味もビジュアルもよし。夏の晩酌を華やかに彩る「主役級おつまみと薬草酒」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.「湖水地方牧場」の
湖水地方のモッツァレラチーズ


豊かな海岸生態系を誇る十勝海岸湖沼郡で、自然主義リゾート開発を進めながら酪農に取り組む「湖水地方牧場」。湿原で育つイタリア水牛とブラウンスイス牛、2種の乳を季節に応じて使い分けて作るモッツァレラチーズは、ミルキーな風味の中にフレッシュさとコクが感じられる。

100g ¥1,600
●北海道中川郡幕別町忠類晩成47の1
order@wetlands.jp(問い合わせはメールで) 
http://www.sansui-villa.com
2.「サルメリア69」の生ハム&
「ファームピープル」のマンゴー


高級レストランにも広がりつつある切りたて、極薄の生ハム。新町賀信さんは、そのおいしさを広めてきた先駆者だ。味わい方の提案も楽しく、夏のイチ押しは完熟マンゴーとの組み合わせ。口の中でとろける脂にマンゴーの熟れた甘味が重なり合う。

生ハム100g ¥2,200(税込) 
●東京都調布市入間町3の9の11 
☎03・6411・9496 
http://www.salumeria-69.com/


冬はマイナス30℃まで気温が下がる北海道弟子屈町産の完熟マンゴー“摩周湖の夕日”。カルデラが生み出す温泉地熱を活用し温室栽培する。年に3回の収穫のうちの1回が8月。甘味が豊かでえぐみがなく、食感はなめらか。宮崎や沖縄産の最高品質品と渡り合える味だ。

マンゴー1個(319〜349g)¥1,600
●北海道川上郡弟子屈町字鐺別原野41線西32の1 
☎0154・21・7371
3.「オーボンヴュータン」のシャルキュトリー


フランス菓子の名店がシャルキュトリーの販売を始めたのは4年前。河田力也シェフは、パリ、リヨン、バスクなどの専門店で修業した経験をもつ。脂身より赤身の味で選んだ豚肉で作るパテやテリーヌは常時約25種。肉の味がしっかりと感じられ、塩気と香り、食感のバランスにワインがすすむ。

100g ¥460~ 
●東京都世田谷区等々力2の1の3 
☎ 03・3703・8428 
http://aubonvieuxtemps.jp/
4.「山田農場チーズ工房」のシェーブル&
「三良坂フロマージュ」のフロマージュ・ド・みらさか


(写真右:「山田農場チーズ工房」)家族経営の小規模農場・工房ながら、国産チーズ界注目の生産者。牧草など地元でとれるものだけで山羊と羊を放牧飼育し、乳は加熱殺菌せず、自生の乳酸菌や酵母のカビで発酵させる。動物や植物、微生物まで土地に生きる命で作るシェーブルタイプの「ガロ」。複雑味とさわやかな酸味が格別。

80g~ ¥800(税込) 
●北海道亀田郡七飯町上軍川900の1 
☎0138・67・2133 
http://yamadanoujou.blog.fc2.com/


(写真左:「三良坂フロマージュ」)山で家畜を放牧飼育する「山地酪農」で育てた牛、山羊の乳をベースに、ミルクの味が生きたバラエティ豊かなチーズを作るチーズ工房。柏の葉に包まれた熟成タイプのチーズの原材料は、ブラウンスイス牛の乳と塩のみ。柔らかな酸味があり、熟成が進むにつれて濃厚な味が出てくる。

約90g ¥1,000 
●広島県三次市三良坂町仁賀1617の1 
☎0824・44・2773 
https://m-fromage.com
5.「mitosaya 薬草園蒸留所」の薬草酒


オーナーは、書店『ユトレヒト』を立ち上げた江口宏志氏。房総半島中央部に残る広大な植物園の中に建てたクラフトディスティラリーは、ボタニカルブランデー蒸留所としては日本初と、話題づくしだ。敷地内で育つハーブや花、各地の果物などを原料に、これまでに仕込んだ蒸留酒は約50種。フレッシュな香り、余韻の長い味わいが印象に残る。フレグランスのようなボトルもグッドデザイン。

