真夏のアメリカ旅行のワードローブ

Web eclat

今回は息子①と一緒で、メジャーリーグ観戦やNASAのスペースセンター見学がヒューストンでのメインだったのでデニムばかり履いていました。
それでも、ショッピングや食事に出掛ける時は少しだけおしゃれを楽しみました。


まずは、ヒューストンアストロズ観戦へ。対戦チームはシアトルマリナーズで、なんと先発は菊池雄星投手でした!!!
チームTを着ていないと絶対に浮くからと、私たちが行く前から夫が用意してくれていたアストロズチームTとキャップを着用して観戦しました。なるほど!でした。
こんなヤング〜👍な格好は久しぶり。


デニムにノースリーブTにビーサン。シンプルの極み。一番リラックス出来るスタイルかもしれません。
デニムはレッドカードです。


黒いコットンワンピースは去年の物で、少し丈が短く感じたのでレギンスを合わせ、ハウス オブ ロータスのクラッチバッグで色を足しました。

この辺り、リス、トカゲはもちろん、クジャクも出現します。緑がいっぱいでとても素敵なエリアです。


ゴルフ場にランチをしに行った時。去年の赤いリネンのスカートはミラオーウェン。トップスはGUのリネン。靴はエルメス。

このカントリークラブ内には豪華な邸宅もあって、息子垂涎の有名なアメフト選手のお宅もあるとか。次回はラウンドしてそのお宅を見てみたいな。


これは、アウトレットへショッピングに行った時のコーディネート。去年のウィムガゼットのロングスカートにGUのノースリーブT。
モカ&カーキは初めての組み合わせでしたが、とてもしっくりきて、これから使えそうな色合わせになりました。



ある日の夜ごはんに出掛けた時は、ドゥーズィエムクラスのネイビーのワイドパンツにいつだかの韓国旅行で買ったネイビーのノースリーブブラウスで。

今回は息子①しか来られなかったので少々寂しかったのですが、一人とじっくり居られることはそうそう無いので、私としてはとーっても嬉しい旅でした。


持って行った靴はこれだけ。でもビーサンとスポサンばかり履いていました。ビーサンはTKEES。スポサンはZARA。

今回はあまり事前に考える時間が無かった割には、不自由無く過ごせました。
前回は組み合わせ易いことを優先にして黒やベージュ中心でしたが、今回はカラフルを密かなテーマにして持って行ったので、意外な組み合わせを発見できたりして楽しいアメリカ滞在になりました。

関連記事
  • この時期のワードローブにぜひ加えたいアイテムをピックアップ。エクラプレミアム初登場の黒田さんとのコラボアイテムに、スタイリスト・佐伯敦子さんの別注とセレクションも加えた、贅沢なラインナップ。秋冬の日常着を彩る気持ちのいいアイテムをぜひチェックして。黒田知永子×TETSUYA MINAMI ビッグシャツ重ねて着ても一枚でも。自在に装えるシャツに万能ニットソーをあわせてコットン100%の生地で、季節を問わず着られるシャツ。柔らかめの素材なのでビッグシャツの初心者でも気軽に着られる。カフスは横並びにボタンが2つつき、閉まり具合を調節可能。たくし上げてパフスリーブ風にも。黒田知永子×TETSUYA MINAMI ビッグシャツ ¥25,000+税>>黒田知永子×TETSUYA MINAMI ハイネックニットソー上品な光沢と着心地の良さを兼ね備えたニット上質な極細のウール糸を使ったソフトでしなやかなタッチのニットソー。着心地のよさはもちろんのこと、上品な光沢感も魅力。あえて切りっぱなしに仕上げた長めのネックと袖を、クシュッとさせて着るのがおしゃれ。黒田知永子×TETSUYA MINAMI ハイネックニットソー ¥18,000+税>>佐伯敦子×humoresque オーバーサイズカシミヤニットダークになりがちな冬の着こなしに、華やかさを添えてくれる一着日本で紡績されたカシミヤで編み上げたトップクラスの素材を使用。毛足の長いカシミヤで、光沢と優れた保湿性が特徴。裾は編みっぱなしでふわりとした軽やかな表情を演出。ハイネックはクシュッとさせてラフな着こなしに。 裾が広がりぎみのゆったりとしたフォルムは今季らしく、しかもエクラ世代に優しいリラックス感も嬉しいポイント。 今期このサイズを購入できるのはエクラプレミアムのみです。佐伯敦子×humoresque オーバーサイズカシミヤニット ¥85,000+税>>黒田知永子×TETSUYA MINAMI ドッキングワンピースモード感とこなれ感をワンアイテムで手に入れる、スマートなワンピースワンピース部分はベアトップにベルトつきのラップスカートを合わせたようなデザイン。左サイドのバックルでシルエットを調節できる。ニット部分は膝上までの長め丈。腰まわりまで温かく、サイドからのぞいても安心。異素材ミックスのワントーンで、悩むことなく重ね着のおしゃれ感を演出できるのも魅力。 黒田知永子×TETSUYA MINAMI ドッキングワンピース ¥52,000+税>>佐伯敦子×MAISON RUBUS. K10淡水パールピアス華やかで、繊細で。パールのつやめきがきわだつとっておきの万能ピアスミッドセンチュリーの代表的なインテリアアイテムのひとつ、「スプートニクランプ」の構造からインスピレーションを得たフォルム。フックもオリジナルで、フェイスラインに添うすっきりとした仕上がり。佐伯敦子×MAISON RUBUS. K10淡水パールピアス ¥59,500+税>>
  • 夫の性格によって、心を動かされるエピソードやウザがられるポイントは異なるもの。行動を移したことで今は平和な日々を送っているというアラフィー女性たちに、夫の態度を変えたエピソードを教えてもらいました。こうしたら夫の態度が変わった!「私たち、今は平和に暮らしています」くだらないことで険悪になったときには「さっきはごめんね」と私から素直に謝ると、夫はすぐに「俺こそごめん」と心を開いてくれます。ためずに、すぐに!が大事かな、と。(45歳・自営業)あなたはなんでも知っていて聞くとわかるよね?という雰囲気を出して話すようにしたらうまくいくように。例えば「私はよくわからないけど、○○ってどうなの?」と少し相手をたてる感じで。(48歳・主婦)職場の男性陣の、奥さまが怖いとか、雑だという話を聞いてから、私も気をつけようと思い、必要以上に夫に優しい言葉をかけるようにしたら、夫がとても優しくなりました。(47歳・会社員)夫に何か相談事があるとき、メールでやりとりしたあとに、会話をするようにしたら、うまく事が運ぶようになりました。(53歳・主婦)子供たちが社会人になり家を出て夫婦ふたりになって、寝室を別にしました。自分の時間が増え、夫との関係も楽になりました。(55歳・病院受付)夫の職場環境が変わり、土地勘もあまりないところで、ふたりで行動するようになったら、気分は新婚時代に(笑)。食事や旅行に行く回数も増えました。(51歳・主婦)彼の立場から見える自分を想像したら、まずは優しく話しかけてほしいな、仕事が大変なときは慰めてほしいな、と気づき、「まずは話し方から変えよう!」と実践。彼は正論をいわれたいわけでも、議論したいわけでもなく、ただ自分を受け止めてほしいだけなのだと、心の底から思えたことで、同じ言葉でも以前より伝わるようになりました。(48歳・自営業)>>夫と100歳まで平和に暮らす方法 一覧はこちら取材・原文/浦上泰栄 ※エクラ2019年12月号掲載
  • ′19年秋冬からスタートした話題の新ブランド「ロエフ」からは、ゆったりとしたシルエットと、あご下まである高いスタンドカラーが特徴的なコートが登場。気張らずともおしゃれでかっこい装いに仕上げてくれる“優秀”な一枚をご紹介します。ミリタリーライクなディテールが“優秀”。さりげなく効かせて都会的にLOEFFのスタンドカラーコート’19年秋冬からスタートした新ブランド、ロエフが早くも話題に。デザインするのは、国内外の数々のブランドでデザイナーを経験してきた鈴木里香さん。「素材やディテールにこだわりをもつ成熟した大人に着てほしい」という言葉どおり、さりげなくも緻密に計算された服づくりに惹きつけられる。ゆったりとしたストレートなシルエットと、あご下まである高いスタンドカラーが特徴的な、ミリタリーテイストをベースとするロエフを象徴する一枚。バージンウールならではの表情のある素材を2重織りにすることで、気張らずともおしゃれでかっこいい装いに仕上げてくれる。あえてアクセサリーなどをつけず前をとめて着たい、一枚でコーディネートが完成するコート。 コート¥95,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ロエフ) ニット¥49,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) >>アラフィーの優秀コート 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2019年12月号掲載
  • 11月22日(金)発売のSPUR1月号、特別付録は「LOEWE シールつき アート・ノート」! クリエイティブ・ディレクター、ジョナサン・アンダーソンによってデザインされた、他では手に入らないプレミアムなアイテムとなっています。 ウィリアム・ド・モーガンのアートワークをあしらった表紙や、思い思いに使える無地の上質紙などこだわりも随所に。さらに奇異な生き物やブランドロゴ、”ゲート トップ ハンドル ミニ”バッグをかたどった6枚のステッカーも付いてきます。 芸術的に美しい上、使い勝手も抜群なこのノート。一足先に手に入れたSPURエディターはどのような使い方をしているのか……!? 早速ご紹介いたします! この投稿をInstagramで見る SPUR(@spurmagazine)がシェアした投稿 - 2019年11月月18日午前12時24分PST 使うのがもったいないくらい綺麗な、このアートブック。編集Hは、ずっととっておけるように旅行の思い出記録用ノートとして愛用中! 旅先で行ったミュージアムのチケットやカフェのショップカード、パンフレットの切れ端、移動中使った交通系ICカードなどをノートにペタペタと貼っています。ドードー鳥やカエルのステッカーを使えば、より楽しいページに! このコラージュタイムも最高にワクワクする上、旅の思い出の振り返りも、このノートなら一層素敵な時間になること間違いなしです。 この投稿をInstagramで見る SPUR(@spurmagazine)がシェアした投稿 - 2019年11月月19日午前1時48分PST 年代物の「チェキ」を家で発掘してから、旅行のときにたまに持って行く編集O。家族写真を撮ったり、子供が気になるものを自分で撮影したり。撮った写真を整理するのに、このノートがぴったり!とひらめき活用しています。というのも正方形のフォルムは、写真を縦に二枚貼るのにちょうどいいサイズ。紙も厚手でしっかりしているので、マスキングテープやステッカーでのデコレーションも楽しめます。 この投稿をInstagramで見る SPUR(@spurmagazine)がシェアした投稿 - 2019年11月月20日午前1時26分PST ハンドメイドのぬくもりを感じるクラフツマンシップ、そして知性とウィットの見事なバランス……と大人にこそ相応しいファンタジーに感嘆するエディターOKABE。「え、こんな可愛いの、使えない…」と思い、自宅の花瓶の隣にしばし飾っていたとのこと。とはいえ、美しいものは日常で取り入れてこそ。インタビューの時に、サラッと取り出してメモを取る、なんてラフな使い方も素敵かしらと妄想を膨らませているそう。 ビジュアルはもちろん、書き心地も素晴らしいSPUR1月号の特別付録「LOEWE シールつき アート・ノート」。ぜひとも手に入れて、皆様も様々なシーンで活用してみてください!
  • ちょっとしたドレスアップシーンで着用するきれいめワンピースなどの軽やかな素材感には、コットンフランネルのニュアンス素材のブーツが相性ぴったり。足もとを目立たせすぎずにバランスよくまとめながら、装いをエレガントな印象へと格上げしてくれます。きれいめワンピース×ニュアンス素材冬のドレスアップの足もとはロングブーツで鮮度をアップ ちょっとしたドレスアップシーンで着用するきれいめワンピースなどの軽やかな素材感の着こなしには、防寒性の高いレザーブーツよりも、服となじみやすいコットンフランネルのニュアンス素材を合わせてエレガントに。足もとが目立ちすぎないから室内でも違和感がなく、スクエアトゥが洗練されたムードも演出してくれる。 靴「マヘサ」(H6.5)¥202,000/ジミー チュウ コート¥150,000・ワンピース¥140,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥36,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥85,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)>>ロングブーツ 記事一覧はこちら撮影/菊地 哲 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※エクラ2019年12月号掲載
  • イベントの予定が盛りだくさんな12月。忙しくたっておしゃれに手を抜かず華やかに! いつもより女っぽく過ごしたいから、アイテムは"フェミニン"をテーマに厳選!大人っぽフェミニン七瀬のワードローブ 上品な甘さを叶える色と形にこだわり。テーブル映え抜群なブラウスやカーデなど、この季節ならではの目線でセレクト。白カーディガン コンパクトなサイズ感と、パール調ボタンがフェミニン。 カーディガン¥9800/ヒロタ(31 Sons de mode)ドット柄ブラウス ドット柄のチュール素材。 重ね着にも活躍! ブラウス(キャミソールつき)¥5900/MIIAチェスターコート 淡いグレーが上品。肩の落ちたコクーンなシルエットも今どき! コート¥34800/N. チェック柄ミニ 赤みブラウンのチェック柄。太もものラインを拾わないフォルムが優秀。 スカート¥2990/UNIQLOオフタートル ボリュームのある形が女の子らしい。 ニット¥4700/シティーヒル(マジェスティックレゴン)ブラウンリブニット トレンドのブラウン。シンプルな形で使いやすい。 ニット¥5900/ヒロタ(31 Sons de mode)キャミワンピ 胸下から広がるプリーツとアシメな裾がドラマチック。 ワンピース¥16000/SNIDELハイウエストデニム ハイライズ&テーパードで美脚見え! パンツ¥16000/N.O.R.C(N.O.R. C by the line)タイトスカート 甘すぎないラベンダー。太ベルトとハイウエストでスタイルUP。 スカート¥14000/Noela(左)ブームなローファー。着こなしを明るく仕上げる白を選んで。 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) (中)きれいなボルドーのポインテッド。大人っぽさと女らしさを両立。 靴¥5900/R&E (右)厚底でバランスUPも余裕! 靴¥8900/RANDA(左)黒は万能! バッグ¥11000/カージュ ルミネエスト新宿店(マルコ ビアンキーニ) (中)サークル形。 バッグ¥10800/銀座ワシントン銀座本店(ワシントン) (右)品を高めるベージュ。 バッグ¥8800/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店  \いつもより女度高めで♡/ 冬のイベント映え着回しは non-no1月号でチェック!モデル/西野七瀬 撮影/柴田フミコ(モデル) 齊藤晴香(物)ヘア&メイク/河嶋希(io・七瀬) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/アワビーズ
  • 40代・30代の、ほどよい「秋冬およばれ服」って? 年末年始に向かうこの時期は、イベントごとも増えてきますよね。 バッチリ決めたパーティファッションは求められていないけれども、いつもよりも気合いを入れたおしゃれがしたい。 とはいえ、着合い入れすぎも気恥ずかしいし……いつもの“私らしさ”をキープしつつ、清潔感のあるおよばれファッションを身につけたい。 こういうときって……悩みますよね。 先日行われたLEE100人隊&LEEキャラクターパーティは、100人隊カジュアル派の、“普段着だけれども、おしゃれ!”な、ほどよいあんばいの着こなし揃い。 おでかけコーデに迷ったときに、参考になるんですよ。 というわけで、本日は7人分のコーディネートをまとめてご紹介します! 「マーレットのワンピに、ユニクロのパンツ、マルニのバッグ。全部黒だったので、靴はVANSのピンクスニーカーでハズして?みました! マーレットのワンピは、ここぞな時に着ていくとテンションが上がるので好きです」(TB パパリナさん) 「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)バックジップパイソンワンピースを着ました!ついでにフリンジバックも一緒にお買い上げ。何を着ようか悩んだけれど、パーティの数日前に行ったアウトレットで出会いました。前と後ろで、異素材切り替え。パイソン×チュール、ジッパーデザイン、と私の好みがバッチリ入っていて。沢山食べても苦しくならないであろう&お腹が出ても目立たないであろうデザインで(餓鬼体系)。当日はストレスフリーで非常に助かりました。前は無地で至ってフツー」(No.053 ちたさん) 「パーティコーデ。一昨年、去年に続いて今年も着物で参加です。着物、帯ともにドゥーブルメゾン。レースの着物は控えめながら華やぎのある素材で、長い電車移動でも全くシワが気になりません。落ちつきのあるネイビーカラーでお洋服姿の方々の中でも浮かないようにと選びました」(No.021 ほりともさん) 「パーティー前日まで違うスタイリングを考えていました。当日の気分ががらりと変わりこちらに。tops:TOMORROWLAND skirt:BLUEBIRD BOULEVARD shoes:ZARA もともとこのスカートは仕事の際に着るために購入しました。少し改まったお仕事の時に着るために。そういう時は、ジャケットを合わせます。普段は、スニーカーやバレーシューズ、ローファーを合わせ、トップスもカットソーなどと♪ バッグをカジュアルにすると更に普段着としても取り入れやすそうですね! 」(TB さっきーさん) 「首元たるんと大きいポケット(見えない)が気に入ってます♡ワンピース:6(ROKU) ロングカーディガン:神戸のセレクトショップ ブーツ:SLOBE IENA イヤリング:design six LONDON バッグ:ADAM ET ROPÉ」(No.049 まめふくさん) 「トップスは、今季のSaquiのリネンブラウス。5月に行った展示会で予約していたものです。この日に着て行かなくてどうする!?な気分でセレクト。二次会もあるし、動きやすさを考えてスカートではなく、去年購入したMHLのパンツ(黒系)に合わせて着て行きました」(No.057 pepiさん) 「今年のLEE100人隊パーティー(オフ会)にN.O.R.C (ノーク)のニットワンピースを着て出かけました。日帰りの予定で、新大阪-東京を往復するので、 ・ゆるっとからだを締め付けない ・長時間座っていてもシワにならない ・でもパーティーだから、ちょっと特別感がある このニットワンピースを選びました。 onepiece:N.O.R.C stole:IENA bag:mimi shoes:spick&span 朝、荷物が増えたのでTEMBEAのボアトートと歩きやすいローファーに変更しました。私のジャストサイズは”1″だと思うのですが、全体に余裕と着丈のある”2″を選びました」(TB さりいさん)
  • あま子さんロマンティックな洋服と甘いお菓子が好き。カジュアルなスウェットも、パステルカラーやふんわりギャザー、チャーミングなプリントなど、甘さのあるディテールに惹かれることが多い。 カラ子さんカジュアルでエッジィなファッションが好み。モードなブランドのプリントものやネオンカラーなど、トレンドを上手に取り入れつつ一枚で主役になる大胆なデザインをいつも探している。 なし子さんシンプルな色やパターンが好きな分、シルエットの美しさにはこだわりあり。首まわりや袖ぐり、丈感などスタイルをよく見せるバランス重視で、洗練された着こなしを作るのが得意。 巻末で連載中の「ハイツ ユートピア」よりおなじみの3人が飛び入り参加! 性格も好みもバラバラな3人に向けて、新作スウェットをリコメンド。 自分の着こなしとリンクするアイテムをチェックして、一歩先行く大人のカジュアルスタイルを手に入れて。 あま子さんの場合 ロマンティックなテイストはお手のもの。アクティブな印象の強いスウェットも、ラッフルやシャーリング、マカロンカラーを味方につけて、ガーリーに着こなすのがあま子流。大好きなキャットプリントとチュールで、スウィートな夢を見るパーカ¥71,000・中に着たドット柄ドレス¥397,000・パンツ¥106,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) 03−4579−6139 ショール¥320,000/アンダーカバー ピアス¥56,000/ラ ジュンヌ ブティック(アリギエーリ) リング・ソックス/スタイリスト私物3 匹の猫に笑顔がこぼれるフーディはオーガニックコットンでやさしい着心地。ドレスをレイヤードしてチュチュのような遊び心を。DRESSEDUNDRESSED¥22,000/ドレスドアンドレスド 03−6379−1214体を一周するチュールの切り替えラインがセンシュアルな表情を演出。甘くなりすぎないヌードカラーは、大人の女性も着こなしやすい。ブランドロゴの刺しゅうが袖元にワンポイント。 CONVERSE TOKYO × MUVEIL¥15,000/コンバース トウキョウ 青山(コンバース トウキョウ × ミュベール) 03−6427−40482シーズン目となるミュベールとのコラボレーションラインからは、パフスリーブが愛らしいスウェットが登場。星形のパッチも乙女心をくすぐる。AURALEE¥22,000/オーラリー 03−6427−7141首まわりをすっきり見せてくれるVネックと淡いミントカラーが女性らしい一着。裏糸にはコットン、表糸にはハリのあるポリエステルを使用し、カジュアルさを抑えたモダンなシルエットをかなえてくれる。JOHN LAWRENCE SULLIVAN¥24,000/ジョン ローレンス サリバン 03−5428−0068ショルダーに入ったさりげないギャザーがチャーミング。左肩のブランドロゴもアクセントに。Simone Rocha¥68,513(参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(シモーネ・ロシャ) 050−3205−0864ラッフルトリミングにパフスリーブ、ペプラム裾とガーリー要素をふんだんに盛り込んだパーカ。ドロップショルダーのデザインで上品なシルエットに仕上がるのもうれしい。VEIL¥9,000/ビームス ウィメン 原宿(ヴェール) 03−5413−6415ファニーな猫のキャラクタープリントがアイキャッチー。白地に映えるポップなグラフィックはフェミニンなボトムとも好相性。同柄が大きく配されたバックデザインにも注目したい。RHC¥19,000/RHC ロンハーマン(RHC) 045−319−6700襟ぐり、袖口、裾にダメージ加工が施され、甘いカラーリングとのミックスマッチを楽しむプルオーバー。すとんとしたシルエットとヒップが隠れるくらいのレングスで、もたつかずすっきり着こなせるのが高得点。やさしいダスティピンクは大人の女性のワードローブによくなじむ。6(ロク)¥19,000/ロク 渋谷キャットストリート(ロク) 03−5468−3916ベーシックなデザインながらも、長年着込んだかのような色あせた風合いが魅力。肩の力が抜けたリラクシングなボディのサイドにはリブ加工が施され、着崩れしないのもうれしい。k3 & co.¥22,000/k3 OFFICE(k3&co.) 03−3464−5357シンプルなデザインに、ボリューム感満点のフレア裾が華やぎを添えるスウェットトップス。ボーン入りの裾が美しいAラインシルエットを描き、パンツともスカートとも好相性。カジュアルなスウェット素材を味方につけて、自由なコーディネートを楽しみたい。 SOURCE:SPUR 2020年1月号「スウェットユートピア」 photography: Sophie Isogai〈KiKi inc.〉(model), Takehiro Uochi〈TENT〉(still) styling: Kumiko Sannomaru〈KiKi inc.〉 hair: Miho Emori〈KiKi inc.〉 make-up: Mai Kodama〈SIGNO〉 model: Eriko Harako edit: Sakiko Fukuhara cooperation: BACKDROPS=STUDIO BASTILLE
関連キーワード

RECOMMEND