大人のロゴTスタイル

Web eclat

いつもプチバトーのぴったりしたTシャツを着ていますが、少しゆったりしたこのTシャツは着ていてとても心地よく、お気に入りの一枚になりました。


Tシャツはマルティニークで買った、Les Petits Basicsというブランドのもの。
袖丈も着丈も丁度良い長さで、肩幅が広い私でもゆったりとしていてとても良い着心地。
ちなみに、ロゴの意味は、「私は気にしません。」だそう。
はい!私も気にしません。


ロエベの籠バッグ、ペリーコのパイソンサンダルで大人のきれいめカジュアルに。
ターコイズの大ぶりのリングはミラノ在住の友人が買い付けてきてくれたイタリアのものです。




この日は華組の一美さん、まゆみさん、りえさんとのランチへ。楽しいお喋りに時間を忘れました。

InstagramもUPしています。
関連記事
  • 大好きなアーティスト HAIMのバンドTをゲット! 気がつけばTシャツは無地ばかり着ていましたが、2019年の夏は原点回帰(良く言えば!)。 いつもと違うTシャツコーデが楽しめそうです。長らく無地Tばかり着ていましたが、今年はなんだかプリントTの気分。 というのも、かなりのお気に入りをゲットしたからです!大大大好き HAIMのバンドT! ここ数年、ずーーーっと聴いてます。 このTシャツは確かアメリカののUrban Outfittersから出てたもので割とレア。しかも新品で手元に来たし、気分良し! 昔、好きなアーティストのライブで購入したバンドTなど、思い入れがあってよく着ていたので、この感じがかなり懐かしい・・・ Tシャツに何かロゴやらプリントやらが入るとなると、意味は何とか、ちょっとストーリーが気になってしまい(面倒ですね〜)なかなか買えなかったですが、ドンピシャのやつが来ると、やっぱりテンションあがります。とりあえずHAIMの三姉妹(みなさんそれぞれキャラが立っててめっちゃおしゃれ!)みたいに、定番のデニムにイン、したくなります。 他にも長めのペンシルスカートとか、きれいめパンツにも合いそう。 またインスタの方に、違うコーデも載せていこうと思います。Tシャツは、なんでもない日でも取り入れやすいのもいいですよね。トマトソースに一瞬ヒヤッとしたけど! たまには童心に返れるような??アイテムを身に付けるのも、気分が変わっていいな〜と思いました。あとはこの夏用にもう一つ新しいお気に入りがあるので、またご紹介します!美女組No.166 machikoのブログ
  • 見た目の清涼感と、汗の目立ちにくさと着やせ効果で夏にうれしい黒。2WAYで着回し可能なデザインが単調になりがちな夏のおしゃれを広げてくれます!ne Quittez pas レースガウンたっぷりギャザーがおなかまわりをカバー。涼やかなレース使いでエレガントにカジュアルさと女らしさのバランスが絶妙と大人気だったカシュクールワンピースが、よりすっきり見えるデザインに改良。レースのさりげない透け感は見た目にも涼しげ。バッグ¥29,000/ebure (センシスタジオ)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) インナー/スタイリスト私物カットソーに重ねてガウン感覚でも着用可前ボタンタイプなので、軽い羽織りとしても活用可能。裾にスリットが入っているため、レイヤードしても印象は軽やか。ne Quittez pas レースガウン ¥24,000+税>>デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)  ネックレス¥15,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)  靴¥43,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ) カットソー/スタイリスト私物ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレスシンプルながら、袖スリットとドレープに大人のエレガンスが漂う光沢のないマットな素材で、オン&オフ、昼&夜と、幅広いシーンで活躍する一枚。袖まわりにドレープを加えたハーフスリ ーブは、肩先のスリットに腕を通せばフレンチスリーブとしても着られる2WAY仕様。ドライタッチの素材は、さらりとした着心地と美しい落ち感も魅力。スリットに腕を通すとフレンチスリーブに。表情の違いを楽しめます。ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス ¥24,000+税>>バングル¥14,000・バッグ¥54,000/リエス (メゾン ボワネ) 帽子/スタイリスト私物(ne Quittez pas レースガウン)撮影/前田 晃(MAETTICO) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ (ESSEN.LAUTREAMONT×éclat 2WAYコクーンドレス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)  ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/Emi Renata 取材・文/東原妙子
  • 憧れブランドの靴。いつか買うなら増税前の"今"かもしれない素敵な靴をはいた時の、背筋が伸びるようなあのトキメキは、女子なら誰もがわかるはず。それが憧れブランドの名品なら……想像するだけでも気持ちが上がっちゃう!! ショーウィンドウのガラス越しに眺めていたあの靴を、増税前の今、自分の運命の一足にしてみない?スタイリスト&ライターがレコメンド!4つの憧れブランドChristian Louboutin クリスチャン ルブタン(右奥)乙女の憧れシューズといえばこちら。ブレーンなパンプスからも感じる、とびきりフェミニンなムードがブランドならでは。合わせやすく活躍しそうなピンクベージュでデビューしてみて。(8.5)¥81000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)「25歳頃素敵なヒール靴に憧れて買いました。今は基本スニーカー派なのですが、この一足だけは特別な時用に残しています」(ライター・鈴木絵美さん)MANOLO BLAHNIK マノロ ブラニク(手前)美しさに加え、ヒール靴なのに走れるほどの安定感を誇り、働く女性からのラブコールが絶えない。モア世代がリアルに使える名品として手にするにも、早すぎることはないはず。カラースエードで華やかに。(5)¥99000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)「はいた瞬間、それまでより脚が美しく見える魔法のヒール靴。そのうえ歩きやすさも抜群。できるだけ早く出合ってほしいです」(スタイリスト・石田 綾さん)JIMMY CHOO ジミー チュウ(左)アジア系のクリエイティブ・ディレクターが手がけるブランドは、日本人の足に木型が合うことでも人気。定番のブラックカラーにバックストラップを合わせた一足はハンサムな印象で、ヒール靴だけど媚びない姿勢がとても現代的。(6)¥76000/JIMMY CHOO「20代後半でプレーンな黒の10㎝ヒールを購入。特別な日にはく、頑張って買った靴はシンデレラ気分にさせてくれます」(スタイリスト・石上美津江さん)GUCCI グッチ1950年代に登場以来、時代と共に進化を繰り返すオールタイムべストな一足。ローファーというアイテムだけあって、デイリーにはけるところも、20代のうちに投資すべき品として名前が挙がる理由。そして、もはや似合わないスタイルを探すのが困難なほど、どんな服にもはまるので、手に入れた日から数えきれないくらい出番が訪れること間違いなし。[モデル]靴「ホースビット ローファー」(1)¥98000・シャツ¥270000・パンツ¥165000・帽子¥34000・イヤリング¥45000・ネックレス¥60000・リング¥50000/グッチ ジャパン(グッチ)[靴](右)ヴィンテージのニュアンスがこなれた雰囲気のブラウン。「ホースビット ローファー」(1)¥98000・(左)キャンバス地なら、より軽やかに。「ホースビット ローファー」(1)¥98000/グッチ ジャパン(グッチ)「ハイブランドの靴を手にした時の“上がる”気持ちをモア世代にも経験してほしいです。特に『グッチ』のローファーは永遠の名品と呼ぶにふさわしい靴。カジュアルからきちんとまで合わせられる心強い靴は、いつかではなく少しでも早く手に入れ、メンテナンスしながら長くはき続けてほしいです」(スタイリスト・松野裕子さん) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/上澤友香 ヘア&メイク/秋鹿裕子(W) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/辻村真理 撮影協力/TITLES UTUWA ●本文中( )内の数字はバッグおよび小物のサイズ(縦×横×マチ)、または靴のヒールの高さで、単位は㎝です
  • ベトナムやタイなどのモダンなライフスタイル雑貨を扱う東京・学芸大学駅そばのセレクトショップ「333(バーバーバー)」の店内に、2019年7月20日(土)、ベトナムのローカルデザート、チェーの専門店「Chè 333(チェー・バーバーバー)」がオープン。新感覚のかき氷のようなアイスチェーをはじめとした最新型のベトナミーズ・スイーツが楽しめる! マンゴーココナッツのチェー。マンゴー、豆乳プリン、バナナ、クワイ、黒タピオカなどの多彩な食感が楽しめる。¥750チェーは甘く煮た豆類やタピオカ、寒天、果物など、複数の具材を合わせて食べるベトナムの伝統的なデザート。温かいものと冷たいものがあり、ホットチェーは日本のぜんざいのようなもの。一方、「Chè 333」の中心メニューとなるアイスチェーは、フルーツ、タピオカやゼリーなどに甘く煮た緑豆餡などを合わせ、削った氷とシロップをかけて食べる、夏の定番デザートだ。 完熟パイナップルとミントのスムージーにココナッツ練乳ソースをトッピング、ザクッとカットしたパイナップルを添えたシントー。¥650ココナッツミルク、マンゴーココナッツ、ジャスミンシロップ、ソイシロップの4種類からベースを選び、さらに10種類以上あるトッピングから好きなものを選んでカスタマイズすることも。トッピングには仙草ゼリー、白キクラゲ、クワイ、リュウガンなど、ベトナムのローカル感が楽しめるようなものが揃っている。チェーの他にも、ベトナムでは近年大人気のドリンクながら、日本ではまだあまり知られていない「ヨーグルトコーヒー」や、ココナッツミルクをたっぷり使ったベトナム版スムージー「シントー」なども。ベトナム好きも、スイーツ好きも、この夏はモダンにアップデートしたベトナミーズ・スイーツとともに、気取らずリラックスしたひとときを過ごして。Chè 333/333 store03-6412-8866住所:東京都目黒区鷹番3-18-3営業時間:11:00〜19:00不定休https://che333.jp/ text : Shiyo Yamashita
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day18は、ウエストの切り替え効果で脚長見え&きちんと感を演出する一枚で、パートナーと友人宅へホームパーティへ。day 18友人宅へのホームパーティへ連れ立ってお出かけウエストで切り替えになったデザインが脚長&きちんと感を演出し、パートナーからも好評。ニット素材なので座ってもしわにならずきれいをキープ。ワンピース¥140,000 /エッセンス オブ アナイ(アントニーノ・ヴァレンティ) ジャケット¥39,000 /デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000 /フラッパーズ(ネブローニ)ネブローニはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 【カルディ コーヒーファーム(KALDI COFFEE FARM)】には、夏の絶品グルメが大集合! なかでも、レッドでホットでチリな旨辛系のおつまみ&おやつが大充実しているんです! 今回は、話題の中華麻辣系から激辛ハバネロ系、ちょっぴり和風な七味唐辛子系、タイ風トムヤムクン系まで、キンキンに冷えたビールやワインと楽しみたい絶品おつまみ9選をご紹介します。 【カルディ(KALDI)】夏のおすすめ旨辛おつまみ 目次1.しびれ麻辣ポテトチップス 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ 3.しびれ麻辣そらまめ 4.まるごと唐辛子スナック 5.餃子ぬれせんべい 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ 7.シラチャーおかき 8.ハバネロちーずサンド 9.京風七味の柿の種 1.しびれ麻辣ポテトチップス しびれ麻辣ポテトチップス ¥192/カルディ コーヒーファーム 舌がしびれるような山椒(花椒)の辛さ「麻味(マーウェイ)」と、舌がヒリヒリするような唐辛子の辛さ「辣味(ラーウェイ)」の2つの辛さがミックスされた「麻辣(マーラー)」味のお菓子が大人気です。みんな大好きスナック、ポテトチップスが麻辣風味に進化したのがこちら。 国産のじゃがいもを使用した薄くてパリパリのポテトチップスに、唐辛子と花椒の辛さがダブルでガツンときいています。 2.しびれ王 麻辣ピーナッツ しびれ王 麻辣ピーナッツ¥129/カルディ コーヒーファーム さまざまなフレーバーのピーナッツをリリースしているカルディ(KALDI)ですが、この夏は麻辣味が人気のもよう! 