暑いから、だら〜ん

Web eclat
今日は天気もよくて暑いね。
僕は暑がりだから、ママはおうちのエアコンを入れてくれたよ。
こんな日はダラダラするに限るにゃねー。
@alain_cat
関連記事
  • “春夏秋冬”のライフスタイルを提案する、富岡佳子さんの連載。「ジメジメとうっとうしいこの時期、使用済みのタオルを、ひと晩ランドリーバスケットに入れておくだけでも、臭いやカビが発生しそうで気になります」と富岡さん。そんな心配を一掃してくれるに違いないのが、麻100%のタオル。ご存じのとおり、麻は吸水性や速乾性に優れ、さっと水を吸い、あっという間に乾く。手を洗う、顔を洗う、シャワーを浴びる……。そのたびに使うタオルにこそもってこいの素材。麻のタオル写真のものは、特殊な技法で生地をプレウォッシュしたワッフル地のタオル。 「麻ってちょっとゴワッとしたイメージがあったので、このタオルに初めて触れたときはびっくりしました。とても柔らかく、ふんわりとした肌ざわり。押さえる程度でスッと水をぬぐえ、ゴシゴシふかなくてもいいから肌にも優しいですよね」薄くて軽く、バスタオルで頭をふくときも柔らかく、肩にかけてもふわりと羽根のよう。白に加え、色移りもあまり気にならない絶妙なニュアンスカラーもあって、うれしいことばかり。 「収納するときは半分に折り、くるくる丸めていますが、こんなによく水を吸うのに、薄くてかさばらないのも魅力。麻は洗えば洗うほど柔らかくなじんで、育てていくように経年変化を楽しめる。そんなところもいいなぁと思います」 世界各国へ、クオリティの高いリトアニアの麻製品を送り出すために、英国で生まれたタオル。麻100%とは思えないほど、ふっくらと柔らかく、弾力性がある。また、生地表面の凹おう凸とつによって、より吸水・速乾性に優れるという効果も。ハンドタオル、バスタオルともに7色そろう。 ビッグワッフルハンドタオル(67×51㎝)¥2,100/ザ・テイストメイカーズ & コー [富岡さん]ビッグワッフルバスタオル(124×82㎝)¥6,800 /ザ・テイストメイカーズ & コー タンクトップ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥36,000 /アンデコレイテッド撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 石山とみ子(インテリア) 取材・文/鈴木奈代 ※エクラ7月号掲載
  • ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが、夕方以降もいきいきとした印象に見せるお直しテクを伝授! メイク直しを怠った夕方には、毛穴おちやベタつき、テカリで清潔感を失いがち。そんな“ドロドロ肌マダム”は、美容液オイルを肌復活に役立ててみて![ドロドロ肌マダム]からの復活!ファンデーションの進化で、以前のような雪崩(なだれ)現象は減ったものの、直さないまま一日過ごせば、夕方には毛穴落ちや、ベタつき、テカリで清潔感を失いがち。ドロドロ部分を美容液オイルでオフ →ミストで保湿して厚塗り回避「脂取り紙やティッシュで押さえただけでは、汗・皮脂と混ざったドロドロや、毛穴落ちしたファンデーションまではオフできません。夕方ぜひ使ってほしいのが、美容液オイル。ドロドロもオフできますし、同時に保湿もかないます。夕方からの肌復活に最適なのはクッションファンデ。夕方老け脱出のために、ひとつ持っておくと便利です」(広瀬さん)美容液オイルを指にとり、ドロドロ部分になじませる美容液オイルを少量指にとり、毛穴落ちやテカリ部分に、小さな円を描くようになじませる。流れ毛穴を下から持ち上げるようにクルクル。ティッシュで軽く押さえる。 良質なオイルと潤いで、肌疲れをレスキュー。カプチュール ユース インテンス R オイル 30㎖ ¥11,500/パルファン・クリスチャン・ディオール美容液ミストを、少し高い位置から「降らせる」ファンデーションの密着をよくする化粧直し用の美容液ミストを吹きかける。額より高い位置でプッシュすると、ふわりと均一に潤いをまとえる。4プッシュが目安。 ジェリー状の美容液が細かいミストとなり密着。みずみずしいツヤ肌に。ベネフィーク ハイドロミストジーニアス57㎖ ¥2,600(編集部調べ)/資生堂クッションファンデは中ブタで量を調節ドロドロをオフしたところを中心に、クッションファンデをスタンプづけ。パフにとったら中ブタで押さえ、量を調節しながらなじませると、きれいな薄づきに。 ハリのある均一な透明肌に。テカリとは別ものの、いきいきとしたツヤが蘇る。ル ブラン クッション SPF30・PA+++ 全5色 各¥7,500/シャネル広瀬流くずれないベースメイク「朝やるポイント」パウダーファンデーションをブラシづけしておくとドロドロになりにくい!朝はパウダーファンデーションのブラシづけがおすすめ。ブラシにファンデーションをとったら、まず汗、皮脂でベタつきやすいこめかみにトントンと。ブラシに残ったもので額や頰にすべらせるようになじませる。 1.肌当たりが優しく、トントンづけも、すべらせづけもテクニックいらず。コアカバレッジ ブラシ ¥3,500 2.カバー力とヌーディな仕上がりを両立。ベアプロパウダー ファンデーション SPF15・PA++ 全10色 各¥4,200/ベアミネラル毛穴落ちしやすい部分には専用下地を仕込んでおく 1.パウダー状の皮脂コントロール下地。エンリッチシルキープライマー ¥2,500/エトヴォス 2.毛穴を消し、毛穴落ちを防止。タン イドル ウルトラ ウェア ブラー ¥5,000/ランコム NG!毛穴落ちをそのままにお粉バフバフはさらなるドロドロを招く いきなりフェイスパウダーをはたくと、汗・皮脂が混ざった下地やファンデーション、粉が混然一体に。厚塗りで老け見えするうえ、すぐにまたドロドロに。【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。撮影/玉置順子(t.cube) 久々江満 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
  • なんて綺麗な純白のバラの花びら…と思ったら。 「バラの花びらチーク」でおなじみのレ メルヴェイユーズ ラデュレから限定発売のフェイスパウダーです。本当に使うのがもったいないような美しさなのですが、このパウダー、さっとひとはけで、「あら?色白になったような…?」という透明感とツヤが。 その秘密は、ホワイトチャーミングという白いバラ(写真2枚目)のエキス。食用にされるほど安心安全なバラで、思わず深く吸い込みたくなる清冽な香り。このエキスを封じ込めたパウダー、さらに同じく「ローズ エッセンス ウォーター」と「ローズ エッセンス クリーム」も発売に。 慌ただしい朝の身支度の時間が、バラの香りに満ちた気持ちの良いひとときになること間違いなし。 バラがお好きな方へのギフトにも最適です。全て9月6日発売、「フェイスパウダー ローズ ラデュレ」のみ数量限定です。(編集M岡) #レメルヴェイユーズラデュレ #新作コスメ #フェイスパウダー #スキンケア #50代 #エクラ #rose #バラ #蒼白肌
  • 小籠包にマンゴー。 台湾は美味しいグルメがいっぱい!先月の台湾旅行。 この時期を選んだのは理由があります。 ライチやパイナップル、台湾しかない美味しい果物などが沢山あって、特にマンゴーは日本とは比べものにならないくらいお安く手に入るのです。 夜市で並ぶフルーツ朝市で見つけた愛文のマンゴー日本でもお馴染み、アイスモンスター朝市で見つけた愛文のマンゴーは、即買い! この大きさで100円くらい。 信じられない安さです。 お行儀悪いですが、丸かじりで頂きました。 あまりの美味しさに、次の日も買いに朝市へ! 枝付きのライチも市場に出るのは一ヶ月しかなく、お目にかかれてラッキーでした。 そしてもう一つ、トリコになった食べ物。 鮎水楼の小籠包と豚の角煮。天然野菜の小籠包は、バジル、黒にんにく、ヘチマなどを使ったものや蟹味噌やトリュフ入りといった変わり種。 友人は蟹味噌、私はトリュフ入りがお気に入りでした。 角煮は、バンズに挟んで頂きます。 2つとも絶品で、この量でしたがお腹も満たされて、大満足なディナーでした。そして、最終日は小籠包と同じくらい台湾で人気という火鍋。中でも、人気の高い無老鍋へ。 ネギやニンニクなど香味野菜や高麗人参、クコの実など10種類の漢方が入っていて、体にいいのが人気の秘密。 辛めの赤スープ、さっぱり白スープの2つの味をチョイス。 驚いたのが、たっぷり入ったレバー。 初めてでしたが、とても美味しかった! 最後は体に染み込むほど、スープをたっぷり頂きました。そして、夕方には品切れになるという大人気のオークラのパイナップルケーキと、嶢陽茶行のお茶をお土産として。 最後まで美味しい台湾旅行でした。パッケージが可愛く、見た目が鮮やかなお土産。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • 美意識の高い女性が多い日本において、化粧品の市場はとても厳しいものがあります。海外から新たに参入してくるブランドは、よほどレベルの高いものでないと! 昨年秋に日本上陸した「コンダンセ パリ」は期待大なスキンケアブランド。今回は私、OurAge読者のために創設者でありCEOのナタリー・ラモンデさんからお話をうかがってきました。「コンダンセ パリ」は2012年にフランスで誕生しました。自然由来の成分にこだわり、サイエンスを融合させたこのブランドはフランス女性の間で瞬く間に人気となり、今やパリの大手ファーマシーではシスレー、クラランスに次いで売上が第3位なのだそう。フランスの名誉あるコスメティック賞「ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ(美の勝利)」を、この3年連続で受賞しています。ナタリー・ラモンデさんは香水の開発・発売で実績を積んだのち、LVMHで化粧品のマーケティングと開発を担当。スキンケアブランド「ケンゾーキ」で数々の成功を収めました。「より本格的でナチュラルなスキンケア製品を作りたいと思ったのです。それは利益を追求する大企業では難しいこと。それで、コンダンセ パリを創設するに至りました。ひとつの製品に花を中心に60種類ものパワフルな自然由来成分を使い、パラベンやアルコールは配合しません。単なるナチュラルコスメと違うのは、先端サイエンスを融合して結果を出すことにこだわっている点。抗酸化や抗炎症に効果がありながら安心安全で、エイジングケア化粧品として満足してもらえる製品づくりをしています。そして、やはり化粧品は使って楽しいものでないと! 香りやテクスチャーなど五感を刺激することも、コンダンセ パリの特長です」そんなナタリーさんが数々あるラインナップの中から愛用している製品がこちら! クレンジングはウォータープルーフのメイクもスルリと落とせて、肌に優しいしっとりとした洗いあがり。今年の春に新発売されたブライトケア美容液は、デイジーフラワーエキスなどをふんだんに配合し、明るく透明感ある肌に整えます。こちらは2018-2019ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ受賞製品。その後に使う集中エイジングケア美容液はシワやタルミを改善、クリームは肌の弾力を取り戻して輝きをアップさせる設計です。ナタリーさんのスキンケア基本ステップはこの4品ですが、化粧水好きな日本女性のために、ローションも紹介していただきました。このローションはコットンに含ませて肌を拭き取るように使うと、毛穴の黒ずみを落としてふっくらみずみずしく整えてくれます。いずれも、香りも使い心地もとてもいいですよ!(左から)●ボウム ミエール ネトワイヤン デマキヤン(クレンジング)100ml ¥4,800●ローション ドゥスール エクラ(化粧水)200ml ¥4,800●コンソントレ エクラシサン タン パルフェ(美白美容液) 15ml×3本 ¥14,500●コンソントレ リフタン ジュネス(エイジングケア美容液) 30ml ¥14,500●クレーム レジェネランテ ジュネス(エイジングケアクリーム)50ml ¥10,500こちらは私のお気に入り2アイテム。ハンドクリームは2017-2018ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ受賞製品で、手肌を保湿するだけでなくエイジングケアと美白ケアができるんです。そして、目元用美容液は目の下のたるみやシワを改善することで評判の一品。韓国でも大ヒットしているそうです。やわらかなテクスチャーで肌にしっとりなじみ、ベタつきがなく気持ちいい使用感。目元のたるみは私も悩みのタネなので、これの効果に期待しています!(右から)●クレーム マン ジュネス(ハンドクリーム) 75ml ¥3,700●ソワン リサン コントゥア デ ユー(目元用美容液) 15ml ¥8,800こちらは新製品です! この発売で日本での展開がフランス本国と同じ、フルラインナップになります。写真左側グリーンの2品はオイリー肌用の乳液とマスクで、皮脂をコントロールしてメイク崩れやテカリを防ぎます。写真右側ピンクの3品はノーマル肌とコンビネーション肌向きの日中用クリーム・美容液・乳液。乾燥した肌をしっかり保湿して、肌の水分と皮脂のバランスを整えてくれます。加齢や空気の乾燥でカサつくけど部分的にベタつきも…という夏の大人肌のケアに取り入れたいアイテムです。そして、この原稿の作成中にフランスから速報が舞い込みました。写真右から2番目の保湿美容液が2019-2020ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテをトップ得点で受賞! 3年連続というこの快挙に、賞の主催者も大騒ぎしているそうです。(左から)●マスク フレイ ルヴァイタリザン(オイリー肌用マスク) 100ml ¥5,300●フルイド ピュリフィアン マティフィアン(オイリー肌用乳液) 50ml ¥7,700●クレーム アクティブ イドラタン(ノーマル・混合肌 日中用クリーム) 50ml ¥7,700●コンソントレ アクティブ イドラテイション(保湿美容液) 30ml ¥7,000●フルイド イドラタン ニュイ(ノーマル・混合肌用乳液) 50ml ¥8,500*6月26日発売現在世界各国へ展開を広げるコンダンセ パリは、アジアでも日本に先駆けて中国や韓国で成功しているそう。“え、日本は後なの?”と思ってナタリーさんに聞いてみましたところ。「日本はトップ・オブ・スキンケア。東京で成功したら世界に通用すると思っているんです。厳しいマーケットだけに慎重になりました」。満を持しての日本上陸というわけですが、成功する自信はあるそう。頼もしいですね~! そして、嬉しいことにナタリーさんはとても親日家なんです。なんでも旦那様はオリンピック出場候補になったほどの柔道選手だったとか。取材を行った際の来日でも、旦那様からお茶や洋服などの“お買い物リスト”を渡されたと嬉しい悲鳴を上げていらっしゃいました♡コンダンセ パリ公式ホームページhttp://condense-paris.jpインスタグラム@kurikobeautyでコスメ情報などを随時発信中。
  • アラフィー世代にも人気のマットリップは、つけたてはきれいでも、時間の経過とともに唇の縦じわが目立ってくることも…!? 縦じわが目立つ唇から潤いあるふっくら唇へと復活させるメイク直しテクをヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが伝授![唇縦じわマダム]からの復活!つけたてはきれいなマットリップも、時間の経過とともに唇の縦じわが露見。そこにいきなり重ね塗りすると、しわがよけいに目立ち、梅干し状態に!リップクリームの「縦塗り」で、しわをクレンジング&保湿してからリップをON「発色ももちもよく、アラフィー世代に人気のマットリップ。旬の印象になれるおすすめのアイテムではあるのですが、唇が乾燥しやすく、しわにめり込みやすいのが難点。縦じわが目立ってきたら、リップクリームを塗り込み、しわに入り込んだカラーをクレンジング。同時に潤ってしわもふっくら」(広瀬さん)「角」を縦じわに当て、転がすようにクレンジングリップクリームでクレンジングしながら保湿。角をしわに当て(ポットタイプなら綿棒にとって)縦に動かす。いったんティッシュを当てて余分な色素と油分をオフし、リップを塗り直す。1.人肌でとろけるリップは、唇クレンジング&保湿にぴったり! リップスティック ¥3,700/HACCI 2.エコサート認証を受けたハーブのエキス配合で、縦じわふっくら。セブンフロー ハーバルリップ ¥2,800/美・ファイン研究所【Profile】 ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん 大人のウイークポイントをなかったことにするメイクテクは天下一品。『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』(世界文化社)も好評。撮影/玉置順子(t.cube) 久々江満 ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/小田ユイコ イラスト/進藤やす子 ※エクラ7月号掲載
  • 大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。そんな激戦の中、エクラ世代の美容のエキスパートたちがゾッコンになった「スキンケアコスメ」は? 超私的ベストコスメの中からピックアップ。1.ロート製薬 オバジC25 セラム ネオ (藤原美智子さん) ピュアビタミンCにこだわり、その濃度の限界に挑戦して誕生。「美肌に必須のビタミンCですが、高濃度に安定配合するのは至難の技。なのに25%も配合とは! 特に毛穴に、ここまでギュギュッと効果を実感したのは初めて!」。大人の複合的な肌悩みを一気に解決。 12㎖ ¥10,0002.ポーラ ホワイトショット LX (倉田真由美さん) 「シミができる原因はミトコンドリアのエネルギー不足!? 独自の新発見による、従来の美白とはまったく異なるアプローチ。みずみずしく潤うテクスチャーはデイリーに使いやすく、『肌の力が落ちている』と感じていた私に、このうえなくうれしい化粧水」。 150㎖(医薬部外品)¥11,0003.クレ・ド・ポー ボーテ クレームイユーレジェネランS (小林ひろ美さん) 「マッサージャーで心地よくマッサージをすると、まるで視界が広がったかのようにクリアな目もとに。続けるほどにもたらされるハリの連鎖、透明感の虜とりこです」。目もとの立体的な構造に着目。世界が認めた独自の研究によるアプローチで、深刻化する悩みに対応。 15g(医薬部外品)¥25,000 他の画像を見る>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香 ※eclat7月号掲載
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツ×フラットサンダルのラフスタイルでも女らしさを醸し出せるスタイリングを提案。メソッド:足もとはスニーカーにせず、女らしさを意識した靴選びをするヒールでもフラットでも、女らしい色や素材、カッティングで、カジュアルな着こなしを格上げ。力の抜けたサンダルはかわいげカラーを小さく効かせて「ヒールなしのフラットでも十分女らしい、パープルピンクの華やかな色をちらっとのぞかせて。マキシスカートやパンツならヌーディなデザインが好バランス」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000 /サンスペル表参道店(サンスペル) 靴¥36,000/カオス丸の内(バルダン) スカート¥49,000/ebure ジャケット¥145,000 /マディソンブルー ピアス¥29,000・バングル¥17,000 /アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) バッグ¥115,000/トゥモローランド(ワンドラー)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND