Jマダムがときめく新作がずらり! 「バーゼルワールド2019」で見つけた新作ウォッチ

Web eclat

胸が高鳴る!名品のアップデート

CHANEL(シャネル)

エクラ世代にも多くのファンをもつ「J12」の“何も変えずに、すべてを変える”という、謎かけのようなリニューアルが話題に。

プルミエール ヴェルヴェット

気高い輝きに胸が高鳴る「プルミエール」の新作。ケースバックの素材がチタンのこのモデルは軽量で求めやすい価格もうれしい。サテンのように見えるストラップはベルベットタッチのラバーで、女性の日常によりフィットする機能性も。(19.7×15.2㎜、18KYG×D×チタン、クォーツ、ラバーストラップ/秋発売予定)¥1,012,500(予価)/シャネル

カラーダイヤルのつややかさ!

Chopard(ショパール)

メンズウォッチのトレンドでもあるブルーやグリーンの文字盤を、きらびやかな解釈で。年月を重ねた石たちの豊かな色彩に吸い込まれる。

ルール・ドゥ・ディアマン

ラグジュアリーでいて若々しさにも満ちあふれ、色遊びも楽しいジュエリーウォッチ。ハードストーンから彫り出された文字盤は、上からマラカイト、オパール、ラピスラズリ。ベゼルのダイヤモンドセッティングの美しさにもため息。

(30㎜径、18KWG×D、自動巻き、レザーストラップ/秋発売予定)(上)¥4,490,000・(中)¥6,230,000・(下)¥4,590,000/ショパール ジャパン プレス

2019年はゴールドイヤー

BVLGARI(ブルガリ)

「ブルガリの時計は、年を重ねるほど似合う」とは、エクラ編集部スタッフのひと言。今年の新作も大人であることが心からうれしくなる“ときめき”に満ちて。

セルペンティ セドゥットーリ

揺るぎなきアイコン「セルペンティ」コレクションから登場した、ゴールドそのものの輝きを堪能できる新作。ケースはこれまでで最薄に。蛇のうろこを模したブレスレットはとてもしなやかで、肌をすべるように官能的なつけ心地。

(右)(33㎜径、18KPG×D、クォーツ)¥2,810,000・(左)(33㎜径、18KPG、クォーツ)¥2,370,000/ブルガリ ジャパン

スポーティ×エレガンス

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)

時計愛好家を永遠に魅了する「ノーチラス」のウィメンズモデルがアップデート。Tシャツにさらりと合わせても映える貫禄の名品。

レディス・オートマチック・ノーチラス 7118/1200A

ダイヤルはウェーブ模様が引き立つ新たなカラーリングに。ケースはやや大きくなり、舷窓にインスパイアされたデザインがよりくっきりときわだった。着用したまま4㎜まで長くできるブレスレットの新機能も優秀。

(35.2 ㎜ 径[10-4 時方向]、SS×D、自動巻き/ 秋発売予定)¥3, 710,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター

水彩色のクロノグラフ

CARL F. BUCHERER(カール F. ブヘラ)

クロノグラフの男性的なイメージを更新する、ほかにないウォーターカラーの新作。つけたときの肌映えのよさにもうれしくなる。

パトラビ クロノデイト

ハイクオリティなマザー オブ パールの光沢にもうっとりする、チャーミングな魅力を秘めたクロノグラフ。40㎜ケースの大きさを感じさせないフィット感で、ジュエリーをつけずとも、パンツスーツなど辛口な着こなしのアクセントに。

(40㎜径、SS×D、自動巻き、アリゲーターレザーストラップ/カーフレザーのスペアストラップつき/夏発売予定)¥1,160,000(予価)/ブヘラジャパン

注目は深みのあるグリーン

ROLEX(ロレックス)

多くのエグゼクティブにも愛される「デイデイト」。グラデーションがきれいな新色ダイヤルで、ちょっと差をつけて。

オイスター パーペチュアル デイデイト 36

深みのあるグリーンにグラデーションが施された新色のダイヤル。イエローゴールドのケースや3列リンクのプレジデントブレスレットによって醸し出されるクラシカルな表情を味わいたい。「デイデイト」の特徴でもある、6時、9時位置に配されたバゲットカットのダイヤモンドが美しく映える。

(36㎜径、18KYG×D、自動巻き/夏発売予定)¥3,300,000(予価)/日本ロレックス

同じブランドでおそろいに。パートナーとつけたい新作

愛好家からの人気も高い硬派なウォッチメーカーのレディスモデルは、同じブランドでそろえて、パートナーと“ペア持ち”もしたくなる。一方で、ファッション性の高いインパクトデザインの時計なら、そのままシェアして楽しむことも。注目の新作で、時計選びの夢は広がる。

凛と輝く小径モデル

HUBLOT(ウブロ)

クラシック・フュージョン チタニウム ディープブルー ダイヤモンド

ブルーのグラデーションと36個のダイヤモンドのマッチング。33㎜と小径で、華奢な手首にもなじむ日本限定の新作。ベルトは内側にラバーを縫い合わせ、装着感を高めている。同じ「クラシック・フュージョン」でパートナーとペアウォッチ的に楽しむのも。(33㎜径、チタン×D、クォーツ、アリゲーター×ラバーストラップ/6月発売予定)¥960,000/ウブロ

日本限定モデルに注目

BREITLING(ブライトリング)

ギャラクティック 29 スリークT ブラック マザー オブ パール

パイロットウォッチで名高いブライトリングのレディス日本限定モデル。ブラック マザー オブ パールのダイヤルが、シックでどこか神秘的な輝き。ベゼルには非常に傷がつきにくいタングステンカーバイドを使い、このブランドならではのタフな魅力も存分に。(29㎜径、SS×タングステンカーバイド×D、クォーツ)¥585,000/ブライトリング・ジャパン

「50」を記念したレアな一本

ZENITH(ゼニス)

エル プリメロ A386 リバイバル

歴史に名を刻む自動巻きクロノグラフムーブメント「エル・プリメロ」の生誕50周年を記念して、1969年当時のデザインを忠実に復刻させたユニセックスモデル。「50」に引っかけて、世界限定50本。保証期間も50年! 入手できたらラッキー。

(38㎜径、RG、自動巻き、アリゲーターストラップ/7月発売予定)¥2,070,000/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス

唯一無二のデザインで遊ぶ

GUCCI(グッチ)

グリップ

今年のバーゼルワールドで、最もデザイン面での話題をさらった一本! 内部のディスクが回転して、上の窓に時、中央の窓に分、下の丸い窓に日付を表示。ヴィンテージ感のあるルックスは、時計というよりバングルの感覚でつけられそう。大きいサイズも展開予定。

(35㎜径、イエローゴールドPVD、クォーツ/8月発売予定)¥220,000/ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン(グッチ)

心躍る華やかなシーンの相棒

Grand Seiko(グランドセイコー)

グランドセイコー

エレガンスコレクション

白蝶貝のダイヤルにブリリアントカットのダイヤモンドをイメージしたデザインを施し、ベゼルやリュウズなどに合計55個のダイヤモンドをあしらった華やかな新作。ケースは28.7㎜径と、機械式時計としては画期的なコンパクトさで、ジュエリーとの重ねづけアイデアもふくらむ。

(28.7㎜径、YG×D、自動巻き、クロコダイルストラップ/6月8日発売)¥3,000,000/セイコーウオッチ お客様相談室

夜空に輝くわし座

Bell&Ross(ベル&ロス)

BR S

ブラック ダイヤモンド イーグル

女性スタイリストにもファンが多い、正方形ケースが特徴の「ベル&ロス」。わし座をイメージして配されたダイヤモンドがオールブラックのボディにキラリと映える、物語性を感じるデザイン。写真のストラップはサテン×カーフスキンで、ほかにセラミックブレスレットのモデルも。

(39㎜径、セラミック×SS×D、クォーツ)¥380,000/オールブルー

時計は生き方のメッセージ

CITIZEN(シチズン)

シチズン エル

紛争地域の宝石を使わないなど、「エシカル」にこだわる時計づくりが評価されるシチズン エル。新作のベゼルの両サイドに配されたダイヤモンドは「自分だけの、自分で手に入れた光輝く道をゆく女性」を、表面のガラスに埋め込まれたダイヤモンドはわき出る生命力を表している。

(29.4×22.4㎜、SS×D、エコドライブ、サテン風ストラップ/ 秋発売予定)¥85,000/シチズンお客様時計相談室

名品が時とともに重ねる 「進化」を目(ま)の当たりに

歴史あるブランドの美意識に。

繊細で時間のかかる手作業のすばらしさに。美しくセットされたダイヤモンドの輝きに。手もとを彩るウォッチに抱く「ときめき」は、そのバックストーリーに深く共鳴できるようになるアラフィー世代から、より強く大きいものに変わる。 

世界中から新作が集まる「バーゼルワールド」。これまでよりブランドの数は絞られたものの、時代にマッチした進化を遂げ、伝統ばかりではない「今」の魅力を携えたレディスウォッチが多数登場した。そのこまやかな更新ぶりにふれると、名品と呼ばれる数々の時計たちも、少しずつ前に進んでこそ「永遠」なのだと思い知らされる。 

