップは軽やかなレモンやコットンフラワー、徐々にローズやウォーターリリーなどみずみずしくも拡張高い花々の香りへ。ラストはホリデーの澄み切った空気に温もりを与えるサンダルウッドやムスクで余韻を。その狭間にはシナモンやバニラも顔を覗かせる実に奥深い構成で、まとう人によって感じ方も香り立ちも変わる、幻想的なフローラルノート。ほらもう、気になっちゃいますよね?一気にフルラインアップもいいけれど、もっといろいろな香りを楽しみたい方もご安心あれ。ボディクスラブにハンドクリーム、さらにアロマやキャンドルも単品発売がありますので、お好きなスタイルでホリデーの香りが楽しめます。もうひとつ大物、紹介しちゃいましょう。SABONもアドベントカレンダータイプのコフレを発売します。今季は、大人気のボディスクラブも初めてのセットイン。60gのジャーが2種類入っています。その他にもラグジュアリーライン『デッドシー』シリーズのフェィス用マッド、この時季嬉しいフットケアにコンニャクスポンジまで至れり尽くせり、色とりどりのプロダクトがぎっしり! いや〜これ、24日まで順番に1つずつオープン、なんてお行儀よく待っていられないかも(笑)。こちらは11月21日(木)より発売。ちなみに、開いても漆黒なんですよ。アドベントカレンダー ¥15000<11月21日(木)数量限定発売>11月21日(木)からの第2弾、その他のラインアップは……誰かとシェアしたくなる、そして持ち歩きたくなるプロダクトが目白押し。こちらは華やかなローズティーの香りのハンドクリーム・シャワーオイル・ボディローション。さらにミントの香りですっきりするフットクリームの4本セット。ホリデー限定ポーチに入れて、このまま旅行に持っていきたい!ローズティー カルテット ¥6000<11月21日(木)数量限定発売>〝ラベンダー・アップル〟、〝パチュリ・ラベンダー・バニラ〟、〝デリケート・ジャスミン〟と3種の香りを詰め合わせたハンドクリームセットも。ポーチに収まる30mLサイズが嬉しい! 誰かとシェアするか、独り占めするか……悩むのも楽しくなっちゃう。お値段も¥3800とナイスプライス!ハンドクリーム トリニティ ¥3800<11月21日(木)数量限定発売>ファンが多い「グリーン・ローズ」のコフレも発見。ボディスクラブ&ボディローションのコンビに、木製のスクープもセットイン。香りが長く続くことにも定評あるSABON、W使いすればしっとりしなやかボディになれるだけではなく、芳香に包み込まれる最高に幸せな時間が過ごせること必至。グリーン・ローズ ボディケア デュオ ¥4800<11月21日(木)数量限定発売>実は他にもまだまだあるのですが、ご紹介しきれない! 一部のアイテムはすでに予約もスタートしているので、ぜひSABONのサイトや店頭でチェックして自分やお友達にぴったりのコフレを見つけてくださいね。●「SABON」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 定年後の将来に備え、「資産を殖やす」に加えて行うべきなのが生活の見直し。『入ってくるお金で生活する』ことが大前提とはいえ、定年後は現役時代より収入が減るケースが大半なので支出のダウンサイジングは不可欠に。新たな収入の道となる、定年後に“収入を増やすコツ”を、社会保険労務士の井戸さんがご紹介。教えてくれたのは…ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士 井戸美枝さんファイナンシャルプランナー、社会保険労務士 井戸美枝さんわかりやすい解説でメディアで活躍。著書に『100歳までお金に苦労しない定年夫婦になる!』(集英社)、『5年後ではもう遅い! 45歳からのお金を作るコツ』(ビジネス社)など。「入ってくるお金で暮らす」を念頭に、生活の見直しを将来に備え、「資産を殖やす」に加えて行いたいのが、生活の見直し。 「大前提は、『入ってくるお金で生活する』こと。リタイヤ後は、現役時代より収入が減るケースが大半ですから、支出のダウンサイジングは不可欠。とはいえ、お金の使い方は習慣なので、今のうちから少しずつ始め、慣れておくのがおすすめ。少額であってもムダな出費は削るのと同時に、住居費・車関連・保険といった3大固定費も見直しましょう。特に保険については、日本は社会保障が充実しているので、民間の保険にそれほど頼らなくても大丈夫」 車は利用頻度に応じて手放すことも考え、家もローンや家賃の支払いが負担になりそうなら、住み替えも検討を。ただし、転居を繰り返すと支出がかさむうえに、高齢になってからの住み替えは、精神的・肉体的にハード。考えるなら早めに、終(つい)の棲家(すみか)のつもりで選びたい。 「エクラ世代なら、働いて収入を増やすこともぜひ! 人生100年時代ですから、元気な間は働いて、収入を得るのが一番。お金の面はもちろん、精神的にも肉体的にも、きっとプラスになりますよ」収入&年金アップで一石二鳥「パートから正社員に」「人手不足の今、エクラ世代でも正社員になれるチャンスは大。パートの人も多いようですが、正社員になったほうが、収入はもちろん年金の面でも有利です。パートだとしても、厚生年金加入になるような働き方がおすすめ」。パートの場合も、勤め先の正社員数が501名以上なら、所定労働時間週20時間以上、月収8万8000円以上で厚生年金加入が義務づけられる。保険料の支払いは発生するが、会社と折半なので、結果的にはお得に。扶養の範囲内でと月8万円程度の収入だとすると、月10万円は増えそう。10月以降、正社員数500名以下の会社もパートの厚生年金加入が義務づけられる見込みなので、バリバリ働くのが賢明かも。“差額の家賃収入”を預貯金に回す「自宅を貸す」「子供が独立して部屋が余っている」「夫が定年で、都心に住む必要がなくなった」なら、今住んでいる家に“稼いでもらう”という手もあり。「子育て世代などに自宅を貸し、自分たちは、それで得られる家賃収入より安い家を借りれば、差額が“収入”になります。JTI(移住・住みかえ支援機構)が、50歳以上を対象にマイホーム借り上げ制度を始めたので、そちらも参考に(https://www.jt-i.jp/lease/)してください」。現在住んでいる家を月20万円で貸し、自分たちは家賃15万円の家に移り住む。差額の5万円を10年間ためれば、合計600万円に。親の家に移り住んだり、地方移住などすれば、さらなる利益も?相続税の軽減策としても有効「親からの生前贈与」親にある程度の資産があるなら、それを有効活用するのも一案。相続時に多額の税金が見込まれるなら、親が生きている間に生前贈与してもらうのがおすすめ。受贈者ひとり当たり年間110万円までは贈与税が控除される。「親が高齢で、贈与の年数があまり見込めないなら、相続時精算課税制度の検討も。60歳以上の親から20歳以上の子に対する2500万円までの贈与が非課税に。ただし、相続時に受け取ったぶんに対して相続税がかかります」。贈与税がかからないのは、贈与される人ひとりに対して110万円まで。ただし、毎年一定額を贈与することを事前に取り決めてしまうと、「定期贈与」と見なされ、課税されてしまうので注意を。自己投資してきたことで収入を得る「サロンを開く」読者の中には、フラワーアレンジメントの資格をもっている人もいれば、料理の腕がプロ級など、特技がある人も。「その技術を習得するために、これまで多額の投資をしてきたはず。それを、教えるというかたちで収入に変えてみては? 自宅でサロンを開いたり、公民館などを借りてレッスンしたり、できそうなことから始めればOK。たとえ少額でも、なんらかの収入があれば、お金の面でも、気持ちの面でも、余裕につながりますよ」。生徒ひとり当たりのレッスン料から経費を除いた利益が1500円だと仮定。1回につき5名、週2回開けば、月6万円、年間72万円の収入に。人気サロンになれば、月収20万円超えも夢じゃない!?>>あと10年でできるお金の対策 一覧はこちら取材・原文/村上早苗 イラスト/長谷川ひとみ ※エクラ11月号掲載
  • 俳優という職業に、一切の恐れと妥協知らずの姿勢を貫き通すイザベル・ユペールの最新作『グレタ』(11/8公開)を観た。作中、孤独な未亡人グレタを演じたユペールが、狂気のストーカーと化して、狙った若い女を恐怖のどん底に突き落とす物語は、彼女一流のユーモアを加味したサスペンス。「グレタには共感できないでしょう」byイザベル・ユペール、と言い切る彼女のプロ意識の上に成り立った演技は、やはり本作のかなめだった。それと私が注目したのは、彼女の衣装だった。 グレタは最初のうちは、ひとり暮らしの人のいい未亡人らしく、落ち着いたトーンの花柄のワンピースなどを着ているのだが、誘い入れた若い女に執着し出すと、次第にファッションも変わってくるのだ。私がハッと目を凝らしたのは、グレタが若い女の働いているレストランに押し掛けたときのファッション。どんどん恐ろしさが増したグレタ、いや、イザベル・ユペールが、シャネルスーツにサングラスをして、ひとりそこに着席している。これが、似合う!似合い過ぎるのだ、シャネルスーツが!とっても怖いシーンではあるが、そして、映画から若干それるのではあるが「シャネルスーツはこうでなくっちゃ。やせた小柄で強面の年増女性。本来のシャネルスーツのエレガンスを作るのは、意思のある面構えの大人の女性。つまり、ガブリエル・シャネル本人が一番シャネルスーツの似合う人。イザベル・ユペールこそがピッタリじゃないの」と思った訳。 思えば、着る予定もないのに、私が過度に肥えたくないのは、シャネルスーツが似合わなくなるから、という深層心理が軽めに働いている気がする。ずっと昔にガブリエル・シャネルの本を読んで以来、彼女の生きざまがシャネルスーツに表れていて、それを生み出した彼女自身が一番カッコよくそれを着こなしていると思った。自分がもっと歳を重ねて、いつの日か、シャネルスーツを着ることができるのか、淡い期待を抱いている。お調子者の私だから、今のところ、その境地にはまだまだ達してないのであるが……。  
  • 手もとに透明感やツヤ感までももたらすネイルは、エクラ世代こそ積極的に楽しみたいもの。大人を素敵に彩るのは、凝ったアートではなく、つけることで手肌が映える色のセンス。単色塗りでも印象に残り、ふとした仕草まで美しく見せて――。1.指先にこなれ感を宿して 少しピンクみがかった優しい印象。グロッシーなツヤ感が爪のカーブをきれいに見せてくれる。 ヴェルニ ロング トゥニュ578 ¥3,200/シャネル 2.濃色とツヤがひときわ女性らしく ベージュのもつ優しさとグレーの洗練を1:1でミックス。グレージュを少し柔らかい印象でまといたいときに。 インフィニット シャインISL G13 ¥2,200/オーピーアイジャパン3.肌の透明感を引き立たせる名品 凛とした品のよい発色。ナチュラル系の色が目立ちにくい短い爪も、シックかつかっこよく仕上がる。 ディオール ヴェルニ403 ¥3,000/パルファン・クリスチャン・ディオール他の画像を見る撮影/橋口恵佑 取材・原文/高橋千恵子 ※eclat11月号掲載
  • 秋が深まっていく今日この頃。今年のコート、もう決めましたか?今日は肌寒いですね。いよいよアウターの季節が近づいてきたのを感じます。 今年注目のエコファーコート。柔らかな毛足感とメランジブラウンが大人可愛いこちらは、見た目より断然軽く、ふわりと羽織るだけで今年のムードをまとえます。 そして誌面では見えなかったコートインをご紹介(2枚目)。 これ実はトレンドのネオプレン素材。スポンディッシュなハリ感がちょっとモードな印象で、驚くほど極軽!です。 (副編 K沢) #リヴィアナコンティ #jマダムのおしゃれ #コート #エコファー #エクラ #エクラプレミアムLIVIANA CONTI エコファーコート
  • コートにはまだ早いけど、朝晩には晩秋の気配を感じる今の時期にぴったりな“薄軽アウター”。なかでもアスレジャーコートやC.P.Oジャケットなど、気軽にはおれるカジュアル系のアウターは、今季のマストアイテム。きれいめな着こなしとも好相性なカジュアル&スポーティな薄軽アウターを、着こなしとともにご紹介。きれいめな着こなしとも相性抜群!Casual & Sporty【カジュアル&スポーティ】人気継続のアスレジャーコートをはじめ、ワーク系の流れをくむ新顔、C.P.Oジャケットなど、気軽にはおれるカジュアル系は今季のマスト。ワンピースやセンタープレスパンツとの新鮮なコーディネートが着こなしを刷新してくれる。アスレジャー型ならワンピースとも好相性ツイード素材のクラシックワンピースとの意外性も受け止めるアスレジャー型。ストレッチタフタの微光沢を感じる濃紺。 ブルゾン¥53,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) ワンピース¥160,000/マディソンブルー バングル¥19,000/アマン(アンセム フォーザ センセズ) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) タイツ/スタイリスト私物はおった姿に差がつく 新感覚のマウンテンパーカアウトドアの機能美に、ふんわり広がるテントラインシルエットとこなれ感たっぷりのドルマンスリーブを採用したニューカマー。