2人で過ごすショートトリップ。パートナーと過ごす週末カジュアル 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.旅気分を盛り上げるカラーパンツで、いざ出発!
白シャツのさわやかさと、着こなしをぱっと華やかに見せてくれるイエローパンツの組み合わせで、パートナー好みの清潔感のあるきれいめカジュアルに。鮮やかな色も顔から遠いボトムなら派手になりすぎないのもちょうどいい。

[女性]シャツ¥22,000/エストネーション パンツ¥21,000/エリオポール代官山(バレナ) ピアス¥61,000・バングル¥149,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バッグ¥120,000・トラベルケース¥225,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥76,000/ドゥロワー 丸の内店(クレジュリー) [男性]ジャケット¥138,000/八木通商(ヴァルスター) カットソー¥21,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) パンツ¥20,000/トゥモローランド(トゥモローランド) 時計/スタイリスト私物
2.ビッグシャツのワントーンでこなれたムードを演出
やや厚手のミリタリーライクなビッグシャツは、長時間移動でついてしまうしわも気にならずむしろいい味に。同素材のスカートとのセットアップでワンピース見えも楽しめる。

シャツ¥95,000・スカート¥120,000/ブラミンク バングル¥177,000/ステディ スタディ(トムウッド) サングラス¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
3.旅に欠かせない大判ストールは写真映えにも
見慣れたデニムもおしゃれにシフトしてくれるリネンのしゃれ感ストールを、首もとに立体的に巻けば写真映えにも効果的。小さめバッグでかわいらしく。

[女性]カットソー¥13,000/ウィム ガゼット 青山店(アール ジュビリー) デニムパンツ¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 帽子¥55,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ストール¥18,000/アパルトモン 青山店(メゾン ド バカンス) バングル¥68,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(スカイ ブルー ホーク) ショルダーバッグ¥111,000/ジミー チュウ カゴバッグ¥14,000/カレンソロジー青山(宮本工芸) 靴¥28,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ) [男性]ニット¥13,000/トゥモローランド(トゥモローランド トリコ) パンツ¥16,000/スタイルデパートメント(スティル バイ ハンド) 靴¥36,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) 時計/スタイリスト私物
4.ふたりだけの時間はレーシーなスカートで女らしく
せわしない喧騒から離れ、パートナーとゆっくり語りあえるのは非日常感のある旅先だからこそ。ニットやカットソーといったシンプルトップスも、繊細なレースの透け感が美しいスカートを合わせるだけで、いつもとは違う特別なムードを演出してくれる。

[女性]ニット¥26,000・肩にかけたカーディガン¥40,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) スカート¥86,000/ebure ブレスレット¥13,000/エッセンス オブ アナイ(フィリップ オーディベール) バッグ¥75,000/ウィム ガゼット 青山店(ヘイワード) 靴¥87,000/ジミー チュウ [男性]ポロシャツ¥17,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) パンツ¥38,000/08ブック(08サーカス) メガネ¥70,000/アイヴァン PR(10 アイヴァン) 靴¥65,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) 時計・ソックス/スタイリスト私物
5.上半身勝負のディナー席では袖コンシャスがいい
たっぷりボリュームのある袖が二の腕をすっぽりカバーし、膨らみのあるボリューム感でグラスを持つ手も華奢に見せてくれる。繊細ながら存在感のある揺れるピアスも、表情に輝きを加えてくれるからディナーの席に欠かせない。出会ったころの思い出話でお酒もすすみそう。

[女性]ブラウス¥28,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(リー マシュー) パンツ¥52,000/ebure ピアス¥67,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) [男性]ジャケット¥18,000・シャツ¥13,800/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ)