なかには挑戦的な新しいモデルをデビューさせたブランドも。これから秋にかけて続々とブティックに姿を見せる新作。今から“ときめきの予行演習”をしておこう。
一生ものも探しているし、日常使いしやすい時計もチェックしておきたい。そんなアラフィー女性たちの新たな一本としてすすめたい“運命の時計”をピックアップ。1月のSIHHで話題をさらった新作「パンテール ドゥ カルティエ」の魅力を、ジュエリーディレクターとしても活躍する伊藤美佐季さんがご紹介。
アラフィー世代にも多くのファンをもつ「J12」をはじめ、胸が高鳴るようなシリーズを多数登場させているシャネルから新作ウォッチが到着。アラフィー女性たちに似合う、注目のモデルをピックアップ。
取材・文/本誌編集部 ※この特集中の素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド。 ※エクラ7月号掲載
関連記事
  • 休日メイクにおすすめのコスメ&メイクテクまとめ♪イベントの多い夏こそ、休日メイクやアフター6のメイクを盛り上げたい! そんな願いを叶えるアイテムで、休日メイクの幅を広げてみては? プチプラも豊作♪ 今狙うべきコスメはこちら♡ [目次] 【休日メイク】イベントやデートにおすすめの休日メイク ALL1500円以下で休日コスメを買い足し! ハイライトスティックで休日メイクの夏肌感が加速! 休日のデートメイクは、”つやまぶた”と”ふさふさまつ毛”がカギ♡ 休日のデニムコーデの日はメイクをコーデと逆のテイストに 【休日メイク】ベストコスメ・休日メイク部門 ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【休日メイク】イベントやデートにおすすめの休日メイク ALL1500円以下で休日コスメを買い足し!単色シャドウは「涼感シルバー」「夏イエロー」「偏光パール」の3択休日メイクの定番買い足しと言えば単色アイシャドウ。この夏買い足したい色は、パキッと目もとが明るくなるイエロー! 単色でも重ねても使えるラメは、涼しげなシルバーか甘さのある偏光パールが可愛い♡トップス¥9500/アンシェヌマン(アナカ)ケイト ザ アイカラー、エクセル シャイニーシャドウ N❶ゴージャスなラメの輝きが、華やかかつシャープな目もとに仕上げる。ケイト ザ アイカラー 004¥650(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品❷大粒のパールが、ドラマティックな目もとを演出。人気のブルーグレーが、清涼感を生み出す。エクセル シャイニーシャドウ N SI02¥1000/常盤薬品工業ヴィセ アヴァン シングルアイカラー、マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ ❸今季トレンドのイエローは、肌なじみのいいライムイエローでこなれアイに。発色も抜群の美しさ。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 039¥800(価格は編集部調べ)/コーセー❹夏の日差しを受けてほんのりきらめく、微細なパール入り。マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ YE232¥500/資生堂リンメル プリズム パウダーアイカラー、イニスフリー マイグロウ❺まばたきをするたびに大粒のパールが輝きを放つ。ライトパープルが、クールな色気を与えて。プリズム パウダーアイカラー 006¥800/リンメル❻偏光パールがツヤのある表情を引き出す。ハイライターとしても使えるマルチな逸品。マイグロウ 02¥650/イニスフリーデートには新生『オペラ』のモテリップ!!男子ウケ抜群の王道モテリップ『オペラ』がリニューアル! デート中も落ちにくい「リップティント」は女っぽいカラーが充実。「シアーリップカラー」はみずみずしいツヤとシーンに合わせたカラバリで選んで。❶❷シアーリップカラー RN ❶03・❷06各¥1200・❸❹ティント処方で自然な血色感を引き出してくれる。リップティント N ❸08・❹07各¥1500/イミュ →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る▲【休日メイクにおすすめのコスメ特集】トップに戻る ハイライトスティックで休日メイクの夏肌感が加速!日差しをも味方につけるハイライトスティックが大活躍! チークにもアイカラーにもとマルチに使えるので、この夏、メイクのバリエーションが増えること間違いなし。キャミソール¥9200/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ラヴィソン ラヴィエール)メイベリン ニューヨーク マスターストロビングスティック、フーミー マルチグロウスティック ❶繊細なグロウ感が、顔にツヤ感と立体感を与える。ナチュラルな色味をチョイスして、ヘルシー肌へ。マスターストロビングスティック 01¥1000/メイベリン ニューヨーク❷ツヤと大人の血色感が夏の肌に映えるブロンズカラーが魅力。フーミー マルチグロウスティック brother¥1800/Clueアフター6にくすみマットで10秒チェンジロレアル パリ ルージュシグネチャー 仕事後にメイクをオンからオフに切り替えるには、しゃれ感が一気に増すくすみマットが使える!❶❷唇の質感がうっすら透けるソフトな発色。マットでも潤いのある唇が持続する。ルージュシグネチャー ❶105・❷116各¥1800/ロレアル パリレブロン ウルトラ HD マット リップカラー❸❹ベルベットのような、なめらかなつけ心地で、上品な印象が手に入る。ウルトラ HD マット リップカラー ❸018・❹705各¥1500/レブロン →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る▲【休日メイクにおすすめのコスメ特集】トップに戻る 休日のデートメイクは、”つやまぶた”と”ふさふさまつ毛”がカギ♡アイメイクはあえて“隙だらけを狙う”のが愛される秘訣ってしってた?ゆっくり過ごす休日やカジュアルなアウトドアなど、素を見せて楽しむデートは、お互いの距離を縮めるチャンス。まぶたに血色感とつやをにじませて、たっぷりまつ毛で彼の視線をくぎづけにする。そう、好かれるには、「つやまぶた」と「ふさふさまつ毛」で十分なんです♡ニット¥22990/ロコンド トーキョー内 マンゴ原宿店(マンゴ) リング¥23750/A few❶瞳の色になじむ色設計のパウダーアイシャドー。まぶたの立体感を際立てるつやと輝きが美しい。マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303¥2800(価格は編集部調べ)/資生堂 ❷肌トーンで選べる色設計で、粉飛びせずなめらかな仕上がり。ヴィセ リシェ マイヌーディ アイズ BE-2(2/16発売)¥1200(価格は編集部調べ)/コーセー ❸ヨレにくい耐久性とお湯落ちが両立。ラブ・ライナー リキッド ダークブラウン¥1600/msh ❹黒よりやわらかく、ブラウンよりインパクトのある絶妙なブラウン。モテライナー リキッド ブラウンブラック¥1500/フローフシ ❺リフトアップに優れ、細いまつ毛もキャッチするブラシが優秀。ウォータープルーフマスカラ。ラッシュ クイーン コブラブラック WP 01¥4800/ヘレナ ルビンスタイン ❻ひと塗りでくっきりとしたボリュームが出る。まつ毛のカーブを持続させる成分配合。ケイト ラッシュフォーマーWP ボリューム¥1400(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品① アイシャドーaとcを混ぜ上まぶたの中央、目の際から縦長に入れてまつ毛を引き立てる② ①と同じ色を下まぶたの黒目下にチップで点置きする。うるっと印象で愛され感アップ!③ ビューラーはまつ毛の根元だけ3回はさむ。カール感よりぱちっと開いたまつ毛に④ マスカラは根元からたっぷりと、左右にジグザグと動かしながら毛先までしっかり塗る⑤ 下まつ毛にもマスカラをたっぷりと。短い毛もブラシで丁寧にキャッチして塗って →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る▲【休日メイクにおすすめのコスメ特集】トップに戻る 休日のデニムコーデの日はメイクをコーデと逆のテイストに服がシンプルならメイクはほんのり甘く&愛らしくが正解なんです!パンツ¥28000/エスストア(シー) カットソー¥15000・バッグ¥7000/フィーニー タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ新宿店 靴¥58000/ピルグリム サーフ+サプライ(マルティニアーノ) イヤリング¥1300・リング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER)今年顔なのは淡い色の シガレットタイプ。あとは深く考えず、 着たい服を合わせればOK。 その自由度が、デニムの楽しいところ。(大平典子さん)こんな辛口シンプルならチークで甘さを。逆にコーデが甘ければメイクは辛口に。甘辛のテイストMIXを顔と服で!(河嶋 希さん)★はモデル使用色です❶クリーミーな質感のパウダーで、粉っぽさゼロ。ブラッシュ カラー インフュージョン 01¥3500/ローラ メルシエ ジャパン❷ほおが美しくつやめく。ブラッシュクチュール 6¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテピンクチークをほお全体に広く、ふわっと入れてにじみ出るような血色感を。チャーミングな愛らしさにキュン。 →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る▲【休日メイクにおすすめのコスメ特集】トップに戻る 【休日メイク】ベストコスメ・休日メイク部門【ベストコスメ・休日メイク部門】アイシャドウ「カラフル♡休日メイク部門」のきれい色アイシャドー、3アイテムを紹介週末は思いきり気分を変えて、華やかな色を味方に! 特に目元は、思いっきり遊びたい部分。今回紹介するきれい色アイシャドーがあれば、誰よりおしゃれなアイメイクに♡コート¥68000/ランチフィールド(ランブルレッド)【休日メイクのきれい色アイシャドー1】ルナソル/マカロングロウアイズ 01ルナソル マカロングロウアイズ 01¥5000/カネボウ化粧品ラメが上品&肌になじむピンクで派手になりすぎない(増川あみさん)ポップなピンクだけど、発色がまろやかで優しい目もとに♡(chisaさん)女性らしい赤みブラウンメイクもガーリーなピンクメイクも、これひとつで簡単!(立花さん)【休日メイクのきれい色アイシャドー2】NARS/ハードワイヤード アイシャドー 5345ハードワイヤード アイシャドー 5345¥2500/NARS JAPAN華やかさと大人っぽさ、ダブルで欲張れる絶妙カラー(石橋里奈さん)見てるだけでアガるキラッキラのパープルピンク。質感で魅せるメイクがトレンドの今、まさにベストな一品(小川さん)下まぶたに細く入れると女らしさ急上昇!(モチコ)【休日メイクのきれい色アイシャドー3】SUQQU/デザイニング カラー アイズ 11デザイニング カラー アイズ 11¥6800/SUQQU簡単にしゃれた目もとをつくれる色合わせはさすが!(室橋佑紀さん) 右上単色だとデイリーに、休日なら左下を下まぶたに、など使い回しがきくパレット♪(陶山さん)アクセントにしやすいピンク&ブルーグレイ。ラメも美しい!(久保さん) →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る【ベストコスメ・休日メイク部門】リップ「カラフル♡休日メイク部門」の今っぽリップ3選を紹介Gジャン¥15000(ヘルシーデニム)・カットソー¥11000(ルミノア)/ゲストリスト イヤリング¥2800/サンポークリエイト(mimi33)【休日メイクの今っぽリップ1】セルヴォーク/ディグニファイド リップス 23ディグニファイド リップス 23¥3200/セルヴォーク黄みがかったベージュは唯一無二。おしゃれ顔への最短ルート!(久保フユミさん)予約して1カ月待ってゲット。黄みと茶色みのあるオレンジで、塗ると色白に見える!(森山さん)赤リップ以外でおしゃれリップを手に入れるなら、絶対これ!(前野さん)【休日メイクの今っぽリップ2】イヴ・サンローラン/ルージュ ピュールクチュール ザ スリム 18ルージュ ピュールクチュール ザ スリム 18¥4300/イヴ・サンローラン・ボーテレザーのようにしなやかな質感で、唇をドラマティックに彩る(編集長タワラ)塗り心地としっかりつく色味がお気に入り。塗り方によって雰囲気を変えられます(林さん)大人のマットレッド。口角まできれいに塗れる独特のフォルムも◎(タカド)【休日メイクの今っぽリップ3】エレガンス クルーズ/ライブリー ルージュ LV02エレガンス クルーズ/ライブリー ルージュ LV02¥2500/エレガンス コスメティックスみずみずしいつや感と、軽やかな発色。大人の愛らしさを楽しめる!(矢野 愛さん)シアーな色づきで、誰にでも似合うラベンダー。大人の品格と好印象を与えてくれます(井上さん)初めて青み系のリップを素敵と思った一本。悪目立ち一切なし(アツ) →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る【ベストコスメ・休日メイク部門】ネイル「カラフル♡休日メイク部門」の優秀ネイル3選を紹介ニット¥14800/ビショップ(モリス&サンズ) リング¥13200/ソムニウム【休日メイクのさし色ネイル1】コフレドール/カラーエナメルネイル DB-03コフレドール カラーエナメルネイル DB-03¥900(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品指先が、一気にモードな表情に。辛口ダークブルー(内田芙美さん)小さな面積でぴりっとスパイスをきかせるのが今の気分。一見黒みたいな深い発色、おしゃれすぎ!(アツ)ゴールド、シルバーどちらのアクセともしっくり(モチコ)【休日メイクのさし色ネイル2】ジバンシイ/ヴェルニィ・ジバンシイ 06ヴェルニィ・ジバンシイ 06¥3000/パルファム ジバンシイ濁りのない鮮やかなトーンが指先に自信をくれる(中島 彩さん)赤ネイルほど緊張せずにつけられるのに、必ず指先に目がいく美しい色(岡本さん)ダークなバイオレットカラーが、大人の品や色気をプラス。発色も最高(KUBOKIさん)【休日メイクのさし色ネイル3】ネイルズ インク/ネイルピュア(モデル ビヘイバー)ネイルズ インク ネイルピュア(モデル ビヘイバー)¥2600/ティー エー ティーシーズン問わず使えて、どんな服とも相性がいい洗練ブラウン(渡會由希さん)ターメリックっぽい黄みブラウンが新鮮。単色塗りでも“今っぽくてセンスがいい指先”に(小川さん)一気にこなれた印象に。もちのよさも素晴らしい(鵜飼さん) →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る【ベストコスメ・休日メイク部門】アイライナー「カラフル♡休日メイク部門」のお遊びライナー3選を紹介イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33)【休日メイクのお遊びライナー1】シュウ ウエムラ/ウォーターペイント:インク(インディゴ ブルー)ウォーターペイント:インク(インディゴ ブルー)¥3400/シュウ ウエムラ主役級の存在感と、品のよさを両立できる知的ブルー(井上ハナエさん)透け感がある発色なので、怖くならず黒と同じ感覚で使えます。本当に落ちない、ヨレない!(石橋さん)目尻にぴっと入れるだけでメイクの鮮度UP(堀越さん)【休日メイクのお遊びライナー2】フーミー/マルチライナー comeonフーミー マルチライナー comeon¥1500/Clueするすると描けるのに、一日中驚くほど落ちない!(森山和子さん)入れ方次第でヘルシーにも色っぽにも♡ つやめく“おてんば”なキラキラオレンジ!(イガリさん)下まぶたや際に入れると一気に目もとが明る(paku☆chanさん)【休日メイクのお遊びライナー3】ヴィセ リシェ/カラーインパクト リキッドライナー RD440ヴィセ リシェ カラーインパクト リキッドライナー RD440¥1000(価格は編集部調べ)/コーセーお手頃価格もうれしい! 少し引くだけでメイク上級者に!(岡本静香さん)しっかり発色してヨレにくいので、メイクオフの時までくすまない!(森さん)目尻など繊細なラインがテクいらずで描ける、コシのあるブラシもGOOD(矢野さん) →休日メイクにおすすめのコスメを詳しく見る▲【休日メイクにおすすめのコスメ特集】トップに戻る 休日メイクにおすすめのコスメ関連特集もチェック♪【加治ひとみさんがお手本】2019夏のモテコスメ特集 - 婚活リップや恋コスメなど、モテに効くベストコスメはこれ!ゆうこす(菅本裕子さん)のメイク特集 - モテクリエイターゆうこす直伝の夏モテメイクまとめカラーメイク特集 - 春夏におすすめのイエローやグリーンなど、初心者さんでもトライしやすいメイクのやり方夏メイク特集(2019年版)- 夏のカラーメイクにおすすめのコスメや、オフィスメイクまとめプチプラコスメブランド特集《2019年春夏》- キャンメイク、セザンヌetc. リップやファンデーションなど高コスパな化粧品まとめ
  • ブラウンのノースリーブカットソーが、着こなしを広げてくれる!夏のスタメントップスって、毎年少しずつ変わるもの。MOREが断言します。今年っぽい白Tを手に入れたら、次に買うべきは【ブラウンのノースリーブカットソー】です!! ベーシックだけどトレンドのブラウンで、腕が見えるノースリーブ。つまりポップにもシックにも似合う、今っぽくて女っぽくにだってなれちゃう、まるで魔法みたいなアイテムなんだもん♬買うならこれです! ブラウンノースリーブカットソー4選今っぽいのに脇役になれるところも魅力。キャップやチェックシャツ。小物使いやアレンジも楽しめるから飽きない。カットソー¥4600/カージュ ルミネエスト新宿店(ジェリー) シャツ¥20000/グラストンベリーショールーム(ジェームス モルティマー) スカート¥27000/インターリブ(サクラ) 帽子¥1430(価格は編集部調べ)/三浦商事(ニューハッタン) イヤリング¥900/お世話やカジュアル感と上品さが絶妙な赤みブラウンとフレンチスリーブ。¥4000/ジーナシスくすんだブラウンがコットンの風合いとマッチして、ヴィンテージのようなこなれたムードたっぷり。¥7000/ラ ジュンヌ ブティック(フィルメランジェ)なめらかでやや光沢のあるオーガニックコットンを使用。デザインがシンプルな分、カジュアルすぎない上質素材がうれしい。¥2500/ローリーズファーム ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/東 京祐(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞 スタイリスト/石上美津江 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES
  • 汗も皮脂も気になる季節に盛れる&崩れにくいメイクって? 紫外線に負けず、美肌を守るには? ――そのお悩み、プロが解決します!\回答してくれたのはこの方々/  美容ジャーナリスト鵜飼香子さん  美容誌『MAQUIA』のエディターを経て独立。女子たちのライフスタイルに沿った美容法を提案してくれる。  ヘア&メイクpaku☆chanさん トレンド感満載のメイクとモチッとした美肌作りに定評があり、ファッション誌でも美容誌でも引っ張りだこ。 ▶▶A リキッドのキラキラシャドウなら一日中映える&崩れにくい!「密着度の高いリキッドのグリッターなら落ちにくく、夜まできらめきが持続。黒目の上下だけにのせて輝きを楽しむのが今っぽ。まぶた全体に広げると、古い印象になってしまうので注意して!」(pakuさん)ブラウス¥5900/dazzlin イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya)ミラーホリック リキッドアイズ BE101 ¥1350/エチュードハウス キラキラの微粒子グリッターと、偏光パールで華やかな目元を演出。上まぶたの黒目上に 黒目の上部分に二重幅を避けてアイカラーをのせ、指でなじませる。 黒目下にも少量ON つけ足さずに①の残りを黒目下にのせ、指でトントンとなじませる。
  • ブランド誕生から20年の節目を迎えたルナソルが、この秋コンセプトを刷新。これまでの“上質感”や“洗練感”はそのままに、新たなキーワード「EGOISTIC - CHIC」を加え、よりモード感のあるブランドへと生まれ変わる。 リニューアル第一弾となる秋新色は「ILLUMINATING COLOR GLOW」がテーマ。揺れるオーロラや鉱石の輝きなど、自然界で美しく発光するものにインスパイアされたコスメが出揃った。 ルナソル アイカラーレーション 全4種(限定1種) 各¥6,200(2019年8月16日発売)まず注目したいのが、ルナソルを象徴する4色セットのアイシャドウ。ベージュ系を基調とした従来のラインナップから一転、オレンジやブルー、パープルといったカラフルな色使いに驚くが、そこはさすがのルナソル、絶妙な色設計でどれも肌に溶け込むようになじむから、インスピレーションのおもむくまま自由なメイクが楽しめる。使うときは、まぶた全体に右上のイルミネイティングカラーをなじませてから他の色を重ねればOK。鮮烈な色と繊細なきらめきで、立体的なまなざしが完成する。 ルナソル ドレスフォーリップス 全10種(限定2種) 各¥4,200(2019年8月16日発売) リキッドタイプのリップカラーとグロスが1本になったWエンドのリップは、一挙に10種類(うち2種は限定)が登場。リップカラーは唇をふわりと染め上げるマットタイプ。そこに、多彩な輝きを溶け込ませたツヤグロスを重ねれば、ふっくらとした立体感のある唇に。単色で使うのはもちろん、2色を組み合わせることで色と光が揺らめき、魅惑の唇をかなえてくれる。 ルナソル グラムウィンク 全8色(限定2色) 各¥3,200(2019年8月16日発売) オイルベースの単色アイシャドウは、大きさの異なるパールをツヤ感の高いオイルに浸すことで、奥行きと深みのある輝きを実現。ひと塗りでまぶたの立体感を際立たせ、印象的な目もとに仕上がる。こちらは限定2色を含む全8色展開。 ルナソル カラーリンググレイズ 全3種(限定1種) 各¥6,200(2019年8月16日発売) 頰ににじみ出るような血色感を宿すブラッシュカラーと、立体感をもたらすイルミネイティングカラーの2色をセットしたチークカラー。鮮やかな色と、肌そのものが発光しているかのようなツヤのバランスで、表情までもいきいきと引き立てる。 ルナソル ニュアンスアイライト 限定1色 ¥2,200(2019年8月16日限定発売) 上品な光沢感のあるラベンダーカラーの限定アイライナー。ほのかなラベンダーニュアンスで、くすみが気になる目元をパッと明るく照らす1本は、大人世代の心強い味方に。柔らかなタッチで描きやすく、汗・水・皮脂にも強いから下まぶたにも使いやすい。 ルナソル ネイルカラー 限定3色 各¥1,500(2019年8月16日限定発売) 洒落た指先を演出するネイルカラーはすべて限定色。グレイッシュなEX01 スレートブルー、サクラ貝のような神秘的な輝きのEX02 オーロラシェルのほか、シルバーパールをひそませたEX03 フォックスベージュは品の良い仕上がりで、オフィスから休日まで、あらゆるシーンで使えそう。 モードラバーにとって、これからの展開がますます楽しみな新生ルナソル。まずは秋のメイクアップコレクションから、新しい魅力に触れてみて! ルナソルhttps://www.lunasol-net.com/0120-518-520 text:Tomomi Suzuki >>ビューティニュース ⇩ルナソルの秋コレクションを一挙にチェック!
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day20は、コンパクトな上半身と、スカート部分のボリューム感でメリハリのあるシルエットを形成してくれる一枚。海辺のレストランまでパートナーと夕涼みドライブへ。day 20海辺のレストランまでパートナーと夕涼みドライブ上半身はコンパクト、スカート部分はギャザーたっぷりでボリュームを。このバランスが全身をすっきり見せてくれる。 ワンピース¥32,000 /ゲストリスト(アッパーハイツ) ネックレス¥58,000/ KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) スカーフ¥37,000 /フィーゴ(ピエール=ルイ・マシア) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥29,000/ウィム ガゼット 青山店(イル サンダロ オブ カプリ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • Tシャツ¥990/GU ワンピース¥15800/メゾン スペシャル キャップ¥3990/バロックジャパンリミテッド(SLY) バッグ¥4620/Edit Sheen イヤリング¥5000/LIFE’s 代官山店(TODAYFUL) 靴¥5500/NUOVO この夏一枚は持っておきたいくすみグリーンのシンプルT。デニムやスカート合わせもいいけど、トレンドのキャミワンピを重ねたら今っぽさが格段にアップ。渋色同士でまとめたら、バランスはちょっぴりやんちゃなのに大人っぽさをちゃんとキープできるよ。モデル/馬場ふみか 撮影/嶌原佑矢 ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶カジュアルコーデ記事一覧はコチラ
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 富岡さんの私服スタイルに欠かせないオールブラック。今年は肩パッド入りTシャツに挑戦して装いを刷新。SUMMER STYLE3挑戦アイテムでもある肩パッド入りのTシャツは、自分らしいオールブラックで着る富岡さんの私服スタイルに欠かせないオールブラックを、パワーショルダーのTシャツで更新。「肩パッドって、エクラ世代にとっては2周目のアイテム。最初は抵抗感があったものの、黒のTシャツだったらいけるかなと思って。着慣れた黒デニムと一緒に、自分らしくコーディネートしました」。 サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)【ITEM LIST】 TOPS:DRIES VAN NOTEN DENIM:RE/DONE WATCH:Cartier BRACELET/BAG:HERMÈS RING(LEFT):UNKNOWN RING(RIGHT):Hirotaka SHOES:CELINE“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムDRIES VAN NOTENのパワーショルダー「最初は肩パッド入りということで試着するのも躊躇したのですが、思いきって着てみると意外に大丈夫でした! 実サイズよりもひとつ大きめのサイズを選ぶことで、肩パッドがいい具合に体に収まったんです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • 「今はこれさえ着ればOK、という強力なトレンドアイテムがない時代。2019-’20年秋冬は、簡単にカテゴライズできないようなスタイルが多く見られます。そこでものをいうのがスタイリング力。何をどう重ねるか、が重要なんです」。そう分析するスタイリストの浜田さん。1点10万円以下のアイテムで、次シーズンのムードを先取りするモードなレイヤード術を完全講義! FUSAE HAMADA/STYLISTSPURをはじめ、多くのモード誌で活躍。徹底的なリサーチに基づきアイテムを厳選。実際に手に取り、体にまとってスタイリングを吟味する。その実践から生まれる的確で説得力のある言葉に、ひれ伏すモード信者も多数。クラシックなチェックと色・柄・ボリュームのぶつかり合いVネックのノースリーブドレス¥76,000・パンツ¥68,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) ペザントスリーブブラウス¥54,000/アマン(アンスクリア) タイダイニット¥48,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ) サンダル¥56,000/sacai ソックス/スタイリスト私物秋冬の大きな流れのひとつとなっているクラシックなスタイル。その中でチェック柄にも注目が集まっている。浜田さんは異なるチェックを組み合わせたドレスとパンツを重ね、カラフルなタイダイやレオパードを大胆にミックスした。「正統派すぎるよりは、少し毒があるくらいがちょうどいい。頭を柔軟にして、気になったものを自由に取り入れてみるんです」。また、シルエットにもメリハリがマスト。「ボリュームのある袖のブラウスでスタイルにパンチをきかせました」スクールボーイ風スタイルにシアー素材を合わせて中性的にVネックニット¥28,000・シャツ¥36,000・中に着たハイネックニット¥28,000/TOGA 原宿店(TOGA) ショートパンツ¥38,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) リング¥72,000・チェーンネックレス¥70,000/ステディ スタディ(トム ウッド) ソックス¥1,400/タビオ(靴下屋) 靴¥58,000/エドストローム オフィス(アデュー)今、ミニ丈のボトムが気になるという浜田さん。グレーのショートパンツをピックアップし、ワントーンでまとめた。「ショートパンツにハイソックスを合わせているのでぱっと見ボーイッシュ。けれどデコラティブな袖のシャツをシルバーのシアーなタートルニットとVネックニットで挟めば素材感に裏切りのあるレイヤリングに。センシュアルでありながら、性別を超えたスタイルです」。ルールは度外視。既存の枠にとらわれない想像力が求められる。ヴィンテージライクなムードにケミカルな要素を加えるドレス¥46,000/UNIT&GUEST(バウム・ウンド・ヘルガーデン) チュールのベアトップ¥43,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) ドレスの下に着たニット¥41,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) イヤリング¥18,000/TOGA 原宿店(TOGA) タイツ¥1,200/タビオ(Tabio) サンダル¥68,000(参考価格)/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 手仕事感のあるフリルつきのレース編みニットに、レトロな柄と色みのパフスリーブのロングドレス。ブラウン&カーキ系でまとめた着こなしに、浜田さんは相反するレモンイエローのベアトップをオン。「完成されたスタイルに、あえて何か余計なものを一点プラスしたい。酸味のある果物を思わせるアシッドカラーは今気になる色。温かみのある素材感にケミカルなチュールを差し込んで意外性を楽しむスタイルに」。足もとは抜け感の出るサンダルがイチ押し。ダークでロマンティックなロンドンのテディ・ガールカーディガン¥79,000・レースのシャツ¥79,000・下に着たシャツ¥58,000・スカート¥79,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 帽子¥25,500/カシラ ショールーム(カシラ) ソックス¥1,400・フィッシュネットタイツ¥700/タビオ(靴下屋) ショートブーツ¥86,000/エドストローム オフィス(アデュー)「断トツ今の気分」だという「ダークロマンス」のエッセンスを取り入れて。パンキッシュなモヘアカーディガンと前後の裾の長さが違う英国調ツィードのペンシルスカートに、ロマンティックなレースシャツを合わせた。「レースが際立つよう、下に白シャツを重ねました50年代ロンドンの不良少年たちの傍らにいた、"テディ・ガール"もイメージ。秋冬の注目アイテム、ハットと、コンバットブーツも加えて」。網タイツにソックスを重ね、足もとレイヤードにもひと技あり。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」styling: Fusae Hamada photography: Bungo Tsuchiya〈TRON〉 hair: Moe Mukai make-up: Masayo Tsuda〈mod’s hair〉 model: Lou edit: Itoi Kuriyama
関連キーワード

RECOMMEND