ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

初秋の軽井沢へ

Web eclat
軽井沢に到着すると、東京より10℃ほど気温が低く、涼しい風が快適です
初日はホテルの温泉で疲れた身体を癒し、食事してのんびり

翌日は午前中雨で少し肌寒いくらい
アウトレットでお買い物や、地元の有名スーパー「ツルヤ」でジャムやジュースのお土産を購入

その後冷えた身体を温めようとハルニレテラスにあるお蕎麦の有名店「川上庵」へ

1/3

2/3

3/3

落ち着いた雰囲気の店構え

お蕎麦だけでなく、厳選された旬の素材を使った肴を日本酒やワインに合わせていただけます
自然と調和したウッドデッキで川のせせらぎを聞きながら「鴨なんばん蕎麦」を

蕎麦はもちろん、鴨のお出汁と柔らかいお肉が素晴らしいお味
食べ終わった頃には晴れ間も出て
せせらぎを眺めながら休憩
3日目は軽井沢に来たら必ず立ち寄る「ベーカリー 沢村」でモーニング
デニッシュ類も美味しいのでおススメです
午後からは、ムササビを始め多くの野生動物が暮らす「野鳥の森」をハイキング
途中にある休憩所で、丸山珈琲の本店ブレンドをフレンチプレスでいただきました
森の中でいただくコーヒーは格別で、美味しさもひとしお
途中、森の切れ間から綺麗な浅間山も見ることができました
この日のハイキングも暖ブラウンコーデ

少し前に購入したMila OwenのワンピースにRED CARDのデニムジャケットを羽織って

こちらのワンピ、厚地でノースリーブ。色合いからも初秋にピッタリで重宝しています
足元はスニーカーです
旅で歩くことが大好きな私は、ガシガシ歩けるスニーカーがお気に入り

