AURALEE、HYKE etc. きれいと噂のものだけ集めた“大人仕様の白Tシャツ”

Web eclat

1. AURALEEきちんと見え洗練五分袖リブT

モックネックに近い詰まったネックと五分袖のデザインは、本来カジュアルなイメージのTシャツを品のあるモダンなムードに見せてくれる。ボディラインを拾いすぎないよう広めにとった身幅は、上半身や二の腕もすっきり見せると評判。

「ラスターリブTシャツ」¥9,000/オーラリー ジャケット¥89,000/ビオトープ(セヤ) パンツ¥60,000/スーパー エー マーケット(セヤ) ピアス¥29,000/エスケーパーズ(ハンナケー) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

「ラスターリブTシャツ」¥9,000/オーラリー

2. HYKEのメンズライクな地厚ホワイトT

透けにくく地厚な白Tシャツは、しなやかで肌ざわりのよいインドの超長綿を使用し、洗濯しても毛羽立ちにくいのが特徴。ビッグシルエットと肘まで長さのある五分袖など今どき感もたっぷり。

「ショートスリーブTシャツ(ビッグフィット)」¥14,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥36,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥37,000/ストラスブルゴ(ボルサリーノ) ピアス¥35,000・バングル¥226,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

「ショートスリーブTシャツ(ビッグフィット)」¥14,000/ボウルズ(ハイク)

3. INSCRIREの大人な肌見せバックコンシャスT

メンズで使用されているラフさのあるコットン生地を再構築し、女性らしい一枚に。どちらもフロントはシンプル、後ろにはアクセントとなるディテールを効かせて意外性のある着こなしに仕上げて。

(右)背中に深いスリット入り。スラックスなどを合わせたときに女っぽさがちらりとのぞく。「クルーネックTシャツ」¥9,400・(左)腕を上げたときに背中が見える瞬間が女らしい。さりげない肌見せが大人の遊び心を刺激。「エプロンTシャツ」¥14,000/アマン(アンスクリア)

4. MADISONBLUEのモダンなハイネックフレンチスリーブT

ビッグシルエットのTシャツが多い中、ジャストサイズで女性のボディラインをきれいに見せるよう工夫されたアイテムがそろうマディソンブルー。光沢やぬめりのあるスビン綿をベースにした糸を使用し、特殊加工により肌ざわりのよさも追求。手持ちのボトムがぐっとモダンに見違えるシンプルなハイネックTは、インナーとしても通年活躍。袖下をつまんだフレンチスリーブは、二の腕がきれいに見えるよう計算されて。