eclat6月号掲載 撮影/水野美隆(zecca) ヘア/Show Fujimoto(TRON) メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子(女性) 小松嘉章(男性) モデル/ゆうき 山根龍志 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/箱根本箱
関連記事
  • ワンツーコーデで、一枚で、簡単に。手抜きに見せないアラフォーの「デイリーな黒」ならこれ■BLACK DRESS  STYLE 1大人の可愛らしさも色っぽさも。心地よく、表情豊かな黒上質な生地をふんだんに使ったマリハのコットンドレス。胸もとはすっきりとしたVあきでギャザーをたっぷり寄せたシルエットはどこから見ても文句なしに華やか。ワンピース¥43,000/マリハ(マリハ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥76,000・リング(太)¥210,000・(細)¥110,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ)STYLE 2気分に合わせ、小物使いをあれこれ試したくなる一枚話題のウェブ限定ブランド、ノークの人気型。すそにかけて広がるボリュームのあるシルエットで、ドレープ感がきれい。かごやベアなトングサンダル合わせでも街で浮かず、着やすいと評判。素材や色で季節感を取り入れた小物選びしだいで、いろんな表情を楽しめる。ワンピース¥8,900/ノーク(ノーク) バッグ¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ  パリ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) ネックレス¥38,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ)STYLE 3一枚でどこにでも。きれい見えシャツドレスに委ねて夏の特別なお出かけにも通勤にも。エキップモンのリネンシャツは長めの丈をウエストマークするデザイン。きちんと着てもコンサバすぎず、大人のセンスをアピールできる。袖口のさりげないリボンがチャームポイント。ワンピース¥49,000/サザビーリーグ(エキップモン) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/RINA 取材・文/陶山真知子
  • カーディガンは1枚はおるだけで、エアコンによる冷えや日焼けから守ってくれる便利アイテム。お気に入りの1枚を見つけて、今夏を乗り切りって。【目次】 ①2019年夏のトレンドの全身バランスが手に入るロングカーディガン ②夏の快適&おしゃれコーデは〝肩がけ”カーディガンが旬! ③オンにもオフにもヘビロテ確実なツインニット①2019年夏のトレンドの全身バランスが手に入るロングカーディガン01 GALERIE VIEのリブロングカーディガン「リブニットといえば、という安心感のあるブランド。細リブと軽やかな素材、しっかり長め丈がお気に入り」(スタイリスト田澤美香さん) カーディガン¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)▶GALERIE VIEのロングカーディガン 詳細はこちら02 Deuxième Classeのロングカーディガンニュアンスのあるショールカラーや 体が泳ぐシルエットなど、さりげなくはおるだけで旬のムードに。別注色のナチュラルなベージュはきれいめにも着られる万能カラー。デニムパンツ¥24,000(カレンテージ)・ラタンハンドルバッグ¥9,800(ユティリテ)・親指ビジューサンダル¥28,000(イルサンダロ オブ カプリ)/SHOP Marisol サングラス・ピアス・バングル/スタイリスト私物▶Deuxième Classeのロングカーデ 詳細はこちら03 HYKEのロングカーディガン大きめのシルエットでボタンなどの装飾がないロングカーディガン。シャツワンピースと丈感を揃えてきても、きれい色のワイドパンツとあわせても今年らしいバランスになる。ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク)▶ HYKEのロングカーディガン 詳細はこちら②夏の快適&おしゃれコーデは〝肩がけ”カーディガンが旬!01 シャツワンピース×イレーヴのカーディガン涼しげなシャツワンピースは、ルーズすぎないシルエットで。これからの季節に重宝する涼しいシャツワンピース。ルーズすぎないシルエットを選べば、オフィスカジュアルとしても対応。きれい色バッグとヒールサンダルが、きれい見えを後押し。ワンピース¥32,000/アングローバル(イレーヴ) カーディガン¥32,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥21,000/エストネーション(ヴァレット) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック) バングル¥185,000/アパルトモン 神戸店(バウボウ デザイン)▶シャツワンピースとカーディガンの詳細はこちら02 ノースリーブ×エーピー ストゥディオのカーディガン腰まわりや太ももが気になる人も華やかにすっきり見え! 上半身をコンパクトなノースリーブTシャツ、下半身を華やかなフレアスカートにしたAラインシルエットですっきり見え! カーディガンを肩がけすれば二の腕カバーも完璧。Tシャツ¥14,000/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) スカート¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ニット¥19,000(エーピー ストゥディオ)・靴¥69,000(カサディ)/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ ピアス¥34,000・バングル¥43,000/エドストローム オフィス(オール  ブルース) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) トートバッグ¥6,000/エスケーパーズ(OPEN EDITIONS)▶ノースリーブとカーディガンの詳細はこちら03 トップスと同色のカーディガン夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶トップスとカーディガンの詳細はこちら③オンにもオフにもヘビロテ確実なツインニット01 ブラウンのツインニットなめらかな着心地のコットン100%。首がつまったクルーネックで、二の腕を出しても清潔感キープ。カーディガン¥32,000・ノースリーブニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)▶ブラウンのツインニット 詳細はこちら02 レッドのツインニットシーンを問わず使えるからセットアップでそろえたい! 少しハイネックになった、ノースリーブニットが新鮮! カーディガンと合わせて持っていれば、オンにもオフにもヘビロテ確実。コットンハイネックノースリーブニット¥17,000・コットンクルーカーディガン¥21,000(マルティニーク)・ベイカーパンツ¥19,000(シンゾーン)・バッグ【RAY CHIARINI】フリンジスウェードクラッチ¥20,000(ジャンニ キアリーニ)・サンダル¥52,000(ペリーコ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶レッドのツインニット 詳細はこちら
  • 20代で買っておいて損ナシ。名品定番服7選!そろそろずっと愛せる名品が欲しいけど、大きな買い物だし、長いつき合いになるだろうから、簡単には決められないのが本当のところ。そこで、MOREを支えるおしゃれスタイリスト&ライター陣に、“20代のおしゃれが格上げされる¥100000以下の名品アイテム”をアンケート! とっても参考になるコメントつきなので、ぜひお読みください♡『ハイク』のトレンチコートスタイリスト 松野裕子さん「コーディネートに遊びがあっても、このトレンチをはおれば格上げされる。そんなクラス感は一度味わったら離れられなくなり、つい買い足してしまいます。20代のトレンド感たっぷりなスタイリングでさえ、素敵に見せてくれるはず。秋から春まで長く使えるから、ぜひいいものを」コート¥75000/ボウルズ(ハイク)『シンゾーン』のセンタープレスパンツスタイリスト 高野麻子さん「適度にドレッシーで、適度にカジュアル。このさじ加減が絶妙なのは『シンゾーン』だけ。女子会、誕生日会、ちょっとしたお祝いなど、ドレスアップが必要だけどワンピースを着るほどでもない日に、こんなパンツがこなれ感が出ておすすめです」パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン)『セント ジェームス』のボーダートップススタイリスト 大平典子さん「元来海軍の仕事着だったボーダーを、おしゃれ服に展開させた歴史あるブランドなだけあって、ここのボーダートップスはひと味違います。ピッチの幅、色のトーン、フォルム、どれを取っても絶妙。本物でしか味わえないボーダーの楽しさを知ってほしいです」トップス各¥10800/セント ジェームス代官山店『アニエスベー』の「カーディガンプレッション」スタイリスト 大平典子さん「発売してから40年もの歴史を誇る、名品スナップカーディガン。この一枚につまったフレンチシックなムードと女性らしさは、どんな場面でも美人に見せてくれます。トレンドに流されず長く着られるのも◎。こんな逸品を持っておくと人と差がつくと思いますよ」。カーディガン¥14000/アニエスベー『アナトミカ』のデニム  『レッドカード』のデニム スタイリスト 高橋美帆さん(右)「ベーシックなデニムは飽きずにずっとはけます。特にシルエットと着心地にこだわり抜いたこのパンツは、後ろ姿が女性らしく洗練されるのがすごい! 着るだけで雰囲気のある人っぽくなるので、おしゃれに自信が持てない人こそ試してほしいです」デニムパンツ¥27000/アナトミカ 東京(アナトミカ)ライター 野田春香さん(左)「誰もが着るものこそ、質やフォルムにこだわるとおしゃれに格が出るし、洗練されて見えるもの。トップスが1000円のTシャツだろうと、デニムがきちんとしていればさまになります。日本人の体型に合った『レッドカード』が私のイチ押しブランド」デニムパンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード)『スローン』のニットトップススタイリスト 森 由美江さん「ユニセックスで着られるよう作られている『スローン』のニットは、ガーリーにもボーイッシュにも使える多様性が魅力。それゆえどんなボトムとも好相性なので、まだいろんなファッションを楽しみたいモア世代が投資しても間違いないはず。日本製の質のよさも楽しんで」ニット¥22000/スローン ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野田春香 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/森 由美江
  • シンプルなコーディネートのおしゃれを広げてくれる黒小物。品格のある手もとを演出する2点をご紹介。【1】 ロンジンの腕時計リネンシャツやTシャツの手もとに、ピンクゴールドのケースが華やかさを、アリゲーターストラップが品格を与えてくれる。時計(K18ピンクゴールド、35㎜)¥567,000/ロンジン(ロンジン)【3】ハムのブラックパールリングリングひとつでこの上ない存在感が出るブラックパール。日常使いできるのも大人ならでは。リング(シルバー×ブラックパール×グレーダイヤモンド)¥128,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)撮影/金谷章平 スタイリスト/松村純子  取材/RINA ・原文/陶山真知子 【Marisol8月号 2019年掲載】
  • 20〜40代でがんばってきたショッピング、アクティビティと、忙しいハワイはもう卒業。ゆったり贅沢に楽しむハワイ旅には、おいしい「食」が欠かせません。ハワイ通が選んだナンバーワンカフェ&レストランをお届けします。ワタナベマキさん(料理家)推薦Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー)ワイキキのど真ん中、ロイヤル・ハワイアン・センターにあり、早朝から夜11時までオープンのカフェ。カフェといっても食事もしっかり。なかでも「"パシフィックアヒ"はハワイ中でナンバーワンのサンドイッチ!」とワタナベさん。ほかにも、シェフこだわりの5種類のお米をミックスした五穀米に、冷凍ではなく生のアヒをのせた人気のポケ丼や、新メニューのモアナボウルなど、そのどれもが文句なしにおいしい。滞在中の野菜・果物不足解消にもひと役買いそうだ。初夏には隣接してワインバーもオープン予定で、お酒とおつまみまで楽しめるように。ロイヤル・ハワイアン・センター中央のエスカレーターを上がってすぐのナイスロケーションリリコイ(パッションフルーツ)とピタヤ(ドラゴンフルーツ)のスムージー($8.75)まもなくオープン予定のワインバーでは、チーズやドライフルーツなどのおつまみも他の画像を見る2301 Kalakaua Ave., #C215 Honolulu ☎808・926・5662 6:00~23:00(FOOD 6:30~22:00) 無休 ※予約不可次は:旬なプレイスNo.1のレストラン内野 亮さん(コーディネーター)、赤澤かおりさん(ライター)推薦Deck.(デック)クイーン カピオラニ ホテルの3階にあるオープンレストランは、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がる贅沢ビューと、朝から夜までシーンに合わせて使えるのが魅力。「リニューアルしてますます素敵に。なにかというとここに来ます。はずせないのは毎月第2日曜のサンデーブランチ。ひとり$55でプライムリブやオイスター、サーモン、ポケなどがそろうビュッフェが楽しめ、+$25でミモザも飲み放題。これはかなりマストです!」(内野さん)。オープンテラスのソファ席でゆったりくつろぎながら朝ごはん。アボカドトースト($12)、トリプルスタックパンケーキ($15)など。毎日実施の夕暮れ時のハッピーアワーも最高見た目はボリュームたっぷりなハンバーガーだけれど、実はベジタリアン仕様のインポッシブル・バーガー($19) グアバなどのミモザ3種(各$8)150 Kapahulu Ave., Hololulu 3rd floor of The Queen Kapiolani Hotel ☎808・931・4488  6:30~23:00(日曜~22:00)、ハッピーアワー16:00~18:00  無休次は:プレートランチNo.1のレストラン赤澤かおりさん(ライター)推薦Pioneer Saloon Kaka’ako(パイオニア サルーン カカアコ)ローカルに人気のプレートランチ店が昨年、話題のカカアコ「SALT」に新店舗をオープン。チキンカツやハンバーグステーキなど定番メニューはもちろん、こちらはお酒とおつまみも充実。「サクッとランチ昼飲みも、夕方の小腹も満たしてくれる頼りになるところ。とにかく何を食べてもハズレがないのがいい!」と太鼓判の赤澤さん。しょうがが効いたさっぱり味の豆腐&チキンハンバーガーステーキ、大根おろしポン酢($12)と、人気の納豆、山いも、ポキのネバネバ丼($15)おしゃれな店内675 Auahi St., Honolulu  ☎808・600・5612  11:00~20:00(金・土曜~21:00、日曜~15:00) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス次は:ビーチ朝ごはんNo.1のレストラン小澤征良さん(作家)、村山佳世子さん(スタイリスト)推薦Hau Tree Lanai(ハウツリー・ラナイ)目の前に広がる静かなカイマナビーチを前に、のんびり朝ごはんを楽しめる場所として長年不動の地位を守り続けているニューオータニ カイマナ ビーチ ホテル1階のレストラン。幼少期からここに通う小澤さんは「宝島を書いた作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンがよく訪れていたことで有名な、屋根がわりのハウツリーが印象的な気持ちのいいところ」と今でもごひいき。朝は特に混んでいるので予約をするか、オープンの7時をねらって。ハワイ産ハーフパパイヤライム添え($6)、ポイ・パンケーキ($15)、クラシック・エッグベネディクト($20)は定番の人気The New Otani Kaimana Beach Hotel 2863 Kalakaua Ave., Honolulu ☎808・921・7066(日本語対応可) 朝食7:00~11:00、ランチ11:45~14:00(日曜12:00~)、ディナー17:30~21:00 無休  ※タンクトップ、水着不可。要予約。次は:ロコアジアごはんNo.1のレストランブレンダさん(モデル)推薦PIGGY SMALLS(ピギー・スモール)ファーマーズマーケットで出店していたことから人気に火がつき、ダウンタウンにお店を構えた『ピッグ&ザ・レディ』。ここは2年前にオープンしたその姉妹店。メニューは本店とは違い、ベトナム料理だけに固執することなく、タヒチやミャンマーといった国からもヒントを得た魅力的な創作料理。最近、ニューオープンが続くワード地区にあることもあり、ローカルからの注目度も高い。本店よりもリーズナブルに楽しめるのも人気の一因。カジュアルな雰囲気の店内も、やってくる人々も含めて今のハワイを感じられるところ野菜と昆布をベースにしたあっさりスープに、えのき、トマト、ハーブがたっぷりのビーガン・フォー($16)グリーンパパイアの食感と、にんにく、ごま、ナッツなどのエスニックな香りを楽しめるサラダ、ウィークエンド・アット・バーミーズ($14)他の画像を見る1200 Ala Moana Blvd., STE.665, Honolulu ☎808・777・3588 ランチ11:00~15:00(土・日曜はブランチ10:00~)、ディナー17:00~21:30(日曜はディナー営業なし) ㊡元日、独立記念日、感謝祭、クリスマス ※予約がベター。撮影/内田 恒 構成・文/赤澤かおり 本誌編集部 コーディネート/内野 亮 ※掲載されている情報は2019年6月現在のものです。 ※eclat8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 富岡さんがひと目惚れして購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピースを主役に、足もとはペタンコサンダルで抜け感を演出した大人のラフスタイル。SUMMER STYLE4ディテールを効かせた黒のリネンワンピースでつくる、大人のオフスタイル「ひと目惚れで購入したラシュモンのリネン素材の黒ワンピース。胸もとと背中の広めのあきとバックスタイルにあしらわれたリボン使いが特徴的で、まさに着るだけで完成する一枚です。素肌が出るぶん、マキシ丈でも重くならないから、この日はオールブラックにしました」。足もとに合わせたのはマノロ ブラニクのぺたんこサンダル。肩の力が抜けた大人のオフスタイルに。【ITEM LIST】 ONE-PIECE:Lâchement EARRINGS/BRACELET/BAG:HERMÈS SHOES:MANOLO BLAHNIK “リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムHERMÈSのフープピアス昨年の夏に比べて、ぐっとシンプルになったジュエリー使い。「でもピアスは、私にとってマストジュエリー。つけるのを忘れると、下着をつけ忘れたような感覚になるんです(笑)。モード感のあるフープが今の気分です」。Lâchementのマキシワンピース黒ワンピースは、富岡さんの夏のワードローブに欠かせないアイテムのひとつ。「つい先日、セレクトショップで同じワンピースを見かけて、思わず欲しいと思ってしまったくらい(笑)、好みのデザインです」。MANOLO BLAHNIKのフラットサンダル「ブラックにするかキャメルにするか決めかねて買いにいったのですが、試着の結果、ツヤ感のあるブラックが気に入って迷わず決定。クセのあるバッグを持つことが多いので、靴はシンプルなタイプを選びます」撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day21は、動物柄が珍しいワンピースに同色のジャケットを合わせてきちんと感を。七月大歌舞伎を堪能しに母と銀座へ!day 21母と銀座で待ち合わせ、七月大歌舞伎を堪能動物柄が珍しいさわやかなプリントワンピース。ジャケットできちんと感も。 ワンピース¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット¥74,000(セヤ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥36,000 /オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ブローチ¥12,000/アナイ バッグ¥160,000/エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥36,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 忙しい女はつらいよ。アラフォーの〝ニオイ〞撲滅作戦 !目に見えないし、自覚がないからこそ不安になる、脂っぽいような酸っぱいようなアラフォーの体のニオイ。正しいニオイリテラシーとコントロール方法を身につけて、この夏はスメらないオンナを目ざしたい。アラフォーの体臭メカニズムを知りつくすニオイ解説委員☆医学博士 五味常明先生五味クリニック院長。体臭多汗研究所設立。メディアでも活躍する日本のニオイ研究の第一人者。心身両面から体臭を治療☆薬学博士 勝山雅子さん資生堂グローバルイノベーションセンター。デオドラントケア研究に携わり、ストレス臭の正体を突き止めた ☆婦人科医 福山千代子先生アヴェニューウィメンズクリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。デリケートな部分のニオイ悩みを気兼ねなく相談できる ☆理学博士 関根嘉香先生東海大学理学部化学科教授。生体ガス(おもに皮膚ガス)を研究し、皮膚ガス測定を利用して健康管理に役立てる未来を描く☆そもそもアラフォーのニオイの原因って?【全身】 35歳以上の加齢臭に、精神的ストレス臭、 肌からの皮膚ガスで、忙しい女はつらいよ 汗や皮脂がニオう。体調が肌からニオう。加齢でニオう。さらにストレスを感じてもニオう。公私ともに忙しく体臭リスクも大きいアラフォー女性。「汗腺機能が弱った現代人の汗はベタベタで蒸発しにくく強いニオイに。毎日20分のウォーキングでいい汗をかく体を目ざして」(五味先生) 1.高洗浄力のソープで毎日肌をクリーンアップ! 加齢臭などの皮膚表面の反応で起こるニオイは、洗浄成分で洗い流せる。「毎日優しく手洗い、が基本。ゴシゴシこすって皮脂を取りすぎると体が危険を感じてさらに皮脂を出すので、ニオイが悪化」(関根先生)。汗、皮脂が出やすい背中や脇、汚れがたまる首、関節部分はていねいに。❶ニオイの原因を殺菌し、汗臭、大人臭をオフして、甘い香りのラクトンをオン。気になる部分は直接塗り込んで。デオコ 薬用ボディクレンズ 350㎖¥1,000(編集部調べ)/ロート製薬 ❷ リッチな泡が、ニオイをしっかりとケア。たっぷりの潤い成分で、乾燥対策も。クリアネオパールボディソープ 300㎖¥3,222/ソーシャルテック ❸イランイラン、マンダリン、ユズ精油をブレンド。きめ細かい泡で洗い、死海の塩でなめらか仕上げ。ウカ ボディウォッシュ ハグ250㎖¥3,000/ウカトウキョウヘッドオフィス ❹100%天然のオーガニック石けん。顔と体をすっきり洗い、植物オイルでスベスベに。ザ・パーフェクトアンカー ティートゥリー 236㎖¥1,000/サハラ・インターナショナルグループ 2.お風呂の中で汗腺トレーニング! 効率よく汗腺を鍛える入浴法。まずはバスタブの3分の1程度に43℃程度のお湯を入れ、手足の先を10~15分つける。次に湯量を増やしぬるま湯で半身浴か全身浴を10~15分。コップ1杯のお酢を入れるとさらに効果アップ。3.インナーケアで〝ニオイ〞のもとを断つ! 加齢臭にはポリフェノールなどの抗酸化成分を。「ニンニクを食べた直後に牛乳、アルコール臭にはしじみやウコン。1週間毎日6gのカシスを食べると甘い香り成分・ラクトンが増えるというデータが」(関根先生)❺ポリフェノールが豊富な与論島のスーパーフード・長命草を手軽なタブレットに。長命草(タブレット)N 180粒¥5,000(編集部調べ)/資生堂 ❻香り高いブルガリア産ローズオイルがニオイをケアしリラックス効果も。ローズチャージ 60粒¥2,800/ドクターシーラボ ❼脂質の酸化を防ぐ抗酸化ビタミンは大人のニオイ封じに有効。ビタミンA+C,E 60粒¥3,000/リブアクティブ ドクターズサプリ4.ニオイの〝気配〞を感じたら全身消臭スプレーで封殺!ストレス、疲れ、寝不足、飲みすぎ、肉や魚の食べすぎ、便秘、喫煙……。強い皮膚ガスを発していそうな日は、スプレーで全身に直接、また服の上からくまなく消臭シャワーを。ニオイの壁、25㎝以内もこれなら安心。❽シャツの上からひと吹きで- 5 ℃。和ハッカとユーカリ精油で加齢臭も汗臭も抑える。スノーウォーター 北海道和ハッカ 350㎖¥1,400/デイリーアロマジャパン ❾汗に強く、ストレス臭ケアやニオイ菌も殺菌する高密着全身スプレー。エージーデオ24 パウダースプレー(無香性)LL(医薬部外品)180g¥950(編集部調べ)/資生堂【Marisol8月号2019年掲載】撮影/久々江 満 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所)  取材・文/片岡えり 構成/原 千乃
関連キーワード

RECOMMEND