<同窓会美容大賞>ファンデーション・リップ・即効スキンケア部門の大賞発表!

Web eclat

ファンデーション大賞

カバーマーク

フローレス フィット

エクラ読者から多くの票を得たカバーマーク。独自のテクノロジーにより、美肌の角質層を再現する極薄“生肌ヴェール”を肌にまとわせる。クリーム状なので少量使うだけで、シミやくすみをなかったことに!今年、新3色が追加されたのでぴったりな肌色が見つかるはず。

SPF35・PA+++ 全10色 各¥7,000・レフィル¥5,000

「20年ぶりの旧友に、全然シミがないね!と羨望のまなざしでいわれニンマリ」―安木 薫さん(在宅ワーク・54歳)

「2次会でもくすみ知らず。若いよねーといわれうれしかった!」―堤 絵里子さん(化粧品ラウンダー・48歳)

リップ大賞

シャネル

ルージュ アリュール ヴェルヴェット 57

同窓会に欠かせないリップとして、数多くの商品がノミネートされたシャネル。なかでもこちらは、計算された光沢と輝きをもつルミナスマットな質感と、肌を血色よく演出する鮮やかな発色が、大人の唇にぴったりと一番人気に! ベルベットのような最上級のつけ心地も、テンションアップにひと花添える。

全15色 各¥4,200

「つけた瞬間にパッと明るいオーラが。私のほめられリップです!」―鈴木たま江さん(サロン主宰・48歳)

「潤い感と発色のよさが好き。そのリップどこの!?と大勢に囲まれました(笑)」―梅原晶子さん(フラワーデザイナー・48歳)

即効スキンケア大賞

ポーラ

B.A アイゾーンクリーム

さまざまなベストコスメに輝くB.Aシリーズはエクラ読者からも人気。なかでも目もと用クリームには「目まわりのくまに数日で効果が!」「数回でハリが!」という声も多く駆け込み美容にもバッチリ。加齢による眼輪筋(がんりんきん)のやせ細りに着目し、独自開発の複合成分を惜しみなく投入。肌の奥からふっくら立体感のある目もとに導く。

26g ¥18,000

「目の下のくまを数日で解消。若見えのカンフル剤です!」―近藤和子さん(主婦・50歳)

「卒業以来の高校の旧友に、目もとにしわがないねと驚かれました」―小川香主美さん(ピアノ講師・50歳)
コスメの進化が著しい今、何を使うかで肌のきれい印象は雲泥の差。数多ある優秀なアイテムの中から、“至近距離に強いコスメ”をヘア&メイクアップアーティストの岡野さんがチョイス。アラは飛ばして、ハリ・ツヤ増し増しの肌へと導く6品を一挙お披露目。
ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが、夕方以降もいきいきとした印象に見せるお直しテクを伝授! 日中浴びた紫外線やエアコン乾燥で肌がしぼんでしまうことが原因でできやすい小じわには、外出先でも効率よく使えるクリームミストが便利。
スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。そんな激戦の中、アラフィー世代の美容のエキスパートたちがゾッコンになった“ベストスキンケアコスメ”に輝いた逸品は…!?
撮影/久々江満 取材・文/小林みどり ※エクラ8月号掲載
関連記事
  • 「シャネル」や「グッチ」などのハイブランドから秋の新作バッグが次々に発表されました。普段の着こなしに一点加えるだけで気持ちをぐっと上げてくれるはず。30代で長く愛用できる一品をぜひ探してみて。 CHANEL【シャネル】 普遍的なエレガンスに今の時代の強さをプラスしたチェーンバッグの最新作 1955年2月に発表されたバッグ「2.55」に敬意を表し、またこのバッグが誕生した「2019年」にもその名が由来する「CHANEL 19」が新登場。ダイヤモンド形のキルティング、レザーを編み込んだチェーン、大きめCCロゴのクラスプと、メゾンの普遍的なディテールを備えつつ、3種の太めチェーンで新鮮なインパクトも。バッグ「CHANEL 19」(16×26×9)¥487000/シャネル GUCCI【グッチ】 コーディネートの仕上げに効く。スカーフの品格と小粋さをそのままハンドルにあしらって ダスティグレーのかちっとしたカーフレザーのボディに、ツイストしたスカーフを巻きつけたハンドルが目を引くショルダーバッグ。普段の着こなしに欠かせないシルクスカーフの気品を、バッグを持つだけで気軽に楽しめる。「ダブルG」をリングで囲った新しいゴールドモチーフも、クラシカルなムードによく似合う。オフィスにはもちろんのこと、休日のラフなコーディネートも品よく決まる。バッグ(21×30×9.5)¥337000/グッチ ジャパン(グッチ) LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】 トランクケース風のミニバッグに由緒正しき伝統と旅の自由なマインドを宿して メゾンの旅の伝統をソースに2019春夏に生まれた「ヴァリゼット」は、トランクケースのようなディテールが特徴。そのミニサイズが、エピ・レザーになって今季登場した。洗練されたカラーブロックが装いをモダンに傾ける。旅のムードをまとったバッグは、置くだけで見慣れた景色も旅先のように見せてくれそう。トランクのようになった内部は小さいながらも広く、収納力も抜群。バッグ「ミニ ラゲージBB」(17×20×8)¥376000(予定価格)・ノート¥22000・鉛筆(2本セット)¥20000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス DIOR【ディオール】 レディなアイコンバッグを自分らしくカスタマイズ。あえてカジュアルに楽しむのがいい アイコンバッグなどをカスタマイズできるサービス「MY ABCDIOR」。新作は、付属のレザーストラップに、アルファベットなど好きなメタルパーツを飾って楽しめる。写真のように、キャンバスストラップにつけ替えても素敵。バッグ「MY ABCDIOR」(16.5×20×8)¥400000・ストラップ(6×95)¥115000/クリスチャン ディオール(ディオール) SAINT LAURENT【サンローラン】 着こなしをクラスアップするヴィンテージライクな趣が今、また目に新しい ブランドのシグニチャーであるカサンドラロゴを全体にエンボスで施したスエード地は、使うほどに味わい深く愛着がわく。クラシカルなテイストが注目される今季、バッグの個性で着こなし全体に旬の風味づけを。バッグ「モノグラム・サンローラン オールオーバー」(右)(19×23×5)¥229000・(左)(27×25×17)¥285000・コート¥275000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) HERMÈS【エルメス】 気負わずさっと肩かけしたい。使うほどに体になじむ極上レザーのショルダーバッグ 2008年にシルク素材で登場した「シルキィ・シティ」に、オールレザーバージョンが新登場。軽くて柔らかく、ボディフレンドリーなバッグは、肩かけでもクロスボディでも持ちやすく、デイリー服をこなれて見せる。ストラップを固定する花形の留め具も、心惹かれるポイント。バッグ「シルキィ・シティ」(33×33×1)¥389000・ベレー帽¥57000・ストール¥149000/エルメスジャポン(エルメス) FENDI【フェンディ】 無駄のないミニマルなボディにサインのように描かれた「FF」ロゴが優雅に映える 曲線的な「カーリグラフィ」ロゴを、大胆にあしらった新作ショルダー。これは、1981年にカール・ラガーフェルドがまるで彼のサインのようにデザインした「FFロゴ」。きちんと見えするつややかなブラックは、カジュアルにもフォーマルにも活躍しそう。バッグ「KARLIGRAPHY」(15×17×8.5)¥210000/フェンディ ジャパン(フェンディ) LOEWE【ロエベ】 シンプルだからこそ差が出る上質レザーと作りのよさ。オンオフ問わず、毎日愛せる ベルトノットがポイントの「ラゾ」コレクションに、オンオフ使える小ぶりなサイズのハンドバッグが仲間入り。熟練の職人技が光る立体的な作り&シャイニーボックスカーフのつやで、デザインはシンプルながら存在感は大。シックなバーミリオンはブラウンと同じ感覚で合わせやすく、さりげなくコーディネートに華を添えてくれる。バッグ「ミニラゾ バッグ」(19×22×8.5)¥223000・靴¥101000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ) BOTTEGA VENETA【ボッテガ・ヴェネタ】 クリーンな白が秋に冴える。高度な技術と革新的なデザインの両立で完成した逸品 1970年代の高級車の内装から着想を得た「The Padded」コレクション。高度かつ専門的な溶着技法を用いて作られたキルティングは、ブランドを代表する編み目ディテールのイントレチャートを模したもの。ホワイトレザーにゴールドの金具を配した気品あふれるデザインは、なにげなく持つだけでぐっと洗練された雰囲気に。短めハンドルのバランスも新鮮。バッグ「パデット マリー」(28×30×7.5)¥526000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) COACH【コーチ】 コンパクトながら、使い勝手は満点!2種類のショルダーつきだから気分次第でアレンジ自在 昨年8月に登場し、コーチの新しいアイコンとなった「Dreamer」の最新作。長さ調節可能なベルトと太めのチェーン、2種類のストラップつきで、いろいろな持ち方ができる。内側には広めのコンパートメントが複数配されており、使いやすさも抜群。バッグ「Dreamer Shoulder」(19×26×9)¥79000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) MAX MARA【マックスマーラ】 トレンドのモコモコバッグは黒レザーとのコンビで大人好みに。リバーシブルも欲しくなる理由 装いに可愛げを添える旬のもこもこムートンバッグは、ブラックレザーとのコンビだから甘くならず大人向き。また、裏返せばシンプルなレザーバッグとしても使えるうれしいリバーシブル仕様。ショルダーストラップつきで、使いやすさも◎。バッグ「GRACE」(18×27×11)¥138000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) MICHAEL KORS COLLECTION【マイケル・コース コレクション】 今季新調したいブラウンバッグも表情豊かなマテリアルでぐっと華やかなスパイスに グリッター、レザー、スエードと3種類の素材を組み合わせたシェブロン柄で、今季らしいブラウンのバッグもぐっと立体的で華やかな印象に。体にフィットする小ぶりショルダーながら、毎日に必要な小物はしっかり収納できる。バッグ「バンクロフト」(16×23×5)¥229000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル・コース コレクション) 撮影/山口恵史 スタイリスト/斉藤くみ 取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年9月号掲載
  • こんにちは こみぞです 8月20日から発売されたノンノ10月号、表紙はかっこかわいい西野七瀬さん!じゃーんまず、夏の終わりから秋にかけてどんな服を買い足そうかーと考える今の時期にぴったりな記事が 「今から3か月無限に着倒せる服」! ちょっとずつ秋っぽくなる着回しがとても参考になります 脱・黒‼︎をうたったローファーやブーツの記事も素敵でした、ブラウン系かわいい❤︎ つぎに、ひとつあると旬顔になれるコスメがざくざくの記事が 「新色コスメ収穫祭」 秋っぽいカーキやぶどう色、ハードルが高そうなグレーなどのアイシャドウの合わせ方や 秋の色っぽさ全開の新色リップをたーくさんご紹介している記事です! デパコスの挑戦色で手が出しづらいなーってリップは、似た色をプチプラで探してみるのも楽しそうですね 私はミルクティーベージュとマロン色のリップが欲しくなりました…! 秋の始まりを楽しめるノンノ10月号ぜひ読んでみてください! 最後まで読んでいただいてありがとうございました \こみぞ/カワイイ選抜 No.64 小溝茜里のブログ
  • みなさん今日は。Sayuriです。夏がきたーと思ったら・・・もう秋の気配。夏のセールも終わり、デパートも秋模様。コスメ業界でも2019AWの商品が続々と発売されていますね❗️今年もいろんなアイテムが気になります 秋コスメ第1号はRMK‼️RMKの2019年秋冬コレクションは、スペイン・マラガの浜辺で見つけた「色とりどりの石」からインスピレーションを得たデザイン。シンプルで、ころんとしたフォルム。つるんとした石ってついつい触りたくなる。手に取りたくなる。その通りで、気がついたら触ってました笑そんな「STONE BLOSSOM」コレクションはキラキラとした輝き、唯一無二のシルエット、深みのあるカラーリング。個性的なマラガの石と90年代を強く生き抜いた女性たちのイメージを重ねて、できたコレクションです。その中でも私の目を引いたのはリップ。✅RMKストーンブロッサム リップス03 フレイバブルコーラルのような・・・ほんのりローズやブラウンも混ざったような、絶妙な色合い❤️クリーム状のリップを伸ばすと、マット質感なのにほんのり艶が✨マットなのに繊細なパールを配合しているので、重くならず、カジュアルにマットリップを楽しむことができます‼️唇に塗布するとパウダリーに変化して、ベルベットのようなつけ心地に‼️他の色はこんな感じ。私が買った03番は真ん中です♪マットなリップは乾燥する とかなかなか取れない って感じる人にはかなりオススメ❤️マットなのに優しい雰囲気もあり、塗り心地滑らか。一気に秋らしく、オシャレに見えるカラーです❤️旬で映える!に加え、今までマットリップの課題だった男性ウケや塗り心地の良さ。ここもクリア。お肌がトーンアップして見えて、なぜか色っぽく見えます笑このリップ。その人の持っている唇や肌の色で、同じ色を塗っても違う印象になるなと言うのが素直な感想。MAQUIAブロガーの田中美帆ちゃんとkaoriちゃんとお店に行ったのですが、皆違った印象になりました。同じ色なのに、「私が塗ったほうが濃く見えない??」みたいな会話を何回もしました笑3は比較的使いやすい色合いですが、もっと似合う色があるかも!!!数量限定なので、是非店頭で試して似合う色を探してみてくださいね♪使い心地は、抜群です!!!instagram←是非みてね⭐︎
  • スマートフォンから申し込めて、研究所から自宅へ直送。時間も場所も問わずにオーダーできる“自分だけのシャンプー”、欲しくありませんか? 目指す効果も香りも、自分の思い通りにつくれるんです!肌悩みに合ったスキンケア、瞳や髪の色に合うメイク。自分にぴったりのアイテムが見つかると、本当にうれしいですよね。そんな“パーソナライズ美容”はますます進化。最近はほとんどオーダーメイドみたいなアイテムも増えましたが、なかでも目覚ましいのがヘアケア。なんとあの大手企業もパーソナライズシャンプー、始めたんです!それがこちらの「Laborca(ラボリカ)」。130年以上の歴史を持ち、ビューティの知見も深い(LUXにDoveにPONDSなどでおなじみ!)ユニリーバの日本チームが中心となって設計し、誕生したブランドです。のべ10万人以上もの日本女性に製品テストを行ってきた貴重なデータをいかし、スキンケア技術も応用。フリーズドライしたオーガニックアロエベラエキスを共通成分として配合し、目指す髪質によっては高浸透コラーゲンやスクワランなど、まるでスキンケアのような成分の掛け合わせも行うそうです。 え、じゃあオーダーも大変?と思いがちですが……いえいえ、スマートフォンでサイトにアクセスし、3分程度の髪診断に答えるだけで自分だけのシャンプーが出来てしまうというから驚き。しかも、その組み合わせは21600通りもあるんです!皆さんにもまずは実際に診断してみていただきたい(サイトもおしゃれで素敵!)のですが、とにかく本当にカンタン。自分の髪質、カラーの頻度や求める仕上がり……いろいろ希望を聞いてくれたうえに、香りや色までカスタマイズできちゃうんですからうれしい限り。で、私のわがままを詰め込んで仕上がったシャンプー&コンディショナーがこちら。ちなみに通常は1週間程度で届くそうです。 サイトで行った髪診断から導き出した、今の自分の髪に必要なケア(私はボリューム&ツヤケア!)や成分解説、丁寧なHow toが記されたカルテのようなリーフレットも同梱。これもまた“私だけのヘアケア”感を盛り上げてくれます。しかもボトルをよーく見てください。ちゃんと自分の名前が入っているんです! 感激。さらにこのLaborica、ハンドメイドで研究所から直送というのも心をくすぐるポイント。新鮮なうちに!と、届いた日の夜に早速使ってみましたが、さすがのフレッシュさ。とーっても香り高くて、バスルームに漂う芳香にうっとり深呼吸。ちなみに5種類ある香りから私が選んだのはリリー&ローズマリー。爽やかだけどどこかムスクを感じる、優しい気分になれる香りでした。コンディショナーの色も香りに合わせて6色の中からグリーンをチョイスしたのですが、自分を褒めてあげたいほどぴったりでした(笑)。シャンプーの泡立ちはフワンフワン!そしてなめらか。コンディショナーもみっちりと髪に溶け込む極上の濃密感。洗い上がりはサラサラ、毛先までパサつきなしで言うことなし! とことん私のわがままに応えてくれて生まれたヘアケア、使い続けるのが本当に楽しみです。皆さまもぜひ、トライしてみてくださいね!ここからはおまけ。ラボリカの発表会では、特別に研究開発者による頭皮・毛髪診断を受けることができました。うねりに白髪にパサつき!と悩みだらけの私の髪、恐らくダメ出しの嵐じゃないかと思ったのですが……。なんと、頭皮を褒められました! 毛穴に汚れが詰まっていることもなく「今回診断した中でダントツに素晴らしい頭皮環境」と絶賛されてびっくり。ところが!ひとつだけマイナス点が。この中央の髪、ぴょーんと細く枝分かれしていますが……診断してくださった方に聞いたところ、これは髪の「ささくれ」だそう! 髪を強くしごいたりすると発生するとか。確かにお風呂あがり、タオルで力いっぱいゴシゴシゴシ!ってしちゃってました。反省。皆さまもご注意くださいね。ではまた次回。Laborica パーソナライズ シャンプー&トリートメント 各250mL ¥6980(税込) *シャンプー&トリートメントセット/送料無料 ●「Laborica」オフィシャルサイトはこちら(スマートフォンからアクセスしてください) WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • これさえあれば今どき顔になれる!? 人気ヘア&メイク岡田知子さん・笹本恭平さんが、2019年秋に大ヒット間違いなしのコスメを予想! 品格と抜け感をつくるネイル、この秋のさし色になるパープルリップ、渋柿オレンジが新鮮なアイシャドウの3アイテムがランクイン。 人気ヘア&メイク トモコ&おささが全力セレクト おささこと 笹本恭平さん(ヘア&メイク) ilumini.所属。ファッション感度の高さと男性ならではの感性で時代にマッチした理想の女性像を提案。女優やモデルの指名が常に殺到。 トモコこと 岡田知子さん(ヘア&メイク) TRON所属。雑誌をめくって「おしゃれ」と思うメイクはだいたいこの人の仕業。みんなの今なりたい顔をセンスよく先駆けてくれる天才。 ネイルの中で今年断トツの売れ行きです(シャネルPR 三石さん) 継続的人気を誇るカラーです!(パルファム ジバンシイPR 佐藤さん) バイラ発売後、一時品切れになるほど!(セルヴォークプレス 前島さん) 2019秋THE売り切れコスメはコレだ!! 大人の品格と抜け感ディオールの低温ベージュネイル 4P.M.と名付けられたベージュ。「赤みレスですがすがしい色のトーンがハイセンス。洗練しか感じない」(トモコ)、「塗るだけで、手もとだけベーシックに徹したいい意味でコンサバのベージュ。とにかく上品で女の格を上げてくれると思うから、買わない選択肢とか、ないです」(おささ)。ディオール ヴェルニ 828 ¥3000/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定) この秋の注目さし色パープルはジルのグロスで! 多彩なパールが瞬く魅惑のパープル。「透け感、ラメ感、うるみ感、どれも最強」(トモコ)、「重ねるだけでしゃれ感と女っぽさをWゲット」(おささ)。エターナル シマリング リップグロス 04 ¥2700/ジルスチュアート ビューティ(限定) SUQQUの大本命柿渋オレンジシャドウ シルキーな質感の鮮烈なオレンジ。「まぶたに陰影を授けてくれるからブラウンの延長線で使える。なのに新鮮で輝きが上品。新作にして名作」(おささ)、「都会のビルの中に落ちていく夕日みたいなオレンジ。スタイリッシュさと働いている女性をふわっと癒してくれるやさしさを兼備しているところが素晴らしい」(トモコ)。トーン タッチ アイズ 11 ¥3700/SUQQU 秋新色ヒット予測トーク トモコ(以下、ト) この秋絶対に一つは持っていてほしいコスメといえば、柿渋オレンジアイシャドウだよね。なかでも、これさえ買えば!なのがSUQQU。 おささ(以下、お) 渋みがあってラメ感が繊細だから、大人の女性にこそ使ってほしい。これ一つでもまぶたに陰影がつくから、いつものブラウンの延長感覚でぜひ。 ト 渋オレンジが秋の鉄板だとしたら、さし色的な注目カラーは?っていうと、パープルなんだよね。 お このジルスチュアートのグロスは、夏にはやったイエローに取って代わる存在! ト 紫がドンと発色するわけじゃなくて、きらめくパープルをまとうイメージ。いつものリップにプラスして、クラス感とときめきを味わってほしいな。 お 僕はパープルとオレンジの組み合わせにもハマっていて。一見チグハグなようでいざ組み合わせてみるとヘルシーさと透明感が一気に手に入るんですよ。 ト わかる。顔で色を満喫するぶん、ネイルはあえてのコンサバに徹するのが潔くて正解じゃない? お このディオールに漂う品格は超ド級。何にでも合うからとにかく塗っとけカラーに認定します。 注目色、渋オレンジ&パープルはほかにも!! ブラックのグリッターをちりばめたシアーなパープル。モイスチャー リッチ リップスティック 113 ¥5000/SUQQU(限定)  目もともリップも彩るサイケデリックなパープル。ヴィセ アヴァン リップ&アイカラー ペンシル 006 ¥1200(編集部調べ)/コーセー パールが繊細にきらめく黄昏ムードのオレンジ。透け感がおしゃれ。ルナソル グラムウィンク 01 ¥3200/カネボウ化粧品 ヴィンテージライクなオレンジ系のグラデーション。まぶたに密着。イプノ パレット 11 ¥6800/ランコム 撮影/嶌原佑矢(人)、恩田はるみ(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉、笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2019年9月号掲載
  • まだまだ残暑厳しい日々。気軽に毎日のメイクと一緒にケアが出来たなら…雨が降った事により、暑さが少し和らぎ過ごしやすい気候に変化したかなと思ったら、 まだまだ残暑が厳しい日が続いています。 さて、今年の日差しも本当に強いですね。 日焼け止めをしっかり塗っていても、こまめに塗らないと意味がないそうで…。 日焼けはなかなか侮れなく、完全に防ぐ事は難しい…。 付けているだけで美肌になれたら・・・と思っていたところで 使っていて良かったファンデーションと下地をご紹介します。左・HAKU 右・ COFFRET D'OR 02■カネボウ コフレドール カラースキンプライマーUV 「毛穴カバー&血色感を操るカラーで肌印象をカスタマイズする下地」 との事で、ブルベの私はモードな02番を。 ラベンダーカラーは使った事が無く、最初はどうなんだろうと半信半疑でしたが、 ピンクより白浮きせず肌馴染みが良くて、ラベンダーカラーの良さに開眼! 光色で毛穴の色をカバーして、透明感を出してくれるので やはり肌印象をカスタマイズしてくれる効果的な化粧下地だと言えます。 他にグリーン、ホワイト、ピンク、オレンジとイメージに合わせた下地があり、 お持ちのファンデに下地を変えるだけで又違った色が楽しめそうです。 ■資生堂 「HAKU」薬用美白美容液ファンデーション 様々な雑誌やメディアで大人気、美女組の方もご紹介されていたのでおなじみの アイテムだと思いますが、実際使ってみるとやはり良い!! 美白ブランド「HAKU」より誕生したこちらは、付けているだけで日中美肌ケアが 出来る優れもの!またシミや色ムラのカバーするカバー力も抜群。 ちなみにいつも資生堂の商品は、オークル10を購入していますが、 少し明るいので私はオークル20を購入しました。 少量でこのカバー力と軽いつけ心地なので汗による化粧落ち、ヨレ予防にも 少量のファンデーションとお粉で残暑を乗り切ろうと思います。>>>instagram------MIO美女組No.118 MIOのブログ
  • 容赦なく紫外線が降り注ぎ、暑くて肌も心もダレがちな夏。そんな季節は、気持ちよく使えるだけでなく、ダメージに負けないハリとツヤにあふれた肌を育くんでくれる“ハイスペック化粧水”の出番! すぐ買い換える価値のある秀作を、水井真理子さんがナビゲート。トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん コスメの目利き。肌を見ただけでふだんのお手入れや生活スタイルまで見ぬき、的確にアドバイスするカウンセリングが好評。 「化粧水はしょせん水? いいえ、エイジングケアは化粧水から始まります」 美容の知識はあるのに、なぜか「替えない」のが化粧水。「水分を与えるだけ」と思っている人もまだ多いけれど、今や化粧水の高機能化は進む一方。もたらす潤いの質も格段に向上しています。肌を変える基礎をつくり、「きれい」と印象づける透明感を支えるのは、そうしたハイスペック化粧水なのです。「どんなコスメも浸透しない、効かないなら、まず替えるべきは化粧水」 強い紫外線はもちろん蒸し暑さやエアコン乾燥など、肌ストレスが多い夏。皮膚全体の印象はぺたんと薄くなっているのに、表面は厚くてゴワゴワなんてことにもなりがち。角層が厚くなると、どんなに高価な美容液の効き目も感じにくくなります。そんな肌にもすぐ浸透して潤いをめぐらせ、コスメが「効く」肌にするのも化粧水。夏はちょうどいい買い替え時といえます。「ハイスペックな化粧水の醍醐味をじっくりと味わえるのは、私たちエクラ世代」 化粧水はたっぷりと何回も重ねる、という人も多いけれど、実はそれはただ肌を湿らせているだけ。豊潤な美容液成分で格上げした化粧水は、適量をじっくりと肌に押し入れるだけで潤いとパワーが肌をめぐり、さらなる恩恵をもたらします。枯れていく肌をプラスに転じ、新たなきれいの可能性すら広がるハイスペック化粧水の真価を実感できるのは、エクラ世代だからこそ。水井真理子が自信をもってすすめる名品はこれ 肌の可能性を託せる“ハイスペック化粧水”水井さんが選びぬいたのは、大人の肌に必要なものを満たしてきれいの未来を輝かせる、先進科学が息づくこの2つ。「眠れる美のスイッチをオン!きれいになるワクワク感を思い出す」ポーラ ホワイトショット LX メラニンは本来、肌細胞を紫外線から守るもの。ならば表皮細胞のエネルギーを高め、メラニンに頼らずとも自らを守れる強い肌を育めば、美白にも有効なはず。そんな画期的なアプローチに基づく新規美白有効成分を配合。「ただ肌を白くするのではなく肌そのものを強化して、美白の先にある未体験の透明感をもたらします。キメも整い、『まだこんなに美肌になれるんだ!』という感動をくれる一本」。150㎖(医薬部外品)¥11,000「潤いがわき立つような肌に。アガる見た目も高ポイント!」ディオール プレステージ ローション ド ローズ 「潤いで包み込みながら肌にエネルギーを注入。使ったそばから細胞ひとつひとつがぷくっと膨らむような感覚があります。ピンクのビジュアルに気分もアガり、すべてに満足度が高いといえる」。毛穴の開きをはじめ、さまざまな肌の不調につながる微量栄養素不足を、肌のサプリのように補う。ローズ オイルが肌バリアを強化し、理想的な潤いバランスをキープ。150㎖ ¥15,000/パルファン・クリスチャン・ディオール   >>化粧水の記事 一覧はこちら撮影/ケビン・チャン スタイリスト/タカシバユミ 構成・文/巽 香
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、キレイの法則が分かっちゃうかも? ということで、8/17(土)~8/23(金)のビューティ人気ランキングを発表しちゃいます!♡第3位♡ 秋の新作アイシャドウ&リップ 秋の新作コスメお試しがベスト3を独占した、人気ランキング記事がヒット! 秋のトレンドカラーやオフィスメイクに合うアイテムをチェック ▶︎▶︎働く女子にぴったりのセレクト♡第2位♡ シワ、シミ、くま、くすみにおすすめ 『コスメデコルテ』の美容液をはじめ、“瞬時で効く”と評判のスグレモノ美容液をご紹介。夏の紫外線でお疲れ気味の肌を、チャージしましょ! ▶︎▶︎目元がぷりっと元気に♡第1位♡『ルナソル』『SUQQU』で美人顔 内田理央をお手本に、ワントーンメイクにトライ。オレンジカラーは明るい顔印象がゲットでき、お仕事ウケ抜群もなんだって! ▶︎▶︎ワントーンメイクのやり方 あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中。いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。⇒先週までのビューティランキングはここからチェック
関連キーワード

RECOMMEND