ネイビーのピンストライプパンツとカーキの相性も抜群! ブルゾン¥49,000/カオス丸の内(ヴァシュモン) ニット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥45,000/エリオポール代官山(アルベルト ビアーニ) バッグ¥71,000/ドゥロワー 六本木店(ワンドラー) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ)シャツ感覚で楽しみたい注目度No.1のC.P.Oトレンドを意識するならこちら。アメリカの海軍下士官のユニフォームがルーツのアウターに、こんなエクリュカラーも登場。トーンをそろえて優しげに。 ブルゾン¥29,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー) ニット¥29,000/ebure パンツ¥29,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥65,000(アグメス)・靴¥66,000(ニナ リッチ)/以上アパルトモン 神戸店 バッグ¥89,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャマン・ピュエッシュ)ミニマムなデザインが光る端正なネイビージャケット光沢のあるしなやかなウールを裏地なしのシャツジャケットに。両わきに配したポケットとシルバーのスナップボタンだけがポイントだからこそ、スカートにもパンツにも合わせやすい。 ¥69,000/エイトン青山(エイトン)>>アウター 記事一覧はこちら撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 取材・原文/向井真樹 ※エクラ11月号掲載
  • 育ちのいい学生みたいなグッドガールな着こなしは永遠に色あせないスタンダードゆるっとシルエットで定番を今っぽくアレンジ シャツとニットとチェックスカート。グッドガールの伝統的な王道スタイルを、とびきりビッグサイズのベストや、ロング丈のラップスカートで新鮮にアプデ。 スカート¥33000/エリオポール代官山(オニール オブ ダブリン) シャツ¥14000/フレッドペリーショップ東京 ニット¥4490/バロックジャパンリミテッド(RODEO CROWNS) メガネ¥32000/プロポデザイン(プロポ) 靴下¥600/Tabio(靴下屋) 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) ロンドンのストリートを行くかっこいい女の子をお手本にエッジをきかせて着るチェック何げないのにかっこいい。チェックのパワー ブラックスキニーにさらっと赤いチェックのシャツブラウスをオン。それだけで、ロンドンの街を歩く若者みたいに、芯の強さがにじみ出るコーデに。 ブラウス¥13800/ビームス ボーイ 原宿(ビームス ボーイ) パンツ¥13400/UTS PR(インスタントファンク) 帽子¥5500/CA4LA ショールーム(CA4LA) イヤリング¥9500/エリオポール代官山(マジェリー ベアー) バッグ¥16000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) イギリスといえば紳士の国。テーラリング要素を取り入れてクラシックを香らせるチェックジャケットはおじさん風味が可愛い だぼっとボックスシルエットのジャケットを主役に、クラシック小物で味つけ。デニムスカートの色と素材で全身にメリハリをつけて。 ジャケット¥12990・ニット¥4990(2点ともSLY)・スカート¥8990(RODEO CROWNS)/バロックジャパンリミテッド 傘¥4500/ビームス ボーイ 原宿(ビームス ボーイ) バッグ¥92000/ブリティッシュメイド 銀座店(グレンロイヤル) 靴¥25000/MIDWEST(エルビオザノン) Profile ●ほった まゆ 1998年4月2日生まれ。この秋は映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』(10月25日公開)、『ブラック校則』(11月1日公開)、『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)など、話題作に引っ張りだこ。今、注目したい女優。 モデル/堀田真由 撮影/今城純(D-CORD) ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/本間園子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND