まるで“アメリカのドラマ”のよう!味わいもチャーミングなスパークリングワイン【飲むんだったら、イケてるワイン】

Web eclat

子供のころに見たアメリカのドラマみたい。味わいもチャーミングなスパークリング

WAGNER FAMILY OF WINE(ワグナー・ファミリー・オブ・ワイン)

コナンドラム ブラン・ド・ブラン 2017

キュートなルックスにひと目惚れ。カリフォルニアのスパークリングワインと聞いて、子供のころに見たアメリカンホームドラマのヒロインを思い出した。“お鼻ピクピク”の魔法でケーキを出現させて、素敵なパーティシーンのできあがり。鮮やかな水色は彼女が着ていたドレスを思わせ、どこかノスタルジックな空気感をまとっている。

「コナンドラム ブラン・ド・ブラン2017」の造り手は、家族経営ワイナリーとして成功を収めた「ワグナー・ファミリー・オブ・ワイン」のチャック・ワグナー氏。両親は果樹園を経営していたが、趣味で造っていたワインが人気となり、全財産を投じてワイナリーに転身した。ワグナー氏は少年時代から懸命に両親を支え、跡を継いでからは会社を大きく発展させた、まさに“アメリカンドリーム”を地でいく人物。

すばらしいのはその味わいで、辛口なのに果実のニュアンスがどこかスイート。キレがよく、甘さが残らないのも潔い。フローラルな香りとフレッシュな酸味も心地よく、ちょっと暑い日の午後に開けたくなる。

ガーリー気分を刺激するワインには、カップケーキなどのお菓子を合わせてみたい。それも、とびきりかわいいものを選んで“大人女子会”で盛り上がりたい。いつもはどこかに隠れている“自分の中の女の子”も一緒に。
ヴィオニエやシュナン・ブラン、ピノ・グリなどのアロマティックな白ブドウ品種を使用。レモンジャムのニュアンス。「コナンドラム」とは”謎”や”パズル”の意でブレンド比率は非公開。魚介類との相性は抜群。夏は冷しゃぶにも。750㎖ ¥3,500/エノテカ
教えてくれたのは……
あんざい きみこ●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。
撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 文/安齋喜美子 ※エクラ2019年8月号掲載
関連記事
  • ということで、ずっと欲しかったVCAのオニキスを今年の誕生日プレゼントに。 マザーオブパールはもう持っているので、二つ目ですが、雰囲気がガラッと変わるので全く違ったジュエリーみたい。 最近ずっとつけてます。 先日行ったサントロペでもずっとつけてました。海にも似合うのです。 いつもつけててニマニマしちゃいます。 30代になって、少しずつお洋服よりも小物に目がいくようになりました。 バッグ、靴、ジュエリー。 10年以上、長く使えていつか私の子供とかに譲れるような素敵な思い出の詰まった小物たちを少しずつ集めていきたいなと思います。
  • 福岡に行ったときはとても暑くて暑くて、休憩がてら冷たいもの求めてカフェやアイスクリームなどたくさん食べていましたw 福岡・久留米の特産品をジェラートにしたジェラート専門店KURUMEジェラートミルク あまおうあまおう苺の甘酸っぱさとミルクの濃厚でなめらかな味わいがマッチ! お持ち帰り用 ジェラートも豊富どれもおいしそうだったので、食べたい分はお持ち帰りしました 搾りたて久留米ミルク 広川産の桃 星野産の抹茶 生チョコ あまおうシャーベット マンゴーシャーベット とくに久留米ミルクがオススメ! ミルク感が濃厚で、だけどさっぱりしているからどんどんスプーンが進んじゃってあっという間に食べてしまう。 KURUMEジェラートさんの店舗は、ランチをいただいたcoffeecountry/マツノブデリさんのお店からとても近くにあります。 ぜひ合わせて訪れてみてくださいね~ モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • 美賢者たちのとっておきの美容ケアとは? 使用後は思わず自分に惚れ直すというボディミルクや、唇をやさしく磨くフルーツジャムのスクラブなど、美容のプロこだわりのアイテムはまさに今の時期にぴったり! お答えいただいたのは… 長田杏奈さん(美容ライター)、山崎敦子さん(美容ライター)、中島 彩さん(美容ライター) 【長田’sベスト】 ロクシタンジャポン デリシャス&フルーティー リップスクラブ 角質をオフして保湿。(上から)マーマレードキス・ラズベリークラッシュ 11㎖ 各¥2800 完熟フルーツジャムでデリシャスリップに変身賞 「ラズベリーにマーマレード。思わず食べたくなるフルーツのジャムでやさしく唇を磨く感覚。カサカサにくすんだ唇も何も塗らなくてもいいのでは?と思える自信のデリシャスリップに早変わり」(美容ライター 長田杏奈さん) 【山崎&中島’sベスト】 フローラノーティス ジルスチュアート センシュアルジャスミン ボディミルク ほてった肌にも心地よい、みずみずしいテクスチャーのミルク。夏に似合う軽やかな甘さ。200㎖ ¥4500 うぬぼれ上等!女の誇りを取り戻すで賞 「甘いのに凜としていて、フェミニンなのにすがすがしい。一日の終わりに誇りを取り戻しつつ癒される」(美容ライター 山崎敦子さん)「ジャスミンの色気にみずみずしいグリーンノートのさわやかさを添えた香り。オンオフ問わず使え、自分に惚れ直す」(美容ライター 中島 彩さん) 撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年8月号掲載
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 渡辺直美がプロデュースするシュウ ウエムラのコラボレーションコレクション「naomi for shu uemura」が7月20日(土)より、販売がスタート。 7月16日(火)には、第2弾を祝し記念イベント「naomi for shu uemura エクスクルーシブプレゼンテーション」が開催された。 暗転したステージに、オリジナルで製作したという赤いドレスに身を包んだ渡辺直美本人が登場。オープニングパフォーマンスを披露し、会場を沸かせた。 また、ステージ上では、第二弾のコラボ製品に込めた思いや最近のメイクの気分についてなどを、ファシリテーターからの質問に答えながら語った コラボ第二弾のテーマは? 「直美の“naomi”と“now me”をかけ、毎日を大切に生きる全ての人が、自分らしく自信を持って前に進めるように、という思いを込めました」。 第一弾の反響と、今回の意気込みについて 「ありがたいことに第一弾のコラボは、周囲から多くの嬉しい反響を頂きました。この第二弾は(メイクを通して)みなさんに"今の自分”を楽しんでもらいたいですね。異なるカラーのアイテムを自分の気分に合わせて選んだり、挑戦したことのない色にチャレンジしてみたり、色々な楽しみ方を探していただきたいです」。 リップのこだわりは? 「今回は2種の赤リップに挑戦しました。一つはどの年代でも使えるカシス系のレッドの『アテンション スティーラー』。『ナンバーワン』は、深みのあるレッドにゴールドのグリッターを合わせ、大人っぽく使えるものにしてみました。遠くから見ると大胆なカラーですが、近くで見るとラメが光って美しいので、接近戦にももってこいです(笑)」。 ほかにもおすすめはありますか? 「ビジネスシーンでも使える落ち着いたピンク『サイレント クラッシャー』もおすすめしたいカラーです。また、第一弾に引き続いて、くすみ系のオレンジも登場しますが、第二弾の『アンフォロワー』は黄みを強くして夏らしく爽やかに仕上げました」。さらに、今回のコレクションではチークカラーが初登場。夏のカラフルなアイメイクにも合わせやすいカラーとなっているのでお見逃しなく! シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッドBG 01 ¥3,200、シュウ ウエムラ グローオンF ソフト コーラル ¥2,500(レフィル)、カスタム ケース Ⅱ ¥700 シュウ ウエムラと渡辺直美のコラボ第二弾! 塗る人の個性をスパークさせるリップ&チーク
  • ノンノインタビュー 堀田真由ブルゾン¥45000・Tシャツドレス¥27000/ビューティフルピープル 銀座三越(beautiful people)ファッションの匂いがする女優さんになりたいインスタにアップする衣装や私服が可愛いと話題に。堀田真由さんは、今、絶対に知っておくべき注目女優だ。 「役者さんなのに“ファッションの匂いがする”って、なんかすごくいいなという個人的な思いがあって。憧れの女優の仲里依紗さんみたいに、『この人といえばこういうファッションだよね』っていうイメージを持ってもらいたいんです」  実は芸能界に憧れたのも、最初は「ファッション誌のモデルになりたい」と思ったことがキッカケだったとか。 「小学生の頃からお洋服が好きで、次の日に着ていく服を絶対に鏡の前でチェックして『よし、オッケー!』みたいな(笑)。ノンノさんも読んでいたので、今回の撮影が決まった時はガッツポーズしちゃいました。ただ、それは堀田真由として出させてもらう時だけ。役を演じる時は可愛いと思われなくてもいいんです。トップスをインしたほうが可愛くても、『アウトにしたほうがヤボったくて役に合うと思います』とか、自分から提案させていただくこともあります」 Q これまで挑戦してきたファッションは? ひと通りやってきたかも(笑) 小学校の頃はギャル系、中学生でラブリー系にいき、高校生の時は裏原系に。今はやっと落ち着いて、ちょっと大人っぽくて女性らしい、きれいめファッションに目覚めました。  今年公開される映画が5本控えるなど大忙しの堀田さん。最新作は漫才師を目指す高校生の青春を描いたドラマ『べしゃり暮らし』。間宮祥太朗さん扮する主人公・圭右の幼なじみの奈々を演じる。 「高校時代は自分の夢を追いかけ始めた時期だったので、幼なじみのそばで支え続ける奈々はすごくけなげだなと思いました。演出をされる劇団ひとりさんは、『言いづらかったら自分の言葉に変えて結構です』と役者に寄り添ってくださるので、割と現場ではアドリブが多いんです。主演の間宮さんと渡辺大知さんも、普段の会話から漫才みたいなので、とにかく現場が楽しくて。お二人のよさが、そのまま役に生かされていると思います!」 Q 「自分は関西人だな」と思う瞬間はある? 吉本新喜劇で育ちました! 土曜日のお昼は吉本新喜劇をテレビで見るのがルーティン。特に辻本茂雄さんが大好きで、テレビ局ですれ違った時に「茂造じいさんだ〜♡ 」ってドキドキしちゃいました(笑)。 P r o f i l e●ほった まゆ 1998年4月2日生まれ、滋賀県出身。2015年に女優デビュー。ドラマ『チア☆ダン』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』など話題作に出演。待機作に映画『かぐや様は告らせたい』(9月6日公開)、『超・少年探偵団NEO -Beginning-』(10月25日公開)など。『べしゃり暮らし』 『ROOKIES』などで知られる森田まさのりの人気コミックをドラマ化。学校一笑いに貪欲な上妻圭右(間宮祥太朗)は、元プロの芸人だった転校生の辻本潤(渡辺大知)と出会い、プロの漫才師を目指す。堀田さんは圭右の理解者であり幼なじみの土屋奈々を演じる。● 7月27日(土)スタート。毎週土曜23時15分〜(テレビ朝日系)撮影/斎藤大嗣 ヘア&メイク/間篠美歩 スタイリスト/山本隆司 取材・原文/松山梢 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • 本格的な暑さがやってくる前に、気温の変化に対応できる着回しのきく”涼感ワンピース”を集めてみました。 