そしてこの後こちらの休憩所にスマホを忘れてしまい、慌てて戻るというハプニングに💦
ハイキング後は美人の湯としても有名な「トンボの湯」でサッパリ
最後にアウトレットの戦利品をご紹介
  • Ralph Laurenのデニムシャツワンピ
着まわしを考えるのも楽しみ
    Ralph Laurenのデニムシャツワンピ 着まわしを考えるのも楽しみ
  • Max Maraのお財布
色とデザインが気に入りました♪
こちらも大好きな暖ブラウン♪
    Max Maraのお財布 色とデザインが気に入りました♪ こちらも大好きな暖ブラウン♪
やはり軽井沢は訪れるだけで癒される場所
紅葉の綺麗な頃に又訪れたいです
関連記事
  • コーデに迷ったそんな日に、柔らかな雰囲気のニットセットアップが便利。女性らしい柔らかなきちんと感を簡単に叶えてくれます。コーデに迷う日、誰にでもあるのではないでしょうか。 特に冬はコートを着るため、色を綺麗に合わせるのは難しくなります。 ワンピースもありですが、セットアップは単品でも着回しが出来たり、何よりも大人のきちんと感が一瞬にして叶います。 コートを着る季節は、中はあまり色を使わない方がコーデしやすくなります。 セットアップで一色に抑えることで、断然スッキリと全体に統一感が出て、コートも合わせやすくなります。 今回はグレージュワントーンにしましたが、ブラックやネイビー、ホワイト、ベージュ、ブラウンなど、中を一色にすることで、大抵の手持ちのコートと合わせることができます。 ボートネックの首元や袖のリブの長さ、腕部分の膨らんだ感じが、シンプルながら旬のスタイリングを演出してくれるセットアップ。 後ろ姿のスカートのスリットも動きやすい上、大人っぽい雰囲気。プチプラながらとてもよくできたニットセットアップです。 Two-piece sets … ur's (ユアーズ) Coat … AURALEE (オーラリー) Bag … DEMELLIER (デメリエル・ ロンドン) Boots … 海外で購入 わたしのInstagramはこちらから。華組 成田千恵ブログ
  • 華組になって初ブログもこのワンピースでした。昔金沢の古着屋で買ったインド綿のワンピースは今でも宝物。秋の鎌倉に着て行きました。 何年も前に、ふるさと金沢の『GARYO』といヴィンテージショップで出逢ったワンピース。 リボンの細かい切り返しやオリエンタルな柄、ティアードスカートに詰まり襟、 全てのディテールが私のときめき中枢に突き刺さり、当時の私には高価なワンピースでしたが、 迷いなく買いました。ただ、去年まで全く気にならなかった丈感... 家を出て、あ、下に黒のロングスカートを重ねたらよかった!と後悔しました^ ^; 最近マキシ丈に慣れていたので、 今年はこの丈短く感じる。 その年その年によって、しっくり見える丈感やサイズ感はくるくる変わりますね... ま、でもまた何年かしたら戻るでしょうし、あまり目先に惑わされず、手持ちのものでレイヤードするなどして、最愛の服は変わらず続けて着たいです。この日は、 華組の綾子さん、OGの則子さんと鎌倉散策♩ 去年もこの時期三人で鎌倉を訪れましたが、やっぱりまた秋に来たくなります。 鎌倉在住の綾子さんの散策コースは間違いないのです^ ^ 「凛林」→瑞泉寺 → 報国寺 →「ミンカ」中国精進料理『凛林』凛林外観。細い道を綾子さんが車で連れて行ってくれました。瑞泉寺他の画像を見るもっと詳しい鎌倉レポは、佐藤綾子さんのblogにて☆ ↑女三人はしゃぎ過ぎてます。夕方帰りは冷えるので、以前ブログに載せたカーキのモーズコートを合わせて。one-piece : no brand bag : UNIQUE PIECE(上海駐在中にセレクトショップで購入) boots : made in JAPANの20年選手 coat : JOURNAL STANDARD relume こういう古着ものはエクラっぽくないし、 こちらに載せても一方通行なひとりよがりな記事になりはしないかと迷ったのですが、 いつか綾子さんが、「やっぱり1番かなちゃんらしい」と言って下さったので、書きました。 古着なので生地もかなりくたってますが、 たぶんずっと一緒にいるワンピースです。華組インスタはこちら★華組 謝名堂華菜子ブログ
  • 実力派スタイリストの佐藤佳菜子さんが、ワンピースをもっと素敵に着る方法を教えてくれました。今回は、冬コーデの必需品、ニットワンピの着こなし方。小物使いで盛り上げて、ただ女っぽいだけで終わらせない抜け感の秘訣をご紹介します。 スタイリスト 佐藤佳菜子 BAILAを長年手がけてきた人気スタイリスト。現在は拠点とするロンドンと東京を行き来しながら活動中。女っぽさとこなれ感を両立させたスタイリングが人気。 真っ白のバッグと靴で軽さを出して 漂白されたような混じり気のない白さがポイント 「装いが重たくなりがちな冬に重宝する白小物。より素敵に着こなすなら、知的なネイビーにぴったりなピュアホワイトを選んで。メリハリが出てすっきりします」。ベストつきワンピース¥15000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) ピアス¥18000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥110000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥17000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) スカイブルーのスカーフをさし色に まとめ髪にひと巻きしてたらすだけ! 「裾にフレアスカートがドッキングされている重ね着風のカーキのワンピは、水色のスカーフで顔まわりを華やかに彩ってみて。髪にあしらえば、動きのあるドラマチックな後ろ姿に」。ワンピース¥9000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) スカーフ¥12000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥49000/ザ・グランドインク(ロランス) ほんのり辛口なレザーレギンスで切れ味よく ワンピに近い色のレギンスで控えめに主張 「レザー素材の服は今季のビッグトレンド。小面積でも一気に鮮度が高まります。足もとがピリッと辛口に引き締まるから、真冬の装いもほっこりしません」。ワンピース¥38000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) レギンス¥10000/アンクレイヴ ピアス¥12000/エナソルーナ バッグ¥139000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥36000/スロー 靴¥32000/ザ・グランドインク(ロランス) ロングブーツで足もと重めのバランスに ニットを肩巻きして顔まわりにもポイントを 「オールブラックの日こそ、シルエットのバランスが肝心! ロングブーツをワンピにつなげて足もとにボリューム感を出すのが今季のイチ押しです。ワン ピとは表情が異なるニットを肩巻きしたりチェーンバッグを斜めがけしたりすれば、コーディネート全体にリズムが出るので、のっぺり見えも回避できますよ」。ワンピース¥59000・ニット¥63000・バッグ¥47000・靴¥69000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフローレン) イヤカフ¥19000/ボウルズ(ハイク) 女度高めなワンピは、ローファーでハズして ソックス合わせのカジュアル感がちょうどいい 「センシュアルなワンピは、あえてまじめなローファーでドレスダウン。肌見せするなら、断然背中あきが今っぽい!」。ワンピース¥19000/フレイ ア イディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) ピアス¥92000・ネックレス¥18000〜/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) バッグ¥19800/ショールーム セ ッション(ヤーキ) ソックス¥2500/RHC ロンハーマン(ブルー フォレ) 靴¥19000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 小物をスポーティなアイテムで統一 ベーシックカラーなら、スポーティも大人っぽい! 「フィット&フレアのワンピは、シルエットが女っぽいぶんカジュアルに仕上げて」。ワンピース¥17000/アンクレイヴ シャツ¥40000/マディソンブ ルー キャップ¥7000/バブアー 渋谷店(バブアーバイ アレクサチャン) リング¥18000/グリン ジャパン(グリン) バッグ¥18000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(プリニオ ヴィソナ) タイツ¥3500/RHC ロンハーマン(ブルー フォレ) 靴¥9000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア) 撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/宮田聡子 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2020年12月号掲載 【BAILA 12月号はこちらから!】
  • 長年愛用のカシミアツインニット。上質なものはずっーと長く着れます。ベーシックなスタイルに使えるツインニットがずっーと大好きです。 こちらはもう10年以上前に手に入れたジャンポール・ゴルチエがデザインしていた頃の、エルメスのツインニット。 ジップがカデナになっています。 エルメスのカシミアは、ハイゲージでとても上質なので長年お手入れをしながら大切に着ています。 今年はこのコロナ禍でベーシックで上質な物やスタイルの良さを再確認して、なんてことのないこんなコーデが今一番心地良いのです^ ^denim Zara shoes Gianvito Rossi バッグは昨年秋冬のドゥロワーのノベルティで、アクセサリーはゴールド系に。 この日は家族で行きつけの香妃園に中華を食べに出掛けました。 夫が子供の頃から通っていて、こちらの名物鶏煮込そばが家族みんなの大好物なのです^ ^他の画像を見る上の写真は、我が家の鉄板メニュー。 これに、その時々で食べたいものをいくつか追加しています。 茶系のコーデは、紅葉が美しい秋がやはり一番ぴったりな気がします^ ^華組 朝生育代ブログ
