【リゾート生まれのサンダル】富岡佳子の「今、欲しい暮らしのモノ、コト」~葉月~

Web eclat
写真はヨーロッパ有数のリゾート地、ギリシャのエンシェント・グリーク・サンダルズのもの。
化学染料を使用しないナチュラルなタンレザーを用い、代々受け継がれてきた伝統的な技術をもつ職人が、ハンドメイドでつくっている。
「コンサバで端正なデザインは、白いTシャツにデニムやショートパンツのようなシンプルなコーディネートにも合うし、洋服によってはモード感も演出してくれます。天然素材で履き込むほどにかっこよくなり、合わせやすく、飽きもこないですね。結局、出番が多いのは、こういうサンダル。いろいろ履いて得た、今の私なりの結論です」
エンシェント・グリーク・サンダルズのサンダルは古代ギリシャの神々・神話・器・ジュエリー・彫刻などからインスパイアされたデザイン。素材を生かした、繊細でフェミニンな美しさが特徴。ナチュラルなタンレザーは、履くほどに風合いが増す。

[写真上]サンダル¥26,000(参考価格)/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) ハット¥36,000 /ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ストール¥19,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) その他/私物

[富岡さん]サンダル¥24,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) プルオーバー¥61,000・スカート¥205,000/マディソンブルー ハット¥36,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ)
撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 石山とみ子(インテリア) 取材・文/鈴木奈代 ※エクラ7月号掲載
関連記事
  • 暖冬とはいえ、とある寒い日にmartiniqueの2020春夏予約会へお邪魔してきました少し前になりますが、maritiniqueの2020春夏受注会へ お邪魔してきました。 martiniqueブランドのラインが一同に拝見できる このイベント、とても楽しみにしています♪ まだまだ寒い日でしたが、 「Botanic Garden」をテーマに店内は春モード全開! 相変わらずステキなお洋服たちがズラリ★カタログもステキ!martinique別注のMacintoshコートや VASIC Bond mini、大草直子さんとコラボしたREDCARDのデニムも。目移りしながらもパッと目を引くスカートを予約してきました。 コーデに投入できる日が今から待ち遠しいです! martiniqueの皆さま、 お付き合いしてくれたウマキちゃん、 いつもありがとうございます♡ Instagram☞☞☞junshinoda美女組No.112junjunのブログ
  • 40代バイヤー等身大のリアルな姿をお届け!Vol.1 実際に着てみましたM7days軽やか羽織コート 40代になって、服選びで一番大切にしているのは「自分の身体によりそう服」である事。そんな私が試着して気に入ったアイテムだけをご紹介します!!   about M7days マキシ丈×マキシ丈がおすすめのコーディネート 流行のマキシ丈でさっと羽織るだけでお洒落が完成する一枚です。インナーもマキシ丈でまとめると、さらにこなれた印象になります。また、軽さとストレッチ性もあり、着心地もGOOD!UVカット、吸湿速乾、接触冷感にすぐれた生地を使用していて、機能性も抜群です。 M7days軽やか羽織コート¥27,000 + 税 ご購入画面へ   Point 01その名の通り、軽やか。 このショットは本当に風が吹いてきた時に撮った一枚。 薄軽素材が、春風に吹かれて揺れる姿がとっても素敵でした。 Point 02ウエストマークで「できる女」見え。 ウエストベルトをするだけで、きっちり感が増し、できる女度急上昇!!ウエストを絞った後も、皺になりにくいのが嬉しいポイント。 Point 03適度に力の抜けた大人の女 ウエストマークの時とは反対に肩の力の抜けた着こなしに。流行のビックシルエットで体型カバー力も抜群。着る人を選ばないデザインですね。   ここでしか買えない! M7days軽やか羽織コート¥27,000 + 税 ご購入画面へ     M7days一覧はこちら
  • 我ら、装飾男子! 藪から棒に失礼しました。これは、先のパリ メンズファッションウィークの取材をする中で、ふと頭によぎったフレーズです。長らくメンズファッションシーンを独占してきたストリートファッションから一転、エレガントなスタイルが注目を集めた来シーズン2020-21年秋冬のメンズコレクション。オートクチュールに着想を得た、キム・ジョーンズによるディオール。実験的なスペースエイジスタイルを蘇らせたラフ・シモンズ。エキセントリックを地でいくパロモ・スペイン。モードの復権と言わんばかりに華やかさを極めたクリエイションは、男子ならずともインスピレーションを掻き立てられるはずです。 時に、冒頭のフレーズに見覚えがあるという人は、かなりのモード通、というかオタクです。実はこの見出し、惜しまれながら2012年に休刊した伝説のメンズモード誌、『ヴォーグ オム ジャパン』の2009-10年秋冬号で使われていたもの。言うまでもなく、草食男子を元ネタにした造語である装飾男子。当時影響力を持っていたファッションキッズたちの出で立ち—スタッズのついたレザージャケット、スカートやハイヒールといったジェンダーレスなスタイル—を形容するのに、これ以上相応しい表現があるだろうかと感動したことを覚えています。 かくいう私も、学生時代は装飾男子を自称していました。大学に続く坂道を、15センチのプラットフォームシューズで登るのがどれだけ大変だったか。振り返ってみると、毎朝フルメイクを施すのに1時間以上かける情熱、もとい執念には、驚きを通り越して呆れてしまいます。言葉を変えると、当時の自分にとってファッションは生きがいであり、ある種周囲を威嚇するの鎧のようなものだったのです。 さて、そこから10年という月日が経ちました。令和の装飾男子に目を向けてみましょう。メンズビューティーのトレンドに後押しされ、最近ではファンデーションを塗っている男性は珍しいものではなくなりました。この連載の第1回で書いたように、クロスドレッサー (女装) ではなく、あくまでファッションの一環としてレッドリップを選ぶ人も、少数派ながら見かけます。ハイヒール、スカート、はたまたドレスまで、ウィメンズの洋服をスタイリングに取り入れることも、今やタブーではありません。 男性はこうあるべき、というジェンダーコードにとらわれず、自由にファッションを楽しむ姿は、一見平成の “それ” とシンクロします。しかし彼らの佇まいを見ていると、昔の自分とは何かが決定的に違う。感覚的にいえば、見た目は装飾男子でも、中身は草食男子のよう。たとえスパイクのついたバイカーブーツを履いていても、トゲトゲしい威圧感を感じないのです。 考えてもみれば、男性らしさと女性らしさという二元論がまかり通っていた時代のファッションが単純過ぎたたのかもしれません。そもそもデジタルカルチャーと共に育ってきた世代にとって、人と違う個性を持っていることは、そもそもハンディキャップではなく、アドバンテージなのでしょう。そして人と違う個性を持っている人の周りには、実社会の友人であれ、インスタグラムのフォロワーであれ、それを支持してくれるファンがいる。これまでカウンターカルチャーだった装飾男子が、ついにメインストリームへと生まれ変わったのです。 さて、この波に乗らざるは平成の装飾男子の名が廃る。ということで、まず手に入れたのがパールネックレス。話題の MIKIMOTO とコム デ ギャルソンのコラボレーションです。パリの展示会で見て以来、発売を心待ちにしていたこのコレクション。アコヤパールのシングルストランド (一連) ネックレスは、シルバーのチェーンと組み合わせることでデザイン性のみならず、長さを自在に変えられるという機能性まで叶えた逸品です。シンプルながら、その効果はてきめん。ベーシックなTシャツに合わせるだけで、ぐっとエレガントに、それでいてモダンにアップデートしてくれる、装飾男子の強い味方です。 そうだ、久々にハイヒールブーツを引っ張り出してみようかな。ロエベの秋冬で発表された、メンズ向けのドレスも早く見てみたいな。久々に到来した、自分の中のファッション熱に浮かされて、今夜も一人ファッションショーを繰り広げます。 >>インクルーシビティ礼賛、ゴルチエのラストショーに集った老若男女のミューズたち >>もう2年前の記事ですが、第1回目のコラムです。きれいなお兄さん、増えましたね〜。 >>ウィメンズの洋服も着こなす最強のメンズファッションアイコン、ティミー >>装飾男子の立役者といっても過言じゃない、現代のクィアアイコンたち マルク・ボアンと同じく、今回ディオールのメンズコレクションのインスピレーション源となったのは、伝説のスタイリストでありアーティストのジュディ・ブレイム。パンクムーブメントの寵児であった彼にオマージュを捧げ、DIYライクなアクセサリーがスタイリングに取り入れられました。メゾン マルジェラの “アーティザナル” オートクチュール ショーで、ひときわ目を引いたモデルのレオン・ダメ。“しゃなりしゃなり” とランウェイを練り歩く姿の美しいことといったら。スペイン発の気鋭ブランド、パロモ・スペイン。メンズに向けたドレスや、デコラティブなテーラリングを提案するアヴァンギャルドの一派。プリンスを彷彿とさせる、パールフリンジ付きのダブルブレストジャケットに一目惚れしました。ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトンも、秋冬はぐっとエレガントに。シックなテーラリングには、オートクチュール顔負けのエンブロイダリーを取り入れています。アンドロジナス (中性的) ファッションといえば、アン ドゥムルメステール。バレエ・リュスの振付師、ニジンスキーが手がけた作品『牧神の午後』をモチーフにした秋冬コレクションでは、妖艶な光沢を放つ柔らかな素材使いと、ギリシャ神話を彷彿とさせる月桂樹のジュエリーが目を引きました。レオン・ダメはアン・ドゥムルメステールでも大活躍。美しい容姿もさることながら、プロヴォカティブ (挑発的) なルックを自然に取り入れられる稀有な存在。これぞ装飾男子の鑑。ラフ・シモンズのショーはスペースエイジ一色。フィナーレでは、元祖装飾男子こと、デヴィッド・ボウイの『ライフ・オン・マーズ』が流れ、来場者を異世界のファンタジーへと誘います。話題の MIKIMOTO x コム デ ギャルソン。MIKIMOTO が誇る永遠の定番、白蝶真珠の一連ネックレスにひと捻り加えるだけで、ガラッと印象が変わります。実は普段コラボものには一切興味がないのですが、これだけは例外。発売日に銀座に走り、鼻息荒く手に入れてきました。眺めてるだけでもうっとりするような美しさ。
  • アラフォーの肌は洗い過ぎないが正解?? 混合肌の私が1年間実践してみました。ファンデを付けない方がいいという意見もあれば、つけた方がいいという意見もあったり、 日焼け止めは絶対! という意見もあれば、なるべくつけない方がいいという意見もあって……。 お肌のお手入れについて、どっちなの〜〜!!って思うことって多くありませんか?私は朝の洗顔について、洗顔料を使うべきか使わざるべきか、ずっと悩んでいました。(まるでハムレットのように!←大げさ) なぜなら母がずっとぬるま湯洗顔派だったから。 私は若い頃はニキビに悩まされ、今も乾燥するけど、油も出る混合肌で、 洗顔は欠かせないとも思っていたからです。 ですが、アラフォーにさしかかり、乾燥が気になり始めたのと、 美容系の知り合いがぬるま湯洗顔を断固推していたので、 「いっちょやってみるか〜」と昨年の年明けからぬるま湯洗顔に切り替えてみました。◾️ぬるま湯洗顔のメリットぬるま湯洗顔を始めてすぐに思ったのが「朝がとにかく楽!」ということ(笑)。 慌ただしい朝、石鹸を泡立てる必要もなく、ぱぱっと流すだけで洗顔が終了するのは、 何よりも代え難い魅力でした。 また、旅行の際など化粧品と泡立てネットの2つもアイテムが減りますし、 化粧品代も塵も積もれば山となる……でお得です。 気になるお肌の調子ですが、洗顔料あり→ぬるま湯洗顔に切り替えた時の私の印象としては、 特に変化はないという感じ。 このまま、ぬるま湯で貫くのもいいかなと思ったのですが……◾️やっぱり洗顔料を使いたくなる!コスメ好きということもあり、やっぱり新商品が出ると試してみたい気持ちがむくむくと。 洗顔料、特に石鹸って可愛いものが多くないですか? お土産で貰う頻度も多いです。私の場合はこの「Lu Ming Tang (ルーミンタン)」という石鹸が使ってみたくて、洗顔料を解禁しました。“上海在住のフランス人がオーガニック中国茶で作った化粧品”という実にミーハー心をくすぐるブランドなんです!!(笑)中の包装もお茶っぽくて可愛いじゃありませんか! 洗顔ネットがついているのも嬉しいです(残念ながら日本には未入荷。誰か輸入して!) 洗い上がりはスッキリまろやかな感じで、嫌なつっぱり感もありません。 しばらく続けることにしました。◾️で、結局ぬるま湯洗顔とどっちがいいの?久しぶりに洗顔料を使い始めて2週間。 洗顔料ありからなしに切り替えた時には気づかなかったのですが、私の場合は圧倒的に洗顔料ありの方がメイクが崩れにくいことに気が付きました!あとは毛穴の黒ずみも心なし、薄くなったような……。 あくまで私の感想ではありますが、結論「朝も洗顔料を使って顔を洗う」の勝利です。ただし、夜はダブル洗顔なしでメイクを落とせるものの方がいいと思っています。 (今は「FACE HALO」お試し中なので、そのあと洗顔料を使っていますが) メイク落としもお試し中なのでまた良いものがあったらご紹介しますね! 最後までお読みいただきありがとうございました❤︎ Hikari \ Instagramで日々の着こなしをご紹介しています/ 美女組No.172 Hikariのブログ
  • パーカー→TICCA/パッカブルマウンテンパーカー/¥39,000+税 ワンピース→M7days/バンドカラーとろみワンピース/¥19,000+税 パンプス→PELLICO/メタルフラットパンプス/¥49,000+税 バッグ→GIANNI CHIARINI/2WAYバッグ(ホワイト)/¥20,000+税 ピアス→IRIS47/vein layer pierce/¥12,000+税 うっかり寝坊した朝はデザイン性の高い「映え」ワンピースがお役立ち。きちんと感のあるバンドカラーと前開き仕様が羽織りスタイルも叶え、テイスト違いの着こなしも実現します。オシャレ指数をさらにアップさせるならメタリックパンプスで小さくエッジを効かせ、上品なモード感を演出して。 季節の変わり目をつなぐ羽織にはスポーティーさのあるマウンテンパーカーがおすすめ。今年らしいシルエットに更新し、シャカシャカ音のない大人仕様や微撥水機能付きで突然の悪天候にも対応してくれます。 週末のまとめ買いには両手が開き、クロスボディとしても持てる2WAYバッグが頼もしい味方!ペットボトルや長財布もすっぽり収まるサイズ感でストラップをはずせば上品なハンドバッグに。シーンレスに使え、女子ウケも間違いなし。
  • 土屋巴瑞季&鈴木友菜 W主演PART2『ノンストレスボトム着回し』連載開始!季節の変わり目は疲れがたまりやすいし、仕事にも変化が多くなる時期。少しでもストレスが軽減されるノンストレスな服を集めて新年度を乗りきって。2019年12月号の主人公たちが、再び着回し連載で活躍!パンツ派巴瑞季DAY1・新チーム始動。年下の彼とも順調♡なじみの先輩も、はじめましての同僚も集まった新チーム。稼働初日はみんなに話しかけてもらいやすいよう、見た目にもリラックス感のあるコーデで。ボーダーもテーパードやローファーと一緒ならお仕事服にアップデートできちゃう。さぁバリバリ仕事するぞ!ライム色スラックス¥2990/ユニクロ シアー地トレンチコート¥44000/ティースクエア プレスルーム(テラ) ボーダートップス¥9500/ビショップ(オーシバル) ローファー¥13500/ダイアナ 銀座本店 レザートートバッグ¥49000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 フープピアス¥13000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング)■巴瑞季’s PROFILE■27歳。IT企業のBtoB営業OL。営業は天職だと思っている。成績が認められ新しいチームのリーダーになり、服装もデニムとサンダル以外はOKとゆるくなった。カッコいい女性に憧れていて、シンプルなパンツスタイルが大好き。社内恋愛中の彼氏・ルカは4歳下♡スカート派友菜DAY1・新しい職場は実家の近く。次の目標は彼氏だ!まだ自分の車を買う余裕がないからお父さんの車を借りて通勤開始。車の中に運転用の靴をセットしておいて、出社時には好きな靴にはき替えるスタイル。初出社の今日はジャケット見えするCPOに、清潔感のある白のスカートとブーツを合わせて好印象を心がけて。進化系プリーツスカート¥34000/ショールーム セッション(アダワス) シャツジャケット¥13000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ブラウス¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 白ブーツ¥23500/ダイアナ 銀座本店 ミニショルダーバッグ¥13000/フリークス ストア渋谷(マルコ ビアンキーニ) ピアス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) ブレスレット(2本セット)¥2500/ジオン商事(スリーフォータイム) スカーフ¥12000/フラッパーズ(マニプリ)■友菜’s PROFILE■27歳。金融関連会社の御茶ノ水支店で働いていたが東京に疲れ、実家から近い系列会社に異動希望を提出、3月から配属に。実家・埼玉の熊谷に戻り、車通勤&服装自由になった。甘めカジュアルが好きで365日スカート。結婚願望はあるが彼氏ができず、婚活中。パンツ派巴瑞季の着回しワードローブ春を始める4つの新しいノンストレスパンツA.リネン混パンツ同素材のジャケットとセットアップにできる。素材にやや厚みがあるからインナーがひびきにくく安心感あり。¥7900/KBF ラフォーレ原宿店★ノンストレスポイント・リネン混だから通気性がよく蒸れない・リネン100%ではないのでしわになりにくいB.ベルト付きセミワイドパンツピンクがかったテラコッタで春らしく着られる一枚。歩くたびに裾が揺れてエレガントさもあり。¥11000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス)★ノンストレスポイント・ウエストの後ろがゴムで圧迫感が少ない・素材が軽く足さばきがいいC.ライム色スラックス今年の気分を詰め込んだライムグリーンカラー。風合いのある素材は、きれいめになりすぎず着回しやすい。ウエストゴムなのも◎。¥2990/ユニクロ★ノンストレスポイント・横にも上下にも伸びるストレッチ・ほとんどしわにならないD.テーパードパンツベーシックな黒テーパードと見せかけて実はドロスト。ウエストのひものカジュアル感が、今のトレンドにぴったりで、新しい。¥4990/キャン(テチチテラス)★ノンストレスポイント・ウエストの圧迫感を自分で調整できる・とろみ素材だから肌ざわりなめらか「ノンストレスパンツ」以外はこのアイテム!アウター&トップス E.シアー地トレンチコート透け感のあるナイロン素材のトレンチコート。軽くて着心地が楽。¥44000/ティースクエア プレスルーム(テラ) F.リネン混ジャケットトラッドにも振れるダブルボタン。通勤にジャケット必須な人もおしゃれが手に入る。¥8500/KBF ラフォーレ原宿店G.カーディガンダスティブルーと体にフィットするシルエットの具合が絶妙なのはさすがのニットブランド。¥32000/スローン H.ボウタイブラウスボウタイは取りはずし可能。ウエストベルトに転用もできる3way。¥19000/ジオン商事(ドレスレイブ) I.リボン付きブラウス透け感のある素材だから黒でも重く見えない 。(インナー、共布リボンつき)¥22000/ルーニィ J.ボーダートップスクラシカルな白×黒のボーダーのほうがほっこり見えない。ボートネックが女らしい。¥9500/ビショップ(オーシバル) K.フーディビッグシルエットが◎。¥18000/ルーニィ L.カシュクールワンピースはおりにも。¥39000/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店靴&バッグ a.パンプス パンツを格段に女らしくしてくれるポインテッドパンプス。表革でなくスエードで、なおかつなじませカラーが正解。¥14500/ダイアナ 銀座本店 b.ローファー ローファーは高級感の出るビットつきでコーデを格上げ。全体が寂しい時もアクセサリー的な役割を果たしてくれる。¥13500/ダイアナ 銀座本店 c.バレエ靴 白い靴トレンドはバレエシューズにも。どんな服にもしっくり。今買うべき、何にでも合う靴は、黒より断然白。¥15000/オデット エ オディール 新宿店 d.レザートートバッグ 書類やPCを入れるトートバッグは遊び心のあるメタリックカラーを。シルバーは白やグレーの感覚で使える。¥49000/ジャンニ キアリーニ 表参道店 e.ミニショルダーバッグ 金具つきのミニバッグ。モノトーン系の服が多い人は、こんなベージュを持っていると便利。¥18000/ジネス ペリエ千葉店(ジャンニ ノターロ) f.かごトートバッグ かごバッグも黒なら悪目立ちせず、服装を気にしなくていい仕事の日にも投入できちゃう。¥14100/ゲストリスト(パロロサ/ハウント代官山)小物 g.メガネ 黒縁メガネはコーデが寂しい日のいいアクセントに。¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ h.フープピアス パールつきで上品さを醸しだしてくれる。¥13000/フラッパーズ(シャルロット ウーニング) i.樹脂イヤリング べっこう風の揺れるモチーフ。クリアだから見た目にもリラックス感あり。¥6800/ルーニィ j.ブレスレット チェーンブレスレットは時計と重ねづけしても素敵。¥6000/フォーティーン ショールーム(インムード) k.時計 フェイスが丸くても黒ベルトで辛口に。¥19000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(モックバーグ) l.ベルト 留め具のないレザーベルト。ベルト穴に通したり、トップスの上に巻いたり。¥9000/フラッパーズ(レフィエ) m.スカーフ 華やかさに加えて爽快感も足せる配色が、春夏にぴったり。¥12000/フラッパーズ(マニプリ)スカート派友菜の着回しワードローブ春を始める4つの新しいノンストレススカートA.進化系プリーツスカート引き続き旬のプリーツは、変わり種を選んで新鮮に。やさしいオフホワイトのプリーツ幅が広いタイプが◎。¥34000/ショールーム セッション(アダワス)★ノンストレスポイント・ウエスト全体がゴムで圧迫されない・軽い素材と揺れるプリーツが気持ちいいB.リネン混スカートややくすんだライムイエローだから子供っぽくならずに着られるのがうれしい。タイトもマキシ丈が旬。¥12000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス)★ノンストレスポイント・リネン混で通気性がいい・ラップなのでタイトでも足さばきがいいC.サテンスカートほんのり末広がりのマーメイドシルエットかつマキシ丈が今っぽさのもと。青みがかったピンクがカジュアル服と好相性。¥7000/KBF+ 新宿ミロード店★ノンストレスポイント・肌ざわりのいいツヤツヤの生地・視界に入るきれい色に気分が上がるD.小花柄シフォンスカート花弁のような柄だからガーリーにならず、辛口派の人でも着こなしやすい。白×黒配色も着回しやすさのポイント。¥18000/ゲストリスト(リトラル)★ノンストレスポイント・ウエストの後ろがゴムで圧迫感が少ない・とろみ素材で肌ざわりが心地よい「ノンストレススカート」以外はこのアイテム!アウター&トップス E.マウンテンパーカ スカートのどの色にも合うグレーは、女性らしさだってキープ。¥54000/UTS PR(ジェーン スミス) F.シャツジャケット 前の開閉で印象が変わって着回しに便利。¥13000/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) G.ロングカーディガン ワンピースとしても、カーディガンとしても。サイドスリット入り。¥19000/フレイ アイディーH.なじませカラーのベージュで。 ¥8900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店 I.旬の透けシャツはきちんと感と色気を両立。一枚持っておきたい。 ¥18000/ジオン商事(ティテインザストア) J.こちらも透け感のあるニット。 ¥11000/ルーニィ K.カジュアル感をプラス。 ¥13000/UTS PR(ジェーン スミス×マイク オマリー©) L.知的で好印象に。 ¥5900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店靴&バッグ a.ストラップ付きパンプス ストラップの存在がレトロで可愛く、品のよさも醸しだしてくれる。太ヒールだから歩きやすく、通勤の強い味方。¥14500/ダイアナ 銀座本店 b.フラットパンプス ロングスカートに合わせるポインテッドパンプスは色っぽくなりすぎないフラットがちょうどいい。¥18000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) c.白ブーツ トレンドの白いブーツは春こそ活用したい。スカートをカジュアルダウンさせてくれるし、コーディネートが新鮮に。¥23500/ダイアナ 銀座本店 d.トートバッグ 異素材MIXなうえ、バイカラーだから、どんな服にもしっくり。いろんな予定に便利なサイズ。¥29000/ジオン商事(ドレスレイブ/ノヴィア) e.ミニショルダーバッグ スクエアのフォルムと黒レザーが甘いスカートコーデの引締め役になってくれる。¥13000/フリークス ストア渋谷(マルコ ビアンキーニ) f.クリアバッグ 持つだけで春らしさが漂うPVCバッグ。スタッズの飾りつきだから、色はやさしげな白をセレクト。¥21800/ショールーム セッション(ヤーキ)小物 g.イヤリング 服がカジュアルだからゴールドのイヤリングで女性らしく。¥2273/サードオフィス(ROOM) h.ピアス 揺れるクリアパーツが涼しげ。顔まわりがパッと華やかに。¥1900/サンポークリエイト(アネモネ) i.ネックレス ロングネックレスはトレンド急上昇中。¥24000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) j.ブレスレット バラでも使えるおしゃれ対応力。(2本セット)¥2500/ジオン商事(スリーフォータイム) k.時計 スクエアのフェイスがコーディネートをさりげなく辛口に。¥12900/ズーマ(クルース) l.ベルト トップスやシャツワンピの上から締めると途端に女性らしく。¥11000/フラッパーズ(レフィエ) m.スカーフ スカートやトップスとケンカしないグリーンベースのスカーフを。¥12000/フラッパーズ(マニプリ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE/モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini./巴瑞季分) 間 隆行(Lila/友菜分) モデル/土屋巴瑞季 鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 撮影協力/(株)フォーデジット bonjour records 代官山店 酔の助 神保町本店 野方ホープ 原宿店 EASE アワビーズ UTUWA TITLES
  • 3月、4月は子供が主役のハレの日も多いエクラ世代。礼節を重んじるのは当然ながら、自分らしさや着心地、加えてその場での居心地に考慮したとっておきがあれば……。そんな母心にフィットするのは、女っぷりを上げる黒より清潔感があり、肌色を美しく見せるネイビーの服。母として臨席する責任を託せる、特別な一着を厳選してご紹介。【目次】 ・「アニオナ」のウールフランネル スーツ ・「エストネーション」のミニマル ノーカラースーツ ・「ルネ」のオリジナルツイード スーツ ・「レリアン」のボレロ風ワンピース ・「ヨーコ チャン」のパールつきセットアップ ・「マックスマーラ」の異素材ドッキングワンピース 「アニオナ」のウールフランネル スーツ一生ものにふさわしい素材、デザイン、品格 類を見ない原毛の細さでほかでは味わえない風合いをもち、シルクに似た上品な光沢を放つ最高級ウールを使用した「エターナルコレクション」のダブルブレスト。うっとりするほど美しく、驚くほど軽くて通年着用できる。袖口に並んだ4ボタンのうち、第2ボタンのみゴールドというこだわりもおしゃれ心をくすぐる。そろいのタイトスカートに同色のシルクブラウスで、ネイビーのもつ奥行きをたっぷり楽しみたい。ジャケット¥279,000・ブラウス¥135,000・スカート¥115,000/三喜商事(アニオナ) ピアス¥168,000・リング¥246,000/TASAKI バッグ¥549,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 「エストネーション」のミニマル ノーカラースーツ白いハイネックブラウスで清潔感のある柔らかさを 数々の名だたるメゾンでも採用されている、肉感を拾わないほどよい厚みとしわになりにくい合繊素材。ディテールを削ぎ落としたVネックジャケットは、フロントボタンがなく内側のタブボタンをとめるだけで絶妙なシルエットをキープできる。Vゾーンを彩るのは、2種類のシルクをブレンドした洗えるブラウスで、襟の高さとタック使いが絶妙。ミニマルな中に母らしい柔らかさを感じさせる着こなしに。ジャケット¥36,000・ブラウス¥23,000・スカート¥18,000(3点ともエストネーション)・靴¥32,000(ロランス)/以上エストネーション 「ルネ」のオリジナルツイード スーツ表情豊かなツイードに気品漂う華やかさをオン リボンヤーンを織り込んだ、ふっくらと張りのあるフランス製のツイードを、スワロフスキーやコサージュで飾ったノーカラースーツ。控えめながら凝った素材やディテールが、ハレの日にぴったり。国内でていねいに仕立てられた日本人女性の体型に合うシルエットが体に自然と添い、フェミニンなイメージで着こなせる。スーツ(コサージュつき)¥120,000・ブラウス(3月中旬以降発売予定)¥25,000/ルネ イヤリング¥260,000・リング¥270,000/和光 バッグ¥250,000/ストラスブルゴ 「レリアン」のボレロ風ワンピース一枚できちんと感を簡単に演出 緊張度の高い場所でも臆せず、コーディネートを気にせず着用できるワンピースを、という人にすすめたいのがこちら。自然なウエストシェイプが効いたつかず離れずのシルエットに、短丈袖のボレロをはおったように見えるフロント。クチュール感が漂うデザインながら、ポリエステル×ポリウレタンでストレッチ性に富み、ウォッシャブルでしわになりにくいといいことずくめ。