暑い日は1枚でさらっと、肌寒い日は下にパンツやレギンスを合わせて、夏の着こなしをいろいろと楽しんでください。     シンプルな着こなしで魅力がきわだつ、すっきりVネックのゆるワンピース fog/リネン Vネックワンピース/¥18,200+税 ウエストに細かくランダムなタックを入れることで、腰から下がふんわり広がる甘口シルエットに。顔まわりをシャープに見せる絶妙なあきのVネックや、ひじが隠れる長めの袖、ふくらはぎをおおうロング丈などが、気になる部分をナチュラルにカバーします。全体的にゆるりとした締めつけ感のないデザインなので、風通しのよさは言うことなし。レイヤードせずとも十分さまになるから、暑い夏にはうってつけです。ぺたんこ靴を合わせて、ごくシンプルに着るのがおすすめ。両サイドに何かと便利なスラッシュポケット付き       ふんわり袖、スッと落ちるライン、涼やかな風合い。リネン混素材の魅力を生かしたバンドカラーデザイン 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】リネン混シャツワンピース/¥16,800+税 適度なハリと光沢感を持つ、リネン×レーヨンの混紡生地を使ったシャツワンピース。すっきりとした比翼仕立てのバンドカラーが、肩に入れた立体的なタックや袖のボリューム、やわらかな落ち感を引き立てます。抜け感と足さばきのよさが増すサイドスリットは、一枚で着ても安心な絶妙な深さ。サイドシームに沿って大きめのスリットポケットもセットし、利便性を高めました。グレーっぽいトーンのシャンブレーブラックと、シャープさのあるネイビーの全2色。       夏らしいさわやかな色合いのチェックと絶妙な腰高デザインにくぎづけ GYMPHLEX/チェックワンピース/¥15,800+税 夏の日差しに似合うマドラスチェックのノースリーブワンピは、さらっと軽い薄手コットン素材。内側にゴムを入れた、やや高めのウエスト切り替えで、スタイルアップにきく腰高バランスを演出します。きれいなフレアラインを描くスカート部分が、着る人の上品さを引き立てるデザイン。     体がきれいに見えるシルエット&上品な揺れ感で日常にもきちんとシーンにも華やぐ一枚 12closet/【石上美津江さんコラボ】【洗える】Vネックフレアワンピース/¥16,800+税 やや深めのVネックと、折り返し可能なスリット入りの八分袖で、上半身の抜け感&華奢さをアピール。腰位置の高さを印象づける切り替えからたっぷりとドレープを施し、理想的なXシルエットを実現しました。洗いをかけてやわらかな風合いに仕上げたリネン風の生地は、軽くてサラサラとした肌ざわり。揺らめく様子が思わず目に留まります。ウエストのドローコードはキュッと絞ってメリハリをつけても、そのままラフに垂らしても◎。色は素肌の美しさがきわだつ旬のテラコッタと、万能なブラック。こちらも両サイドにポケット付きです。       腰高と脚長効果が期待できるフィット&フレアなワンピース 12closet/【優木まおみさんコラボ】【洗える】綿ローンワンピース/¥17,800+税 女性らしくコンパクトに映る肩まわりに、高め位置でキュッと絞られたギャザーゴムのウエスト、そこからふんわりと広がるAライン。腰高と脚長効果が期待できるフィット&フレアなワンピースを、優しげなラベンダーと清涼感のある明るいネイビーでつくりました。生地はさらりとした通気性のよい肌触りと、高級感のある風合いが魅力の綿ローン。2枚重ねにしているのでインナーの透けが気になりません。また階段の昇降を妨げない、絶妙なミモレ丈もポイントです。       一枚で、ボトムを重ねて、ベルトなしで。アレンジ次第で表情が変わる活躍ワンピ Lee/サーマルロングワンピース/¥7,500+税 凹凸のあるサーマル素材のIラインワンピは、両サイドに深めのスリット入り。さらっと一枚で着るほか、レギンスやデニム、ロングスカートとの重ね着も楽しめます。細い紐ベルトは後ろで結んでも◎ 右袖にロゴのワンポイント入り。左肩には着脱しやすいスナップボタンが。     着丈+8センチの別注モデルは着映え力も今っぽさもいうことなし! ne Quittez pas/コットンボイルストリングドレス/¥18,000+税 ごく薄手のコットンボイルを2枚重ねで仕立てたサマードレスは、これからの季節に最適なふわりと軽い着心地が魅力。すっきり着映えるVネック&ノースリーブの上半身と、切り替え部分にハシゴレースをあしらった分量感のあるティアードスカートがバランスよく調和。ウエストの両サイドを、ドローストリングで調節できる作りも見逃せません。大人に似合うロング丈が手に入るのはLEEマルシェだけ!     風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。       LEEマルシェで是非お気に入りの夏のワンピースを見つけてください!     LEE8月号デジタルカタログはこちらよりご覧いただけます!  
関連キーワード

RECOMMEND