〝ベージュの上品さ〟でカッコよさを印象づける「大人のリネン」 五選

Web eclat
スタイリスト 村山佳世子さん 鋭い審美眼と、今の空気感をセンスよく加えた確かなスタイリング力に、モデルをはじめファッション業界から絶大な支持を集める。近著の『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)はベストセラーに。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ベージュのナチュラルさゆえ、なんとなく
ぼんやりと感じたなら黒を効果的にさし込んで
リネンならではの風合いが満喫できるベージュのロングコート。つややかな黒のパンツと、バッグに配された黒のディテールがアクセントになって、全身の印象をブラッシュアップ。

コート¥67,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) タンクトップ¥6,800/スローン パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥33,000/アパルトモン 青山店(アグメス) バッグ¥343,000・靴¥99,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
2.ゴールドみのあるベージュが
装いにリュクス感を添えて
温かみのあるベージュカラーのリネンシャツは、袖を通すだけでリッチなムードを演出する名脇役的アイテム。ベージュならではのニュートラルさで、一枚ではもちろん、ボタンを開ければ、ライトジャケット感覚で着回しが楽しめる。

シャツ¥15,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)
3.リボンやスリットで着映え感もぐっと上昇
ナチュラルな風合いのリネンスカートは、ディテールの効いたデザインがほのかにフェミニンで、シンプルに装っても抜群の存在感が手に入るのが魅力。長めに生地を使ったウエストのリボンや、フロントのスリットが視覚効果となって、スタイルアップも期待できそう。

スカート¥28,000/カオス丸の内(カオス)
4.大地を感じるような強めな存在感でヘルシーに
夏の日射しにも映えそうな、オレンジみを帯びたアーシーなカラーが特徴。良質なベルギー産のリネンを贅沢に使用し、こだわりの工程を経て生まれたふっくらとリッチな風合いで、首もとにワンポイントとして加えるだけで、おしゃれの空気感が刷新される。

ストール¥26,500/アイネックス(アソース メレ)
5.切りっぱなしのようなひとくせディテールが効果的
縁を切りっぱなしにしたようなラフなディテールとノーボタンの仕様で、カジュアル上手な印象に仕上げてくれるリネンジャケット。体を美しく引き立てるコンパクトなフォルムや、やや短めの袖丈と肘まで配されたスリットが手もとを美しく見せ、ふとした所作をつやめかせて。

ジャケット¥43,000/サードマガジン
eclat6月号掲載 撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/松井陽子
関連記事
  • レペット×BAILAコラボ付録 まだまだ梅雨空けには時間がかかりそうですね 雨の日の休日は家で過ごすことが多く、気分が沈みがちですが、BAILA8月号のおかげで読みながらいろんなコーデの考えを膨らませるなど最近は楽しみが増えています✨ そんなBAILA8月号ですが、またもや豪華な付録が❣️ なんと、今から大活躍間違いなしのPVCトート 嬉しいことにフランスのシューズブランド「レペット(Repetto)」とのコラボなんです クリアバッグなので、中身のコーディネートも楽しめちゃいます マチが広いのも嬉しいポイント❣️  高さ約22×幅約22×マチ約10㎝ 見た目とは裏腹に収納力も抜群です ‍♀️ オリジナルの "REPETTO"ロゴが持ち手にあり高級感も✨ そして、中に入っているレオパード柄のポーチは、バッグにセットして透けさせても単品で使ってもOK❣️ いかがでしょうか?✨ レパートリーが多い贅沢な付録なのです 皆さまもぜひ付録をゲットしてくださいね ▶︎▶︎instagramはこちら
  • マリソルオンラインで人気の月間ヘアスタイルランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年6月18日(火)~7月15日(月)<ヘアスタイル1位>人気持続中の長めショートはアレンジの幅があるのが魅力【40代のショートヘア】トップや襟足を長めに設定することでアレンジの幅が出て、いろいろな女性像を楽しめるスタイルに。写真のように片側のサイドを耳がけし、前髪を深く取り斜めに流せば、アシメ風のカッコいい印象。逆に耳に髪をかけず、前髪をセンターパートなどに下ろすと丸みのあるフェミニンな雰囲気に。ON&OFFで雰囲気を変えたかったり、服に合わせて髪型をチェンジしたい女性にぜひトライしてほしい。【SIDE】【BACK】DATA 量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「marr」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル2位>サイドのみのアシメショートで直毛に動きをプラス【40代のショートヘア】直毛=パーマが必要、と思われがちだが、ショートヘア×アシメバランスだと、パーマなしでも動きのある印象に。耳後ろはベーシックなグラデーションショート。耳前は右側を短めに、左側を重めなアシンメトリーにカットを。さらに前髪は薄く作り、肌を見せる束感を演出。フォルムが動かしにくいぶん、フロントを軽くすることで"柔らか効果"が高まり、力の抜けた女性像を演出してくれる。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・硬クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル3位>余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープ【40代のショートヘア】このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・柔クセ・強 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル4位>巻き髪派のセット時間を短縮するレイヤー×重めロング【40代のロングヘア】顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「kakimoto arms SHINJUKU」  【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ヘアスタイル5位>ストレートアイロンで作るトレンドのまっすぐボブ【40代のボブヘア】 ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。 【SIDE】【BACK】 DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「LANVERY」 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル6位>短めバング×王道ボブは今までと印象を変えたい女性に【40代のボブヘア】全体フォルムはあご下4㎝ほどの女性らしい王道ボブスタイル。そこにトレンド感のある短め前髪をプラスするだけで、フレッシュな印象と今っぽさを加味できる。ハードルが高そうな短めバングだが、作る幅を狭くすれば主張しすぎず、さりげなくトレンドを楽しめるので安心。スタイリングはうねるクセを生かして、毛先を外ハネに。顔まわりと表面はリバース巻きに。ベーシックな中に、モードっぽさも取り入れて、ヘアの鮮度を更新してみて。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル7位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出して【40代のミディアムヘア】オフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1 回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル8位>季節の変わり目に重宝する重→軽にシフトできる便利ヘア【40代のボブヘア】耳の高さにレイヤーを入れることで、自然なくびれフォルムが生まれ、小顔効果のあるボブスタイルに。またレイヤーが毛先に自然な動きをプラスし、春に向けての軽い印象も与えてくれる効果が。長め前髪は分ける位置を変えることで、すっきり見せたり重め印象を残したり、ファッションに合わせた質感コントロールが可能な長さ。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・硬クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル9位> ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート【40代のショートヘア】担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。【SIDE】【BACK】 担当サロン「ROI」   撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル10位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • ▶▶Part3はコチラ!ボトム選びに加え、全身バランスが命。スタイリングで理想のボディメイク!スタイルアップはだまし合い!? 詐欺レベルのテクニックを披露――なるほど! ダメ押しで下半身のスタイルアップに欠かせない、足元についても教えてください。吉川樹生さん(以下Y) 足長に見せるにはやっぱりヒール。 安定感のある太いものは必須!編集T(以下T) ワイドパンツの時は、引きずるくらいにしてぺたんこをはくか、ゴツめの靴でバランスをとっています。田久保夏鈴さん(以下K) 私は足首を見せつつ、ボリュームのあるサンダルがいいですね。ハイカットスニーカーは苦手です。高野麻子さん(以下A) スニーカーなんですけど、みんなもっと大きなサイズをはけばいいのにって思います。それで、ひもをぎゅうぎゅうに絞ってはくと(9)……。 9 小ワザ1 つま先から、見た目身長5cmは伸びる「スニーカーひもぎゅうぎゅう」 スニーカーのひもをたるませてはくと、寸詰まりに見えるから要注意。つま先の部分からきつく締め上げると、すらっと足長に。ちなみに実際よりワンサイズ以上大きいものを選ぶのもポイント。 全員 すごい! すらっとして見える。A いつもはいているスニーカーも、こうすれば、もっと膝下が細長く見えるんですよ!――ほほー。最後は、とっておきの秘密、下着について教えてくれますか?T 私、実はガードルはいてます(10)。母のを借りてみてびっくり、お尻のトップの位置が全然変わります! 10 小ワザ2 ヒップアップにはガードルです! マジで! 服でごまかすよりも、根本のボディにきくから変化は劇的。お尻の位置がぐんと上がって見える秘密兵器はガードル。お尻の肉を高い位置で集めてホールドしてくれるから、足がスラりと長く見える。 ガードル¥4800/ワコール(シアーシェイプ) Y 私はTバック。お尻に緊張感が出て、姿勢がよくなると聞きました!A 細見えって、自己暗示も大事。テクニックを駆使して、「今日の私はスタイルいい!」って自信を持って歩くと、本当にそう見えるものです!▶スタイルUP座談会下半身編まとめはコチラモデル/田久保夏鈴 撮影/富田恵 細谷悠美 スタイリスト/石田綾 イラスト/@aya.m__22 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • えっ!上下でこの価格??でもプチプラなんて言わせません今日はこれを書くのをどうしようか、少しためらいました。だって上下買ったのに、お会計2,246円って…。さすがにプチプラ記事といえども躊躇します。 何も、この連載は「激安に挑戦!」というコーナーではないのですが、ユニクロに行ったら「この組み合わせ絶対カワイイ」と思う商品があり、値段を見たらたまたま破格の2,000円台になってしまいました。あくまで「安いから」目線ではなく、「これ欲しい」が基準の本命品。だから今日も自信をもって書きます!素敵です!夏本番を前にアイテムをおさらいしていたら、やっぱりもう1枚これが必要。ワッフルのノースリーブです。先日の「ホワイトコーデ」の記事でご紹介させて頂いたものと色違いになります。あの時は上下「白×白」を目指していたので、こんな素敵なベージュがあることがまったく目に入っていませんでした。しかもその時の990円より、更にお得に790円+税とは!(価格には変動があります)▶ユニクロ「ワッフルノースリーブ(白)」の記事はこちら白を着てホレました。さまざまなプチプラで990円のワッフルを見ていますが、どれも同じようにGOサインは出しません。これまで見てきた範囲では、10%くらいしか「欲しい」と思うものに出会えませんでした。だいたいパッと一瞬みれば「OK・NG」を出せるのですが、その見極めはリブ部分(首や脇まわり)や、ワッフル生地の薄さや安っぽさなどetc…。ユニクロのワッフルはメンズの長袖も愛用していますが、とても990円には見えない生地厚で丈夫な商品です。続いてスカート。タイトのリブロングです。買った後に気づきました。これも以前ご紹介したレギンスとまったく同じ商品のスカートバージョンだということを!やっぱり好きな素材って再び買ってしまうものですね。このレギンス、履きやすいですよね~~~!まだ肌寒い日は愛用中です。そのスカートバージョンだから履きやすいわけですよ。レギンスのスリットにも惚れていましたが、やっぱりスカートにも、後ろ側に大きくスリットが入っています↓これだけで、女性らしさと歩きやすさが格段にUP。シンプルな無地よりリブが入っていると、トップスが無地でもボヤけないので好きです。 丈はわりと長めですが、ユニクロのオンラインストアではレギンス同様に「丈短め」が選べるのがうれしいですね。スカートも限定価格で1,990円→1,290円でした♪(時期により異なります)▶ユニクロ「レギンス」記事はこちらということで、今回は上下2,000円台で揃ってしまいました。しかもどちらもベーシックカラーなので、夏だけでなく秋に継続できて、とてもお得な気分です♪ 梅雨明けはまだ先になりそうですが、気温は高くなってきたので、ノースリーブもそろそろ出番かな?【Saturday】プチプラ×ブランドのミックスコーデ↑まずは上下2,246円で。シューズやバッグなどの小物は、色さえまとめればプチプラでもキマると思いますが、素材などに良いものを使った小物を合わせると、より自信をもって着られます。ベージュと黒って、やっぱり大人女子必須の便利な組み合わせですね!【Sunday】リブスカートに合わせたモノトーンコーデ ↑スカートの黒に合わせ、シックにモノトーンでも大人っぽい印象です。スカートが無地なので、Tシャツにはロゴを入れると引き締まります。タイトはスニーカーとの相性も抜群ですよね! ↓ベージュのトップスに濃いブラウンの組み合わせも好きです。以前ご紹介した「ナノユニバース」のリネンパンツのヘビロテ率が、今相当高いです!↓上下2,246円(笑)これまでプチプラを見る目を長い間磨いてきたからこそ、選び抜いた商品を自信をもって着られます!やっぱり服は「何着てるか」じゃない「どう着るか」。楽しくて、なおかつおしゃれに見えれば、それでよしです。 でも、この価格でこれ以上はもうきっと見つからないですね!▶ユニクロ「ワッフルT(ノースリーブ)」の詳細はこちらをチェック▶ユニクロ「リブタイトロングスカート(丈標準76~80cm)」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.40★ 「キャン・ドゥのヘアアクセサリー(108円)」 100均はヘアアクセサリーの進化が止まりませんね。大人の商品も素敵なものが見つかりますが、わたしは9歳の娘のゴムをよく探しに行きます。長かった「ピンク時代」を経て、やっとヘアゴムもベーシックカラーに突入(祝)! そうなると、こちらも選ぶのが楽しくなってきました。「なくした、落とした」は日常なので、へコまない100均で十分。 「キャン★ドゥ」では、色のニュアンスが絶妙なヘアアクセサリーがたくさん見つかるんですよ!このゴムだけは、どうか「商品替え」しないで欲しいです(涙)↓よく買うのはベージュ系とグレー系で、1セット5色×3本=15本で108円!ブラウンのグラデーションにサンドベージュ、アイボリー、微妙なグレーのニュアンスにあいまいなアイスブルー…。子どものゴムは「黒」「紺」「茶」と決まったものばかりなので、このニュアンスカラーはめずらしくておしゃれ♪「飾りゴム」がNGな保育園、幼稚園ではカラーゴムが必須ですよね。 これも大人用の商品ですが、子どもの髪に付けてもとてもおしゃれで気に入っています↓シュシュはグレージュの色味が素敵でポニーテールによく使い、大きなクリスタルが入ったゴムは存在感があり、左右色違いで三つ編みなどに使っています。クリスタルのヘアピンも、サイドや前髪に挿してあげるとおしゃれ。もちろん大人も素敵です!暑くなり始め、まとめ髪が増える季節ですね。服の色に合わせたヘアゴムで「後ろ姿美人」、目指しましょう♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 全国のおいしいものを知りつくした「エクラうまいもの班」がこの夏一番のお気に入りを個人的にリコメンド!1.「エッゲル・フランツ」のシードル (ライター・佐々木ケイおすすめ) 植物学者である生産者が無農薬、無肥料栽培するりんごで造る北イタリア産ナチュラルシードル。瓶内2次発酵、酸化防止剤無添加。ニワトコの花やカリンを加えたものも。「ワインのように食中酒として楽しめます」。 750㎖ 各¥2,500 ●輸入元 エヴィーノ  ☎048・799・3678  http://interlink-okinawa.jp/3.「紫野和久傳」の果椒 (ライター・西村晶子おすすめ) 「フルーツやナッツのお菓子の中で今、一番のお気に入り。山椒のピリッとした刺激がワインやウイスキーに合い、辛党への手みやげにも重宝」。実山椒と数種のナッツやドライフルーツがふんだんに。 ¥2,500(大)  ●東京都千代田区丸の内3の3の1新東京ビル1F  ☎03・3240・7020 
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day18は、ウエストの切り替え効果で脚長見え&きちんと感を演出する一枚で、パートナーと友人宅へホームパーティへ。day 18友人宅へのホームパーティへ連れ立ってお出かけウエストで切り替えになったデザインが脚長&きちんと感を演出し、パートナーからも好評。ニット素材なので座ってもしわにならずきれいをキープ。ワンピース¥140,000 /エッセンス オブ アナイ(アントニーノ・ヴァレンティ) ジャケット¥39,000 /デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥43,000 /フラッパーズ(ネブローニ)ネブローニはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 足もとのパイソンサンダルで辛口のモード感をプラスした、富岡さんの夏のオールホワイトスタイリングをお披露目。SUMMER STYLE1ひとくせ効かせたアイテムを選べば、コーディネートはがんばらなくていい。それが、“夏の白”を特別に見せるコツノースリーブTシャツの胸もとにコットン素材の大きなフリルをあしらったトップスと、リボンベルトを配したワイドパンツで、オールホワイトの着こなしを完成。「どちらも素材に張り感があって、ハンサムな甘さが手に入る白アイテムです。夏の白は服自体にひとくせあるものを選べば、コーディネートがシンプルでも特別感がある着こなしになるはず。足もとにはパイソンサンダルを合わせ、さらに辛口を加えました」。【ITEM LIST】 TOPS:FABIANA FILIPPI PANTS:SOFIE D’HOORE EARRINGS:TASAKI BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING/BAG:HERMÈS STOLE:ASAUCE MÊLER SHOES:ZARA“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムZARAのパイソン柄サンダル「着こなしをハンサムに仕上げてくれるパイソン靴は以前から好きなアイテムのひとつです。甲のVラインととんがりトゥのおかげで、スリッパなのにかっこよく決まる一足。この夏のヘビロテサンダルです」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • きれいなリジッドデニムなら、ほんのり軽さを出すだけで女っぽムードに!ONの日にも使いやすいリジッドデニムを夏も活用したいなら、いかに重たく見せないか、がポイント! だから選んだのは、ほのかに透ける白ブラウスとつま先の見えるなじみ色サンダル。品よくさりげない抜け感をつくってあげるだけで、重厚なデニムが軽やかに女っぽくはきこなせるなら、やらない手はないよね♪ 計算された大人カジュアルの仕上げに、ミリタリージャケットで辛さを、赤いミニバッグで可愛げをひとつずつ。この甘辛バランスも絶妙でしょ♡ブラウス¥19000/バーニッシュ(ハバーサック) パンツ¥13800/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 中に着たキャミソール¥6000/AKTE ジャケット¥9800/セムインターナショナル(ロスコ) 靴¥43000/カオス 新宿(バルダン) バッグ¥16000・ピアス¥12000/モットハウス・トーキョー土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子
関連キーワード

RECOMMEND