ワンピース¥61,000/レリアン お客様相談室 イヤリング¥260,000・バッグ¥110,000/和光 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 「ヨーコ チャン」のパールつきセットアップパンツスタイルにも似合うパールつきのアイコントップス オリジナルの大粒パールをあしらったカーヴィーな立体感が美しいブラウスに、膝丈のスカートを合わせて。フォーマル感のある厚手のストレッチ素材と印象的なデザインで、ジャケットをはおらずに凛としたスタイルが完成するのも魅力的。目的しだいでは前後差のあるデザインを生かして、パンツとコーディネートしても素敵。パールつきブラウス¥43,000・スカート¥38,000/ YOKO CHAN リング¥270,000/和光 バッグ¥126,000/リシュモンジャパン セラピアン(セラピアン) 「マックスマーラ」の異素材ドッキングワンピースとろみブラウスと表情豊かなツイードで着映えを約束! もたつきなどのストレスを感じず、快適に着用できるところがコーディネート見えするワンピースの長所。ボウタイブラウス部分はシルク、スカートはツイードとどちらも表情豊かな素材同士の組み合わせは、おしゃれ感も格別。まだ肌寒い早春には、ブランドを代表する上質なカシミヤを使ったネイビーのコートを。ワンピース¥118,000・手に持ったコート(新宿伊勢丹店限定)¥592,000・バッグ¥158,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥247,000/TASAKI
  • MORE若手スタイリスト仲よし4人組 JAAMの「これ、いいよ!」MOREで活躍中の若手仲良しスタイリスト4人が集結! J(松村純子)、A(高野麻子)、A(石田 綾)、M(辻村真理)が、モア世代に近い目線で、見逃し厳禁なアイテムを紹介していきます♡今月は…… 高野麻子さんデニム、フーディ、スニーカーなどカジュアルなアイテムを、女性らしく取り入れるバランスのいいスタイリングが得意。3匹の可愛いネコちゃんが登場するインスタ(@asako_tkn)も要チェック!“私らしく”いられる新ブランド『ラート』『アーバンリサーチ』発の新ブランドは、着たい服を着る自立した女性がコンセプト。「前にスリットを入れたパンツや、後ろが長くなったシャツなどうれしいディテールがつまってるんです」(高野さん、以下同)シャツ¥12000・パンツ¥13000/アーバンリサーチ プレスルーム(ラート)『マリハ』の憧れジュエリーが手にしやすく♡「お値段控えめのシルバーラインが登場。私もネックレスを狙ってます!」ピアス¥21000・ネックレス¥20000・レインボームーンストーンリング(白)¥75000・アメシストリング(紫)¥36000・ラリマーリング(青)¥58000/ショールーム セッション(マリハ)『マーレット』はティアードドレス以外も素敵♡「ドレスの印象が強いブランドだけど、今季はブラウスなど別のアイテムも注目。ドレスだったらこんなキャミタイプが新鮮。どれも乙女心をつかむツボを押さえていて、やられた! って感じです」ワンピース¥96000・ブラウス¥56000/サザビーリーグ(マーレット)春から欲しい大人配色サンダル人気のカラー別注はアッパーとヒールの配色が絶妙。「今季注目のサンダルはトングタイプ。気が早いけどこのキャッチーさだから、暖かい日にさっそくはきたくなる。絶対にゲットしたいしね!」各¥25000/オデット エ オディール 新宿店(ファビオ ルスコーニ)もっと気軽に使えるスカーフ『マニプリ』のコラボアイテム。バンダナ柄のカジュアルさと、スカーフの上品な生地感が見事にミックス。「ありそうでなかったこの感じ。すごく使いやすいからスカーフが苦手な人でも合わせやすいと思いますよ!」各¥12000/ビショップ(オーシバル×マニプリ)大人の女性に寄り添う心地よさ仏語の“月光”に由来する新ブランドは、月の満ち欠けのように女性の体の変化に寄り添う服を提案。「コットンレースのブラウスに、さりげないフレアのワンピ、やわらかな印象がはじめましてや大事なシーンにもぴったり」ブラウス¥21000・ワンピース¥25000/カデュネきれいめスポーティしちゃう?『チャンピオン』から実用性とデザイン性を融合した新コレクションが。「シルエットの美しさにホレボレするプリーツスカート。ウエストにさりげなくおなじみのロゴを発見♪」¥11800/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(チャンピオン ブラック エディション) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/坂田幸一 スタイリスト/高野麻子
関連キーワード

RECOMMEND