「ハイネックTシャツ」¥21,000/マディソンブルー

撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
関連記事
  • 着けるだけでぐんとクラシカルな雰囲気をまとえるスカーフ。毎日着けるアクセサリーのように、今季はもっとデイリーに使ってみませんか? バッグに、ヘアに、首もとに。気軽に取り入れられるのに格段に洒落感が増す5つのスタイルをご提案します。 《1》キリリと映える王道の三角巻きで顔映りをアップ スカーフの角の部分が強調される“三角巻き”、そしてメリハリの効いた色使いで、淡色コーディネートもぼやけた印象にならず、顔映りもアップ。メゾンのアイコンでもある馬車をモチーフにしたクラシカルな柄が、全身に漂う王道美人な印象を加速して。スカーフ「精巧な馬車」(90×90)¥52000・リング¥80000/エルメスジャポン(エルメス) スカート¥98000/ebure カットソー¥39000/アーク インク(ザ・ニューハウス) 靴¥128000/ジミー チュウ HERMÈS メリハリ配色で印象美人にスカーフ「精巧な馬車」(90×90)¥52000/エルメスジャポン(エルメス) 《2》アウターの上からネクタイ風に巻いてみる。ひらりとなびいてエレガンスが香る コートのボタンを留めて、襟元にスカーフをネクタイのように巻くアレンジ。重くなりがちなアウタースタイルが、ぐっと華やかに盛り上がる。サイズは小ぶりではなく、あえてたっぷりと長めにたれる90㎝を選ぶのがポイント。柄が全面に出る巻き方なので、こんな手の込んだカリグラフィ柄も細部まで楽しめる。スカーフ(90×90)¥47000・ジャケット¥406000・パンツ¥135000・バッグ¥478000/フェンディ ジャパン(フェンディ) FENDI 90×90㎝の大判で柄を楽しむスカーフ(90×90)¥47000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 《3》すっぽり包み込むバッグアレンジで小物達人に 手持ちのシンプルなバッグをスカーフで包むだけで、主役小物が完成。バッグの形は巾着だけでなく、トートやバケツ型でも。デニムに合わせるなら、ブルーが入ったスカーフが好相性。気分次第で自由に選べるから、着こなしの幅がぐんと広がる。スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) コート¥74000/インターリブ(サクラ) カーディガン¥36000・パンツ¥36000/アーク  インク(ザ・ニューハウス) バッグ¥18000・靴¥21000/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) manipuri バッグに合わせて自由に選んでスカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ)  《4》ひとつ結びした髪に。シックでレトロなヘアアレンジ それだけでおしゃれ上手を印象づける、スカーフのヘアアレンジ。なかでもこれは、低い位置でまとめた結び目に、スカーフを結ぶだけの簡単なテクニック。フレンチシックなドット柄で、レトロで可愛い女性像に。スカーフ(3月発売予定)(対角線110×40)¥45000(THIRD MAGAZINE×mikomori)・ブラウス¥29000/サードマガジン ピアス¥25300/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー) THIRD MAGAZINE ダイヤ形なら小粋な印象にスカーフ(3月発売予定)(対角線110×40)¥45000(THIRD MAGAZINE×mikomori)/サードマガジン 《5》クルーネックの襟元にハイネック巻きで女っぷりを上げて 襟元で高さを出すスカーフの巻き方で、ハイネック風に。クルーネックニットの着こなしがなんだか物足りないとき、仕上げにこのアレンジひとつで、防寒性とコーディネート感を同時にアップできる。スカーフをきかせるというより、ベースカラーをニットの色に合わせてなじませるのが、成功の秘訣。スカーフ(87×87)¥4600/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ワンピース¥26000/ルシェルブルーカスタマーサービス(ル シェル ブルー) ピアス¥37400/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー) FRAYI.D 服の色になじむベースカラーをスカーフ(87×87)¥4600/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/生田昌士〈hannah〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ〈TRON〉 モデル/中村アン 取材・原文/東原妙子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※( )内の数字はスカーフのサイズで単位は㎝です ※BAILA2020年2月号掲載
  • 白を着た日のコーディネート。太見え回避はこのテクで!寒い日に白をクリーンに着こなせたら、女っぽくて最高。でも気になるのは、「白は膨張して見える」という事実……。冬服はただでさえ厚手のものが多いし、レイヤードもするのに、白を選んだら太って見えちゃうんじゃ!? そんな心配を吹き飛ばすべく、あの手この手で太見え回避しちゃいましょ♡細見えテク1:コートだけはきれいな色にする中は白とグレーのほぼワントーンコーデ、外はブルーのコートでとびきりおしゃれにIラインを演出。コントラストが強いほうが着やせ効果は高いので、アウターはぱきっとした色を選んで。コート¥23000/スローブ イエナ 自由が丘店 カットソー¥13000/フィンナ スカート¥4990/ROPÉ PICNIC 靴¥19000/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥30000/ススプレス(ラナスワンズ) タイツ¥900/タビオ(靴下屋)細見えテク2:まったりしないよう柄ものを選ぶ大きめの柄でも白ベースなら上品にまとまり挑戦しやすい。ニット¥8990/ユニクロ ブラウス¥3200/ラコレ スカート¥27000/ノーリーズ&グッドマン 銀座店(オニールオブダブリン) 靴¥29000/アースマーケティング(カミング アトラクションズ) バッグ¥18100/シップス 渋谷店(ミロス) ピアス¥1618/サードオフィス(ROOM) リング¥16100/ビヨンクール大阪髙島屋店(ガス ビジュー)細見えテク3:ネックレスとバッグでダブルIラインロングチェーンとショルダーのひもで縦感を印象づける作戦。ワンピース¥26000/アンシェヌマン(フローレン) ニット¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 パンツ¥27000/CASA FLINE表参道本店 バッグ¥5900/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ハリン) イヤリング¥1300・ネックレス(プレート)¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) ネックレス(チェーン)¥8500/フォーティーン ショールーム(インムード)細見えテク4:素材感の違うものを重ねるメリハリが生まれれば、白同士でも膨張して見えない。ワンピース¥5250/merlot(メルロー) ニット¥2900/ラコレ ジャケット¥38000/CASA FLINE表参道本店 靴¥38000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥3990/キャン(テチチテラス) スカーフ¥16000/スローン ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ)細見えテク5:黒じゃなく茶色のタートルで締める白いシャツや白いワンピースを着る日に締め色のタートルを重ねてまったり見せない鉄板テクニック。今までなら黒いタートルを選んでいたけど、この冬はぜひそれをブラウンに変えてみて。黒よりも優しげで、コーデが女らしくブラッシュアップされるから。シャツ¥26000/CASA FLINE表参道本店 ニット¥24000/バトナー メガネ¥48000/アイヴァン 7285 トウキョウ イヤリング¥21900/セシル・エ・ジャンヌ バングル¥51000/バフ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/安島晋作 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/内田理央(モア専属) 土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子
  • おしゃれプロたちが通っている“おしゃれパトロールアドレス”を大公開! 新宿・千駄ヶ谷編では、駅直結で便利な「ニュウマン新宿」と、LAの香りを感じられる「ロンハーマン千駄ヶ谷」をご紹介。NEWoMan SHINJUKU《ニュウマン新宿》駅直結でゆったり買い物が楽しめるアロマ香る館内には、上質ベーシックが得意なアパレルやジャンルを超えた店が並ぶ。【Recommend】 「ラインナップが大人目線で見応えがあります。コスメから生活雑貨までそろい、ルミネ系列だからカードでお得に。」(スタイリスト 徳原文子さん)   「多くのブランドを一気にチェックできるので、路面店より効率よく時短でリサーチできます。立地も便利!」(スタイリスト 池田メグミさん)オリエンタルな要素をちりばめたコットンワンピースや、アシンメトリーな花柄スカートは必見。ワンピース¥64,000・スカート¥60,000(ともにイザベル マラン エトワール)〈取り扱いブランド〉 メゾンキツネ、ROKU、ドローイングナンバー、エストネーションなど【SHOP DATA】 東京都新宿区新宿4の1の6 ☎03・3352・1120 11:00~21:30(土・日曜、祝日11:00~21:00) 一部営業時間の異なるショップあり 不定休Ron Herman《ロンハーマン千駄ヶ谷》LAの香りを感じる衣食住を届けるリラックスできる温かみのある空間と、独自の世界観あふれるセンスにファンが多い。【Recommend】 「LA発ですが魅力的な世界観をつくり上げたのはこの店舗。エレガントとカジュアルのミックスかげんが好み。」(スタイリスト 室井由美子さん)   「つい行きたくなるワクワクするお店。店内でひと目惚れも多く、旬のブランドリサーチにもよく出かけます。」(スタイリスト 徳原文子さん) 大人ピンクのレザープリーツは、エブールとのコラボ。¥98,000(エブール フォー ロンハーマン)〈取り扱いブランド〉 メゾン マルジェラ、ザ ロウ、セシリー バンセンなど【SHOP DATA】 東京都渋谷区千駄ヶ谷2の11の1 ☎03・3402・6839 ◇ウエア・雑貨 11:00~19:30 ◇カフェ 9:00~21:00(LO20:00) ◇センス 11:00~21:00 不定休撮影/坂根綾子 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2020年2月号掲載
  • 冬物はもう要らない?私もそう思っていました。でも掘り出し物はあるのです。春色先取りも良いけど、まだ1月。今はシルエットで遊んでも良いかも⁈冬物に飽きたとき、色物で気分を変えるのも良いですが 私は「シルエット」を変える事が多いです。 ワイド系からちょっとブ―ツカットよりのパンツ ロング丈のスカートからミニ丈へ シルエットが変わると、それだけで新鮮です。 こちらのニットとパンツはAWですが、 気分を変えるのにはちょうど良いシルエットトップスはざっくりしていながらも、短め丈。 長めざっくりニット×ワンピ/スカートも良いですが、 このくらい短いトップスとのバランスも新鮮 パンツもこの懐かしのシルエットが、今は好きです どちらも、新宿伊勢丹「ReStyle」内にあるブランド。 FINAL SALEで70%OFFくらい? 「ReStyle」は「HYKE」「AURALEE」「Mame Kuroguchi」など、 セレクトが良くおススメです‼ FINAL SALE品でも、 気分を変えてくれる素敵な出会いはあるので ぜひチェックしてみてください!美女組No.155 ritsukoのブログ
  • 「モデルじゃない」おしゃれプロたちに学ぶ、着やせアイテム&テク。太ももとおなかまわりが気になるというスタイリスト吉村友希さんが愛用するジャケット、パンツ、オールインワンをご紹介。 スタイリスト 吉村友希さん 158㎝ 上品で洗練されたフェミニンなスタイリングに定評。本誌でもたびたび組まれるおしゃれでバランス上手な私服の特集は毎回大反響。 【お悩み】《おなかまわり》《太ももの張り》 ・学生時代、運動をやっていたので太ももが太い・年齢とともにおなかが少したるんできた 【マイベスト1】CINOHの「ウエストマークジャケット」 「腰位置高めにベルトが設定されているので、脚長効果抜群! 気になるおなかと太ももを同時にカバーする着丈も◎。インナーには白を仕込んで、配色でも緩急をつけます」 JACKET : CINOHKNIT : gicipiPANTS : SONOBAG : LOEWEBOOTS : NEBULONI E. 【マイベスト2】コルピエロの「センタープレスパンツ」 「一見細身なパンツですが、腰まわりと太ももにほどよくゆとりのある優秀なシルエット。ニットはインにせずおなかをふんわりカモフラージュ」 PANTS : Col PierrotKNIT : UNITED ARROWSBAG : FLYNNSHOES : NEBULONI E. 【マイベスト3】ソーノの「ブラックオールインワン」 「細見えするようこだわり、コラボさせていただいたアイテムです。落ち感のある素材でラインを拾いすぎないんです。ポインテッドトゥの足もとでより印象を引き締め」 ALL-IN-ONE : SONOBLOUSE : J&M DAVIDSONBAG : BLEUETSHOES : LAURENCE ここが着やせポイント 【POINT 1】どこか一部に鋭角を取り入れる服や靴など一カ所は着やせに即効力のあるシャープなラインを設けます。V字のラインで後ろ姿もすっきり 【POINT 2】チェーンバッグでポイントをつくる華やかなチェーンバッグやジュエリー使いでポイントをつくり目線を散らしつつ、のっぺり見えを防止します 【POINT 3】女らしいヒールの足もとでメリハリ細めのヒールやポインテッドトゥの女らしいパンプスで足もとをシュッとさせれば、着やせ効果は倍増! 締め色で全身のラインを補整し、太もものラインを隠すシルエットを選ぶ “着やせ”を考えるときにまず選ぶのは、締め色アイテム。ネイビーやブラック、濃いブラウンを活用すれば、難しいテクニックなしで印象が引き締まります。見せたくない部分は、さりげなく隠してしまうのも手。私の場合は、張っている太もものラインを拾わないややゆとりのあるパンツを選んだり、スキニーパンツをはくなら太ももまでかかる着丈のアウターでカバー。近ごろ気になってきたおなかも、ダークトーンのふわっとしたニットで覆い隠し、スマートな印象に仕上げます。 撮影/目黒智子、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/KITA〈Nor.d 〉 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/道端舞子 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載
  • まだまだ寒い日が続きますが、春が待ち遠しいですね♪春色スカートを1点取り入れることでグッと新鮮なコーディネートに。オフィスにも、休日にも春を!こんにちは、masakoです。 今日は中学校の制服採寸に行きました。 大きめの真新しい制服に身を包んだわが子を見て あらためて春から中学生なんだな、と実感しました。 ファッションでも春が待ち遠しいですね。 そろそろ冬のコーディネートも ちょっと飽きていたとはいえ 本格的な寒さはまだこれから。 そんな中、見た目も寒そうな 春を先取りしすぎた感じは まだ気温が低い日には避けたいですよね。 そこで見た目は春色で 素材はウールのスカートを選びました。 私が思う春色取り入れのポイントは / ①色ものに抵抗がある場合は  ボトムスなど顔から遠いところから挑戦する。 ②春色アイテムは「1点だけ」投入して  それ以外はシンプルな色味にする。 ③色が甘めな分、形は甘すぎないようにする。 \ といったところを考えました。 coat:ADORE knit:UNIQLO Skirt:Nolly'sベージュジャケットと合わせてグレージャケットとコーディネート こちらのスカートは やわらかくあたたかな 風合いが特徴のブークレ素材。 形はタイトスカートですが 大きめなポケットがアクセントのスカート。 現在セールになっているようです!⇒NOLLY'S ブークレータイトスカート 平日はジャケットスタイルも多いので ネイビーやグレーといった 定番のジャケットを合わせました。 パーソナルカラーは スプリングということもあり 春色のお洋服を見るとワクワクします。 本当に暖かくなるのが待ち遠しいです。 今日もお読みいただき ありがとうございました! 美女組No.177 masakoのブログ
  • ファッションエディター坪田あさみさんがアラフォーに向けて提案する日々のちょっとしたおしゃれのコツ。今回は、坪田さんが愛用する大判カシミアストールのおしゃれなつけ方を伝授します。坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にフリーランスのエディター・ライターとして活躍。2月から日本橋髙島屋S.C.新館にて月一回の連続講演プログラム「dot me 日本橋の#夜活」を開催予定。詳しくはインスタグラム@asamit1201をチェックして。創業1797年創業、200年以上もの歴史を持つジョンストンズというスコットランドのカシミアブランドが、日本の多くのセレクトショップに並ぶようになってすでに長い年月が経ちます。 触れた時の滑らかさ、暖かさはこれまで知っていたはずのどのカシミアとも違い、愕然とそして感動したのを今でも覚えています。 そしてこれは当たり前なのですが、一口に上質と言われるものの中にも、実は大きな差があるのだということに改めて気づかせてくれたブランドでもありました。  ▲ある日のジョンストンズを使った着こなし。グレー系ブロックチェック柄をライダースジャケットにオン。首元にボリュームが出るように立体的に巻くのがポイント。ストール/ジョンストンズ ライダース/S.W.R.D ニット・バッグ/ドゥロワー パンツ/イウエン マトフ ピアス/マリハ スニーカー/コンバース それはカシミアだけでなくウールもリネンも、シルクもレザーもすべてそう。わかりやすくひとくくりに “上質”と語られることが多いものでも実はピンキリ。価値のあるものに投資をしたいと思っている人は、本当によいものを見て、触れて、体感して、言葉などの情報だけに頼らず“知る”ことはとても大切だと思っています。 実はこれは洋服だけでなく、家具にも言えること。私は家具に使われている木材が上質であるかどうかだいたいわかります。言葉では説明できない感覚が毎日触れて使うことで、知らず知らずのうちに身についているのだと思います。 話は戻ってカシミアで言えばやはりジョンストンズは別格です。これが一枚あれば、冬は安物のコートだけでも乗り越えられるのではないかと思うほど。 なので「これぞ!」というアウターを見つけられない年はカシミアストールに投資するというのも、間違いのない選択だと思います。最上級のカシミアを、アウターに比べればリーズナブルに買うことができますしね。 ちなみに10年近く前に買ったものと、最近仲間入りしたものを比べても、手触りや見た目、暖かさなど全く遜色がありません。自宅の洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っているにもかかわらずです!上質なもののすごさをこんなところでも実感します(もちろん洗濯される場合は自己責任で!私は一切責任は持てません〜笑)。  ▲また別の日はウールジャケットにブラウン系ブロックチェック柄のストールをひと巻き。首元が暖かいだけで全身の保温力がアップ。全体的にブラウンでまとめたカジュアルなワントーンコーデ。ストール/ジョンストンズ ジャケット/アパルトモン ドゥーズイエム クラス パンツ/エイトン コート/ブランカ バッグ/ドゥロワー サングラス/ブラン▲ブロックチェックは私が好きなジョンストンズの定番柄のひとつ。柄物ながら無地感覚で使えて便利。最初の写真で着用していたのは真ん中のジョンストンズ×ハウントのコラボで、チャコールグレー×ライトグレー。2枚目の写真で着用していたのも、ジョンストンズ×ハウントのコラボでブラウン×ブラック。一番左の赤のブロックチェックは10年以上前に購入した私のファーストジョンストンズ。  ジョンストンズのストールの魅力のひとつは190cm×70cmの大判サイズであること。このサイズは首元に立体感を出しやすいことにあります。 私は普段首元にぐるぐると巻くのが好きなのですが、小さなサイズのストールだとここまで高さを出すことはできません。マフラーのようになってしまい、暖かさもそこそこ、見た目もカッコよく決まりません。 今回は私が一番よくやっている首元を立体的にボリュームを出す巻き方を解説しますね。 ちなみに雑誌ではさまざまなストールの巻き方企画を毎年やりますが、私はほとんど変えません。95%はこの巻き方で冬中過ごしています(笑)。 ❶ 大判ストールは半分に折らず、全部開いた状態で肩にふんわりとかけます。 ❷ 端からくしゅくしゅと両手でまとめるように掴みます。ラフに雑なくらいがポイント。 ❸ 掴んだストールを反対側の肩にふわっと乗せます。もう片方も同じようにします。 ❹ 端のフリンジの部分を、巻きつけたストールの内側に下から適当に押し込んで形を整えたら完成です。 はい、めちゃくちゃ簡単ですね(笑)。なので鏡を見ずに外で歩きながらでもできます。 夜になってぐんと寒くなったら、大判ストールを開いてアウターの上からマントのようにかけても使います。ブロックチェック柄はそんな時も大げさになりすぎません。 まだまだ寒い日が続きますが、皆様風邪などひかれませんよう、ストールでしっかり防寒してお出かけくださいね! ▲無地タイプももちろん便利。私はアクセントになるイエローと定番のブラックを愛用。▲ジョンストンズの中にはニットタイプもあります。普通のカシミアタイプも軽いですが、こちらはさらにびっくりするぐらい軽く、バッグの中でもコンパクトに収納できるので旅先で重宝。持ち歩く時もストレスフリーです。【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
  • 「オフィスカジュアルで」というドレスコード指定が入ることも。就活生とは違う雰囲気にしたい! シンプルなジャケットは、内定式や入社式ほどフォーマルじゃないけれど、オフィスに顔を出す時に必須。明るいカラーを選んで印象よく。(IT会社勤務) 研修中は資料が多く、書類の提出も多いので、A4サイズのバッグは必需品。就活用ほど堅苦しくなく、女性らしいものを。(外資系コンサルティング会社勤務) 新入社員らしい雰囲気を早くも身にまとっておきたい3月。内定から入社後の研修期間にも役立つフレッシュなコーディネートで、できる新人らしく! ジャケット¥15000/ザ・スーツカンパニー 銀座本店(ザ・スーツカンパニー) シャツ(ボウタイつき)¥3900(n♥line Precious)・スカート¥8000(ANCHOR WOMAN)/洋服の青山 バッグ(24.5×43×15)¥13800/サマンサベガセレブリティ 新宿ミロード店※( )内の数字はバッグの場合、(縦×横×マチ)を、靴の場合、(ヒールの高さ)を表し、単位はcmです。 ▶︎▶︎ 新社会人が4月までに買っておくべきもの まとめはコチラモデル/岡本夏美 撮影/須藤敬一(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/KITA(Nord) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/久保田梓美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス 撮影協力/Zoff
関連キーワード

RECOMMEND