  • ライダースジャケットは華組に入る前から愛用していて、ようやく身体に馴染んできました。毎年大活躍のアイテムです。ライダースジャケットはハードな印象で、なかなか手を出しにくい方も多いと思います。けれども、春や秋の季節の変わり目には、わたしには無くてはならないアイテムです。 アウターはお値段も張りますので、たくさん持つのは難しい。 とすると、できるだけ多くのコーディネートに合うものが必要になります。 秋冬はアウターまでコーデするので、全身を綺麗にコーデするのはなかなか難しいですよね。 若い頃、Gジャン(今もそう呼ばれているでしょうか?)がとにかく活躍したことを覚えていますが、今は、ライダースジャケットがGジャンの代わりです。 こんなパンツにも、スカートにも、フェミニンなワンピースにもこれ一着でかなり着回すことができます。 もう一つ大活躍しているのが、今までにも何回かお勧めした、毎年出ているZARAの薄手タートルニット。手首の小さなボタンやスリットも魅力です。 白Tシャツと同じようにほぼ毎年買い直し、綺麗な状態で必ずクローゼットに置いています。 わたしのライダースジャケットはbeautifulpeopleのもの。サイズ展開も豊富ですし、このレザーが傷なども付きにくく丈夫な上、パターンが素晴らしく、意外にも袖ぐりなど窮屈感がなく着心地も良いのです。 一着あると便利なお勧めアイテムです! Jacket … beautiful people Tops … ZARA Pants … ENFOLD Bag … MAISON BOINET|メゾンボワネ Shoes … converse 最後にこの日のサングラスはMARC JACOBS(マーク ジェイコブス)。写真ではうまく色が出せませんでしたが、レンズがグレーで真っ黒より柔らかい印象。グレーのパンツとリンクさせてみました。 わたしのインスタグラムはこちらから。華組 成田千恵ブログ
  • 何度か紹介させてもらっている千疋屋さん。だって本当に、美味しいんですもの!おうち時間が増えたおかげでクローゼットの整理が進みまして、今は「なるべく持っているお洋服を着よう」と思っているyuccoです。 高校生の頃からラルフローレンが好きで、さようならしたものもありますが、素材がよくて基本はベーシックなので今も現役のアイテムも少なくありません。 年齢とともに似合うものが変わってきて、もう難しいかな…と思うものだけじゃなくて若い頃より今のほうが合うお洋服が出てきたりもして、楽しく整理をしています。 ・ そんな合間のおやつは常に何かある我が家ですが、たまーにちょっと贅沢な甘いものを食べたい時に足が向いてしまうのが千疋屋さん。 もちろんケーキも美味しいですが、私はカップに入ったプリンや杏仁のシリーズが好き。 季節によってイチゴやメロン、ぶどうなど変わります。冬にかけて出てくるこちらのマロンプリンはその中でも好きなお味の一つ。マロンプリンに、実がごろごろ入った生クリームベースのソースをかけていただきます。 濃厚だけど甘すぎず、マロンと言えばモンブランですが、また違う美味しさです。 ・ 休み休み、マイペースで。 楽しみを見つけながら今を過ごす冬の始まりです。美女組No.102yuccoのブログ
  • 華組華菜子ちゃんとOG則子さんが秋深まる鎌倉に遊びに来てくれました。新しくお迎えしたストールを初おろし♪秋風が心地よい晴天の日、鎌倉駅で待ち合わせ♪ 先ずは腹ごしらえから。 二階堂にある瑞泉寺の総門脇の奥にある中国料理「凛林」へ店内には中国の古い家具があり、落ち着いた雰囲気「お愉しみ今月の三切り料理箱」 私は「若鶏と栗の辛味炒め」が印象に残りました。他の画像を見る食後はお隣の瑞泉寺へはしゃぐ私達はしゃぎ過ぎw石段を登ると広々としたお庭 四季折々の花が楽しめるので次回は梅の頃に訪れたいです。他の画像を見る約2千本の孟宗竹(もうそうちく)のお庭は、一年を通じて竹の美しさと力強さを堪能できます。非日常を味わえる空間です♬報国寺で出会ったおじさまが広角レンズで撮ってくれました。足が長く見えるーっw圧巻!最後は古民家カフェ「ミンカ」で一休み。 ティースパイスの効いた美味しいチャイ。 添えられている黒糖もポリポリ。日が暮れるまでおしゃべり あっという間の楽しい1日でした。 お二人といると本当に癒されます。 則子さん、華菜子ちゃん、楽しい時間をありがとう。 この日は暖かったのでコートがわりに新しくお迎えしたのJoshua Ellis(ジョシュア エリス)のストールを羽織りました。 手持ちのハットと相性も良く、ブルーグレーとブラウンのブロックチェックに一目惚れでした。ハット qcillo & c ニット plst デニム red card バック plst ストール Joshua Ellis(ジョシュア エリス) 靴   ZARAインスタはこちらから華組 佐藤綾子ブログ
  • もしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。久しぶりに華組同期、全員集合でランチしました。 ファッションについて真剣に話したり、とにかくいつも刺激され、学ばされる、出会うべくして出会ったと思えるメンバーです。 ランチに伺ったのは青山一丁目直結ARBOR(アルボア) 素材にこだわったヨーロピアン・フュージョン。 どのお料理も美味しく、 空間もおしゃれで明るく広く、接客もパーフェクト! 誰にも教えたくないレストランの一つです。 最後のデザートティラミスは、型から外すととろ〜り。 中にはキューブ型のスポンジやサクサクした食感が仕込まれていて、とても美味でした。この日は気取らないトラッドスタイル。 特に新しいものはないので、ブログに書くつもりはなかったのですが… インスタにアップしたところ、なぜかこのスタイリングが大好評だったので、ブログに書いてみることにしました。 実は全てクローゼット生き残り組たち。チェックは似合わないけれど大好きなので、靴の小さな面積で取り入れています。 自分なりの分析では、お洋服に「永遠」は死後になりつつありますが、トラッドは少なくとも長く使えて、変わることがないのかもしれません。 そして、たぶん、エクラ世代はトラッドスタイルが実は大好きな方が多いのではないでしょうか。 というわけで、自分には予想外でしたが、ご好評いただいたこの日のスタイリングは… P-coat … Deuxieme Classe Tops … And A Pants … H&M Bag … TSURU by Mariko Oikawa Shoes … PIPPICHIC(ピッピシック) 華組 成田千恵ブログ
関連キーワード

RECOMMEND