麻婆豆腐や麻辣火鍋などの四川料理のホームである中国は四川省産の花椒を使っているので、辛さにコクがあります! 麻辣油をまぶしたピーナッツと、刻んだ唐辛子、花椒の実をミックス。3つを合わせて一緒にいただくと、複雑な辛味と旨味が舌の上でスパークします☆ エディター沖島、こちらを気に入りすぎて、同じく辛いものが大好きな、我らがBAILAカバーモデルで女優の桐谷美玲さんに差し入れしたことも! 3.しびれ麻辣そらまめ しびれ麻辣そらまめ¥149/カルディ コーヒーファーム 麻辣系が続きますが、お次は炒ったそらまめです。火を吹きながらカンフーで辛さと戦うパンダのパッケージがゆる可愛いですが、そらまめ独特の旨味と、しびれるような辛さのダブルパンチが相性抜群! 薄皮ごと炒ってあるので、カリカリの食感も2層に。食べごたえがあり、永遠にビールが飲める旨辛おつまみです。 4.まるごと唐辛子スナック まるごと唐辛子スナック¥98/カルディ コーヒーファーム なんと、唐辛子そのものに衣をつけてまるごと揚げた大胆な発想のおやつ。真っ赤な見た目に「どれだけ辛いの!?」と一瞬ひるみますが、野菜チップスのような感覚で意外とサクサク食べられます。今回ご紹介しているラインナップのなかでも食べやすいほうかも! スナックとしてはもちろん、サラダやお惣菜、麺類など夏ごはんのトッピングに使っても◎。サクサクした軽い食感が、ふだんのおかずに絶妙なリズムと辛味を加えてくれます。 5.餃子ぬれせんべい 餃子ぬれせんべい¥257/カルディ コーヒーファーム ぬれせんべい独特のもちもちした食感と、皮のパリパリ感、さらに餃子のあんのジューシー感がお口のなかで大渋滞するユニークなおつまみ。丸い餃子の皮をぺたんと2つに折った形が愛嬌たっぷりです。 国内産うるち米のほかに、乾燥キャベツや乾燥ニラなど、餃子のあんに使用される食材が使われています。濃いくちのしょうゆにごま油、ラー油でアクセントをプラスしているよう。完売と再入荷を繰り返す、カルディ(KALDI)の大ヒットおつまみなのだとか。 6.オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ オリエンタルクリスプ トムヤムナッツ¥298/カルディ コーヒーファーム 中華系麻辣陣営に負けじとばかりに気を吐くタイ陣営のおつまみにも注目です! イチ推しはこちらのトムヤムナッツ。カシューナッツに、唐辛子に加えてカフィアライムリーフ、レモングラスなど、エスニック料理によく使用されるのハーブを入れたスペシャルナンプラーソースに絡めであります。 ゴロゴロと煮詰められたような甘辛いトムヤムクンフレーバーがかなりクセになります。食べごたえもじゅうぶん! サラダ、チャーハン、焼きそばなど夏に食べたいエスニック料理にトッピングするのもおすすめだそう♪ 7.シラチャーおかき シラチャーおかき¥150/カルディ コーヒーファーム 「いぶりがっこおかき」など、たくさんの名品を持つカルディ(KALDI)オリジナルおかきですが、ついに大人気ホットソースである「シラチャー」フレーバーが爆誕! シラチャーはタイ(チョンブリー県・シーラーチャー郡)発のホットソースで、アメリカでマス向けに商品化され大ヒット! カルディ(KALDI)でも大人気なんだそうです。 シラチャーの味は、タバスコよりもマイルドで、パプリカや唐辛子など、原料として使われている野菜の味が驚くほどしっかりしていて、コクがあります。おかきは真っ赤に染まっていますが、噛みしめるとマヨネーズのような味わいもして、かなり新鮮! 8.ハバネロちーずサンド ハバネロちーずサンド¥178/カルディ コーヒーファーム 唐辛子の王様ともいわれる激辛のハバネロ。こちらは、アメリカで人気のハバネロ入りペッパージャックナチュラルチーズを魚肉シートで挟んだおつまみです。 口にいれた最初はふつうの鱈チーズのような感じなのですが、噛んでいくうち、マイルドなチーズのなかに潜んでいたハバネロの激辛が、最初はジャブのように、そして突然めちゃくちゃ主張してきます!  9.京風七味の柿の種 京風七味の柿の種¥149/カルディ コーヒーファーム 定番の柿の種(せんべい部分)に、風味を重視した京風七味をまぶしたおつまみ。もちろん辛いのですが、鼻に抜けるふくよかな香りが爽快です。 ピーナッツがないぶん、おかきそのものの旨味や辛味と真剣に向き合えるのが◎。ビールはもちろん、日本酒や焼酎にもよく合いますよ。 いかがでしたか? いずれも、いつも飲んでいるビールやワインのお供としてグイグイお酒がススんでしまう禁断の味わい♡ 飲みすぎ&食べすぎに気をつけていただきながら、ほどよくお楽しみいただくことをおすすめします! 【カルディ コーヒーファーム】公式オンラインサイトはこちら 取材・文/沖島麻美 ※記事内容には個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況は2019年7月中旬時点での情報で、店頭やオンラインストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • デニムスタイルと言えばスタイリスト百々千晴さん。デニムはカジュアルスタイルに欠かせない存在だけれど、気を抜くとラフになりすぎるので要注意。デニムスタイルにも女っぽさを忘れないという百々さんのマイルール教えてくれました。 百々千晴(どど ちはる)さん雑誌やカタログ、広告などで活躍する人気スタイリスト。雑誌『UNION』の編集長を務めるほか、ブランドのディレクションを手がけるなど活動は多岐にわたる。デニムラバーな自身のおしゃれをまとめた初の著書『THE DODO JEAN』が好評発売中! 【Rule 1】デニム自体に女らしさを持たせるからトップスはシンプルにTシャツ デニムそのものが女らしい印象のデザインやシルエットを選ぶようにしているので、カジュアルなトップスと合わせることも多いんです。なかでもTシャツでさらっとまとめるのが私の定番。その代わり小物で今っぽさや自分らしさを加えています。DENIM : CELINET-SHIRT : RE/DONE×Hanes BAG : RUE DE VERNEUIL PIERCED EARRINGS : CELINE SHOES : THE ROW 「ほぼ毎日Tシャツですが、ブランドにはあまりこだわりがなく、シルエットもぴったりしたものからビッグサイズまでなんでも着ます」。(上)オーラリーのTシャツは少し地厚のリブ素材がお気に入り (中)くたっとしたTシャツはジェームスパース。色違いでベージュも愛用中 (下)オーバーサイズはユニクロのメンズのもの 【Rule 2】今年は白デニム。シルエットは少し太めがポイント 白のスキニーデニムって日本人には難しいなと思っていたんですが、太めシルエット&ハイウエストだとスタイルよく見えると発見したんです。ストレートより太めでワイドすぎないものを選びます。(左)ストレッチはないけれど、窮屈感なしにはける絶妙な一本 (中)デザイン性のあるデニムで新鮮に (右)ユニクロのものはGWの連休中にずっとはいていたくらいお気に入り。プライスがお手頃なので汚れを気にせずはけるのもいい (左から)DENIM : Monâme DENIM : Stella McCartney DENIM : UNIQLO  【Rule 3】足もとはひとくせあるものを選んで 靴が大好きなので、ブランドを問わず可愛いものを見つけるとすぐに買ってしまうんです(笑)。フラットシューズのときは、バランスがよく見えるようにハイウエストと足首が見える丈のデニムをチョイス。DENIM : Levi’s SHIRT : Isabel Marant SHOES : GALERIE VIEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : THE ROW (上)透け感を楽しめるメッシュのシューズはアダム エ ロペ (下)今っぽいスリッパサンダルはマノロ ブラニクのもの。「スエード素材は淡い色を選べば冬っぽくなりません」 【Rule 4】選ぶポイントはお尻が上がって見えるかどうか 試着ではお尻のラインを必ずチェック。ポケットの大きさや位置を確認しながら、ヒップが上がって見えるものを選びます。ぴったりめではくほうが女らしさが出るので好きですね。DENIM : timemachine®×roku×百々千晴TOPS : PETIT BATEAUSHOES : CELINEPIERCED EARRINGS : CELINEBAG : Ungrid 【Rule 5】手もとの時計&ジュエリーで華やかさを 服がシンプルなのでジュエリーをいっぱいつけて華やかに。デニムなのでどんなものとも相性がいい。フェイスの大きい時計やきゃしゃなダイヤのリングやブレスなど、メリハリのある組み合わせが今の気分。DENIM : MonâmeTOPS : SAINT JAMES WATCH : BAUME&MERCIER RING : Tiffany & Co. TOMWOOD BRACELET : Redline 撮影/来家祐介〈aosora〉 ヘア&メイク/nagisa〈W〉 取材・原文/昼田祥子 ※クレジットのないものは私物です ※BAILA2019年8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND