わたしはクールベージュで。

Web eclat
9月に入り、朝夕はランニングしていると、風がとても心地よい季節となりました。

エクラの誌面もすっかり秋冬に…。

今シーズン、Jマダム最旬カラーは「クールベージュ」と「暖ブラウン」。わたしは、基本的にベージュ派なので、ベージュコーデで。

INSCRIREの立体的な張りのあるブラウスはお気に入り。一枚で主役になるブラウスは大好きなアイテムです。

今シーズンはちょっと綺麗目コーデを楽しみたいので、髪型も自分のなりたいイメージに合わせてチェンジしました。

秋冬物で、ZARAで真っ先に購入したのがこちらのパンツ。ハイウエストでスッキリした前立て。
とても綺麗なシルエットだったので、イロチ買いしてしまったほど。

「わたしも同じものを買いました‼︎」とレジのお姉さん。

パンツの横シルエットはこんな感じ。
パンプスは履きやすいPIPPICHICのチャンキーヒールのものを。


ベージュコーデは大好きですが、無難になりがち。
このコーデのスパイスになるのが、こちらのパイソンバッグ。

先日、伊勢丹で一目惚れしました。
ロンドンのDEMELLIERというブランドのもので、ブログを書きながら調べていると、メーガン妃が愛用されていたり、売り上げは子供たちの予防接種などに寄付されていたり。

新宿伊勢丹では今季からのお取扱いと伺いました。
このコロンとした丸みがとても素敵なデザインで、ほかのカラーともかなり悩んでしまいました。

最後になりましたが、今月号の付録はこちらの「ストラスブルゴ×エクラ」のガーメントケース。A4サイズのスペイン語のテキストもスッポリ収まります。電子辞書やメガネ、ペンケース等々全部が入る大容量で、早速スペイン語クラスに利用しています。





Instagramはこちらから。
関連記事
  • 冬コーデにベージュアイテムを1点でも取り入れると、アラフォーに必要な女らしさと品の良さ、華やかさが手に入ります。40代におすすめの最旬のベージュアイテム活用コーデをお届けします!■ベージュのベーシックコートコーデフェミニンなレースブラウスはブラックならモード感のある甘さでイタさに直結する心配なし。ハンサムな白パンツとベーシックなベージュコートで華やぎをプラス。 ブラウス¥38,000/ブランドニュース(シー ニューヨーク) コート¥85,000/オーラリー パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ピアス¥18,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥101,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/東 京祐 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 構成・文/磯部安伽■ベージュのワイドパンツコーデシンプルな白Tシャツ×ベージュのワイドパンツコーデに、ベージュの軽やかなライトコートを羽織るだけでグッとエレガントに、きれいめな通勤コーデが決まる! 足もとはパイソン柄で少し遊び心のあるアクセントを。 コート¥27,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ロングTシャツ¥11,000(シンゾーン)・バッグ【60 CACHEMIRE BLANDINE POSTINA S】¥85,000(ザネラート)・サンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ■ベージュのニット&プリーツスカートコーデさらっとした薄手素材の合わせなら、縦に長くボリューミーなシルエットでも重く見えない。アイテムで冒険をするなら、ベージュトーンでまとめると、誰からも愛される冬コーデに。 コート¥220,000/カオス丸の内(カオス) ニット¥42,000・スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥11,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥35,000/ANAYI 靴¥34,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) 【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■アーモンドベージュのプリーツスカートコーデ華やかで着映え力高めなベリー色ニットには落ち着いたアーモンドベージュを合わせて品よく仕上げて。大人の上品さも漂わせるこのニット×プリーツスカートの組合せは、楽ちんなのにバランスがよく通勤コーデにもってこい。 ニット¥28,000/ebure スカート¥42,000/アパルトモン 神戸店(リジエール) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥20,000/ゲストリスト(ハウント代官山/フィリップ オーディベール) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 文/加藤理恵■サファリ風ベージュのトレンチコートコーデベージュのトレンチコートと白パンツという普遍的な組み合わせがあっさり終わらないよう、インナーと小物で黒を効かせて、ほんのりモードなニュアンスを楽しんで。 コート¥68,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥24,000/スローン パンツ¥29,000/サード マガジン サングラス¥44,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ブレスレット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(メゾン ボアネ) バッグ¥27,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴィオラ ドーロ) 靴¥93,000/アダム エ ロペ(ロシャス)【Marisol1月号2020年掲載】撮影/三瓶康友 ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/蛯原友里 構成・文/三尋木奈保■ベージュのリバーコート&モヘアニットコーデリバーコートとふんわりモヘアニット、着るだけで優しい気分になれそうな冬素材のベージュアイテムたち。ウールパンツや白デニムでマットにまとめがちなところを、光沢のあるとろみ素材のワイドパンツに変えれば、ぐっと今年らしい仕上がりに!  パンツ¥25,000/インターリブ(サクラ) コート¥180,000/マディソンブルー ニット¥60,000/ビオトープ ブレスレット¥136,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥45,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里■ベージュのパンツ&冬小物コーデともするとほっこりしがちなケーブルニットは、年齢相応のきちんと感をプラスすることが大切。ツヤ感のあるベージュのパンツとチラッとのぞかせたシャツのシャープさで難なくクリア。小物類もベージュで統一して大人に仕上げて。 ニット¥49,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥46,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) 帽子¥18,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バングル¥73,000/バーニーズ  ニューヨーク(CERCLE AMEDEE) バッグ¥10,000/アダム  エ  ロペ 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) 【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのブルゾン&ブーツコーデうんと女っぽいスティッキーなスカートスタイルをベースに、シャカシャカ素材のフーディやボディバッグでカジュアルダウンさせて。異素材MIXコーデもベージュ×白の配色なら品よくまとまる。 スカート¥29,000/ブルーバード ブルバード カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) パーカ¥44,000/サード マガジン(サード マガジン×ネクサスセブン) ストール¥60,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥14,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(シュタンバウム) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのテーラードジャケットコーデテーラードジャケットと、今季とうとう復活を遂げたロングブーツ。かっちり系アイテムのジャケットに、白のとろみプリーツスカートでフェミニンな抜け感をプラス。足もとはブラウンのロングブーツで引き締めて。 スカート¥46,000/サード マガジン ジャケット¥83,000/アマン(カバナ) ニット¥83,000(ドゥロワー)・バッグ¥83,000(ワンドラー)/ドゥロワー 六本木店 ピアス¥69,000/バーニーズ ニューヨーク(アグメス) バングル¥16,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)【Marisol12月号2019年】撮影/東 京祐(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/蛯原友里 ■ベージュのチェスターコートコーデゆったりシルエットかつオーバーサイズのチェスターコートは白のプリーツスカートで軽やかさをプラスすると重たくならず女性らしく着こなせる。黒のインナーとベルトでコーデにメリハリを。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥16,500/ノーク スカート¥46,000/アングローバル(イレーヴ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) グローブ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ジリオ・フィオレンティーノ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥53,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ■ベージュのオフタートルニット&パンツコーデパンツのセットアップは腰まわりやヒップがすっぽりと隠れる丈を選べば安心。ベージュならきれいめにも楽しめる。オフタートルニットはざっくりとした編み地とドロップショルダーが今の気分。パンツは脚のラインを拾わないストレートなシルエットで、内側にスリット入り。 ニット¥44,000・パンツ¥33,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) イヤリング¥6,806/アビステ 時計¥748,000/ポアレ ジャポン(ポアレ) バッグ¥83,000/ロンハーマン(ラドロー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子■ベージュのコート&ワンピースコーデ知的な印象の淡いベージュのワンピースに濃いベージュのオーバーサイズコートを羽織って。難しいテク要らずのベージュの濃淡コーデはアラフォーにおすすめ。アクセントに赤いカーディガンを肩掛けしてカジュアルダウンするとより今っぽく。 コート¥89,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) 肩にかけたカーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ワンピース¥39,000/ル フィル バッグ¥29,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴィオラドーロ)  靴¥36,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのワンピース&ストールコーデボリューム感のある丸みを帯びたブラウンのざっくりニットには、ベージュのワンピースとストールを合わせて華やかさと洗練さを添えて。ブラウンコーデにベージュのポイント使いが効く。 ニット¥15,000/ゲストリスト(リトラル) ワンピース¥39,000/ル フィル 帽子¥10,000/ANAYI ストール¥87,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥166,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンケッティ) 靴¥28,000/ファビオ ルスコーニ 大阪ルクア イーレ店(ファビオ ルスコーニ) グローブ¥9,000/アルアバイル(イタルグアント)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵■ベージュのチェスターコートコーデオーソドックスなベージュのチェスターコーデの下は、ドット柄のシックな黒ワンピースにほっこり白ニットをかぶったフレンチレイヤードで大人のフェミニンコーデに仕上げて。 コート(ベルトつき)¥89,000/サード マガジン ニット¥36,000/アパルトモン 神戸店(アパルトモン) サングラス¥30,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥285,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) バングル¥14,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥168,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン  青山店(ジェイエムウエストン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵■ベージュのチノスカートコーデロング丈のチノフレアスカートは飾り立てずシンプルにニットを合わせ、力を抜いて着るのが正解。長め丈のスカートにはショート丈のニットがベストワン。落ち着いたモスグリーンの雰囲気のある一枚でグッと今っぽく。 ニット¥33,000・スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥25,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥15,000/essence of ANAY(I PHILIPPE AUDIBERT) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥5,800/ノーリーズ&グッドマン銀座店(コンバース)【Marisol11月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/石毛のりえ モデル/佐田真由美 取材・文/陶山真知子 ■ベージュのダッフルコート&ニット&パンツコーデトーンが異なるベージュアイテムを組み合わせた大人のカジュアルお出かけコーデ。冬の街にベージュコーデが品よく映える。ヒール靴で颯爽と歩いて。 パンツ¥17,000/フレームワーク 自由が丘店(マチュール フレームワーク) コート¥228,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(アンスクリア) ニット¥36,000/アパルトモン  神戸店(アパルトモン) 帽子¥48,000/エストネーション(ジジ バリス ミリナリー) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵■フェイクスエードのベージュスカートコーデ大人ピンクの透け感のあるニットで妖艶に、マットなスエード調のベージュスカートで知的な女性を印象づけて。アラフォーは素材ミックスでさりげなくメリハリをつけるのがポイント。 ニット¥39,000(デミリー)・タンクトップ¥10,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ スカート¥15,000/ロペ サングラス¥39,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥27,500/アビステ バッグ¥35,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥14,500/ダイアナ銀座本店(ダイアナ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ■ベージュのコーデュロイパンツコーデスラリと脚長効果が狙えるコーデュロイパンツには、シンプルなライトグレーのタートルネックでシンプルにまとめるのがベスト。小物でゴールドの輝きをプラスすればちょっとしたお出かけコーデに。 ニット¥25,000/ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥39,000/ebure スカーフ¥16,000/フィーゴ(ピエール= ルイ・マシア) 靴¥51,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥18,000/ビームス ハウス(ローラ ロンバルディ) バッグ¥19,000/リエス(ベヴィーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ▼あわせて読みたい
  • DAY 10.サテン素材のスカートのまま寝落ち……身じたくが早くすんだ朝、のんびりお茶飲んで朝ドラ観てたら寝落ちした!? わーん、急げ急げ! こんなこと初めて。バレンタインで、慣れないことしたから疲れがきてるのかも。幸いしたくは完璧に終えていたのでセーフ。ニットの下のブラウスがレディな主張をして、むしろいつもより凝って見えるしね。スカート¥18000/セルフォード ルミネ新宿1店 ニット¥6990/ロコンド(MANGO) ブラウス¥8990/イェッカ ヴェッカ 新宿 バッグ¥22000/ロードス(トーヴ) イヤリング¥2164/サードオフィス(ROOM)JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店/ ACME Furniture 神南店 ◆東京都渋谷区神南1の20の13・Gビル渋谷01 B1〜1F ☎03・5728・5355 11:00〜20:00 不定休▶︎▶︎井桁弘恵主演[2月→4月の計画的買い足し着回し]とは? ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) モデル/井桁弘恵 セブン スタイリスト/辻村真理 撮影協力/COLOURS hotel koé tokyo ユーロスペース エムドッグス プロップス ナウ アワビーズ TITLES
  • 次なるプロジェクトが始動! 静かなオフィスで資料作り 次の担当は製薬会社とタイアップしてのヘルスケア系のアプリ。初回のミーティングだからジャケットでキリッと。ただ、黒は足もとにとどめるくらいにして洋服はブラウンベースでまとめ、堅すぎない雰囲気に。ジャケットがこっくり色な分、インのブラウスを明るくして抜け感を出したのがポイント。さあ、ミーティング前に資料の見直しをしておこう! ジャケット¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) トップス¥9900/ノーク パンツ¥29000/サードマガジン ピアス¥29000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) チョーカー¥28000/LON inc.(LON) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン) ストール¥42000/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥57000/ガリャルダガランテ 表参道店(ア ヴァケーション) 靴¥17000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) 【今月のPROFILE】渋谷区OL・花IT系の会社で女性向けアプリの企画を担当。さっぱりと明るいキャラで職場では上司からも後輩からも厚く信頼される。つきあって4 年たつ彼とも順調♡ 明日のコーデ一の画像をもっとみる 明日のおすすめ着回しアイテム 1/3 2/3 3/3 美脚センタープレスパンツスタイルアップパンツはベージュで好印象に。¥29000/サードマガジン  締め色ジャケットあえて黒を選ばず大人の余裕を。キュプラの裏地で袖通しもいい。¥36000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ)  袖ふんわりトップスほどよくボリュームのある袖と、トレンドの透け素材で感度高めに。インナーつきで使いやすい。¥9900/ノーク  「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 構成・文/渡辺真衣〈BAILA〉 WEB構成/衛藤理絵
  • 年度の変わり目は母として臨席する場が増えるアラフィー女性も多いはず。そんな時こそ、清潔感があり、肌色を美しく見せる「ネイビー」の服の出番。「ルネ」のオリジナルツイードスーツは、控えめながら凝った素材やディティールで、まさにハレの日にぴったり。【René】「ルネ」のオリジナルツイード スーツ表情豊かなツイードに気品漂う華やかさをオン リボンヤーンを織り込んだ、ふっくらと張りのあるフランス製のツイードを、スワロフスキーやコサージュで飾ったノーカラースーツ。控えめながら凝った素材やディテールが、ハレの日にぴったり。国内でていねいに仕立てられた日本人女性の体型に合うシルエットが体に自然と添い、フェミニンなイメージで着こなせる。 スーツ(コサージュつき)¥120,000・ブラウス(3月中旬以降発売予定)¥25,000/ルネ イヤリング¥260,000・リング¥270,000/和光 バッグ¥250,000/ストラスブルゴ撮影/金谷章平 ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/池田奈加子 モデル/樹神 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2020年3月号掲載
  • ムラサキピンク 青みじゃなくてパープル寄りが正解!ブラウス¥4000/dazzlin イヤリング¥2580/サンポークリエイト(アネモネ)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ リップカラー 105 ¥3200/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(限定品) パープルと明るいピンクが合わさって、ハッピー感満載。笑顔をきらめかせる魔法色。 \これもオススメ/ ディオール ルージュ ディオール〈グロウ バイブス〉779 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品) パープルのきいた鮮やかポップな発色にくぎづけ。 ポール & ジョー リップスティック N 218 ¥2000・同 ケース N 02 ¥1000/ポール & ジョー ボーテ みずみずしいピュア感と鮮やかな発色にうっとり。 モデル/多屋来夢 撮影/岩谷優一(vale.) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/金山礼子 取材・原文/通山奈津子 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 私もバレンタインもらいました ❣️こんにちは、桃子です❣️ 過去最短ブログだと思うので読んでください(笑) バレンタインで作ったものブログの次は〜 何着たのかブログ〜 イベントの時は見た目から! 気分盛り上げたくないですか? 私はなんでも形からタイプなので、 バレンタインは女の子っぽい服装をします 笑 じゃーん、どうでしょう! モノトーンで落ち着かせながら、ミニスカートと千鳥格子で甘さ出してみました 来月には21歳になるので、 大人っぽ可愛い、を意識してみました(笑) 伝わってるかな? tops : zara skirt : retro girl belt : GU bag : zara 髪の毛はくるくるに巻いて、 ネイルはピンクで差し色 頭からつま先まででバレンタインコーデ! でした(^ω^) 参考になっていたら嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます カワイイ選抜 No.75 Momoko Nojoのブログ
  • シーン別「今っぽアイライナー」:オフィスではカーキの“はね上げライン”を!ペンシルならではのやさしい発色が親しみやすさを引き出し、キリッとはね上げたラインでもどこか抜け感のある印象に。上まぶたにはマットなブラウンアイシャドウをさらっとひと塗りし、カーキと同じアースカラー&質感で目もとに統一感を。ブラウス¥6000/ジーナシス イヤリング¥2600/サンポークリエイト(mimi33)USE THIS!透け感が欲しいならワンストローク、色味を楽しむなら重ね塗りなど、濃淡を調整しやすいペンシル。シュアネス アイライナーペンシル 06¥2800/セルヴォークPOINTインラインを引いたら、アウトラインは目尻にだけ、はね上げラインをワンストロークで入れて。目尻側から黒目側に向かって引くと失敗しにくい ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 監修・ヘア&メイク/河嶋 希(io) 取材・原文/井上ハナエ 撮影/峠 雄三(モデル) 岩城裕哉(製品) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/辻村真理
  • 美意識の高いアラフィー世代。悩み解決ヘアもよりナチュラル志向にシフトしてきているとのこと。今回、アラフィー女性たちからの信頼も厚い美髪のプロ3名に、アラフィー世代のお悩み解決のヒントを語っていただきました。S.HAIR SALON(エス ヘアサロン) 植田高史さんS.HAIR SALON(エス ヘアサロン) 植田高史さん「ボリュームが欲しいならフォルム調整が大切!」 うえだ たかし●美しさと髪のボリューム悩みの解消を同時にかなえてくれる敏腕美容師。エクラスタッフも多くが通い、「植田さんがカットすると、人から髪をほめられる」と大評判! 【S.HAIR SALON】 東京都港区南青山5の4の3 南青山イズミビル2F ☎03・6419・3567 https://www.s-tokyo.net ㊡月曜Garland(ガーランド) 榊原章哲さんGarland(ガーランド) 榊原章哲さん「顔だち悩みの解消にはひし形フォルムを活用して!」 さかきはら あきてつ●15年以上前のひし形ヘアの流行を牽引(けんいん)していた大人気美容師。ひし形理論を現在のヘアトレンドにも紐づけ、エクラ世代の女性のお悩み解消にも応用する理論派。 【Garland】 東京都渋谷区神宮前5の16の3 ☎ 03・5778・3800 http://garland-tokyo.jp ㊡月曜PearL(パール) CHIEさんPearL(パール) CHIEさん「前髪のつくり方ひとつで印象をガラリと変えられる」 ちえ●同性ならではの鋭い視点と確実な理論で、女性の美しさを引き出すカット技術に定評が! 前髪の似合わせも得意で、以前のヘアBOOKでも前髪をカットするヘアチェン技を披露。 【PearL】 東京都渋谷区恵比寿西1の32の3トラッドゴード代官山C ☎03・6455・3038 http://www.pearl-salon.com/ ㊡水曜、第1・3火曜美意識の高いエクラ世代。悩み解決ヘアもよりナチュラル志向に植田さん(以下、植田) 以前に比べて、エクラ世代の髪質がぐんとよくなっていると感じているんです。   榊原さん(以下、榊原) ヘアサロンの薬剤もよくなっているし、皆さんホームケアをきちんとされていて、髪が扱いやすくなっていますよね。   CHIEさん(以下、CHIE) 同感です。5年前とアラフィー世代の髪も志向も、全然変わっています。   榊原 よりナチュラルな傾向になってきていると僕は感じています。求めるヘアもゴージャスすぎず、さりげない華やかさが好みだったり。   植田 30代後半から40代前半で顕著になってきた髪悩みが、アラフィーになってさらに強くなったぶん、ご自身では「髪が細くなった、うねりがひどくなった」と感じるかもしれませんが、我々からすると、以前のアラフィーと比べるとすごく髪質がよいので、できるヘアスタイルも多いし、提案できることが増えたのがうれしい。   CHIE 皆さん、エクラなどを読んで、大人のヘアケアについてすごく熱心に勉強されている印象です。お客さまがよくおっしゃるのが「顔や肌は美容医療があるじゃない? でも髪にはそれがないから、どれだけ大切かすごく実感している」と。   植田 おもしろいね!   CHIE お客さまに知識があるぶん、美容師としてもきちんとアドバイスしたいし、間違った思い込みは正していきたいなぁって。ヘアチェン成功の近道は、勝手な思い込みを捨てること!榊原 僕は今回「ひし形フォルムで顔だち悩みを解消」のページを担当しているんですけれど、ひし形っていうだけで、昔のスカスカなフォルムをイメージされて、敬遠される人も。   植田 そうですよね。僕が担当する「ボリュームアップヘア」も、パーマしか方法がないと思い込んでいるお客さまもいらっしゃる。もちろん、髪質によってはパーマも必要ですけれど、フォルム調整でできることも多々。   榊原 そうそう! 今どきな厚みを残したカット(①)でもひし形フォルムはつくれますし、顔型に合わせたり、髪質に合わせて、いろんな方法があります。   CHIE 前髪をつくることに抵抗のある女性も。どうしても“ぱっつん”なイメージがあるみたいで、若づくりにならない?と質問されるんです。でもアラフィーの前髪づくりは、バング単体ではなくトップも含めたフロント全体で考えると(②)、お悩み解消にすごく使えるヘアチェンジだったりしますよ。   植田 ボリュームアップならば縦幅ではなく、横幅を調整するほう(③④)が今っぽいシルエットになるんですよね。そういった知識の上書きも、この一冊でできたらいいなと思っています。より似合う髪型に出会うためにもっと美容師を活用して!榊原 ホームケアの相談を受けることが増えましたよね。それはすごくうれしいこと。サロン通いも大事だけど、家でのアフターケアのほうが大事! おうちでヘアケアをきちんとしていると、サロンワークでの幅が広がるし、いろんな提案がしやすくなります。   CHIE 皆さん髪に対する意識がすごく高い! 分析力があるからこそ、一方ではご自身でヘアスタイルの限界を決めてしまっているなぁと思うことも。“私の髪は前髪をつくらないほうがいい、ミディアムじゃないとまとまらない”など、大人はできないことを増やしがち。でも今は本当に、いろんな方法があるんです。前髪をちょこっとチェンジするだけでも、イメージが一新できることだって!   植田 確かに。女性ってメイクもそうだけど、ついバストアップで自分を見るでしょ? 髪もそうなんだよね。実はアラフィーって、髪、肌、骨格の変化、そしてライフスタイルの蓄積が相まって、ご自身がもっている印象が変わってくる世代。それを客観的にアドバイスできるのも美容師の仕事なんです。例えばロングヘアなら妖艶になりすぎないよう、ショートならスポーティになりすぎないよう、髪型でバランスをとる。イメージコンサルタント的な役割も担っているなぁって。   榊原 だからこそ髪も顔だちも、悩みを素直に教えてほしい。そのほうが女性をもっときれいに見せるための技術を、惜しまずお伝えできるんです!>>50代ヘアスタイル 記事一覧はこちら撮影/岩谷優一 スタイリスト/程野祐子 取材・原文/松井美千代 ※エクラ2020年3月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND