大人のハワイ好きが選ぶ!究極の“ハワイ、ナンバーワンホテル4選”

Web eclat

【大人ステイNo.1】

The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort

(ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)

ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦
マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色
「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん
「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん

大人のキュートも贅沢もここにあり

“ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。

歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋
ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実
【DATA】
2259 Kalakaua Ave., Honolulu
☎808・923・7311(日本語対応可)
1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~
全529室 IN15:00 OUT12:00
https://www.royal-hawaiian.jp/

【リゾートステイNo.1】

Turtle Bay Resort

(タートル・ベイ・リゾート)

種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦
サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)
「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん

喧騒を離れた究極のリゾートタイム

ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。

ホテルのほとんどの部屋から海が望める
「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)
「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)
リゾート感たっぷりのプール
【DATA】
57-091 Kamehameha Highway, Kahuku
☎808・293・6000 
1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~
全443室 IN15:00 OUT11:00
https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts

【家族ステイNo.1】

The Kahala Hotel & Resort

(ザ・カハラ・ホテル&リゾート)

桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦
波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい
「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん

極上のホテルライフを約束してくれる

ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。

ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」
「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定
【DATA】
5000 Kahala Ave., Honolulu
☎808・739・8888(日本語対応可)
1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365
全338室 IN15:00 OUT12:00
www.kahalaresort.com

【隠れ家ステイNo.1】

Queen Kapi‘olani Hotel

(クイーン カピオラニ ホテル)

内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦
夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!
「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさん

このハワイビューは何にもかえがたい

カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!

カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけ
ハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルーム
フロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶ
エレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも
【DATA】
150 Kapahulu Ave., Honolulu
☎808・922・1941
1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~ 
全315室 IN15:00 OUT11:00
https://jp.queenkapiolani.com/

口コミを寄せていただいたハワイ通の皆さん

モデル・桐島かれんさん
発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。

モデル・ブレンダさん
ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。

フォトグラファー・山口規子さん
渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。

フォトグラファー・種房千保子さん
渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。

スタイリスト・村山佳世子さん
仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。

スタイリスト・徳原文子さん
渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。

旅行ライター・坪田三千代さん
世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。

コーディネーター・内野 亮さん
ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。

ライター・赤澤かおりさん
時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。
20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。
世界中の人たちから愛され続けている楽園、ハワイ。地球上にある唯一無二のこの存在に魅了され、取り憑かれ、通い続けてきた人もきっと多いはず。そんなハワイ通の方々に聞いた、ディナーにぴったりのおすすめのレストランをご紹介。
撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
関連記事
  • 只今発売中のエクラ10月号についているストラスブルゴのガーメントバッグ♪その多様性ったら!!私はずっと気になっていたキッチン用の手拭きと食器拭き用のふきんの収納ケースとして使ってみる事にしました♪昨年のこの時期にも付録についていたストラスブルゴのトートバッグとセットにしてスタイリッシュなキッチンへ。ふきんの収納って結構悩みませんか?私はずっと定位置が定まらず、食器棚の浅めの引き出しに入れても出し入れし辛く、最近はアイアンのラックに入れていたのですが、むき出しの為衛生面と景観が気になっていました。そこで今回のガーメントバッグに入れてみることに! アイアンラックに入れていた分全部収納出来ました。 パンパンになっても程よく伸縮してくれて違和感ないしいい感じ!オーブントースターの上は熱くなるので、乾物なども劣化が早そうで躊躇。ふきんを置くのにぴったりです!!ふきん掛けまでもすぐなので動線もバッチリ!昨年のバッグはキッチンツールカバーとして❤︎こんなにスッキリまとまり、ようやく定位置が見つかりました♡ガーメントバッグを旅行時や普段バッグとしても使いたいので、もう一冊買ってきました♪♪ 間に合って良かった〜✨ ❤︎Instagramはこちらです❤︎華組 宮原江里子ブログ
  • 「最近どこに行っても混んでいる」という京都を訪れた人の嘆きの声にお応えし、取材スタッフが現地で見つけたとっておきのお楽しみ情報をご紹介。京都の寺社や料理店に卸してきたききだしの老舗「うね乃」が、工場見学をスタート。手作業で行われる工程の手間ひまを見学できるだけでなく、利きだしのワークショップも受けられる!だしの老舗では工場見学や、昆布と削り節のだしの飲み比べも!ライター・天野準子さん代々受け継がれた削り機もいまだに現役。削り節を作る際、最近ではセラミックの刃を使うことが多いが、こちらではこまめな手入れを要する鋼の刃を使用。セラミックで削るより表面にキズが多くできるため、少量で多くのだしがとれるそう手軽でおいしいだしの魅力を再発見うね乃 本店京都の寺社や料理店に昆布やかつお節を卸してきただしの老舗。昨年、本店横に新工場が完成し、工場見学をスタートした。「工場といっても、オートメーション化されておらず、どの工程も手作業。削り節になるまでにこんなに手間ひまがかかっているのかと感動します」(天野)。見学後は本店内で利きだしワークショップを受けられる。簡単なだしのとり方や昆布だしの産地別の飲み比べなど、体験者のリクエストやだしに対する経験値によって内容を変えるそう。「こんなに簡単においしいだしをとれるなんて驚き。料理への活用法も勉強になります」。店内には寺社御用達の札がワークショップを行うキッチンスペースうね乃副社長、采野佳子さん【DATA】 京都市南区唐橋門脇町4の3 0120・821・218 9:00~18:00(土曜~16:00) ㊡日曜、祝日、第2土曜 「工場見学+利きだしワークショップ」 60分¥3,000 おみやげつき 開催日時は営業時間内で応相談 3日前までの2名以上の要予約>>「京都」 記事一覧はこちら撮影/内藤貞保 竹田俊吾 取材・原文/天野準子 ※エクラ10月号掲載
  • 本誌ファッション特集で活躍中のスタイリストの古牧ゆかりさんは、無類の旅好きだ。「旅先で見る景色は、心の中の引き出しにたくさんの色彩のストックを作ってくれる。旅は人生の宝物」という彼女が訪れたウズベキスタンへの旅の全3回にわたる記録の最終回お届けする  ブハラを後にして向かったのは砂漠の地、ヒヴァ。ウズベキスタンにおいて最も西、砂漠の出入り口の街だ。ブハラから日本であらかじめ手配をしていた車に乗り込む。延々と広がる乾いた大地を車窓から眺めながら、どこまでも永遠に続くのではないかと思える長い一本道をひたすら進む。途中、私が日本のキャンディーを運転手さんに差し出すと、彼もウズベキスタンのチェリー味のゼリーのお菓子をくれた。これが昔懐かしいような美味しいゼリーですっかり気に入る。日本とウズベキスタンのささやかな交流を楽しみながら走ること7時間、ようやくヒヴァの旧市街に到着した。 宮殿の上から眺めたヒヴァの街。広い空を雲が美しく流れていく  ヒヴァはホレズム州都ウルゲンチから南西に35km、ムダリヤ川下流のオアシスにある街だ。古代ペルシャ時代からカラクム砂漠への出入り口として栄えた。街の周囲には二重の城壁がめぐらされ、外敵の侵入を防ぐための城壁に囲まれたディチャン・カラと呼ばれる地区と、内側の城壁に守られたイチャン・カラという地区がある。内城である旧市街のイチャン・カラには20のモスク、20のメドレセ(神学校)、6基のミナレット(宗教施設に付随する塔)をはじめ、数多くの遺跡がほぼ完璧な形で残されており、歴史的価値の高い都市として1969年に博物館都市、1990年には世界文化遺産に登録された。 高さ45mもあるイスラーム・ホジャ・ミナレットは、街のシンボル的存在  初冬のヒヴァはからっ風が吹き、非常に寒い。砂漠へ向かうツアーはシーズンオフで開催されていなかった。砂漠は一日の寒暖の差が激しい。以前旅したモロッコやヨルダンでは、砂漠ツアーに参加して満天の星や朝日に映える砂丘を見たものだが、日中は暑くても日の出前の砂はとても冷たく、素足では耐えられないほどだった。次回は暖かな時期に来て、ここから砂漠に出てみようと思う。 イチャン・カラの城壁。土壁の城壁が2.2kmも続く光景は迫力に満ちている 西門にあるチケット売り場で2日間共通のチケットを買い、町全体が大きな博物館となっている「イチャン・カラ」をさっそく回ってみる。このイチャン・カラを象徴するのが、町を囲む高さ10m、全長2.2kmの土壁の城塞だ。一部の人たちからは漫画「進撃の巨人」を彷彿とさせると言われている。迫力のある城塞や歴史的価値のある建造物が立ち並ぶ様子は、なんだかアミューズメントパークを連想させるほど非日常的な眺めだ。  城内を歩いていると、モスクの扉などいたるところに素晴らしい細工を施された木工芸術が見られることに気づく。街の中心に位置する「ジュマ・モスク」は、10世紀ごろ建てられた多様式建築だが、修復工事を重ねて現在の形になったのは18世紀後末頃。約3m間隔で213本の木柱が並ぶ様子は圧巻。1本1本異なる彫刻が施された柱はどれも美しく、そのうちの4本が10~11世紀、25本が17世紀に作られたものらしい。天窓から差し込む光に、彫刻の陰影が照らし出され幻想的だ。 ジェマ・モスクの内部。立ち並ぶ木柱を1本1本興味深く眺める  イチャン・カラの一角では、若い職人たちが木片に細工を施していた。まな板の表面を彫って、装飾を施しているのだ。ヒヴァは古くから木工が盛んな地で、そのクラフツマンシップは綿々と受け継がれ、庶民の暮らしの中に今も息づいている。 向かい合わせになって、まな板を製作する若い職人達。木を削るリズミカルな音色が心地よく響く こまやかな彫刻が施された「まな板」は、お土産にもおすすめ 陽も傾いてきたので西門の傍にある17世紀に建てられた、古い宮殿と言う意味の名の「フクナ・アルク」へ。屋上からヒヴァの街を望む。少し埃っぽい霞がかったような夕焼けに包まれた街並みを前にすると、時間が止まったような感覚に襲われる。人々の今の日常の暮らしを垣間見つつ、しばし悠久の時の流れに想いを馳せた。(続きを読む) 「フクナ・アリク」の中にある木製の窓。みごとな彫刻が施され、美しい明かり取りとなっている SOURCE:「Rahmat! Oʻzbekiston」By T JAPAN New York Times Style Magazine:JAPAN BY TEXT AND PHOTOGRAPHS BY YUKARI KOMAKI JUNE 28, 2019 >>「幸せ」を探す旅、フィジー >> イングリッシュ・サマーを旅する >> ブータン王国、早春の憧景 PHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKIPHOTOGRAPH BY YUKARI KOMAKI
  • 年齢を重ねることをポジティブに捉え、エクササイズや食事制限などボディ磨きに余念がない先輩セレブたち。今回は、美しいボディを持つ40歳以上のハリウッドセレブにフォーカス! 目を見張るようなナイスボディは、「奇跡」といっても過言ではないほど。 90年代に一世を風靡したスーパーモデル、エリザベス・ハーレイ(54)やケイト・モス(45)、現在も第一線で活躍し続けるディーヴァのマライア・キャリー(49)やジェニファー・ロペス(50)、さらにはシャロン・ストーン(61)やサラ・ジェシカ・パーカー(54)といった女優まで、自慢のボディを披露するセレブたちはエネルギッシュなパワーに満ち溢れていた! 2019年の夏も、いよいよ終盤。元気をもらえること請け合いな水着姿の数々から、残暑を乗り越えるエネルギーをチャージして。 Photos:Aflo, Courtesy of Instagram >>40歳オーバーのセレブ限定! エイジレスなビキニスタイル >>オーバー40のビキニボディ、どこまで進化するのか!? #深夜のこっそり話 #1025
  • 20世紀フィンランドを代表する偉大なデザイナーの足跡を辿る「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」が、2019年9月21日(土)〜12月25日(水)、神奈川県立近代美術館 葉山で開催される。 「2744」タンブラー 1953-67年/吹きガラス/ヌータヤルヴィ・ガラス製作所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin 「フィンランド・デザインの良心」とも呼ばれるカイ・フランクは1911年生まれ。ヘルシンキ中央産業工芸学校(現・アアルト大学)で学んだ後、デザイナーとして活動を開始した。45年にはフィンランドの代表的陶磁器ブランドであるアラビア製陶所のプロダクトデザイン部門のディレクター、そして50年にはアートディレクターに就任。また、ガラスの分野では46年にはイッタラ、50年にはヌータヤルヴィ・ガラス製作所のデザイナーに就任している。 53年にはアラビアより、現在はイッタラブランドのもとで販売されている大ベストセラー「ティーマ」の原型となった現代的なテーブルウェアシリーズ「キルタ」で一世を風靡。大衆のためのデザインを目指し、アノニマスなものづくりを志向した彼は、使いやすく、スタッキングができ、丈夫で、絵柄などを入れず単色で仕上げることで価格を抑えた食器の数々で、幅広い層から支持された。 ソルト・シェイカー 1959年/ファイアンス焼き/アラビア製陶所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin本展はフィンランド唯一の公立ガラス研究機関であるフィンランド・ガラス博物館と、フランク本人から直接入手した多くのプロダクトを収蔵しているタウノ&リーサ・タルナ・コレクションの協力のもと、フランクの生み出した幾何学的造形に着目して構成されたもの。前出の「キルタ」などをはじめとしたおなじみのプロダクトや、技巧を尽くしたアートピースなど、全部で約300点が展示される。 「ポカーリ(トロフィー)」ゴブレット 1970年代/吹きガラス/ヌータヤルヴィ・ガラス製作所/タウノ&リーサ・タルナ・コレクション photo by ©Rauno Träskelin 50年代来日した際にフランクが撮影した、風景写真や人物写真の展示も。幼少期から日本に興味を持っていたというフランクは、この時に鎌倉の北大路魯山人や益子の濱田庄司、京都の河井寛次郎、美濃の加藤土師萌などの窯を訪れて交流。また、各地の農村で出会った職人たちによる手仕事や意匠などに注目した。58年には通産省の工業技術院産業工芸試験所の招聘で再来日して講演などを行い、日本のデザイナーにも大きな刺激を与えている。なお、今回一部の展示室の空間デザインは、国内外で注目を集めるデザイナー、熊野亘が担当。アアルト大学で学び、7年もの間フィンランドで暮らした気鋭のデザイナーとフランクの作品とが共演する空間は必見! 「日本・フィンランド国交樹立100年記念 没後30年 カイ・フランク」会期:2019年9月21日(土)〜12月25日(水)会場:神奈川県立美術館 葉山 展示室2・3(神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1)時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)休館日:月曜(9月23日、10月14日、11月4日は開館)観覧料:一般 ¥1,200/20歳未満・学生 ¥1,050/65歳以上 ¥600※11月3日(日・祝)は無料/ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜:10月6日、12月1日)は18歳未満の子供連れの家族は割引料金(65歳以上を除く)http://www.moma.pref.kanagawa.jp/text : Shiyo Yamashita
  • 初秋コーデを盛り上げてくれる、優秀すぎるGU小物をピックアップ。いつもの服にプラスするだけで、途端におしゃれ上級者に見えちゃう♡ プチプラはもちろん、クオリティも満足のGUから目が離せない! - 目次 - ミニバッグ スニーカー スカーフ キャップ イヤリング ヘアターバン      No.1|ミニバッグデイリーはもちろん、旅行やアウトドアなどで大活躍するネックポーチは、リラックスコーデのアクセントにも◎。今っぽいゆるシルエット&あいまいカラーにメリハリをつけてくれる。 ▶記事を詳しくチェック    1つは持っておきたいレザーのショルダーバッグは、ベーシックなブラックを選んで秋コーデの引き締め役に! じつはウエストポーチにもなる2wayが嬉しい。 ▶記事を詳しくチェック    ハンサムなスタイルもボアのきんちゃくバッグをあわせてカジュアルにシフト。少し暑さの残る時期も、小物の素材を変えるだけでいっき秋らしくアプデ☆ ▶記事を詳しくチェック         No.2|スニーカー王道のキャンバススニーカーが1000円台で手に入る! 使い勝手のいい黒のスニーカーは、白ソールで軽さを加えて抜け感を出すのがポイント。 ▶記事を詳しくチェック    ソールまでベージュのワントーンなら、ダッドシューズもシックに履けちゃう! 大きめのチェックシャツやミニスカートに合わせても大人っぽく仕上がる。 ▶記事を詳しくチェック    足元にソックススニーカーを合わせれば、今っぽさ満点のスポミックスコーデに。パーカは前だけインしてくしゅっとさせると更にこなれ感アップ。 ▶記事を詳しくチェック         No.3|スカーフスカーフを使ったおしゃれが今季のトレンド。バンダナみたいなペイズリー柄ならカジュアルにつけこなせる。シャツのボタンを開けてのぞかせて。 ▶記事を詳しくチェック    ニットワンピにヴィンテージ風スカーフを投入♡ 視線が上がって簡単にスタイルアップが叶うよ。 ▶記事を詳しくチェック         No.4|キャップコーデュロイ素材を選ぶだけでこなれ感。ボーダーとカラーをリンクさせてキャッチーに。 ▶記事を詳しくチェック    スポミックス初心者さんは、淡い色のキャップから挑戦してみて。ほかの小物も白で統一して全体のトーンを揃えれば、こなれた雰囲気を演出できる◎。 ▶記事を詳しくチェック         No.5|イヤリングつけてるだけでしゃれ感が上がるゴールドアクセは、肌見せが少なくなる秋冬のお助けアイテム。ベルトなどの他の小物とリンクさせて、統一感を持たせて。 ▶記事を詳しくチェック    華奢見せ効果を狙うなら大ぶりのイヤリングがおすすめ。揺れ感を味方につければ、顔周りがいっきに華やかに★ ▶記事を詳しくチェック    つけてるだけで女っぷりが上がるパールのイヤリング。フェミ⇔カジ使えて万能な上に、どんなコーデも格上げしてくれるから買って損なし♡ ▶記事を詳しくチェック         No.6|ヘアターバンテクなしで簡単に盛れちゃうヘアターバン。ひとつ結びやおだんごにも合うから、いつものアレンジにプラスして印象変えに挑戦してみて♪ ▶記事を詳しくチェック    ボリュームのあるクロスデザインのターバンなら、小顔効果も期待できる♡ 後ろ側のゴムの伸縮にもこだわっているから、つけやすさもピカイチ。 ▶記事を詳しくチェック  
  • こんにちは♫マキアトップブロガーpinkmimi です❤️本日発売MAQUIA11月号表紙は沢尻エリカさん。美しい♡そして凛とした背中が印象的です。今月号はMAQUIA15周年記念号♡おめでとうございます♡なんと今月のMAQUIAは3種類発売!!まず私が手にしたのはアスタリフト版付録違いでアベンヌ版 はお顔アップの沢尻エリカさんが表紙。※DAISY LIN バニティポーチはどちらにも付きますよ♫そして付録なし版 の3種。さて恒例の付録紹介からスタート(アスタリフト版)DAISY LIN バニティポーチ高さ15.5cm × 直径14.8cmエレガントな生き方や美意識の高さにファンの多いFOXEY創業者Noriko Daisy Lin Maeda さんが手がけるブランド。蓋裏にも内側にもポケットがつき、立てて化粧水などのボトルも収納もできる大容量!色味、質感、形もgood!大人な美ポーチとなってます♡出張や旅行ではメイク道具やスキンケアを全部入れてバック代わりにもちたいな♡アスタリフト ジェリーアクアリスタ 5gこの度4度目のリニューアルで9月1日発売されたアスタリフトのスター製品。ジェリーの特徴の一つである"ヒト形ナノセラミド"は"補う"ことだけでなく"整える"ことにも着目新配合された'"アセンヤクエキス"でストレスによるセラミド生産低下を防ぎセラミドアプローチがパワーアップ。5gもあればお肌の土台がしっかり整うのを実感できるからうれしいですね♡もっと見る >立体大特集は集めに集めた411答! 誰も教えてくれなかった 美容の“正解”メイク、スキンケア、カラダなどさまざまな美容のジャンルを美容のプロが回答してくれています。続いては私が気になった見どころを紹介!次のページへクリック》》》もーこんな時期!早めにチェックして予約しなくちゃ売り切れてしまいそうです。68ブランド掲載!Xmasコフレ&限定品最速ニュース2019人気アーティスト林由香里発秋の3大トレンドアイ 似合わせの正解この秋気になってます!3大カラーくすみオレンジ、メタリックカーキ、ニュアンスシルバー。奥二重、一重と個別に解説されているからトレンドが取り入れやすい♫長井かおりさん presents脳内のイケてる私に近づける加工アプリ級メイク写真を撮る際当たり前になったアプリ加工。アプリに頼らない加工級のメイクテクは必見!ヘア&メイク長井さんが美肌加工、でか目加工、小顔加工、細い鼻加工、華やか印象加工の加工級メイクで読書5名を変身!取り入れたいテクがたくさん。実録! 肌悩みからの奇跡の逆転ストーリー美肌で知られる美賢者による「乾燥」「くすみ」「たるみ」「ニキビ」の4大肌悩みからの生還法を、実話で。美容のプロが認めたスキンケア&メイクアイテム名品100図鑑美容のプロ26人が認める100品。数えきれないほどあるコスメの中から美のプロはどんなものをチョイスしてるのか…これからのコスメ選びの参考になる保存版。今月号の付録、ジェリーアクアリスタはエイジングのスペシャリストとして選ばれてますよ。今月も読み応えたっぷり!この週末は美容の正解を見つけよっと♫試し読みはこちらから♫https://maquia.hpplus.jp/magazine/NRdzVEk?page=19&utm_source=maquia_mail&utm_medium=mailmagazine&utm_content=text&utm_campaign=maquia_edit.190920.10Instagram 細々とやってます (写真をタップ)気軽にフォローいただけたらうれしいです。
  • 9/14(土)〜9/20(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!9月14日(土)旅行に出かける友人に頼まれ犬のお世話。お散歩するならスニーカーで 9月15日(日)Tシャツ×デニムコーデにシャカシャカ素材のトレンチでドライブへ 9月16日(月)敬老の日は親族が集まっておしゃれな祖父とリンクコーデを楽しんで他の画像を見る☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
関連キーワード

RECOMMEND