100㎖ ¥2,200~ 
●千葉県夷隅郡大多喜町大多喜486 
☎0470・64・6041 https://www.mitosaya.com/
大人の夏に必要なのは、上品な酸味! 全国のおいしいものを知りつくした食ライターやエディターが選んだ、夏にぴったりな“ブラン・ド・ブラン”をご紹介。
全国のおいしいものを知りつくした食ライターやエディターがたどりついた究極の「夏の美味」。今回は、いつもの朝食を華やかにしてくれる至極の一品をご紹介。食欲のない夏だからこそ、涼しい朝にホテルのような極上の味を楽しみたい。買っておくだけで、気分が上がること間違いなしです。
大人の贅沢な日常に欠かせないのは、季節ならではの味。全国のおいしいものを知りつくした食ライターやエディターがたどりついた究極の「夏の美味」をお届け。
大人の贅沢な日常に欠かせないのは、季節ならではの味。全国のおいしいものを知りつくした食ライターやエディターが選んだ、一度食べたら忘れられなくなる冷やしクッキーをご紹介。
食欲が減退しがちな時期、食べれば力がわくパワーフードをご紹介。肉、魚、蟹……など、見た目にもテンションが上がる美味がずらり。食卓を一気に華やかにしてくれますよ。
「上品な酸味」を楽しめる至極の逸品をご紹介。夏バテ予防&リフレッシュ効果も抜群。ただ酸っぱいだけじゃない、「おいしい酸味」をどうぞ!
全国のおいしいものを知りつくした「エクラうまいもの班」がこの夏一番のお気に入りを個人的にリコメンド!
撮影/木村 拓 スタイリスト/大畑純子 取材・文/北村美香 安齋喜美子 佐々木ケイ ※eclat8月号掲載
関連記事
  •  ホ・ヨンセンさんは、あまりにも有名なアイドルグループSS501出身。現在はソロで、ミニアルバムをリリースしたり、ドラマのOSTに参加、ミュージカルやドラマにも出演するなど、歌手、そして俳優としても活躍中です。また、SS501から派生したDouble S 301のリーダーも務めています。今回、韓国で4枚目となるミニアルバム「MOMENT」のリリースイベントで久しぶりに来日、この9月には、東京でのファンミーティングも予定しているので、ぜひその美声をライブで!インタビュー中も歌声と同じ優しい語り口で、何か魔法にかかったようにすっかり癒されたマリソルスタッフでした。●タイトル曲「Moment 」で、聴く人たちに伝えたいことは? ー人を好きだった時間、瞬間は誰にでもあると思うんです。この曲を聴いて、そんな良い美しい記憶、姿、追憶、愛についてを感じて欲しいです。聴いてくださる方々に気に入っていただけたらなと思っています。 ●MVも素敵ですね。 ーはい、監督さんがとても素敵に僕を撮ってくださったんで気に入っています(笑)。 ●2005年にデビューなさって今に至りますが、アーティストとして成長したなと感じるのはどんな時ですか? ー舞台で歌っている時に、歌に集中できたと感じる時ですね。 ●どんなアーティストでありたいですか?最高の褒め言葉とは? ーシンガーソングライターとして、僕の思い、話したいことを曲に溶かして、聴いてくださる方々に直接伝えたい。そんな歌手になりたいです。歌手なので、素敵な舞台でした、いい歌を歌ってくれてありがとうと言われるのがいちばん嬉しいです。 ●ドラマのOSTにもよく参加なさってますが、特に思い入れのある歌はありますか? ー「花より男子〜Boys Over Flowers」のOSTと、「君主〜仮面の主人〜」の”パラボギ(見つめる)”という曲が個人的に好きです。 ●最近よく聴いている国内外のアーティストはいますか? ーM.C THE MAXという韓国のアーティストの曲をよく聴いてます。日本人では米津玄師さんのLemonという曲が好きなので聴いています。 ●オススメのドラマや映画はありますか? ーいちばん最近見たドラマは「SKYキャッスル」です。オススメは、ちょっとまえの作品でもよければ、面白かったのは「トッケビ」。ハマってしまい、涙を流したくらいです(笑)。 ●これから挑戦してみたいことはありますか? ー先ほどもお話ししたんですが、シンガーソングライティングです。コンスタントに長く愛されるアーティストになるのが夢です。 ●苦手なことはありますか? ーファンの方々はすでにご存知かと思うんですが、高所恐怖症気味なので、遊園地の乗り物は大概ダメです(笑)。 ●人々が誤解していると思うヨンセンさんのイメージとは? ーひとつのイメージではなく、いろいろな姿をお見せしていると思うので、その全てが僕だと思います。なので、誤解されているイメージというのはないんじゃないかな。 ●最近プライベートで嬉しかったこと、思い出に残ったことは? ー最近友人たちと釜山に遊びに行ったんです。お酒をたくさん飲んだだけという思い出なんですが、とても楽しかったです。 ●プライベートで行ってみたいところはありますか? ー北海道です。雪を見ながら温泉っていうのに憧れているんです。 ●マリソル読者にオススメの韓国のスポットは? ーソウルなら漢江です。最近はテントを張ったりもできるんですよ。食べ物のデリバリーもできたりするので、オススメです。 ●日本に来たら必ず行くところや買うものはありますか? ーラーメンは必ず食べに行くのと、ヘパリーゼを買います(笑)。 ●これからの活動予定は? ー9月28日に東京でファンミーティングがあります。それから、次のアルバムの準備もしているので、楽しみにしていて下さい。 ●ファンにメッセージをお願いします。 ーもっと頻繁に皆さんにお会いしたかったのですが、久しぶりとなってしまった今回のイベントに、たくさんの方々が来てくださって感謝しています。機会を増やして皆さんにまた会いに来れるよう頑張ります!!HEO YOUNG SAENG JAPAN OFFICIAL FANCLUB 桂まり●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介しますHEO YOUNG SAENG Live & Talk 2019 【日 時】 2019年9月28日(土)14:00開場  15:00開演  【会 場】 山野ホール 【公演問合せ】 (株)バッドニュース Tel : 03-6416-1515 (月〜金 10:00〜18:00) 【チケット販売スケジュール】 ◇ HEO YOUNG SAENG JAPAN OFFICIAL FANCLUB会員先行    https://young-saeng.jp/    2019年7月26日(金)18:00~8月4日(日)23:59 ◆ チケットぴあ最速先行 : 2019年8月8日 (木) ◆ 一般プレイガイド先行 : 2019年8月22日 (木) ◆ 一般発売        : 2019年8月31日 (土) 撮影/天日恵美子
  • 黒コーデ第2弾。 大好きな2つのアイテム、シャツ×デニムです。エクラ8月号の黒コーデ特集。 富岡佳子さんの夏の私服スタイルの中にも、デニムに合わせたオールブラックコーデが掲載されています。 惚れ惚れしてしまうほどのかっこよさ❤️ 同じ年代の女性なんて信じられません ✨✨ 私も、黒トップスのドルマンシャツを大好きなデニムに合わせました。 富岡さんのデニムのオールブラックコーデ黒のドルマンシャツはボリュームがあるので、デニムはAGのワンウォッシュスキニーデニムでスッキリと。 アクセントが欲しいな〜と思ったので、パンプスはプチプラなoriental trafficの赤を選びました。tops : dolly sean denim : AG pumps : oriental traffic bag : HERMESこの日は、仕事がお休みの娘と原宿散策。 ランチはRETHINK CAFEのヘルシーなサラダボール。 ボリュームたっぷりで、お腹も満たされました 雑穀米も入っていてボリューミー明るい店内は開放感がありますランチ後は、ショッピングに。 好みが似ているので、最近はよく洋服をシェアしています。 洋服選びはあれこれ迷いますが、似合わないものは似合わないと辛口でバッサリ言ってくれるので、娘と一緒だとあまり失敗はない…かな SALEも始まったばかりだったので、お財布に優しいお買い物が出来ました InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • イタリアへの愛が溢れる恵比寿にあるトラットリアまだかまだかと梅雨明けを 待っております。 今週末には明けますかね?? 少し前になりますが グルメな友人達とディナーへ 行ってきました。 恵比寿にある「マジカメンテ」素敵な佇まい伝統的なパンとパルメジャーノ前菜のプロシュートに桃サン・マリノ大使館からも認定を 受けているシェフが、今では 貴重な道具を使って伝統的な パスタや薪窯での料理を味わえるのに お値段がリーズナブル! 気のおけない女友達とワイワイするのに とっても良いトラットリアかと!様々な彩りのお野菜自家製のフォカッチャ手作りのパスタは種類豊富です!お料理はコースで、個々ではなく テーブルで何種類か選びます。 この日のパスタは塩水雲丹とアスパラの マッカロッネスとオンブリケッリの アラビアータを。 メインのお肉は放牧豚の薪窯焼き! ヤングコーンが可愛らしく添えて ありました! 放牧豚、とってもジューシーで 甘くて豚ってこんなにも美味しいのか!と感動しました。ランブルスコはカフェオレボウルの ような伝統的な器で! そんな演出もイタリアへの 愛を感じます!ランブルスコ!デザートまで堪能して 大満足な夜でした。 ごちそうさまでした。美女組NO.107ウマキのブログ
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day22は、キャッチーなトレンド感をまとえる、鮮やかなフューシャピンクのワンピース。気のおけない女友だちとのおしゃべりも、コクーンシルエット&長めの袖なら体型についてつっこまれる心配もなし!day 22学生時代からの仲よしグループで久々の女子会気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND