編集部のリアルJマダムの「今月のこれ欲しい!」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.デルヴォーの「マダム ミニ チェーン」

デルヴォーのアイコンバッグ「マダム」に、ついにチェーンタイプが登場しました! 端正でモダン。ピンクがかったベージュの色みも上品でうっとり。(副編集長U)

(縦15×横18×マチ6㎝)¥465,000 /デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)
2.セルジオ ロッシのランニングソールサンダル

これぞ大人にちょうどいいスポーティサンダル。ソールやベルクロのストラップは機能的、アッパーはシルクとビジューで華やか、という絶妙さ! (編集長O)

(ヒール1.5㎝)¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
3.ケイト・スペード ニューヨークのバッグ「ドリー」


スペード形のレザーを重ねたデザインもハッピーな色もかわいい! カゴバッグのようにカジュアルに持てそうなスモールサイズです。(副編集長K藤)

(縦23×横18×マチ18㎝)各¥53,000 /ケイト・スペード(ケイト・スペード ニューヨーク)
4.ブラミンクのスパングルニットスカート


光る素材に目がありません! スパングルを編み込んだこのロングニットスカートは、たっぷりとしたスウェットやTシャツを合わせてデイリーに楽しみたいです。(編集SH)

スカート¥200,000・スウェットトップス¥50,000 /ブラミンク
5.エルメスのウッドバングル「メドール」


ボリュームがあるけれど、ナチュラルなウッド素材なのでなじみのよさそうなところが魅力的。カジュアルなTシャツスタイルにも、きれいめなワンピースにも似合いそうです。(編集長O)

¥102,000/エルメスジャポン(エルメス)
eclat6・7月号掲載 撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃
関連記事
  • アラフィー世代になったら、ゆっくり贅沢に時間を使う、大人ならではのハワイ旅を楽しみたい。そのためには気持ちのいいステイ先が不可欠! この地に何度も通ってきたハワイ通の口コミによって選ばれた“究極のホテル”をご紹介します。【大人ステイNo.1】 The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort (ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート)ブレンダさん(モデル)、山口規子さん(フォトグラファー)、坪田三千代さん(旅行ライター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦マイラニタワーからワイキキビーチを見下ろした、ザ・ハワイな景色「高い天井と、ハワイの風が抜けていく感じが好き。ロビーからまっすぐ海に抜ける回廊の光に、ハワイを感じます」―山口規子さん「一日中ホテル前のビーチでのんびり過ごし、サンセットタイムにはマイタイバーでマイタイを。ワイキキの中心だからサッと買い物にも行けるロケーションも便利」―ブレンダさん大人のキュートも贅沢もここにあり “ワイキキのピンク・パレス”の名のとおり、ハワイの青い空と海に花を咲かせたような、ピンクに囲まれた楽園。まさに誰もが知るハワイのシンボル的な存在のホテルだが「大人のゴージャスさを感じさせる内装が素敵」(ブレンダさん)、「ワイキキのど真ん中にありながら自然に抱かれている感たっぷりのスパもいい!」(坪田さん)、「実は、ホテル内には博物館並みにハワイの歴史を感じられるものがたくさん! 文化に触れてこそハワイにいると実感できる」(赤澤さん)と、ハワイ通こそが「泊まるならここ」と口をそろえる。それは常に進化を続ける老舗の実力なのだ。歴史を感じる「ヒストリック・オーシャン」の部屋ホテルのベーカリーショップではゲストにバナナブレッドやスコーンなどの詰め合わせをプレゼント。ピンクチョコがけのクッキーなどのおみやげも充実【DATA】 2259 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・923・7311(日本語対応可) 1泊1室$435~、ヒストリック・オーシャン$595~ 全529室 IN15:00 OUT12:00 https://www.royal-hawaiian.jp/【リゾートステイNo.1】 Turtle Bay Resort (タートル・ベイ・リゾート) 種房千保子さん(フォトグラファー)、ブレンダさん(モデル)推薦サンセットを眺めながら自慢のシーフード料理が楽しめるホテルきってのレストラン「パアカイ・ステーキ シーフード&ロウ・バー」(17:30〜21:30、㊡日・月曜、予約がベター)「砂に足が触れ、波音を聞き、風に当たる……、ノースショアを五感で感じられるビーチで眺めるサンセットは格別。シーフードが自慢のレストランもおすすめです」―種房千保子さん喧騒を離れた究極のリゾートタイム ステイ先をワイキキからノースショアへ。これだけでいつものハワイ滞在がまったく違った印象になる。90%以上の部屋から海が望めるここは、「岬のような場所にあるので、部屋のベッドに寝転びながら海が眺められます。数年かけてリノベーションされ、食も充実し、ホスピタリティも心地いい」(種房さん)と、ハワイ通には知られたホテルだ。乗馬やゴルフ、オーシャンビューのプールも楽しめるとあって、ローカルたちのステイケーション先としても人気。メインダイニング「パアカイ」は、サンセットディナー目当てにタウンからやってくるロコもいるほど。ホテルのほとんどの部屋から海が望める「パアカイ」の人気メニュー、カキをガーリックバターとパルメザンチーズをかけて焼いた「チャーブロイド・オイスターズ」($18)「パアカイ」の人気メニュー、「ブルークラブ・クラステッド・マーケットフィッシュ」(時価。通常$38前後)リゾート感たっぷりのプール【DATA】 57-091 Kamehameha Highway, Kahuku ☎808・293・6000  1泊1室$280~、ヴィスタオーシャンキング$400~ 全443室 IN15:00 OUT11:00 https://www.turtlebayresort.com/Oahu-Resorts【家族ステイNo.1】 The Kahala Hotel & Resort (ザ・カハラ・ホテル&リゾート)桐島かれんさん(モデル)、ブレンダさん(モデル)、村山佳世子さん(スタイリスト)、徳原文子さん(スタイリスト)推薦波音が心地いい海前のプールでは、何も考えずゆっくりするのがいい「イルカやウミガメが泳ぐホテル内のラグーンは、家族で楽しむにもうれしいポイント。波の音を感じながら昼寝や読書を楽しむ時間もいい」―桐島かれんさん極上のホテルライフを約束してくれる ワイキキから車でほんの10分ちょっと。まるで離島にいるかのようなリゾート感で各国のセレブを魅了しつづけているホテル。「子供が小さいころには時間を忘れてイルカと戯れたり、ビーチで砂遊びをしたり。家族全員でホテルでの時間を満喫できます」と、桐島さんも定宿にするひとり。また、ホテル内のイタリアン「アランチーノ」も「ディナーで一度は訪れます」(村山さん)、「料理が最上級で特別なときに行くお店」(ブレンダさん)とファンが多い。ラグーンのイルカと触れ合える体験プログラム「ドルフィン・クエスト」「オーシャンフロントラナイ」は部屋もラナイもさすがの広さ! 来年夏『ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜』がオープン予定【DATA】 5000 Kahala Ave., Honolulu ☎808・739・8888(日本語対応可) 1泊1室$450~8,365、オーシャンフロントラナイ$975~1,365 全338室 IN15:00 OUT12:00 www.kahalaresort.com【隠れ家ステイNo.1】 Queen Kapi‘olani Hotel (クイーン カピオラニ ホテル) 内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦夕暮れ時、プールサイドから望むダイヤモンドヘッド。遮るものは何もなし!「どこにいてもどーんとそびえ立つダイヤモンドヘッドが拝める最高のロケーション。朝も、昼も、夜も、この景色が眺められるなんて最高に贅沢。日がな一日このプールサイドで本を読んだり、カクテルを飲んだり、昼寝したり。やっぱり大人のハワイはこうでなくちゃ!」―赤澤かおりさんこのハワイビューは何にもかえがたい カパフル通りに面し、カピオラニ公園を目の前にして立つクイーン カピオラニ ホテル。古くから愛されてきたここが今年、ハワイアンカルチャーを知るローカルアーティストたちの手によって、古きよき雰囲気は残しつつ、新たなるハワイスタイルを取り入れたホテルとなって誕生した。以前からここを愛してやまない赤澤さんは「どこからでもダイヤモンドヘッドが迫りくる勢いで眺められるビューがより生かされたつくりになったし、ハワイアンカルチャーを感じるコーディネートもすばらしい。しかもリーズナブル。このコスパは注目度大」と大絶賛!カパフル通りから入ってすぐのロケーションだから海もすぐそこ。おすすめは海側のペントハウスやジュニアスイートなど。海もダイヤモンドヘッドもという欲張りさんにうってつけハワイ島のアーティストが描いた優しいタッチの絵が飾られたゲストルームフロントにはエアラインのヴィンテージポスターが並ぶエレベーター前にはデューク・カハナモクのヒストリーコーナーも【DATA】 150 Kapahulu Ave., Honolulu ☎808・922・1941 1泊1室$179~、ジュニアスイート・ダイヤモンドヘッドビュー$369~  全315室 IN15:00 OUT11:00 https://jp.queenkapiolani.com/口コミを寄せていただいた ハワイ通の皆さんモデル・桐島かれんさん 発売中のムック『KAREN’s VOL.1 2019春夏』(KADOKAWA)でも“かれん流ハワイの休日”を紹介。 モデル・ブレンダさん ハワイ在住。最近は、女友だちとおしゃれをして素敵なブランチやディナーを楽しむのが好き。 フォトグラファー・山口規子さん 渡航歴30年以上、多いときは年に4、5回滞在。「いろいろな天気に合わせてのんびり過ごす」がモットー。 フォトグラファー・種房千保子さん 渡航回数は約50回、渡航時は2~3週間、ノースショアに滞在。海を眺められる場所で過ごすのが基本。 スタイリスト・村山佳世子さん 仕事やプライベートで頻繁に滞在。今はショッピングよりもビーチで過ごしたりドライブをしたり。 スタイリスト・徳原文子さん 渡航回数は約25回。最近は子供中心でとにかくプールのあるホテルで気ままにのんびり。 旅行ライター・坪田三千代さん 世界各国のリゾートに精通。アロハスピリッツに触れ、オールドハワイを感じるのも楽しみのひとつ。 コーディネーター・内野 亮さん ハワイと日本を行ったり来たりしながら魅力を伝える、ハワイの伝道師。『ハワイに恋して!』出演中。 ライター・赤澤かおりさん 時間ができるとすぐハワイへ出かける猛烈なハワイマニア。12作目の『Hawaii note』が好評発売中。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※エクラ8月号掲載
  • 一枚でコーディネートが決まるワンピースは、eclat世代の必需品。気の置けない仲間との食事会も、雨の日のお出かけも、ワンピースさえあればおしゃれに。オケージョンに合わせたワンピース7着をご紹介します。レースの黒ワンピースで知人の出版記念パーティに出席 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ニットワンピ×デニムのストレスフリーな着こなしで、姪とかき氷屋へ! ワンピース¥19,000/エリオポール代官山(エリオポール) パンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥17,000(モダン ウィービング)・ネックレス¥71,000(ハルポ)/以上エスケーパーズ バングル¥100,000 /カオス丸の内(アフターシェイブクラブ) バッグ¥12,000 /ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) 靴¥39,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ) インナー/スタイリスト私物涼やかなフェミニンワンピースとフラット靴でワインの試飲会へ ワンピース¥28,000/エクラプレミアム通販(サクラ) ジャケット¥65,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥48,000/エリオポール代官山(サンダース)他の画像を見る  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • コーデがダレてしまいがちな暑い夏に、大人が頼れるのは黒のパワー。ドラマチックかつシックな魅力でリッチ感が大きくアップする、トップス・パンツ・スカート・ワンピースの5アイテムをご紹介します・1.フリルの甘さを黒で引き算。 夏のパンツスタイルを華やかに 体のラインを美しく引き立てる、極細番手の糸で編み上げたなめらかなシルクジャージー素材のつやめく黒は、それだけでリッチなムードを演出。黒のクールさが、たっぷりと入った袖のフリルの甘さを美しく軽減しつつ、華のあるパンツスタイルに。 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・パンツ¥49,000(アリクアム)/以上ストラスブルゴ サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥21,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥288,000/ジミー チュウ2.繊細なディテールの黒で、上品に 上質なリネンの黒のブラウスは、肩下にぐるりと配されたこまやかなタックデザインで、ほどよく女らしい雰囲気に。 ブラウス¥34,000/マスターピースショールーム(サイ) スカート¥35,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥20,000/チェリーブラウン バッグ¥37,000/コード(ヴァジック)3.とろみ素材だから、 女性らしさと心地よさを両立 センタープレスでほどよいきちんと感もかなえてくれるとろみ素材のパンツは、Tシャツスタイルでも大人のムードに。 パンツ¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) カットソー¥11,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥31,000 /ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ネックレス¥42,000/エスケーパーズ(ハルポ) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥95,000 /ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/金谷章平 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/生方ななえ 取材・文/松井陽子 ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day22は、キャッチーなトレンド感をまとえる、鮮やかなフューシャピンクのワンピース。気のおけない女友だちとのおしゃべりも、コクーンシルエット&長めの袖なら体型についてつっこまれる心配もなし!day 22学生時代からの仲よしグループで久々の女子会気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! ビッグサイズの白シャツにワイドパンツを合わせて旬シルエットにトライ。今シーズンのキーワード“リラックス&モード”を代表するかのようなスタイルの完成!最愛の白シャツを味方に、ビッグ&ワイドの旬シルエットにトライ!今シーズンのキーワード、“リラックス&モード“を代表するかのようなビッグサイズの白シャツを、ワイドシルエットのパンツに合わせてワンツーコーデを完成。「去年までなら、細身のパンツを合わせていたと思うんです。でもこの夏は、ビッグ&ワイドシルエットにトライしたかった。最愛アイテムである白シャツだから、挑戦できたのかもしれません」。 サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)【ITEM LIST】 SHIRT:JIL SANDER PANTS:PLAN C SCARF:CLYDE(SUPER A MARKET) EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:DELVAUX SHOES:MICHEL VIVIEN “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムPLAN Cのワイドパンツプラン Cは、マルニの元ディレクターが手がける新ブランド。「夏ものなのにこっくりしているキャメルのトーンがすごく今年らしいなと思って。ウエストがぎゅっと絞れるから、幅広い体型の人に合う一本なんです」。DELVAUXのタンペート’60年代に誕生したタンペート。富岡さんは、4つのサイズのうち、下から2番目のミニサイズをチョイス。「ストーリー性のあるバッグが好きです。コンサバにならないモード感のあるサイズが気に入りました」。JIL SANDERのビッグシャツむだのないシンプルなデザインの中に、今年らしさを詰め込んだモードかつ端正な白シャツ。「白シャツは毎シーズン、チェックします。なんといってもこのビッグシルエットにひと目惚れ。小さめの襟も好みです」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • ちょこんと結んだスカーフやかっちりバッグでおしゃれなメリハリを!蒸し暑い中、外打ち合わせをハシゴする日は、正直Tシャツが着たいっ! それならクリーンな白&カジュアルすぎない五分袖のTシャツに、”きちんと&きれい”な黒を合わせてみて。センタープレス入りのブラックドレスパンツ、サンダルと腕時計は華奢な黒で、ちゃんと大人な雰囲気をゲット。バッグまで黒だと重たい印象になるから、かっちりしてて明るい色が正解。ちょこんと結んだスカーフや細フレームのメガネで遊び心を足せば、打ち合わせ中のテーブル映えもぬかりなし♡ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 五分袖白Tシャツ¥22000/ショールーム セッション(アダワス) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト) リング¥13000/リエス(ルーカス ジャック) 佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/新田君彦  ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子
  • ティアードワンピースのおすすめコーデまとめ♪ふんわりとやわらかく揺れるティアードワンピース。ロマンティックなシルエットはとても可愛いけど、子どもっぽく見えやすいので要注意! 20代後半に似合う、大人なコーデはこちら♪ [目次] 【ティアードワンピースコーデ】ランダのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】フレイ アイディーのワンピース1 【ティアードワンピースコーデ】フレイ アイディーのワンピース2 【ティアードワンピースコーデ】ヌキテパのワンピース1 【ティアードワンピースコーデ】ベッド&ブレックファストのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】ユニクロのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】ヌキテパのワンピース2 【ティアードワンピースコーデ】ラウゴアのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】MERLETTEのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】神戸レタスのワンピース 【ティアードワンピースコーデ】イエナのワンピース ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【ティアードワンピースコーデ1】ランダのワンピースラブリーじゃないのは、コーラルピンクの妙! さりげなく、優しく、大人めに導いてくれるのがコーラルピンクの魅力。ウエストの両サイドに配したドローストリングで、くびれの微調整ができる。ワンピース¥9900/ランダ 靴¥12200・ターバン¥1500/ルクールブラン バッグ¥6000/ジーナシス イヤリング¥9800・リング¥28000/UTS PR(ルフェール) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ2】フレイ アイディーのワンピース1上半身に集中するギャザーは重心アップ効果も。デニムと寒色系で大人っぽく!ワンピース¥18500/フレイ アイディー パンツ¥9000/アパートバイローリーズ 靴¥8990/バロックジャパンリミテッド(スライ) バッグ¥28000/ショールーム セッション(トイノ アベル) イヤリング¥30000/ススプレス(ラナ スワンズ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ3】フレイ アイディーのワンピース2たっぷりギャザーが印象的なブラックサマードレスにほどよくフレアなデニムを挟んだら、女っぽさもカッコよさも最高潮! チラッとのぞくパイソン柄のサンダルでトレンド感もアップさせて、誰よりおしゃれな夏のイベントコーデに。黒×デニムのシンプルクールな着こなしに、今まではレディな赤リップが鉄板だったけど、そろそろ新しいメイクに挑戦してみない? おすすめはオレンジがかったブラウンリップ。ほんのり色っぽくて落ち着いたニュアンスが素敵でしょ♡パンツ¥18800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) ワンピース¥18500/フレイ アイディー 靴¥33000/パリゴ 丸の内店(ピッピシック) イヤリング¥9500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(マージョリー・ベア) バングル¥15000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) リング(右手人さし指)¥18000・(右手中指・右手薬指)各¥19000・(左手薬指)¥16000/ココシュニック →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ4】ヌキテパのワンピース1薄手のコットン生地とはしごレースの切替えによるほのかな透け感で、体のほとんどをおおっているのにこの清涼感! 舞うように揺れる感じも秀逸。ワンピース¥20000・バッグ¥9000/ヌキテパ AOYAMA 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ピアス¥3500/ジーナシス リング¥1700/サンポークリエイト(アネモネ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ5】ベッド&ブレックファストのワンピースバンドカラーシャツのクリーンさと、ティアードの旬感を持ち合わせた一枚。小物はナチュラルよりも辛口の“大人仕上げ”が、今の気分にぴったり。ワンピース¥38000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) 靴¥14000/クレドラン バッグ¥22000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 バングル¥39000/セシル・エ・ジャンヌ →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ6】ユニクロのワンピース白ティアードワンピ×かっちりバッグ×ヒール靴純白のワンピースは四角いバッグとヒール靴で、クラシックな着こなしに。何色にでも染まる白だからこそ、“小物でイメチェン”が醍醐味でしょ♡ワンピース¥3990/ユニクロ ジャケット¥15000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥6990/ロコンド(マンゴ) イヤリング¥2800/サンポークリエイト(mimi33) 時計¥18000/ダニエル・ウェリントン 原宿(ダニエル・ウェリントン) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ7】ヌキテパのワンピース2ふわり、立体感が魅力のティアードワンピロングカーデとのレイヤードで、愛らしいティアードに大人な一面を発見。チャーミングなイエローと辛口な黒の色合わせも絶妙。遊び心のあるバッグでしゃれ感を添えて。ティアードの立体感を引き締める好相性のはおりものは、ロングカーデだって覚えればどちらの出番も多くなりそう!ワンピース¥19000/ヌキテパ AOYAMA カーディガン¥3324/ベルシュカ・ジャパン 靴(一部店舗のみ販売)¥2490/GU バッグ¥17000/TOMORROWLAND(BERTINI) イヤリング¥2700/サンポークリエイト(mimi33) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ8】ラウゴアのワンピースティアードのブラックドレスがあれば”大人可愛い”は即叶う♡胸下からふわっと広がるティアードワンピースは、一枚で今っぽさも可愛げも最高潮♡ ON⇔OFF問わず活用したいなら、肩まわりや裾が品よく透ける”黒”がおすすめ。涼やかで大人っぽいムードに仕上がるから、急に食事に誘われたりしても迷わず行けるきちんと感もあって。なのにインナーつきで4ケタプライスなんて嬉しい限り♪ 抜け感のあるサンダルやPVC素材のバッグなど”軽やかな黒小物”を選べば、オールブラックの着こなしもちゃんと初夏らしく! ワンピース¥9250・バッグ¥6200(ラウゴア)/フリークス ストア渋谷 靴¥55000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ) ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ9】MERLETTEのワンピース鮮やかなティアードワンピにカットオフデニムの最旬レイヤードで休日をもっと楽しく♪トレンドのティアードワンピースは、カジュアルにもすんなりなじむ可愛げが魅力♡ パッと目を引くきれい色の一枚を濃紺のカットオフデニムでちょっぴりクールに引締めて。ぺたんこサンダルでリラックス感を出せば、今っぽさ全開のレイヤードスタイルに。さらに休日をもっとハッピーに過ごしたいならヘアアレンジも大事なポイント! シンプルなひとつ結びに”シースルーバング”でこなれたニュアンスを。無地コーデを華やかに見せるターバンは、ワンピの色とさりげなくリンクさせてみて!ワンピース¥48000(MERLETTE)・ターバン¥4500(INDIRA DE PARIS)/TOMORROWLAND パンツ¥12000/リー・ジャパン 靴¥17000/ビームス 新宿(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥68000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(エバゴス) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ10】神戸レタスのワンピース今っぽくて女っぽいカジュアルが叶う、れんが色×ティアード今年らしい可愛げを求めるなら、ティアードははずせない。Vネックからのぞくシンプルな白Tにカジュアルな小物たち。着くずしても女らしさが保てる一枚!ワンピース¥2768/神戸レタス Tシャツ(2枚セット)¥2800/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥6500/ABC-MART(コンバース) バッグ¥32000/アルファ PR(アエタ) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ11】イエナのワンピース高い位置からティアードが配された今っぽい直線的なシルエットは甘さ控えめ、かつレイヤードでも映えるように。カラーは辛口なグリーン系を選んで、モア世代らしく。意外性のあるビッグサイズのバッグで抜け感が出るようコーディネート。ワンピース¥18000(イエナ)・バッグ¥68000(CLARE.V)/メゾン イエナ 靴¥24000/フラッパーズ(スペルタ) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) バングル¥16000/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る 【ティアードワンピースコーデ12】NE QUITTEZ PAS BLACKのワンピースベリーカラーのティアードドレスはじけるような日差しに似合う色を着て、太陽を待ちわびる。太陽の光に映えるきれい色は、これからの季節の変わらない憧れ。ふわり軽やかに舞うようなティアードデザインは、今の気分のトレンド。さらりとまとう、それだけで幸せ。ワンピース¥40000/ヌキテパ AOYAMA(NE QUITTEZ PAS BLACK) 靴¥31000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥15000/ブランドニュース(サラ マリカ) ピアス¥36000/TOMORROWLAND(アグメス) ブレスレット¥8600/アンティット →ティアードワンピースのコーデを詳しく見る▲【ティアードワンピース特集】トップに戻る ティアードワンピース関連特集もチェック♪ユニクロ・GUなど! プチプラワンピース特集《2019春夏》- 4ケタプライスで探すトレンドワンピ夏のきれいめワンピース特集《2019年版》- ティアードやカシュクールタイプなど20代におすすめのワンピース花柄ワンピース特集《2019年夏》- 夏のおすすめワンピースやサマードレス20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?大人かわいいプチプラファッション特集《2019夏》 - 20代後半女子におすすめのきれいめコーデまとめ
  • DAILY MOREで毎朝7時に更新している【今日のコーデ】。コーディネートづくりの参考にしてくれている人も多いんです。先週の【今日のコーデ】を一気におさらいして、一週間のコーデを考えてみて♡なんだかんだで、白×ベージュが大人っぽいでしょ!カジュアルな白のオールインワンに、インは白T。あぁ爽やか! でももう大人だもの、ベージュのジャケットを肩掛けして、足もとはきれいなストラップサンダル。あぁ大人っぽい! 休日はバケツ型かごバッグ&夏らしいアクセで楽しさを盛って、お仕事の日は上品なレザーバッグ&控えめなシルバーアクセに変えればOK♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!今モテるのは“寒色系女子”だったりして!?ブルーグリーンのブラウスと、ライトブルーのロングスカートで、清涼感たっぷりと。締め色に黒のバッグとサンダル、アクセは軽やかなシルバーで統一。ジメジメした天気の中、なんだか私だけ涼しそうじゃない? 今近寄りたいのって、こんな女子なんじゃない!? なーんて気持ちは隠して、涼やかにニコリ♡▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!有給をもらってハッピーコーデを満喫♡たまには何もない日に有給とっちゃう! 有意義な1日を過ごすためには、まずコーデで気分をあげなくちゃね♬ 淡いピンクのTシャツに、オレンジストライプのスカートでハッピー感満載♡ 白小物でまとめて、色使いも足取りも軽やかに。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!夏のデニムの“きれいな”着こなし方夏にリジットデニムは重たく見える? 答えはNO! ほんのり肌が透ける白ブラウスと、肌なじみのいいヌーディなサンダルで“ほんの少しの肌見せ”を意識すればいい感じ♡ きれいな印象にできたから、赤いビーズバッグをアクセ感覚で持ってみたりして。▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!「おしゃれ!」って言われる“あと一枚”今日の夜はおしゃれな友達との予定アリ! 多少のファッションチェックが入るだろうから(笑)、いつものボーダー×デニムに“もう一枚”。白レースのスカートを重ねたら、カジュアルの良さはそのままに華やかさアップ♡夏を感じるかごバッグを持って、いざ出勤!▶︎▶︎コーデの詳細はこちら!平日コーデまとめ、いかがでしたか? 今日からまたはじまる1週間。毎日おしゃれを楽しんじゃいましょう♬☆今日のコーデ毎日更新中☆
関連キーワード

RECOMMEND